二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.353 )
日時: 2014/11/05 22:19
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
IRさん
すみませんがIRさんは別行動はなしですが!!
実は!!改めてキャラ募集をしようと思います!!
そのキャラは・・・闇武の本拠地に侵入するスパイキャラです!!
募集する数は三人!!今回は早いもの勝ちです!!
そのキャラは大分後に皆と合流します!!
エイジアさん
神のような存在になろうとしている男の野望は恐ろしいものですよ・・・
では失礼します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.354 )
日時: 2014/11/05 22:39
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

そうですか、最近影の薄い俺だからこそ行けると思ったが、まぁ、銀時たちの護衛でも十分活躍できるかな...
そして、やつらを妖刀『村雨』で潰してやる!



更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.355 )
日時: 2014/11/05 23:04
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

エリナ「そういえば貴方は何も聞かなくてよかったの?」

ジョナサン「聞かなくても感でわかる・・・あの男がいることは・・・!」

ジョナサンの運命の宿敵・・・ディオ・・・実は実際に闇武にいるのだ・・・

エイジア「最後に聞くけど・・・そもそもどうして兄妹どうしで争うようになったの?」

夜兎族「どうやら二人の父から譲られる夢世界の創造主の継承者争いに敗れたらしい・・・」

十六夜「復讐か・・・」

夜兎族「これで俺が知っていることは以上だ・・・」

ケンシロウ「どうやら本当のようだな」

ケンシロウは先程突いた二つの秘孔の能力を解除する秘孔を突き、エイジアは能力を解いた・・・

夜兎族「はっ!?俺は何を!?」

銀時「お目覚めかい?全部お前に吐かせてもらったよ」

夜兎族「く、くそっ!!殺される!!俺が神威様に殺される!!」

ケンシロウ「それがお前の行なった罪の報いだ」

めだか「だが・・・流石に無抵抗状態の敵を殺すのは可哀想だ」

エイジア「やっぱりそう?なら・・・」

エイジアは氷の足と手を夜兎族につけた。

エイジア「この姿なら逃げてもいいよ、でも、もし私達にお前が襲ってきたらこの氷状態解除するから」

夜兎族「く、くそっ!!覚えてやがれ!!」

夜兎族は逃げていった・・・

銀時「さて、これからどうする?」

エイジア「まずはこの戦いで壊れた駅を直さなくちゃいけないわ!!」

?「分かったぜ!!ス〜パ〜最高に直してやるぜ!」

めだか「オイそこの変態は誰だ!?」

ナミ「いやアンタも言えないから!!」

近藤「いやアンタも言えないだろ!!その上半身がブラだけしかない所!!もはや俺達を誘っているしか思えn」

新八「何とんでもない事言ってるんですか!!ナミさん!!一回だけ触らせt」

神楽「テメェこそ何とんでもない事言ってんだコラァ!!ツッコミサボるんじゃねぇ!!」

球磨川『新八君』『僕も君に同感だ』

アスカ「何!?変態だったのシンジ!?」

シンジ→中の人→球磨川

フランキー「お前間違ってるぜ!!俺は変態じゃねぇ!!ス〜パ〜変態だ!!」

マミヤ「いや余計タチ悪いわ!!」

その後・・・

フランキーやエイジアの時の歌などの効果で修復されたが、ただ一つの汚点はフランキーの直したところがかなり変わってしまった事である・・・

土方「オイ・・・これでいいのか?」

ルフィ「まあいいだろ!!カッコイイ改造したじゃねぇかフランキー!!」

沖田「いや何でも懲りすぎじゃねぇか?」

すると・・・

松山「ハァ・・・やっと起きたぜ」

ジャガー「松山さん!!」

松山がやっと起きたのだ。

マヤ「良かった・・・」

マフジー「何はともあれ!!全員無事でよかったな!!」

全員「ああ!!」

銀時「じゃあ俺達は元の電車に戻るぜ」

めだか「そうだな」

ルフィ「あ、もちろん俺達も乗るぞ!!」

剣心「じゃあ列車の中で改めて自己紹介するでござるよ」

ケンシロウ「そうだな」

礒部衛「拙者も乗るで候」

新八「ジョナサンさん達は?」

ツェペリ「ではワシ達は作者達の列車に乗ることにしよう」

スピードワゴン「そうだな、ジョナサンさんは黄金列車に乗るんだし、やっぱり一つの世界がまとまった方が良かったな」

エリナ「そういう訳で、また会いましょう銀さん達!!」

ジャガー「では私達も自分達の列車に乗りましょうか!!」

エイジア「そうですね!!」

マリンスノー「そうッスね!!」

零龍「そうだな」

竜「そうするか!!」

銀さん達の列車内にて・・・

ルフィ「あれ?この列車の周りの膜って・・・」

ナミ「これって・・・あのシャボンディ諸島の泡じゃない!!」

銀時「何それ?」

チョッパー「特別な泡で水圧などから守るためのコーティング用の泡なんだ!!もしかして何か圧力がかかる場所に行くのかな?」

こうして二つの列車は再び動き出した・・・

以上!!夜兎族戦闘編は正式に終わりです!!以降はしばらく平和です!!




Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.356 )
日時: 2014/11/05 23:21
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ふう、駅のホームは修復完了!

ララ「次は、どこに行くのでしょうか・・・・この列車」

十六夜「まあな、と言うか、エイジアが来てから急に戦いだったな。」

エイジア「確かに・・・・・あれは、ビックリしたよ・・・・でもまぁ、過去のことは忘れて取り合えず楽しもうよ!」

ララ「・・・・そうですね!でも、あんまり他の人と喋りたくないです・・・・・」

十六夜「まだ、ララの人嫌いが直らないか・・・・」

エイジア「まあまあ、取り合えず、私が作ったアイスを食べようよ!」

ララ「いつの間にか作ったんですか!?」

エイジア「ここに来る前。作者さんたちと一緒に食べようと思ってね。それにそうしたらララの人嫌いも少しは直ると思うし。」

十六夜「それもそうだ。ついでに俺は、バニラを食べるぞ。」

ララ「私は、抹茶です。」

エイジア「私は、チョコ!後でこれを作者さんたちに配るから、ちょと手伝って!」

ララ・十六夜「「はい!(おお)」」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.357 )
日時: 2014/11/06 00:25
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6



一応、オリキャラ同士の話し合いをどぞ


子音「疲れたけど・・・首領パッチさんはここにもいなかった・・・。」

竜「ボーボボもいなかったし、またどこかでハジケてるに違いない。」

子音「ビュティも大変だね。あのハジケリストについて回るのも。」

竜「慣れたもんだろ。」

子音「とりあえず、休息だね。私はジャンプ真拳を使いすぎたから体力がさすがにきれちゃって」

竜「俺もだ。FF真拳はやはり強いよ。本当に。」



もう一つ


近藤「ね・・・姉さん!なんでここに・・!」

美月「如月が神楽が気になるって言い出したからついてきた。」

神楽「如月兄貴・・・。」

美月「それに・・あんたが女どもにへたれてないかと心配でね」

近藤「姉さん・・・」

美月「とりあえずけつ突き出せ」

近藤「え・・?え・・?」

美月「おらあああ!!」(渾身のタイキック)

近藤「ぎゃああああああ!!」

美月「ふう!すっきりした!」




以上です!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。