二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.308 )
日時: 2014/10/29 07:15
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

銀さんとめだかちゃんの合体技かっこいい!

あとは、神威たちだけ、頑張らないと!

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.309 )
日時: 2015/04/21 06:39
名前: 坂神 銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

エイジアさんコメント感謝です!
エイジアさん
でも神威の強さは油断出来ませんよ・・・後必殺技の意見も感謝です!!

では本編です!!どうぞ!!

その頃・・・
メイドウィン「こ、コイツが蓬莱人になったらこの世滅びるな・・・」

神威「そう?俺は滅ばさないよ?だって強い奴が生まれなくなるからね」

妹紅「ど、どうしてコイツらは強い・・・」

阿伏兎「たくよぉ、コイツら蓬莱人だから適当にいたぶることしか出来ねぇじゃねぇか・・・」

メイドウィン達は二人の圧倒的な強さでボロボロにされていた・・・
だが二人は殺しても再生する蓬莱人であるため生殺しにされていた・・・

妹紅「なぁ、メイドウィン・・老いる事も死ぬ事も無いって、案外辛い物だな・・、ここまで力を見せつけられても・・・死ぬ事が出来ないでいたぶられているとは・・・」

メイドウィン「まさかの誤算だったぜ・・・、まさか神威が・・・」
































































メイドウィン「あのポートガスエースの能力・・・メラメラの実の能力者とはな・・・」

神威「フフッ、驚いた?」

その為・・・妹紅の炎を操る能力が全く効かなかったのだ・・・

子音「何であの男がメラメラの能力を!?メラメラの能力はエースさんの後サボさんに受けづかれているはずなのに!?」

神威「ありえないだろ?でもそれを可能にする能力が・・・あの男、の能力だよ」

すると・・・

ジョナサン「大丈夫ですか!?」

皆が戻ってきていた・・・もちろん先程エイジアに治されたIRも・・・

ジョナサン「くらえぇぇ!!ズームパンチ!!」

神威「遅いよ」

シュン!!

ジョナサン「なっ!?」

いつの間にかに背後を取られていた・・・

神威「フン!!」

ドカァ!!

ジョナサン「グアアァ!!」

ジャガー「ジョナサンさん!!」

神威「もうそろそろ使うか・・・取り敢えず弱い奴には黙ってもらおうか・・・」

すると・・・































神威「覇王色の覇気!!」

ズオオッ!!

すると・・・

メイドウィン「ジャガー!!マヤ!!クロエ!!カイム!!マリオ!!ハル!!大丈夫か!?」

エイジア「そんな・・・IRさんもマフジーさんも一乗寺もショコラさんも・・・」

マリンスノー「アスカ!!ハインリヒ!!ピエール!!シャルさん!!シャルロット!!ミント!!皆気絶しちゃったッス・・・」

覇王色の覇気で蓬莱人達、松山、マリンスノー、子音、ジョナサン、エイジア、本城除き全員気絶してしまった・・・

その頃・・・

銀時「新八ィ!!神楽!!妙!!どうしたんだよ!?」

めだか「人吉!!大丈夫なのか!?」

銀時、土方、めだか、竜除き皆失神していた・・・

神威「じゃあ・・・まず気絶した人達から消そうか・・・」

そこに・・・

松山「させるかよ・・・」

松山が立ちふさがった・・・

メイドウィン「やめろ松山!!お前でも神威達にはかなわねぇ!!」

松山「そうだな・・・このままじゃ勝てねぇだろうよ・・・でもこれなら・・・」

松山はあの謎のカプセルを取り出した・・・

メイドウィン「それでも無理だ!!コイツらには・・・」

松山「ああ、でもよ・・・子音、お前には・・・ゲルパルド解封という技があるんだってな・・・」

子音「あ、ハイ!!」

メイドウィン「ま、まさかお前・・・寄生体の封印を開くつもりか!?」

松山「子音、どこかの広い大陸にアイツらと俺を移動させてくれ・・・」

子音「ほ、本当にいいんですか!?」

松山「メイドウィン・・・もしマヤ達が目覚ましたら言っといてくれ・・・」

松山「じゃあな・・・ってな」

子音「黒箱の術!!」

メイドウィン「ま、松山ァァァァァァァァァァァ!!」

シュン!!

どこかの広い大陸に移動した後・・・

カプセルを飲み・・・

子音「やりますよ・・・ゲルパルド解封!!」
















































寄生体「グオオオオオオオオオオオオオ!!」

とてつもなく大きい寄生体が現れた・・・

神威「ハハッ、面白い・・・倒しがいがあるよ・・・戦闘開始だ!!」

松山、死を覚悟の闘い始まる!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.311 )
日時: 2014/10/29 20:10
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

いや、お前悪役だろ!?何格好いい事してんの!?
松山『どうだっていいわ!!』

松山『なぁ、マヤ、世界を変えたいと思うか?』
マヤ『松山・・どうしたの?急に。』

松山『いやよ・・男ってのはな、ロマンがあるのさ、金、権力、武力、家族・・叶いもしねーことを願う、ロマンがな・・!』
マヤ『?』

松山『俺は、お前らに着いてきて正解だった。』

マヤ『願いでも叶ったの?』

松山『おうよ。』

松山『ところでよ、お前はどれだけの犠牲で、超弩獣になれたんだ?』




マヤ『・・松山は、今まで食べたパンの枚数を覚えているの?』
松山『・・ったく・・どこで覚えたんだんな言葉・・』



マヤ『松山こそ、体から期生体を抜くため私達の所に来るまで、どれだけ人を殺した?』




松山『テメーは、今まで振った雨の数を覚えてるのか?・・・それくらいだ。』

マヤ『でもさー、捨てれば良かったのに、それ。』
松山『ああん?仮にも俺の一部だ、大事にして何が悪い。』
マヤ『だってさぁ・・』




マヤ『人間を支配し、体内から生物兵器を生み出す期生体をカプセルに入れるのは松山ぐらいじゃないの?』


松山『・・まあな。』


松山『もし、俺が死んだらどうする?』
マヤ『えっ・・』



マヤ『そんなの・・辛いよ』

マヤ『私も、ライゴも、他の皆も、そして、松山が作ってくれた超弩獣達も・・!』


松山『じゃあさ、約束しろ、絶対に無茶するな、』
マヤ『・・?』

松山『いくら俺が殺されて悔しくても、辛くても、無茶だけはするな。』

松山『まだお前の超弩獣は未完成、それに、お前のその幼い体じゃ、まだ制御は出来はしねぇ。』
マヤ『・・・わかったよ、松山。』


※黄金列車に乗る前の話。


更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.312 )
日時: 2014/10/30 17:36
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

神威強い!!
悪魔の実でさらに強くなってる。
十六夜も気絶してるし。




仕方ない、あれをやるか。

ララ「あれって、覚醒ですか!?」

エイジア「このままじゃ松山さんが死んでしまう・・・・・それに、大切な人を失った悲しみは、ララが一番知ってるでしょ。だから・・・・行くよ!」

ララ「・・・・・はい!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.313 )
日時: 2014/10/30 18:38
名前: 零龍(元zero21) ◆TEgQzttBnI

どうも、零龍DAZE
俺は、龍皇の力を持っているので覇王色の覇気は効きません
ドナルド「ドナルドも覇王色の覇気は効かないんだ♪」
あと、メルトダウンは覚醒中永続発動します

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。