二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.289 )
日時: 2014/10/18 08:42
名前: エイジア

こんにちは、二回目の更新のエイジアです。
少し、十六夜の能力を修正します。

十六夜の能力
恩師(ギフト)「正体不明(コード・アンノウ)」
海を割り、大地を砕く強大の力以外一切不明

恩師(ギフト)を無効可することが出来る。

そもそも恩師(ギフト)とは、
さわざまな特異の力を修羅神仏から、悪魔から、精霊から、星から、もらった力のである。

すいません。長くなりました。
コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.290 )
日時: 2014/10/19 02:39
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも・・・今日も疲れました・・・コメント感謝です!!
エイジアさん
能力分かりました!!ありがとうございます!!
では失礼します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.291 )
日時: 2014/10/19 10:04
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

少し気になったことがあるんですが、逆廻十六夜の逆廻は、苗字(感じ違うかも)なので別に付け加えなくてもいいですよ。

もしかして、他のアニメにも、十六夜の名前があるから、それを区別しているんですか?

すいません。気になったことを聞いたので、気にしないでください。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.292 )
日時: 2014/10/19 10:41
名前: マリンスノー

どうも、マリンスノーです!
神威来たあああ!しかも強っ!

マリン「神威にはG4通用しますかね?」

ハインリヒ「通用するわけがない・・・」

マリン「じゃあ、神威だけに写輪眼持っている人!」
シーン・・・

マリン「あっ、俺だけッスか。」

アスカ「えええええ!あんた写輪眼持っていたの!」

マリン「いいえ、ただG6のCOPYCATという技でうちは一族からコピーしてきましたッス。」

ハインリヒ「お前はどんだけ能力あるんだ・・・」

ではまた!
更新頑張ってください。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.293 )
日時: 2015/04/21 06:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!試験終えて戻ってきました!!嬉しいです!!
また小説書きはじめるのでよろしくお願いします!!
コメント返信遅れてすみませんでした!!
エイジアさん
あ、別に気にしてませんよ〜
では十六夜でいかせてもらいます!
マリンスノーさん
写輪眼って万華鏡写輪眼ですか?または誰の写輪眼をコピーしたんですか!?
教えて下さい!!

では本編です!!どうぞ!!

駅外にて・・・
エイジア「アイスタイガー!!」

本城「ファイアタイガー!!」

エイジア、本城「合わせて・・・虎舞氷火!!(by坂神、合体技作ってみました!!どうですかエイジアさん?)」

二つの虎が混ざり夜兎族達に襲いかかる!!

夜兎族P「糞っ・・・だが負けるかァ!!」

夜兎族達は傘を広げて守った。

夜兎族Q「くらえ!!」

ブン!!

本城「当たらないわよ!!お前の攻撃の筋ならよめているわ!!」

サッ!!

その後夜兎族の攻撃は何度も続いたが思考をよむ力を駆使してよけつづけている!!

夜兎族Q「中々強いな・・じゃあ・・・本気でいかせてもらうぞ・・・」

夜兎族の血が・・・・目覚めた・・・

本城「ま、まずい!!あの状態は!!」

夜兎族Q「死ね!!」

ブン!!

本城「きゃあ!!」

ドキャバキ!!(攻撃が当たった!)

エイジア「ララ!!」

夜兎族P「余所見している暇ないぞ!!」

エイジア「危なっ!!アイスウォール!!」

ガキン!!(守った)

エイジア「ま、まさかララに攻撃が当たるなんて・・・」

本城(は、速すぎて攻撃がよめてもよけれないなんて・・・)

エイジア「大丈夫!?じゃあこれでいくわよ!!時の歌!!」

時を止めた後・・・

エイジアさん「これで対応出来ると思うわ、速さの歌!!」

本城の動きが速くなった後・・そして時は動き出した・・・

本城「エイジアさんありがとうございます!!これなら・・・」

夜兎族Q「消えろ!!」

ブン!!

本城「もううけないわ!!」

ササッ!!

ブン!!ブン!!ブン!!

ササッ!!ササッ!!ササッ!!

夜兎族Q「な、何でこの状態の俺の攻撃が当たんない!?」

本城「これで終わりよ・・・ファイアガトリング!!」

指先から火の球を何度も撃ちまくる!!

更に速さの歌の効果で速さは倍増している!!

夜兎族Q「グッ・・・く、クソ野郎・・・」

バタッ・・・

その一つが夜兎族の心臓を撃ち抜いた・・・

本城によって夜兎族Q撃破

本城「やりましたよ!エイジアさん!!」

エイジア「良かった!!こちらも何とか終わったわ!!」

エイジアも氷で夜兎族の足と手の拘束に成功していた。

本城「じゃあこのまま放置して置きますか?」

エイジア「そうね、後で全てを聞くから」

本城「後すみませんが・・・私の左手治してくれませんか?さっきの攻撃で折れてしまいました・・・」

エイジア「そうね、癒しの歌!!」

2分後・・・

本城「治りました!!」

エイジア「よかった・・・」

本城「ん・・・エイジアさん!!他に声が聞こえます!!ハインリヒさんの声です!!」

エイジア「どう聞こえるの!?」

本城「苦しんでますよ!このままじゃ危ない!!」

エイジア「分かったわ!!取り敢えずハインリヒの所に行くわよ!!」

その頃・・・

マリンスノー「次はアンタッスか・・・」

夜兎族R「一人倒したからって調子のるなよ・・・」

先程ハインリヒにトドメをさそうとした夜兎族だ。

マリンスノー「いきなりいくっすよ・・・HELLFIRE!!」

夜兎族R「当たるかよ!!」

サッ!!

マリンスノー「何で!?」

夜兎族R「さっきの攻撃見てたんだよ!!その目線の先に攻撃が当たることはな・・・もう分かってんだよ!!」

マリンスノー「・・・じゃあ目線関係ない攻撃しようか?」

夜兎族R「へ?」

マリンスノー「・・・COPYCAT、万華鏡写輪眼、天照」

夜兎族R「う、うわああああああああああああああ!!」

黒き炎で燃え尽くして消えた・・・

マリンスノーによって夜兎族R撃破

マリンスノー「もうこの目使いすぎたッスね・・・」

マリンスノーは左目の目隠しを再びつけた。

マリンスノー「今度はアスカの救援に行かないと!!」

すみません!!エイジアさん!!逆廻十六夜のもう少し詳しい人との戦い方教えて欲しいです!!(すみませんが、異世界から問題児が来るようですよ?、という物語さっぱり知らないんで・・・)それがくるまでは銀さん側の戦いを書いていきますので・・・後第五戦線の状況も!!という訳でよろしくお願いします!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。