二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.264 )
日時: 2014/10/06 07:30
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

くそ、俺の刀が...まぁ、木刀が無事な分ましかな
少しの間みんなに任せておくかね、多分大丈夫だと思うしな...しっかし、この腕どーすれば

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.265 )
日時: 2014/10/06 16:58
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

一方、第八戦線は。

ライゴ,『ぶっ飛ばせ!ポラルドン!!』
ポラルドン『・・』ブシュー

ライゴの超弩獣、ポラルドンが圧倒していた。

マヤ『まあ、デカイから動けないんだけどね・・』
ライゴ『列車内は流石にキツかったか・・?』

夜兎族『クッソ!なんだコイツ!?』

ライゴ『踏み潰してやるぜ!!』
マヤ『いっけー!ポラルドン!!』


ゴゴゴ・・



夜兎族『この程度で・・やられねぇよ・・』

ライゴ『流石宇宙最強の一族、中々やんじゃねぇか。』

ライゴ『だがな!今テメーらは隙だらけだ!』


ライゴ『マヤ!例のアレをやるぞ!』
マヤ『なんかデジャブ感じるけど・・OK!』


マヤ『ベリースターちゃーん!!!』


マヤが叫ぶと近くに巨大なヒトデが現れた!
(実はこいつの小型タイプがこの作品に出てるので探してみよう。)
(ヒントは列車に乗る前)


夜兎族『な、何をする気だァーッ!!!』



ライゴ『さて・・』

ライゴは通信機を取り出すと・・

ライゴ『こちらライゴだ、松山さん、応答してくれ。』

松山『おう、こちら松山、どうした?』


通信機には、松山の声が。

実はライゴとマヤは、作品こそ違う物、同じ悪役であり生物兵器の先輩の松山とは昔から馴染みがあったのだ。


ライゴ『今からベリースターのブラストベリー光線で夜兎族を列車ごと焼き払う。』
松山『よし分かった、連結機を破壊すれば良いんだな?』
ライゴ『流石だな、どれくらいかかるんだ?』




松山『いやどれくらいってゆーか、もうテメーらの後ろだ。』
マヤ『うわっ、いつのまに!?』


松山『マヤ、ブラストベリー光線は・・』
マヤ『うん、すぐにでも発射出来るよ。』

松山『うし、ちょっと待ちな。』




松山『おー、テメーが夜兎族か、丁度俺が一人片付けた所だぜ。』
夜兎族『ハァ!?お前みたいな人間が何を言って・・』

松山『おー、じゃ見るかぁー?その夜兎族の死体をよぉー!!』

グシャ

松山『あ、頭崩れちまった、やっぱ食い過ぎたか、ボロボロだなこれ。』
夜兎族『ウッ、ウギャァァァァッ!!!!!』

夜兎族は初めて、恐怖という感情を味わった。


松山『ところでテメー、おとなしくブラストベリー光線で焼かれるか、俺に喰われるか・・って、失神してやがる。』


松山『あれダミーの奴で、本物は全て食っちまったからなぁ・・』




そして・・




マヤ『全車両の皆様にお知らせしまーす、間もなく第八車両は消滅しまーす、強い揺れにご注意下さーい、後第七車両の方ー、危険ですので離れて下さーい。』

マツヤマ『ライゴ、すぐに脱出するぞ。』
ライゴ『よし、マヤー!!トドメをさせー!』
マヤ『いっけー!ベリースターちゃん!ブラストベリー光線だー!!』


グオオオン!


マツヤマ『あっぶねー、危機一髪だったな。』
ライゴ『どうするんだ?』
マツヤマ『そうだな・・運転室に行くぞ、なんか怪しいからな。』


ライゴ(あばよ、ポラルドン、すまねぇな、お前が支えなきゃ、ビームを弾かれたかもしれなかったからな、)

ライゴ(でも、すぐに新しいお前・・ボラルドンを作ってやるからな。)


マヤのブラストベリー光線が、夜兎族を車両ごと消滅させた!

そして、近くにあった第七車両にも、少し衝撃波が飛んだ!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.266 )
日時: 2014/10/06 18:46
名前: エイジア

夜兎族が武装色を使った!?

エイジア「やっぱりなんかあるね。あの世界にいかせない理由。作者さんを知っている理由。そして武装食を使える理由を聞かないとね。」

ララ「いちよう、夜兎族の一人を生け捕りしましたが、聞き終わったらどうするんですか?」

エイジア「本人の本当のことをきく。」

ララ「!?どうしてですか?倒さないんですか?」

エイジア「確かにあの人たちは、人を殺した。だけど、本当は、人を殺すことを望んでいなかったら。その事を私は、知りたい。」

ララ「・・・・・・・エイジアさんは、優しいですね。」

エイジア「てゆうか、ララの人の思考を読む力で読めない?」

ララ「それが、無理なんです。あの人達が言う言葉は、ノイズで聞き取れません。」

エイジア「それじゃあ仕方ないね。今は、戦うよ!」


コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.267 )
日時: 2016/01/05 17:48
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません、ココのスレッドは私の修正ミスのせいで空白になってます、ココのスレッドには後に前のスレッドと後のスレッドの空白を埋める予定なので少々お待ちください!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.268 )
日時: 2014/10/06 21:52
名前: エイジア

そうですか。
思ったことをいってみたので気にしないで下さい。
後、生け捕りしてた夜兎族は、ララが始末してください。

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。