二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.252 )
日時: 2014/10/05 15:25
名前: 竜 ◆dYPxyxILUE

あ、すいません。黒箱の魔術は子音の技でした。


ついでなんで子音も銀さんのところ参戦でお願いします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.253 )
日時: 2015/04/19 23:21
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

いつもありがとうございます!!コメント感謝です!!
アックスホークさん
すみません!!移動する人は一人で大丈夫なので!!後質問ですがアックスホークさんってまさか南斗聖拳まで使えるんですか!?
マリンスノーさん
左目の能力分かりました!!後ハインリヒ、他人より今動けなくなってしまった自分を考えたほうがいいよ?
エイジアさん
エイジアさん賢い!!実はそれが後に重要な出来事に関係してきます!!

では本編です!!どうぞ!!

黄金の列車の中にて・・・

メイドウィン「まず俺達をそれぞれ分けて各個撃破でいくぞ!!ライゴ!!」

IR「いやライゴって誰だ!?」

ライゴ「俺の名は・・・ライゴだ」

マヤ「ライゴ!!アンタもここに来てたんだ!!」

ライゴ「お前ら目つぶっとけ!!ポラルミスト角バージョン!!」

ボウッ!!シュン!!(全員ばらけた)

煙で夜兎族が困惑している間に全員分かれた。

第一戦線

メイドウィン、松山、レジーナVS夜兎族×2

第二戦線

アックスホークVS夜兎族

第三戦線

IRVS夜兎族

第四戦線

零龍、ドナルドVS夜兎族

第五戦線

シャル、シャルロット、ミントVS夜兎族×2

第六戦線

ジョナサンジョースターVS夜兎族

第七戦線

詩音、マリオVS夜兎族

第八戦線

マヤ、ライゴVS夜兎族

その頃・・・

マリンスノー「ここからが本気ッス!!(左目開放)」

夜兎族S「ならその左目を潰してやる!!」

ブン!!(傘の攻撃)

マリンスノー「残念だけど簡単には潰れないッス・・・もう二度は潰れない・・・まずは・・・GRAVITY!!」

夜兎族S「なっ!!」

磁力で地面に押し付け潰そうとしたが・・・

夜兎族S「夜兎族を舐めてると後悔するって言ったのによ!!」

なんと地面を掘って穴を作って潰れるのを防いだのだ。

マリンスノー「ならアンタ達には酷だと思うけど使うッス・・・HELLFIRE!!」

ゴオオオオオオ・・・

夜兎族S「ぐっ!!糞、眩しい!!」

マリンスノー「夜兎族を舐めるなって言ってたッスよね・・・ならその夜兎族であったことを嘆きながら、消えな!!」

夜兎族S「ぐっ、グオオオオオオオオオオオ!!!」

そのまま体がひび割れながら燃えていき消えた・・・

マリンスノーによって夜兎族S撃破

マリンスノー「よし!!早くハインリヒを狙っている夜兎族を倒しに行くッス!!」

その頃・・・

アスカ「マリン馬鹿じゃないの!?このアスカ様を置いて戦うなんて!
!」

夜兎族T「何だよ!!ちょこまかちょこまか逃げるんじゃねェ!!」

アスカは今逃げまくりである。

夜兎族T「おいコイツを仕留めてくれ!!」

夜兎族V「分かった!!」

アスカ「な、何であんな所から!?」

実は夜兎族の救援を防ぐためにエイジア達が仕掛けたトラップで九人倒せたが一人突破してしまったのである。

夜兎族V「でも待てよ・・・アイツ先に殺そうぜ!!」

夜兎族T「そうだな!!」

夜兎族が狙ったのは・・・

ハル「こ、これはどういうことなのっ!?」

実はハルは夜兎族襲来の前にトイレに行っていたのだ。

夜兎族V「俺達はピンクなんて中途半端な赤は嫌いでな!!赤く染めてやるよ!!」

ハル「だ、誰か助け」

夜兎族T「遅い!!死ねェ!!」

ザクっ
























とはいかなかった何故なら・・・

アスカ「大丈夫?」

アスカが鉄パイプで・・・守ったからだった・・・

アスカ「・・・アンタの名前は?」

ハル「わ、私はハルだよ・・・」

アスカ「大丈夫、アンタは死なない、何故なら、・・・私が守ってあげるから」

ハル「あ、アスカさぁん・・・(泣き)」

本城「エイジアさん!!」

エイジア「分かってる!!神の歌!!」

アスカ(力が出てきた・・・私のプライドに掛けて守り通す!!)

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.254 )
日時: 2014/10/05 19:45
名前: エイジア

こんにちは。二回目更新のエイジアです。

今更ですが、少し変えます。

・覚醒してないときでも、ララは、ノイズの力、エイジアは、神の歌を使える。(武器は使えない)

・覚醒したらエイジアとララの三つの能力が上がる。

・エイジアの武器、氷の神銃の数を二丁から一丁にする。
(理由、一つ目、二丁にしたら、能力がうまく使えないから。二つ目、二つだと、流石にチートかなと思ったから)

すいません。何度も変えて、本当にすいません。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.255 )
日時: 2014/10/05 21:41
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

・・おい、そいつ、もう死んでるだろ。
松山『そーいや幽霊だったな。』
メイドウィン『てゆーかマリオ除けば全員人外だな。』

メイドウィン=不死身の蓬莱人
松山、マヤ、ライゴ=改造人間
カイム=悪魔
クロエ=生霊
ハル=幽霊(未だに成仏せず。)
レジーナ=多分人外

レジーナ『多分!?』
松山『しかたねーだろ、メイドウィンはプリキュアあんま知らねーんだよ。』
それと、メイドウィン&松山とマヤ&ライゴの所、出来れば自分が書きたいんですが・・


いや、ちょっとあの野郎どもに本当の地獄を見せたくてですね・・(怒り声)

更新頑張ってください

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.256 )
日時: 2014/10/05 21:06
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークだ。

まあ、南斗は108派全部使えます。(北斗神拳の奥義の水影心でコピーした。)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。