二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.245 )
日時: 2014/10/04 13:41
名前: 零龍(元zero21) ◆TEgQzttBnI

どうも零龍だZE

夜兎族相手なら血が騒ぐぜ
それと俺とドナルドの技追加

零龍の能力
陽炎 炎の魔力で分身を作る
ムルプス 業火で敵を塵にする
覚醒  焔の力を解放してパワーを2倍にする
硬質化 体を最強クラスに頑丈にする
メルトダウン 1分しか持たない代わりに最強になる究極奥義

ドナルドの能力
ハンバーガー 手榴弾の25倍の威力
ドナルドマジック どんなものも肉塊に変えるビーム

これでお願いします

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.246 )
日時: 2015/04/19 23:19
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません!!今回も朝になりました!!コメント感謝です!
竜さん
銀さんの所に移動ですね!!わかりました!!
エイジアさん
作戦分かりました!!果たして成功するか!?
マリンスノーさん
能力増強ですね!!分かりました!!
零龍さん
能力ですね!!分かりました!!

では本編です!!どうぞ!!

駅内にて・・・

エイジア「そういえば・・・他の場所にそれぞれ夜兎族がいるか分かる?」

本城「はい!!・・・銀さんの所に13人ですね!!」

エイジア「13にん!?・・・マリンスノーさん!!瞬間移動で黄金の列車の人達に伝えてください!!」

マリンスノー「分かったッス!!」

シュン!!

黄金の列車の中

マリンスノー「メイドウィンさん!!」

メイドウィン「どうした!?」

マリンスノー「銀さんの方に誰か向かってください!!あっち結構人数多いッス!!」

竜「何!?じゃあ俺が行くぜ!!黒箱の魔術!!」





銀時達の列車内にて・・・

銀時「おい何だこの黒い箱は!?」

現れたのは・・・

竜「どうも竜だ。ハジケてるか〜い!」

めだか「いや言ってる場合か!?」

竜「こちらを助けに来んだよ!!」

夜兎族B「さっきから何うじゃうじゃ言ってんだ!!くたばれ!!」

ブン!!

竜「くらいな!!夜兎族!!ストレートアロー!!」

夜兎族B「くらうか!!」

傘で落としたが・・・

竜「このスキを待っていた!!はりせんぼん!!」

ビシュビシュビシュン!!

夜兎族B「畜生!防ぎきれねぇ!!」

グサグサグサッ!!

夜兎族B「ぐ、ぐああああああああ!!」

竜によって夜兎族B撃破

竜「よし!!」

銀時「また変わった能力だな・・・まあいい!!手伝いやがれ!!」

竜「任せとけぃ!!」

そしてまた駅内にて・・・

本城「ま、まずいです!!」

エイジア「どうしたの!?」

本城「援軍が迫ってます!!その数・・・10人!?」

エイジア「お、多い!!何とかしなくちゃ!!」

夜兎族P「くらえ!!」

本城「危ない!!」

ブン!!

本城「何とかよけたけど早い!!よけながら何とかしなくちゃ!!」

エイジア「ねぇ!!この駅に入ってくるためにこのひとつしかない道しかないんだよね!!」

本城「そうらしいです!!」

エイジア「よし!!・・・氷の道!!」

ピキン!!

道を凍らせて道を通れなくしたのだ。

エイジア「でも飛び越えてくるかもしれない・・・罠をしかける!!氷の槍!!」

氷の槍を仕掛けて、通ってきた敵を撃退するように仕向けておいた。

その頃・・・

マリンスノー「まずはこれッス!!マーキュリー!!」

スライムを使い互角に戦う!!

マリンスノー「でもまだ倒せない・・・」

ハインリヒ「夜兎族は人間をとうに超えている!!援護するぜ!!マシンガン!!」

ドドドドドドドドド・・・

夜兎族R「こんなチンケな物で俺達を倒せると思ってんのか!?舐めるな!!」

夜兎族はすべて振り払ったあと・・・

夜兎族R「くらえ!!」

ブン!!

ハインリヒ「グアアッ!!」

マリンスノー「ハインリヒっ!!」

ドシァ・・・

ハインリヒ「く、糞っ!!体が動かない・・・」

マリンスノー「しまった油断してた!!」

夜兎族R「とどめだ!!」

マリンスノーは超能力でハインリヒを動かしているが・・・

夜兎族S「こっち忘れてるんじゃねぇ!!」

マリンスノー「はっ!!」

何とか能力を駆使してよけたが同時にこれ以上使いすぎるとまずいのである。

マリンスノー「やむを得ないッスね・・・あれを使うしかないッスね・・・」

マリンスノーは左目の目隠しに手をかけた・・・

次回!!激しい戦い加熱していく!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.248 )
日時: 2014/10/05 10:37
名前: アックスホーク

銀さん、すぐ向かうぜ、南斗獄屠殺で俺の乗っている列車から銀さんの乗っている列車へ突入するからな。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.249 )
日時: 2014/10/05 10:46
名前: マリンスノー

マリンスノーです。
うわっ!俺ヤバいッス!
早くG1からG3、もしくはG4までの詳細書かなくちゃ!

詳細:

G1からG12、G0にも通称がある。全部左目の能力、MADの一部である。

G1:GRAVITY
念力を磁力にかえ、地面、物体、他人などに相手を押し付け、つぶす。
他の物体を飛ばし、相手にぶつけることも可能。

G2:TOXIC
マーキュリーを指の先てとばす。マーキュリーは60%水銀と猛毒でできているため、触れれは感染、毒は左目により強化されているため、最大10分で相手は毒に完全に染まる。

G3:TITAN HAND
鉄の塊を念力と周りにある鉄で作る。その塊を武装、そしてミサイルみたいに飛ばす。細かく飛ばすことも可能。

やっぱG4が一番効果があると思います・・・

G4:HELLFIRE
灼熱の炎が出され、相手を焼き尽くす。炎は、太陽ぐらいの明るさ。(夜兎には効果抜群!)

ハインリヒ「おい、アスカは大丈夫なのか?」

マリン「あいつは多分勝つから、ほっとくッス(殴)」

これで能力はオッケーです。

これで通用しますように!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.250 )
日時: 2014/10/05 12:51
名前: エイジア

結構強いな夜兎族。

エイジア「アスカさん、大丈夫だろうか」

ララ「普通の人ですからね」

エイジア「こっちが終わったら、行きましょう」

ララ「はい」

エイジア「後、夜兎族の一人を生け捕りしておいて。」

らら「どうしてですか?」

エイジア「聞きたいことがあるから、まずひとつ、どうして夜兎族は、作者さんを知っているのか。私はともかく、銀さんたちも作者のことは知らなかったのになんで夜兎族は知っていたのか」

ララ「確かに、それも気になります。」

エイジア「そして、どうして夜兎族は、あっちの世界に行かせようとしなかったのか。」

ララ「!確かに、あっちの世界に何かあるのか・・・・・?」

エイジア「ま、それも戦いが終わった後の話だけどね。」

ララ「でも、夜兎族が素直に話さないと思いますよ?」

エイジア「大丈夫。私は、人を支配することが出来る。戦いが終わったら私の力が効くかもしれないし」

ララ「そうですね。」

エイジア「さて、戦いの続きと行きますか。」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。