二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.190 )
日時: 2014/09/22 06:49
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

スマブラ買いました!!メチャ面白いです!!

ライゴ『なぁ、メイドウィン。』
メイドウィン『どうした?』

ライゴ『あいつってスマブラ持ってねーんだよな、なんで隠しキャラのブラピを知ってるんだ?』
メイドウィン『さぁ?』


それと、俺が最も使いやすかったのはゲッコウガです。
松山『みずしゅりけん暴発してるけどな。』

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.191 )
日時: 2015/04/02 10:49
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ありがとうございます!!コメント感謝ですぞ!!(笑)
マリンスノーさん
土方はぶっちゃけダメな可能性大です。
神楽も強いです(笑)
ジャガーさん
うらやましいです・・・
実はブラピ知ってる理由は・・・
攻略ページです!!

では本編です!!どうぞ!!

第五回戦の状況

・・・えー、私は今唖然としております。

ピーチ0%+6、ドンキーコング0%−6

何故こうなったって?

妙が近藤に対しての怒りで無双化してしまってるのだ。

近藤「ちょ、お妙さん手加減して」

妙「するかボケェェェェェェェ!!」(怒怒怒怒怒怒怒怒・・・)

近藤「ぎゃあああああああああ!!」

はいここはもう説明必要なし☆

第六回戦の状況

めだか「どうだ!!」

不知火「や、やっぱりうまい・・・」

ソニック35%、ピカチュウ75%

流石才色兼備の女だけありゲームも滅多にやらないのだがなかなかの強さでおしている。

めだか「よし・・・来た!!マスターボール!!」

そのボールを投げて出たのは・・・アルセウスだ!!

めだか(よし・・・まず横スマッシュで右に飛ばして・・・)

ピカチュウをステージの横に飛ばした後・・・

不知火「くっ、早く戻」

めだか「させるか!!」

不知火「なっ!!」

そして右空中攻撃をしてさらにホーミングアタックで追撃!!

不知火「でもまだ戻れる・・・」

めだか「ふっ・・・残念だが時間だ!!」

アルセウスの能力で下につきおとされた・・・

ソニック35%+1、ピカチュウ0%−1

めだか「よし!!」

不知火「ま、まだ負けないもん!!」

第七回戦の状況

人吉「うぉぉぉぉぉぉ!!!」

阿久根「負けるかァァァァァァ!!!」

マリオ77%、阿久根79%

ここもあまりに乱戦で特に互いに目立った活躍がないから取り敢えず説明飛ばします☆

人吉、阿久根「おいっ!?」

第八回戦

喜界島「ハァ、ハァ・・・やっと倒せたけど・・・」

ゼロスーツサムス124%+1、ブラックピット0%−1

喜界島「こ、こんなにダメージ受けた・・・」

球磨川(ふふっ、僕は全く本気だしてないのに、こんなにダメージうけちゃって・・・)

球磨川『君に僕の本気見せてあげるよ?』

球磨川(何で本気出していないかって?)

球磨川(・・・一旦勝たせてどん底に落とした方が面白いからだよ♪)

喜界島(ゾクッ!!)

喜界島(な、何なのこの寒気は!?)

果たしてそれぞれ戦いの行方は!?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.193 )
日時: 2015/04/02 23:43
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

えー、すみません、−1を入力したらまた変な文字の羅列にまたなっていました。どうしたら変な文字の羅列になるのか誰か教えてくれませんか?お願いします!!では本編!!
第一回戦の状況、残り00:30
リンク115%、ルキナ128%

銀時「もうそろそろ決着つける!!」

二人は今切羽詰った戦いに本気を出している。

銀時「・・・じゃあこの秘策で決めてやらァ!!」

とリンクは何故かステージの地面から出た。

九兵衛(血迷ったか!?ならメテオ攻撃で決めてやる!!)

とルキナが近寄ってきたら・・・

銀時「単純だな・・・くらえ!疾風のブーメラン!!」

九兵衛「当たるか!!」

とよけて・・・

九兵衛「もう覚悟しろ!!」

銀時「九兵衛、後方にご注意だぜ・・・(ニヤニヤ)」

九兵衛「なっ!?」

疾風のブーメランの戻る時の効果でリンクに引き寄せられて・・・

銀時「これが・・・」

リンクは多段ジャンプでルキナの頭上に上がり・・・

銀時「本当のメテオだァァァァァァ!!」

下空中攻撃で見事に撃墜された・・・

リンク115%+1、ルキナ0%−1残り00;10

九兵衛「くそっ!!」

九兵衛は巻き返そうとするが時間が足りなく・・・

リンク115%+1、ルキナ0%−1試合終了

銀時第九回戦進出!!

銀時「よっしゃああああああああ!!!」

九兵衛「おのれ銀時ィィィィィィィ!!!」

第二回戦の状況

ルフレ74%±0、キャプテンファルコン65±0試合終了

新八「どうだ!!引き分けで終わったぞ!!」

新八は頭のよさで巻き返したのだ。

神楽「ふん!!サドンデスでぶっとばしてやるアル!!」

新八「・・・それじゃあサドンテス開」

神楽「ファルコンキック!!」

新八「ってああああああああああああああ!!!」

神楽第九回戦進出!!

新八「何でここまで頑張ったのにもう終わりかよォォォォォ!!!」

神楽「やっぱダメがねアルナ」

新八「ダメがね言うんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

第三回戦の状況残り00;25秒
ゲッコウガ100%、パックマン118%

月詠「よし、スマッシュボールゲットじゃ!!」

エリザベス「だ、だがまだ近ずかなければ」

月詠「悪いが・・・ゲッコウガのスピードを甘く見るな!!」

エリザベス「なっ!!」

急接近した後・・・さいごのきりふだをくりだした!!

畳返しの後無数の連続攻撃をくりだした後・・・

月詠「とどめじゃ!!」

最後に斬りおとされてそのままぶっ飛んだ・・・

そしてそのまま時間切れ・・・

ゲッコウガ100%+1、パックマン0%−1試合終了

月詠第十回戦進出!!

月詠「勝たせてもらった・・・」

エリザベス「ふざけんじゃねぇぞテメエ!!ミンチにすんぞォォォォォ!!」

第四回戦の状況
アイク189%、マルス35%00:35
何故この状況でアイクがぶっ飛ばされてないのか?
何故なら、沖田のドSな性格でただただスラッシュ・コンビネーションスラッシュ、つまり弱攻撃の連打しなくなったのだ。
沖田「どうだ土方、この圧倒的な差・・・もう勝つのは不可能だぜえ!!」

土方「・・・テメェはまだきずいてないのか?」

沖田「何がだよ?」

土方は何故か笑っていた・・・実は土方は沖田に何度も攻められていたとき・・・ある物を集めていたのだ。

それは・・・

土方「ドラグーンパーツだよ!!」

沖田「何だと!?」

実は土方は、さっきの「もうなにも関係あるかァ!!ぶっ潰す!!」は、フェイクで、居合切りをカウンターで跳ね返されていたときにドラグーンのパーツが一つあったのだ。その時に土方はドラグーンのパーツを集めて逆転を狙ったのだ。

土方は2個パーツを既に持っていて、そして近くに最後の一つがあるのだ。

土方「くらえ!!ドラグーン!!」

沖田「へっ、当たんなきゃ大丈夫・・・」

と沖田が移動したのだが・・・

土方「残念だったな」

沖田「なっ!?」

その移動先には・・・土方が落とし穴のタネで作っていた落とし穴があったのだ。

土方「・・・俺を舐めていた事を後悔しながら・・・終わりだぁ!!」

沖田「ひ、土方ァァァァァァァァァァァ!!」

ドラグーンは見事に当たり・・・マルスはぶっ飛ばされて・・・
そのまま時間切れて終わった・・・

アイク189%+1、マルス0%、−1試合終了

土方第十回戦進出!!

土方「ふっ、当然だ・・・」

沖田「死ね土方ァァァァァァァァァ!!」

土方(さて、取り敢えず終わったし、他の試合見てみるか・・・)

鬼の副長、恐るべし・・・

第五回戦の状況

ピーチ0%+11、ドンキーコング0%−11試合終了

お妙第十一回戦進出!!

土方「って近藤さんボロ負けじゃねぇかァァァァァァァァ!!」

近藤「お、お妙さん・・・僕の分まで頑張って」

妙「黙れ、負け犬兼ねゴリラ☆」

近藤「orz」(泣き)

土方「・・・近藤さんドンマイ・・・」

第六回戦の状況

ソニック84%+1、ピカチュウ64%−1、00:40

めだか「まずいな・・・」

不知火「勝たせて貰うよ♪最後の切り札発動!!」

不知火は最後の切り札を発動した・・・

不知火「ボルテッカー!!」

めだか「くっ!!」

めだか(何とか最小限に抑える!!)

めだか(あれは・・・?)

不知火「さあ諦めな」

めだか「残念だな!!」

めだかが取ったアイテムは・・・スーパースターだった。

不知火「そ、そんな・・・」

そのため結局ダメージはあまり与えられず試合終了・・・

ソニック95%+1、ピカチュウ64%−1試合終了

めだか第十一回戦!!

めだか「私が負けないことはない!!」

不知火「あひゃあひゃ、負けちゃったよ、まあ後は別の試合見よ☆」

土方(コイツは強いな・・・もし決勝まで来たらヤベェぞ・・・まあ相手が妙だからわかんねぇけどな)

次回!!第七回戦&第八回戦も決着します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.195 )
日時: 2014/09/24 05:47
名前: マリンスノー

マリンスノーです。

お妙さん、強すぎ。
相手が近藤だったからですか。
そうでなかったらめだかちゃんヤバイですね。
お妙さん恐ろしいッス。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.196 )
日時: 2014/09/24 23:07
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

マリンスノーさん
お妙さん大暴走です☆めだかは大丈夫なのか!?

第七回戦の状況
マリオ65%、リトルマック74%試合終了
人吉「お前には意地かけても勝つぞ・・・」

阿久根「上等だ・・・」

人吉(オイオイ・・・マジで大乱闘じゃねぇか・・・)

何と人吉と阿久根はそれぞれ互いに3回ずつぶっ飛ばされていたのだ。

土方(銀時VS九兵衛や月詠VSエリザベスは互いに粘っていたがこれはもう互いの防御関係なしの殴り合いだな・・・)

人吉「次はサドンテスだ・・・本気で勝たせてもらうぞ・・・」

阿久根「こちらのセリフだ!!」

土方(勝つのはどちらかな・・・)

サドンテス開始!!

阿久根「これはどうだ!!スリッピングカウンター!!」

リトルマックの万能カウンターである。

人吉(後ろから攻撃してもかえしてくるからな・・・飛び道具でも同じ・・・ならば!!)

マリオはポンプを構えた。

阿久根「この時を待っていたぜ!!」

その途端にカウンターを解除したのだ。

阿久根「とどめだ!!気合ストレートだ!!」

決まった・・・と思ったが・・・

人吉「甘かったな」

阿久根「!?な、なんでよけている!?」

ポンプは左右スティック入力するとそちらへの回避行動が出きるのだ。

人吉「くらえ!!ファイア掌底だっ!!」

阿久根「・・・もう終わりかよ・・・」

見事にぶっ飛ばされた・・・

マリオサドンテス勝利

人吉第十二回戦進出!!

人吉「よし!!」

阿久根「後はお前に任せた・・・しょうがねぇしな・・・・だけど次覚えとけよ!!」

第八回戦の状況

喜界島「そ、そんな・・・」

球磨川『あれ?どうしたの?』『さっきまでかなり優勢だったのに』

ブラックピット53%+2、ゼロスーツサムス123%−2、00:25

球磨川『悔しい?でもしょうがないね?』『君が弱かったから負けた・・・僕は強いから勝った・・・』『恨むなら自分を恨みな』

ブラックピットはスマッシュボールを取った・・・

球磨川『僕はわるくない・・・』『だって・・・』

最後の切り札を使った・・・

球磨川『僕は悪くないんだから』

ゼロスーツサムスはぶっ飛ばされた・・・
そして・・・時間切れになった・・・

ブラックピット53%+3、ゼロスーツサムス−3試合終了・・・

球磨川第十二回戦進出!!

喜界島「う、うう・・・ひ、ひどいです・・・こんな形で負かされるなんて・・・」(泣き)

球磨川『まあ次頑張ってね』『無駄だろうけど』

銀時「これで、まず予選終了だな!!」

土方「おいお前ら勝った後何してたんだ?」

銀時、神楽、妙、めだか、月詠「キャラ改造」

土方「ってオイィィィィ!!??改造していいのかよ!?俺もす」

銀時「もう時間ねぇぞ」

土方「オイ待てy」

めだか「それじゃあ準決勝開始だ!!」

土方「いや話し聞けやァァァァァ!!」

第九回戦銀時(リンク)VS神楽(キャプテンファルコン)

銀時「お前と勝負か・・・おもしれぇ!!」

神楽「銀ちゃん・・・私を舐めてると怪我するアルよ!!」

第十回戦土方(アイク)VS月詠(ゲッコウガ)

土方「女だからって容赦しねぇぞ・・・」

月詠「その方が好都合、わっちは女を捨てている」

第十一回戦めだか(ソニック)VS妙(ピーチ)

めだか「近藤に圧勝したのか・・・だが私にはそうはいかないぞ!!」

妙「ふふふ、負けませんよ?」

第十二回戦人吉(マリオ)VS球磨川(ブラックピット)

人吉「俺は絶対油断しないぞ・・・」

球磨川『君ならもっと面白い戦いが出来そうだね』

新八「それじゃあ・・・行きますよ!!」

八人「戦闘開始!!」

準決勝開始!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。