二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.183 )
日時: 2016/01/05 17:40
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よっしゃー!コメントきました!感謝感激です!

竜さん
すみません…貴方達はトーナメントには参加しません…(別々の列車なので)
後実は私スマブラ持ってないんです…
もし手に入れたらフレンドコード交換しましょうよ!
後黄金列車にはスマブラのゲームと3DSは特別に配備されているんでネタで使ってもいいですよ!

IRさん
わかりました!これからは気を付けてくださいね!

マリンスノーさん
あ、あの娘が来るのか!?球磨川と桂驚くでしょうね…(うちの小説を少し見直すとなぜこう書いたのか分かります)

零竜さん
貴方も別の列車なのでトーナメントはやれませんよ?
でも列車に配備されてるんでドナルドと一緒にやったらどうでしょうか?
後メタナイトですか!!結構強いですよね!!
では本編です!!

トーナメントはこういう内容になった。

第一回戦

銀時(リンク)VS九兵衛(ルキナ)

銀時「上等だ・・・勝ってやろうじゃねェか!!」

九兵衛「僕は妙ちゃんのために負けない!!」

第二回戦

新八(ルフレ)VS神楽(キャプテンファルコン)

新八「僕だって目立ってやるんだァァァァ!!」

神楽「ダメガネに負けるわけないアル!!」

第三回戦

月詠(ゲッコウガ)VSエリザベス(パックマン)

月詠「わっちはこういうゲーム苦手なのじゃが・・・」

エリザベス「絶対勝ってやるぜ」

第四回戦

沖田(マルス)VS土方(アイク)

沖田「持て余してやるぜェ!!土方ア!!」

土方「上等だコラァ!!余裕こいているのは今のうちだからな!!」(怒)

第五回戦

妙(ピーチ)VS近藤(ドンキーコング)

妙「潰してやるよゴリラ共・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

近藤「ちょ、お妙さん!?まだ戦ってないですから!!」

第六回戦

めだか(ソニック)VS不知火(ピカチュウ)

めだか「貴様には負けないぞ・・・(善吉のためにも・・・)」

不知火「貴方も負けられないでしょうけどそれは私も同じ・・・」

神楽「おお・・・乙女の戦いアルな・・・」

第七回戦

人吉(マリオ)VS阿久根(リトルマック)

人吉「おいテメェには負けねぇぞ・・・」

阿久根「上等だ・・・」

新八「こっちは男の意地をかけてますね・・・」

第八回戦

球磨川(ブラックピット)VS喜界島(ゼロスーツサムス)

球磨川『ふふふ・・・闇にいる天使の力見せてあげるよ・・・』ゴゴゴゴゴ・・・

喜界島「こ、恐いです・・・」

土方「す、すげぇ禍々しいオーラじゃねぇか・・・」

トーナメントはこんな感じだ。

トーナメントはこういう内容になった。

第九回戦

第一回戦の勝者VS第二回戦の勝者

第十回戦

第三回戦の勝者VS第四回戦の勝者

第十一回戦

第五回戦の勝者VS第六回戦の勝者

第十二回戦

第七回戦の勝者VS第八回戦の勝者

決勝戦

第九回戦の勝者VS第十回戦の勝者VS第十一回戦の勝者VS第十二回戦の勝者

という感じである。

新八「という訳で、それぞれの戦いを開始してください!!」

16人「戦闘開始!!」

次回!!大乱戦勃発!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.184 )
日時: 2014/09/21 08:45
名前: マリンスノー

マリンスノーです!

では、さっきの続きを・・・

アスカ「マリンはどこに隠れているのかなー(怒)」
ハインリヒ「ヤバい・・・」ガチャ!
アスカ「あ、死神武器人間!手がマシンガンとナイフのあなたが何しているの?強盗?」
ハインリヒ「傷つくことを・・・あと俺は正義の味方だ!あっ、ばれた・・」

アスカ「これが私のプロフィールよ!」

勝手に始めるな!

名前:惣流・アスカ・ラングレー
性別:女
性格:プライド高く、高飛車で自己中。ツンデレ、そしてハインリヒとマリンスノーのは毒舌。
容姿:エヴァの学園の制服で(分かりますか?)
サンプルボイス:
「マリン、あんたバカじゃないの!」
「惣流・アスカ・ラングレーよ!以後よろしく!」
「あんたバカぁ!」
登場作品:新世紀エヴァンゲリオン

これで全部書きました!
更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.185 )
日時: 2014/09/21 09:28
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

おい!スマブラだと!?俺も欲し(ry

メイドウィン『あーあ、売ってると良いな〜。』
松山『売り切れ店続出だからな。』

ライゴ『あのよぉ、メイドウィン。』
メイドウィン『どうした?マヤ同様、キリヲテリブレのキャラ、ライゴ。』
ライゴ『扱いがひでぇな・・まあいいか。』

ライゴ『俺もその内出してくれよ。』
メイドウィン『ポラルドンが死んだらな。』
ライゴ『何週間後だよそれ!?てか、俺のポラルドンは負けねーっの!!』

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.186 )
日時: 2015/04/02 10:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

今日は休みだから早いです!!コメント感謝です!
マリンスノーさん
ですよねー(笑)
球磨川がアスカに裸エプロン着させようとしてボコボコにされるのが目に見える・・・
ジャガーさん
スマブラは私も欲しいと思ってます・・・

では本編です!!どうぞ!!

遂に始まったスマブラトーナメント!!勝ち残るのは!?
ちなみに決勝戦除いて全部タイム制3分であり、ステージは決勝戦除いて戦場である。
第一回戦の状況
九兵衛「くらえ!!シールドブレイカー!!」

銀時「甘いわ!!」

まずルキナのシールドブレイカーを回避したあと後ろに周り・・・

銀時「半月切りから草なぎに続けて、トドメに回転切りだっ!!」

九兵衛「なっ!?」

ルキナ21%、リンク0%

銀時「悪いな!!俺はゲームは十八番なんだよ!!」

九兵衛「だから何だ!!僕をなめるな!!」

ルキナはジャンプして足場に乗った後、

銀時「じゃあ下から攻撃させてもらう!!」

と足場の下に入った後三段切りを決めようとしたが・・・

九兵衛「受けな・・・カウンター!!」

銀時「しまった!!」

ルキナ21%、リンク12%
銀時「じゃあくらいやがれ・・・回転切り!!」

ルキナ「カウンター!!」

銀時「とみせかけて・・・ジャスタウェイ!!」

九兵衛「いや違うだろ!?」

リンクは爆弾を投げたのだ、これにはカウンターは効かず・・・

九兵衛「くっ・・・」

ルキナ28%、銀時、12%

銀時「まだまだいくぜぇ!!」

ルキナ「くっ、まだだ!!」

第二回戦の状況

新八「ギガファイア!!」

神楽「こんな火で私の燃える魂をなくせるとでも思ってんのかコラァ!!ファルコンキック!!」

一方こちらも激しい試合が起きていた。

ファルコン45%、ルフレ100%

新八「畜生ォォォォォ!何でこんなに差がついてるんだよォォ!!」

神楽「弱いアルなぁ、ダメガネ」

まあそうでもないけど、

新八「くらえ!!トロン!!」

新八はさっきから魔法しかだしていない。
だが新八はミスをミスをしていたことにきずいてなかった・・・

神楽(バカアルな〜、もう・・・トロン4回使ってるのに)

新八「ってアレ?なんで出せないんだ!!」

神楽「今のうちネ!!ファルコンパンチ!!」

新八「ってああああああ・・・」

キャプテンファルコン45%+1、ルフレ0%−1

新八「くそっ、でも僕は負けないぞ!!」

神楽「諦めるヨロシ!!」

第三回戦の状況
月詠「ふむ・・・大分慣れてきたぞ・・・!!」

エリザベス「慣れてくる前にたおしたかったが無理だったな・・・」

ゲッコウガ75%、パックマン45%

月詠は最初は慣れていないため押されていたが、遂に反撃に出始めた!!

エリザベス「だが甘く見るなよ・・・パワーエサ!!」

だがゲッコウガはその突進を次々とよけていく・・・そして近くにせまったとき・・・

エリザベス「くらえ!!」

月詠「かかった!!かげうちじゃ!!」

ゲッコウガは一瞬で消えて後ろに回り込んで蹴りをぶちかましたのだ。

エリザベス「ふっ、俺はこれくらいじゃ動じない・・・フルーツターゲット!!」

月詠「ほう・・・ならばこちらもためる、みずしゅりけん!!」

エリザベス(うつのは威力が強い鍵の時だ!!)

だがそれには結構時間が掛かってしまった。

エリザベス(くそっ!!まだかよ!!)

月詠「主は愚かじゃ、優先するべきは攻撃力より敏捷力だ!!」

月詠「もうこちらはたまったぞ・・・くらえ!!」

エリザベス「やべ!!」

ゲッコウガ渾身のみずしゅりけんがヒットした・・・

ゲッコウガ75%、パックマン76%

月詠「まだまだいくぞ!!」

第四回戦の状況

土方「畜生!!なんでここまで追い込まれってんだ俺!!」

沖田「や〜い、土方マジ弱すぎてワロス☆」

土方「テメェェェェェ!!」

アイク100%、マルス15%

沖田が圧倒的に優勢だった。なぜかというと土方はゲームが下手なわけではないが沖田の挑発にのりすぎて、攻撃してカウンターで返されているのだ。

沖田「倒してみろよ、コノヤロー、バカヤロー☆」

土方(お、落ち着け俺!!このままじゃアイツの思いのままだ、自分のペースで・・・)

土方「居合切り!!」

沖田「カウンター!!」

だが土方はずっと溜めている。

土方(アイツがためつづけてカウンターをやめるスキを待ってやめた瞬間にうつ!!)

沖田「無駄なことやめてくれませんかねぇ」

土方「うるせぇどんなこと言っても動かねぇぞ」

沖田「マヨラースモーカーキレメダメダメ糞土方くたばれよ」

土方「死ねぇぇぇぇ!!」

とあっさりとのってしまい案の定カウンターを食らった。

沖田「バカだねぇ、やっぱ土方だわ」

土方「もうなにも関係あるかァ!!ぶっ潰す!!」

アイク110%、マルス10%

大丈夫か土方!?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.189 )
日時: 2014/09/22 00:15
名前: マリンスノー

マリンスノーです。

土方終わったな。沖田の作戦勝ちですね。
あと、神楽も強いです。

僕もスマブラ欲しいんですが、ポケモンも欲しいから、かえません。

更新頑張ってください。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。