二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.154 )
日時: 2015/04/01 13:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

本当遅くてすみません!!坂神です!!
マリンスノーさん
桂はぶった斬った銀さんの手は球磨川に斬られて「なかったこと」にしてもらう予定だったそうです。後桂は後に貴方達と衝撃的な姿で会うことになります。

では本編です!!どうぞ!!

銀時「これでバカは消えたな」

めだか「そうだな」

スピードワゴン「でも大丈夫なのか?流石に死ぬ可能性あるぞ?」

土方「大丈夫だ、ギャグ補正ってものがギャグ漫画にはあるんだよ」

球磨川「でも本当に飛ばしてよかったのかな』

人吉「何でだ?」

球磨川『何かどこかで会ったことあるんだよね・・・』

全員「ええっ!?」

妙「どこで会ったんです!?」

球磨川『いや実際には会ってないんだよ』『でもなぜかどこか出会ったような気がするんだ』

球磨川禊→中の人→碇シンジ(エヴァンゲリオン)

桂小太郎→中の人→渚カヲル(エヴァンゲリオン)

その頃・・・

桂「アアァァァァァァァァァァァァァ・・・」

桂は今空を飛んでいる。

桂「いったいいつ止まるんだァァァァ・・・・」

かれこれ30分は飛んでいる。

桂「ウオォォォォォ!!」

ドシャーン!!

桂は逆向きに動いている列車に突っ込んだ。

?「ウオッ!?」

見るからに不良少年に見える少年は驚いた。

?「やれやれだぜ・・・何で上から人が飛んでくるんだよ・・・」

桂「貴様は誰だ!?」

承太郎「俺は空条承太郎、ジョジョって呼んでくれ」

桂「分かった、承太郎」

と普通にジョジョって呼べって言ったのを無視しているが構わずに話した。

承太郎「で、どうしてテメェはここにやってきたんだ?」

桂「実はな・・・」

話し中・・・

承太郎「・・・いくぞスタープラチナ、こいつをしばく」

桂「いやいやいや何でまた飛ばされなければいけないんだ!!落ち着いてくれ!!」

承太郎「テメェは俺を怒らせた・・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

桂「ま、待て承太郎!!」

話し中・・・かつ40分後・・・

承太郎「しょうがねェな、作者パワーがきいてるせいかすぐ怒りが収まった」

桂「フハハハハハハハハハハハハ!!見たか!!これが俺のスキル!!作者パw(強制終了)」

もういい加減にしてくれない?(笑いながら怒)

桂「で、とにかくだ、もう一度俺をあの電車に戻してくれないか!?」

承太郎「あの電車ってなんだ?」

よく見るともう乗っていた列車はとっくに見えなくなっていた。

桂「・・・とにかくむこうに飛ばしてくれ!!」

承太郎「いや無理だろ、距離がつかめないんだしよ」

桂「それでもいいから!」

承太郎「・・・何でそこまであてのない電車に戻ろうとしてるんだ?」

桂「・・・俺がいない限り、銀魂の未来がないからだ!!」

んな訳ないじゃない?あんたバカぁ?(アスカ風に笑いながら怒)

承太郎(飛ばしてやりてぇけどな、流石にこの距離じゃ時を止めて足掴んでぶん投げても届かないな、もうひと押し必要だな・・)

承太郎「・・・!!」

承太郎は思いついたのだ。あそこまで飛ばせる方法を、

承太郎(でもいいのか!?この方法はあの男は男として終わりになるし、かなりの痛さだぞ!?男が絶対この人にドンマイって言うようになるぞ!!)

承太郎「・・・テメェを戻せる方法がひとつだけある」

桂「本当か!?」

承太郎「ただしな・・・この方法はテメェにとってもっとも大事なものを失うぞ・・・」

桂「構わん!!やってくれ!!(大事な物ってなんだ?まあいいや)」

承太郎「・・・覚悟は出来ているのか・・・」

桂「当然だ!!」

承太郎「・・・いいぜなら飛び跳ねてくれ」

桂「おう!!」

ピョン

承太郎「スタープラチナザワールド」

時がとまった・・・

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
と足を掴んで振り回して最後に・・・

オラッ!!

とある場所をなぐって飛ばした。

ブチュ

承太郎(・・・本当に良かったのか・・・)

承太郎(あの男の○○○を潰して)

桂「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!・・・」

痛みでより高く飛んでいった・・・

そしてその頃・・・

黄金列車編

IR「それじゃあいくぞ!」

全員「ジャンケン…」

ドガシャーン!!

マリンスノー「何の音ッスか!?」

マフジー「誰か降ってきたぞ!?」

松山「誰だ!?…ってあのロン毛じゃねぇか!!」

マヤ「ああ、あの毒b…キノコ渡した人ね!」

竜「今毒物って言おうとしたよな!?」

マヤ「だから何?」

シャルロット「ひらきなおっちゃダメでしょ!!」

竜、詩音「毒物を渡すなんて実にハジけてるじゃないか!」

シャル「いや違うでしょ!!」

とジョナサンが桂の様子を見てる…ちなみに桂は今気絶している。

ジョナサン「ああっ!!」

ジャガー「どうしたんです、ジャガーさん!?」

ジョナサン「…この男…◯◯◯が潰れてる!」

メイドウィン「なんだって!?」

メイドウィンが確認してみた…

メイドウィン「…本当だ…」

男達は桂の近くに近寄った後…

男達全員「…ドンマイ」





IR「じゃあ改めてジャンケンしようか…」

全員「ジャンケン…」

?「ランランルー!!」

ショコラ「って今度はなに!?」

ドナルド「僕の名前はドナルドマクドナルド、よろしくね♪」

?「おいドナルド、先走るなよ」

ハル「貴方は誰?」

零龍「俺の名は零龍だ、よろしくな」

ミント「うわぁ、この人かっこいい…」

シャル「ズーン」

シャルロット「あっ…」

ミント「お、お兄ちゃんもかっこいいよ!」

ドナルド「僕達も入らせてもらうよ♪」

マリオ「まあいいけどよ…」

松山「ん…おいあそこからでかい犬がきてるぞ!?」

全員「えっ!?」

定春「ワンッ!」

何と定春がいたのだ。実は銀時達が万事屋を出る時に定春をお登勢達に任せたのだが脱走してきたのだ。そして零龍が列車に乗る時に乗ったのだ。

松山「おいこいつ何かくわえてんぞ!」

クロエ「出してみます?」

メイドウィン「いいのか!?またあの風船人形だったらどうするんだ!?」

松山「それを覚悟の上だ!いくぞ!」

全員「せえーの!」

スポッ

?「はぁ、やっとぬけた…」

詩音「貴方は!?」

松山「マダオじゃねぇか!」

マダオ「うるせえ!」

実は銀時達が出た後マダオは冷蔵庫の物全部食おうとしたら定春に食われたのだ。

マダオ「取り敢えず助かったぜ…ありがとな!」

全員「チッ、マダオかよ」

マダオ「泣いていい?」



IR「今度こそジャンケンだ!いくぞ!」

すみません!次こそジャンケンします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.156 )
日時: 2014/09/14 15:35
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

ヅラが本当にヅラ子になったwwww
あとマダオに関してはノーコメントだ俺の腹筋が崩壊してるからなwwww
あと次はじゃんけんの話だし、頑張っていきますかね!運も実力のうちってな、あははは(坂本竜馬的な感じで)


更新頑張っていってください!!!!!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.157 )
日時: 2014/09/14 15:59
名前: アックスホーク◇Odusabf4$#

どうもアックスホークです。

ズラのキン〇マは祕孔をついたらなおせまry (笑)

ドナルドが来ましたか。怒らせたら危険だなwwwwwwwwwww。

後、マダオ。
お前、喰われていたのかwwwwwwwwwwwwwwww。

じゃんけんは、運次第なので頑張りたいです。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.158 )
日時: 2014/09/14 16:18
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

マダオ・・見ないなと思ったらそーゆー事か・・

メイドウィン『桂は俺の【あらゆる物を治したり分解させる程度の能力】で治しておくぜ。』

松山『しかしジャンケンで良かったな。』
マヤ『何が?』

松山『俺達作者組が送られたキャラクターの中で一番強いんだぞ?ほぼ悪役だしな。』
メイドウィン『ああ、マジバトルやマヤの怒りに触れなさそうで良かった。』
松山(後者はまだ不安だけどな。)

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.160 )
日時: 2016/01/05 17:38
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

もの凄く遅くなりました!!坂神です!本当にすみません!
IRさん
桂はもうオカマクラブ行った方がいいですね(笑)
じゃんけんも運っていうかぶっちゃけあみだくじです♪
アックスホークさん
マダオは食われてました(笑)
でも結局作者達と一緒に私の世界に行けるからラッキーじゃないでしょうか?
ジャガーさん
でもマダオは最初から出てましたよ?詳しくは最初から一部をチェケラ!!(笑)
そしてメイドウィンそういう能力あるんですね・・・球磨川カモーン!!
球磨川『大嘘憑き』
はい!!【あらゆる物を治したり分解させる程度の能力】をなかったことにさせてもらいます!!何故かというと・・・
ネタです(笑)
大丈夫です!銀さん達に会えたら球磨川に治してもらうんで!!
ただし会ったらですけどね・・・・フフフ・・・
後松山達、悪役だからって強いとはわかりませんよ?

では本編です!!どうぞ!!

こうして全員は3チームに分かれた
1チーム
ジャガー
シャル
マフジー
アックスホーク
零龍
レジーナ
ミント
詩音
2チーム
ジョナサン
ドナルド

ショコラ
マダオ
ハル
シャルロット
マリオ
3チーム
IR
マリンスノー
メイドウィン
クロエ
カイム
松山
ピエール
一条寺
という感じである。
ドナルド「ドナルドはマダオが入ってるのが気にくわないんだ♪」

マリオ「しょうがねぇだろ、人数があわないんだかからよ」

マダオ「まあ頑張るz」

全員「黙れマダオ」

マダオ「テメェらぶっとばすよ?」

全員「やってみろ」

マダオ「・・・(泣き)」

という訳でじゃんけん大会を行おうとしたが・・・

ジャガー「あれ?景品のアイスが一個ないんですけど・・・」

全員「えっ?」

よく見るとアイスが一個なくなっていたのだ。

マヤ「でかい犬♪あ〜ん」

パクッ

定春「ワンっ!!」

全員「いや何勝手に食わせてんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

マヤが勝手に定春に餌としてあげていたのだ。

松山「・・・しょうがないな、じゃあ一個をみんなで争うということで」

アックスホーク「勝手にあげるとは・・・・」

マリンスノー「許せないッス・・・」

松山「止めろテメーら!死にてーのか!?」

IR「じゃあまず一回戦だ!!いくぞ!!」

一回戦

ジャガー「それじゃあいきますよ!!」

シャル「出来る限り頑張りたいな」

アックスホーク「ふふ・・・勝たせてもらおう!!」

マフジー「こういう賭け事なら慣れてるぜ!!」

零龍「勝たせてもらうぜ」

レジーナ「私に勝てる人なんていないんだから!!」

ミント「えらい自信だね・・・」

詩音「頑張ります!」

ジャガー「じゃあいくよ!」

じゃんけん・・・

ポンッ!!

ジャガー、パー
シャル、グー
アックスホーク、グー
マフジー、グー
零龍、チョキ
レジーナ、パー
ミント、チョキ
詩音、パー

シャル「まあすぐには決着つかないよね・・・」

じゃんけん・・・

ポンッ!

ジャガー、グー
シャル、グー
アックスホーク、パー
マフジー、パー
零龍、パー
レジーナ、グー
ミント、チョキ
詩音、グー

詩音「まだですね・・・」

じゃんけん・・・

ポン!!

ジャガー、チョキ
シャル、パー
アックスホーク、グー
マフジー、チョキ
零龍、グー
レジーナ、チョキ
ミント、チョキ
詩音、チョキ

マフジー(あのアックスホークさん・・・グーとパーしか出してないな・・・それにミントはチョキしか出してない!!ならば!!)

じゃんけん・・・




















ポン!!

ジャガー、グー
シャル、チョキ
アックスホーク、チョキ
マフジー、グー
零龍、グー
レジーナ、チョキ
ミント、グー
詩音、グー

IR「よってレジーナ、シャルさん、アックスホークさん敗退だ!!」

レジーナ「もう!!いきなり負けるなんて!」(プンプン)

アックスホーク「くっ、不覚・・・」

シャル「負けちゃったよ・・・後は妻と妹に任した」

マフジー「まさかここでミントが手を替えるなんてな・・・まあこれも不幸中の幸いってことか」

IR「じゃあ次いくぞ!!」

じゃんけん・・・

ポン!!

ジャガー、チョキ
マフジー、グー
零龍、パー
ミント、パー
詩音、パー

零龍「くそっ、ジャガーがグーかパーだせば勝てたのにな・・・」

じゃんけん・・・

ポン!!

ジャガー、パー
マフジー、パー
零龍、グー
ミント、パー
詩音、グー

IR「という訳で、零龍さんと詩音は敗退だ!!」

零龍「惜しかったな・・・まあしょうがないな」

詩音「ここまでですか・・・竜さん!!任せましたよ!」

IR「さて、どんどんいくぞ!!」

ジャガー「まさか勝ち残れるとは・・・・」

マフジー「このままいくぜ!!」

ミント「お兄ちゃんのぶん勝つんだから!」

じゃんけん・・・

ポン!!

ジャガー、パー
ミント、パー
マフジー、パー

ジャガー(次で決めたい!!)

じゃんけん・・・

果たして勝者は!?







































































ポン!!

ジャガー、グー
マフジー、チョキ
ミント、チョキ

IR「・・・よって勝者はジャガーさんに決定!!」

マフジー「いい線いってたけどだめだったか・・・」

ミント「いいもんだ!後はシャルロット姉ちゃんがいるもん!!」

ジャガー「マジで勝てましたぁぁぁぁぁぁぁ!!」

松山「・・・意外だな」

ジャガー一向「うん」

IR「それじゃあ次は二回戦だ!!」

次回!!二回戦開始!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。