二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1006 )
日時: 2016/01/03 23:52
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

やっと…… やっとこの時が来ました……!!

どうも!晴哉です! 私はこの小説を読み始めてからまだ4ヶ月程しか経っておりませんが、その4ヶ月の間だけでも、活動初期の頃のアドバイスや料理対決の救援依頼など、様々な点で色々とお世話になりました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。いつしかそんな私には、【坂神さんの書くこの小説に出たい】という強い願いが出来ていたりしました。

と、いう訳で! 私も応募に参加致します!!

1.晴哉 −ハルヤ−

2.♂

3.常識外れな考えを持つものの、一応常識的に生きている。音楽もゲームも大好き。
 自分の視界に入ってるものの全ての情報を得る事が出来る【あらゆる状況を分析する程度の能力】を持つためか、頭が良い。さらに、その能力を利用して造った『サウンドチェンジャー』というアイテムを使い、音楽を再生することで新たな力を手にする事が出来る。
 混沌とした展開が大好きだが、変態共や度が越えた悪戯には容赦なく制裁を加える。なお、仲間を普通に傷つける極悪非道な奴らを前にすると魔王化して、ソレこそ【晴哉sideで見せた料理対決の悲劇】の如く、敵味方関係なく破壊の限りを尽くす。だが一応人格は残ってる模様。
 実はその料理対決の時以来、坂神さんに対するある思いが芽生えちゃったんだとか……?

4.ボサボサな白の短髪に黒目(能力発動時は碧眼)。基本的に紺色のジャージを着てるが、体を動かす時は決まって上を脱いでTシャツになる。また、左腕に『サウンドチェンジャー』を装着している。

5.サンプルボイス

「どうも!晴哉です! 皆さん、コレから宜しくお願い致します!」
「コレはなかなか面白そうな事になってきたみたいだな…!」(能力発動)
「……コイツはオシオキが必要みたいだな?」(黒笑)
「……全員、殺ス!! ヴァアアアアアッ!?」(魔王化)
「うわあっ!? さ、坂神さん、大丈夫ですか!?」

6.主に書いてる作品
【カオスがかったありふれた日常】






なお、連れていくオリキャラは1人にします。彼の自己紹介を分けてしまう点、申し訳ありませんがご了承ください。ソレでは1度ココで。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1007 )
日時: 2016/01/03 21:54
名前: 伊那谷ユウナ

ありゃ?…いやぁ、キャラシートの説明で色々間違ったかもしれません。すみません…ってな訳でどうしましょう?←
オリキャラの二人を削りましょうか?どっちかってーとサモナイの二人は連れてきたいんで…クロマなんてレギュラーじゃなくてトキカのピンチに駆けつけるようなちょこっと出す程度でいいんですよ。

という訳で坂神さんに任せます(投げやり)

あと、サモンナイトspiralじゃあキャラ募集してるんでよろしくです。銀さんもいますからね、ぶっちゃけ絡ませたい。もし宜しかったら是非!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1008 )
日時: 2016/01/03 22:27
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

そしてオリキャラ枠の方を記載させていただきます。今回連れていくのは、最近晴哉sideにも登場した『終ヶ炎 迅』です。


1. 終ヶ炎 迅−シュウガエン ジン−

2.♂

3.晴哉の世界に来た際に、とある人物に執事として仕える事になった少年。その為、家事全般が非常に上手。料理才能も☆4位はある。一応、作者さんや目上の人には敬語を話すものの、何故か軽い口調で話す。ブチ切れても同様なので意外と区別がつかない。
 晴哉同様混沌とした展開は大好きだが、変態&度を越えた悪戯には容赦しない。キレた時は変に笑いまくってる。その姿は正しく【狂人】なので、この時彼に言葉を届けれるのは、現時点では晴哉(と、ココでは登場しない彼女)のみ。
 【あらゆる能力を打ち消す程度の能力】を持っており、晴哉の持つ分析能力は愚か、エイジアさんの音楽の力や、斉木の超能力まで無効化させる事が可能。ルフィに使うと、その間だけルフィは【ゴム人間ではなくなる】しかし、元から能力を持たない銀時やめだかちゃんには意味がない、という弱点も持つ。なお、その能力は同時に炎を操ることも可能で、相手に能力を発動させる時はその炎で相手を燃やす必要がある。が、この炎は温度調節が可能で常温にまで下げれるうえ、視認不可能にする事も可能なので、基本燃やされた事に皆気づかない。
 実は晴哉以上のゲーマー(アプリは無課金勢)。また、前述したように晴哉sideの方に彼女がいる。

4.紅髪を狼の耳のように右上と左上に逆立ててる。そして蒼い目をしている。服装は黒スーツ(ただし普通のスーツと違い、かなり動きやすい素材) 靴も黒で隠してるが、実は運動靴。しかもネクタイをしていない。

5.サンプルボイス

「皆さん、初めまして。終ヶ炎 迅です。宜しくお願い致します。」
「いえいえ、晴哉sideではこんな仕事が日常茶飯事だったのでね。その感覚を忘れない為にもです。」
「晴哉さん、あの方法で宜しいんですね?」(黒笑)
「チャ〜オ〜ッ☆ まだ消えちゃダメですよぉ? ヒャーッヒャッヒャッヒャッ!」
「なっ!? 彼女の事については何も聞かないで下さいよ…… ////」




コレでお願い致します! なお、もしも設定変更してほしい点があった場合は遠慮なく言ってください。色々と無茶な設定もちらほらと見受けられると思いますので……; ソレではどうか宜しくお願い致します!!

ソレでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1009 )
日時: 2016/01/03 22:51
名前: 葉月

どうも葉月です。あ、すいません。ちゃんと説明読んでませんでした。オリキャラの良助と裕介を削ってアヴィ(「アウリ」じゃなくて「アヴィ」ですよ〜)とカイリの二人を連れていきます。

アヴィの武器は剣、カイリの武器は二丁拳銃です。「夢100」で検索すれば分かりますよ。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1010 )
日時: 2016/01/26 00:34
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

ユウナさん、葉月さん、修正ありがとうございました!!

晴哉さん

受け付けました!!

これで作者募集を終了します!!ありがとうございました!!

では本編です!!どうぞ!!

そして皆はそれぞれの部屋に戻り…寝る準備、帰宅準備をする…

001号室にて…

銀時「ふぁ〜あ…超眠い…」

剣心「もう11時30分でござるからなぁ…それに、あんなことがあったから風呂でも疲れはとれていないでござる…」

あんなこととは言わなくても分かりますよね?

銀時「今日は一刻も早く寝た方が良いな」

坂神「無論ですよ…」

ケンシロウ「…貴様は面白いパジャマを着ているな」

坂神が来ていたのは猿模様のパジャマだった

坂神「今年の動物ですからね、後ケンシロウさんはパジャマ着ないのですか?」

ケンシロウ「俺はいつも普段着だ」

めだか「今日は遊んだな…」

ルフィ「ああ、本当色々やったな!!」

悟空「そうだなぁ!!特に海は気持ちよかった!!」

坂神「はい…明日も色々な催しするので楽しみましょう!!」

ルフィ「…くんくん、何かいい匂いがするな?」

悟空「ああ、オラも感じるぞ!!」

002号室にて…

ナルト「今日はたくさん遊べたってばよ!!」

トリコ「ああ!!スゲェ楽しかった!!」

ジョナサン「悔いは風呂での事を除いてない日だった!!」

ジョナサンの悔いの一つは何なのかもう分かりますよね?

アラレ「明日も楽しもうね!!」

黒子「そうですね」

日向「ああ!!」

トリコ「…ん?いい匂いがするな?」

ナルト「え?」

003号室にて…

両津「全く!!風呂では散々だったぞ!!」

藤崎、男鹿「自業自得だろうが!!」

千棘「…と言ってもアンタ以外の人達も散々だったんだけどね」

綱吉「それはともかく早く寝ましょうよ、凄く疲れました…」

リボーン「寝させるわけないd」

綱吉「お願いしますリボーン様ァァァァァァァァ!!今日はもう勘弁してくださいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!マジで死にますからぁ!!明日何でもしますからぁぁぁぁぁぁぁ!!(土下座)」

リボーン「…まあ良いだろう、今日はこれで休ませてやる」

綱吉「ありがとう!!」

リボーン「ただし…今お前今言ったよな、明日何でもしますって」

綱吉「…男鹿君、僕を殴って夢から覚めさせてくれ…これは夢だ、悪夢なんだ…(涙目)」

男鹿「殴って欲しいんだな、じゃあ一発!!」

ドゴォ!!

綱吉「がふぉ!!」

ドカッ!!

壁に激突!!

綱吉「痛い!!何で殴るの!?」

男鹿「お前が殴ってって言ったんじゃねぇか!!」

ベル妨「だだあっ!!」

千棘「…馬鹿はほっといて早く寝るわよ」

キルコ「その方が良いですね♪明日も頑張ろう!!」

004号室にて…

一護「凄く眠いぜ…」

鵺野「皆眠いか…そりゃそうだな!!よし!!今日は夜間学習せずに早めに寝るぞ!!」

ころせんせー「それが一番ですね」

一護「…リクオ」

リクオ「…仕方がない、また今度会えると良いな」

幽助「ああ!!」

鵺野「ジャガー先生もな!!」

ジュン市「クソォ!!クソォ!!クソォ!!クソォ!!クソォ!!クソォ!!クソォ!!…」

ころせんせー「しつこいです」

005号室にて…

出久「嘉神君…」

嘉神「…仕方ないですよ、カガミカミが作者の予想以上に早く終わったんですから…」

空閑「今の理由メタじゃないか?」

創真「まあ仕方ねぇだろ!!だから!!別れの前の晩餐といこうぜ!!」

そう言って創真が机に置いたのは…

創真「マグロのビール揚げ天ぷら!!おあがりよっ!!」

大きいマグロの揚げ物が乗った大きい皿と小皿6つだった!!ゴンが釣ってきたものを調理したのだ!!

005号室の人々「旨そう!!」

創真「隣にあるサクラ塩を付けて食べてみな皆!!」

皆食べた!!

パクっ、サクサクサクッ!!

皆「超うめぇ!!」

出久「凄く衣がサクサク!!」

空閑「しかも味が十分染みているな」

ゴン「噛むたびにマグロの風味と出汁の味が口に染み渡るよ!!」

嘉神「最高です!!どうやって作るんですか!?」

創真「マグロのヒレの部分を捌いた後俺が作っただし醤油タレに風呂に入っている間に浸けてな、その後浸けたマグロをビールと水を3対7で混ぜたものに天ぷら粉を混ぜた衣の素に浸した後ヘルシー油で揚げたのさ、うまいだろ!!」

ゴン「何でビールを混ぜたの?」

創真「ビールの酵母は揚げ物をサクサクしやすくするんだ」

嘉神「このサクサクはビールのおかげですか!!」

火ノ丸「流石料理人じゃな!!」

出久「完食しました!!おかわり下さい!!」

創真「あいよっ!!後マグロのトロも捌いて寿司にしてみたんだ、そっちも食うか?」

005号室の皆「食わないわけないでしょう!!」

???達「俺達にもくれ!!」

創真「!?」

いつの間にか005号室にいたのは…

ナルト、ルフィ、トリコ、磯兵衛、悟空、銀時、坂神、ジョナサン、めだかだった!!

ルフィ「やっぱりうまそうな匂いはここからだったんだな!!」

ナルト「スゲェ良い匂いしてたってばよ!!」

悟空「オメェやっぱりスゲェなぁ!!」

トリコ「俺達にちょっとだけくれ!!」

銀時「本のちょっとで良いからよ!!」

坂神「美味しいそうなのでちょっと食べたいです…」

ジョナサン「すまないが僕も試食したいな…」

創真「…良いぜ!!たくさん食いな!!」

9人「わーい!!」

9人は一斉に天ぷらにかぶりついた!!
































































男達(ジョナサン除く)「めばえ」←あの裸エプロン先輩みたいになっている

女達「ふああっ!!」←噛んだ瞬間一気に服がほとんど弾け飛んだ

なお皆お分かりだろうがあくまでも上のは脳内イメージである

ルフィ「う、旨すぎる〜」

トリコ「マジ最高〜」

ナルト「サクサク感たまらねぇ…」

悟空「チチの料理並にうめぇ…」

坂神「噛むたびに味が体に染み渡ってもう駄目です…」

めだか「私も今に気絶しそうだ…」

銀時「スゲェよ創真…」

ジョナサン「日本料理はやはり美味しい…」

創真「まだまだあるぞ!!皆食え!!」

全員「はい!!」

その後14人は…その途中に剣心、日向も加わり…マグロ料理を堪能した…

16人「ごちそうさまでした!!」

創真「お粗末!!」

銀時「寿司も旨かった〜」

日向「流石トロだな」

その後部屋に入ってきた人は戻った…

創真「腹もまた膨れたし、寝るとするか!!」

5人「はい!!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。