二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.120 )
日時: 2014/09/03 19:14
名前: アックスホーク◇Odusabf4$#

どうもアックスホークです。

北斗神拳は強いですし(自分で言うな)強い人が集まっているのでプテラは片付け

たし、ジョナサンが来てくれたので、銀さんたちは心配しなくても良さそうです。

銀拳心さん頑張ってください。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.122 )
日時: 2015/03/11 11:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも今日も遅い坂神です!コメント感謝です!!
IRさん
さて、IRさんはどれくらい倒せるのか!?ちなみに強さは土方くらいにしてます!
ジャガーさん
ついにジョジョが参戦です!!果たして二人を助けられるのか!?
アックスホークさん
北斗神拳はやっぱり強いですよ・・・
ちなみに、流石に無想転生は使えなくしてます。
これからもよろしくお願いします!!

その頃・・
マリンスノー「そろそろ秘策を使いまッス!!」

沖田「何するつもりでィ!!」

マリンスノー「はぁ!!」

するとマリンスノーは絵の具を空にばらまいたのだ。

そしてそれを念力でプテラ達の目に飛ばして・・・

マリンスノー「地獄まで落とすッス!!」

目が見えないプテラ達を念力でマグマに突き落としたのだ。

沖田「念力ってすごいですねぇ」

土方「そうだな」

IR「ハッ!!かかってきなぁ!!プテラ共!!」

バサッ!!ザクッ!!グサッ!!

近藤「なかなかやるじゃないか、トシと同じくらい強そうだ」

IR「光栄だぜ!!」

その頃・・・

銀時「・・・ごめんな、もう左手も限界だわ・・・」

銀時(新八、神楽、ごめんな、俺はここまでのようだわ、糞ポリ公共もヅラも皆お別れのようだわ)

銀時(・・・でも皆悲しまねぇーでくれねぇか、皆、・・・生きてくれ!!)

銀時「めだか・・・もし落ちたら俺を踏み台にして飛んでくれねぇか?」

めだか「そ、そんな!!そんな事出来るわけないではないか!!」

銀時「その代わり・・・俺の分まで生きてくれ」

めだか「いやだぞ!!私は・・・人を踏み台にしてまで生きることはしたくない!!」

すると・・・あの男が遂にたどり着いたのだ!!

ジョナサン「まだ諦めないでくれっ!!」

めだか「貴様は誰だ!!ていうか何故マグマの上で歩けている!?」

ジョナサン「僕はジョースター家の、ジョナサンジョースターだ!!君達を助けに来たッ!!」

めだか「できるのか!?」

ジョナサン「任せてくれっ!!」

ジョナサンは救うための手段を考え始めた。

ジョナサン(まずはこの列車を止める必要があるな・・・)

ジョナサン「仙道波紋疾走!!」

バカーン!!

キキイッ!!(止まった音)

近藤「なんだ!?線路が爆発したぞ!?」

レジーナ「これで列車がとまったわ!!」

マリオ「アイツがきたんだ!!」

ジョナサン「これで助けられるッ!!ハアッ!!」

するとジョナサンは飛んで二人をキャッチして上に飛び上がったのだ!!

ジョナサン「大丈夫ですかっ!?二人共!!」

銀時「大丈夫だぜ・・・ありがとな!!感謝してるぜ!!」

ジョナサン「今治します!!」

ジュウゥゥゥゥ・・・

銀時「お前やっぱりすごいな!!骨は治ってねぇけど痛みが全くなくなったぜ!!」

めだか「なんなのだその力は!?」

ジョナサン「そして・・・アイツらを倒してやる!!」

ジョナサンは走って列車の先頭についた。

近藤「おいお前だれだ!?」

マリオ「ジョナサン!!やっぱりお前だったか!!」

ジョナサン「とりあえずコイツらを倒す!!生命磁気への波紋疾走!!」

ジョナサンは全てのプテラ達を一箇所に集めた後・・・

ジョナサン「消え去れ!!山吹き色の波紋疾走!!」

ドドドドドドドド・・・・

プテラ「メタァ!!」

ジュウワ!!

全てのプテラを消し去ったのだ・・・

ジョナサン「歴史の闇に永遠に沈め!!」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.124 )
日時: 2015/03/11 11:49
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

その頃・・・
黄金列車編
メイドウィン「凄いぞ!!ジョナサンの奴遂に二人を助けたぞ!!」

ハル「流石だね!!」

シャルロット「やったんだねジョナサンさん!!」

シャル「そうだね!!」

ショコラ「ふう・・・安心したわ・・・」

松山「まあアイツならやれるって分かっていたけどな」

ジャガー「凄いですね・・・」

カイム「まあ助ける事が出来たならよしにしましょうか」

クロエ「うん」

その頃・・・

皆は列車の中に戻っていた。

土方「すげぇな・・・プテラ共全て形どころか死体残さず消しやがった・・・」

近藤「一体どんな能力なんだ!?」

ジョナサン「僕が使ったのは波紋だ」

沖田「波紋?」

ジョナサン「波紋とは東洋の仙道に伝わる秘術の1つ。独特の「呼吸法」により血液中のエネルギーを蓄積し、生命エネルギーを活性化させる。呼吸法により練り上げた生命エネルギーが「波紋」に見えたことからそう呼ばれる。「波紋の呼吸」で作り出されるエネルギーは「太陽光と同じ波動」なんだ、僕はこれで怪獣共を引き寄せたり、殴って怪獣共に波紋を流し込んで破壊したんだ」

新八「それも貴方の世界での特殊能力ですか?」

ジョナサン「そうかもしれないね」

マリオ「ジョジョは凄いんだ!!波紋は滅多に取得できないんだぜ!!」

人吉「とにかくありがとうございます!!めだかちゃん達を助けてくれて!!」

新八「そうですね!!感謝してます!!」

銀魂&めだかボックス一同「ありがとな!!」

ジョナサン「いや僕としては当然のことだから・・・それに人吉さん達は謝んなくてもいいよ」

人吉「なんでですか!?」

ジョナサン「・・・礼なら銀さんに言ってくれ、銀さんの右腕・・・もうとても治せないほど動かなくなってたし、今も痛みはないけどまだ動かないよ・・・それに銀さんが、耐えないで手を離してたらめだかは間違いなく死んでたんだ」

人吉「そうですよね・・・」

神楽「銀ちゃん・・・右手どうするんつもりアルかな〜」

妙「・・・そういえば銀さん達は?」

ジョナサン「あっ・・・しまったァァァァ!!外に忘れてしまったァァァァ!!」

銀魂&めだかボックス一同「いや何やってんだァァァァァ!!!」

その頃・・・

銀時「なんとか助かったな」

めだか「そうだな」

二人は列車の上にいる。ちなみに銀時は・・・左手も動かなくなっていた。

銀時「もう刀握れないのかなぁ・・・」

めだか「大丈夫だ、球磨川がいる、アイツなら治してくれるはずだ」

銀時「どうしてだ?」

話し中・・・

銀時「なるほど、「なかったこと」にする能力か」

めだかは間をおいて話し始めた。

めだか「銀時、貴様の名前の言い方はかえんぞ」

銀時「んだとコラァ!!」

めだか「その代わり・・・その、なんだ」

めだかは顔を赤くしながら言った。

めだか「・・・ありがとな」

銀時「・・・照れていて可愛いじゃねぇか」

カアッー(顔がますます赤くなった)

めだか「や、やめてくれそういうこと言うの」

銀時「やっぱ可愛いよ、・・・めだかちゃん」

めだか「えっ・・・貴様今なんと・・・」

銀時「めだかちゃんって言っただけだぜ?」

何故銀時はめだかをめだかちゃんと呼んだのか・・・

銀時「・・・俺がお前の名前の言い方変えた理由はな・・・」

銀時「やっぱめだかちゃんが女の子らしいな、と思ったからだ」

めだかは驚いた。まさか自分がそんな事言われると思っていなかったからである。

銀時「最初会ったときはな、ただの生意気な女としか思ってなかったんだよ、でもな」

銀時「お前を助ける時に思ったんだ、己の命より俺の右手の事心配してたし、意地っ張りだけどやっぱ感情的には素直だったし、それによ・・・」

銀時「他人の命を犠牲にしてまで生きる事が出来ない、という所が潔かったって思ってよ」

めだか「・・・貴様の方が凄かったぞ」

今度はめだかが話し始めた。

めだか「貴様は右手を・・・左手を・・・失ってでも私を護ってくれた。それに・・・命を失おうとしてでも」

めだか「侍ってただ強いのではなく、護り通すっという武士道がある事が分かった、それで・・・貴様はかっこよかったぞ」

銀時「・・・それでよ、俺一つ決めたことあるんだ」

めだか「なんなのだ?」

銀時「それはな」

銀時「めだかちゃん、お前がどうしても悲しい事あったらよ」

銀時「・・・俺に相談してくれねーか?」

めだか「!?」

銀時「お前さ、仲間はたくさんいるだろ、その性格なら、でもよ・・・」

銀時「全て包んで貰えるって人はいないだろ」

図星だった。めだかには完全に全てを頼る事が出来る、人はいないのだ、何故ならめだかは生徒会長だから、生徒会の仲間はいるが全員自分より位は下だ、リーダーとしては甘える訳にはいかないのだ。
めだかには兄と姉がいるが兄はシスコンだし、姉は黒神家から出てしまっている。

銀時「俺はな、お前が意地張ってる姿よりな、素直にいる姿がいいんだよ、だからよ」

銀時「・・・俺が護ってやるよ、お前が苦しい時、辛い時によ」

めだかにはこの言葉が深く響いた・・・

めだか「銀時!!あそこにパフェが!!」

銀時「何!!」

と銀時が横を向いた瞬間、

チュッ、

めだかは銀時の頬にキスしたのだ。

めだか「・・・ま、全く!!貴様は単純だな!!単純な罠にかかるなんてな!!」

銀時「たくっ、めだかちゃん、お前の頬凄く赤くなってるぞ」

めだか「なっ!!」

めだかが顔を手で隠した瞬間・・・

チュッ、

銀時「・・・お返しだ」

めだか「き、貴様ァァァァァァァ!!」(カアアーッ)

めだかと銀時はこれからどうなるのか・・・

ジョナサン(フフッ、こうなるって分かってたよ)
実はジョナサンは二人だけにするためにわざと上に置いてきたのだ。

ジョナサン「二人共置いてきてすみませんでした!!」

銀時「遅ェぞ、俺達暑さでゆでダコになりそうだったぜ」

ジョナサン「す、すみません!!」

ジョナサンは二人を担いで列車に戻っていった・・・

黄金の列車編

メイドウィン「アイツら列車の上で何してるんだ?」

マヤ「さぁーね♪それより私もアイス買っておいといたから食べない?」

全員「食べる!!」

パクッ

ハル「やっぱ疲れた後のアイスって美味しいね♪」

ミント「そうだね!!私ミント味食べる!!」

シャル「ミントだけに!?」

ピエール「ミーはレインボーアイス食べマース!!」

松山(・・・言わない方がいいか、夜叉の旦那とメロンの女が)

松山(ちょっとラブ展開になっていたことは)

実は松山には見えたのだ、二人が互いに頬にキスしていたことを・・・

という訳でちょっと恋展開入れてみました!!どうでしょうか?
後、マリンスノーさん!!貴方が言ってた秘策ってこれでよかったんでしょうか?教えて欲しいです!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.125 )
日時: 2014/09/06 07:44
名前: マリンスノー

学校が本格的に始まってしまって、休みまでコメントできなかったマリンスノーです。

秘策はあっています!これは自分の必殺技にもなります。ありがとうございます!

マリンスノー「自分の超能力のことは、募集スレッドの【マリンスタジアム】にそのうち詳しく書きまッス!」

ピエール「レインボーアイスうまいデース!」(全く関係ない)

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.126 )
日時: 2014/09/06 08:48
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

( ゜o゜)←現実の俺

メイドウィン『何となく分かってたぜ。』
松山『マジかよ。』
メイドウィン『おいおい、俺を誰だと思ってる。』
松山『不老不死のバケモン。』

メイドウィン(ジョナサン中々空気読めるな、やはりジョセフじゃなくて正解だったな。)
松山(まあ、ジョナサンは原作でもな・・)
そしてふと思ったが多分作者とオリキャラ覗けば一番身長高いのジョナサンじゃない?
(190p)

更新頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。