二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.115 )
日時: 2014/09/02 00:24
名前: マリンスノー

プテラまできて大変なことになっていますね。

相手が恐竜でも超能力で倒せますよ。助けに行きたいです!超能力は強いから!

ピエール「ミーも行きたいデース!」

マリンスノー「役に立たないから来ないで(にっこり、殴)あんたの絵の具だけ持っていく。秘策があるから。」

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.116 )
日時: 2014/09/02 22:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!実は前にコメントがこなくて涙目になっていた坂神です!
本当にコメント感謝です!
ジャガーさん
松山ってそんなキャラなんですか・・・でも私の世界ではかっこいいキャラでいかせてもらいます!後カイムの一人称間違えてましたか・・・すみませんが急ですけど皆さんそれぞれのキャラの一人称と
二人称教えてくれませんか?
マリンスノーさん
わかりましたけどすみませんが銀さん達との距離は遠いままです。
すみません!!
では失礼します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.117 )
日時: 2014/09/02 22:52
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

さーて、プテラ共、俺の刀&木刀でぶったぎってやるよ!!
あと、最近古いが灼眼が楽しくて仕方のないIR だ、小説更新、がんばれー!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.118 )
日時: 2014/09/02 23:32
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

その頃・・・
IR「おらぁ!!」

ブン!!

プテラ「ピギィ!!」

土方「・・・お前、二刀流か」

IR「そうだぜ!!こういう非常事態の時は木刀が囮みたいな感じで真剣で斬るのが主流なんだけどな!!」

アックスホーク「あたたたたたたたたたたたたたたっわたぁ!!!」

アックスホーク「北斗百裂拳!!」

プテラ「ピギブっ!!」

ドババババババーン

阿久根「なんだ!?爆発したぞ!?」

アックスホーク「これは北斗神拳だ!!」

阿久根「北斗神拳!?」

アックスホーク「敵の経絡秘孔を指や拳や足により直接的に気を送り込み突く、または、間接的に遠距離から経絡秘孔を気を放ち突くことである。経絡とは実際の東洋医学においては血の流れ、神経の流れとされ、北斗神拳においては秘孔がその要である。経絡秘孔は全身に708あり、柔らかく押せば体内の治癒力を活発化させるが、深く突けば血の流れを異常促進させ細胞を破壊する。つまり、北斗神拳の極意は身体を外部からではなく、むしろ内部から破壊することにある、これが俺が使った技だ」

阿久根「すげぇ!!」

アックスホーク「だが、これを使えるのは俺だけではない、これを本格的に使える人会うために俺はあの列車に乗った・・」

阿久根(誰なんだろうその人)

近藤「・・・おい、また人が飛んできてるぞ」

土方「おい嘘だってまた来たぁぁぁぁぁ!?」

沖田「瞬間移動しやがった!?」

マリンスノー「どうも、マリンスノーっス」

月詠「・・・主、超能力使えるんじゃ?」

マリンスノー「はいそうっすよ」

近藤「何!!だったらそれを使って二人を助けられないのか!?」

マリンスノー「・・・無理っスね・・・ここでも遠いッス」

近藤「そうか・・・ならプテラ倒しに協力してくれ!!」

マリンスノー「分かったっス!!念力潰し!!」

プテラ「ブぎゃ!!」

ブチュ!!

沖田「・・・酷いですね」

その頃・・・

喜界島「すみませーん!!誰か能力持ってる人はいませんかー!?」

球磨川『まずいね』『銀さんの体勢見てみなよ』

神楽「!!銀ちゃん・・・死ぬ覚悟アルか!?」

妙「銀さん・・・」

神楽「銀ちゃん・・・死なないアル、死ぬわけないアル、死んだら・・・」

神楽「・・・私生きていけないアルよぉ!!」(泣き)

神楽は無意識で泣いていた、銀時が死にそうな辛さに・・・

妙「大丈夫よ!新ちゃんが、新ちゃんが助けてくれるから!!」

神楽「うう、うわぁぁぁぁん・・・」

大声で泣いていた。

妙(やめてよ・・・私まで泣きたくなるじゃない!!)

妙も涙目になっていたことに気ずいてなかった。

喜界島(ううっ、めだか先輩っ・・・)

喜界島も同じだった。

その頃・・・

新八「ハアッ、ハアッ・・・」

人吉「も、もう少しだ!!」

だが・・・ここで新八達はまずいミスをしてしまう。

プテラがここにも襲いかかってきて、それを二人はよけたのだが・・・
そのせいでまた風で戻されてしまったのだ、

新八「そ、そんな・・・」

もう二人は絶望的だった。

その頃・・・

メイドウィン「来たぞアイツが!!」

?「助けるのはっ、あの人達かっ!!」

ジャガー「頼みましたよ・・・」





















































































ジャガー「ジョナサンジョースターさん!!」

ジョースター(ジョースター家の名にかけて!!あの二人を・・・助けてみせるッ!!」

ついに現れた二人目のクロスオーバー!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.119 )
日時: 2014/09/03 05:33
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

松山『・・ったく、遅せぇよ、バーロー。』

一人称、二人称は・・
ジャガー/僕、貴方達
メイドウィン/俺、お前ら
松山/俺、テメーら
マヤ/私、アンタら
カイム/私、貴方達
クロエ/私、貴方達
ハル/私、皆
マリオ/俺、お前ら

ジャガー『さて、やっとジョジョが来ましたね!!』
メイドウィン『頼むぜ・・ジョナサン!』

更新頑張ってください

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。