二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.108 )
日時: 2015/03/11 11:38
名前: 坂神 銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

緊急事態ですね・・・コメント感謝です!
マリンスノーさん
念力とテレポートですね!!でもダメな可能性あります・・・
ジャガーさん
マヤとカイムひど!!
では書いてくれた会話はそのまま黄金列車でしたことにします!
大丈夫です!!後に貴方がお気に入りで海を歩ける・・・
ハッ!ダメですこれ以上は!

では本編です!!どうぞ!!

その頃・・・
黄金の列車編
松山「レジーナ!!作者達全員集めたか!?」

レジーナ「OKだよお兄ちゃん!!」

メイドウィン「よし!!じゃあ全員の特殊能力聞いてくぞ!!もしかしたら助けることができる人がいるかもしれない!じゃあまず眼鏡のお前から!」

マフジー「俺はマーキー・F・ジョーイだ。宜しく」

メイドウィン「で!能力は!?」

マフジー「眼鏡外したら裏の俺にな」

メイドウィン「はい次!」

マフジー「即答!?」

松山「じゃあその付き添いのお前!」

一条寺「俺は一条寺だ。よろしく」

メイドウィン「で!能力は!?」

一条寺「鎧がだい好」

メイドウィン「はい次!」

一条寺「また即答!?」

メイドウィン「じゃあ銀髪のお前!!」

アックスホーク「俺はアックスホークだ。」

メイドウィン「で!能力は!?」

アックスホーク「北斗神拳が使え」

メイドウィン「はい次!」

アックスホーク「これも即答!?」

メイドウィン「落ちそうな人助けるのに北斗神拳は役に立たねぇよ!次は・・・はい次!!」

ショコラ「いや私何も話してないよ!?」

松山「どう見ても絵を書く事以外無理だろ!!後お前も同じ理由で略だ!」

ピエール山岸「ナンデスカー!?」

松山「じゃあ次はお前だ!」

マリンスノー「どうも、マリンスノーッス」

メイドウィン「で!能力は!?」

マリンスノー「超能力が使えまッス!!」

ジャガー「おお!!やっと期待出来る人が!」

松山「じゃあ助けられるのか!?」

マリンスノー「念力、テレポート、透視、などが能力ッスけど・・・」

松山「メイドウィン!どう思う?」

メイドウィン「う〜ん、念力はここからじゃ届かないだろうし・・・透視も意味ないし、テレポートは移動した瞬間風で飛ばされるぞ・・・」

マリンスノー「そうッスかっ・・・残念ッス・・・」

その頃・・・

土方「畜生!助けることができる人がいねぇ!!」

新八「このままじゃ銀さん達が・・・」

沖田「とりあえずこの電車一旦止めるように運転手に言ったほうがいいんじゃないですかい?」

土方「無理だ、列車がオート運転で運転手がいねぇんだよ!!」

近藤「なら、列車の緊急停止ボタンとかあるんじゃないか?」

土方「それもねぇよ、線路の一部が壊れるなど緊急事態に関わる事以外止まらないらしい」

沖田「じゃあ線路バズーカで壊しましょうかい?」

土方「アホかバズーカの球より列車のほうが早いわ!」

するとめだかボックス一同が来た。

妙「どうでしたかそちらは!?」

人吉「だめだ!誰も協力出来る人がいねぇ!!」

阿久根「球磨川、お前の大嘘憑きでめだかちゃんの足と銀さんの手の怪我を「なかったこと」にできないか?」

土方「大嘘憑きってなんだ?」

喜界島「現実(すべて)を虚構(なかったこと)にするスキル。傷を負った現実そのものを「なかったこと」にして傷を負う以前の状態に戻したり、人間の死や視力などの五感さえも「なかったこと」にできる能力です」

球磨川『無理だね』『流石に届かないよ』『もしも別の部分に当たったらそれこそ大変な事態になるよ』

人吉「くっ、そうか・・・」

阿久根「じゃあよ、喜界島!!お前泳いで銀さん達の下に回ってくれ!!」

喜界島「えっ!?」

阿久根「そうしたら二人に落ちてもらってそれをキャッチしろ!!後は窓まで送ってから俺達で三人とも引っ張るから!!」

喜界島「分かりました!!」

土方「ていうか最初からそうすればよかったじゃねぇか!!」

人吉「そうだったね・・・」

喜界島は窓の方に向かった。

喜界島「それじゃあ行きます!」

と勢いよく飛び込もうとしたが・・・直前で止まった

阿久根「どうしたんだよ?早くいけ」

喜界島「・・・無理ですよ」

人吉「なんでだ?」

喜界島「・・・見てください」

土方「なにがあるん・・・」

土方は下を見たら愕然とした。

土方「・・・最悪のタイミングだな」

近藤「トシ、なにがあ・・・」

と全員が景色を見た瞬間唖然した。

全員「何で今のタイミングだアアアアアアアア!!??」

その頃・・・

銀時「グアアアアアアアア!!な、なんでこの時に!!、ち、畜生ォォォォォ!!!」

めだか「なんでだ・・・もう落ちたら終わりじゃないか!!」

黄金列車編

ショコラ「・・・これないわ・・・」

ジャガー「・・・もう二人にとっては地獄でしょうね・・・」

列車は今・・・

火山エリアに突入していた。

そして列車の下は・・・

マグマだった。

という訳で作者全員だしました!!どうでしょうか?修正点なら治します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.109 )
日時: 2014/08/30 22:54
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

理不尽だな俺、まあリーダーシップはあるし。
後、俺はサンデーの能力を抜き、この世界に備え、ジャンプの能力を手にするため
オリジナル(多分)悪魔の実(テツテツの実)を食し(調理して)
スタンドの矢を刺し、テレパシーを持つスタンド、サファイア・ストームを出す
自作混沌包丁【蓮仁】を石仮面を削り蓮金し【鬼殺し】を作り・・

ある時は鉄の体を
またある時は竜巻のスタンドを
更にまたある時は巨大戦闘用包丁の万能戦闘系の俺誕生です。


あとワンピースのTVスペシャル面白いですね。
後ジョジョが絡んでくる時空大冒険も出来れば見てください

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.110 )
日時: 2014/08/31 08:32
名前: マリンスノー

あああああああああぁ!銀さんが危ない!

まさか誰も助けられないなんて・・・しかも火山エリア、マグマがしたにあります。全員で協力すれば何とかなる・・・て言ってもどうやって助ければいいか分かりません。

では、更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.112 )
日時: 2015/03/11 11:43
名前: 坂神 銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

果たして二人はめだかと銀時を助けられるのか!?
どうも坂神です!!いつものごとく遅いですがコメント感謝です!
ジャガーさん
ちょっと理不尽すぎましたか?後実は時空大冒険も見てるんですけど僕の知らないキャラ多いんでコメント出来なくて・・・
マリンスノーさん
確かに銀さん達ヤバ過ぎですね・・・
二人は助かるのか!?

では本便です!!どうぞ!!

その頃・・・

土方「こうなったら列車の上から直接二人を引っ張るしかねぇ!!力に自信がある奴はついてこい!!残りは下で引き続き助けられる人探せ!!」

全員「分かった!!」

よって助けに行く人はこうなった。

助ける

新八

近藤

土方

沖田

エリザベス

月詠

人吉

阿久根

残りは列車で人を探すことになった。

沖田「おい大丈夫なのかダメガネ、テメェ非力じゃないか」

妙「そうよ、大丈夫なの?」

新八「・・・僕なら大丈夫です!!銀さんは・・・護るべきものを護り通そうとして苦しんでいる!なら僕は!!」

新八「・・・僕は大事な銀さんを護るため戦う!!」

妙「・・・そうね、それこそ私の弟よ」

近藤「そして俺の義弟」

妙「外に投げるぞクソゴリラ☆」

九兵衛「・・・そういえば桂は?」

エリザベス「あいつは助ける秘策があるって言って去ったぜ」

新八「秘策!?それはなんですか!?」

土方「・・・それを待ってる場合じゃねぇ!!早く行くぞ!」

人吉「あ、はい!!」

8人は上に上がった。

土方「グウッ!!強い熱風じゃねぇか!!」

人吉「しかもさっきより風が桁違い過ぎる!!このままじゃ進めない!!」

新八「・・・でも僕は行きますよ!!」

近藤「大丈夫か新八君!?」

阿久根「そうだぜ!とりあえず風が止むのを待ってから行こうぜ!」

新八「・・・すみません、僕は!」

新八「・・・護り通す人を護り通せないのは一番嫌なんだ!!」ダダッ

人吉「新八君・・・」

人吉「・・・俺も行きます!!」

阿久根「テメェら・・・」

土方「そうだな!俺たちも行くぞ!!」

沖田「・・・そうもいかないようですぜ」

いつの間にか列車の上で騒いでたせいか・・・プテラノドンの大群が接近していた。

土方「・・・今日は厄日だな」

阿久根「・・・しょうがねぇ!!俺達がプテラノドンの大群を倒してるからオメェら二人が行ってこい!!」

新八「いいんですか!?」

月詠「ああ大丈夫じゃ、その代わり・・・二人のこと、任せたぞ」

新八「分かりました!!」

人吉「それじゃあ行くよ!新八君!」

新八「はい!」

その頃・・・

銀時「ハハッ、やべぇや、もう骨折した右手の感覚なくなってきやがった・・・」

めだか「銀時ィ・・・何で離してくれないんだ・・・右手がないと侍としてやっていけなくなるのに・・・」

銀時「・・・お前を助ける為なら右手くらいくれてやらァ」

めだかはまた泣きたくなった、ここまで助けられてるのに、そもそも右手は自分が折ったものなのに、それを失っても助けようとしてくれている銀時の優しさに・・・

銀時「でも大丈夫だ」

銀時は左手を列車に掛けて、めだかと同じく下に降りて、両足でめだかを挟んで右手を離した、もう右手は動かすこと自体できなくなっていた。

めだか「なんでそこまで・・・これで貴様も手が離れたら私と落ちてしまうぞ!!何でだ・・・なんでそこまで助けようとしてくれるんだ!」

銀時はこう答えた。

銀時「・・・侍はな、護れなかったら終わりなんだよ」

めだか「!!」

銀時「侍はな、護りたいものを護り通す、それが侍だよ、力が強くても、・・・護れなかったら意味ないんだよ」

めだか「うっ、ううっ」

銀時「・・・もしお前を護れなかったら俺も死んでやらぁ」

めだか「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」(泣)

ついにめだかは泣いてしまった、めったに人には涙を見せないのに、

銀時「・・・遂に素直になれたか」

銀時「お前やっぱり素直になったら可愛いじゃねぇか・・・」

めだか「うわあぁぁぁぁぁん!!うわぁぁぁぁん・・・」

銀時の顔はかっこよかった、誰よりも、

その頃・・・

新八「ハアッ、ハアッ・・・」

人吉「ハアッ、ハアッ・・・」

新八(・・・必ず助けますからね!!銀さん!!めだかさん!!)

その頃・・・
黄金列車編
ジャガー「銀さん・・・己の命までかけるんなんて・・・流石銀さんですね!!」

IR「畜生・・・その分助けられないのが辛すぎる・・・」

マリンスノー「そうッスね・・・僕にもっと力があれば・・・」

カイム「何であそこまで・・・僕には全く理解出来な」

とカイムが最後まで言おうとした瞬間、カイムの頬に大きな衝撃を受けた。松山が殴ったからであった。

松山「カイム・・・今それは今一番言っちゃいけねぇ事だ・・・」

カイム「へ?」

松山「右手を失っても・・・人を助けることに命賭けている人・・・をバカにしちゃいけねぇ!!」

メイドウィン「もう抑えろ松山!!」

レジーナ「そうだよお兄ちゃん!!」

松山「・・・分かったよ!!」

シャルロット「そうしている場合じゃないよ!!早く助けないと!!」

ショコラ「そうだよ!!もう二人とも死んじゃうよ!!」

メイドウィン「そうだよな・・・どうすればいいんだ!!」

5分後・・・

メイドウィン「・・・アイツなら出来る!!」

マヤ「何!?」

松山「アイツって誰だ!?」

メイドウィン「皆耳貸せ!!」

ごにょごにょごにょ・・・

ジャガー一向「ええっ!?」

ハル「いや彼はもう乗り替えちゃったよ!?」

メイドウィン「でもそれしかねぇ!」

松山「よし!メイドウィンはアイツを呼べ!!そして戦える奴は風にのって土方の旦那の所に行ってこい!!」

全員「分かった!!」

その頃・・・

土方「畜生!!斬っても斬ってもきりがねぇ!!」

沖田「何かいっぺんに全部倒せるって方法ありませんかねぇ」

近藤「おい何か人飛んできてるぞ!!」

土方「人がぁ?まさか飛んでくる訳ねってマジで飛んできたーー!?」

?「受け止めてくれぇ!!」

阿久根「分かったよ!!オラ!!」

ドスッ、

土方「・・・お前ら誰だ?」

レジーナ「あたしはねぇ、レジーナって言うの。」

IR「よぉ銀魂諸君!俺はIRだ!!以後よろしくな!!」

マリオ「俺は皆ご存知のヒーローマリオだ!!」

アックスホーク「俺はアックスホークだ。」

沖田「で、何しにきたんでぇい」

IR「単純だよ!助けにきたんだ!!」

上の全員「えっ!」

レジーナ「あたし達の力ならせめてプテラ共を倒すことなら助けるのなら出来るかな〜って思って」

月詠「・・・分かった、手伝いなんし!!」

四人「おう!!」

マリオ「じゃあ早速いくぜ!!マリオファイナル!!」

ゴオオオオオオ・・・

阿久根「す、すげぇ・・・」

その頃・・・

メイドウィン「・・・つながった!!おいお前!!」

?「!?なんだメイドウィンさん!?」

メイドウィン「お前しか助けられない人がいるんだ!!」

話し中・・・

メイドウィン「・・・分かったか!?」

?「分かりました!必ず僕が助けてみせるッ!!」

メイドウィン「頼んだぞ!!」

ガチャ、

メイドウィン「頼んだぞ・・・液体の上なら歩けるお前しかできないんだ!!」

果たしてメイドウィンが呼んだアイツとは!?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.114 )
日時: 2014/09/01 23:07
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

松山、頼む!お前のライフル銃が頼りだ!!
メイドウィン『しかし松山がなんか男らしいな。』
ジャガー『原作では血も涙も無いヒールキャラですけどね。』
メイドウィン『これはアレだ、優遇補正だ。』

メイドウィン『後カイムの一人称は【私】です。』

更新頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。