二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.70 )
日時: 2014/08/23 11:26
名前: アックスホーク◇Odusabf4$#

どうもアックスホークです。
ケンシロウ登場しますよね。いつ出るか楽しみです。
後、俺は武器は持っていませんが、北斗神拳が使えます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.71 )
日時: 2014/08/23 11:29
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

さて、ジャンプヒーローのみんなと仲良くして突っ込み役にもなるかねw
坂神さん、こんど手合わせを願うぜww

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.72 )
日時: 2014/08/23 12:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

新八「もう・・貴方達喧嘩しすぎですよ・・・」

沖田「しょうがないじゃないですかい、土方さんが卑怯な手使うから」

土方「総悟、お前この電車降りたらどうなるかわかってるんだろうな?」

近藤「トシ、総悟、やめておけ、確かにあの女の子が言ったようにここは公だ、迷惑をかけるな」

妙「フフッ☆一番私に迷惑かけている人が言うな☆」

近藤「お妙さん・・・僕の行動は確かに正しくなんてない、ただ・・・・自分の気持ちに正しくあろうとしているだけd」

新八「いや何さっきあった人の名言パクッんてんだあァァァァァァァァァ!!」

妙「正しくないと思ってんならやるんじゃねェェェェェェェェェ!!」

ドゲシッ!(新八と妙が近藤の背中にとび蹴り)

近藤「ひでぶっ!」

めだか(ブルブル)

めだか「・・・なんだろう、なぜか寒気がしたのだが・・」

銀時「ゴリラに猿真似でもされたんじゃねェか?」

土方「・・・あれ、万事屋はどこ行った?」

沖田「旦那なら、「主人公ならほかの主人公の事も知らなくちゃな」とか言ってあのくそ生意気な女についていきやしたよ」

新八「・・・なんだろう、嫌な予感がするのは気のせいかな・・・」






めだか「ほう、貴様は万事屋なのか!」

銀時「お前は生徒会・・・?生徒会ってなんだ?」

めだか「・・・生徒会とは、学校の全生徒をもって組織され、教員の適切な指導の下に、生徒の自発的な活動により、学校生活の充実や改善向上を図る活動やボランティアなどを行う会だ」

銀時「ふ〜ん、俺は主に依頼された仕事をなんでもやるところだ」

めだか「なるほど!私も同じようなことをしている、めだかボックスという箱に困った事があれば紙に書いて投稿するように言っている」

銀時「で、そこに書いてあった依頼を解決するって事かい、俺もその方法使ってみようかな・・」

めだか「貴様はまず頭と性格を直した方がいいと思ったのだがな」

銀時「うるせぇ!」

めだか「という訳で、その生徒会の会長黒神めだかだ、めだかちゃんと呼ぶがいい!」

銀時「そういえば名前言ってなかったな、万事屋銀ちゃんオーナー坂田銀時だ!銀さんと呼べ!」

めだか「わかったぞ銀時!」

銀時「よろしくなめだか!」











銀時「・・・」

めだか「・・・」

銀時「おいめだか、銀さんと呼べっていったろ?銀さんと呼べ」

めだか「貴様の耳は節穴か?めだかちゃんと呼べって言っている、めだかちゃんと呼べ」

銀時「いやいや、大人に向かって貴様って言ってること自体もう悪いよ、敬語っていうものを使えないのか?」

めだか「・・・私は敬語は尊敬した人以外使わない主義だ」

銀時「えっ、つまりなんだ?俺を全く尊敬してないって事か?(怒)」

めだか「その通りだ、ていうかどこに尊敬できるポイントがある?」

銀時「・・・いやお前に言われたくないね、露出狂のお前に言われたくないね(怒怒)」

めだか「・・・練り上げた肉体を衆目にさらすのに何のためらいがある?(怒)」

銀時「おーい、おまわりさーん、ここに変態がいまーす」

めだか「・・・貴様みたいな下品な物語の主人公に言われたくない・・・・(怒怒怒)」

銀時「・・・なにそれ?喧嘩売ってるの?(怒怒怒)」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

新八「・・・なんかやばいんだけど、闘志むき出しなんだけど・・・」

実は新八は嫌な予感がして銀時達についてきていたのだ。

銀時「・・・・・」

めだか「・・・・・」

ドカッ!

新八「!?」

土方「なんだこの音は!?」

すると急に大きな音が響いた。

めだかと銀時が天井を突き破ったのだ。

そしてできた穴に二人は飛び込み・・・

めだか「ここなら迷惑かけないだろう・・・戦闘開始だ!」

銀時「上等だ・・・俺に喧嘩売った事後悔させてやらぁ!」

新八「けっきょくこうなるんかいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

次回!銀時vsめだか!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.74 )
日時: 2014/08/23 17:31
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

おお、早速うちのキャラが!
まず、カイム社長wwwカリスマが失ってヘタレに・・だがそれも良いww
後、クロムではなく、クロエです。
メイドウィン『よし説明しよう!蓬莱剣士とはっ!』


剣の魔力を手にした蓬莱人
そもそも蓬莱人とは薬を飲み不老不死となった人間(メイドウィンが433歳なのはその為。)
そして、様々な敵を打ち破り、やるべき事が無くなったメイドウィンは、
松山と出会い、本当にやりたいことを叶えるため、
時空を越える、戦う料理人、【混沌料理人】へと転職した。

メイドウィン『て、訳だ。レクイエム学園では生の守護神とか言ったが、レベルはゴールド・エクリペンス・レクイエム以下だ。』
ジャガー『Jスターズで思い出しましたが、少し前何故キルコがサポートに居ないんだーって騒いでましたね、メイドウィンさん。』
メイドウィン『だってよ、黒子やスケット団が居てだぞ?』
松山『戦う警察官は両津だけで充分だろ。』

更新頑張って下さい!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.75 )
日時: 2014/08/23 18:02
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

えっと、刀は黒刀『円月』 そして、木刀は大黒堂諸刃(だいこくどうもろは)でお願いします

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。