二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.37 )
日時: 2014/08/21 17:35
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ディオ『なんか呼ばれた気がするが。』
ジャガー『ネタバレすんなや。』

メイドウィン『ツッコミキャラ省略すんなや(笑)』


メイドウィン『あ、この後察したわ。』
ジャガー『・・僕は分かりません・・』


松山『とりあえず、あの眼帯を止めるにはどーすりゃ良いか?』
マヤ『承太郎でも呼ぶ?』
メイドウィン『無駄オラバトル見たいだけだろお前。』

更新頑張って下さい!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.38 )
日時: 2014/08/21 20:32
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

銀時?「なんでだよ!?何でアイツは追いかけてくるんだよ!?」

妙?「知りませんよ!?」

今九兵衛は二人の近くまで来ている!

九兵衛「銀時ィィィ!!よくも・・・よくも僕から妙ちゃんを奪ったな!」

銀時?「銀時!?妙!?だれだそいつら!?ていうかお前誰だァァァァァァ!?」

ちなみに二人は今逃げながら逃げているため顔は見えていない

九兵衛「・・・しらばっくれるな・・お前は僕にとって大事な物を奪った・・・ならばお前にとって大事な物を奪う!はあァァァァァァ!!」

そして九兵衛は・・飛翔した
九兵衛「忍法!(忍法じゃないけど)股侵奪棒!」

銀時?「ちょ、やめろ・・・ぎゃあああああああああああああああ!!」

その瞬間・・・銀時らしき人は・・・倒れた。

九兵衛「これが貴様のやったことへの裁きだ・・・泣いても遅いぞ」
九兵衛は誰よりもすがすがしい顔をしていた・・・

























































































































































?「・・・で、アイツなにやってんの?」

?「九ちゃんどうしたのかしら・・・他人の大切な物取っちゃって」

それをある二人が見ていたのだ・・その二人は九兵衛が狙っていた銀時と妙だったのだ。















































新八「あれ・・九兵衛さん勘違いしてません?」

九兵衛「・・・え?」

よく見ると銀時らしい人の顔はすごくぶすだった。

土方「・・・どうやらそうらしいな・・」

一方土方はショックで気絶している妙らしい人の顔を見た、やはりブサイクすぎる顔だった。

沖田「こんなブサイクだったら流石の近藤さんもスランプになりまっせ」

神楽「名刺が落ちてるアル、えーっと銀ちゃんらしい人はちんざむという名前らしいアル、妙ちゃんらしい人の名前はポニーちゃんという名前らしいアル」

九兵衛「え、じゃあ僕は見知らぬ他人の○○○を奪ったって事?」

新八「・・・そういうことです」

九兵衛「・・・(汗)」

九兵衛「ちんざむさんすみませんでしたァァァァァァ・・・!!」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.39 )
日時: 2014/08/21 20:42
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ですよねー(笑)

マヤ『銀魂シリーズの総集編みたいになってきたねー。』
松山『そろそろクロスオーバーしねーとタイトル詐欺にならねーか・・?』
承太郎『その心配は無い。』
松山『プラチナ男・・』

承太郎『うちのメイドウィンが来たとき、若き頃の爺さんが出てきたり、お前らも存在は出てきてるから、クロスオーバーはとっくにしているって、事だ。』
松山『さすがプラチナ男だ・・』

更新頑張って下さい!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.40 )
日時: 2014/08/21 21:09
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

銀時「たくっ、なにやってんだテメェは、どうすんだこの人」

妙「皆そろったのね」

新八「銀さん!姉上も!」

九兵衛「銀時!こんどこそ貴様のピーを取る・・」

ガツッン(木刀を九兵衛の頭にぶつけた。)

銀時「いくら剣の達人でも狙う場所がわかっているならそこにとびつくことぐらいわかるわ、とりあえず落ち着け、なんで襲い掛かってくるんだ?」

九兵衛「だって・・君は妙ちゃんを奪うと・・」

銀時「ハア!?何バカなこと言ってるんだテメェは?」

九兵衛「・・・え?」

妙「銀さん、私が説明します」

話し中・・・

九兵衛「なんだそういうことか!よかった!」

妙「もう、そんなことするわけないじゃない!買いたいものが偶然会ったから一緒に行っただけよ!」

今七人はターミナルのなかにいて、特別電車の手配をしているのだ。

九兵衛「普通に買い物行っただけだったんだ、焦った僕がバカだったよ!」

新八「いや最初からそういってましたよね・・・」

銀時「それにしてもでかいなこの列車・・・あの江戸城よりおおきいじゃねぇか」

土方「でもその割には客が少ねぇな・・・」

月詠「おそらく特別な人しかこないからじゃろう」

銀時「うおっ!?月詠いつの間に!?」

土方「桂ァ・・ここで会うとはな・・」(剣を構える)

沖田「今日こそお縄にかかってもらうぜ・・」(バズーカを構える)

桂「チッ、幕府の犬、お前らもか・・・」

新八「ちょ、ちょっと!やめましょうよ!」

?「トシ、総悟、やめておけ、新八君の要請だ」

そこにいたのは・・・

土方「こ、近藤さん!?」

呼んでいなかった近藤だった。

妙「・・なんでゴリラがここにいるんじゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドカーン!(右アッパー)

近藤「ぎゃあああああああああ!」

沖田「近藤さんどうしてここにいるんですかい?」

近藤「イテテテ、・・・実はな万事屋が俺を誘わないことを予想していたらしく、俺に手紙を送って来てな、俺にチケットが来たんだ」

沖田「じゃあ、元々来てほしかったってことですかい」

近藤「そうだ、要するに俺は招待者に好まれているってことだ」

妙「畜生、なんでこいつが好まれているんだ・・」

新八「まあいいじゃないですか、ところでなんで桂さん達は遅かったんですか?」

桂「ああ、人助けをしていたら遅れてしm」

グサッ(クナイが刺さった)

月詠「・・貴様がピーやピーやあんなことできる店に行きたいとかいうからじゃろうが!」

銀時「ちょっとまて、・・行った店の名前おしえt」

グサッ(クナイが刺さった)

月詠「・・・もういい加減にしろ」

銀時、桂「・・・すみません」

神楽「もうそろそろ乗ろうよ、出発するアルヨ」

10人「やべっ!」


10分後・・・



銀時「ふう、なんとか乗れたぜ」

近藤「お妙さん席俺の隣に!」

妙「いいですけど、その場合あなた死にますよ☆」

近藤「す、すみませんでした」

その結果・・座る席はこうなった。

銀時、妙、九兵衛      近藤 沖田

月詠、神楽、新八      土方












桂、エリザベス


九兵衛「・・ちょっと待てなんで妙ちゃんの隣が銀時?」

銀時「俺が列車で食べる物買ってきたんだよ」

新八「そういえば何買ってきたんですか?」

銀時、妙「それは後でのお楽しみ!」

桂「なぜだ・・なぜおれが一番遠いんだ!」

エリザベス「席ここしかなかったんだからしょうがねぇだろ」

銀時「お、動き出したぞ・・・」

ヒューン(列車が動いた音)

銀時「ドリームワールド・・・どんな世界なんだろうな」

新八「楽しみですね・・」

神楽「きっと強い奴らがうようよいるアル!」

桂「新しい世界で暴れてやろう!なあエリザベス!」

エリザベス「はい桂さん!」

土方「面白いことがあるんだろうな・・・」

沖田「どんな奴がいるかきになりますねぇ」

近藤「トシ、総悟、気合いれていくぞ!」

九兵衛「妙ちゃん!新しい世界で、何があっても君を守る!」

妙「大丈夫よ九ちゃん!」

月詠「さて、どんな世界か・・・」

銀時「それじゃあ・・・行くぜぇぇぇぇ!!」

11人「オー!」

キュイン!(ドリームワールド侵入!)


そして・・夢が始まる!
というわけで!今回は長くなりました!ジャガーさんコメント感謝です!いよいよ明日クロスオーバーします!よろしくお願いします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.41 )
日時: 2014/08/21 21:13
名前: 竜 ◆dYPxyxILUE

近藤勲の姉さんオリキャラ投稿してもいいかな?



(紙版で銀魂小説書いてるので)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。