二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.29 )
日時: 2014/08/17 13:35
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ジャガー『こんにちハーレーゴリットソン、ジャガーです。』
※ハーレーゴリットソンは銀魂のネタ。

メイドウィン『あー・・そっちは修羅場みたいっすね。』
ジャガー『だが、それはこっちも同じです・・』

orz←松山
メイドウィン『どうした松山。』
ジャガー『オッサン呼ばわりされた事にショック受けてるそうです。』
※新訳逃走中以外の松山、原作通り23歳で顔はきたねぇが若い。

マヤ『あれ・・ベリースターちゃん知らない?』
松山『ああ・・あれ?ジョセフの波紋で大量に分裂して全て回収して・・』
マヤ『ま、まさかスーパースターと間違えてあのロン毛に!?』
松山『マジかよ!まさか似てないからって色を縫って・・』
マヤ『・・あたし知らないからね、何起きてたって。』
※ベリースターちゃんは立派な怪物、んなもん食ったらそら吐く

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.32 )
日時: 2015/03/11 10:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ジャガーさん感想感謝です!
ていうかもはや常連さんですね、ありがたいです!
これからもよろしくお願いします!互いに頑張りましょう!

追記です。

松山の年齢の事は後でわかりました・・

銀時「というわけで神楽、謝りやがれ」

神楽「松山さんすみませんしたあぁぁぁぁぁぁ!!!」

では失礼しました!

その頃・・・
桂side

桂「ここが吉原か・・綺麗な所だな・・」

桂はさっき銀時に言われて月詠がいると聞いた吉原に来たのだ。

実は桂は吉原にまだ一度も来た事がないのだ。

桂「女なら正直吉原より我らの本拠地アキバのほうがいいからな・・・、それに自分大人よりかわいいの方がいい」
と自分の女の趣味を暴露しながら月詠がいるという屋敷へ向かって行った。
桂「ここが月詠がいる屋敷か・・なかなか派手な場所じゃないか!なあエリザベス・・」

ムニッ

桂「・・あれエリザベスこんなに頭柔らかかったか?勉強したからか?偉いぞエリザベス!攘夷志士には勤勉がだい・・」

?「何触っとるんじゃああああああああ!!(怒)」

ガン!(手を引っ張って桂の頭を電柱にぶつけた)

桂「ぎゃあああああああああああ!!」

?「・・主で二人目じゃ」

そこには探していた月詠がいた。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.33 )
日時: 2014/08/18 22:42
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

メイドウィン『毎日お疲れさまっす。』
ジャガー『僕だってバトロワ超追記しましたよ・・』
メイドウィン『お前もお疲れさん。』

メイドウィン『ふ、二人目!?ま、まさか・・』
松山(虫の息)
メイドウィン『松山ァァ!やっぱテメーかァァァ!?』
松山『ちげーよ!ただ突然マヤが殴ってきて1200キロ吹っ飛ばされただよ!!』
メイドウィン『そりゃそーだろ!あんな腕になるからってクッパの着ぐるみ着せてオマケに腕は露出させて!お前徐々に奴が涙目になってたの知ってたろ!』
承太郎『テメーは俺を起こらせた・・』ゴゴゴ
ケンシロウ『この外道の塊が・・』ゴゴゴ

更新頑張って下さい!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.34 )
日時: 2014/08/19 21:38
名前: 竜 ◆dYPxyxILUE

自分の小説にオリキャラ投稿ありがとうございます。

少し追加していただきたいところがありますので自分の小説を見てください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.35 )
日時: 2015/03/11 10:56
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

桂「・・それで?最初に月詠殿の胸触ったのは誰なのだ?(頭から血がだらだら出てる)」

月詠「・・・頭拭いてから話せ」

百華1「いやまず病院連れて行きましょうよ!」

桂「・・生憎だがそんな時間はないらしい、俺が出ないで銀魂が続くわけないのだ」

百華「それを心配しているならまず病院に行った方がいいと思います!」

桂「だまれ!この桂小太郎に不可能はないのだ!(再び血が出てる)」

百華(・・・このおっさんすごくバカだ)

桂「それで?再び聞くがだれが触ったのだ?(なぜか治った)」

百華「いやなんで治ったあァァァァァァ!!!???」

桂「フハハハハハハハ!!だから言ったではないか!俺には作者パw(強制終了)」

あのね、このまま病院いったら物語進まないの?わかる?もう少しそのバカの頭で考えたらどう?(笑いながら怒)

月詠「・・一番最初は銀時じゃ」

桂「何っ!?銀時が痴漢をするとはな・・・とりあえず110番で追報をしなければ・・」

月詠「・・・まっさきに主が捕まると思うんだが、そもそも要件はなんじゃ?」

桂「おっと忘れていたな・・・そもそも要件はなんだっけ?忘れたから銀時に聞いてくるから待ってて・・・」

グサッ(クナイが眉間に刺さった)

桂「・・冗談だ、実はな・・」

話し中・・・

月詠「・・面倒だな・・・正直そういう集まり苦手なんじゃが・・・わかった行くことにしよう」

桂「わかった、・・・実は一つ頼みがあるんだけどいいか?」

月詠「なんじゃ?」

桂「・・・もう一度胸m」

ズサササササササッ(クナイで縫いとめられた)

月詠「・・・わっちをなめてると怪我するぞ」

桂「す、すみません(汗)」

こうして月詠も行くことになった。

その頃・・・
九兵衛、神楽、沖田、以下略side
新八、土方「おいなんで俺(僕)だけ略してるんだコラ」

地味だからじゃない?☆

新八、土方「んだとコr(強制終了)」

九兵衛「どこだ・・!あのテンパはどこにいる!」ダダッ

新八「落ち着いてくださいよ九兵衛さん!」ダダッ

今五人は全力で目的地に向かって走っている。何故かというと・・
九兵衛が銀時の男の証をもぎ取ろうとして走っているのを四人は追いかけているのだ。

九兵衛「ハァ・・ハァ・・ここらへんで集合のはず・・いたっ!」

とうとう九兵衛は銀時らしき人と妙らしき人を見つけたのだ!ちなみに集合場所はあのターミナルだ。

九兵衛「まてやテンパァァァァァァ!!!(怒)」

すると二人はにげだした。

九兵衛「逃がすかァァァァ!!」ダダダッ
九兵衛「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!(怒)」ダダダッ
新八「何かDI○さんみたいになってるんですけどぉぉぉぉぉ!?」
果たして九兵衛と銀時らしき人と妙らしき人のおいかけっこの行方は!?

遅いですけどコメント感謝です!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。