二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.22 )
日時: 2015/03/11 10:41
名前: 坂神 銀剣心 ◆8ux1c8TcRU

ジャガーさん感想ありがとうございます!!改めてジャガーさんとしてがんばってください!メイドウィンさんの逃走中、偽りの町のコメント書きたかったんですけどその頃は小説書くか迷ってたんですよね〜
・・だから今更ですけど・・
クイズ答えていいですか?
後、銀魂大好きで嬉しいです!クロスオーバーなのでジョジョもでます!
銀時?「だから、楽しみに待ってろよおぉぉぉぉ!!!」

銀時「おいまてやコラあぁぁぁぁぁ!!何俺と中の人が同じだからって俺だと偽ってるんだコラァァァ!!」

ジョセフ「やべぇバレた!!逃げるんだよぉぉぉぉぉ!!」

銀時「逃がすかコノヤロー!!」

10分後

銀時「はぁ、はぁ、追いついたぞ・・・」

ジョセフ「馬鹿だよおぉぉ!ここにトラップがあることを知らずに追いかけてきてな!トラップon!」

銀時「なんだ・・うおおおおお!!??」
大量のピーが降ってきた

ジョセフ「俺特製のゲロトラップだよぉぉぉ!!ゲロまみれになりやがれ!!」

銀時「まちやがれこの、やべ、気持ち悪さでもらいゲロが・・ゲボボボボボボ・・(はいている)」

ジョセフ「ちなみにゲボ提供は神楽だぜぇ!あばよぉ!」

では本編です!!どうぞ!!

桂「・・・・」

住民A「子供三人も!?かわいそうねぇ・・・何食べたか知ってるの?」

住民B「得体しれないきのこや花ですって・・」

住民C「それどころか全然似てないマリ○のコスプレしているんですって!」

住民B「ひどい噂を聞いたんだけど、殺すと脅してきのことか食わせたらしいわ!!」

住民A「まあひどい!!」

桂「・・・・(汗)」

住民B「私、子供にロン毛でマリ○のコスプレしている人には近寄らないように言っておかなくちゃ!」

住民A「同感ね!あともし見つけたら見廻り組に追報するように言っておくわ」

住民C「後、周りの人にも言っておくわ!」

















銀時「おいおい・・もう駄目なパターンじゃねえか・・」

桂「あ、あのね、もうここから消えてくれないかな?そうしなくちゃ、今君をここから消しちゃうかも☆」

大五郎「だから斬っていいよっていってんじゃん、ほれほれはやく斬りなよ〜」

桂「お願いします!はやく去ってください!お願いだからあぁぁぁぁぁ!!」

大五郎「うるせえよただのダメなおっさんが」

桂「よし!殺ろう!」

チャキン(刀を抜いた音)

大五郎「・・・上等だ、やってみろってばよ、おれを殺せるならな!(中の人覚醒発動)」

銀時「中の人覚醒したぁぁぁぁぁぁ!!!まだ本人とクロスオーバーしてないのにいぃぃぃぃぃ!!!???」

大五郎は桂の剣を次々と避けている!

大五郎「ハッ!そんなノロい剣筋が当たるかってばよぉ!!」

桂「おのれ〜、銀時!貴様も加勢しろ!」

銀時「ってなんで俺も巻き込まれなくちゃいけねーんだ!やるかバカヤロー!!」

大五郎「お〜久しぶりじゃねか、ろくなことしてない万事屋が!もう万事屋閉めたのか?」

銀時「ちょっとあの小僧殺ってくる☆」

妙「ってさっきの私の流れといっしょじゃないですかぁぁぁぁ!!やめてくださいいぃぃぃぃぃ!」

桂「ふ、いい加減終わらしてやる!!」

大五郎「終わらせてみろよ!」

大五郎の母「大五郎、ご飯よー」

大五郎「か、母さん!」

桂「スキを見せたな!」

大五郎「う、しまっ・」

ジャキン!

桂は、大五郎を・・一閃した、

桂「フハハハハハハハハハハ!どうだ参ったか!峰うちだから死なせてはいない!サッサとされ・・」

大五郎「チーン」

桂「・・あれ、ちょっとまて、え?死んでないよね?いやちょっと死んでたらまずいんだけど・・、わ、わかったぞ死んだふりをしているんだ!わかっているぞ〜もうやめろよ〜、そういううそつくの〜(汗)」

大五郎(返事がない、ただの屍のようだ)

銀時「・・・妙、行こうぜ、こんなばかにかかわった俺たちがバカだった」

妙「・・そうですね・・」

桂「ま、まて銀時と妙殿!エ、エリザベスお前はまってくれるよな!」

エリザベス『ペッ』(唾を吐いた)

桂「ま、待ってくれ、待ってくれエエエエエエエ!!」

(ちなみに大五郎は死んでません)

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.23 )
日時: 2014/08/15 17:24
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

松山『HAHAHA!ア○スフラワーはいらねぇかー!』
子供『マ○キノコ欲しい!』
マヤ『はい、マメキ○コ!』

ジョゼフ『何してるんだお前ら!さっさと逃走中へ戻るぞ!てかなんでヨッ○ーとクッ○!?』
松山『ぐぉぉぉぉっ!!放せ!!』
マヤ『嫌だーまだ毒物売り続けるんだー。』
ジョゼフ『今毒物って言ったよな!?』
松山『良いだろ、ロンゲの奴がたっぷり買ってくれたからな。』
マヤ『それもそうだね。』

松山『よし次は江戸に怪獣呼んで暴れさすぞ!』
マヤ『よっしゃー行けーベリースターちゃん!!』
ジョゼフ『バカやめろおい!』

メイドウィン『・・なんか騒がしくないか?』
土方『そうだな、兄ちゃん、マヨ丼お代わり。』

更新頑張って下さい!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.24 )
日時: 2014/08/15 21:10
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

桂「フハハハハハハ!!見事戻って来たぞ!この桂小太郎に不可能はな(ゴツン!)痛ェ!」

銀時「何が不可能がないだ、作者パワーで刑務所に許してもらったんだろうが、物語進まねぇからな」

妙「・・銀さん、そういうこと言わないほうがいいと思うんですけど」

話し中・・

銀時「というわけで、お前は月詠呼んでこい、俺達買い物いってくるから」

桂「わかった」

その頃・・
新八、沖田、土方side

土方「ふう、腹いっぱい食えた」

新八「ちょっと食べ過ぎじゃないですか?二杯もマヨ丼たべるなんて」

沖田「そんなに食べたら調子悪くなって死ね土方」

土方「総悟、後でお前切腹な」

三人は今、九兵衛を迎いに行ってるところである。その途中、「脂肪分足りなくなってきた」と土方が言ったため、(脂肪分が足りないってなに?)この新しい食堂に食べにきたのだ、
土方「月空支店江戸店か・・いいマヨネーズのチョイスだった。また来てぇな」

新八「あれ・・おもいっきり他人の店に来た気がしたけど気のせいかな?」

沖田「とりあえず早くいきましょうや、指定された時間に間にあいませんぜ」

土方「そうだな、早く行こう」

二度も感想感謝です!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.25 )
日時: 2014/08/15 21:31
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

IR「おぉー、やっぱりおもしろいっすね〜、こんな、面白い作品にできれば俺もいれてほしいぜよw」
ヨウ(俺のオリキャラ)「それは無理だろ!諦めるんだな」
IR「それはちっ!バカのくせに、まぁ、それはいいとして、頑張ってください!!」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.27 )
日時: 2015/03/11 10:50
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

IRさんコメント感謝です!もし出れるとしたら2回目のジャガーさんのコメント見たいな感じですね、でもさすがに本当に恐竜だしたら別ネタにします。そういう感じでストーリーが変えてはいけないので、そこのところよろしくです!

銀時「ここに来てまたコメントきはじめたな・・・」

妙「作者の小説が認められ始めたのでしょう、嬉しい事です!」

銀時「そうだな!これからもよろしくな!」

では本編です!!どうぞ!!

新八、土方、沖田side

土方「ここだな・・・」

新八「それじゃあ行きましょう!」

三人はちょうど今柳生家の道場に来ている。

ピンポーン

新八「すみませーん、九兵衛さんいますかー?」

そして出てきたのは・・

東条「おお新八殿」

ただの変態であった。

東条「今、ものすごく失礼な説明された気がするんだけど・・、それで、若に何か用ですか?」

新八「あれ?九兵衛さんは?」

東条「ああ、若なら今着ていくゴスロリの服を選んで・・」

ドカーン!(爆発音)

東条(チーン)

九兵衛「・・嘘をつくな」

そこには、バズーカをたずさえた九兵衛がいた。

新八「・・あいからわずですね、東条さんh」

ビチャ!(フンが当たった音)

?「ウッキー」

新八「あの猿もあいからわずですね・・」

九兵衛「新八君、猿とは呼ばないでくれ!ちゃんとした名前があるんだ!ジュゲムジュゲムうんこ投げk(強制終了)」

きりがないからやめてね☆

九兵衛「それで君は僕に何の用だ?」

新八「はい実は・・」

話し中・・

九兵衛「わかった、妙ちゃんが行くなら僕も行こう」

こうして九兵衛も行くことになった。 

九兵衛「・・それで?妙ちゃんはどこにいるの?」

これが道場から出たときの九兵衛のセリフだった。

九兵衛は妙をまだ迎いに行ってないと思っていたのだ。

新八「ああ、姉上なら銀さんと神楽ちゃんに迎いに行ってもらってます」

九兵衛「な、なんだと!(ガーン)」

九兵衛「・・妙ちゃんは僕が迎いに行きたかった・・(ズーン)」

新八「ま、まあいいじゃないですか、別に」

九兵衛「そ、そうだな、じゃあ早くいこう、ていうかなぜ君が迎いに行かない?」

新八「・・・それはですね・・」

>>8のことを説明中・・・

九兵衛「大変だな・・よし、ぼくがアイス1000
個分買ってあげるから許すように言っといてやろう」

新八「あ、ありがとうございます」

そう歩きながら目的地に向かっていると・・

神楽「新八、あいつ等は呼んできたアルカ?」

新八「か、神楽ちゃん!?どうしてここに!?」

なんと神楽にあったのだ!あのスーパース○ーをモッサモッサと食べながら

新八「いや神楽ちゃん懲りてないの?前に食べて吐いたの忘れたでしょ」

神楽「腹減ったからなんかヒトデのペット買ってる女の子とヒールそうなおっさんにもらったアル、大丈夫アルヨ、流石に二度も吐くわけないアゲボボボボボボボ・・・」

土方「って言ったしょっぱなからはいてるじゃねぇか!誰かエチケット袋もってこい!」

沖田「持ってきやした!(手に土方のマヨネーズを持っている)」

土方「てめぇは何するつもりだコラァ|」

沖田「まあみてくだせい、マヨネーズ発射!(神楽のゲロにむかってマヨネーズをうつ)」

土方「いやなんも意味ねぇだろうが!」

沖田「こうすればゲロがマヨネーズの白が混じってマヨネーズに見えてきたでしょう、後は土方さんがそれを飲み尽くせば結果オーライですぜ」

土方「何が結果オーライだコラ!むしろ悲惨なものに見えてきたわ!」

沖田「えーっ、土方さんはエチケット袋みたいな存在だからちょうどいいと思ったんですけどねぇ」

土方「総悟、後でマジで切腹しろよ!」

10分後・・

新八「やっと掃除終わった・・・、ところでなんで神楽ちゃんはここにいるの?」

神楽「ああ、銀ちゃんと姉御が電車で食べる物を買いに一緒に買い物に行ってくることを新八に伝えるように言われたからアル」

九兵衛「な、何ぃ!?」

九兵衛(あのテンパと・・・、妙ちゃんが!)

一緒に買い物に、一緒に買い物に行く、一緒に買い物に、一緒に買い物に行く、一緒に買い物に行く・・・

九兵衛「・・潰す、あのテンパをつぶしてやる!」

新八「いやちょっと待ってえぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。