二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.975 )
日時: 2015/12/29 22:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

すみません!!コメントの出来事全部カットでお願いします!!

では本編です!!・・・が、一応言っておきます。まずぶっちゃけると裸族注意です、苦手だった場合はすぐにブラウザバックをお願いします

後最初に謝っときます、抜間さん、晴哉さん、すみませんでした(ソニックさんはなかなか応答がなかったので使いません)

改めて本編です!!どうぞ!!

十六夜の拳が・・・風呂底に迫る!!





































が!!

ピキィィィィィン!!

十六夜「!?」

十六夜の体が止まった!!

十六夜(な、何が起きt)

更に!!

天手力!!

シュン!!

銀時の後ろにいたカカシが天手力を発動!!十六夜との位置を入れ替えた!!そしてその
後身体が動き出した・・・故に!!

ドカァァァァァァッ!!

銀時「ごふぅ!!」

十六夜の拳が銀時に炸裂!!

どがしゃぁぁぁぁぁぁん!!

山を突き抜けて・・・彼方へ飛んでいった・・・その瞬間!!

ボボボボォン!!

螺旋丸を決めようとしていたリト、楽、ドラえもんが消えた!!

猿悟巻「十六夜!!何やってんだぜ!?」

十六夜「わ、わからねぇ!!何が起きたんd」

だが!!

猿悟巻「・・・って・・・!!俺達もうごけねぇ・・・!!何が起きてんだぜ・・・!?」

変態達全員の動きが止まっていた!!全く動けない!!

そして変態の後ろには・・・

キラービー「・・・影縛りの術、成功」

キラービーが影縛りの術を成功していた!!変態勢全員を縛り上げる!!

鳥束「ば、馬鹿な・・・!!こんな事起きるんッスか・・・!?」

古市「ちょっと待て!!お前が影縛りの術を使えるわけがない・・・!!」

サンジ「それに・・・カカシが天手力を使うわけがねぇ・・・!!ま、まさか・・・!!」

二人「・・・ククク・・・(ニヤリ)」













































二人「残念だったな」

ボボォン!!

二人は変化の術を解いた・・・するといたのは!!

カカシがいた場所にはサスケ・・・キラービーがいた場所にはシカマルが!!

サスケ「お前達はここで終わりだ」

ころせんせー「まさか君がいたとは・・・!!」

イトナ「何でいたんだ・・・!?」

シカマル「めんどくせぇこと起こそうとしていたようだが・・・お前達の計画は筒抜けだった」

球磨川『だ、誰が、この計画を・・・!?』

サスケ「それはもう良い・・・それよりお前等は銀時、結城リト、一条楽、あの青いロボットに怒られることを覚悟しておけ・・・」

ヒュウウウウウ・・・

ドガシャァァァァァン!!

何かが吹っ飛んできた!!

それは・・・ナルトだった!!地球を一周して戻ってきたのだ!!気絶してぶっ倒れている。つまり・・・

そう・・・実は変態勢にいた銀時、リト、楽、ドラえもんはナルトが影分身した後変化の術で化けたものだったのだ!!

サスケ「もし透視されたときに四人に罪をなすり付けるためにナルトに影分身と変化をさせるとはな・・・何でお前等がこうしたか当てようか?銀時とあの青いロボットは・・・協力を促した後に拒否された為の逆恨み・・・本物の二人は恐らくお前等が気絶させたのだろう・・・リトと楽は単純なリア充への嫉妬、だろ?」

両津「く、クソ・・・!!何でそこまで分かってるんだ!?」

シカマル「サスケ、これこんな大人数じゃ長くもたねぇから早く決めてくれ」

サスケ「分かっている」

すると・・・サスケの写輪眼が万華鏡写輪眼へと変化!!

サスケ「・・・この眼の恐ろしさ・・・お前等変態共に教えてやるよ・・・」

猿悟巻「皆!!目を瞑れ!!瞑れば効果はないz」

シカマル「させるかよ」

シカマルは印を変えて

シカマル「影真似の術」

全員「や、やめろぉぉぉぉぉぉぉ!!」

強引に目を開かせる!!・・・そして!!

サスケ「写輪眼幻術!!」

ギンッ!!

サスケは・・・ある幻術を全員に見せた・・・



両津「・・・ん?ここどこだ?」

集「な、なんか・・・普通の草原だな」

変態勢は普通の草原にいた・・・

すると・・・

ドドドドドドドドドドドドド・・・

変態勢「?」

新八「何か・・・近ずいてきてますね」

近ずいてきたもの・・・それは・・・



































カマバッカ王国の住民達「サンジ君お久しぶりぃぃぃぃ!!」

変態勢「ぎゃあああああああああ!!」

変態勢全員逃げ出した!!だが・・・スピードが落ちている!!恐らく幻術で動きも制限されている影響だ!!

サンジ「何であの悪夢にまたおそわれなくちゃいけないんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

猿悟巻「逃げてェェェェェェェ!!皆超逃げてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

鳥束「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(蒼白)」

古市「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

そして・・・

近藤「待て!!逃げる先にも何かいるぞ!?」

変態勢「え!?」

逃げた先にいたのは・・・









































特盛「今回はこんなに客がいるのね・・・皆!!本気でもてなしてやんな!!」

営業員「OK!!」

全員「こっちもオカマだったぁぁぁぁぁぁぁ!!」

西郷特盛り率いるカマっ娘クラブ営業員だった!!

新八「何でコイツ等がいるんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

イトナ「かなり速いぞコイツ等!!」

克屋「捕まってたまるかぁぁぁぁぁぁぁ!!」

やがてオカマ共の二グループは合体して・・・一つの巨大グループと化した!!

すると・・・

亀仙人「ま、また何か前方に現れたのじゃ!!」

現れたのは・・・

爆竜「また会ったな両津!!」

両津「爆竜が何でここにいるんだ!?」

変態共に地獄を見せた爆竜!!

爆竜「ここで訓練をするからだ・・・今日はここで組み手を行う!!」

新八「ここじゃなくても良かったんじゃないですか?」

爆竜「それで貴様にたのみがある!!それは・・・」

爆竜は筋肉ムキムキの男達を指さして・・・









































爆竜「この男達との組み手の相手をしてもらいt」

だだだだだだだっ!!

爆竜「・・・逃げたか!!皆のもの!!奴等を追えー!!」

大佐の部下達「オオオオーーッ!!」

今度は大佐の部下にも追われる形に!!

しんのすけ「何でオラ達こんな気持ち悪い奴等に追われるんだゾ!?」

両津「知るかぁぁぁぁぁぁ!!ていうかヤバいぃぃぃぃぃぃぃ!!」

前に・・・オカマ集団が!!このままじゃ挟み撃ちだ!!

猿悟巻「くそ・・・皆!!右か左・・・どっちに行く!?」

サンジ「左だ!!」十六夜「右だ!!」亀仙人「左じゃ!!」、球磨川『右だね』、潔「左だ!!」、新八「右です!!」、ブルック「左でしょう!!」、集「右だ!!」、古市「左だ!!」、イトナ「右だ!!」、ころせんせー「左でしょう!!」、克屋「右だ!!」、鳥束「左だ!!」、しんのすけ「右だゾ!!」、ドナルド「左!!」、両津「右だ!!」、近藤「左だ!!」

猿悟巻「バラバラじゃねぇかぁぁぁぁ!!」

十六夜「・・・そうだ!!バラバラに動いてオカマ共を攪乱させよう!!」

両津「良い作戦だな!!」

とりあえずバラバラに分かれようとしたが・・・

変態勢「体がうまくうごかねぇ!!」

皆がいるのはサスケの幻術世界、思うように体が動けなくなっていて、皆一斉に右を曲がって、オカマと筋肉もそれを追った・・・そして・・・

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.977 )
日時: 2016/01/03 13:00
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

猿悟巻「・・・何だアレ?」

変態勢の前に現れたのは・・・

































ワリオ(抜&晴)、ガノン(抜&晴)、パラガス(晴)、ギガンテス(抜)、アレス(抜)、白竜(抜)、ファルコ(晴)、霧之助(晴)「おおっ!!どうやら来たようだな!!」

変態勢「・・・・・え?」

そう・・・ソニックさん、抜間さん、晴哉さんの三人の小説の裸族が集まっていた・・・

しかも全員KOKANに星型の風船+股にケミカルライトを挟む+全裸にたまドラのボディペイントという衣装である、あ、皆さん、どうか想像しないでください、トラウマになりますから

変態勢(何だコイツ等の衣装・・・変態か!?)

お前等にそれを言う資格はない(byサスケ)

ワリオ(抜)「ぐわっはっはっはっ!!どうやらこんなに大勢来てくれたようだな!!」

ギガンテス「お、オラ嬉しいべ!!こ、こんなにオラ達の仲間が増えることになるなんて・・・(号泣)」

潔「い・・・いや・・・何のこと?」

ガノン(晴)「何を言う、貴様等我らと同じ立場になりにきたんだろう?」

新八「・・・は?」

裸族達「我らと同じ、裸族に!!」

十六夜「んなわけねぇだろぉ!!気持ち悪いからさっさと離れてろ!!」

パラガス(晴)「そうか、なりたいようだな!!歓迎するぞ!!」

両津「人の話聞いてんのか!!」

白竜(抜)「じゃあ何から教える?」

ガノン(抜)「そうだな、じゃあアレでも」

ファルコ(晴)「アレは基礎だからな、みっちりたたきこむか!!」
























裸族達「我らが極めし裸族技から教えよう!!身をもって受けて覚えr」

だだだだだっ!!

裸族達「あ、逃げた!!」

変態勢「冗談じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!(汗)」

変態が変態を追っている!!

十六夜「絶対捕まってたまるかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

・・・だが!!

猿悟巻「・・・不味い!!囲まれた!!」

変態勢は・・・裸族達と話しているときに・・・オカマとムキムキに囲まれていた・・・

今変態勢はオカマ、ムキムキ、裸族のある意味最強の三組に囲まれていた・・・

鳥束「不味いッス!!このままじゃ俺達地獄を味わうことになるッスよ!!」

しんのすけ「オラ味わいたくないぞ〜!!」

猿悟巻「どうもこうもねぇ・・・コイツ等全員ぶっ飛ばす!!」

十六夜「・・・そうだな!!俺達の力を合わせればコイツ等ぐらい屁でもねぇ!!」

新八「絶対負けません!!」

球磨川『潰してあげるよ、変態共』

お前達に言う資格はないと言ったのを忘れたのか?(byサスケ)

両津「全員まとめて猥褻罪で逮捕してやる!!」

近藤「警察の強さ見せてやる!!」

まずお前等が真っ先に逮捕されるべきだ(byサスケ)

サンジ「蹴り飛ばしてやるよクソ野郎共!!」

集「駆逐してやる・・・!!コイツ等全てを!!」

集、お前はエ○ンに30回土下座して謝ってこい、いくら中の人が同じだからってお前に真似をする資格はない(byサスケ)

そして・・・裸族、オカマ、ニンニク、あ、間違えた、キンニクが・・・一斉に変態達に襲いかかった!!

猿悟巻「さて・・・やるぜェェェェェェ!!」

変態勢は・・・迎撃の構えになった!!






































が!!

変態勢「・・・あれ?」

変態勢は・・・体の力が抜けていた・・・

そして・・・

ドドドドドド・・・・

変態勢「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああ!!」

裸族、オカマ、キンニクからボコボコに!!

住民達1「たくましい体しているじゃな〜い♪」

営業員1「もっと触らして〜♪」

両津「ぐおおおおおお!!触ってくるんじゃねぇぇぇ!!」

住民達2「やだ・・・この子超イケメンよ!!」

営業員「そうね・・・キ・ス・し・た・い・く・ら・い・ね♪」

十六夜「止めろォォォォォォォォォ!!顔ちかずけるなぁぁぁぁぁ!!」

鳥束「何この筋肉野郎共の汗ェェェェェェェェェェ!!超汚いッスゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

ワリオ(抜&晴)「受けてみやがれ!!俺達の最強技を!!」

裸族全員が裸族技を叩き込んでいく!!因みに名前は一つ除き自主規制してます、受けた奴ら全員がそれぞれ地獄を味わったことは言うまでもない

裸族全員「とどめに・・・」








































裸族全員「もっこRINGファイヤァァァァァァァァァァァァ!!」

変態勢「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

天にも届くような・・・変態勢の・・・大絶叫だった・・・因みに最後に乗せた裸族技については調べないほうがよろしいと私は思います



サスケ「・・・これで懲りたいかお前等?」

変態勢「」←全員精神的ダメージが大きすぎて気絶なう

サスケは幻術を解いた・・・シカマルも影真似を解いている

シカマル「ざまぁだなコイツ等・・・上の方はどうなんだろうな」

サスケ「心配はない、アイツ等に手は回しといた・・・くっ」

シカマル「・・・何か凄く辛そうだけど大丈夫か?」

サスケ「はぁ・・・はぁ・・・ああ、実はな・・・変態達へのお仕置きの時に使う技・・・」




































サスケ「全部ビデオで見て写輪眼でコピーしたんだ・・・知っている技にしか幻術に使えないからな・・・」

シカマル(そうか・・・でもその割には疲れすぎじゃねぇか?)

サスケ(も・・・もう二度と・・・二度とこの幻術は使いたくない・・・!!)

・・・皮肉にも裸族を凄く嫌っている男が裸族技を極めてしまった・・・

抜間さん、晴哉さん、キャラ貸し出しありがとうございました

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.978 )
日時: 2015/12/30 10:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

その頃・・・上の女子風呂では!!

妙、サクラ「はああああああああああっ!!」

風呂に向けて踵落としを決めようとしていた・・・その時!!




































綱手、めだか「させるかぁ!!」

二人「!?」

綱手、めだかが目覚めた!!

綱手(クロロフィルムを作る方法を教えたのは私だ!!対処法を知らないとでも思ってたのか!!)

めだか(睡眠薬など私には効かないぞ!!)

がしっ!!

綱手がサクラの踵落としを、めだかが妙の踵落としを止めて!!

二人「おおらぁっ!!」

ブゥン!!

パリィィィィィィィィン!!

風呂入り口に投げ込む!!ガラスが割れる!!

ドゴォ!!

茅野、神楽「ごふぅ!!」

ドゴシャァァァァァァァン!!

入り口にいた三人の内茅野と神楽に激突!!

ナナ「な、何が起きt」

??「おせぇよ!!」

どごっ!!

ナナ「がふっ!!」

坂神(三重人格状態)「テメェ等ぁ!!覚悟出来てんのか!!」

坂神もいた!!坂神もある男から情報を聞いて避難していたのだ!!木刀で叩かれナナは気絶!!

妙「そうかい・・・とっくに計画は漏れていたんかい・・・上等やでナイスバディ共、全員お墓に行かせたるd」

ピキィィィィィィィン!!

四人「!?」

四人は球上の氷の檻に閉じこめられた!!閉じこめたのは・・・

エイジア「間に合ったわ!!」

エイジアだった!!エイジアもレイヴンによって目を覚まされていたのだ!!しかも覚醒状態!!よって!!

がきぃん!!がきぃん!!

神楽「こ、壊れないアルゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

エイジア「しばらく動かないでもらうよ!!」

めだか「ふぅ・・・良かったな」

坂神「エイジアさんありがとうございました!!」

綱手「危ないところだったな・・・アイツが伝えてくれて良かった」

そして男子風呂・・・

ボボォン!!

ヤマト「あれ?ナルトが消えた?」

桂「・・・来たか!!」

ナルトの影分身が消えたタイミングで・・・銀時、リト、楽、ドラえもんの四人が戻ってきていた!!坂本もいる!!

銀時「おい!!あの変態共どこ行った!?」

ドラえもん「あの人達女風呂の覗きをしようとしているよ!!」

楽「しかもその罪を俺達に押しつけようとしているそうだ!!ゆるせねぇ!!」

リト「早く何とかしないと!!」

男全員「何だって!?」

のび太「ドラえもん!!どこ行ってたの!?」

ドラえもん「後で詳しく話すよ!!」

サスケ?「それはおそらくアイツ等が何とかしてくれるさ」

黒子「アイツ等って?」

サスケ?シカマル?「解!!」

ボボォン!!

サスケがいた場所にはカカシ、シカマルがいた場所にはキラービーが!!

一護「変化の術を使っていたのか!!」

カカシ「まぁね、で、成功しているのか?」



































カカシ「斉木」

斉木「ああ、成功だ、変態共は全員気絶しているぞ」

そう・・・変態勢の情報や作戦を流したのは斉木だったのだ!!

銀時「お、お前向こう側じゃなかったのか!?」

斉木「ああ、向こう側にいる振りをしていた、見事だっただろう?アイツ等がバカだったおかげで助かった」

すると・・・

シカマル「斉木、今戻ったぜ」

シカマル、サスケが戻ってきた!!気絶した変態勢を縄でぐるぐるに巻きながら

サスケ「捕獲しといた・・・これで大丈夫だ」

斉木(レイヴン、そっちはどうだ?(脳内会話))

レイヴン(全員氷の檻に捕まえてる、捕獲成功だ)

斉木「向こうも平気のようだ・・・」

次回・・・変態共&ペッタンにお仕置き!!(暴力系じゃありませんので安心を)そしてどういう会話があったかが明らかになる!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.979 )
日時: 2015/12/30 11:17
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも、晴哉です!

コラボありがとうございました!! が、まず1つ伝えなければならない事がありまして……

……あの、坂神さん、
















































……晴哉sideのファルコン、『裸族じゃありません』。


確かにファルコンを裸族として扱っている所は多いのですが、晴哉sideの彼は筋肉同盟です。…色々と申し訳ありませんが、ファルコンの拝借先をソニックさんに変更してもらえないでしょうか?




……と、暗い展開にしてしまい本当に申し訳ありませんでした。ソコ以外の点に関しましては、『 完 全 爆 笑 』で楽しみましたwww  筋肉とオカマと裸族の3拍子は確かに最悪ですわなwww まぁドンマイです☆

果たしてこの後はどうなるのか…… 続き、期待してます! それでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.980 )
日時: 2015/12/30 13:08
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

レイヴン「これでなんとかなったな」

エイジア「本当は私がやりたかったんだけどね」

レイヴン「お前がやったら死亡フラグ建つからやめろ」

エイジア「まあ、いいとして。変態組はともかく、女性組は分からん」

レイヴン「女性って人の体に嫉妬するとしてもここまでやるか?」

エイジア「まあ、それはともかく、どうする?」

レイヴン「今回は、銀時やドラエもんらに迷惑かかったからな」

エイジア「でも、今回はさすがにやりすぎだからね・・・・ここは私の悪夢の歌とか地獄の歌とかやっていいかな?」

レイヴン「だから、それはやめろ!!」

エイジア「まあ、そこは坂神さんたちに任せようか」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存