二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.821 )
日時: 2015/08/07 09:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

まず最初に謝ります・・・幽霊と妖怪を間違えて書いてしまいすみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

エイジアさん

正解です!!特にお通ちゃんはただでさえ弱っていましたからね・・・果たして二人は助かるのか!?

美秦良さん

レジーナはマジドンマイです!!でしゃばってしまったからですけどまさかこうなるとは思ってもいなかったでしょう!!

では本編です!!どうぞ!!

そしてその頃・・・

地上にて・・・!!

みくる「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!涼宮さんキョンさん長門さぁぁぁぁん!!(号泣)」

新八「銀さん神楽ちゃん姉上桂さん!!しっかりしてください!!・・・死なないでくださいよぉ・・・!!(涙目)」

奏倉「しっかりして皆・・・!!目を覚まして!!(涙目)」

燃堂「おい相棒!!海藤!!照橋さん!!目ぇ覚ましてくれよ!!」

クリリン「目ぇ覚ませ悟空!!18号!!後他の人たち!!死ぬんじゃねぇよ!!」

ジャイアン「心の友達よ!!目ぇ覚ましてくれよ!!このまま死んだらかっこわるいじゃねぇか!!」

十六夜「しっかりしろ皆・・・!!絶対死ぬな!!」

事件を起こした6人+十六夜+他の医者の方々が皆を看病していた・・・が、東京中の医者が集まっても他の1400万人の看病をするのは大変だ、故に医者は一人しか銀時達を看病してくれていないのだ・・・

医者「こりゃあ他の人より重傷だね、ステージ近くで聴いていたからだな・・・」

十六夜「すみません!!もう二人観客の人達より重傷な人がいるんですけど!!」

医者「誰ですか・・・って他の観客達ほっといていいのですか?」

十六夜「はい!!寺門お通という人とレジーナという人です!!」

医者「分かりました・・・!!ってたしかにかなり重傷ですね!!助かれば奇跡・・・!!」

7人「嘘!?」

新八「そ、そんな!!お通ちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!・・・全く!!」


















































新八「誰が皆をこんな状態にしたんですか!!許せません!!」

ジャイアン「そうだな!!許せねぇ!!俺がフルボッコしてやる」

燃堂「俺も相棒を傷つけた奴は許せねぇぞ!!」

クリリン「そうだな!!ここまで東京23区に重大な被害を与えたんだ!!すごい犯罪者だな!!」

十六夜「・・・お前等バカ?バカなの?この惨状もたらしたの・・・お前等だぞ?」

新八「え!?何言っているんですか!?僕達はただ歌っただけですよ!?」

ジャイアン「そうだ!!俺達はいっさい悪い事してないぞ!?」

クリリン「仲間を犯罪者と疑うなんて・・・!!お前は最悪の裏切りもn」

ドカァァァァァァァァァ!!←十六夜が「正体不明」を使ってクリリンの顎にアッパーを決めて天井につっこませた

十六夜「・・・お前等後で・・・覚悟しとけよ・・・?(怒怒怒怒怒)」

四人「は、はい・・・(滝汗)」

奏倉(・・・ごめんね楽ちゃん・・・千棘ちゃん・・・皆・・・私のせいで・・・)

みくる「ご、ごめんなさい皆さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!わ、私のせいで皆さんがぁぁぁぁ・・・!!私のせいですぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・!!(再び泣く)」

どうやら奏倉とみくるは自分達のせいだと知っているようだが他四人は自分のせいだとは全く思っていないようだ・・・

十六夜(・・・こりゃあ奏倉さんとみくるさんは今でも反省しているから軽いお仕置きでいいけど残る四人は・・・かなりキツいお仕置きしなくちゃな・・・!!)

そしてその頃・・・

エイジア「はぁ・・・!!はぁ・・・!!急がなくちゃ・・・!!」

ダダダダダダッ!!

エイジアは閻魔大王の所へ走っていた・・・!!そのとき!!

シュン!!

悟空「大丈夫かエイジア!?」

ベジータ「間に合ったか!!」

エイジア「悟空!?」

悟空達がエイジアの元へ!!

エイジア「何でいるの!?」

悟空「実はな・・・」

時は遡り・・・

ダダダダダダダダダダダッ!!

銀時「くそっ!!妖怪の奴ら俺達とほぼ同じ速さで動いていやがる!!」

メイドウィン「何度時を止めて動いてもまにあわねぇ!!」

沖田「このままじゃ渡ってしまいますねぇ・・・」

今バトル系漫画の全員やバトル系作者達が必死に走っている!!レジーナ、お通を捕まえている妖怪はヒナタやサスケや松山は白眼&万華鏡写輪眼&スタンド、サーペンダーグリーンをフル活用して目を離さないようにしている!!

本城「所で斉木さんはどこに行ったんですか!?」

本来は瞬間移動出来る斉木、悟空、ベジータが二人の近くに移動すればいいのだが斉木はどこかにいってしまったのだ・・・

土方「分かんねぇ・・・!!くそっ!!どうすれば!!」

近藤「やっぱり妖怪の動きを根から止める必要があるな!!」

本城「それを今エイジアさんにやって貰っているところです!!」

星矢「それは間に合うのかっ!?」

本城「・・・何とか間に合えばいいんですけど・・・」

一輝「断定してもらえなければ困るな、俺達が間に合う保証もないのだからな!!」

瞬「兄さん!!何とか出来ないのですか!?」

一輝「ダメだ、俺も幻魔拳で妖怪がどこに三途の川があるかを混乱させようとしたが通用しなかった・・・!!」

サスケ「要は幻術も駄目か・・・!!」

鵺野(・・・・・・)

トリコ「鵺野、どうしたんだ?」

鵺野「・・・いや、何でもないぜトリコ(近ずくほど感じる・・・!!この感覚は・・・莫大な力だ・・・!!)」

ころせんせーやアラレはあまりにも速すぎて三途の川を通り過ぎてしまうかもしれない故に戦わない人々の護衛をしている

カカシ「・・・俺に考えがある」

全員「!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.822 )
日時: 2015/08/07 09:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

カカシ「あの妖怪を止めるためには・・・力ずくで止めるか根から止めるしかない、そうなんだろ?」

本城「はい・・・!!」

カカシ「なら根から止める簡単な方法がある、今説得に向かっているエイジアをすぐ閻魔大王とやらに会わせればいい」

本城「それが出来たら苦労しませんよ!!」

カカシ「まぁ待ってな、本当未来って便利なんだな」

ピピピピピピピピピピピピピピ!!

ピッ!!

カカシは悟空に電話をつなげた!!

カカシ「もしもし」

悟空「おっす!!オラ悟空!!何だカカシ?」

カカシ「・・・悟空、ベジータ瞬間移動でエイジアの所へ向かってくれ」

悟空「何でだ!?俺達の仲間を守っている途中だぞ!?」

ドラゴンボール組は唯一万が一エイジアに誘き寄せなかった妖怪がいたら守るために護衛を務めていたのだ

カカシ「そして更に閻魔大王の所へ連れていってくれ、そうしたら妖怪が止まるのが速くなる!!」

悟空「でもエイジアがどこにいるのか分かんねぇぞ!!」

カカシ「大丈夫だ・・・サスケ、お前には輪廻眼の能力、天手力があるんだよな」

サスケ「ああ・・・それがどうした」

カカシ「サスケはナルトを掴んで悟空達の元へそれを使って飛んでくれないか?」

サスケ「・・・分かった、この距離だと二人を捕まえている妖怪と二人の道具は見えないが待機している仲間の道具なら僅かに見える、ナルトを連れていく!!」

ナルト「ああ!!連れてってくれサスケ!!」

ガシッ!!

シュン!!

サスケは・・・一番見えやすかった穂乃果のマイクと自分の位置を入れ替えた!!

悟空「サスケ!!ナルト!!」

ナルト「よっ!!」

穂乃果「ど、どこいったの私のマイク!?消えちゃったよぉ!!」

サスケ「落ち着け、後で戻ってくる、で、どうすればいいんだカカシ?」

カカシ「ナルト、仙人モードでエイジアの位置を感知できるか?」

ナルト「・・・そういうことだったのかよカカシ先生!!仙人モード!!」

ナルトは・・・エイジアのいる位置を感知!!

ナルト「見つけたってばよ!!東北東にエイジアはいるってばよ!!」

悟空「そうか・・・!!分かった!!2人とも!!コイツ等の護衛頼むぞ!!」

2人「おう!!」

シュン!!



悟空「というわけだ!!」

エイジア「さすが6代目火影さん・・・!!」

悟空「・・・で、閻魔大王の居場所どこだっけ?オラ忘れちゃったんだよなぁ、最近会ってねぇから」

ベジータ「それくらい覚えとけカカロット!!」

エイジア「居場所は分かるよ!!西南西に飛んで!!」

悟空「そうか!!分かったぞ!!」

ガシッ!!

悟空はエイジアのことを掴んで!!

シュン!!

三人は瞬間移動!!閻魔大王の所へたどり着いた!!

エイジア「閻魔大王様ー!!」

閻魔大王「む・・・?おう、悟空よ、ベジータよ、そしてエイジアよ!!久しぶりじゃな!!今回は何の件で来たんじゃ」

ベジータ「俺が話す!!」

話し中・・・

閻魔大王「何だと・・・本来死なないはずの人達が冥界に来てしまっただと・・・?」

エイジア「はい、だから私達の仲間を元の世界に戻れるようにしてほしいのと、私達に妖怪が襲ってこないようにして欲しいんです」

閻魔大王「・・・よし、分かった、どうやら皆本来の死に方じゃないようだな、誰が戻れるようにして欲しいのか、そして妖怪に襲われなくするようにして貰いたい?」

エイジア「はい、それは・・・」

話し中・・・

閻魔大王「・・・多すぎではないか?」

エイジア「・・・しかたないのです、お願いします」

閻魔大王「分かった、アナウンスをかけよう」

ピピピーッ!!

超巨大なマイクで三途の川付近にある巨大なスピーカーに・・・音声を流す!!

閻魔大王「あー、あー、妖怪の者よ、聞こえるかー!!わしだ!!閻魔大王だ!!」

妖怪は反応して動きを止めた!!

銀時「おっ!!どうやらエイジアは接触できたようだな!!」

本城「良かった・・・!!」

ナルト「良かったってばよ!!」

閻魔大王「今からわしが話す人達は本来死ぬはずないのに冥界に来てしまったものだ!!
よくきけぇい!!、坂田銀時、神楽、妙、近藤勲・・・・・」

・・・以下略

閻魔大王「・・・というメンバーだ!!ものすごく説明長くて疲れた!!」

銀時「いや長いわ!!メンバー説明長すぎるわ!!」

坂神「しょうがないじゃないですか!!この多人数なんですから!!」

閻魔大王「分かったな!!故に皆襲ってはいけないぞ!!」

ピッ!!

閻魔大王「よし、これで大丈夫だ!!安心するが良い!!」

エイジア「ふぅ・・・疲れたぁ・・・」

悟空「何とかなったな!!」

ベジータ「たくっ、本当めんどくさいことになったな・・・」

ピロロロロロロロロ!!

エイジア「もしもし!!どう?二人とも何とかなったでしょ!!」

本城「そ、それが・・・!!確かに周りにいた妖怪は何とかなったんですけど・・・!!」
























本城「お通さんやレジーナさんを連れている妖怪は全くブレずに三途の川へ連れていこうとしています!!」

エイジア「ええっ!?どうして!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.823 )
日時: 2015/08/07 10:40
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

悟空「どうした!?」

・・・話し中・・・

ベジータ「何だと!?」

悟空「どういうこった!?」

エイジア「とりあえず悟空とベジータは私を掴んでその妖怪の前に移動して!!」

本城「待ってください!!その前に・・・鵺野さんが自分もその妖怪達の目前に連れていって欲しいと言っています!!」

鵺野「・・・ああ、俺にはあの妖怪の正体が見えてきた・・・その決定打をつけたい!!」

ベジータ「・・・分かった!!一旦皆と合流して鵺野を連れて妖怪の近くに移動するぞ!!まずは皆の位置を知るためナルト達の所に戻るぞ!!」

ガシッ!!シュン!!

悟空「戻ってきたぞ!!ナルト!!」

ナルト「話は聞いたってばよ!!仙人モード!!・・・いた!!皆は西北東にいるってばよ!!」

悟空「ありがとな!!」

シュン!!

悟空「皆!!戻ってきたぞ!!」

本城「本当どういうことなんですかエイジアさん!?お通さんとレジーナさんの名前言うの忘れていませんか!?」

エイジア「忘れてないよ!!ちゃんとはなしたわ!!」

銀時「そんじゃ頼んだぜ鵺野、正体を突き止めてくれよ!!」

鵺野「ああ!!」

キュィィィィィン!!

ガシッ!!シュン!!

悟空は鵺野を連れて移動!!

悟空「よし・・・何とか着いたな!!」

二人は妖怪の近くに移動した!!・・・だが、もう三途の川付近だった・・・

鵺野「・・・止まれ!!」

鵺野は大きい声で警告!!

鵺野「・・・止まらなければ強制的に止めるぞ!!それでもいいのか!!」

それでも妖怪は止まらない・・・!!

鵺野「なら・・・くらえ!!」

ビュン!!

霊力を封じる宝典を投げる!!

ビリリリリリリリリリリ!!

・・・一体の妖怪はかかって動きを封じられた・・・!!

・・・だがもう一体の妖怪は・・・回避した・・・!!

鵺野「・・・だろうな、回避するに決まっている、何故ならお前は・・・この宝典のことを知っているからだ」

妖怪?「・・・・」

鵺野「お前からでているな・・・かつて戦ったことがある妖気は」

妖怪?「・・・」

鵺野「もういい、正体を現せ、巨大な妖怪を催眠術で操ることが出来るのはお前くらいしかできないだろう」

妖怪?「・・・」

鵺野「・・・そして、お前の・・・兄が・・・お前の正体を証明している、覇鬼はいっていた・・・この妖気は・・・間違いなく・・・」

妖怪?「・・・全く、兄さんはそこまで落ちぶれたんだね、人間ごときに自ら力を授けるようになるなんて、失望したよ、もう兄さんは俺が知っている兄さんじゃない」

妖怪は・・・真の姿を表した!!



















































鵺野「弟だとな」

絶鬼「・・・正解、流石一度地上で私を破っただけありますね・・・」

正体は・・・あの冷徹残虐非道の絶鬼!!

鵺野「・・・その女をどうするつもりだ?」

絶鬼「・・・嬉しいね、やっぱりかかってくると思いましたよ、鵺野先生ならかかると思っていましたよ、この自分の仲間という餌を」

ポイッ!!

絶鬼は掴んでいたレジーナを鵺野に投げつけた・・・

ガシッ!!(鵺野はレジーナをキャッチした!!)

絶鬼「・・・ここなら貴方を地獄に落としやすい・・・ですがその前に・・・地獄を味わって貰いましょうか」



























絶鬼「貴方の仲間の精神達を一匹残らず放心状態にして三途の川をわたらせてあげましょう・・・そうすれば知る・・・私が味わった無限地獄と同じ苦しみを」

鵺野「・・・そのようなこと・・・俺が許すと思うのか?(手袋を取って鬼の手を出す)」

絶鬼「・・・許す許さないの問題じゃないですよ、だって私のこの力なら・・・どんな奴だろうと地獄に送られる・・・!!」

絶鬼は・・・本来の鬼の姿になり始めた・・・!!

絶鬼「では・・・始めましょう、皆の地獄送りの・・・」

















































絶鬼「始まりだ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

鵺野「しまった!!」

その瞬間・・・!!超破壊威力の妖力波が・・・待機組と二人の救助組の二つの集団に放たれた!!

鵺野(自分に放たれると考えて自分を守ろうとしたが・・・間違えた!!)

シュン!!

悟空は即座に救助組へ瞬間移動!!

悟空「かめはめ波!!」

ドゴォォォォォォォォン!!

一つの妖力波はかめはめ波で応戦!!・・・だが!!

悟空「ま、まずい!!追い込まれる!!」

徐々に追い込まれていく!!そのとき!!

本城「火炎波!!」

銀時、悟飯「かめはめ波!!」

ベジータ「ギャリック砲!!」

ドゴォォォォォォォォ!!

四人が援護!!そして・・・!!

シュゥゥゥゥゥゥ・・・

打ち消した・・・

一方待機組に向かった妖力波は!!

サスケ「須佐能乎!!」

ゴォォォォ!!

ガキィィィィィィィィィン!!

妖力波を防いで・・・その間に!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドカァァァァァァン!!

九喇嘛モードになって尾獣玉で妖力波を打ち消した!!

ナルト「お、俺の尾獣玉と同じ威力って・・・!!どんだけ強いんだってばよ・・・!!」

絶鬼「・・・どうやら今ので倒れた人はいなかったようですね・・・ですが、ここからが本番です・・・!!」

ゴオオオオオオオ・・・・

鵺野(体全体に破壊できる妖力を纏っているだと・・・!!あのときより桁違いに強くなってる・・・!!下手したら覇鬼まで越えている・・・!!)

悟空「あぶねぇ!!」

銀時「おい!!何だあの恐ろしい鬼は!?ほとんど化け物じゃねぇか!!」

悟空「会話を聞いていたら・・・アイツの名前は絶鬼らしいな・・・!!」

ピロロロロロロロロロ!!

ルフィ「電話だ!!」

美樹「もしもし!!細川美樹です・・・!!あの鬼は危険です!!名前は絶鬼です!!」

アスタ「それはさっき聞いた!!どんな奴なんだ!?」

郷子「あの鬼はぬ〜べ〜の鬼の手にいる覇鬼の弟・・・!!冷徹残虐で人を殺すことになにも抵抗を感じないまれにない悪鬼です!!かつて覇鬼をぬ〜べ〜から解放するために学校に転校してきてぬ〜べ〜と激しい戦いの末破れて無限地獄に落とされた鬼・・・!!」

トリコ「最悪の鬼だな、だが何故無限地獄から出たんだ?」

広「分からない・・・!!ですがコレだけはいえます・・・!!あの鬼は強すぎます・・・!!絶対に油断しないでください!!」

ナルト「ここの連中は俺とサスケが死んでも守るってばよ!!安心してくれカカシ先生!!」

ピッ!!

カカシ「・・・優れた教え子達を持って助かったよ全く」

絶鬼「さて・・・地獄送りの本番です・・・!!」

鵺野「覚悟しな絶鬼・・・!!今度こそ永遠の封印をしてやる!!」

次回・・・!!突如始まったシリアスバトル!!絶鬼VSジャンプオールメンバー!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.824 )
日時: 2015/08/07 12:07
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「これは・・・!すごい妖気です!下手したら、ほかの妖怪たちも越えてしまいますよ!?」

エイジア「絶鬼・・・・まさかあいつが・・・・」

ララ「エイジアさん知ってるのですか!?」

エイジア「ええ、絶鬼はオーガと互角に戦ったほどの鬼よ。まあ、鬼神には敵わなかったけどね。」

ララ「なんで戦ったんですか?」

エイジア「あいつは戦い好きだからね。私はその付き添い」

ララ「だったら不味くないですか?私も神力を使ってやっと鬼神のオーガに互角に戦えましたから」

エイジア「そうね・・・・ここは私にやらせてくれる?」

ララ「エイジアさん?」

エイジア「あいつはレジーナさんとお通さんを地獄に落とそうとした・・・そして二人だけじゃなくみんなも落とそうとした。だから、オーガの代わりに地獄を見せないとね」

ララ「(あ・・・これマジ切れしたときのエイジアさんだ)」

エイジア「使うことはなかったと思ったけど・・・久しぶりに使おうかな。『能力を創る程度の能力』を」

ララ「え・・・?そ、それって封印されているんじゃ・・・・」

エイジア「状況に応じたら、使ってもいいって言われてるからね。」

ララ「でも、一体どうゆう能力なんですか」

エイジア「そのままの能力。自分が創造したことを能力にする能力だよ」

ララ「ある意味チートですね」

エイジア「他のゲームやアニメの能力くも創造したら使えるよ。夢想封印とかマスタースパークとか」

ララ「・・・・・・(呆然」

エイジア「まあ、威力は本物には劣るけどね。また、別の属性を合わせて威力を高めるとか出来るけど」

ララ「そ、そうなんですか・・・・」

エイジア「でも、被害が出ると思うから、ララはみんなを守ってね」

ララ「・・・分かりました。でも、無茶はしないでくださいよ!?」

エイジア「分かってる!」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.825 )
日時: 2015/08/07 21:45
名前: 晴哉

どうも!晴哉です!
再び感想を書きに来ました!


凄い壮絶な闘いになってますね…!! 相手はぬ〜べ〜に登場する絶鬼でしたっけ?  一応ドラマ化されたりしたお陰で名前なら分かってましたが…、これは恐ろしいレベルです…


魔理沙「それってさ、晴哉が戦えないからそう思ってるだけなんじゃねぇのか?」

晴哉「イヤ、当たり前だろ!? そうでなきゃどうやって支援しろと…」

魔理沙「仮にも晴哉は作者なんだから、色々とメタい設定つけて戦える様にすりゃ良いんじゃねぇのか?」

晴哉「…確かにメタいんだけど、良い案でもあるんだよな…」

リンク「イヤ、その案に乗っかるのか? 乗っかるのかよお前は?」



…その辺は後で考えさせてくれ。あ、私もストーリー更新したので、もし出来たら感想書いて下さると有り難いです!

ルフレ「何アンタは他者sideで宣伝してんだよ」

晴哉「スンマセンでしたあああああ!!!!」

…今はこうやって何も出来ずにただ固唾を飲んで見守りながら応援することしか出来ませんが、いつかコラボ出来る時が来たら、全力で応援に向かいたいと思います! お互いに頑張りましょう! 
それでは今回はこの辺で!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.826 )
日時: 2015/08/07 22:02
名前: 夏風邪 ◆nlcWiFzI5U

どうも、坂神さん夏風邪です!

絶鬼ですか、強大な妖力の正体は、自分もぬ〜べ〜を見たことがありますが、絶鬼は強すぎます、真面目に、果たして、ジャンプオールスターズは、絶鬼に勝てるのか?

では、次回も楽しみにしていますよ

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.827 )
日時: 2015/08/09 11:52
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

う〜ん、すみません、今後は能力追加はなしでお願いします前にも言いましたが能力が多いと混乱してしまいますし、なにより強さがチートすぎるとなんでもありになってしまいますから、今回の能力はいいですがあまり使わない方向でいきたいと思います。・・・そして、果たしてあの怪物に皆は勝てるのか!?

晴哉さん

晴哉さんもドラマで見ましたか!!本当強いですよね絶鬼は!!・・・ですが地獄付近にいるため強さはさらに倍増しています。コラボですか・・・あ、じゃああることをやるときに手伝ってくださいませんか?詳しくはそのときに!!

夏風邪さん

正解です!!果たしてジャンプメンバーは勝てるのか!?

では本編です!!どうぞ!!

絶鬼「では・・・いきますよ!!」

シュン!!

鵺野(消えた・・・!?どこにいった・・・!?・・・アイツは俺に地獄を味わせようとしている・・・それは俺にとって大事な人を殺すこと・・・!!まさか!!)

絶鬼は・・・待機していた人たちの元へ瞬間移動!!目を付けたのは・・・鵺野の生徒だ!!

絶鬼(まずは鵺野の生徒から血祭りにしましょうか!!)

ナルト、サスケ「させるか!!」

キュィィィィィィン!!

チチチチチチチチ・・・!!

ナルト「超ミニ尾獣玉ァ!!」

サスケ「炎遁!!千鳥!!」

ナルトは圧縮された尾獣玉、サスケは炎遁の炎を纏った千鳥で攻撃・・・!!だが!!

ドカァァァァァァァ!!

二人「ぐあぁ!!」

待機組「ええ!?」

二人は絶鬼の目前に近ずいた瞬間吹き飛ばされた!!

ドサァァァァァァァ!!

絶鬼「死ぬがいい!!」

鬼の爪で郷子の心臓を貫かんとする!!

郷子「きゃああああああああ!!」

シュルシュルシュルシュルシュル!!

ガシィ!!

ころせんせー「させませんよ!!」

待機していたころせんせーは素早く郷子を触手で引っ張って攻撃を回避させた!!

ころせんせーは郷子を上に上げる!!

絶鬼「邪魔だ!!」

絶鬼は上に飛んで郷子を殺そうとする!!

ころせんせー「今ですよ皆さん!!」

渚「はい!!」

赤羽「単純だね〜鬼って本当」

のび太「逃がさない!!」

静香「うん!!」

ウソップ「くらえ!!ウソップ様の十八番だぁ!!」

ころせんせーは即座に下に下げる!!そして上に上がった絶鬼をドラえもんが持っていたタケコプターを使って待機していたE組の渚、茅野、赤羽、竜馬、イトナがナイフで直接攻撃、ドラえもん達のドラえもん、のび太、静香は空気砲、ウソップが衝撃狼で撃つ!!

・・・だが!!

ドカァァァァァァァ!!

五人「がはっ!!」

四人「ええっ!?」

ドサァァァァァ・・・

全ての銃撃を打ち消した!!そして襲った五人を吹き飛ばした!!

ウソップ「嘘だろ・・・!!俺の十八番が消された!!」

赤羽「いててて・・・なんだあの力は?」

絶鬼「動きを止めなさい!!」

ころせんせー「止めるわけにはいけませんよ!!」

シュンシュンシュンシュンシュン・・・!!

絶鬼は郷子を追いかけるが・・・!!ころせんせーは触手を素早く動かして攻撃させない!!

絶鬼「そうですか・・・なら!!」

絶鬼(他の生徒を殺してやろう!!)

今度は広、美樹、克屋を狙う!!

ころせんせー「させません!!」

シュルシュルシュルシュルシュル!!

ころせんせーは他の鵺野の生徒も触手で絡めとって救う!!

絶鬼「・・・いい加減止まりなさい!!」

ころせんせー「止まりません!!生徒達に危機が及んでいて心配しない生徒はいません・・・私はその気持ちを理解できる!!何故なら同じ先生ですから!!」

絶鬼(・・・コイツも持っているのか・・・!!生徒への愛を・・・!!私がもっとも恐れている力が・・・!!目障りだ!!)

絶鬼「・・・ならその生徒への愛も全て貴方を消しましょう・・・!!消えろ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

ころせんせーに向かって妖力波を発射!!

シュン!!

アラレ「させないよー!!」

同じく待機していたアラレはその間に割り込んで!!

アラレ「うんちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドゴォォォォォォォォ!!

んちゃ砲を発射!!妖力波を打ち消す!!

絶鬼「邪魔だ・・・!!どいつもコイツも!!」

ナルト「・・・邪魔なのは」

キュィィィィィン!!

サスケ「・・・お前だ!!」

ボォォォォォォォ・・・・!!

ナルト「風遁螺旋手裏剣!!」

サスケ「炎遁!!加具土命!!」

ビュゥゥゥゥゥゥゥン!!

・・・だが!!

バシィィィィィィィィン!!

また絶鬼直前にきたときに打ち消された!!

サスケ「くそっ!!またか!!何だあの能力は!?」

ナルト「・・・俺ってばあの能力見たことある・・・!!かつて木ノ葉に襲ってきた六道ペインのリーダー格でエロ仙人の弟子弥彦の体が元になっていた天道が使っていた・・・神羅天征、近くにやってきた奴を吹き飛ばしてだれも寄りつかせない術・・・!!だけど・・・アイツは術は使えねぇ!!しかも神羅天征とは攻撃を受けたときの強さが違う・・・!!明らかにこちらのほうが上だってばよ!!」

事実跳ね返されたナルトやサスケはまだダメージ受けても立っていたが・・・!!渚達は倒れて動けなくなっていた・・・!!

サスケ「じゃあどういうことだ・・・!!」

絶鬼(・・・どうやら先程の攻撃でこの学生達はたてないようだな・・・なら・・・こちらから排除するか・・・生徒を殺せばこの化け物先生も・・・地獄を知るだろう・・・!!)

絶鬼は渚に向かって手を向けた!!

茅野「渚!!」

ころせんせー(・・・まさかあの構えは!!・・・させない!!)

ころせんせーはマッハで接近・・・!!だが!!

バシィィィィィィン!!

ころせんせー「ぬやっ!!」

また跳ね返された!!

絶鬼「・・・死ぬがいい!!」

渚(くっ・・・!!体が・・・!!動かない・・・!!)

ころせんせー「渚君んんんんんんんんんんんんんんん!!」







































鵺野「させてたまるか!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥン!!

鵺野生徒「ぬ〜べ〜!!(涙目)」

最強先生が待機組の所へ戻ってきた!!

鵺野は妖力波を出して絶鬼の妖力波を打ち消した!!

鵺野「遅くなってごめんな生徒の皆・・・!!」

郷子「大丈夫だよぬ〜べ〜!!(涙目)」

悟空「あっぶねぇ!!渚が死んじまうところだったかぁ!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.828 )
日時: 2015/08/09 11:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

時は遡り・・・

鵺野「不味い!!早く悟空!!俺も瞬間移動で連れてってくれ!!」

悟空「おう!!・・・だけど皆どこにいんのか分かるか?」

鵺野「・・・それは分からない・・・だが北の方角にいるのは確かだ!!だから北に何度も瞬間移動してくれ!!」

悟空「それでいいのか!?」

鵺野「それでいいんだ!!これでいいのだ!!いいからさっさと行くぞ!!」

悟空「ぬ〜べ〜、今ウケ狙ったんかぁ!?←(鵺野のギャグ分かりましたか?by坂神)・・・仕方ねぇか!!いくぞ!!」


そして何度か瞬間移動しているうちに待機組の居場所を見つけてたどり着いたのだ・・・

ころせんせー「あ、ありがとうございます鵺野先生・・・!!」

鵺野「・・・こちらこそ俺の生徒を守ってくれてありがとうころせんせー・・・覚悟しろ・・・絶鬼!!覇鬼!!100%解放の方がいいよな!!」

覇鬼「ああ!!わしより強くなっている弟に対抗するためにはそれしかない!!やるぞ!!」

ゴオオオオオオオオッ!!

鵺野は・・・覇鬼へと姿を変化した!!

鵺野「いくぞ・・・!!妖力波解放・・・!!最高出力!!」

ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

絶鬼も対抗して・・・!!妖力波を出すが!!

ズズズズズ・・・!!

押し込んでいく!!

絶鬼「流石私の兄・・・やむをえませんね・・・!!こちらも最高出力でいきますが・・・!!地獄で鍛えた私の最高出力に・・・地上でのんきに過ごしていた兄が・・・勝てますかね?」

ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

鵺野「何だと!?」

今度は鵺野が追い込まれていく・・・!!

覇鬼「なんて力だ・・・!!ここまで鍛えていたとはな・・・!!鵺野、よけるしかない!!そうしなければ飲み込まれてしまうぞ!!」

鵺野「・・・分かった!!」

サッ!!

鵺野は回避!!・・・そして!!一頭身に戻って・・・!!

直接刀化した鬼の手で襲う!!

鵺野「くらえ!!」

ナルト「鵺野先生!!近ずいたら弾かれるってばよ!!」

バシィィィィィィィィン!!

鵺野「ごふっ!!」

やはり弾かれた!!

ズザザザザザザザ・・・

ころせんせー「この謎の弾く能力の正体が突き止められないと倒すのは難しいですねぇ・・・」

鵺野「・・・いや、俺には分かった!!妖力だ!!」

待機組「!?」

鵺野「説明すると・・・奴には常に一般人には見えない妖力波・・・要は妖力のシールドが張られている、そしてその妖力に障害物が入ると反応して弾き飛ばす!!遠距離攻撃も打ち消すことができる!!」

ナルト「・・・つまり俺たちの攻撃を守る絶対防御ってわけか・・・!!だけど厄介すぎるってばよ!!直接攻撃するとしても近寄れねぇ・・・!!」

サスケ「・・・ならナルト、俺に考えがある、お前は絶鬼を引きつけてくれ・・・!!」

ナルト「なんでだってばよ!?」

サスケ「・・・お前にアイツが注意を引かれている間に天照で焼く!!」

ナルト「成る程・・・分かったってばよ!!多重影分身の術!!」

ボボボボボボボッン!!

たくさんのナルトは一斉に襲いかかる!!

バシィィィィィィィィン!!バシィィィィィィィィン!!バシィィィィィィィィン!!バシィィィィィィィィン!!・・・

次々と弾かれていき・・・!!

そして・・・サスケは隙を見つけた!!・・・だが!!

サスケ「天てらs」

シュィィィィィィィィィン!!

ナルト「あぶねぇ!!」

ドカッ!!

何と絶鬼が全く気づいていないのにその妖気シールドから目にビームが!!

ナルトの影分身が辛うじてサスケをけり飛ばして代わりに攻撃を受けた・・・!!

サスケ「これまでダメなのか!?」

鵺野「ああ・・・どうやらそのシールドは目線まで感知するようだな・・・!!だが、大丈夫だ!!対策ができた!!だがこれは一部の人しかできないがな!!」

鵺野は鬼の手を巨大化して絶鬼に接近・・・!!

鵺野「くらえ!!」

直接鬼の手だけで攻撃・・・!!それは!!

ドカッ!!

絶鬼「ぐぎぎ・・・!!」

弾かれなかった!!

ころせんせー「何でですか!?」

鵺野「妖力の盾は妖怪なら効かない!!つまり俺の妖力波は弾かれない!!俺の直接攻撃も鬼の手だけなら弾かれないんだ!!」

鵺野はそれを一旦弾かれたときに鬼の手だけ弾かれた感覚がなかったことから気がついたのだ!!

絶鬼「・・・よく気づきましたね・・・!!ですがこれくらいで・・・私を倒せると思うな!!」

バシィ!!

巨大鬼の手を退けて!!

絶鬼「見せてやる・・・!!地獄で得た技をな・・・!!無限地獄で得た炎の力をみよ!!豪火炎!!」

ゴオオオオオオオオオオオオッ!!

口からもの凄い炎を出す・・・!!

鵺野「炎まで使えるようになっていたのか!?」

サスケ「桐子!!」

桐子「はい!!」

ババババババババババババババ!!

印を結んで!!

桐子(・・・あの時の修行を思い出して・・・!!私なら・・・!!やれる!!)

サスケ、桐子「火遁!!超巨大豪火球の術!!」

ボオオオオオオオオオオオオッ!!

東京ドーム程の大きさの豪火球・・・!!豪火球を使える二人が合わせて使うことにより普通より大きい火の球を作り出せる!!巨大な豪炎を打ち消した!!

サスケ「成功だ・・・!!よくやったな桐子」

桐子「あ、ありがとうございます!!」

絶鬼「・・・この炎は序章・・・次の炎は本気d」

だが最後まで言えなかった・・・何故なら!!

?「くらうニャン!!ひゃくれつ肉球!!」

絶鬼「!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.829 )
日時: 2015/08/10 00:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

時は遡り・・・

ケイタ(・・・妖怪はあのシールドを越えることが出来るんだ・・・なら・・・俺達の出番だ!!)

ウィスパー(そうでウィッス!!出来るだけ静かにやって・・・虚を突いてやるんでウイッス!!)

ケイタ(・・・そうだね!!出てこいジバニャン!!)

妖怪ウオッチ零式、起動!!

俺っち、仲良し、友達、福はうち!!

ジバニャン!!

ジバニャン「ふはh」

ガバッ!!(ケイタがジバニャンの口を塞いだ)

ジバニャン(な、なにをするニャン!!ていうかここどこニャン!?)

ケイタ(落ち着いて!!実は・・・!!)

話し中・・・

ジバニャン(いやニャン)

ケイタ(はやっ!!)

ジバニャン(何でそんな命賭けてあのおっかなそうな奴と戦わなくちゃいけないニャン、それにほかの妖怪を何で呼ばないニャン、俺っちよりほかの妖怪呼ぶべきだニャン、というわけで俺っちはしらんニャン)

ゴロン←横たわった

グー、グー、グー、グー・・・←鼻水ふうせんを膨らませながら寝る

ケイタ(あーもう・・・どうすれば・・・あ、じゃあもし協力してくれたらチョコボー100本買ってあげr)

ジバニャン「ふっk」

ガバッ!!←さっきと同じく

ケイタ(声静かにしてって言ったじゃん!!・・・ま、よろしく!!)

ジバニャン(俺っちに任せるニャン!!約束は守るよニャン?)

そして・・・こっそりこっそりと近ずいて・・・

ジバニャン(このタイミングニャン!!)

絶鬼が後ろを振り向いた僅かな瞬間に飛び出した!!

ジバニャン「ひゃくれつ肉球!!」

ドカッ!!

絶鬼「!?」

ジバニャン「ニャタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!!ニャタァ!!」

ドカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ!!

渾身の肉球の連打が炸裂!!絶鬼は・・・まさかこのシールドに完全に入れるやつがいると思ってなく油断していたのだ!!

絶鬼「ぐふっ!!」

鵺野「何だあの赤い猫は・・・!?だが皆には見えていないということは妖怪・・・!?」

ジバニャン「どうだ!!効いたニャン!!」

・・・だが!!

絶鬼「・・・なかなかの威力だがまだまだだ!!燃えるがいい!!」

ガシッ!!

ボオオオッ!!

ジバニャン「にゃあああああああああ!?」

ジバニャンは捕まれて・・・火を近ずかれた!!

ジバニャン「た、助けてニャアアアアアアアアアアアアアアア!!」

・・・そのとき!!































一護「月牙天衝!!」

ブゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

ジバニャンと絶鬼の間に霊力の斬撃を飛ばした!!

慌てて絶鬼は手を離してジバニャンは地面に落ちた!!

一護「危なかったな」

ジバニャン「あ、ありがとうにゃあああああああああああああ!!(涙目)」

織姫「大丈夫?可愛い猫ちゃん・・・」

ジバニャン「だ、大丈夫ニャアアアアアアアアア!!(目がハート状態)」

ケイタ「また女の子好きが出た・・・」

そして・・・

エイジア「やっと着いた!!」

銀時「間に合ったな!!」

ルフィ「皆着いたぞ!!」

救助組が皆集まった!!

絶鬼「・・・一カ所に人が集まったか・・・好都合です、一辺に全員を消せる・・・」

オールマイト「・・・出来るものならしてみろ!!」

ケンシロウ「覚悟しろ鬼が・・・!!(指ポキポキ)」

絶鬼「・・・そろそろ見せましょうか・・・私が使える火術のすべてを!!・・・妖力炎焼!!」

すると絶鬼は・・・地面に少しの炎をかけた・・・その瞬間!!

ボオオオオオオオオオオオオオオ!!

一瞬でもの凄い豪火へと・・・!!それは・・・ジャンプメンバーへと襲いかかる!!

カカシ「水遁!!水龍弾の術!!」

ヤマト「水遁!!滝壺の術!!」

大量の水で消そうとするが!!

ジュゥゥゥゥゥゥゥ!!

一瞬で蒸発!!

サスケ「消えない炎か・・・なら・・・!!天照!!」

本城「終焉の炎!!」

二人は火も燃やし尽くす火で・・・消そうとするが!!

・・・ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

まさかの・・・むしろ炎を飲み込んで更に巨大化!!

全員「何だと!?」

銀時「どんな炎だよ!?」

絶鬼「地獄で得た炎に特殊な妖力を付けた炎・・・!!どんなものでも吸収する炎だ!!そしてそれは・・・お前達を包み込むまで・・・消えることはない!!」

やがてその炎は・・・絶鬼が操り・・・

・・・皆を囲んでしまった!!

銀時「くそっ!!囲まれた・・・!!」

ルフィ「畜生!!どうすればいいんだ!!」

メイドウィン「このままじゃ焼き殺される・・・!!」

ナルト「どうすれば・・・どうすればいいんだってばよ!?」

皆絶体絶命の危機になっていた・・・アイドル達など弱い人達は泣きだし・・・強い人達も焦りだしていた・・・!!

・・・やがて・・・徐々に迫りくる炎に追い詰められていく中で・・・皆は・・・諦め始めていた・・・だが!!皆が火で飲み込まれようとした瞬間!!

?「・・・皆!!僕に考えがある!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.830 )
日時: 2015/08/09 12:02
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

・・・その炎は・・・皆を飲み尽くして・・・皆を焼いた・・・

皆・・・黒こげになっていた・・・

絶鬼「・・・ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!やったぞ!!遂にコイツ等を皆死なせてやった!!・・・これで皆は三途の川を渡ることが確定した・・・!!皆死んだのだ!!・・・地獄を味わうがいい!!フハハハハハハハ!!」

絶鬼は・・・優越感に浸っていた・・・




















?「愉快に笑っているね!!」

突如絶鬼に声をかけてきた人がいた・・・それは・・・

ドラえもんだった

絶鬼「・・・生き残っていたか、お前も燃やさなければな」

ドラえもん「・・・残念なことを言うね・・・」































ドラえもん「皆全く燃えていないよ?」

絶鬼「!?」

ふと残骸を見ると・・・

ボボボボボボボボボォン!!

一瞬で全て消えた!!

絶鬼「ば、馬鹿な!?」

ドラえもん「皆!!出てきて!!ビックライト!!」

ピカーッ!!

ドラえもんは四次元ポケットを放り投げてビックライトで多きくした・・・すると!!

ドドドドドドドドドドドドドドド・・・!!

皆が出てきた!!

銀時「いやぁ、本当危なかったな」

めだか「そうだな、本当に命の危機だった

のび太「やっぱりドラえもんはすごいよ!!」

時は遡り・・・

ドラえもん「皆!!考えがある!!僕の四次元ポケットに入って!!」

全員「!?」

スネ夫「いや無理に決まってんでしょ!!」

両津「こんな小さいポケットにどうやって入れってんだよ!!無理に決まっているだろ!!」

ドラえもん「いや!!僕が今からビックライトで巨大化するから!!そして入って!!ナルトさんは陰分身と変化の術を使って皆の分身体を作り出して!!」

ナルト「ああ!!多重影分身の術!!」

ボボボボボボボボボォン!!

ドラえもん「ビックライト!!」

ピカーッ!!

ドラえもん「皆!!急いで入って!!」

ドドドドドドドドドドドド・・・!!

皆が次々と入っていく!!

最後の人が入ったのを確認して・・・

ドラえもん「スモールライト!!」

ピカーッ!!

四次元ポケットを小さくして装着!!

ドラえもん「どこでもドア!!」

ガチャ!!

どこでもドアにはいって・・・全員炎から逃れることに成功した・・・!!



絶鬼「お、おのれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!はかったなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(怒怒怒怒)」

ドラえもん「何度やっても結果は同じになるからもうやらないほうがいいよ!!」

絶鬼「ゆるさん・・・!!貴様から排除してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!(怒怒怒怒)」

ダダダダッ!!

絶鬼はドラえもんに向かって突撃!!

カカシ「・・・皆、聞いてくれ、鵺野が言うには・・・妖力がある奴にしか攻撃はできないようだな・・・それいがいは全て弾かれる」

鵺野「ああ、俺はそれ以外弱点はないと考えた」

カカシ「・・・実はな・・・」










































カカシ「俺はもう一つ弱点を見つけた、意外なところにあった」

全員「!?」

カカシ(・・・ま、悟空VS本城ララの試合を見て思い出したんだけどな)

果たしてカカシが見つけた弱点とは・・・(by坂神、分かりますか?)

次回!!果たして6代目火影の作戦とは!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。