二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.940 )
日時: 2015/09/24 22:38
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「凄かったねー。水族館」

ララ「そうですね!お土産も買いましたし」

十六夜「まあ、料理も美味しかったしな」

レイヴン「そうだな。それと、エイジア。ちょっと話がある」

エイジア「なに?」

レイヴン「(また、何かが起きるぞ)」

エイジア「(!?それってまた、闇武の仕業?しかもなんで分かるの?!)」

レイヴン「(未来予知をすれば簡単だ)」

エイジア「(そっか・・・じゃあ始末しないとね?)」(黒い笑み

レイヴン「(俺達二人で?)」

エイジア「(うーん・・・この事が分かった人だけにしようか。あんまり不安かけたくないし。それにレイヴンもその体になれておく必要があるでしょ?)」

レイヴン「(まあな。自然と時空を操る程度の能力なら片付けるのに時間はかからないが・・・・)」

エイジア「(それもコピーしたんだね)」

レイヴン「(ああ、動き出したら知らせる)」

エイジア「(分かった)」

ララ「なに話しているんですか?」

エイジア「何でもないよ」

十六夜「それにしても、レイヴンの髪って黒じゃなかったか?」

レイヴン「ああ、あれはダークの影響だ。この髪はラーペ本来の髪だからな」

十六夜「なるほど」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.941 )
日時: 2015/09/26 23:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

・・・すみません、とりあえず二人はそのままホテルにいてくれませんか?お願いします!!・・・果たして闇武が企んでいることとは!?

では本編です!!どうぞ!!

キキーッ!!

坂神「やっと着きましたね!!」

10台のバスは・・・ホテルにたどり着いていた!!

両津「大きいホテルだな!!」

中川「そうですね・・・」

ホテルの大きさは東京ドーム10個分である

坂神「皆さん!!部屋割り表は見ましたか?」

皆に配った・・・部屋割り表は!!

001

坂田銀時

黒神めだか

モンキーDルフィ

緋村剣心

ケンシロウ

孫悟空

磯部磯兵衛

坂神銀拳心

002

ジョナサンジョースター

則巻アラレ

うずまきナルト

トリコ

黒子テツヤ

日向翔陽

003

藤崎祐助

音無キルコ

両津勘吉

沢田綱吉

桐崎千棘

男鹿辰巳

004

浦飯幽助

鵺野鳴介

ころせんせー

ジャガージュン市

黒崎一護

奴良リクオ

005

嘉神恭介

幸平創真

ゴン=フリークス

空閃遊真

緑谷出久

潮火ノ丸

006

脳噛ネウロ

ララ・サタリン・デビルーク

斉木楠雄

ボボボーボ・ボーボボ

アスナ

星矢

007

剣桃太郎

ラッキーマン

一堂零

江戸川コナン

野原しんのすけ

ドラえもん

008

サトシ

天野景太

ナツ・ドラグニル

上条当麻

坂神「それ以外のメンバーはメンバー表を6人ずつ分けた部屋です!!」

大雑把すぎるとは言ってはいけない

皆はそれぞれの部屋に移動した・・・

001号室にて・・・

銀時「完全にレギュラー集まってるな」

坂神「はい!!その方がレギュラーのみ伝えられる機密情報を伝えることが出来るのでこういう部屋にしたのです!!」

めだか「凄く部屋が広いな!!」

悟空「うっひゃ〜!!景色すげぇ〜!!」

ルフィ「俺にも見せてくれ!!」

ケンシロウ「悟空、ルフィ、ハシャぎすぎだ」

剣心「これがベットと言うものでござるか・・・寝ると気持ちよさそうでござる」

磯兵衛「そうでござるな、というわけで拙者は一眠り」

ゴロン

剣心「いや寝るの速いでござる!!まだ起きていたほうg」

めだか「しっ!!」

剣心「!?」

めだか「・・・静かにしといてやれ、何故ならこの男・・・」


















































めだか「一週間以上沖縄をさまよい続けたのだから」

剣心「・・・すまなかった磯兵衛、不覚でござった」

銀時「z〜z〜(爆睡中)」

二人「いやお前も寝るのかよ!!」

002号室にて・・・

トリコ「やっぱ良い景色だな〜!!」

ナルト「水族館で魚類出汁のインスタントラーメン買っといてよかったってばよ!!いっただきまーs」

ばっ!!

トリコ「もらっt」

ばっ!!

ナルト「俺のラーメンをとるんじゃねぇってばy」

ばっ!!

トリコ「分かった!!これの値段何円するのか教えてくれ!!お金払うから食わせr」

ばっ!!

ナルト「金よりラーメンだってばよ!!」

ばっ!!

ばっ!!

ばっ!!

ばっ!!

ばっ!!

ばっ!!

二人「・・・シバくぞこのヤロォォォォォォォォォォォォ!!」

どかばきめきどごめきばきょごきゃ・・・

たちまち大喧嘩!!アホである

黒子「なにやってるんですか二人とも・・・」

日向「二人とも落ちつけって!!」

二人が止めようとするが止まりそうがない・・・!!その時!!

ばっ!!

二人「!?」

ジョナサン「いい加減にしてくださいっ!!」

ジョナサンが二人の間に紛れ込んだ!!

ジョナサン「これはどう考えても取ろうとしている貴方が悪いですよ!!ナルトが食べるべき物ですっ!!だから喧嘩はもうやめてくださいっ!!」

トリコ「くそぉ!!」

ナルト「さすがジョジョだってばよ!!」

トリコ「・・・ちょっと待て」

二人「?」

がさがさがさがさ・・・

トリコはバックの中身を探ってみると・・・

トリコ「・・・俺も買ってた(苦笑い)」

二人「アホォ!!」

トリコも買っていたようだ・・・

ナルト「なら一緒に食べようぜ!!」

トリコ「おう!!」

ジョナサン「さっきの喧嘩は何の意味があったんだ・・・」

アラレ「ほよよ?」

・・・そして・・・

アラレ「あっ、気持ちよさそうなベットがあるー!!」

アラレがベットを見つけて・・・それに・・・飛び乗った!!



































ばきばきばきばきばきばきばきっ!!

002号室の人々「」

・・・見事にベットがぶち壊れて・・・さらに部屋をどんどん突き破っていきながら下に落ちていった・・・

ナルト「・・・皆ぁ!!事故発生だってばよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ジョナサン「・・・やれやれだ」

003号室にて・・・

キルコ「こういう旅行初めてだから嬉しいな!!」

勘吉「良い部屋だなここも」

綱吉「ようやく休めr」

リボーン「休ませねぇぞ?」

綱吉「えっ!?」

リボーン「男鹿、頼んだぞ」

男鹿「おうよ!!」

ベル坊「だあっ!!」

綱吉「ど、どういうこと!?」

リボーン「お前は男鹿に負けてしまった、故にお前には特訓をこの部屋にいる間は受けてもらう」

綱吉「・・・ええええええええええええええええええええ!?(滝汗)」

リボーン「というわけで男鹿、後はよろしく!!」

男鹿「みっちりシゴいてやるぜぇ!!(ドs顔)」

祐助「サポートするぜぇ!!(ドsの顔)」

綱吉「ドsの顔になってるよ!!ていうか何でボッスンも!?いやだ!!助けt」

リボーン「ちゃおちゃお〜」

綱吉「やだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(涙目)」

千棘「・・・諦めて頑張った方がいいわよツナ」

004号室にて・・・

幽助「スゲェホテルだな!!」

一護「・・・幽助、そろそろ始まるぞ」

幽助「え?」



































一護「先生達の特別授業が」

鵺野「・・・幽助、お前はかなり頭が悪いらしいな・・・蔵馬から聞いたぞ」

ころせんせー「私達がこの一日丁寧に色々教えてあげましょう」

ジュン市「俺も巧い笛の吹き方を教えてあげるぜ〜」

幽助「・・・えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

一護「ということだってさ、俺とリクオも受けることになったから」

リクオ「頑張ろうよ!!幽助君!!」

幽助「・・・悪いが俺は勉強は死ぬより嫌いなんでなっ!!」

だだだd

がしっ!!

ころせんせー「ヌルフフフフフ、逃がしませんよ〜」

幽助「・・・ヘルプゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

005室にて・・・

嘉神「凄く良い部屋ですね!!」

ハク「そうだな!!」

創真「おっ、キッチンも完備してあるな」

ゴン「あ!!創真さん!!出来るなら俺達が採った魚を料理してくれないかな?」

火ノ丸「そりゃあいいのお!!わしも食べてみたい!!」

創真「いいぜ!!スパイスも旅行に持ってきたから味付けも簡単だしな!!で、何が釣れたんだ?」

ゴン「コレだよ!!」

ゴンが釣り上げたのは・・・巨大マグロ!!

創真「マグロか・・・よし!!じゃあ誰かビールもらってきてくれねぇか?」

部屋の全員「何で!?」

創真「それは蓋を開けてのお楽しみだ!!」

緑谷「僕がオールマイトに頼んでくるよ!!」

空閃「楽しみだな」

006号室にて・・・

ネウロ「ふふふ・・・わが輩は前からお前のことが気になっていた・・・観察対象としてな」

ボーボボ「俺の毛がそんなに気になるのか・・・!?貴様マルハゲー国の刺客か!?」

斉木「馬鹿は黙っていろ」

アスナ「なあ星矢!!俺にもその鎧くれ!!強くなれそうだ!!」

星矢「駄目だっ!!これは選ばれた人にしか使えない特別な物だっ!!」

ララ「かっこいい鎧だねそれ!!作ってみたいな!!」

007

ラッキーマン「いや〜こういう旅館に泊まれて嬉しいねぇ、私のラッキーのお陰かな!!」

零「いや!!私が変態である故の運だろう!!」

しんのすけ「いや、美女を信じて付いてきたからに決まっているゾ!!」

三人「んだとコr」

剣、コナン「うるせぇぇぇぇぇ!!」

三人「はい・・・」

剣「俺達は変な部屋に来てしまったみてぇだな・・・」

コナン「激しく同意だぜ・・・」

ドラえもん「これからの旅行不安だね・・・」

008号室にて・・・

サトシ「ケータ!!お前どんな妖怪持ってんだ!?」

景太「色々な妖怪持ってるよ!!例えばコマさんやバクロ婆とか!!」

サトシ「一番の相棒は?」

景太「う〜ん・・・ジバニャンかな」

ジバニャン「やっぱ俺っちが一番だニャン!!」

ピカチュウ「ピカ?」

ジバニャン「何ニャこの黄色いネズミは?黄色いネズミって変わっているニャ!!」

景太(そういっているジバニャンも赤い猫じゃん!!)

ピカチュウ「ピカ!!ピカピカァ!!」

ジバニャン「何て言っているかわかんないニャ!!」

因みにピカチュウは「そういうジバニャンも赤くて変わっているよ!!」と言っていたそうだ

ナツ「お前どんな能力持っているんだ?」

当麻「俺は・・・相手の能力を無効化する能力だ」

ナツ「スゲェ!!どうやるんだ!?」

当麻「すまん、説明は出来ない」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.942 )
日時: 2015/09/26 23:31
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU




・・・そしてその頃・・・

017号室にて

妙「何であのゴリラと同じ部屋になったのかしら、死にたくなるわ」

神楽「仕方ないヨ、番号順に決まっちゃったんだから」

近藤(よっしゃあああああああああああああああああああああ!!お妙さんと同じ部屋だァァァァァァァ!!)

土方「近藤さん、余計な気起こさない方がいいぞ、チャイナ娘とメガネにシバかれるからな」

沖田(くっくっくっ、ここなら簡単に土方を闇討ち出来るz)

土方「オメェも余計なことを考えるなよ?」

新八「最上階の二つ下でも良い景色が見えますね」

神楽「そうアルな!!それにルフィや悟空の声が凄く聞こえるアル!!」

妙「・・・え?もしかしてここ・・・真下?」

ルフィ「おお!!メガネとチャイナじゃねぇか!!」

新八「誰が眼鏡だコラァ!!って二つ真上の部屋だったんですかぁ!!」

悟空「おぉ!!オメェ等も高い部屋にいたんだなぁ!!」

神楽「じゃあ間は誰アルか?探ってみるアル!!」

新八「何する気!?」

神楽は上によじ登って・・・

神楽「すみませ〜ん、誰かいませんかっ!!」

バリッ!!パリィィィン!!

新八「オィィィィィィィィィ!!窓をぶち壊すなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

神楽は軽く窓をロックしたつもりだったのだが力の加減が出来ず窓が壊れたようだ・・・そしてその部屋にいたのは!!

十六夜「あぶねぇなぁ!!ガラスが飛んできたぞ!!誰だ割ったの!!」

めだか「貴様は十六夜ではないか!!」

エイジア「神楽だったの割ったの!?」

浜千鳥「びっくりしたッスよぉ!!」

つみき「驚かせないでくれる!!」

エイジア勢と浜千鳥勢だ!!

本城「あ、坂神さん上の部屋だったんですか」

坂神「あ、本城さん、どうも!!」

本城「銀さんはどうしたんです?」

めだか「爆睡しているぞ・・・ん?」

改めてめだかが寝ている銀時を見ると・・・その横が膨れていた

シーツをめくってみると・・・






































衣装ががバスタオル一枚巻いているだけの猿飛がいt

どかっ!!

猿飛「痛いっ!!」

めだか「おい・・・何で欲情ストーカー猿がここにいるんだ」

猿飛「痛いじゃないの!!私と銀さんのベットシーンを邪魔しないd」

坂神「誰がベットシーンだと考えるかこのやろー、そのベットごとお前をトマト果汁まみれにしてやろうかコラァ!!(木刀所持状態三重人格発動髪の毛が真っ白&怒怒怒怒怒)」

剣心「今度は銀時殿の真似でござるか?」

猿飛「うるさいわね、貴方達全員始末されたいのかしら?」

めだか「それはこちらの台詞だ・・・とんでもないことを言った上に銀時に接近するとは・・・覚悟は出来ているんだろうな?(怒怒怒怒怒)」

妙「私銀さんの気持ち本当にわかるんです、ストーカーされている気持ちが、これ以上ストーカーするんじゃないわよ・・・メガネザルがぁ!!(怒怒怒怒怒怒)」

本城「流石にやりすぎじゃないですか?不法侵入じゃないですか、ましてはその相手が銀さんって・・・お仕置きさせてもらいますよ?(怒怒怒怒怒怒)」

坂神「テメェ覚悟出来てんのかストーカー、ストーカーは犯罪なんだよ、しかも相手が銀さん・・・それは俺に喧嘩を売ったとってもいいんだよな?(怒怒怒怒怒怒怒)」

剣心(いつの間にかに本城殿と妙殿が拙者達の部屋に!?)

猿飛「・・・上等よ!!始末屋さっちゃんの力を見せてあげる!!」

猿飛は・・・始末屋モードに・・・!!























猿飛「始末屋モーd」

変化した!!が

めだか、本城、坂神「終神モード!!(覚醒!!)(両刀モード!!)」

ボコドギャバキゴキャベキョドキャバキバガガキャッバキバキバキバキ・・・!!

猿飛「ご、ごめん!!私が悪かった!!私が悪かったから!!お願い!!許して!!許してください!!何でもしますから!!」

妙「さようなら☆」

本気モードになった四人によるフルボッコにより・・・猿飛は・・・


































猿飛だったもの「」

チーン

四人「これでよし!!」

骸に・・・

剣心(・・・モテているでござるな銀時殿・・・そして猿飛殿・・・南無・・・)

銀時「・・・ふぁ〜あ、何だお前等、うるさいんだけど」

妙「ご、ごめんなさい!!本城ちゃん戻るよ!!」

本城「はい!!」

銀時「z〜z〜」

ケンシロウ「寝るの早すぎるだろ」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.943 )
日時: 2015/09/26 23:32
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


そして・・・

エイジア「急にどこ行ってたのラーペ」

本城「仕置きに行ってました!!」

十六夜「やっぱり銀魂おもしれぇな!!」

今時間は18:15である、しかも水曜日、つまき銀魂が放送されている時間だ

エイジア(・・・本当は早くあの二人に行きかったけど・・・)

時は遡り・・・

坂神「・・・どこに行くんですかエイジアさん?」

エイジア「!?」

エイジアとレイヴンが皆からこっそり離れていこうとしたときに・・・坂神が近くに来ていた!!

坂神「皆さんには発信機を付けているんです、迷子の方がいたときにどこに行ったかを探すために付けていたのですが・・・まさか貴方達がどこかに行こうとしているなんて思いませんでした、どうしたんですか?」

エイジア「・・・ごめんなさい坂神さん、実は・・・!!」

話し中・・・

坂神「・・・ありがとうございますエイジアさん、ですが・・・絶対に二人で行かないでください!!」

エイジア「どうしてですか?」

坂神「・・・その二人の内一人は知りませんが・・・もう一人は心当たりがあります、その人真っ黒なマスクを付けていませんか?」

レイヴン「・・・ああ」

坂神「・・・間違いないです、その人は・・・」












































坂神「私の兄でしょう」

二人「!?」

エイジア「さ、坂神さんの兄・・・!?」

坂神「はい・・・貴方達二人で戦いに行った場合・・・死ぬだけです、兄は皆さんと力を合わせない限り100%倒せません」

エイジア「そ、そこまでですか・・・!?」

坂神「・・・もはや兄の強さは・・・神を越えています・・・!!なので・・・お願いします!!」

エイジア「で、でもどうするんですか・・・?」

坂神「二人が私たちに攻めてきたなら全力で迎打ちますが相手が動いていないときは・・・動かないでください、お願いします」

エイジア(・・・仕方ないね・・・)

レイヴン(そうだな・・・)



エイジア(本当に良かったのかな・・・?)

十六夜「どうしたんだ?」

エイジア「な、何でもないよ!!ほ、本当おもしろいよね!!でも・・・こういう全体がモザイクで埋まるのって銀魂しかないよね絶対」

十六夜「いいだろ!!こういう下品でも良い話で面白いのが銀魂なんだから!!あ、CM入ったな」

レイヴン「ちょっとニュース見せろ、CMの間だけでも良いから」

十六夜「分かった」

チャンネルを変えてみた・・・

・・・その瞬間流れたニュースは!!




























キャスター「続いてのニュースです、最近刑務所にいた人々が次々と消えていく怪奇現象が起きています」

エイジア「・・・そんな怪奇現象ってあるのかな?」

十六夜「脱獄したに決まってんだろ」

本城「脱獄したなら怪奇現象とは説明されていませんよ」

エイジア「そうだよね・・・どういう事かな?」

・・・そして・・・

坂神「・・・あ!!6:30になりました!!皆さんは食堂に向かってください!!」

めだか「起きろ二人とも!!」

ガツゥゥゥン!!ガツゥゥゥン!!

銀時「いてぇ!!」

めだか「起きろ貴様!!」

銀時「乱暴な起こし方するんじゃねぇ!!驚いたじゃねぇか!!」

めだか「・・・この男はまだ起きないのか」

銀時は目が覚めたが・・・磯兵衛は起きなかった・・・

めだか「もう少し殴るしかないか・・・」

ドカバキメキバキィ!!

だが・・・

磯兵衛「z〜z〜z〜(タンコブだらけで気絶なう)」

銀時「こいつどんな神経してんの?」

ケンシロウ「俺が秘孔でもついて起こすか?」

銀時「・・・いや、そんなの必要ねぇよ」

ルフィ「じゃあ何すんだぁ!?」

銀時「・・・コイツがあれば十分だ」

銀時がどこからか・・・



















































四メートルする高さの瓶のタバスコを取り出した

六人「・・・え?」

銀時は磯兵衛の口を開けて・・・

銀時「全部のみやがれ」

ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク・・・

タバスコを飲ませていく・・・

ごっくん

全て飲ませた瞬間・・・

















磯兵衛「アーーーーーーーーーーーーーーッ!!(口から炎を出しながら)」

ホテル全員「!?」

悲鳴がホテルに響いた・・・



磯兵衛「」←唇を真っ赤にしながら気絶なう

銀時「あちゃ〜、やりすぎたか俺?」

めだか「どう考えてもやりすぎだろ」

ルフィ「どうすんだコレ?」

銀時「仕方ねぇ!!置いてくか!!」

6人「おい!!」

坂神「でも時間がないので・・・磯兵衛さんごめんなさい!!」

こうして磯兵衛一人残して・・・皆は食堂に動き出した!!

・・・次回!!夕食タイム!!









































ビュオオオオオオオオオオオオオ・・・!!

・・・自然の脅威も動き出す!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.944 )
日時: 2015/09/27 11:52
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「いやー、面白かったね。銀魂」

レイヴン「そうだな。それにしても刑務所の人々が消えるなんてな・・・・」

エイジア「そんな事があってほしくないね」

レイヴン「そうだな」

エイジア「それにしても。外荒れて来たね。台風でも来るのかな?」

レイヴン「かもな。沖縄は台風に当たる確率が高いし」

エイジア「やだなー。台風」

レイヴン「(それにしても、坂神の兄の強さが神と同じとは・・・・オーガはそんなの考えずに戦い挑みそうだけどな)」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存