二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.784 )
日時: 2015/07/20 13:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

第二十五回戦

坂田銀時VS緋村剣心

銀時「激しい死闘だったな・・・」

剣心「そうでござったな・・・」

銀時「どちらが勝ってもオカシくなかったぜ」

剣心「いや、主のメンタルが拙者より僅かに上だった・・・だから主は勝てたのでござる、拙者にな」

銀時「・・・ありがとな、お前にそれを言われると嬉しいぜ」

剣心「事実を言ったまででござる」

第二十六回戦

うずまきナルトVS黒神めだか

ナルト「めちゃくちゃ速いバトルだったってばよ!!」

めだか「そうだな・・・ナルトにあのような能力があるとは考えていなかった」

ナルト「へへっ!!あのモードは俺の相棒と力を合わせてなるものだからよ!!」

第二十七回戦

孫悟空VS一堂零

悟空「驚いたぞ零!!最後にあんな派手な技をやってくるなんてなぁ!!」

零「あれはエイジアがくれたパワースーツをで思いついたのだ、だが無理だった・・・」

悟空「それでもオメェは一種の戦闘の才能あるぞ!!その変態技を極めれば意外と強いかもしれねぇぞ!!」

零「む〜、成る程、そうであるか」

悟空「ああ、後よ・・・零、一つ頼みがあるんだけどよ・・・」

零「?」











































悟空「細胞分裂ってどうやるのか教えてくれねぇか?」

零「何故だ?」

悟空「おもしろそうだからよ」

零「いいだろう、ではまず・・・」

ベジータ「やめろカカロットォォォォォォォォォ!!ギャグの世界に入るのやめろォォォォォォォォォ!!」

第二十八回戦

モンキーDルフィVSケンシロウ

ルフィ「この戦いって俺が基本色々有利だったよな・・・改めて振り返ると」

ケンシロウ「その通りだったな・・・」

まずルフィはそもそも体がゴムだから秘孔を突くことが出来ない

更にルフィの拳は全て我流であるため拳法家であるケンシロウには不利である。

更にルフィにはギア2がありスピードが異常に速い、ケンシロウは移動スピードはあまりない

ルフィ「だけどそれでも体力と力はスゴかったぞ!!」

ケンシロウ「・・・だが結局負けたことにはかわりはない・・・無念だ・・・貴様の新年には驚いたぞ」

ルフィ「勝つのを諦めたらそこで終わりだからよ!!」

坂神「また番外編のバトルに戻ります!!」

番外編バトル第五回戦

はたけカカシVS竜

カカシ「ま、これが六代目火影の力ってもんだな」

竜「驚いた・・・まさかここまで火影がここまで強いなんてな・・・」

カカシ「火影の名を預かった以上、負けるわけにはいかなかったからな」

竜「やっぱ写輪眼ってスゲェなぁ・・・」

サスケ「うちは一族の血継限界を舐めんな!!」

番外編バトル第六回戦

IRVS土方十四郎

IR「魔王の砲こうがあって助かったぜ!!」

土方「うるせぇ!!一応言っておくからな!!お前が勝ったのは特殊能力があったからだからな!!なかったら俺が絶対勝っていたからな!!」

IR「じゃあ特殊能力をもう少し身につけたらよかったんじゃねぇのか?」

番外編バトル第七回戦、春野サクラVS逆廻十六夜

サクラ「本当ごめん・・・あんな勝ち方しちゃって・・・」

十六夜「もう気にしていねぇって!!元気出せよ!!今度はちゃんと戦おうぜ!!約束だ!!」

サクラ「・・・うん!!もっと強くなるわ!!その時になったら勝負よ!!」
 
坂神「そして再び準決勝戦に戻ります!!」

第二十九回戦

坂田銀時VSうずまきナルト

ナルト「驚いたってばよ・・・銀さんの精神の強さには」

銀時「でもな、本当は尾獣表蓮華連弾を食らった時点でもう限界だったんだぜ俺の体」

ナルト「それでも動けてたじゃねぇかってばよ!!スゲェってば銀さん!!」

銀時「だけど忍術教えてくれたのはカカシだったからな・・・」

カカシ「俺の指導をこの男はすぐ吸収できてな・・・写輪眼持っていたんじゃないかまで考えるほどコピー能力がスゴかったぞ」

綱手「確かにな、あの剛剣まで使えるようになったもんな」

カカシ「ナルトもそれくらい学習能力を身につけなくちゃな」

ナルト「うるせぇってばよ!!」

第三十回戦

モンキーDルフィVS孫悟空

ルフィ「ギア4が勝負を決めたな!!ししし!!」

悟空「ギア4って強いんだな!!オラもスーパーサイヤ人4で対抗したんだけどなぁ・・・」

ルフィ「いや10倍かめはめ波は効いたぞ!!いいよなぁ、そんな光線を出せてよ!!」

悟空「なぁルフィ、どっかに悪魔の実ねぇか?オラルフィみたいな能力手に入れてぇ!!」

ルフィ「俺にもわかんねぇよ悪魔の実の場所は!!」

そして・・・決勝戦!!

第三十一回戦

坂田銀時VSモンキーDルフィ

ルフィ「もう体力が尽きても戦った死闘だったな!!」

銀時「カカシがくれた兵糧丸がなかったら俺の負けだったぜ」

ルフィ「俺も皆の応援がなかったら力尽きてたぞ!!」

坂神「それにしても激しい試合しましたね・・・スタジアムが壊滅したんですから」

銀時「あの特殊な剛剣は長い剛剣を形質変化をして作り出したんだぜ」

ルフィ「あの凄い火拳はサボが両手で火拳を出していたことから思いついたんだ!!強いだろ!!」

坂神「二人ともお疲れさまでした!!」




坂神「というわけですべての戦い振り返り終わりましたね!!それぞれいい戦いでしたよ!!」

アスタ「くっそぉ!!俺も出たかったぞぉ!!」

嘉神「少し羨ましいです・・・」

黒子「僕達にとっては見ることしかできませんからね・・・戦闘はしたことないんで」

ララ「私は出たかったよぉ!!私こう見えて意外と強いんだよ!!」

千棘「ならララ!!私の代わりに出て欲しかったよ!!」

ネウロ「我が輩の力を存分に見せたかったのだがな・・・!!」

ルフィ「まぁお前等ドンマイだな!!」

両崎「そして始まっている7泊8日の旅も楽しんで欲しいな!!」

めだか「・・・一ついいか?」

坂神「何ですか?」

めだか「いつになったらスマブラ大会の決勝戦書くんだ?」

坂神「・・・ですよね・・・エイジアさんには本当悪いと思っていますぅ・・(涙目)それは人狼大会を書いているときに番外編に執筆しようかなぁと考えています、何度もずれてしまい申し訳ございません!!」

銀時「まあしょうがねぇか、作者も高校生で勉強が忙しくなってきたんだからよ、でもそれなりにはいい小説を書いていって欲しいな!!」

猿悟巻「ああ!!この勢いで30000参照突破いくぞ!!」

銀時「そうなるといいな!!というわけで!!改めて言うぞ!!」

作者キャラ全員&主人公達「これからもこの小説をよろしくお願いします!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.785 )
日時: 2015/07/20 23:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では本編です!!どうぞ!!

今回は何も事故が起きずに・・・

坂神「着きました!!」

アイドルフェスティバル会場、へたどり着いた!!

銀時「また事故が起きなくてよかったな本当」

めだか「その通りだ、これ以上事故が起きていたら公共の人々に迷惑がかかるからな」

ルフィ「じゃあ早く行こうぜ!!」

サンジ「その通りだ!!どんな美女が歌を歌っているのかな〜♪(目がハート状態)」

坂本「おそらくおりょうちゃんじゃろうな!!」

妙「坂本さんって凄くバカね!!尊敬しちゃうわ!!」

ウソップ「それぜんぜん尊敬していないよな!?」

そして・・・会場内には・・・

たくさんの客がいた!!

日向「スンゲぇ多いな!!」

澤村「おそらく有名な歌手が多いからな・・・!!」

影山「アイドルってそこまで人気なのか・・・」

銀時「・・・あれ?新八は?」

銀時は妙に訪ねると・・・無言で指を指した、その先には・・・

新八「声をもう少し張り上げんかいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!もう一度いくぞぉぉぉぉぉ!!フレェ!!フレェ!!お!!つ!!う!!」

団員「ふ、フレェ!!フレェ!!お!!つ!!う!!」

銀時「・・・もうやってるのね」

新八はお通の応援の準備をしていた・・・

銀時「どうやってメンバー呼んだの?」

妙「お通の写真を適当な人々に見せて可愛いと考えた人を強引に服を着せて臨時応援メンバーにしたそうです」

銀時「適当かつ強引すぎねぇか?」

妙「大丈夫です、後で脳天に正拳ぶつけて記憶を失わせてやれないようにしますから☆(黒い笑み)」

銀時「うん、俺はそれやったら記憶どころか命を失うと思う」

ナルト「めちゃくちゃ空気が熱いってばよ!!」

サクラ「ムアムアしているわね・・・夏だから余計に」

ヒナタ「あ、熱いよぉ・・・(顔が赤い)」

雪女、氷麗「溶けちゃうよぉ・・・」

ナルト「ヒナタぁ!!上だけでも脱いだ方がいいんじゃねぇか?」

ヒナタ「ええっ!?・・・恥ずかしいよぉ・・・」

ナルト「そんな厚着を着ていたら熱中症になるってばよ!!倒れたら元も子もねぇってば!!」

ヒナタ(確かにそうだよね・・・恥ずかしいけどナルト君が心配してくれているんだし・・・)

バサァ・・・

ヒナタは上着だけ脱いだ・・・体のラインがくっきり見えていてヒナタが巨乳であることが目に見えるようにわかる

ヒナタ「・・・変じゃない?」

ナルト「別に変じゃねぇってばよ!!」

十六夜「へぇ・・・ヒナタって意外に巨乳なんだ」

茅野「ふふっ、私のライバルが一人増えたわね・・・」

ナルト(ヒナタの胸・・・凄く大きいってばよ、エロ仙人がそれを知っていたら喜んでいただろうな・・・)

その頃・・・舞台裏で話していたのは・・・









































春香「ねぇねぇ!!今日はいつもよりたくさん客がいるねプロデューサー!!」

美希「あふぅん・・・美希嬉しいの」

真「でも何で今日に限ってこんなにいるのかな?」

最初に歌う765プロメンバー!!

雪歩「こ、こんなに人がいたら・・・恥ずかしいですぅ!!穴にでも入っていますぅ!!」

ズザザザザザザザ!!

瞬時に穴を掘って瞬時に入っていく!!

千早「って落ち着きなよ雪歩!!」

ステージ前にて・・・

斉木(ふむ・・・このような人々まず歌うのか・・・ってなんだあの女の穴を掘る速さは、速すぎるだろ)

燃堂「お、相棒、何ステージをじろじろ見ているんだ?」

斉木「べ、別に見ていないが」

海藤「ふっ、貴様もしかして・・・このようなことに興味があるのか?」

斉木「全くないが?」

鳥束「先輩!!金貸してくださいッス!!」

斉木「は?坂神たちから支給された10000円のお小遣いがまだ残っているはずだろ?」

鳥束「そ、それが今回出るアイドルの写真集をすべて買い集めたため小遣いはもう0です!!」

斉木「お前に一言言わせてもらう、ば〜か」

鳥束「う、うるさいっす!!とにかく金貸してください!!」

斉木「やかましい、自業自得だろう、僕は知らん」

鳥束「・・・ケチな先輩っすねぇ」

ジャイアン「それにしてもあのステージで歌うのかぁ、俺様も歌いたくなるぜ!!」

ドラえもん勢「死者だす気なの?」

そして・・・数分後!!

坂神「間もなく始まります!!皆さん!!席にお着きください!!今から始まるアイドルシングソングダンス!!楽しんでください!!」

銀時「さぁて、どんな歌を聴けるのか、楽しみじゃねぇか!!」

千棘「わくわくしてきたわ!!」

キルコ「私もです!!」

サトシ「楽しみだぜ!!」

マヤ「どんな曲が流れるのかな?」

そしてその頃・・・ステージ裏にて!!

春香「もう始まるよ・・・皆!!私達が一番手だから!!見事に成功して後に続く人達を鼓舞するよ!!」

雪歩「ふえええぇ・・・まだ自信がないですぅ・・・」

響「雪歩!!なんくるないさー♪自信持ちなよ!!」

やよい「そうだよ!!雪歩も可愛いんだから自信持ってよ!!」

貴音「いよいよですわ・・・」

あずさ「精一杯頑張りましょう・・・うふふ」

春香「じゃあ・・・いくよっ!!」

次回!!ついに始まるアイドルフェスティバル、アイドルシングソングダンス!!どのような歌が流れるのか!!お楽のしみに!!

そして・・・観客達全員、さらに坂神たち四人も知らなかった・・・




























































後にあるグループによって史上最悪の事故が起きることを!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.786 )
日時: 2015/07/21 19:57
名前: エイジア

どうも!エイジアです。

十六夜「いよいよだな!」

ララ「何げにテンション高いですね。所でエイジアさんは?」

レイヴン「ああ、あまりにも音が大きすぎて、少し耳栓してるぞ」

十六夜「あいつ・・・大きい音は嫌いなのに歌はうまいのにな・・・・所でララは大丈夫か?」

ララ「私も少し音の力を押さえてるから」

十六夜「そうか」

レイヴン「(それにしても、何かと胸がざわつく・・・何故だ?)」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.787 )
日時: 2015/09/10 23:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

果たしてレイヴンの胸騒ぎの正体とは・・・

では本編です!!どうぞ!!

ステージが光った先にいたのは・・・

・・・765プロの総勢メンバー!!

マフジー「い、一条寺!!765プロが出てるぞ!!」

一条寺「何だよ?今人狼小説みて人狼に向けて勉強中・・・って本当だ!!スゲェ!!」

銀時「A○Bほどじゃねぇけどかなり人数多いな・・・それに全員可愛いじゃねぇか!!」

新八「いや、全員お通ちゃんよりブスです!!」

マフジー「おいダメガネ、後で話し合い(物理)な?」

春香「皆さん!!こんにちはー!!わざわざ歌を聴きに来てくれてありがとう!!私達は!!」

全員「アイドルプロダクション765プロです!!」

全員「オオーッ!!」

球磨川『バラバラなんだね』

阿久根「何がだよ?」

球磨川『それぞれのパストサイズがだよ、ほらあのシンプルな服装の娘はペッタンコのようだけど一方であの大人っぽい人は巨乳d』

めだか「貴様はどうやら挽き肉にされたいようだな?ああ?(怒)」

春香「ではまず自己紹介です!!私は天海春香です!!よろしくお願いしまーす!!」

銀時「どうやらアイツがリーダー格か・・・明るくてドジっこって感じがにじみ出ているじゃねぇか」

真「僕は菊池真です、よろしくお願いします!!」

シャルロット「シャルー!!あの真って僕と同じ僕っ娘だよー!!」

シャル「そうだね、だけど向こうは・・・見た目も男っぽいね」

やよい「うっうー!!私は高槻やよいだよー!!よろしくー!!」

全員「何だあのうっうー!!って!?」

千早「私は如月千早です、よろしくお願いします」

本城「・・・何だろう、何かあの人とは同じようなものを感じる・・・」

エイジア、十六夜「?」

律子「私は秋月律子、よろしく!!」

あずさ「皆こんにちは、私は三浦あずさ、よろしくね♪(ニコッ☆)」

猿悟巻「あの大人っぽい笑顔がたまらんぜ!!」

近藤「・・・何でだろうな、何故かあの声って俺も出したことあるきがするな・・・」

あずさ→中の人→ゴリ子

伊織「私は水瀬伊織!!皆!!よろしく!!にひひっ!!」

銀時「神楽、お前何で影分身出来てるんだよ!?」

神楽「何言っているアルか?」

伊織→中の人→神楽

雪歩「わ、私は荻原雪歩ですぅ・・・よ、よろしくお願いします!!」

みくる「あの人私と坂神さんと同じにおいがしますぅ・・・」

坂神「その通りですねみくるさん・・・」

亜美「私は双海亜美!!」

真美「私は双海真美!!」

二人「私達は双子姉妹です!!」

ナルト「・・・どっちがどっちだってばよ?」

?「皆!!今日はよろしくなの!!」

春香「美希!!美希!!自己紹介忘れてるよ!!」

美希「あ、ごめんなの、私は星井美希なの!!」

響「皆ー!!こんにちはーさー!!うちなー我那覇響!!今日はよろしくさー!!」

猿悟巻「って可愛いすぎるぜ響ちゃん!!卑怯だぞ褐色の肌に沖縄弁って!!もう可愛さに俺倒れそうだぜ!!(by坂神、実は私の一番のお気に入りは響です!!)」

両崎「落ち着け猿悟巻!!」

貴音「私は四条貴音、よろしくですわ!!」

春香「以上が私達の総メンバーだよ!!では・・・自己紹介も終わったし・・・そろそろ歌おうと思います!!皆は一端下がってて!!」

春香残して一旦皆下がった・・・

春香「では・・・聞いてください!!乙女よ、大志を抱け!!どうぞ!!」

めだか「少年よ、大志を抱け!!をもじったものだな!!」

音楽が鳴り出して・・・曲を歌い出す!!

































「乙女よ大志を抱け」

春香「〜♪」

ジャン!!

音楽がなり終わった後・・・!!

・・・パチパチパチパチパチパチパチ!!

銀時「スゲェうまいじゃねぇかぁ!!」

マフジー「流石春香!!」

一条寺「うまいなぁやっぱり!!」

エイジア「うまいわね・・・!!」

ジョナサン「こんなにいい歌聴いたことがない!!」

ルフィ「いい歌じゃねぇか!!」

ブルック「ヨホホホホホ!!いい耳の保養になりますねぇ!!あ、私、もう耳ないんですけど!!」

しばらく拍手があった後・・・

春香「拍手ありがとうございます!!ですがまだまだ続きますよ!!次は美希!!響!!貴音さん!!雪歩!!任せたよ!!」

次回!!ステージに咲き乱れるアイマスの数々の歌!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.788 )
日時: 2015/09/10 23:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では本編です!!どうぞ!!

その後も・・・

美希「分かったの!!じゃあ・・・響、美希、貴音、雪歩「オーバーマスター」、聞いて欲しいの!!どうぞ!!」

曲が流れ出して・・・

美希、雪歩、貴音、響「〜♪」

パチパチパチパチ・・・!!

響「次は・・・春香ぁ!!伊織ぃ!!出てきてよー!!」

伊織「分かったわ!!じゃあ!!春香、伊織「わたしはアイドル」聞きなさい!!」

伊織、春香「〜♪」

パチパチパチパチ・・・!!

二曲流れた・・・

銀時「スゲェなアイマスって・・・」

ナルト「アイドルってスゲーんだな、あんなに歌がうまい人生まれて初めて見たってばよ」

サクラ「確かにねぇ、私ももう少し歌うまく歌えるようになりたいわ」

ルフィ「ブルック、お前どうやったらアイツ等みたいに歌うたえるようになるのかアイツ等に聞いてみたらどうだ?」

ブルック「そうします、後3サイズやパンツの色も聞いてきます」

ウソップ「やめろ、お前は猥褻犯になるつもりか?」

春香「では・・・いよいよ最後の一曲です!!」

一護「ってもう終わりかよ!?」

夜一「しかたないじゃろう、時間が時間だしな、東京観光に時間を割きすぎてしまったと作者も後悔していた、それに歌の歌詞を乗せると結構小説の文字を使うのだ、だから後三組もアイドルが待っているからこれ以上一組が大量に文字を使うとスレッドが少なくなり、これからもこの小説はものすごく長くなるために足りなくなってしまう可能性がある、だから仕方ないのだ」

織姫「ってメタァァァァァァァァァ!!作者の裏事情暴露しすぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!何言ってんですか夜一さんんんんんんん!!」

夜一「悪いのか?」

織姫「悪いです!!」

春香「じゃあ・・・皆!!出てきて!!」

アイマスメンバー全員が出てきた!!

アイマスメンバー「聞いてください!!The world is all one!!」
































アイマスメンバー「〜♪」

ジャン!!

しばらく沈黙が続いた後・・・

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ・・・・・・!!

全員「スゲェェェェェェェ!!」

浜千鳥「感動ッス!!」

幽助「いい歌聴けたぜ!!」

サトシ「最高だな!!こんなに歌うまくなってみてぇなぁ!!なあセレナ!!」

セレナ「う、うん!!」

黒子「素晴らしいです!!」

火神「そうだな・・・!!」

竜「いい歌聴かせてもらったぜ!!」

春香「さて・・・ではこれで私達のプログラムはおしまいです!!最後までご静聴ありがとうございました!!」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!

アイマスメンバーはステージから去っていった・・・

ステージ裏にて・・・

春香「ふぅ〜、疲れたぁ!!」

雪歩「き、緊張しましたぁ!!」

響「皆喜んでくれてよかったんさー!!」

あずさ「でも疲れたわね・・・かき氷でも食べたいわ」

やよい「私も食べたいー!!」

春香「じゃあ・・・次お願いね!!」






































































春香「Soleilの三人達!!」

いちご「はい!!さぁて!!蘭!!あおい!!頑張るよっ!!」

蘭「全力でやるぞ!!たくさんの客が見てくれているんだからな!!」

あおい「もちろん!!」

次回!!アイカツ!!から登場Soleil!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.789 )
日時: 2015/07/24 07:50
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

お待たせしました、新メイドウィン勢の紹介です。

リオン(リオンさん、迷惑です。)
160万歳の悪魔を自称する少女。
だが本当に悪魔、普段は右手に※魔封布という物を巻いて魔力を封印している。
悪魔の姿は20歳ぐらいの大人びた姿になるが、性格が子供そのものなので色気とかはない。
見た目は銀色の髪でポニーテールにしている、悪魔形態は髪型はロングになる。

リオン「我が魂、私に捧げよ!」
後出来れば言葉は全部ひらがなのみが嬉しいです、子供っぽさを出したくて。
悪魔形態の場合は結構ですが………

え?技?魔力でなんか壊せる。

ハイネ・ヴェステンフルス(機動戦士ガンダムSEEDdestiny)
ザフトのエースパイロット。
オレンジ色が好き。
性格は軍人故に硬いイメージをされるかもしれないが、意外と気さくな性格をしている。
搭乗モビルスーツはハイネ専用グフ(オレンジ色)
見た目はザフトのエリート服である赤い軍服を着て、前髪を多少分けている。

「割りきれよ……確かに俺達は戦う身だが、今は遊ぶ時間なんだ………じゃないと、死ぬぞ?過労で。」

香椎とこころはまた後で。

というか香椎をマーくんにすれば良かったと今後悔している………orz

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.790 )
日時: 2015/07/24 07:58
名前: IR

はいさーい!
沖縄県民のIRだぜ!ひさしぶり!
最近は小説を更新せずに悠々としたハイスクールライフを楽しんでいたが...まさかここまで進んでるなんてな、おどろきさー
というわけでこれからも影ながら応援するぜ!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.791 )
日時: 2015/07/24 18:16
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「すごくうまいね!」

ララ「はい!とても楽しいです!」

十六夜「んで、次は誰だ?」

レイヴン「次はColeilだな」

ララ「どうしてわかるんですか?」

レイヴン「いや、パンフレットが落ちてたから」

エイジア「落ちてた?」

レイヴン「誰のか知らんが、とりあえず持っている」

十六夜「大丈夫なのか?それ」

レイヴン「誰か来たら返すつもりだ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー ( No.792 )
日時: 2015/09/10 23:22
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神さー!!コメント感謝さー!!

リーン・メイドウィン・緑風さん

キャラ紹介ありがとうございます!!ですが・・・出来るなら最初にキャラ募集で書いた書き方で書いてくださいませんでしょうか?

IRさん

お久しぶりです!!って沖縄県民だったんですか!?驚きましたよ!!小説更新は自分のペースでやっていってくださいね!!

エイジアさん

アイマスは凄いんですよっ!!Soleilもお楽しみに!!

では本編さー!!どうぞさー!!

猿悟巻「・・・作者、さーを語尾につけただけで沖縄弁になると思ったら大間違いだぜ?」

銀時「猿悟巻誰に話してるんだ?それより・・・あー良かったわアイマス、CD買おうかな〜」

坂神「大丈夫ですよ銀さん!!ちゃんとバス一台ずつにこれから出るアイドル達やアイマス勢も含めてすべてCDありますから!!」

銀時「ふぅ〜ん、気が利いてるじゃねぇか、でもよ、金の問題は平気なのか?」

坂神「中川財閥はスゴいんですよ!!一秒に1億稼げるんですから!!だから安心してください!!・・・あ、そろそろ次のアイドルが来ますよ!!」

悟空「次はどんなアイドルが来るんかなぁ〜」

両津「わしも気になるな!!」

藤崎(ああ〜もういやだ〜、何でお通ファンの服を着せられてほかのアイドルを応援しちゃいけないんだよ〜)

藤崎「めんどくs」

グワシィ!!

藤崎「!?」

新八「・・・テンメェェェェェェェェ!!おまえはタカチンと声がにているからお通ちゃんファン副団長代理のくせに何めんどくさいなど言っているんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

キリキリキリキリキリ・・・(ボッスンの鼻の穴に指をつっこませている)

藤崎「い、いたたたたたたたたたたたたたたぁ!!いたいぃぃぃぃぃぃぃ!!(涙目)」

新八「鼻フックデストロイヤー!!」

グイッ!!ドカァァァ!!

藤崎「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

バタッ

チーン

スケットダン「ボッスンンンンンンンンンンンンン!!」

そして・・・次にやってきたのは!!



























































いちご「こんにちはー!!私達は!!」

Soleil達「Soleilです!!」

全員「オオーッ!!」

Soleilの三人だ!!

ナルト「今回は少数のメンバーだってばよ」

綱手「妙に寂しいな・・・」

ルフィ「別にいいじゃねぇか!!歌が良ければ!!」

レジーナ「・・・どういうことなのぉ!!」

メイドウィン「レジーナ、なんでお前怒ってんだ?」

レジーナ「・・・だって!!」






































レジーナ「あのチームのリーダーって私にそっくりなんだもん!!」

松山「・・・うん、そうだな」

ハル「よく見ると似すぎていない?驚き桃の木だよ!!」

レジ宮いちごという名が某サイトである・・・

ネウロ「服がいいな・・・」

桂子「そうね、三人とも凄くいい服着てるじゃない!!羨ましいわ〜」

カルマ「渚着たら似合いそう〜」

渚「ってカルマ!!そういうこと言わないでよ!!(赤面)」

いちご「じゃあメンバー紹介!!私は星宮いちご!!よろしくね!!フヒヒッヒ♪」

影山「おい・・・この声って」

日向「仁花の声だ!!」

仁花「翔陽君何言って・・・って本当だ!!」

いちご→中の人→谷地仁花

あおい「私は霧矢あおい、よろしく!!」

めだか「クールビューティー!!私と同じタイプだな!!」

紫吹「私は紫吹蘭だ!!よろしくな!!」

蘭「名前がかぶっている・・・」

本城「名前ってどうしてこんなにかぶるのかですか・・・」

ララ「そうだねー♪」

リン「トリコー♪私なんかまるまる名前かぶってる子がいるしー!!」

いちご「じゃあ・・・いっくよー!!私達のソロの曲を三曲聴いてください!!まず私から!!二人は下がってて!!

二人は舞台裏に戻った!!

いちご「では!!「アイドル活動」!!どうぞ!!」





































いちご「〜♪」

ジャン!!

パチパチパチパチパチパチパチ!!

銀時「コイツは歌もうまいけどダンスがスゲェ!!」

ジャガー「確かにそうですね・・・」

松山「見た目を重視しているアイドル達か・・・」

いちご「まだまだ続くよ!!あおい!!蘭!!二人のソロ曲をどうぞ!!」

次回!!ステージに咲き誇る優雅な舞!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.793 )
日時: 2015/07/25 23:01
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「この人たちもすごいです!」

レイヴン「ああ、マリも見たかっただろうな」

十六夜「所でエイジアは?」

レイヴン「テンションが高すぎて疲れている」

ララ「確かにちょっと暑いですからね」

十六夜「次もいい曲だといいな」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。