二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.935 )
日時: 2015/09/22 00:03
名前: 雄介

雄介です! 初めまして
坂神さんの正体は?
気になりますね!

それじゃ失礼します
これしかなくてすみません!

僕の執筆あと7時間です
是非参加どうですか?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.936 )
日時: 2015/09/22 08:27
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも!晴哉です! 坂神さんの能力、立ち位置などが段々と明らかになっていよいよと謎が深まってきてますね…… 3日目は長野ですか!コレからのシーズンはどんどん冷え込むので注意が必要ですね! って鬼鮫が出てきた!?死体が無いのに一体…?

晴哉「……考えられるとすればアレか?」(能力発動中)
MZD「いや、だから何!?」

ジョースター一族の末裔とは、坂神さんもまた壮大な設定を付けましたな……

晴哉(…まぁ、俺も人の事は言えないのかもな。)





坂神さん… 坂神ちゃん…… 坂神tハッ!?す、すみません!!度が過ぎたことをしてました!  今後も執筆頑張って下さい!それでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.937 )
日時: 2015/09/22 17:16
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「ついに来たね・・・」

レイヴン「そうだな。銀時たちが無事で良かったな」

エイジア「そうだね。今うちにレイヴンの紹介でもしようか」

レイヴン「今更だな」

エイジア「じゃあ以下がレイヴンの紹介ね」

名前レイヴン、人限界では黒羽ゆうと
性別男性
年齢不明(見た目は25歳
見た目 姿は白い髪のショートと赤い目とララとほぼとそっくり
性格普段は冷静であまり感情は表さない。転生してからはララたちを見守るようにした。ある程度の先読みができる頭脳派。
能力
スキル『奪う』
力を奪うだけではなく、能力のコピー等が可能。
スキル『輪廻』
極限の力を発揮する。ただし、体力が無くなった時に発動する
武器『魔殺しの鎌』
魔法の効果を無効にする。また、悪魔や魔王に強い。

エイジア「・・・とこんな感じでいいかな・・・?」

レイヴン「なんで、自信なげに言うんだよ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.938 )
日時: 2015/09/23 23:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

雄介さん

初めまして!!どうぞ私の小説を楽しんでいってください!!・・・それは徐々に分かっていくのでお楽しみに!!

晴哉さん

衝撃の事実が発覚しました!!坂神は黄金の精神を受け継いでいました!!果たしてこの先どうなるのか!?

エイジアさん

紹介ありがとうございました!!後にキャラ表に載せます!!

では本編です!!どうぞ!!

キキーッ!!

坂神「はい着きました!!ここが目的地の水族館です!!」

全員「おおーっ!!」

皆は・・・水族館にたどり着いた!!

銀時「色々な魚がいるらしいな・・・」

坂神「ではIRさん!!再びお願いします!!」

IR「分かったぞ!!というわけで!!順路通りにいくぜっ!!坂神さんチケットは買ってあるの?」

坂神「はい!!皆さんにお配りいたします!!」

両崎「一人一枚ずつだぞ」

坂神達四人は皆にチケットを配った・・・

坂神「では中に入りましょう!!」

皆は中に入った!!

坂神「まずは昼食です!!ランチバイキングなので食べ放題ですよ!!」

食いしん坊組「ひゃっはー!!」

皆はまずレストランに入った・・・

銀時「なんだこの紅天ぷらって!!マジ旨そう!!」

笹川「中に紅芋が入ってる!!」

斉木「僕に早く食わせろ」

ルフィ「ラフテースゲェ旨そうじゃねぇか!!肉汁溢れてる!!」

トリコ「俺もそれ食うぞ!!」

めだか「健康にいいもずく酢もあるな!!」

ナルト「スゲェ苦そうだってばよゴーヤチャンプルー・・・」

サクラ「ゴーヤは健康にいいのよ!!しっかり食べなさい!!あ、ニンジンしりしりもある!!」

ころせんせー「サンダーアンダーキーもありますね〜」

茅野「何なのそれは?」

ころせんせー「沖縄風ドーナッツですよ」

渚「美味しそう・・・僕も食べますね」

神楽「全てくらい尽くしてやるアル!!」

パクパクパクパクパク・・・

トリコ「俺も負けねぇぞ!!」

パクパクパクパクパク・・・

・・・が・・・その二人を超える食いしん坊がいた・・・









































ヒナタ「美味しいねナルト君!!」

ぱくぱくぱくぱくぱくもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃばくばくばくばくばく

全員「」

・・・ヒナタももの凄い食いしん坊である・・・その割にはかなり痩せているが

本城「・・・ヒナタさん凄いです・・・」

ナルト「・・・流石ヒナタだってばよ・・・」

当麻「ヒナタって大食いだったのかよ!!」

銀時「ラーペ、ヒナタとお前似ているタイプかな・・・って思ってたんだど・・・食事にかけては全然違かったな」

本城「はい・・・」

しんのすけ「ん〜♪ジューシーはやっぱりジューシ〜」

ネネ「寒いわよそのギャグ!!」

風間「しかもジューシーじゃないでしょこれ!!いやジューシーだけども!!」

マサオ「何言ってんの風間君!?」

小松「このパスタ美味しいですね!!それにベーコンとキャベツってあいますね!!」

創真「確かにそうだな!!」

そして・・・一人・・・泣きながら食事をしていた人がいた・・・

















































磯兵衛「う、うまいで候・・・一週間ぶりのちゃんとした食事・・・!!(号泣しながら)」

・・・今まで沖縄をさまよい続けた磯兵衛だた・・・

ナルト「そういえばお前どうやって生き残ってきたんだってばよ?」

磯兵衛「乞食になって水や食料とかをもらって生きてきたので候、時々死んじゃうんじゃないかと本気で考えた・・・(涙目)」

サスケ「・・・自業自得だろ」

こうして皆は食事を楽しんだ後・・・それぞれのエリアを回っていくことにした・・・

IR「まずは・・・サンゴの海に行くぞっ!!」

3Fに降りて、サンゴの海に来た・・・

木吉「うおっ!!スゲェなサンゴがこんなに!!」

縁下「綺麗だね結構」

月島「でもサンゴってどんどん消えてきているって聞いたな・・・」

シカマル「海汚染の影響でな・・・サンゴは海の中に酸素を作ることが出来る大事なものだ、消えていくのは防いでいきたいな」

IR「ここにあるサンゴは全て天然物だ!!」

神楽「何か鯛がいっぱいいるアル!!食っていいアルか?」

新八「いいわけねぇだろぉぉぉぉぉぉ!!」

IR「あれはフエダイというものらしいな、色が鮮やかだろ!!」

次にあったのは・・・

タッチプールだった!!

IR「ここではヒトデやナマコをタッチできるんだ!!やってみな!!」

悟天「ヒトデザラザラしてるー!!」

藤崎「触ると縮むんだな!!」

笛吹「そんなことも知らなかったのかボッスンは」

椿「確かに」

藤崎「うるさいよ!!」

九兵衛「ナマコはヌメヌメしているな」

妙「ちょっと気持ち悪いわ・・・」

その次は水辺の生き物たち!!

ひろし「鮎がたくさんいるな〜塩付けて焼くと旨いよな!!」

ゴン「そうだよね!!俺もよく分かるよ!!」

IR「あれはリュウキュウアユ、琉球だけでとれるアユだ!!一時絶滅危惧種だったんdだぞ!!」

ルフィ「ウナギもあるな!!」

サンジ「ウナギはかば焼きしてご飯に乗せて食うと旨いがそれ以外にも色々食い方はあるぜ!!例えば身をほぐしてタレに漬けた後パンに混ぜて焼くとかな!!」

ルフィ「今度作ってくれ!!」

IR「あれはオオウナギというんだ」

歩美「オオウナギ?ふつうのウナギと大きさ変わらないよ?」

コナン(違うぜ歩美・・・大きいからオオウナギと言われているんじゃなくて品種の名前なんだよ)

斉木「ヤドカリもたくさんいるな」

照橋「見て!!水槽の水が澄んでるわ!!」

海藤「海ってやっぱり綺麗だよな〜」

斉木「その言葉なぜさっきの海水浴の時に言わなかった?」

IR「おーし、二階に降りるぞー」

二階に降りて・・・たどり着いたのは危険サメの海!!

ハルヒ「見てキョン!!もの凄いデカい鮫の標本があるわよ!!」

キョン「でかっ!!」

みくる「ちょっと怖いですぅ・・・」

IR「あれはメガロドンと呼ばれていてな、世界最大級なんだぜ!!」

一護「スゲェな・・・」

夜一「水中にいる鮫はホホシロサメか・・・凶暴そうだな」

石田「いや、知っていますか夜一さん?実は鮫の中で凶暴で何もしなくても襲ってくる鮫は少数なのです」

キルア「よく知っているなそのようなこと」

織姫「じゃあ何で凶暴な鮫がいるのかな?」

両津「鮫に聞いてみないと分かんないんじゃないか?」

中川「それは無茶ですよ先輩」

両津「わしならやれるぞ!!」

纏「そもそも鮫の言葉を理解できないだろ!!」

IR「・・・さて・・・いよいよメインだ!!黒潮の海に行くぞ!!」

黒潮の海についた!!そこには!!



































































全員「でっけー!!」

巨大ジンベエザメが!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.939 )
日時: 2015/09/23 23:15
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ルフィ「本当にでけぇなぁ!!」

悟空「乗ってみてぇなぁ!!」

銀時「こんなにデカい鮫初めて見たぜ・・」

めだか「凄いな・・・」

IR「このジンベエザメのために来る人が多いからな!!流石の迫力だろ!!」

ケンシロウ「初めて鮫というものを見るな・・・」

トキ「というより海事態初めての経験だからな」

バット「更にこんなに平和に過ごせていること事態初めてだよな」

リン「うん、こんな生活想像できないよ・・・」

剣心「拙者もそれは同じでござる」

薫「そうよ!!未来って凄いのね本当・・・」

黒子「このマンタもデカいですね」

竜「俺の背の高さぐらいあるな!!」

IR「それはナンヨウマンタ、大きさはマンタの中でも群を抜いているんだぞ!!」

サトシ「そうか?俺はマンタインの方が大きいと思うけどな〜」

セレナ「マンタインって?」

サトシ「ホウエン地方にいるポケモンだ、こいつの3、4倍大きいかな!!」

ヤマト「この大きいイルカは何だ?」

IR「それはマダライルカだ」

ナルト勢「マダラ!?」

IR「そこだけに反応するな!!」

そして一行は1階に向かった・・・

着いたのは深海への旅!!

IR「ここは深海の海を忠実に再現している場所で深海の動物が多いんだぞ!!」

アラレ「でっかいイカがいるー!!」

IR「ダイオウイカだ、大きいだろ!!」

サンジ「何かデカい海産物が多いな、料理の時には助かるな」

シトロン「いやこれ全部食用じゃないですよ
!!」

ウソップ「そういう以前に・・・大きいからって良いわけじゃないだろ、大事なのは中身だろ!!」

ナミ(バカデカくみせて実はふつうのハンマーを使っているという威嚇方法を使っているアンタが言えることじゃないでしょ!!)

ブルック「ラブーンに似ている生物もいますね」

IR「あれはマッコウクジラだよ、基本深海にいるんだ」

ルフィ「おーい!!ラブーン!!」

ナミ「ラブーンじゃないって言ってるでしょ!!」

IR「最後に行くか?海のプラネタリウムにな!!」

皆は・・・最後に海のプラネタリウムに行き始めた!!

IR「着いたぜ!!」

ナミ「きゃあー!!凄く綺麗ー!!(目がハート状態)」

月詠「本当じゃな、まさしく海のプラネタリウムじゃ」

ジョナサン「魚やサンゴが光輝いているんだっ!!」

銀時「素晴らしい景色だな!!」

妙「写真撮りまくっちゃいますよ!!」

ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ!!

リン(トリコの)「あたしも撮るしー!!」

ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ!!

エイジア「私も撮るよ!!」

ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ!!

皆写真を撮りまくっていった・・・

坂神「皆さーん!!これで水族館を回れましたね!!最後にお土産を買いましょう!!」

皆は最後にお土産を買いに向かう!!

子音「竜さんは何買うの?」

竜「面白いもの買おうかな〜って思ってんだけどよ・・・どっかにないかな〜」

シトロン「良いシャーペン見つけました!!」

サトシ「上のイルカを押すと芯が出るのか!!お洒落だな!!」

静香「かわいい下敷きがある!!」

妙「魚が写っているビスケットもあるわ」

のび太「こういう限定の物をつい買いたくなっちゃうよね!!」

沖田「近藤さん、ちんすこうってお菓子がありましたぜい」

近藤「ち○こすう?」

土方「辞めろ近藤さん!!もうそのネタやっただろ!!」

剣心「こういうお土産屋って初めて見るでござるよ」

薫「何もかも斬新だわ・・・」

神楽「銀ちゃん銀ちゃん!!可愛いウミガメの人形アルー!!買ってヨ!!」

銀時「自分で買えよ」

神楽「無理であります!!私のマネーはカフェで使い果たしてあります!!」

いつの間にか神楽は2階のカフェに行ってお金を使い果たしていた

銀時「馬鹿じゃないの?本当馬鹿じゃないの?」

神楽「いいじゃねぇか!!今まで給料ほとんど払われたことなかったんだからヨ!!少しくらいほしいアル!!」

銀時「・・・分かった分かった、10000円だけだぞ」

神楽「きゃっほーい!!」

5分後・・・

神楽「買ってきたアル!!」

銀時「デカすぎだろ!!」

神楽が買ったのは・・・何とmサイズ!!

銀時「何処におくんだよ!!」

神楽「考えていないアル!!」

銀時「考えていないじゃねぇだろぉ!!どうすんだよ!!」

神楽「銀ちゃん預かってろヨ!!」

銀時「誰が預かるかぁぁぁぁぁぁ!!」

だだだだだだっ!!

銀時「やっと逃げれた・・・」

銀時は二階のカフェに逃げ込んだ・・・

茅野「あ、銀さんだ!!」

斉木「やっと揃ったな」

ころせんせー「ヌルフフフフフ、メンバーは揃いましたね・・・」

笹川「おーい銀さんっ!!」

甘党達が近くにあるカフェに集まっていた・・・

銀時「何だ・・・甘党が集まっていて何するんだよ?」

甘党達「シークワァーサーサイダー飲もうよ!!」

銀時「OK!!」

チューチューチュー

銀時「甘酸っぺぇ〜」

ころせんせー「沖縄ならでの果実を生かした飲み物ですねぇ」

斉木「これは旨いな」

茅野「凄く美味しい!!」

笹川「異議ないよー!!」

銀時「ほかにねぇのか甘いの?」

斉木「紅芋アイスクリームなんかあったぞ」

銀時「マジでか!!食うぞ俺も!!」

甘党達は数々の甘い物を食べて楽しんだ・・・



神楽「楽しかったアル!!」

妙「そうね!!後で色々な写真見せてあげるから楽しみにしていてね!!」

悟天「兄ちゃん!!後で兄ちゃんが勉強の時に魚の下敷き貸してあげるー!!」

悟飯「ありがとう悟天」

皆それぞれ水族館を満喫して・・・バスに乗
っていった・・・

坂神「・・・では!!ここで少々メンバーを変更するために一部のメンバーはここから那覇空港へ向かってください!!」

その一部のメンバーは・・・

カイム

クロエ

ライゴ

マリオ

妹紅

マーキーFジョーイ

メイドウィン「じゃあなお前等!!」

マリオ「残りの日程楽しんでこいよ!!」

ライゴ「仕方ないのか・・・もう少しいたかったな・・・」

カイム「ではまた今度!!」

クロエ「バイバーイ」

マフジー「俺はユーフ連れて戻ってくるから!!人狼勝ってろよ一条寺!!」

一条寺「もち!!」

一行は那覇空港に行って深夜成田空港に向かって行きそこから東京駅に向かって元の世界に戻るホールに入ってあの金色列車に乗ってそれぞれの世界に戻っていく予定だ列車に乗るまで着いていくのは両崎だ

ブッブー!!

戻っていくメンバーを乗せたバスは那覇空港に向かって出発した・・・

坂神「では!!これで・・・ホテルに向かいますよっ!!」

全員「オー!!」

ブッブー!!

残った10台のバスは・・・今日泊まるホテルに向かった!!

・・・次回!!遂に宿泊!!

































??「準備は出来ているか・・・?」

??「・・・我の力を使えばたやすいことだ」

??「・・・そうか・・・くっくっくっ、人間は所詮自然には勝てない・・・自然で全て壊してやれ!!ハハハハハハハハハ!!」

・・・そして・・・闇もまた動き出す!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。