二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.720 )
日時: 2015/06/02 13:27
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

はい!!弟子は・・・もう分かりましたよね?

では本編です!!どうぞ!!

サスケ「ありえない・・・あいつの精神力が・・・!!あの技を受けてなお立ち上がるとは・・・!!」

サクラ「なんてすごい体力なの・・・!!」

ヒナタ「凄いです・・・!!」

新八「凄いです銀さん・・・!!」

神楽「銀ちゃん・・・何であそこまで勝とうとするアルか・・・!!もう体力も限界のはずなのに・・・!!」

カカシ「あの人は言ってたよ、負けられない理由があるんだとよ・・・かなり重要な理由が」

そして!!

銀時「おおおおおおおおおおお!!」

ダダダダダッ!!

銀時!!最後の突撃!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥン!!

サッ!!

銀時はよけながら!!

シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュッ!!

大量のクナイをなげる!!

ナルト「当たるかよ!!」

ザクザクザクザクザクザクッ!!

九喇嘛の衣で全てのクナイを防ぐ!!

・・・だが!!

ナルト(何かついてる・・・起爆札!?)

ドカァァァァァァン!!

起爆札が爆発!!

ナルト(油断してたってばよ・・・来た!!)

目の前に風魔手裏剣がせまる!!

キュィィィィィィィン!!

ナルト「螺旋手裏剣!!」

ザクザクザクザクザクザクザクゥ!!

螺旋手裏剣でぶっ壊す!!

そして・・・螺旋手裏剣で風魔手裏剣を壊し終わった後!!

ナルト「しまった!!」

銀時が目前に!!

ナルト「あぶねぇ!!」

サッ!!

後ろに瞬身の術で回避!!

ナルト「九喇嘛!!銀さんを尾で捕まえてくれ!!」

九喇嘛「そうだな!!」

シュルシュルシュルシュルシュルシュルシュルッ!!

九本の尾が銀時を捕まえにかかる!!

だが!!

サッ!!

ジャンプした後!!

スタッ!!

銀時は恐ろしいバランス感覚でその尾に乗る!!

ナルト「なっ!?」

銀時「うおおおおおおおおおおっ!!」

銀時はその尾の上で走り出す!!

ナルト「不味い!!尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

尾獣玉を放つ!!

スタッ!!

銀時は別の尾に乗り移る!!

ナルト「単体がだめなら連射だ!!連続尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

次々と尾獣玉を放つ!!

銀時「俺の運動神経を甘く見るな!!」

スタッ!!スタッ!!スタッ!!スタッ!!スタッ!!

次々と尾を乗り移りながら回避していく!!

千棘「普通の人は出来るわけないことをあの人はしてる・・!!」

ナルト「なら広範囲でどうだっ!!」

キュィィィィィィィン!!

ナルト「螺旋手裏剣!!」

銀時はジャンプしてかわす!!

・・・だが!!

ボォン!!

銀時「!?」

ナルト「かかったな!!」

ナルトが投げたのは螺旋手裏剣に変化した影分身だった!!

ナルト「これで・・・どうだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!風遁!!尾獣螺旋手裏剣!!」

キュィィィィィィィィン!!

尾獣玉を核にした螺旋手裏剣を銀時に投げつける!!

ナルト(空を飛べるとしても今の銀さんのチャクラじゃ空を飛んで回避することは出来ねぇだろ!!)

銀時(・・・まいったな、チャクラが足りねぇな・・・なら!!)

・・・その時!!驚愕の方法を使った!!

シュ!!

ナルト「え!?」

銀時はナルトに・・・太い忍糸付きクナイを投げた!!そして忍糸は・・・ナルトの腕に見事に巻き付いた!!

銀時(テメェも巻き添えだ!!)

グイッ!!

ナルトを引き寄せる!!

ナルト(不味いってばよ!!俺もダメージ受けるってば!!・・・瞬身の術!!)

シュン!!

ナルトは巻き添えを慌てて回避・・・!!だが!!

銀時「ありがとよっ!!」

銀時も引っ張られて尾獣螺旋手裏剣の回避に成功していた!!

銀時「これでも・・・くらい
やがれェェェェェェェェ!!」

銀時は木刀と刀の二刀流で・・・ナルトに襲いかかる!!

ナルト「くそっ!!」

ブゥン!!

ガキィン!!

まず銀時の木刀での攻撃をナルトは菊一文字でガード!!

ブゥン!!

ナルト(もう一つか・・・!!これでどうだ!!)

片手に自然チャクラをためて・・・!!

ナルト(蛙たたき!!)

パリィン!!

もう一つの刀を叩き割った!!

これで大丈夫とナルトが考えた瞬間・・!!銀時は・・・もう一つの刀を取り出した・・・それは・・・!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.721 )
日時: 2015/06/02 00:09
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

時は遡り準決勝前・・・!!

剣心「・・・銀時殿」

銀時「何だよ剣心?」

銀時が準決勝戦の準備をしている途中・・・剣心が訪ねてきていた・・・

剣心「準決勝は頑張れそうでござるか?」

銀時「まあな、修行もしたんだし、精一杯やってやるよ」

剣心「・・・やはり銀時殿は強いでござるよ・・・今でも主のかつての強さは変わっていないでござる、前に戦ったときに思ったでござるよ」

銀時「何言ってやがる、ほとんど相打ちだったじゃねぇか、お前も十分強いよ」

剣心「いや、拙者はそれほど体力がないでござる、主は拙者の天翔龍閃をくらっても起きることが出来た・・・主の体力と精神力、それはナルトやルフィにも勝っている、拙者はそう思っているでござるよ」

銀時「ありがとな」

剣心「・・・そして・・・主はナルトにも勝てると・・・信じているでござるよ」

銀時「そ、そうかよ?」

剣心「だから・・・」

ブンッ

ガシッ

剣心は・・・ある刀を銀時に投げて渡した

剣心「その刀を託すでござるよ」

銀時「い、いいのかよ?」

剣心「ああ、いざというときに使ってほしいでござる、だから・・・絶対勝つでござるよ!!」

銀時「・・・分かった、使わせてもらうぜ・・・これがあるなら、絶対負けねぇ!!」

剣心「では失礼するでござる」

剣心は去っていった・・・

剣心(銀時殿・・・見せてやれでござるよ、ナルトが・・・忍界最強の忍なら主は・・・拙者が認めた・・・)























































剣心(最強の侍でござるよ!!)

銀時が取り出したもう一つの刀は・・・!!剣心の愛刀!!逆刃刀・真打!!

銀時「龍槌閃!!」

ドガッ!!

ナルト「グハァ!!」

神速の剣でナルトが止める暇もなく空中から地面に叩きつけられた!!

ナルト「くっ・・・!!」

立ち上がった瞬間!!

ブゥン!!

ドカッ!!

木刀の一撃!!

ナルト「がふっ・・・!!」

更に!!

ブゥン!!

ドカッ!!

更に逆刃刀!!

ナルト「ぐはぁ・・・!!」

そして!!

ブゥン!!

ドガッ!!

木刀!!

ブゥン!!

ドガッ!!

逆刃刀!!

ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!

銀時「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

銀時は木刀と逆刃刀を目に見えない早さで交互に振ってナルトに攻撃を当て続ける!!怒濤の連続攻撃!!

銀時(息させる暇も与えるな、動かせるな、最後まで、アイツの体力の限界を見抜け、これで決める、決めれなかったら負けだ!!全て・・・!!貫き通せ!!俺の・・・侍道を!!)

九喇嘛(不味い・・・!!回復しても攻撃に追いついていけない・・・!!)

サスケ「なっ・・・ナルトが追い込まれてるだと!?」

サクラ「凄い・・・!!あれが侍・・!!」

カカシ「なんだあの攻撃は・・・写輪眼でも見抜くことが出来ない・・・!!」

新八「・・・やっぱ凄いですね、銀さんって、ナルトさん相手に・・・ここまで戦おうとするなんて」

神楽「銀ちゃんは・・・どうしてあそこまで強いアルか・・・」

妙「・・・私は思うの、銀さんって・・・いつも見ていると背中が大きいって、色々背負って生きてきていると思うの、そういう人は・・・強いの、私たちの思いを常に知っているから、背負っているから・・・だから倒れないの、自分が倒れたら・・・私たちを背負うことが出来なくなるから・・・だから・・・負けたくないのよ、例え相手が最強の忍でも、海賊でも、超戦士でも・・・だから・・・」

ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!

銀時は木刀と逆刃刀を振りながら叫ぶ!!

銀時「今も昔も俺の背負うべきもんは変わってねぇ!!俺はお前がどんだけ強かろうと!!どんだけ最強だろうと!!俺は突き進んでいくぜ!!背負っている思いのために・・・!!それが・・・!!俺が・・・!!俺が決めた・・・!!」

ドカッ!!

銀時は逆刃刀をナルトの頭上に叩き込んだ後逆刃刀を後ろに投げて!!

ガッ!!

前にナルトを蹴って・・・!!

そして・・・!!






































妙「強いの、あの銀色の侍は」

銀時「侍だァァァァァァァァァァァァ!!」

ドカァ!!

ナルトの腹に・・・!!木刀を突っ込んで壁に走り出し!!

銀時「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

壁に・・・すべての力を振り絞り押しつける!!

銀時「これで・・・!!シメェだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

そのまま・・・!!壁が壊れて・・・!!

ドカァァァァァッ!!

ナルトはぶっ飛ばされた!!

全員「・・・!!」

皆が目を見張ってみていた・・・!!あの男が・・・!!白夜叉だと・・・!!皆に深く印象づけた・・・!!

そして・・・5分後・・・!!

ナルト「・・・ハァ・・・!!ハァ・・・!!」

ナルトが・・・戻ってきた・・・!!

ナルト「・・・流石だってばよ、銀さん・・・!!アンタは紛れもない・・・!!英雄の・・・白夜叉だ・・・!!」

そして・・・!!















































ナルト「諦めねぇって言いてぇが・・・どうも体が言うことを聞かねぇってばよ・・・!!負けたってばよ・・・!!」

ドサァ・・・

倒れた・・・!!

銀時「いや・・・お前も強かったよ、流石、忍界の英雄だぜ・・・ナルト」

坂神「・・・今度こそ決まりましたね!!うずまきナルト戦闘不能!!・・・坂田銀時の勝利です!!」

最強の忍と最強の侍・・・勝利を収めたのは・・・!!侍!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.722 )
日時: 2015/06/02 22:32
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「銀さん凄いね・・・・」

ララ「これが白夜又・・・・」

十六夜「あいつ・・・・どれだけの力を持ってるんだ?」

レイヴン「さあな。だが一つ言えることは、あいつの魂の力は俺達以上だ」

エイジア「そうだね・・・・。さて、ララ、十六夜。銀さんの所に行ったら?多分喜ぶよ」

ララ「そうですね。あんな戦いがありましたし、行きましょうか」

十六夜「ああ、ついでにドッキリで辛し入りのチョコレートケーキを食べさせてやる」

レイヴン「逆に体に悪いからやめろ」

ララ「エイジアさんは行かないんですか?」

エイジア「うん。用が終わったら行くから」

ララ「わかりました」

レイヴン「・・・・・・・んで?ララ達を出して何のようだ?」

エイジア「ララの祟り神の事だよ。」

レイヴン「・・・・・その話なら銀時に」

エイジア「違う。あなたについてだよ
。レイヴン」

レイヴン「・・・・・俺について?」

ララ「ララが祟り神の力をコントロールすれば、ララは魔神になる代わりにレイヴンの魂は消えるんだよね」

レイヴン「ああ、元々祟り神はララと憎悪と悲しみで出来た力だ。俺がその苦しみを背負えば祟り神の力は全部俺に流れる。」

エイジア「あの時かずっと考えてたんだ。もし、ララが神力をコントロール出来ても貴方が消えたらララは悲しんでしまう」

レイヴン「しょうがないだろ。この世界に魂をとどめる方法は無いからな」

エイジア「それが一つだけあったんだ」

レイヴン「本当か!?」

エイジア「うん、死者の体にこの時の水をかけて本来の状態に戻す。後はこの体に魂が入ればいいの」

レイヴン「・・・・本当に大丈夫か?そのやり方」

エイジア「実際に出来たみたいだよ。でも、死者の体は人間の体だから神力無くなってしまうけど良い?」

レイヴン「・・・・まだしなくてもいい。まずはララの方が先だ」

エイジア「その言い方だと良いみたいだね」

レイヴン「ああ、あいつが幸せならな」

エイジア「でも・・・」

レイヴン「力については大丈夫だ。ここにいる会場の人達の能力は全部コピーした」

エイジア「うすうす予感はしたけど、やっぱりチートだね。奪う力」

レイヴン「そうでもないぞ。能力はコピーしても魔力や神力は取れないからな」

エイジア「やっぱりそうだよね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.723 )
日時: 2015/06/03 06:09
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

坂田銀時の魂は・・・私はだれよりも強いと考えています!!

では本編です!!どうぞ!!(今回銀妙要素入ります)

パチパチパチパチ・・・

すると・・・観客席から・・・拍手が!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ・・・!!

観客が拍手をしていたのだった・・・見事な戦いで感動していたからだった

出久「すごかったですよ!!」

ルフィ「すげぇぞお前ら!!」

両津「やるじゃねぇかお前等!!」

竜「ハジケた戦いだったぜ!!」

エイジア「お疲れさまー!!」

ジャガー「二人とも見事でしたよー!!」

銀時「ありがとな!!」

するとステージに近寄ってきたのは・・・銀魂勢!!

新八「流石です銀さん!!」

神楽「私は銀ちゃんがやる男だと信じてたアル!!」

妙「お疲れさまですよ銀さん!!」

猿飛「さっちゃんは銀さんが勝つの信じてたんゾ♪だからハグをしy」

銀時「黙れメス猿」

月詠(やはりかっこいいな・・・銀時は)

坂本「やったのう金時!!」

銀時「お前はお前で名前間違えるなこのヤロー!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!では・・・!!今から四時間の休憩をとります!!」

二人は医療室に連れてかれた・・・

銀時が寝ている部屋・・・

今中には新八、神楽、妙、桂がいる

銀時「いてて・・・!!」

妙「薬が効いているんですね・・・」

銀時「ああ、おまけに体の節々がもの凄く痛いよ」

新八「あの尾獣連弾表蓮華を食らっても激しすぎる運動をして動き続けたんですからそりゃそうなりますよ」

神楽「よく動き続けることができたアルね」

桂「ズラじゃない、桂だ」

全員「誰が今お前のことヅラって呼んだ?バカだろ?お前バカだろ?」

コンコンコン

新八「あ、誰か来たみたいです」

すると・・・訪れてきたのは・・・

剣心「どうも」

薫「おじゃましまーす!!」

弥彦「邪魔するぜ!!」

左之助「よぉ!!」

剣心勢と!!

めだか「邪魔するぞ!!」

人吉「失礼します!!」

球磨川『こんにちは!!』

めだか勢と!!

十六夜「邪魔するぜ!!」

本城「おめでとうございますっ!!」

十六夜、本城の二人だった!!

めだか「銀時!!見事な勝利だったぞ!!」

剣心「信じてよかったござるよ銀時殿!!」

薫「スゴいわ銀さん!!流石剣心に勝っただけあるわ!!」

本城「強いですね銀さんって!!」

十六夜「だから!!このお疲れチョコをあげるぜ!!」

銀時「ありがとよ・・・それよりもう少し寝たいから少し寝かせてくれないか?」

本城「も、もう少し話したいんですけど・・・」

銀時「すまねぇラーペ・・・俺かなり疲れてるんだよ・・・また後でな」

全員「わかった!!」

全員は部屋を出ていった・・・

本城(確かにそうでした・・・あそこまで戦って疲れていないわけないですよね・・・)

いや・・・

銀時「・・・って妙、お前は何で出ていかないんだ?」

何故か妙は残っていた・・・

妙「・・・すみません、少し話したいことがあったんです、私イチゴ牛乳持ってきたんで飲みながら話しましょうよ」

トクトクトクトクッ・・・

イチゴ牛乳を二つのコップに注いでいる音が治療室の空間を満たしていた・・・

妙「どうぞ」

銀時「ああ」

ゴクゴクと銀時が飲んだ後・・・

銀時「・・・で、話ってなんだ?」

妙「あの・・・銀さん、少しお願いがあるんです」

銀時「?」






























































妙「もう・・・無理をなさらないで欲しいんです、本当は・・・ナルトさんの尾獣連・・・何でしたっけ、名前は忘れましたけど・・・あの一撃の時にはもう体は限界だったのでしょう?」

銀時「尾獣連弾表蓮華な、・・・よく分かったな」

妙「はい、綱手さんから聞きました、普通は動けない・・・それどころか下手したら死んでいたと」

元より体のけいらくをすべて斬る螺旋手裏剣
を受けていて更に尾獣玉二つの攻撃と螺旋手裏剣二つを同時にくらったのである、普通あり得ないのである

妙「銀さんは・・・私たちを普段はぞんざいに扱っていますが・・・時には誰よりも大切に思ってくれてるんですよね?・・・ですが・・・それ故に、そう思ってくれる故に銀さんが死にかけるのを・・・見たくないんです!!」

妙は悲しそうな表情をしていた・・・

妙「だから・・・!!」

ポンッ

銀時は妙の頭に手を乗せた後言った・・・

銀時「・・・大丈夫だぜ、妙」

妙「銀さん・・・!!」

銀時「お前も・・・背負うことはわかっているだろ?常に弟を背負い続けたんだからよ」

妙「・・・はい」

銀時「俺はな、昔は何も背負ったことはなかったんだよ、自分の赴くままに動いてた、あの人に背負われながら」

妙「あの人って?」

銀時「いつか知るよ・・・そして俺は背負ってくれた人を護れなかった・・・背負い返すことができなかった・・・だからな・・・背負いたいんだよ、皆の思いを」

妙「・・・」

銀時「それにな、お前も大変だったろ?弟を背負うときによ・・・辛そうに見えた、お前が弟を守るときに自分を犠牲にするときにな」

妙「・・・(涙目)」

銀時「だからよ・・・お前の思いも背負っていきたいんだよ・・・アイツは・・・俺の義弟だからな、お前にとっても弟だろ、そして・・・一兄にとってもな」

妙「・・・全く・・・バカですね銀さんは・・・貴方のことを心配しているのに・・・私の言ったことを無視するんですから・・・」

銀時「無視してねぇよ、お前の気持ちは・・・ちゃんと受け取っているから、だからな・・・」

妙の頭をなでながら言った・・・

銀時「ありがとう」

笑顔で・・・

妙「・・・もうっ、恥ずかしいいですよぉ、銀さん!!(赤面)」

と、言った後・・・慌ててでていった・・・

銀時「・・・で、なんだこのチョコ・・・」

パクッ

その瞬間・・・

ぎぃんぎゃああああああああああああああああああああああ!!

妙「どうしたんですかっ!?・・・って銀さんんんんんんんんんんんんん!!」

銀魂勢、剣心勢、めだか勢「部屋から悲鳴が!?」

・・・お察しください

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.724 )
日時: 2015/06/06 20:17
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そして・・・一方ナルトが寝ている部屋・・・

ナルト「いてててて・・・!!」

サクラ「かなりダメージ受けたわね・・!!」

綱手「そりゃそうだろうな、あの連続攻撃を受けたいじょうそうなるだろう」

ナルトはあの連続攻撃でかなりのダメージを受けていた・・・!!

ナルト「・・・ごめんな、負けちゃって・・・」

サクラ「いいのよ!!負けて人は成長するんだから!!気にしないで!!」

カカシ「・・・そうだな、ナルト、お前はこの戦いで・・・あることに気ずくことが出来ただろ?」

ナルト「ああ・・・」













































ナルト「仲間の思いを全て背負っている人・・・つまりリーダーの強さをしれた・・・!!それは俺にとって最も大事な経験になったってばよ!!」

カカシ「そうだ、お前はいずれ火影になる、俺の跡を継いでな、それには・・・仲間の思いを背負うことが一番必要だ、火影になると・・・里の忍、住民、そして俺たちの気持ちを背負うことになる、リーダーとしてな、だからナルト・・・俺はこの戦いにお前が出れてよかったよ」

ナルト「おっす!!」

ヒナタ「ナルト君・・・」

ナルト「?」

ヒナタは・・・あの塗り薬を取り出して・・・傷ついている場所に塗った後・・・

ヒナタ「お疲れさまでした!!」

ナルト「・・・おう!!」

木ノ葉丸「頑張ったなコレ!!」

我愛羅「お疲れ」

サスケ「ナルト・・・」

ナルト「何だサスケ?」

サスケ「もしお前がまたアイツと戦うことになったら今度は・・・」

サスケ「負けるなよ」

ナルト「・・・もちろんだってばよ!!」

コンコンコン

サクラ「誰か来たようね!!」

入ってきたのは・・・

出久「お疲れさまです!!ナルトさん!!」

オールマイト「いやぁ、緑谷君がどうしても見舞いに来たいっていうからな!!」

爆豪「俺はどうでも良かったがな!!」

麗日「こんにちはーっ!!」

サトシ「どうも!!」

セレナ「失礼しますっ!!」

シトロン「お邪魔します!!」

ポケモン勢と緑谷勢!!

出久「スゴかったですよ!!ナルトさんの技!!かっこよかったです!!」

麗日「デク君もそう思ったんだ!!私もだよ!!」

オールマイト「見事にヒーローというものを見せてくれたな!!」

ナルト「へへへ・・・ありがとな」

サトシ「あの螺旋丸ってかっこ良かったです!!今度教えてください!!」

シトロン「いやサトシ、それは無理だと思います」

セレナ「お疲れさまでした!!」

ナルト「皆!!ありがとだってばよ!!」

そして少しナルトは寝た・・・

3時間半後・・・!!

銀時「・・・大分寝たな・・・」

新八「銀さん!!起きてください!!始まりますよ!!・・・悟空さんとルフィさんの戦いが!!」

銀時「いけねっ!!」

ダダッ!!

慌てて観客席へ走る!!

ナルト「銀さん!!回復したってばよ?」

銀時「ああ!!」

ナルト「それなら良かったってばよ!!後銀さん・・・次は負けねぇってばよ!!」

銀時「おうよ!!何度もかかって来やがれ!!」

ナルト「後銀さん・・・あの時言ってた弟子っていったい誰だってばよ?」

銀時「・・・じゃ、ヒントをあげるよ」











































銀時「弟子は女だよ」

ナルト「ふ〜ん、そういえばシカマルも女だってばよ、まだ赤ん坊だけどな」

坂神「・・・まもなく試合が始まります!!ルフィさん!!悟空さん!!次の試合の準備をお願いします!!」

ルフィ「負けるわけにはいかねぇ・・・!!勝ってやる!!絶対に!!」

悟空「それはオラの台詞だぞ!!オラも決勝戦に行ってやる!!」

ベジータ「カカロット!!負けるなよ!!先頭民族サイヤ人の名にかけてな!!」

ブルマ「頑張って悟空君!!」

チチ「がんばるだよ悟空さ!!」

悟飯「頑張って父さん!!」

悟天「頑張れ親父!!」

クリリン「悟空ぅ!!地球の救世主の力を見せてやれぇ!!」

ゾロ「ルフィ!!麦わら一味の船長の力を見せてやりな!!」

ナミ「4億ベリーの強さ見せてやりなさいよ!!」

チョッパー「頑張れよルフィ!!」

坂神「そして・・・今回のステージは!!」




































坂神「天下一武闘会会場です!!」

悟空「オラがよく戦ってきたステージだな!!」

サタン「わしがよく優勝している天下一武闘会の会場だな!!」

ビーテル(ほとんどインチキだけどね)

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

トリコ「始まるぞ・・・!!最強とも呼べる二人の激闘が!!」

男鹿「目が離せねぇな・・・!!」

出久「とてもいい勉強できそうです・・・!!」

マヤ「オラわくわくしてきたぞ!!」

松山「どこの超戦士だよ!!」

ルフィ「・・・悟空!!」

悟空「何だ!?」

ルフィ「・・・俺はお前を全力でぶっ飛ばす!!そんでもって決勝に進んでやる!!」

悟空「・・・やれるもんならやってな!!返り討ちにしてやんぞ!!」

坂神「3,2,1!!」

カァン!!

坂神「これより第三十回戦!!モンキーDルフィVS孫悟空!!開始です!!」

次回!!激突する超新星と超戦士!!週間少年ジャンプを語る上にはかかせない二人!!はなして勝つのは今のONE PIECEか!?過去のDRAGON BALLか!?激戦必至!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.725 )
日時: 2015/06/03 22:24
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

十六夜「銀さんから凄い悲鳴が!!」

ララ「ねえ、十六夜。あのチョコになに入れたの?」

十六夜「いや、辛しだけだぞ。それ以外に何も入れてない」

ララ「ただの辛しだけならこんな悲鳴は出しません!!」

エイジア「ねえ、十六夜。ララ。あれ知らない?」

ララ「あれって?」

レイヴン「オーガにスパイをしてくれたお礼として、激辛のカレーと激辛のチョコをあげるつもりだったんだが、チョコの方が無くなってな。今探しているんだ。」

十六夜「いや知らないがどんな入れ物に入ってたんだ?」

エイジア「普通に四角い箱に入れていたよ」

ララ「・・・・・もしかして、こんな箱だったんじゃないんですか?」

レイヴン「ああ、そんな感じだが・・・・・あ」

エイジア「?どうしたの?レイヴン」

レイヴン「・・・・まさか銀さんにあげたのか?」

十六夜「・・・・・・・・」

ララ「・・・・・銀さんに謝ってくる」

エイジア「使ったんだね。あのチョコ。」

レイヴン「あのチョコに入っていた辛しは尋常じゃ無いからな・・・・俺もいくぞ」

エイジア「謝罪ついでにお詫びとしてパワースーツと大量の菓子を渡しておいて」

レイヴン「ああ」

十六夜「・・・・・平和だな・・・・」

エイジア「何勝手に遠い目で見てるの!?」

十六夜「いや、まさか同じ箱だとは思ってもなかったぞ」

エイジア「まあ、そうだよね・・・・じゃあ話を戻して、ルフィVS悟空!一体どちらが勝つのか!?」

十六夜「(急に話を変えたな・・・)」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.726 )
日時: 2015/06/05 15:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

激辛チョコのお詫び把握しました!!

では本編です!!どうぞ!!

ルフィ「・・・ギア2!!」

悟空「ハアアアアアアアッ!!」

ドゴォォン!!

ベジータ、サンジ「いきなりスーパーサイヤ人(ギア2)だと!?」

ナミ(これは互いに相手が普通じゃ倒せないと考えているということ・・・!!面白くなりそう!!)

シュン!!

まずはルフィが瞬間移動して悟空の背後に回り仕掛ける!!

ルフィ「ゴムゴムの〜JET砲弾!!」

ドゴォン!!

悟空は両腕を交差して防ぐ!!

そして交差を解いてルフィの手を弾いて!!

悟空「八手拳!!」

シュシュシュシュシュシュシュシュッ!!

大量の拳で反撃!!

ルフィ「JETガトリングゥゥゥゥゥゥ!!」

ドドドドドドドドドドドドドド・・・!!

激しい拳の連打がぶつかる!!

・・・そして!!

バッ!!

離れて!!

悟空「かめはめ波っ!!」

ドゴォォォォォォォン!!

ルフィ「JETバズーカ!!」

ドォォォォン!!

かめはめ波をJETバズーカで打ち消す!!

シュン!!

悟空も瞬間移動して!!

悟空「界王拳!!」

ルフィ「ゴムゴムの〜JETロケット!!」

ドカァッ!!

強烈な体当たりが互いに炸裂!!

悟空「ぐっ!!」

ルフィ「いてェ!!」

互いにダメージ!!

ルフィ「まだまだぁ!!ゴムゴムの〜JET鞭!!」

ヒュン!!

悟空「当たんねぇぞ!!」

ジャンプして回避!!だが!!

ヒュン!!

ルフィは逆立ちして体を回転しながらもう片方の足を悟空が避ける先を見計らって攻撃!!

バシッ!!

悟空「いてっ!!」

怯んだ隙に!!

ルフィ「JETバズーカ!!」

ドォォォォォン!!

悟空「ぐああっ!!」

腹に強烈な攻撃が炸裂ッ!!

ドゴッ!!

壁にぶつかる!!

悟空(結構痛ェなぁ・・・じゃ、ここらへんで見せてやるとすっか!!)

シュン!!

瞬間移動!!

ルフィ「後ろに行くのは読めていたぜ!!」

後ろを・・・向いた瞬間!!

パァン!!

ルフィ「!?」

悟空「亀仙人お得意萬國驚天掌だぞ!!」

ルフィの動きを・・・止めた後!!

悟空「トリコから覚えた技をくらえっ!!八手拳!!釘パンチバージョンだ!!」

シュシュシュシュシュシュシュシュッ!!

拳が当たった後!!

ドカッ・・・!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!

ルフィ「がはぁ!!」

それぞれ八カ所に釘パンチが打たれた!!

ココ「トリコ、ルフィになにを教えたの?」

トリコ「釘パンチは本来一カ所への集中攻撃だ、だがな、あいつの八手拳の時の八つの拳にそれぞれ釘パンチをするとかなりの広範囲の攻撃になる!!ルフィは武装色をして釘パンチから守っていたがそれは一カ所に集中している場合だ、広い範囲は武装色でガードできない、ある程度は守れたけどな」

ココ「ちなみに悟空は一つの拳に何連釘パンチをしたんだ?」

トリコ「一つの拳で20連アイツは打てる、八手拳バージョンだとすべてあわせて160連釘パンチ分のダメージだな、ルフィはそのうち三つの拳を武装色で守っていたから・・・アイツが受けたダメージは100連釘パンチ分だな!!」

悟空「どうだっ!!結構効いたろ!!」

ルフィ「・・・まだまだぁ!!修行で身につけた技を見せてやる!!ゴムゴムの〜」

ルフィは・・・!!気を手にためて!!

ルフィ「JET気団連続発射ァァァァァァ!!」

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン!!

無数の気団が悟空に襲いかかる!!

悟空「ベジータの奴気団を教えたんかぁ!!だがこの技には対抗出来ねぇぞ!!超かめはめ波ッ!!」

ドゴォォォォォン!!

かめはめ波で・・・!!すべての気団を消し去りながらルフィに・・・!!ぶつかった!!

ドカァァァァァァン!!

大爆発!!・・・だが!!

煙が晴れた後・・・

ルフィ「たいして効いてねぇよ!!武装色を纏った手で盾作ったからな!!」

ゴムゴムの盾、武装色硬化版を使ってかめはめ波から守っていた!!

ルフィ「見せてやるよ!!武装色の使い方をな!!ゴムゴムの!!」

シュン!!

瞬間移動!!

悟空も!!

シュン!!

瞬間移動!!

ルフィは・・・見聞色で悟空の移動先を察知して!!

シュン!!

悟空「うおっ!?」

目の前に移動!!

ルフィ「鷹ライフル!!」

ドォォォォォン!!

悟空「あぶねぇ!!」

手を交差してガード!!・・・だが!!

ガシッ!!

そのまま交差された手を掴んで!!

ルフィ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!・・・

ジャイアントスイング!!

悟空「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドゴォン!!

地面にぶん投げて!!

ルフィ「ゴムゴムの〜粉砕斧!!」

ドゴォン!!

悟空「がふぅ!!」

武装色硬化された足でかかと落とし!!

悟空「いてててっ・・・!!まだだっ!!気団フォーク!!」

シュ!!

気団を圧縮した複数のフライングフォークで攻撃する!!

ルフィ「当たるかよ!!」

サッ!!

見聞色で回避・・・!!だが!!

ドカァァァン!!

ルフィ「ぐああああっ!!」

先ほどの気団フォークが爆発!!

悟空「気団は他の用途もあるんだ!!爆発する気団もあるんだぞ!!」

ルフィ「あんにゃろぉ!!これでもくらえっ!!武装色硬化!!」

手を武装色硬化して・・・悟空に近ずき!!

ルフィ「ゴムゴムの〜JETバズーカ!!」

悟空「界王拳20倍かめはめ波っ!!」

ドカァァァァァァァン!!

大爆破っ!!

・・・そして・・・煙が晴れた!!

ルフィ「・・・このままじゃラチがあかねぇな・・・」

悟空「・・・そうだな・・・じゃあこれで決めるとすっか!!」




























































































悟空、ルフィ「スーパーサイヤ人(ギア)3!!」

ルフィは両手を巨大化!!悟空はスーパーサイヤ人3へと変化!!

3の変化バトルが勃発!!

・・・だがその頃・・・観客席ではある事件が起きていた・・・

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.727 )
日時: 2015/06/05 15:59
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

試合中の観客席にて・・・

銀時「ねぇサクラ、一つ頼みあるんだけど」

サクラ「何です?」

銀時「この舌が痛いの何とかしてくれない?」

銀時は十六夜の激辛チョコレートを食べて舌が真っ赤に膨れていたのだ・・・

サクラ「分かりました!!」

5分後・・・

銀時「ありがとよ」

サクラ「いえいえ!!」

すると・・・

本城「銀さん!!十六夜がすみませんでした!!」

十六夜「すまなかったな銀さん!!」

大量の甘い菓子を持ってきて二人がやってきた!!

銀時「十六夜、あとで覚悟しとけよ?(鬼おこプンプン丸状態)」

十六夜(ララ、助けてくれ、後でおれ銀さんに天国に行かされる!!)

本城(しょうがないですよ!!身から出たサビだから!!)

本城「まあまあ銀さん、これ食べて落ち着いてください!!」

銀時「わ、分かったよ・・・」

そうして・・・食べようとしたとき!!

?「銀さん!!あんたに頼みがある!!」

銀時「うおっ!?」

突然でかい声で話しかけてきたのは!?

猿悟巻「驚かせちまったな!!」

全員「猿悟巻(さん)!!」

銀拳心が弟坂神猿悟巻!!

銀時「急に話しかけてきてどうしたんだよ!?」

猿悟巻「いや、ちょっとあんたに頼みたいことがあってな!!」

全員「?」

猿悟巻「ちょっと薬の実験台になってもらいたくてな」

銀時「・・・は?悪いが俺は怪しいことには興味ねぇから、他の人にたのみな」

猿悟巻「ふ〜ん、残念だぜ〜、せっかくこの虹色の実のゼリーがあるんだが仕方ないから俺がたべr」

銀時「わかりましたっ!!」

全員「切り替えはやっ!!」


猿悟巻「この薬だ」

銀時「・・・なにこの怪しい臭いがむんむんする薬」

猿悟巻が取り出したのは・・・見るからに紫色であわがブクブクと出ているもうこれ飲んだら死ぬんじゃね?という感じの薬だった

アレン「これ飲んだら死ぬんじゃないですか?」

藤崎「俺も思う」

楽「俺も」

キルコ「私も」

磯兵衛「不気味すぎで候・・・」

銀時「・・・本当にこれ飲んでも大丈夫なの?」

猿悟巻「ああ、これは両崎さんが作った薬だ・・・実はな・・・この薬・・・」

































猿悟巻「後に逃走中で使おうと思っているんだぜ」

全員「!?」

銀時「・・・この・・・薬を?」

めだか「これ・・・を・・・?」

ナルト「おもしろそうな薬だってばよ!!」

ボーボボ「面白くなりそうじゃねぇかぁ!!」

男鹿「・・・命懸ける必要があるな、逃走中に」

猿悟巻「だ・か・ら!!この薬で生死の影響ねぇから!!これはあくまでも試薬品だ、後他にも種類あるんだぜ!!その一つがこれだ、銀さんにこれを飲んでほしいんだぜ!!」

銀時「・・・ものっそい不安なんだけど」

猿悟巻「この虹の実がいr」

銀時「はい飲みまーす!!」

ゴックン!!

全員「何なのその甘いものに対する異常な執着!?」

銀時は猿悟巻から薬を取り上げて飲んだ!!

銀時「で、さっさとよこしやがれ!!」

猿悟巻「分かったから待ってろ!!頬ひっぱるのやめて!!」




銀時「うまぁぁぁぁぁぁぁぁい!!もう死んでもいいかも!!(超笑顔)」

めだか「あの男があんなに笑顔なの初めてみたんだが」

全員「うん」

銀時「で、この薬どんな薬なんだよ?」

猿悟巻「それは・・・もうまもなく分かると思うぜ」

全員「・・・え?」

・・・すると!!







































ビクン!!

銀時「ふあっ!?」

全員「え!?」

銀時が突然よろけた!!

銀時「な、何かからだが急に熱く・・!!ひゃああ!!」

剣心「急に艶めかしい声を上げてどうしたのでござる!?」

銀時「あ・・・ああ・・・!!」

銀時は気のせいか身長が少しずつ短くなってきていた・・・

猿悟巻「そう・・・この薬は・・・」










































猿悟巻「性転換薬だぜ!!」

全員「・・・え?」

改めて銀時を見ると・・・

銀時?「・・・あれ・・・何か・・・あれがなくなったように感じたんだけど・・・」

銀時が立ち上がると・・・

見事に皆が皆口を揃えて巨乳というだろう大きい胸と皆が皆口を揃えて美人と言うだろう小顔でロリ顔で美顔な白髪の女の人が立っていた・・・

そう、ようは性転換編でなった銀子になっていたのである

全員「か・・・・可愛い!!」

銀子「じゃねぇだろぉぉぉぉぉぉ!!何でまたこの姿になんなくちゃいけねぇんだよぉぉぉぉぉ!!」

パシャパシャ!!

猿悟巻「どうやら薬の実験台になってもらうのを口実に銀さんに銀子さんになってもらおう計かk・・・じゃなくて薬はちゃんと出来ていたんだな!!」

と言っている猿悟巻は片手にカメラを携えている

銀子「今言ったよな!?何故俺にこの薬を飲ませた本当の理由吐いたよな!?シバいたろうか!?」

桂「貴様女の方が良かったのではないか?」

長谷川「銀子さん!!俺今度遊郭に推薦しておこうか!!かなりアンタ売れそうじゃん!!」

銀子「テメェ等は何勝手に考えてんだぁ!!」

球磨川『その胸・・・めだかちゃんにも負けてないかも!!』

サンジ「く・・・くそっ・・・!!俺は何で中身が男の奴にひかれようとしてるんだっ・・・!!」

楽「かなり美人だな・・・」

剣心「美人でござるなぁ・・・」

本城「銀子さん可愛いです!!」

ころせんせー「ヌルフフフ、手入れしてあげましょうか?」

銀子(・・・そこまで言われると・・・嬉しいけど恥ずかしいな・・・)

ハルヒ「大きいわね・・・この胸!!みくるちゃん並みかしら?」

・・・すると・・・

・・・ガシッ!!

もみっ!!

銀子「え!?」

ララ「大きいねー!!」

後ろからララ・サタリン・デビルークがふざけて胸をもんできた!?

リト「ララァァァァァァァァ!?」

ララ「けっこう大きいですねー!!銀子さんの胸!!」

銀子「や、やめろぉ!!恥ずかしいんだよぉ!!あ、あうぅ・・・(赤面)」

むにゅむにゅ、

ララ「恥ずかしがっている銀子さん可愛いですよー!!」

銀子「ちょ、マジでやめて!!恥ずかしいからぁ・・・やあぁ・・・(赤面)」

あまりにもエロすぎる光景である

新八(オイイイイイイイイイイイ!!何か色々ヤバいんだけど!!何かかなりエロい世界に行こうとしてんだけど!!やめてララさんんんんんんんんん!!これ以上やっているとこの小説Rの世界に旅立つからァァァァァァァ!!)

変態勢「ぶふぉ!!(鼻血大噴射ぁ!!)」

十六夜、ライゴ「わ、我が生涯に一片の悔いなし・・・(鼻血が出ている)」

ガクッ

チーン

エイジア、ジャガー「十六夜ォォォォォォォォ!?(ライゴさぁんんんんんんんん!?)」

茅野「・・・その胸撃っていいかしら?(銃を構える)」

妙、リナリー、サクラ「私も参加していいかしら?」

変態勢「やめろォ!!」

という騒動があって・・・


































































ナミ「・・・何やっているのかしらアイツ等?」

チョッパー「皆・・・どうして二人が白熱の熱戦をしてんのに見てないんだろうな」

サスケ「何やってんだうすらとんかちども・・・」

トリコ「・・・俺にも分からねぇよ」

ルフィと悟空の試合はわずかな人しか見ていなかったりして

(by坂神、来週アニメで性転換編があるので銀さんを性転換させてみました、超可愛いですよね!!私はそう思ってます!!エロい部分が気持ち悪いと思った人にはすみませんでした!!)

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.728 )
日時: 2015/06/05 23:17
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「やっぱり凄いねあの二人は・・・・」

ララ「そうですね・・・十六夜大丈夫でしょうか」

エイジア「取り合えずレイヴンが輸血してるけど、あの状態だからな・・・・」

ララ「そうですか・・・・」

エイジア「それにしても性転換の薬とはね・・・・あ」

ララ「?どうしましたか?」

エイジア「いや、男性がこの薬を飲んで女性になったでしょ。だったら女性がこれ飲んだらどうなるの?」

ララ「・・・・それで私を見るのはやめてください」

エイジア「ララ、飲んでみて」

ララ「いやです!!いくらエイジアさんの頼みでもそれは嫌です!!」

エイジア「でも、いいと思うよ。ララはクールだから男性になったらもっとかっこよくなるとおもうし、マリも出来る事なら男性になってほしいって」

ララ「マリ・・・帰ったらちょっと言わないと」

エイジア「それで、飲む?」

ララ「はあ、分かりました。でも、いろいろと貰っていきますよ。生活で必要な道具とかいろいろと」

エイジア「了解」

ララ「(といっても大丈夫かな・・・こういうの獣になった以来の実験だし・・・まああっちよりはましだけど)」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.729 )
日時: 2015/06/06 20:14
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

把握しました!!ですが・・・それはのちの話でいいでしょうか?時間の都合で・・・すみません!!後にちゃんと男性化させますんで!!

では本編です!!どうぞ!!

・・・さて、銀さん女体化騒動は置いといて・・・

現在ルフィと悟空は激しい熱戦を繰り広げている!!

ルフィ「ゴムゴムの〜」

ガキィィン!!

ルフィ「象銃!!」

武装色硬化された巨大な手で悟空を襲う!!

悟空「当たってたまるかよ!!」

シュン!!

後ろへ瞬間移動!!

悟空(動きが遅くなってる以上当たるはずだ!!)

悟空「超かめはめ波ッ!!」

ドゴォォォォォン!!

だが!!

なんと武装色硬化された巨大な片手で守られた!!

ルフィ「武装色を舐めるなっ!!ゴムゴムの〜」

ガキィン!!

巨大な両手を武装色硬化して!!

ルフィ「灰熊銃!!」

巨大な両手で悟空を襲う!!

悟空「そんな遅い攻撃はあたらねぇぞ!!」

シュン!!

瞬間移動・・・!!だが!!

移動した先に!!

悟空「!?」

灰熊銃!!

ドガァ!!

悟空「ぐわぁ!!」

ドゴォォォォォォォォォォン!!!

壁につっこんだ!!

悟空「くっ・・・!!かなり効いたぞ・・・!!何でオラが移動した先に攻撃できたんだぁ?しかもおめぇが両手を伸ばしても届かない位置に移動したはずだぞ・・・!?」

ルフィ「ベジータに教えてもらったんだよ!!瞬間移動をな!!」

悟空「・・・アイツ色々ルフィに教えたんだなぁ・・・じゃあこちらも・・・見せてやんぞ!!残像拳!!」

シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュッ!!

複数の残像を作り出した!!

ルフィ「くそっ!!多いなぁ・・・!!ならっ!!すべて倒してやる!!ゴムゴムの〜」

ルフィは・・・両手を上に向けて!!

ルフィ「象銃乱打!!」

象銃を連射しまくる!!

・・・だが!!

サササササササササササササササッ!!

なんと悟空はそれをことごとくよけまくる!!

ルフィ「なっ!?」

そして!!

悟空「ここらへんか・・・ハアッ!!」

・・・ドガァァァッ!!

ルフィの巨大な手の片方に武装色を纏った正拳をかます!!

ルフィ「ぐっ!!」

ルフィはあまりの衝撃で手の武装色を解除!!

悟空「今だっ!!」

グイッ!!

ルフィ「うぉ!?」

その片手ごとルフィを引き寄せて!!

ドカッ!!

ルフィ「ぐあっ!!」

蹴りを叩き込む・・・それも!!

トリコ「悟空の奴、もうレッグナイフを使いこなしてるな!!」

レッグナイフを纏ったまま!!

・・・そのまま!!

悟空「メテオインパクトォ!!」

ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!ドカッ!!

両手にフォーク!!足にレッグナイフ!!二つを纏いながら!!怒濤の蹴りとパンチをかましていく!!

そして・・・地面にめり込ませて!!

ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

複数のフォーク型の気団を・・・ルフィにぶつける!!

ドカァンドカァンドカァンドカァンドカァンドカァンドカァンドカァン!!

ルフィ「ぐああっ!!」

大ダメージ!!

煙が・・・立ちこめた・・・

悟空「・・・やったか・・・?」

・・・だが!!

ドカァ!!

悟空「!?」

ギア2状態のルフィが・・・穴を自分で掘って出てきて!!悟空を足で絡ませて捕まえた!!

ルフィ「これで・・・動けねぇ!!ゴムゴムの〜」

ルフィはベジータから学んだ舞空術で・・・空へ飛び!!

ルフィ「粉砕斧!!」

ドカァ!!

悟空を下へかかと落としを決めて・・・そして!!

ルフィ「くらえっ!!ゴムゴムの〜象銃暴風雨ゥゥゥゥゥゥ!!」

ドドドドドドドドドドドドドド!!

無数の象銃を暴風のごとく激しく悟空にお見舞いする!!

ルフィ「これで・・・どうだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

そのまま・・・地面にめり込ませて!!

ルフィ「トドメだ!!ゴムゴムの〜雷将象銃!!」

ドゴォォォォォォォン!!

武装色硬化された巨大な足を・・・悟空を地面にめり込ませた場所に叩きつけた!!

・・・だが!!

ルフィ「よし!!」

?「何がよしだァ!?」

ルフィ「!?」

後ろを振り向くと・・・悟空!!

悟空「巨大かめはめ波ァ!!」

ドゴォォォォォォン!!

ルフィ「しまっ・・・!!」

トドメを刺していたと思っていたルフィは不意をつかれて・・・そのままかめはめ波をくらった!!

ルフィ「がふっ・・・!!」

煙がはれた後・・・

ルフィ「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・俺の暴風雨を食らってまだ立てるのか・・・」

立ち上がった・・・

悟空「ハァ・・・ハァ・・・オラの体力をなめんなぁ!!」

ルフィ(・・・強ェ・・・!!悟空がここまで強いとなると・・・こうなったら!!・・・使うか!!)

悟空(・・・この姿でも・・・倒しきれねぇだろうな・・・!!なら・・・!!やるか!!)

ルフィは腕を噛み、悟空は・・・更に気を貯め始めた!!

ルフィ「負ける・・・!!わけにはいかねぇ!!俺は必ず行ってやる・・・!!決勝戦にな!!・・・見せてやる!!俺の限界を超えた力を!!」

悟空「じゃあそろそろオラも見せてやる・・・!!サイヤ人の最強の力を!!」






































悟空、ルフィ「スーパーサイヤ人(ギア)4!!」

二人は・・・自分の最強状態に変化した!!

そしてその頃・・・

銀子「ララ・・・もう今度はするなよ?」

ララ「うう・・・ふざけただけですよぉ・・・でもすみませんでした・・・(頭にでかいたんこぶ&涙目)」

リト(そりゃあそうなるよ・・・)

変態勢(もう少し見たかったなぁ・・・)

斉木(変態が多すぎるぞ)

マヤ「ライゴ、もう今度は気をつけてね?」

ライゴ「」←たんこぶが頭にありながら気絶なう

銀子「・・・猿悟巻、これいつになったら戻るの?」

猿悟巻「さぁ?全くしらねぇ、俺そういうの考えてないでその薬持ってきたから、まあ俺にとっては永遠にその姿でいてほしいz」

・・・5分後・・・

猿悟巻「」←たんこぶ7つ頭に作られて気絶なう

エイジア(って猿悟巻さん!!気絶しないでよ!!新しい薬もってきてほしかったのに!!)

ウソップ「お〜い皆ァ!!二人の戦いすげぇことになってるぞぉ!!」

全員「はっ!!そうだった!!忘れてた!!」

全員は慌てて二人の激闘を見始めた!!

銀子「・・・って何だあのルフィの姿!?近藤みたいだな!!」

近藤「どこが!?全然似てないじゃん!?」

妙「近藤→ゴリラ→今のルフィさんの姿、ってことでしょう?」

銀子「正解!!」

近藤「正解じゃねぇだろ!!」

ゾロ「あそこまでなったのは・・・ドレスローザ以来だな・・・!!あの姿はルフィの最強状態!!ただし・・・10分しか持たねぇ・・・!!ルフィはこの10分で決めるつもりだな!!」

最強戦士二人が最強状態へと変化!!ここから始まるのは・・・空前絶後の戦い!!最強の死闘!!始まる!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。