二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.895 )
日時: 2015/09/02 21:48
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「コメント遅れてすいませんでした!」

レイヴン「んで、今は一対一の勝負だな」

エイジア「う〜ん、ララちゃんには頑張ってほしいけど、同じ作者さんのマフジーさんも頑張ってほしいです。」

ララ「そうですね」

レイヴン「まあ、どちらも応援してもいいと思うぞ」

エイジア「そう言えばさ」

ララ「?何ですか?」

エイジア「あの変態たちはどうなったかな」

レイヴン「今ごろのたれてるだろうな。きっと」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.896 )
日時: 2015/09/03 05:37
名前: 晴哉

どうも!晴哉です! 遂にクライマックスまで来ましたね!スーパーマサラ人も遂に破れましたか… しかも破ったのがマフジーさん(いきなり略式で申し訳ありません)とは…!! コレは目が離せない展開ですね! 

…って、ラスト悪意がありすぎな件について← コレは一体どうなることやら…

スミス「晴哉…さ…ん……」
霊夢「何…やって…んのよ……」
ロック「今…、とても…悲惨…な…こと…に……」
リンク「も、もう…駄目だ…、おし…まい…だぁ………」

…うわあああああああああああ!!?? 本当に目を離した瞬間にこっちのメンバーが大変なことにーー!? お前ら一体どうs………(バタッ

サムス「イヤァァァァァァ!? 晴哉さんまで倒れちゃったわよ!?」
むらびと「ちょwwwwwwwww 感想途中放棄すんじゃねぇよwwwwwwww」
ドクター「それも有るけど、まずは緊急搬送だ! このような事態になって本当に済まなかった…;」
ルフレ「本当に申し訳ないが、今回の感想はコレで切らせてもらう。本当に済まなかった…;」

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.897 )
日時: 2015/09/03 06:31
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

マナ…………すか、そういえばまだ出した事あんまり無いな。

松山「何処にでもいる普通のキャラクターだ、まだキャラ作りしてないからな。」
俺の世界でも重要な役割にしてないからなぁ…………ドキプリ勢はずっとレジーナだけ出してたし。
まぁ、坂神さんの好きにしたらどうですか?

更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.898 )
日時: 2015/09/04 13:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

マーキーFジョーイさん

ラストワンバトルです!!果たしてどうなるのか!?

エイジアさん

いえいえ!!大丈夫ですよ!!今頃変態共はぶっ倒れているでしょうね・・・

晴哉さん

スーパーマサラ人を撃破したのはマフジーさんでした!!頭脳で勝利を勝ち取りました!!

リーン・緑風・メイドウィンさん

マナの扱い分かりました!!・・・かつ目していてください・・・後にマナとレジーナの絆は後に重要な場面に使われます!!

では本編です!!どうぞ!!

敗者待機室にて・・・

エイジア「激しい試合だね・・・」

ナルト「頑張れってばよララァ!!」

ナミ「頑張ってよマフジー!!」

のび太「負けないで欲しいな!!」

本城「・・・ですがララちゃんの運動神経はすごいですよ、実際に戦ったのでわかります!!」

銀時(・・・何でラーペはララのことララさんではなくララちゃんと呼んでんだ?)

サトシ「いや、マフジーさんの頭脳も侮れないぜ・・・!!策にかかった俺だからわかる!!」

エイジア「頭脳ゲームの最高潮である人狼を書いている人だからね」

日向「メタになるけど作者ちゃんと人狼書けるかな?」

黒子「その事は触れてはいけませんよ、今だに人狼の原案ができていないんですから」

めだか「それを言ったらおしまいだぞ!!」

銀時「これ以上メタな事を言うんじゃねぇ!!」

坂神「現実世界のマフジーさんヘルプミーです」

銀時「止めろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

そして・・・場面はララVSマフジーへ!!

だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ!!

マフジー「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ララ「待てえええええええええええぇ!!」

今マフジーはもの凄い速さで逃げている!!一方バリアを張っている隙にララはマフジーをしとめようと追い続けている!!

ララの足はもの凄く速い!!マフジーは何とか赤マフを解禁して必死に逃げている!!

マフジー(くそぉぉぉぉぉぉぉぉ!!裏の俺様を解放して攻撃したいけどバリアが邪魔だァァァァ!!)

ララ(不味いよ!!マフジーさん予想以上に足が速くなってる!!バリアが切れないうちに何とかしなくちゃ!!)

マフジーは壁の曲がり角を曲がってララの視界から外れながら逃げている!!

ララ(・・・なら!!)

ポチッ!!

ドシュゥゥゥゥゥゥゥン!!

スケート靴改造を利用して・・・猛スピードで走って壁の上へと上がる!!

ララ(上から狙うよ!!)

見晴らしが良い上から改造水鉄砲で撃つつもりだ!!

マフジー「不味いな・・・!!こうなったら一度もやったことないけどアクロバットな動きで逃げるしかねぇ!!」

ララ「くらえっ!!」

ピシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

バッ!!

空中宙返りしながらかわした!!

マフジー「やっぱ凄く速い!!」

ララ「・・・もう一度!!」

ピシュゥゥゥゥゥゥゥゥンピシュゥゥゥゥゥゥゥゥンピシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

だだだだだっ!!

バッ!!

クルクルクル!!

すたっ!!

マフジーはララの連射をまずは壁を伝って走って地面にきた一発目を交わした後更にジャンプして向かい川にあった壁にジャンプしてララの二発目もかわした後三発目はその渡った向かい側にあった壁をそのまま上がってかわした!!

ララ「あの人眼鏡外したらここまで運動神経が上がるなんて!!」

そして・・・

マフジー「どうだ?そろそろその改造銃も限界だろ!?」

ララ(・・・その通りだね、かわされて水無駄になっちゃったから・・・もう水も切れそう・・・!!仕方ない!!)

ララは改造銃から普通の銃に変えた!!

ララ(あの状態は長くは持たないと思う・・・!!持久戦に持ち込むよ!!)

マフジー(よし、何とか恐ろしいチート銃はなくなったが・・・この状態は後5分ぐらいしかもたねぇな・・・だが相手のバリアは後3分持つ、間の2分で決着をつける!!・・・だがあのスケート靴も厄介だな・・・!!ん・・・?)

マフジーは・・・壁の上である物を見つけた!!




マフジー「かかってきやがれ!!」

ララ「逃がさないよ!!」

だだだだだだだっ!!

マフジーをララは追い始めた!!ララはチート水鉄砲が切れたため通常の水鉄砲で接近しながら追いかけるしかない!!

だが!!

ララ「何で逃げないの!?」

マフジーはずっと壁の上に立っているままだ!!

マフジー「逃げるか逃げないかは俺のかってだろ!!」

ララ「・・・ならそのまま倒すんだからぁ!!」

徐々にララは近ずいていく!!

ララ「えいっ!!」

かなり接近して水鉄砲を出した・・・その時!!

















































ザクッ!!

ララ「えっ!?」

ララのスケート靴に・・・鋭利な物が刺さった!!

それは・・・鋭利な針の貝だった!!

マフジーはその鋭利な貝を足下に仕掛けていた!!

そしてララを接近させて・・・スケート靴がそれを踏んで壊れるように仕向けた!!

ララ(不味い・・・壊れちゃう!!)

ララはスケート靴を慌てて外した・・・

ララ(うう・・・故障してるよぉ・・・でも直す暇はないし・・・このまま追いかけるしかないよぉ・・・(ちょっと涙目))

マフジー(・・・悪いことしちゃったかな・・・そりゃあ発明品壊れたらショックだよな・・・まあしかたねぇ!!これで足はだいぶ遅くなっただろ!!)

ララ(・・・怒ったんだから!!)

だだだだだだだ!!

マフジー(・・・怒らせたああああああああああああああ!!)

何故か寧ろ足はスケート靴を付けるよりは遅いが・・・普通より足は速くなっていた!!

マフジー(うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!)

死ぬ気で逃げ続けた!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.899 )
日時: 2015/09/04 06:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そして・・・

マフジーは・・・何とララを撒いた!!

マフジー(ハァ・・・!!ハァ・・・!!ハァ・・・!!絶対ここまで生き残ったんだ!!負けるわけにはいかねぇ!!)

ララ「見逃しちゃったよ・・・どこに行ったんだろう・・・?」

今マフジーは・・・ララから一番遠くに逃げている!!

マフジーは再び眼鏡を付けた・・・そして手元のタオルで汗を拭いた・・・

マフジー(はぁ・・・!!はぁ・・・!!ダメだ・・・!!もう体が・・・もう一度眼鏡を付けてしかうごけねぇ・・・!!それでも30秒ぐらいだろうな・・・!!でもここまで逃げれたんだ!!何とかなる・・・!!)

・・・だが!!

ララ(・・・このままじゃ時間がないね・・・なら!!)





























ララ(くんくんトレース君を使おう!!)

ララは発明品の一つ、くんくんトレース君を取り出した!!

マフジー(・・・ええええええええええええええええええ!?)

マフジーはその事を遠くにいるララを見て気ずいた!!

マフジー(犬型のロボットと言うことは間違いなく臭いで俺を追ってくるタイプのロボットだ!!てことは・・・バレるのも時間の問題か・・・)

マフジーは・・・その時に・・・考えていた・・・


























マフジー(これが村人と人狼の関係か・・・)

人狼のことを考えていた・・・

マフジー(敵は絶対に倒れないバリアを持っている、そして臭いで俺がどこにいるのかもすぐ分かる、まるで絶対に皆で投票するしか倒せなく、何も出来ない村人に当たる俺を襲ってくる人狼だな・・・このまま襲われて終わりか・・・)

足音は・・・近ずいてきていた・・・




























マフジー(・・・待てよ?)

今手元にあるのは・・・尖っている貝、タオル、複数の水風船、眼鏡、そして周りにあるのは砂・・・

マフジー(・・・これは・・・!!・・・もしかしたら・・・!!そうだ・・・!!そうだった!!よしっ!!・・・もしかしたら・・・倒せるかもしれねぇ!!)

マフジーは・・・ある作戦を思いついた!!

マフジー(・・・ララ・・・今の俺にとっての人狼・・・今お前を吊ってやるぜ!!・・・投票は二対一でな!!)

次回!!ついに水鉄砲バトル決着!!果たして勝負に勝ったのは!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存