二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.885 )
日時: 2015/08/30 10:31
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

一方青チーム・・・

ルフィ「それいいな!!一人より二人の方がいいからな!!」

悟空「そうだなぁ!!」

ナミ「皆賛成のようね・・・で!!チーム分けはどうする!!」

マフジー「俺からの提案だが・・・こうはどうだ?」

青チーム分け

チーム1

ルフィ、ナミ

チーム2

マフジー、悟空

マフジー「ルフィと悟空って友情も強いし最強のコンビなんだろうけどそうすると力が偏って俺やナミが危ない、そしてやられたらルフィと悟空が四人でフルボッコされる・・・そうなったら必ず如何に最強の二人でも勝てるかは全く分からない・・・だから同じ麦わら一味であるナミとルフィで麦わら一味コンビ、残った俺と悟空でコンビを組む、こういう感じでどうだ?」

ナミ「・・・いいわねそのコンビの決め方!!じゃあそれぞれ作戦を立てるわよ!!」

チーム1・・・

ルフィ「よしっ!!じゃあ作戦決めるぞ!!」

ナミ「・・・私に一つ作戦があるわ!!でもこれは・・・見聞色の使い手じゃない人にしか使えないけど・・・」

ルフィ「要はサトシとララのみか・・・じゃあ銀さんやめだかにあったときはどうするんだ!?」

ナミ「めだかはもの凄い早さでの移動が可能、銀さんは侍故の反射神経と攻防得意なオールライダー、これに対して私は天気能力を生かした策士、アンタもめだかと同じくギア2のスピードタイプ・・・だから私は銀さんと、アンタはめだかと勝負!!」

ルフィ「分かった!!やるぞぉ!!」

チーム2・・・

悟空「で、どうしよっか」

マフジー「とりあえず悟空が敵を引きつけて俺がそこを撃つ!!悟空なら相手によっては三対一でも大丈夫だろ!!」

悟空「・・・確かにそうなんだけどよ〜実はオラ達で一人ずつ倒してぇんだよな〜」

実は現在残っている青チームのうち・・・ナミ以外全員一人も倒していないのだ。といってもナミが倒したと言ってもほとんど体力を失っていた黒子だが

マフジー「・・・確かにそうだな・・・サスケは二人、剣心は一人、日向が二人・・・後はなしか」

悟空「ああ!!だから俺達も活躍しねぇと!!」

マフジー「そうだな!!」


で、現在の状況になる・・・

まず一応青チーム全員がとりあえずステージを観察

ナミ「穴だらけね・・・」

ルフィ「正直邪魔だな!!」

悟空「舞空術使えれば問題ねぇだろ!!」

マフジー「・・・・・・」

悟空「どうしたんだマフジー?にやにや笑っててよ」

マフジー「・・・いや・・・」

































マフジー「とっておきの策を思いついてな!!」

三人「!?」

そして赤チーム・・・同じくステージを見て回っている

銀時「穴本当に多いな・・・穴っていったらどうしてもアレを考えちゃうのが男ってもんだよな〜」

ララ「もしかして○○○?」

銀時「そうそう、ってお前そういう知識意外とあるんだな、まあお前も女だしな、他にも○○○○や○○○とか知ってるのか?」

ララ「うん!!○○○○は自分のためにすること、○○○は男性専y」

どかどかどかっ!!

めだか「・・・貴様は何純粋な少年の前でそのようなことを言っている!!(怒)」

サトシ「めだかちゃん、何で俺の耳を塞いでいるんだ?」←両耳を塞がれている

銀時「イテェなおい・・・」←巨大なたんこぶが頭に

ララ「痛いよ〜(涙目)」←同じく巨大なたんこぶ頭に

めだか「さぁ!!早く分かれるぞ!!」

銀時「わ、分かったよ・・・」

ララ「は〜い!!」←もう治った

銀時「回復早いな!!」←こちらも

サトシ「アンタもだよ!!」

こうして四人は二人ずつに・・・分かれていった・・・

そしてその頃・・・

マフジー「よし!!これで完璧だ!!」

ナミ「なかなか凄いこと考えたじゃない!!」

悟空「コイツはもしかしたら全員落とせるかもな!!」

青チームもある策を作り上げた後・・・四人は二人に分かれた・・・

青チーム1・・・

ルフィ「ししし!!アイツスゲェ頭いいんだな!!」 

ナミ「そうね!!しかも支給されたバリアも組み合わせるなんて!!」

ルフィ「・・・誰か来るぞ」

ルフィは見聞色で敵の居場所を感知した!!

ナミ「え!?・・・構えるわよ!!」

ルフィ「・・・いや、どうやら俺達のところにきた奴は離れた・・・!!」

ナミ「は!?」

ルフィが感知していたのは・・・

ララ「危なかったね・・・」

サトシ「ああ、ピカチュウのおかげだ!!」

時は少し遡る・・・

ララ「ピカチュウが来たよ!!」

分かれた後サトシはピカチュウを使って敵がどこにいるのかを探っていた・・・

サトシ「ピカチュウ!!近くに誰がいた!?」

ピカチュウはルフィとナミの顔まねをした!!

ララ「器用なんだね!!」

サトシ「・・・成る程な・・・どうする?ルフィさん達と戦うか一旦引いて悟空さん達の方向へ向かう?」

ララ「・・・私は一旦引いた方がいいと思うよ!!」

サトシ「何で?」

ララ「勘だよ!!」

サトシ「オイ!!」

ララ「ていうのは冗談で・・・ルフィって見聞色うまいでしょ?だから全く覇気について知らない私達が勝てるのかな〜って思ってさ!!」

サトシ「でも悟空さんも覇気使えたはずだよな・・・」

ララ「悟空さんは強いかもしれないけど・・・正直言ってはいけないと思うけど一番確実に倒せるの・・・全く戦っていない感じがする、マフジーさんじゃないかな?」


青2チーム

マフジー「ぶっくしょい!!」

悟空「どうしたマフジー?こんなに暑い中くしゃみして」

マフジー「・・・何かショックなこと言われた気がしてな・・・」



サトシ「・・・よし!!確かにそうだな!!一番戦っていない感じするしな!!」


再び青2チーム

マフジー「はっくしょん!!」

悟空「オメェ大丈夫か?風邪ひいたのか?」

マフジー「い、いやなんでもない・・・」



サトシ「というわけで離れるぞ!!」

こうして二人はルフィ達から離れた・・・



ルフィ「・・・再び近ずいてくるな!!」

ナミ「今度は逃がさないわよ!!」

ルフィ「行くぞ!!」

ナミ「ええ!!」

だだだっ!!

二人は走り出した・・・

そして・・・出会ったのは!!











































銀時「ここにいたのか!!」

めだか「見つけたぞ!!」


銀時&めだかペア!!

ルフィ「絶対撃ってやるぞ!!覚悟しろ!!」

銀時「上等だこのヤロー!!やってみやがれェ!!」

めだか「覚悟するのは貴様達の方だ!!白黒万事屋コンビの力見せてやる!!」

ナミ「私達麦わら一味を舐めていたらやられるわよ!!」

そして一方・・・

サトシ「ピカチュウ!!どうだった!?」

再びピカチュウは使いを出していた!!

ピカチュウは・・・悟空とマフジーの真似をした!!

サトシ「近くにいるということだな・・・早く行くぞ!!」

ララ「うん!!」

ビュゥゥゥゥゥゥウン!!

二人は同じ速さで走り出した!!

・・・ってアレ?何でサトシはかなり足が速いララと一緒に走れているんだ?・・・そっれは・・・












































高速移動を使っているからさ!!

そして・・・

二人は遂に!!


























悟空「いたか!!」

悟空とマフジーに遭遇!!

悟空「本気でやんぞぉ!!」

マフジー「試合開始だ!!」

サトシ「いくぞピカチュウ!!」

ララ「やるよっ!!」

・・・次回!!白夜叉&完璧委員長VS麦わらのルフィ&天気の魔術師、スーパーマサラ人&はちゃめちゃ美少女VSスーパーサイヤ人&ポケモンオタk・・・人狼の覇王!!生き残るのは・・・誰だっ!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.886 )
日時: 2015/08/31 01:31
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2

どうも!ポケモンオタk…もといマーキー・F・ジョーイです!

まさか自分がここまで残るとは思ってもいませんでしたw

体力で活躍できぬのなら知力で貢献だけでもできたと考えちゃいますぜ←

ララちゃん、サトシくん…おじさん泣いちゃうよ?←
まあ、確かに活躍らしい活躍は前半ではなかったですからにゃ…。これはもしや!俺って若き頃のウソップ枠!?←

一条寺「ところで一ついいか?オタクなのではない!ヲタクだ!」

ユーフ「一条寺、キミのこだわりはどうでもいいから!」

全くだ!ポケモンオタク(にわか)兼人狼の覇王(作者的な意味で)に失礼ぞ!

一条寺「気に入ったのかその覇王って称号…まあ、マフが実際に対戦したことはほぼ皆無だけどな」

言わないでおくれ…;

では本当に気になったことを一つ…>>884でゴンがサトシってハイスペック云々言ってますが、その後サトシが「頑張ってサトシ!」とセルフ応援しているみたいなのですが…これってセレナかユリーカが応援してるということでいいんでしょうかね?
※気分を害されたら申し訳ございません;

ではこれにて失礼します!更新応援してます!
フォルツァ!青チーム!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.887 )
日時: 2015/08/31 11:33
名前: 夏風邪 ◆nlcWiFzI5U

どうもです!

サトシ…確かにピカチュウを肩に乗せて全力疾走できるもんね…

これは銀さん、悟空、サトシのスーパートリオができるんじゃないんでしょうか!

というか、銀さんとめだかが地味にリア充してやがるな……

夏田「次回も楽しみにしています!」

p.s短編集を書き始めました!よければ見てください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.888 )
日時: 2015/08/31 14:09
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

とんでもねーメンツだなおい
あ、俺は※タムタムの木から皆を見守ってます。

メイドウィン「折れないものだな。」

松山「まぁ、どっちが勝とうが面白れーこと代わりはねぇからな、頑張れよ!」

※正義超人ジェロニモの持つアイテム、水に塗らすとみるみる成長する、これを海に投げた。

更新頑張って下さい!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.889 )
日時: 2015/08/31 22:48
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝なのです!!

マーキー・F・ジョーイさん

すみません、セルフ応援になってました・・・訂正いたしました・・・果たしてどうなるのか青チーム!!

夏風邪さん

分かりました!!今度小説にオリキャラ考えて投稿しに行きますから!!

リーン・メイドウィン・緑風さん

結構面白いメンツを揃えました!!面白いですか?・・・後すみません、質問ですが貴方の世界ではドキドキプリキュアのマナってどういう扱いなんですか?後に重要になるので教えてください!!

では本編です!!どうぞ!!

まずは・・・銀時、めだかVSルフィ、ナミ!!

ピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュ
ピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュピシュ!!

怒濤の撃ち合いが勃発!!

銀時「くそっ!!こいつ避けるの意外とうめぇ!!」

めだか「速いな・・・!!」

ルフィ「それはお前だァ!!」

ナミ「何銀魂ネタ混ぜてんのよ!!・・・とにかく!!動きが素早いのはお互い様ね・・・!!」

このままでは・・・互いに決着が付きそうにない!!

めだか「・・・そろそろいくぞ!!」

めだかは・・・ケリを付けるため黒神ファントムの体勢になった!!

ルフィ「ナミ!!気をつけろ!!黒神ファントムの構えだ!!水風船を直接ぶつけてくるって悟空が言ってた!!」

ナミ「分かってるわよ!!アンタはそれを見切って水鉄砲を撃って!!」

銀時「させるかよ!!」

だだだっ!!

銀時はルフィに向かって突進!!

ナミ「蜃気楼、幻影妖精!!」

モアアアアッ・・・

複数の幻影を作り出す!!

銀時「めだか!!」

めだか「ああ!!」

めだかは全ての幻影を排除しながらナミに突進するつもりだ!!

めだか「・・・いくぞ!!」






































シュゥゥゥゥゥゥン!!

どかっ!!ピシュ!!バシッ!!パァァァァァァァン!!パァァァァァァァァン!!ピシュゥゥゥゥゥゥン!!シュゥゥゥゥゥゥン!!

一瞬の間に何があったのか!?

・・・その一瞬の間に・・・

まずめだかは・・・全ての幻影を消して・・・ナミに水風船をぶつけようとした!!

だが・・・それを・・・ルフィはギア2状態で足で防いだ!!

その隙をついて銀時は水鉄砲をルフィに撃ち込む!!

ナミはそれを・・・天気棒でガード!!

銀時はもう片方の手で水風船をナミに投げた!!

ルフィは水風船を持った手の肘で割って防いだ後水風船を銀時にぶつける!!

が!!銀時は水鉄砲を離した後木刀を持って一瞬で水風船を割った!!

割った隙を見計らってルフィはもう片方の手に持っていた水鉄砲をギア2の影響で加速した水鉄砲をめだかに撃つ!!更にナミも水鉄砲をめだかに撃つ!!

めだかは回避した後黒神ファントムで一気に後ろに下がった!!

その・・・勢いで!!

ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

もの凄い速さで水風船を投げる!!

ルフィは・・・悟空から学んだ気を放出する方法で気を体から出して水風船を割る!!

・・・だが!!



































ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

パァァァァァァァン!!

ルフィ「なっ・・・!!」

ルフィが気を出した直後の瞬間にナミの近くにたどり着くように計算された水風船を投げていた!!ルフィに向かって投げたのはナミへの注意を逸らすため!!

そして・・・

ブゥン!!パァァァァァァァァァン!!

ナミ「きゃあっ!!」

更に・・・もの凄い速さで投げられた水風船を・・・全ての幻影に色水を当てるため・・・

銀時は木刀を振って色水風船が弾じこうとした・・・!!

だがそれはルフィが足で防いだ!!・・・が!!

木刀を振った手には・・・クナイがあった!!水風船に向けて・・・投げたクナイは・・・見事に水風船に当たった!!そして弾けた絵の具が・・・!!

・・・全ての幻影に水が当たって・・・ナミの水着に・・・色水が付いていた・・・

・・・恐ろしい二人の連係プレー!!

ナミ撃破、残り青チーム3人

ナミ「・・・ごめんルフィ・・・やられたわ・・・」

銀時「よぉし!!これで一人撃破!!」

めだか「よく私の投げた球についてこれたな!!」

銀時「まぁな!!・・・分かってたんだろ?俺が付いてこれるの」

めだか「な、なんのことだ!?(動揺)」

銀時「今動揺しているだろ?」

めだか「し、していないぞ!!(ちょっと顔が赤くなってる)」

銀時「・・・あれ・・・ルフィどこにいった?」

めだか「・・・そういえば・・・」

ルフィが・・・見あたらなくなっていた・・・!!

・・・すると・・・どこからか声が・・・!!

?「・・・俺の・・・仲間を・・・!!」































ルフィ「撃破したなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

・・・ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

めだか「え・・・」

パシャァァァァァァァァン!!

ルフィは・・・まさかのギア4を発動!!猿王砲で水風船をぶっ放す!!

もの凄すぎるスピードで・・・!!二人に襲ってきた・・・!!・・・だが!!

水風船を受けたのは・・・





































銀時「・・・あっちゃ〜、俺もここで脱落か・・・」

めだか「・・・き、貴様・・・!!」

銀時が・・・めだかを庇ったため・・・受けたのは・・・たった・・・一人・・・

坂田銀時撃破、残り赤チーム3人

めだか「・・・貴様はまた・・・!!私を庇って・・・!!」

銀時「・・・仕方ねぇだろ?こうなっちまった以上・・・後はめだかちゃん、お前に任せたよ・・・」

めだか「・・・すまない・・・(涙目)」

ルフィ「銀さんが庇ったか・・・!!今度こそめだかを撃破してやる!!」

めだか「・・・こちらこそ!!・・・私のために脱落してしまった銀時の為に・・・絶対に負けない!!」

更に二人の戦いは加速していく!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。