二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.620 )
日時: 2015/02/09 18:06
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「つぎはボッスンとめだかさんか・・・・・」

ララ「これ、まずいですね・・・ボッスンさん」

エイジア「大丈夫だよ。これ渡しておいたから。」

ララ「これは?」

エイジア「パワーリング!これをつけると力が上がって、傷もあまりしないんだ。けど、ちょっと問題が・・・・」

ララ「?何ですか?」

エイジア「これを外すと今までたまっていた傷や体力が一気に溢れるから筋肉痛が全身に来るから」

ララ「うわ・・・・」

エイジア「ま、私の癒しの歌で回復出来るけどね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.621 )
日時: 2015/02/10 08:41
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん
受け取りました!!

後皆さんにお知らせです、返信の数が多くなってきたので少なく書かれていた文章を一つの返信にまとめようと思います、なので返信の数が少なくても気にしないでくださいね!!

では本編です!!どうぞ!!

アラレ「博士!!勝ったよー!!」

千兵衛「喜ぶな!!わしかなり怒られたぞ!!」

あかね「あいからわずだなアラレは!!ハハハ!!」

千兵衛「笑い事じゃないッ!!」

銀時「アイツどうしたんだ・・・」

メイドウィン「不死の俺が初めて死ぬと思えた・・・」

妹紅「そうね・・・」

そして・・・

藤崎「集中モード!!」

めだか「ハァァァァァァァ!!」

藤崎「と言っても逃げることしか集中できねぇぇぇぇぇぇぇ!!」

藤崎はただ逃げているだけである・・・

エイジア「そりゃあそうだよね・・・」

めだか「貴様も少しは戦え!!」

藤崎「だって力じゃ明らかに劣っているから無理だって!!」

椿「情けないな!!戦え!!」

藤崎「じゃあお前が戦ってみろやァァァァァァァァァァァ!!」

藤崎「こうなったら・・・これしかねぇ!!」

藤崎が取り出したのは・・・パチンコ玉!!

藤崎「スリングショット!!」

シュン!!

めだか「当たるか!!」

サッ!!

藤崎「まだまだ!!」

シュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュン!!

無数の弾をよけながら撃ちまくる!!

めだか「糞・・・よけきれない・・・」

サッ!!サッ!!サッ!!サッ!!サッ!!サッ!!サッ!!

バシィ!!

めだか「くぅ!!」

一発当たった!!

鬼塚「ボッスン!!今や!!」

藤崎「ああ!!ウォォォォォォォォォォォォ!!」

藤崎は一発殴る為前に出る!!

めだか「・・・これくらいじゃ負けないぞ!!」

藤崎「えええ!?」

めだか「ハアッ!!」

ドゴォ!!

藤崎「アベシッ!!」

逆に一発腹を殴られた・・・

藤崎「腹が!!腹がァァァァァァァァァァァ!!」

のたりまわっている・・・

藤崎「・・・ふっ、だからって俺は・・・倒れはしない!!」

スケットダンス勢「立った!?」

めだか「いやそりゃあそうだろうな、結構弱めに力出したからな」

鬼塚「言わないでやってぇ!!惨めになるから!!ホンマに!!」

藤崎「こんな時には・・・取って置きの秘策がある!!・・・こんな時には・・・」






























































藤崎「逃げるんだよォォォォォォォォォォォォォォ!!」

全員「結局変わんねぇェェェェェェェェェェェェェ!!」

めだか「待てぇぇぇぇぇぇぇ!!」

藤崎(・・・でも本当どうすればいいんだ・・・こうなったら・・・)

藤崎「上に・・・スリングショット!!」

シュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュンシュン!!

そして・・・

ヒューンヒューンヒューン!!

球が大量に落ちてきた!!

めだか「当たってたまるか!!・・・見聞色!!」

めだかは次々とよけていく!!

全てよけきった後・・・

めだか「覚悟しろ!!」

再び追う!!

だが!!

善吉「めだかちゃん!!下の球に気を付けて!!」

めだか「何が・・・ハッ!!しまった!!」

ツルっ!!

ドガシャーン!

藤崎「狙い的中!!スリングショット!!」

シュンシュンシュンシュンシュンシュンシュン!!

めだか「痛ァ・・・」

鬼塚「ナイスやボッスン!!」

藤崎はめだかがよけるのを承知でよけきった後に自分を追いかけて球に引っかかり転ぶスキを狙ったのだ!!

銀時「中々頭の回転が速いな・・・」

めだか「・・・見事だ、貴様を舐めていたのが間違いだった・・・そろそろ本気を出すぞ!!」

藤崎「・・・プハァ!!糞・・・ここで集中力モードが切れた・・・」

めだか「ハァァァァァァァ!!」

ドカドカバキメキドガシャン!!

藤崎「ゴワハァ!!」

スケットダンス勢「ボッスン!!」

藤崎「・・・体が・・・もう・・・」

めだか「じゃあ・・・この戦いを終わりにしよう!!」

めだかが・・・トドメの一撃を!!























































藤崎「・・・まだ・・・諦め・・・たらダメだ!!」

ガシィ!!

めだか「な!?」

めだかの蹴りを受け止めた!!

めだか「何故・・・まだ力を持っている!?」

藤崎「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・俺は・・・スケットダン部長・・・そう簡単に負けたら・・・みっともねぇ!!」

鬼塚「ボッスン・・・」

藤崎(エイジアさんからのパワーバンドが無かったら負けていた・・・)

藤崎「いくぞ!!」

ドカァドカァドカァ!!

互角の殴り合いが始まった!!

めだか「グフッ!!」

藤崎「ガハァ!!」

笛吹「流石だな・・・俺達のリーダーは」

球磨川「凄いね』『めだかちゃんと互角に殴り合ってるよ』

そして・・・

めだか「貴様は・・・臆病者だと思っていた・・・だが・・・見直したぞ!!」

めだか「だから・・・敬意を持ってこの技で・・・終わらせる!!」

めだかは・・・少し距離の間を開けて!!





















































めだか「黒神ファントム!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

ドカァ!!

藤崎は遠くに飛ばされて・・・

ドカァン!!

壁にぶつかり・・・

ドシャア・・・

・・・そのまま・・・倒れた・・・

猿悟巻「この勝負!!藤崎佑助戦闘不能!!黒神めだかの勝利!!」

めだか「藤崎・・・私は勝者のみならず敗者の思いも背負う!!だから・・・」

めだか「背負ったぞ・・・貴様の思いも!!」

藤崎「・・・俺は・・・強かったか・・・?」

めだか「ああ!!・・・勝つものが強いのではない・・・負けてはい上がるものが強いのだ!!・・・だから・・・自信を持て!!」

藤崎「あ、ありがとよ・・・ぐ、グアアアアアアアアアアアア!!」

全員「どうしたんだ!?」

エイジア「大変!!あれ副作用があるのよ!!」

猿悟巻「皆!!治療を大至急頼むぜ!!」

エイジア「分かってる!!」

サクラ「大丈夫かしら・・・」

銀時「・・・凄いな、ボッスン・・・見直したぜ」

アラレ「てことは・・・次は・・・めだかちゃんと勝負だねー!!」

めだか「ああ!!負けないぞ!!」

坂神「皆さん!!立ち直りました!!・・・では!!・・・次の戦いの組み合わせを発表します!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの四人「今度こそ!!今度こそ頼む!!」

ジャン!!























































































第七回戦、うずまきナルトVS浦飯幽助

ナルト「来た来た来たァ!!ついに俺様の出番だってばよぉ!!」

サスケ「浮かれすぎだろ・・・」

ルフィ「いいなぁぁぁぁ!!」

幽助「よっしゃあ!!喧嘩上等!!覚悟しろよナルト!!」

幻海「頑張るのじゃ!!」

和真「負けるなよ!!」

幽助(油断しちゃいけねぇな・・・コイツは強いからな・・・)

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第七回戦!!うずまきナルト対!!浦飯幽助!!開始!!」

次回!!霊丸対螺旋丸!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.622 )
日時: 2015/02/10 17:48
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「やっぱり、これ改良がいるね」

ララ「そうですね」

十六夜「ただいまーー」

エイジア「あ、おかえり。ギフトゲームどうだった?」

レイヴン「結果的に俺が勝った。」

ララ「え!?十六夜、負けたんですか!?」

十六夜「流石、祟り神と呼ばれるほどだ。凄く強かった。」

エイジア「だろうね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.623 )
日時: 2015/02/11 00:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
エイジアさん
改良したほうが・・・後に戦闘力がない人の為にもいいかもしれませんね・・・
では本編です!!どうぞ!!
藤崎「治ったぁ〜」

チョッパー「何とか治せたぞ・・・」

めだか「ありがとな!!」

二人(と言ってもめだかは大したことなかったが)は治療されていた・・・

そして・・・

ナルト「おらぁ!!」

幽助「舐めんな!!」

ドカァドカァドカァ!!

まずはいつものごとく体術争い・・・

幽助「スキありぃ!!」

ドゴォ!!

ナルト「ゲフゥ!!」

カカシ(やっぱり体術はあっちのほうが基本拳で戦う幽助の方が有利ね・・・ま、ナルトの本領はここからだけどな)

ナルト「体術は中々やるってばよ・・・じゃあここからやっと術を使わせてもらうってばよ!!影分身の術!!」

ボボォン!!

大量の数に分身!!

幽助「多いいな・・・でも強さはオリジナルより弱そうだな・・・よし、全て倒してやるぜ!!」

幽助は次々と影分身を倒していく!!

幽助「・・・少し体力使ったな・・・」

ナルト「これくらいで体力を減らしちゃ俺に勝てないってばよ!!」

ナルトは・・・あれを繰り出す!!

シュシュシュシュシュ・・

ブゥゥゥゥゥン!!

幽助「あれは・・・不味い!!」

ナルト「螺旋丸!!」

幽助「あぶねぇ!!」

幽助はジャンプでよけた・・・

だが!!

ナルト「甘いってばよ!!影分身の術!!」

ナルトは影分身を幽助の着地地点に出して・・・螺旋丸の準備をさせた!!

幽助「しまった!!」

ナルト「改めてくらえってばよ・・・螺旋丸!!」

ドゴォ!!

幽助「グ・・・糞・・・威力が・・・すご」

ナルト「オラァァァァァァァァァァァ!!」

ドゴォォォン!!

幽助「グァァァァァァァァ!!」

勢い良く壁に激突!!

幽助「・・・すげぇ・・・威力だ・・・」

ナルト「オラオラどうしたぁ!!これくらいで倒れたらやばいってばよ!!」

幽助「・・・まだまだァ!!・・・今度は俺の番だ!!」

ピキュュュュュュュュュン!!

指先に・・・霊力が貯められた!!

幽助「霊丸!!」

ドカァァァァァン!!

ナルト「グハァ!!」

サクラ「何でよけなかったの!?あれはまだ十分よけれる速さだよ!?」

シカマル「わかんねぇのか?アイツはわざと当たったんだよ、威力をはかる為にな」

ナルト「・・・確かに中々の威力だってばよ」

幽助「まだまだいくぞ!!」

幽助が・・・ナルトに急接近!!

幽助「オラァ!!」

ナルト「単純な攻撃は当たんないってばよ!!」

サッ!!

幽助「甘めぇよ!!」

幽助はその場にとどまった!!

ナルト「もう一発くらわせてやるってばよ!!」

シュシュシュシュシュ・・

ブゥゥゥゥゥン!!

ナルト「螺旋丸!!」

ナルトが接近してきたとき!!

幽助は自らナルトの腹に飛び込んだ!!

ナルト「なっ・・・」

幽助「くらえ!!内臓殺し!!オラァァァァァァァァァァァ!!」

ドカドカドカドカドカドカドカドカドカァ!!

ナルト「ガハァ!!

腹に強烈な超高速ボディーブローの連打が炸裂!!

ナルト「オボロロロロロロロ・・・」

吐いた・・・

ナルト勢「そりゃあ腹を何ども攻撃されたらそうなるわ・・・」

ナルト「・・・もう怒ったってばよぉ!!・・・仙人モード発動!!」

そして!!

ナルト「真!!風遁!!螺旋手裏剣!!」

幽助「不味い!!霊丸!!」

二つの弾がぶつかった・・・が!!

幽助「霊丸が壊された!?不味い回避w」

ナルト「させるかってばよぉ!!」

ナルトの分身が幽助を押さえつけた!!

そして!!

キュルキュルキュルキュルキュルキュル!!

螺旋手裏剣が炸裂!!

幽助「クウゥ!!」

幽遊白書勢「幽助ェ!!」

幽助「・・・ハァ、ハァ、ハァ・・・キツイな・・・」

幽助「でも・・・だからって・・・負けるわけにはいかねぇ!!」

ピキュュュュュュュュュュュュュュュュュュ
ン!!

最大の霊力を込め始めた!!

幽助「俺の全ての霊力を・・・この一発に込める!!」

ナルト「じゃあ・・・俺も!!」

最大限のチャクラを練りこんだ!!

ナルト「仙法超大玉螺旋丸!!」

二つの大きい弾が・・・激突!!

果たして勝者は!?

すみませんが時間の都合上ここでストップです!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.624 )
日時: 2015/02/11 21:43
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「ふう、やっと出来た。」

十六夜「またすごいの作ったな」

ララ「エイジアさん、これ何ですか?」

エイジア「前回のパワーリングあったでしょ?それのスーツ番。」

十六夜「面白いな」

エイジア「でも、全身の筋肉痛は取れなかった・・・・・!」

ララ「やっぱりそうですか・・・・」

エイジア「でも、パワーだけじゃなくて、スピード、防御も上がっとるんだ」

ララ「へぇ〜」

エイジア「あと、この眼鏡をかけたら相手の動きに会わせてどう動けばいいか教えてくれるから」

ララ「ちなみに、この力はどれぐらいなんですか?」

エイジア「うーん、死ぬ気弾の力を使ったから、大岩が割れるくらいかな?」

十六夜「おい待て、なんであの赤ん坊の弾をお前は知ってるんだ?」

ララ「リボーンさんのことですか?」

エイジア「あ、そう言えば言ってなかったね。私、ボンゴレ九代目の元守護者だったんだ」

ララ・十六夜「「え!?(は!?」」

エイジア「ボンゴレの雪の守護者。でも、いろんな事情でボンゴレから抜け出して、今はやってないよ」

十六夜「どうしてやめたんだ?」

エイジア「歌を歌ったり、神様のトラブルを解決したりいろいろ大変だったから、九代目から自分の役目を果たせ、と言われてから今はボンゴレに入ってないよ。まあ、緊急事態は出るけどね」

ララ「でも、リングって確か七つじゃありませんでしたか?」

エイジア「雪のボンゴレリングは九代目が作ったから、マフィアの間では、幻のリングとも言われてるよ。あ、今持ってるから見せようか?」

十六夜「へぇ、これが雪のリングね・・・・」

エイジア「ついでに、私のパートナーを見せようか。」

ララ「パートナー?」

エイジア「これだよ」

十六夜「こいつは・・・・ドラゴンか?」

エイジア「うん。氷竜のユナ。ちいさいけど、本気を出すとすごいんだよ。能力は氷の息吹だよ。まあ、雪の息吹って言った方がいいかな?」

ララ「寝てますね。」

エイジア「暑い時は、ぐっすり眠るんだ。もうちょっとで起きると思うけど。」

十六夜「そうなのか・・・・」

エイジア「後、ユナとリンクすると私もそれなりに強くなるから。と言うか、私自信が竜人になるから」

ララ「それって、テイクオーバーですか?」

エイジア「まあ、そんな感じだよ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.625 )
日時: 2015/02/12 06:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!最近エイジアさん除く他の作者からあまりコメントが来なくて少しさみしい坂神です!!朝になってしまいました!!すみません!!

エイジアさん
設定把握しました!!

では本編です!!どうぞ!!

二つの巨大な・・・弾が激突する!!

ナルト「オォラァァァァァァァァァァ!!」

幽助「オォォォォォォォォォォォォ!!」

遂に・・・激突!!

ドカァァァァァァァァァァン!!

シカマル「スゲェ爆発だな!!」

蔵馬「大丈夫なのか幽助の奴・・・」

煙が・・・晴れた後・・・

二人はまだ立っていた!!

ナルト「ハァ・・・ハァ・・・中々やるってばよお前・・・」

幽助「それはこっちのセリフだぜ・・・」

幽助「やっぱりフェイクを使っといて良かった・・・本当に・・・最後の霊力だ!!」

霊力を・・・手に貯め始めた!!

幽助「・・・これで最後だ!!」

ナルト「じゃあ・・・こっちも新技で本気でやるってばよ!!・・・」

ナルト(九喇嘛・・・少しチャクラを借りるってばよ!!全てじゃなくていいからよ!!)

九喇嘛(・・・しょうがねぇな!!少しだけだぞ!!)

ナルト「ありがとよ!!・・・行くぜぇ!!」

幽助「ああ!!」

二人が走って・・・急接近し・・・

幻海「アイツ・・・霊光弾を撃つつもりか!!」

全員「霊光弾?」

幻海「拳に霊力を集め直接ぶつけるという技・・・ナルトの螺旋丸みたいなものじゃ・・・だがその分疲弊が大きいものだが・・・」

激突!!

幽助「霊光弾!!」

ナルト「仙法!!尾獣螺旋丸!!」

ドカァァァァァァァァァァン!!

再び大爆発が起きた!!・・・煙が・・・晴れた・・・時に・・・

果たして立っているのはどっちだ!?
























































































































ナルト「悪りぃが・・・俺はスタミナには自信があるんだってばよ!!」

ドサァ・・・

坂神「この勝負!!浦飯幽助戦闘不能!!うずまきナルトの勝利です!!」

ナルト「やったってばよぉ!!」

リー「良かったですね!!ナルト君!!」

サスケ(アイツあまり本気を出していないだろうな・・・まだあの姿になっていないんだからよ・・・)

幽助「クウゥ・・・すまねぇ婆さん・・・」

幻海「しょうがない、また次頑張ればいい事だ」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの三人「ナルトがきたんだから俺にも出番が来るはずだ!!」

ジャン!!
































































第八回戦、両津勘吉VS空閑遊真

両津「よっしゃあ!!わしはデストロイヤー両津だ!!銃撃戦なら負けんぞ!!」

中川(先輩恐ろしい生命力持っているんだよなぁ・・・)

空閑「じゃ、行ってくるぜ」

修「負けるなよ空閑!!」

坂神「ちなみに銃撃は受けても穴は開きません!!ただし激痛ですが!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第八回戦!!両津勘吉対!!空閑遊真!!開始!!」

次回!!銃撃戦勃発!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.626 )
日時: 2015/02/12 18:03
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「あれ!?パワースーツがない!!」

ララ「さっきまではここにあったのに・・・・・」

十六夜「そう言えば、さっき、両さんが通ってたぞ。」

ララ「もう、両さんが犯人ですね・・・」

エイジア「後、ユナもいない!ここにいたのに!」

ララ「それなら、桂さんですかね。なんか、竜がよく売れるとか言ってましたし。」

エイジア「・・・・・わかった、桂は妙さんの卵焼きを食べさせるから。両さんも妙さんの卵焼きを食べさすから。」

ララ・十六夜「「(もう、死んだな・・・・/死にましたね・・・)」」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.627 )
日時: 2015/02/14 00:24
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!一日遅れてしまいました!!すみません!!コメント感謝です!!

エイジアさん

すみませんが盗んでいないことでいいでしょうか?理由は文章に書かれています!!

では本編です!!どうぞ!!

幽助「糞ぉ!!負けたァ!!」

ナルト「どうだ!!俺の実力は!!」

幽助「・・・しょうがねぇ!!次は負けねぇぞ!!」

ナルト「ああ!!何どもかかってこいってばよ!!」

リボーン「アイツのリング・・・ツナ、あの女もしかしたら・・・9代目の守護者かもしれねぇ」

綱吉「本当!?」

そして!!

両津「喰らえェェェェェェ!!」

ダダダダダダダダダダダダダァン!!

空閑(凄い銃手だな・・・トリガー盾を使わなかったら危なかったな)

空閑はトリガーを使い守り攻撃のスキを狙う!!

両津「糞っ!!トリガーが厄介で攻撃が出来ん!!・・・こうなったら!!」

両津「この威力でトリガーを突き破ってやる!!ロケット花火ランチャー!!」

ドゴォン!!

空閑「トリガーon!!強!!」

ガキィン!!

両津「何だとぉ!!」

空閑「スキあり!!トリガーon!!射!!」

ダダダダダァン!!

両津「グハァ!!」

一撃喰らった!!

両津「・・・このやろォォォォ!!」

纏「なーに、アイツはあれくらいじゃ倒れないよ」

両津「わしの能力を全て使いきり勝負させてもらう!!ラジコン攻撃だ!!いけぇ!!」

大量のラジコンを発射する!!

ブロロロロロロロロロロロロ・・・

空閑(今回はやっかいだな・・・相手はトリガー使いでもないからコピーできないしな・・・)

空閑「よし・・・各個撃破しようか!!」

ボォンボォンボォン!!

空閑は研ぎすまれた集中力を駆使してラジコンの銃撃を次々とよけながら・・・ラジコンを撃破!!

だが・・・

両津「スキあり!!ガトリング砲発射!!」

ドドドドドドドドドドドドドドォン!!

サッサッサッサッサッサッ!!

ドシュ!!

空閑「なっ・・・」

空閑がそれに集中している間にスキを突き銃撃で足の動きを止めた!!

空閑「・・・やるねあのお巡りさん・・・」

シュウウウウウ・・・

両津(糞!!銃撃の跡が治ってきていやがる!!こうなったら・・・治る前に集中攻撃で仕留めてやる!!)

両津「こうなったらタイマンしようじゃねぇか!!」

両津は急接近して空閑をフルボッコして仕留めるようだ!!

空閑「そうはさせないよ・・・トリガーon!!鎖!!」

ジャラララララァ!!

空閑は両津の縛り上げを狙う!!

両津「くらうかよ!!」

両津はよけた!!

空閑「これもよけるなんてね・・・トリガーon!!射!!」

ダダダダダァン!!

続いて銃撃で仕留めるようだ!!

両津「痛ァァァァァァァァァァァ!!だからとて負けんぞ痛ァァァァァァァァァァァ!!わ、わしには豪華賞品を手に入れるんだァ!!痛ァァァァァァァァァァァ!!痛ァァァァァァァァァァァ!!」

大原「おい両津の奴思いっきり銃撃受けているのに進めてるぞ?」

こち亀勢「はは、ははははは・・・(苦笑い)」

その他全員(スゲェ物欲と精神力だな・・・)

中川「流石先輩・・・」

空閑「マジか・・・・って不味い!!」

いつの間にかにもう目の前に迫っていた!!

空閑「不味い!!回避だ!!」

後ろに宙返りして・・・回避したついでに両津をトリガーで撃とうとした瞬間!!

パァン!!

空閑「え!?」

両津「悪いな!!もう一機ラジコンを待機させといたんだよ!!お前の足元を狙うようにな!!」

そして・・・両津は自らの体術でフルボッコ!!

ドカバキメキドガシャドカバカドグシャ!!

・・・ドシャア

坂神「空閑遊真戦闘不能!!両津勘吉の勝利です!!」

両津「正義は勝つー!!」

全員「どこが正義だよ!!物欲が勝つが正しいよ!!」

修(すごいよ!!物欲だけで空閑を破ったよ!!)

両津「このスーツも作っといて良かった・・・この強化スーツをな!!」

エイジア「え!?どういうこと!?私が作っていた物と似ているんだけど!?」

実は両津が着ていたのは両津自家製のパワースーツで見た目はエイジアが作ったものに似ているが構成は全く違うものであった!!

エイジア「じゃあ私の作ったスーツは・・・」

十六夜「・・・エイジア、あれ見ろ」

本城「え?」

よく見ると・・・

桂「皆さーん!!この小さい竜をペットにしてみませんかー!!後このパワースーツもおまけに付けちゃいまーす!!(攘夷には金が必要だからな!!)」

三人「・・・桂(桂さん)後で裏で話しがあります(目が笑っていない)」

桂「こ、こら貴様ら何引きずっているんだ、それに手に妙殿の可哀想な卵もっt」

10分後

モザイク「」

三人「これからは気をつけてね?」

(by坂神、エイジアさんへ、いくら両さんでも流石に盗みはしませんよ!!使いたいときはゴリ押しで強引に借りますよ!!)

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの三人「マジで来てくれ!!」

ジャン!!



















































































第九回戦鵺野鳴介VSアレンウォーカー

鵺野「俺の番か!!」

美樹「頑張ってぬ〜べ〜!!」

アレン「僕の番・・・頑張らなくちゃな!!」

神田「頑張れよもやし!!」

黒アレン「誰がモヤシだ?まずお前を先に倒してやろうか?」

リナリー「試合前に止めなさい!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第九回戦!!鵺野鳴介対!!アレンウォーカー!!開始!!」

次回!!手を駆使した戦い!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.628 )
日時: 2015/02/14 08:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「よかった・・・・ユナとスーツが無事で」

ララ「良かったです。」

エイジア「後、両さんにも謝らないと」

十六夜「そう言えば気になったんだが、どうやってあのスーツを作ったんだ?」

ララ「・・・・・さあ」

エイジア「とまあ、桂は、縄で縛りつけておこう」

十六夜「いや、それは、やらなくてもいいと思うぞ」

エイジア「ええ〜〜」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.629 )
日時: 2015/02/15 00:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
両さん曰く企業秘密だそうです

では本編です!!どうぞ!!

空閑「まさか銃撃を受けても進めるなんて思ってもいなかったよ」

両津「これがわしの実力だ!!舐めたお前が悪い!!」

二人はもちろん治癒されていた。

愛「両様ァァァァ!!良かったですね!!」

大原「全くアイツは・・・だがわしは次はそう簡単にいくとは思わないぞ?」

両津「ああ・・・次の相手が・・・ナルトだからな・・・」

ナルト「油断できない相手だってばよ・・・」

サクラ「あの人体力がつきても倒してこようとするかもしれないからね・・・」

両津(といいながらもナルトの戦闘の仕方は特訓やさっきの戦いでみているからな、研究すればまだどちらかが分からないだろう!!)

そして・・・

鵺野「ハァァァァァァァ!!」

アレン「負けない!!」

ガキンガキンガキン!!

鬼の手とイノセンスが激突中!!だが共にまだ通常状態!!

アレン「すみませんが戦闘経験から考えると僕のほうが有利です!!」

鵺野「戦闘がなんだって言うんだ!!俺も・・・生徒を護るために戦っているぞ!!」

アレン「じゃあ・・・いきますよ!!十字架ノ槍!!」

ジャキン!!

鵺野「ならばこちらも行くぞ!!妖力10%解放!!」

鵺野は剣の形に鬼の手を変化させた!!

ガキンガキンガキンガキンガキンガキン!!

鵺野「中々のイノセンスとやらを使いこなしだな・・・」

アレン「そちらこそ鬼の手を使えこなせるなんて・・・」

共に互角の戦いでこのままじゃ決着は付きそうにない!!

鵺野(このままじゃ決着は着かないな・・・こうなったら!!)

アレン(一気に勝負を決めたほうがいい・・・!!この力でケリを着ける!!)

鵺野「覇鬼!!80%だせるか!!」

覇鬼「・・・しょうがないな!!手伝ってやろう!!」

鵺野「80%解放!!超巨大鬼の手!!」

アレン「神ノ道化!!破滅ノ爪!!」

ガキンガキンガキンガキン!!

両津「このままじゃ決着が着かないな・・・」

アレン「道化ノ帯!!」

バシンバシンバシン!!

鵺野「あぶねぇ!!」

何とか回避している!!

アレン「今だ・・・退魔ノ剣!!」

エネルギー波と共に・・・鵺野にかなりの攻撃を与える!!

鵺野「グハァ!!」

生徒達「ぬ〜べ〜!!」

アレン「一気に決めさせてもらいます!!破壊咆哮!!」

ドカァァァァァァァァァァン!!

煙が・・・立ち上っていた・・・

神田「ここまで攻撃受けちゃあ恐らく立っていねぇだろうな・・・」

広「・・・ぬ〜べ〜はこれくらいじゃ倒れない!!」

リナリー「でもあのアレンの技でかなりの威力を誇る二つの技をくらっては流石に」

生徒たち「決めつけないで!!」

神田「何で・・・そこまで・・・言えるんだ?」

美樹「だって・・・・!!」

煙が晴れたとき!!






































































美樹「私が知っているなかでは一番強い先生だから!!」

鵺野「・・・ああ!!」

鵺野は立っていた!!

神田「何!?」

リナリー「凄い・・・」

鵺野「・・・ありがとう美樹・・・生徒に期待されちゃあ・・・負けられない!!覇鬼・・・100%行くぞ!!」

覇鬼「・・・今度ラーメンおごれよ!!」

鵺野「ああ!!」

鵺野は・・・更に・・・手に妖力を集め上げた!!

鵺野「くらってもらう・・・宇宙天地 與我力量 降伏群魔 迎来曙光 !!妖力波解放ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

アレン「なっ・・・回避を!!」

だが!!

鵺野「そこには法典が仕掛けられている!!」

アレン「しまった!!」

法典によりアレンの動きが封じられた!!

そして!!




















































鵺野「ハァァァァァァァ!!」

ドカァァァァァァァァァァァァァ!!

・・・ドサァ

坂神「アレンウォーカー戦闘不能!!鵺野鳴介の勝利!!」

生徒たち「やったぁ!!」

鵺野「・・・生徒たちの応援のおかげだ!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの三人「そろそろ怒るぞぉ!!」

ジャン!!



















































































第十回戦孫悟空VS星矢

悟空「遂にオラの番が来たぞォ!!」

ベジータ「負けるなよカカロット!!」

星矢「奇跡を起こしてやるぜ!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十回戦!!孫悟空対!!星矢!!開始!!」

次回!!最強戦士激突!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。