二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.600 )
日時: 2015/02/01 19:38
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

野球やってたから戦闘中は楽に行けるだろうからな、逃走中の修行だぜ!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.601 )
日時: 2015/02/01 22:34
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!一日すぎてしまいました!!すみません!!
竜さんはランダムで決めます!!
エイジアさん
把握しました!!
IRさん
把握しました!!では本編です!!どうぞ!!

両崎「では皆は何をやるのか言え」

銀時「俺は走るより闘う方が自信あるからな・・・じゃあ戦闘中にするか」

剣心「拙者は逃走中を成功したいな・・・なら逃走中でござるな!!」

めだか「私も同じく!!」

ナルト「俺は戦闘中にするってばよ!!」

悟空「オラもそれにすんぞ!!」

ジョナサン「僕は逃走中にします!!」

剣「俺は戦闘中にするぞ!!」

一護「俺もだ!!」

ケンシロウ「同じく!!」

IR「俺は逃走中にするぜ!!」

本城「私もです」

竜「じゃあ俺は戦闘中だな」

こうして決まった・・・

両崎「じゃあ・・・まず俺は逃走中の訓練を担当する」

猿悟巻「俺様は戦闘中の担当だ!!俺様に付いてこい!!」

逃走中側の剣心、めだか、ジョナサン、IR、本城五人は・・・

両崎「ではまず逃走中のコツを教える、その逃走中でお前たちを追いかけるのは・・・このロボット、ハンターだ」

両崎はハンターを出した

両崎「誰か追いかけてられて見ろ」

めだか「じゃあ私が追いかけてやろう!!」

めだかはハンターの前についた・・・

両崎「よし、じゃあハンターを起動させるぞ」

ハンター「・・・!!」

だだっ!!

めだか「追いかけてこい!!」

だが・・・

めだか「なっ!?」

予想以上の速さで追いかけてきた!!

めだか「くそ・・・速い・・・」

そのまま・・・

ポン!!

剣心「中々の速さでござるな・・・」

本城「まくのは難しそうですね・・・」

ジョナサン「そうですね・・・」

両崎「なら、俺がハンターに追いかけられてやろう、どうやって巻くかみせてやろう」

ハンター「・・・!!」

だが!!

両崎「こういう時は、周りの建物を見ろ!!できるだけ小さい道を通れ!!そうすれば隠れることが出来やすい!!」

両崎「更に周りの建物の角を曲がってハンターからの視界から逃れろ!!」

両崎「ではやってみろ!!」

5人はそれぞれ何度もやってみた・・・

めだか「よし、撒けた!!」

剣心「油断したら捕まるでござるな・・・」

本城「上手くならなくちゃ・・・」

ジョナサン「全力で走ってみせる!!」

IR「よっしゃ!!」

両崎「よし、ある程度出来るようになったなじゃあ質問をするが・・」

両崎「もしハンター二人におわれた、しかも挟まれたらどうする?」

5人「う〜ん」

めだか「難しいな・・・」

剣心「あの速さでクリアするのは・・・」

両崎「じゃあ教えてやろう・・・こういう時は、最初にハンターに追われていた時に逃げていた方向にまっすぐに走れ!!そして向かい側のハンターを身体能力を研ぎ澄ましてよけろ!!こういう時には背水の陣で身体能力が高くなる!!」

IR「成程、よく分かった!!」

ジョナサン「分かりました!!実践してみます!!」

こうして皆は実践し出した!!

剣心「慣れてきたでござるな・・・」

めだか「よし!!」

IR「難しいな!!本当!!」

こうして・・・訓練を終えた・・・

両崎「見事だ・・・この修行の報酬だ、受け取れ」

その報酬は・・・

無敵サングラス

ジョナサン「何ですか?」

両崎「これを掛けるとハンターから5分間追われなくなるものだ」

本城「役に立ちそうですね・・・」

その頃・・・

猿悟巻「じゃあ俺様がお前らを訓練するぜ!!」

戦闘中側の銀時、ナルト、悟空、一護、剣、竜、ケンシロウは・・・

銀時「で、そもそも戦闘中って何だ?」

猿悟巻「戦闘中はボールを皆で当て合うゲームだぜ!!」

7人「成程」

ナルト「で、いいコツはなんだってばよ?」

猿悟巻「それは一つはボールを多く持つこと、もう一つは・・・忍を手に入れることだな!!」

7人「?」

ナルト「俺忍なんだってばよ・・・でも更に忍持つのかよ、変だってばよ・・・」

猿悟巻「でも!!忍は強いぞ!!出てこい!!」

忍「・・・」

猿悟巻「誰かこれと勝負してみな!!」

ナルト「よし!!やってみるってばよ!!」

こうして・・・忍とボールで闘って見たところ・・・・

ダァン!!

ナルト撃破

ナルト「・・・意外と強かったってばよ」

猿悟巻「だろ?・・・そして今からこの忍を利用した特訓を行う!!」

用意されたのは・・・大量の忍!!

ケンシロウ「多いいな・・・」

猿悟巻「この忍の攻撃を一度も当たらずに撃破しながら回避してみな!!そのコツは・・・一つ!!ボールはボール自体で弾くことができる!!」

7人「よっしゃあ!!」

こうして修行に取り掛かった!!

ナルト「あぶねぇ!!」

ケンシロウ「アタァ!!」

剣「返り討ちにしてやろう!!」

銀時「撃破ァ!!」

ダァン!!

銀時「よぉし!!」

竜「当たるかよ!!」

こうして修行は進み・・・

ナルト「よぉし!!大分掴めたってばよ!!」

修行を終えた・・・

猿悟巻「終わったか・・・ならこれがこの修行の褒美だ!!」

忍引換券

竜「おお、これはもしかして・・・」

猿悟巻「戦闘中では武器屋っていう装備を買える場所があってな、そこでこの引換券を使えばただで忍びを手に入れることができるレアチケットだ!!」

銀時「あのロボットが味方になるなら頼もしいな・・・」

悟空「そうだな!!よぉし!!オラ戦闘中で優勝してやんぞ!!」

6人「それはこっちのセリフだ!!」

悟空「うっ・・・・望むところだ!!」

そして・・・皆は合流した!!

両崎「これにて・・・すべての修行を終えた!!」

猿悟巻「という訳で、皆!!本会場に戻るぞ!!」

銀時「やっと戻れるのか・・・いい修行だったな!!」

めだか「ああ!!もう悔いはないぞ!!」

本城(最後まで残れてよかった・・・)

という訳で皆さん!!次回で・・・修行編は完結です!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.602 )
日時: 2015/02/02 18:32
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「やっと終わったー。」

レイヴン『そうだな。』

ララ「逃走中のアイテム、無敵サングラスも、もらいましたしね」

レイヴン『それどうするんだ?』

ララ「取り合えず、エイジアさんにあげます。エイジアさん、体力がありませんからね。」

レイヴン『そうだな・・・・』

ララ「・・・・ねえ、レイヴン」

レイヴン『何だ?ララ』

ララ「・・・・銀さんに・・・私の過去の事、いってもいいかな」

レイヴン『・・・・俺は別にいいぞ。お前があいつの事を本当に信頼しているならな。』

ララ「ありがとう。」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.603 )
日時: 2015/02/03 07:37
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
ついに修行編は完結です!!
では本編です!!どうぞ!!

そして・・・20分後・・・

最後まで修行した12名「ただいまぁ!!」

会場にいた人々「お帰りなさい!!」

修行してきた人々が帰ってきた!!

スピードワゴン「どうだったジョナサンさん!!」

ジョナサン「いい修行ができたよ!!また強くなれた気がする!!」

エリナ「よかったわね!!」

人吉「めだかちゃん!!修行の内容は戻ってきた人々から聞いたよ!!たいへんだったね!!」

めだか「そうか?私には余裕だ!!(凛!!)」

球磨川『強情だな』『めだかちゃんは』

夜一「一護、最後まで残れてよかったな」

一護「ああ、おかげで色々得れたぜ!!」

カカシ「ま!!お前が最後まで残れるのは読めていたけどな」

ナルト「そりゃそうだってばよ!!」

ナミ「いいわね・・・ルフィ!!最後の最後に何バカな失敗しているのよ!!」

ルフィ「ハハ・・・ま、すまねぇ・・・」

新八「銀さん!!正直驚きましたよ!!」

神楽「そうアルな!!すぐ落ちると思っていたアル!!」

銀時「まぁな、俺もやる時はやるのよ!!」

本城「エイジアさん修行から帰ってきました、この無敵サングラスはエイジアさんにあげます」

十六夜「ラ・・・ラーペ!!最後まで残れてよかったな!!」

エイジア「そうね!!」

本城「・・・でも、結構助けられながら進んだことことが多かったんです・・・特に・・・」

本城が見つめた先にいるのは・・・

銀時「・・・どうしたララ?」

本城「な、な、なんでもないですッ!!」

十六夜「もしかして・・・銀さんにか?」

本城「ええ・・・だから・・・ある決意をしました・・・」

エイジア「何なの?」

本城「それは・・・」

話した後・・・

エイジア「・・・いいわよ」

十六夜「そうだな・・・あの人なら信用できる、お前と・・・同じ過去を持つ人だからな」

本城「・・・ありがとう」

IR「俺も戻ってきたぜ!!」

竜「俺もハジけて戻ってきたぜ!!」

子音「竜さん・・・最後までクリア出来なくて私悔しい・・・」

竜「気にするなって!!大丈夫だよ!!お前も・・・いずれ覇王色を身に付けれるからよ!!」

子音「・・・ありがとう!!」

坂神「皆さん!!修行の内容はどうでしたか!?」

12人「正直しんどかった!!」

坂神「ですよね!!私も過酷なスケジュールだと思いましたけど!!皆さん最後まで出来て良かったです!!」

坂神「そして!!SNS団の皆さん!!修行の手配に協力してくださってありがとうございました!!」

リンク「いいってことよ!!じゃあ皆帰るぞ!!」

カービィ「はーい♪」

男鹿「あ、でも少し待て」

SNS団「え?」

男鹿「その前に・・・ブラピをフルボッコさせr(指ポキポキ)」

ゴキッゴキッ

ダダッ!!(ブラピが逃げた)

銀時、幽助、剣、十六夜「待ちやがれェェェェェェェェェェェェ!!」

20分後・・・

ブラピだったもの「」

ピット「皆さん!!酷すぎますよ!!ブラピが何をしたんですk」

リンク「・・・ま、そのイラつく気持ちは分かる」

天馬「皆にあえて良かったよ!!またいつか会いたいよ!!」

神堂「そうだな」

銀時「そういえばリンク!!あのジュースの作り方を教えてくれ!!」

リンク「いいぜ!!修行も全部クリア出来たんだしな!!」

話し中・・・

銀時「ありがとよ!!」

リンク「ああ!!」

坂神「あ、そして・・・報酬です!!どうぞ!!」

ドーン!!

SNS団の人々「大きい!!」

巨大な・・・宝石の肉!!

リンク「ありがとな!!どう料理するのか!!腕が鳴るぜ!!」

アイク「肉料理なら俺に任せろ!!」

ルキナ「私も手伝います!!」

カービィ「僕も手伝うy」

全員「お前はミラクルクッキングになるから辞めて」

カービィ「・・・しゅん(涙目)」

こうしてSNS団の人々は帰っていった・・・

本城「・・・銀さん」

銀時「何だ?」

本城「後で・・・話があります」

銀時「・・・分かった、後でな」

坂神「では皆さん!!今日一日休んでください!!お疲れ様でした!!」

そして・・・

銀時「で、何の用だ?」

本城「誰にも・・・言わないでくださいね?」

本城は・・・自分の過去の全てを話した・・・

銀時「・・・成程、やっぱりな」

本城「え?」

銀時「大体・・・予測できていたよ、その目は俺の過去の・・・人を信じない目だよ・・・哀しい目しているな」

本城「・・・」

銀時「本城、把握しといてやらァ、お前の過去、そして・・・」

本城「そして?」

銀時「いつか・・・その目を変えてやるよ、今の俺みたいな、人を信用できるように・・・お前を・・・変えてやるよ」

本城「・・・ありがとうございます・・・(涙目)」

エイジア(良かったね、ララ)

銀時(言えるわけねぇだろ・・・俺は俺の過去の哀しさも・・・ヅラ除いて皆にはいった事ねぇんだからよ、そして・・・)

銀時(松陽、アンタは・・・俺を変えた、俺を救ってくれた・・・)

銀時(だからよ、松陽、俺も・・・アンタみたいに・・・人を救って見せたい、アイツを・・・本城ララを・・・)

果たしてこの先どうなるのか・・・

そして一日経ち・・・

坂神「皆さん!!おはようございます!!今日は・・・いよいよ!!」
























































坂神「天下一最強主人公武闘会!!開幕です!!」

ついに・・・ジャンプキャラの夢の戦い!!天下一最強主人公武闘会が開幕します!!詳細は後程です!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.604 )
日時: 2015/02/03 15:01
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークです。

ついに、天下一武道会が始まるのか。

そのために技を追加します。

追加するのは、元斗皇拳と魔闘気(自分で抑えれますが、怒ると暴走します。暴走時は普通時よりも強い。)

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.605 )
日時: 2015/02/03 16:13
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

天下一武道会が...さて、俺の見聞色の力...いまならできる気がするぜ、そして武器は使えましたっけ?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.606 )
日時: 2015/02/03 18:04
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「銀さんに言って何かスッキリしました。」

エイジア「そうだね、後、無敵サングラスありがとう。」

十六夜「ブラピをフルボッコしてスカッとしたぜ」

エイジア「それで、次は天下一武道会か・・・・」

ララ「これは、私たちも出られるのかな?」

十六夜「それなら、全力でやってもいいか?」

ララ「いろんなものを壊さないでね」

十六夜「分かった、ラ・・・・ラーペ」

ララ「やっぱり、言いにくいかな?」

エイジア「そうだね。ちょっと言いにくいね。まあ、頑張るから」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.607 )
日時: 2015/02/05 14:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
えーと、まず皆さんは出ません、主人公のみです。
本当は作者のみのトーナメントも行おうとも思いましたけど・・・
時間がないんで無理です!!すみません!!(土下座!!)
アックスホークさん
追加は・・・いいんんですか?この小説のケンシロウは元斗皇拳知りませんよ?後アンケートのレギュラー推薦キャラの訂正をお願いします・・・
IRさん
大丈夫です!!武装色も使えるようになってます!!ただし・・・出れませんけど
エイジアさん
すみませんが出れません!!
では本編です!!どうぞ!!

ナルト「ついにこの時が来たってばよ!!」

悟空「オラワクワクしてきたぞ!!」

ルフィ「ああ!!絶対優勝してやる!!」

トリコ「美食屋として負けられねぇ!!」

男鹿「アバレオーガの力見せてやるぜ!!ベル坊!!」

ベル坊「ダアッ!」

星矢「小宇宙が!!俺を燃やしている!!奇跡を起こしてやる!!」

剣「男塾の名にかけて負けん!!」

めだか「面白い!!私が勝ち残ってやろう!!」

銀時「正直めんどくせぇが・・・やってやる!!」

両津「わしも負けんぞ!!」

主人公全員がスタジアムの前に集まった!!

スタジアムの広さは半径50m、皆が十分暴れても十分戦えるスタジアムだ。

坂神「皆さん揃いましたね!!ではルールを説明します!!」

坂神「ルールは簡単です!!相手をギブアップさせる、または戦闘不能状態にしたら勝ちです!!ただし、剣士の刀は・・・少し工夫しておきました!!」

剣士達「え?」

坂神「もし手や足を斬っても取れません!!ダメージをうけるだけです!!これで半身不随になったらたまりませんので・・・」

一護「まあそうだな、これで全力で行けるぜ!!」

坂神「前に説明したように選ばれた32人でトーナメントをします!!優勝者は・・・豪華賞品があるんで楽しみにしていてください!!」

トリコ「燃えてきた・・・全力で行くぜ!!」

坂神「そして!!トーナメントの組み合わせは順に公開していきます!!」

坂神「では・・・行きましょう!!第一回戦の・・・組み合わせは!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!









































第一回戦、坂田銀時VS磯部磯兵衛

磯兵衛「・・・・え?ゑ?」

銀時「まず一回戦は突破決定ィィィィィィィィィィィ!!」

銀魂勢「そうだな!!」

磯兵衛「いやなんで拙者があああああああああああああ!?」

中島「・・・諦めたほうがいいよ、磯兵衛(同情の目)」

磯兵衛の母「大丈夫よ!!やればいける!!」

磯兵衛(いやいやいやいや無理!!銀時殿は白夜叉って呼ばれた男でござるよ!?天地がひっくり返っても無理だって!!)

ルフィ、ナルト、トリコ、悟空「くそ!!当たんなかった!!」

すると・・・

?(諦めるのは早いぞ磯兵衛!!)

磯兵衛(・・・どこからが声が?)

鵺野「お前の周りに・・・何か霊がいるぞ?俺を通じて話してみろ」

鵺野は思考に触れるを通じて磯兵衛に・・・謎の声を磯兵衛に伝えた

?(私がいれば勝てる!!)

磯兵衛「主は・・・」









































磯兵衛「誰?」

武蔵「いやしらんのか!?私だ!!宮本武蔵だ!!」

磯兵衛ファンなら知っているだろうがあの宮本武蔵の亡霊である

磯兵衛「ああ、あの本を執筆した人でござるか」

武蔵「安心せい!!相手が白夜叉なら最強の大剣豪が主に取り付いてやろう!!」

磯兵衛「・・・ありがとうで候」

武蔵「更に・・・・あの剣も盗・・・持ってきた!!名刀!!マサムネだ!!」

これも磯兵衛ファンなら知っているだろう・・・

磯兵衛「・・・・あれ使った後だいぶ寝込んだんだので候・・・」

武蔵「大丈夫じゃ!!私の精神力も使えば!!何とかこの戦い中なら持つ!!信用せい!!」

磯兵衛「・・・分かったで候」

磯兵衛(くくく・・・これで勝ちは貰ったで候・・・)

坂神「では!!二人共!!スタジアムに上がってください!!」

二人はスタジアムに上がった!!

銀時「手加減してやろうか?木刀なしでお前に勝ってやるぜ!!」

磯兵衛「・・・そういう事を言っているのは今だけで候・・・(ニヤニヤ)」

銀時(・・・変だな、アイツ何であんなに自信があるんだ?)

坂神「では・・・ついに始まります!!」

坂神「3!!2!!1!!」

カァン!!(ゴングが鳴る)

坂神「これより!!第一回戦!!坂田銀時対!!磯部磯兵衛!!開始!!」

遂に・・・開幕です!!果たして最後に優勝を勝ち残るのは!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.608 )
日時: 2015/02/04 07:25
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

俺がテスト勉強したり咳き込んで学校休んでるうちに修行編が終わってただと!?

そんなことはどうでもいい!


歴史を絶つ鎖!!

スタァァァプラチナァァァム!!
何が言いたいかというと、ジョジョの新曲格好いい。

カイム『私達もキャラクターを呼んでみたいですね、原作の。』
ハル『・・まあ、私達ゲームや漫画からが多いから、中の人ネタは出来ないけどね・・』
レジーナ『あるよ、中の人ネタ。』
メイドウィン『ああ、亜久里の事か。』
亜久里→神楽→中の人

メイドウィン『主人公キャラのみか・・うちは無理だな、』
松山『皆、連れてきた奴等が主人公じゃねーもんな。』
カイム『というかメイドウィンが主人公と一緒に居る姿を見たことありませんね。』


更新頑張ってください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.609 )
日時: 2015/02/04 18:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「どうしてあんなに自信があるのかな・・・・」

十六夜「独り言を言っているみたいだが・・・・」

レイヴン「宮本武蔵が力を貸すようだ」

十六夜「レイヴン!?いつ変わったんだ!?」

ララ「私はここにいるよ?」

レイヴン「俺は今、魂のみの存在だ。俺の体力が無くなったら戻るけどな」

ララ「なるほど・・・・それにしても宮本武蔵って確か歴史上の人物ですよね?どうして・・・」

エイジア「多分、武蔵の亡霊だと思うよ。あ、私もこれで霊見られるから」

十六夜「これは・・・・石か?」

エイジア「うん、これに霊力を入れて見えるの。」

レイヴン「ついでに俺は、俺自身が持つスキル、『奪い』で他の人から霊力を貰って見えてる」

ララ「すごいですね・・・・」

エイジア「ところで・・・・さっき、刀を盗んできたって言いそうになったよね!?」

レイヴン「ああ、でもアイツは死者の身だ。試合が終わるまで待つしかない」

エイジア「分かった。試合が終わったら罪を償ってもらうよ・・・・(怒」

十六夜・ララ「「((なんか、怒ってる!!??))」」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。