二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.845 )
日時: 2015/08/13 16:11
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「ふぅー疲れた〜」

十六夜「あの被害だったからな」

レイヴン「それも、エイジアの時の歌とかでなんとか出来たからな」

ララ「そうですね」

エイジア「次は沖縄か・・・暑いからね〜沖縄は」

ララ「台風とか出てますしね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.846 )
日時: 2015/08/13 22:48
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

晴哉さん

ジャンプメンバー達はすごいんですよ!!

エイジアさん

台風は本当に来るのか!?

では本編です!!どうぞ!!

さて、6:30、現在一行がいるのは羽田空港・・・ではなく成田空港である、再び飛行機を取ったときに成田にしたのだ

坂神「さて、空港の手続きも出来ましたし、持ち物調査ですよー!!飲み物や危険物や金属類は持たないでくださいねー!!剣やクナイなどの武器は私が用意した危険物入れバックに入れて運びますから!!」

・・・と、坂神が注意しても・・・持っている奴がいるのだ

ビー!!ビー!!

いきなりかかった人がいた・・・

銀時「何だよー、俺危険物持ってねぇぞ」

荷物検査が始まって最初にやった銀時がいきなりかかった

検査員「いや、危険物ではなく・・・貴方がかかったのは・・・このイチゴ牛乳ですね」

銀時「何でイチゴ牛乳がダメなんだよ、イチゴ牛乳を飲んで死者が出るのか?危険物なのか?」

検査員「あのお客様、飲み物を持ってこないでくださいと注意されていませんでしたか?」

銀時「へいへい、分かりましたよ、飛行機で全部飲めばいいんだろ?」

検査員「いやここで全部飲んでください!!」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

沖田「なんでい、俺が危険物持っているというんですかい?」

検査員「調査しますね・・・えーと、かかったのは・・・この鎖付き首輪ですね、コレが金属類として反応しています・・・って待ってください、アンタ何するつもりで持ってるんですかコレ?」

沖田「ダメなんですかい?この指輪で沖縄の水着美女を調教して奴隷にして○○○○をs」

検査員「うん、いろいろな意味で危険なので没収します」

次は・・・

ブー!!ブー!!ブー!!

猿飛「何よ!?私は危険物を持っているというの!?

検査員「いえかかっていませんが・・・少し気になるものがあったのでいいでしょうか・・・何ですかこのデカいの?」

猿飛「・・・これは三角木馬よ!!これで銀さんにくくりつけられてムチでビシッ!!バシッ!!としてm」

検査員「はいこれも色々な意味で危険なので
没収します」

次は・・・

ブー!!ブー!!ブー!!

フランキー「何だよ?俺危険なもの持ってねぇぞ!!」

検査員「いや貴方はもの凄く反応多すぎるんですけど!!まず体がところどころ反応しています!!何でですか!?」

フランキー「ああ、俺は何てったってサイボーグだからな!!全体が金属で出来てるんだよ!!」

検査員「・・・分かりました、それはいいですけど・・・何ですがその大量のコーラ?」

フランキー「このコーラは俺がスーパー!!でい続けるための燃料だ!!仕方ねぇだろ!!」

検査員「仕方なくありません!!全部飲んでください!!」

フランキー「ちょ、ちょっと待ちやがれぃ!!俺さっきコーラのみまくってもう燃料は満タンなんだよ!!」

検査員「じゃあ全部捨ててください!!」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

アラレ「ほよ?」

検査員「・・・貴方の場合体全体が引っかかっているんですが、もしかしてロボットですか?」

アラレ「そうだよー!!」

検査員「・・・今すぐ坂神さんが言っていた危険物入れに入ってきてください」

アラレ「ほーい!!」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

リー「ぼ、僕は何も危険な物は持っていませんよ!?武器はもう預けましたし!!」

検査員「はい、私もそう思うんですけど・・・足下が引っかかっているんですよ」

リー「足・・・ああ、おそらくコレのことですか?」

リーは・・・靴からもの凄く重い重りを取り出した!!

検査員「いますぐどこかに置いてきてください」

リー「いやです!!コレは僕が日々修行をするために使うもn」

検査員「置いてきてください」

リー「・・・分かりました、危険物入れバックにいれてきます・・・」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

綱手「何だい?私が持って来ちゃいけないもん持っているというのかい?」

検査員「はい、見事に大量の酒が引っかかっております」

綱手「別にいいだろう、酒なんだから」

検査員「お客様、飲み物はダメって注意されていませんでしたか?」

綱手「・・・分かった、飲めばいいのだろう?飲んでまた来るからな」

検査員「いやそんなに大量の酒本当に飲むつもりですか・・・って行ってしまいました・・・」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

18号「私は何も危険な物持っていないぞ?」

検査員「・・・貴方もまた体全体が引っかかっているんですが・・・もしかして貴方もロボット?」

18号「いや違う、私は人造人間だ、ロボットではないぞ」

検査員「・・・ならいいですね」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

黒子「・・・もしかしてコレですか?」

検査員「はい、その通りです、かかったのはそのバニラシェイクです」

黒子「後三つ買ってきてしまったんですけど・・・」

検査員「全部飲んでください」

黒子「・・・分かりました」

チュー、チュー、チュー、チュー・・・

20分後・・・

チュー、チュー、チュー、チュー、チュー、チュー・・・

検査員「・・・時間かかりすぎています」

黒子「すみません、シェイクって飲むの時間かかるんです」

検査員「皆を待たせているので早くしてくださいませんか?それか捨ててください」

黒子「ちょっと待ってください、今三つ目のバニラシェイクに入りm」

検査員「捨ててください」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

鉄治「何でおれ引っかかってんだ?」

検査員「単純ですよ、貴方の怪しい薬品全てが引っかかっているんです、全部捨ててください」

鉄治「何だと?この薬は俺にとって命より大切なもn」

検査員「全部捨ててください」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

誠士郎「私は危険物持っていないぞ?」

検査員「・・・一つ言わせてください」
























































検査員「貴方は大量殺人でも起こすつもりです?」

誠士郎「んなわけないだろう」

誠士郎が持っていたのは・・・大量の銃器だった

検査員「全部危険物入れに入れてきてください」

誠士郎「いやに決まっている!!千棘様を守るための物だ!!」

検査員「たとえそのためだろうと入れてきてください!!」

誠士郎「黙れ」←大量の銃器を出す

検査員「・・・分かりました、許可を求めてきます、貴方はいったん待機していてください」

誠士郎が一旦元に戻った後・・・検査員は電話した・・・

検査員「もしもし、警察ですか?すみません、銃刀所持犯で逮捕してもらいたい人がいるんですけど・・・」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.847 )
日時: 2015/08/13 22:51
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

獄寺「何だぁ!?俺がダメだというのか!?」

検査員「・・・貴方にも一言言わせてください」





























検査員「貴方も大量殺人を起こすつもりですか?」

獄寺「はぁ!?」

獄寺が所持していたのは・・・大量のダイナマイトだった

検査員「捨ててきてください!!」

獄寺「ふざけんな!!これは俺が十代目を守るための武器だ!!」

検査員「アンタもですか!!見事に理由もかぶってるよ!!そのような理由でも捨てなければいけないんです!!お願いします!!」

獄寺「・・・うるせぇ!!」ダイナマイトを構える

検査員「・・・分かりました、許可を取るので少々お待ちください」

獄寺が一旦元に戻った後・・・検査員は電話した・・・

検査員「もしもし、警察ですか?何度もすみません、爆破物所持犯で逮捕してもらいたい人がいるんですけど・・・」


次は・・・

ビー!!ビー!!

男鹿「何だよ?俺何かしたか?」

検査員「はい、貴方の赤ちゃんが飲んでいる牛乳が引っかかっています」

男鹿「確かにそうだな・・・ベル坊、一気に飲め」

ベル坊「だあっ!!」

ゴクゥゥゥゥゥゥゥゥ!!

検査員(飲むの速っ!!)

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

鵺野「ええっ!?俺ちゃんと金属類などは預けたぞ!!」

検査員「すみません、何か貴方の左手から異物反応が出ているんですけど・・・調べていいでしょうか?」

鵺野「ちょ、ちょっと待ってください!!」

鵺野(覇鬼!!一旦引っ込んでいて!!)

覇鬼「分かった!!」

鵺野「どうぞ」

検査員「・・・あれ、普通の手ですね・・・機械の故障かな?すみませんでした」

鵺野(焦ったぁ〜!!)

次は・・・

ララ「何で!?金属類や危険物は全部預けたよ!?」

検査員「すみません、一つ質問いいでしょうか?そのお尻に付いているものは何ですか?」

ララ「尻尾だよ?」

検査員「・・・もう一つ聞いていいですか?貴方は人間ですか?」

ララ「宇宙人だよ!!」

検査員「」←唖然

次に引っかかったのは・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

ドラえもん「僕は危険物じゃないよ!?」

検査員「すみません、貴方も体全体が反応しているんですけど・・・」

ドラえもん「・・・そうか!!僕がロボットだからか!!」

検査員「・・・今すぐ危険物入れに入ってきてください」

ドラえもん「え〜!?」

次は・・・

ビー!!ビー!!ビー!!

ハインリヒ「・・・だよな」

検査員「貴方も体の所々が反応しているのですが・・・」

ハインリヒ「俺も人造人間なんだ、体が所々機械で出来てるんだ、だから反応しているんだ・・・ごめんな」

検査員「い、いえいえ!!大丈夫ですよ!!お通りください!!」

そして・・・全員を調べ終わった・・・と思ったら・・・

綱手「ウィ〜!!(超顔真っ赤)」

検査員「」←唖然

綱手がもの凄く酔って戻ってきたのだ・・・

綱手「おら〜、全部酒飲んできたぜぇい〜、これでいいだぁろこら〜」

検査員「・・・あの、そこまで酔っている方には乗るのはご遠慮していたたきだいのですが」

綱手「んだとコラァ!!大量の酒をもちこむなといいやがったのはテメェだろうが!!」

検査員「確かに持ち込むのはダメとは言いましたが全部飲めとは言っていません!!」

綱手「ちょっと表出ろぉ!!」

検査員「だ、誰か助けてください!!暴力を振ろうとしてくる人がいr」

ドカァァァァァァァァ!!



坂神「・・・あれ?三人足りませんね」

坂神は人数確認をしていた・・・

銀時「三人は誰だ?」

千棘「楽〜!!鶫知らない!?」

サクラ「あれ・・・綱手様が見あたらない・・・?」

綱吉「皆!!獄寺がどこにいるのかしらない?」

すると・・・




































警察「ほら、さっさと歩け!!」

・・・警察に捕まって・・・連行されていた三人がいた・・・

全員「・・・ええええええええええっ!?」



綱手「・・・本当にすまない」

誠士郎「・・・ごめんなさい千棘様」

獄寺「・・・すまねぇ」

サクラ「綱手様は飲酒しすぎです!!酒瓶100本ってどんなけ飲んでいるんですか!!ていうか普通死にますよ!?」

ナルト「本当恐ろしいってばよ綱手のバアちゃんは・・・」

千棘「オーバーすぎるわよ鶫!!」

楽「大丈夫だから!!流石にそこまで重装備する必要ないから!!」

誠士郎「はい・・・以後気をつけます・・」

武「正直言わせてもらうとやりすぎだね」

リボーン「バカなのかお前は?」

今三人は土下座している、警察と綱手にブン殴られた検査員には坂神が死ぬほど土下座して賠償金を払って許してもらったのだ

坂神「・・・本当以後空港使うときには気をつけてくださいね?そうしなければ次は三人ともフルボッコしますから☆」

三人「は、はい・・・」



坂神「では!!ここで朝食&飲み物を買ってください!!10分後にはゲート前に集合です!!」

全員「短いなオイ!!」

坂神「時間キツキツなのです!!」

銀時「早くイチゴ牛乳買わなくちゃな!!」

フランキー「コーラも買うぞ!!」

ルフィ「それより飯だ!!」

トリコ「そうだな!!」

10分後・・・それぞれの準備を終えた後・・・

坂神「では・・・飛行機に乗ってください!!席はランダムに割り当てられているので!!」

そして・・・その中で・・・

本城ララ「私の席は・・・ってええ!?」

本城ララの席は・・・窓際だった




































銀時「おー、お前が隣か」

横に銀時・・・さらに横には・・・

めだか「まさか貴様の隣になるとはな!!」

めだかだった・・・

前には・・・

ララ「あ、本城ちゃんだ!!おーい!!」

ララ・・・更にその横には・・・

妙「あら銀さん後ろだったんですか!!」

志村妙・・・その横に・・・

リト「いやララ!!オーイって言わなくても聞こえるでしょ!!」

結城リト・・・

本城の後ろには・・・

零「む、君は確か・・・本城ララだったな」

一堂零・・・そしてその横には・・・

唯「そうですよ零さん!!」

河川唯・・・そして横には・・・

エイジア「ラーペも近くにいたんだ!!」

エイジア・・・

本城(何ですかこのカオスな面々は!?色々な人たちが私の周りにいるじゃないですか!!)

そして・・・

ゴオオオ・・・

銀時「おっ、動き出したな」

メイドウィン「皆!!唾を飲んでおけ!!」

メイドウィンの横にいるジョナサン「何でですか!?」

メイドウィンのもう一つの横にいるキルコ「頭がキーンとなるからですよ!!」

ジョナサンの後ろにいるエリナ「凄いわね・・・未来って本当」

エリナの横にいる薫「そうね・・・空を飛ぶ機械が出来るなんて」

剣心「そうでござるなぁ」

メイドウィンの前にいる土方「おいメイドウィン、ここで土方スペシャル作れるか?」

メイドウィン「何でここでだ!?」

土方「急に食いたくなった」

土方の隣にいる松山「流石にそれは無茶だろ・・・」

メイドウィン「いや、材料があれば出来るぞ?」

土方のもう一つの横にいる創真「マジか!?どうやってご飯炊くんだよ!?」

メイドウィン「波紋の力はご飯を炊ける!!」

創真「波紋って万能なんだな!!」

メイドウィンさん!!エイジアさん!!コメントの時に周囲のキャラ全員使っていいですよ!!

キュイイイイイイイイイイイイイイイン!!

飛行機は・・・滑走路を旅立った!!

という訳で!!いよいよ沖縄です!!はたしてどのようなことが起きるのか!?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.848 )
日時: 2015/08/14 10:44
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「飛行機に乗るとなんか落ち着かないな・・・・」

本城「エイジアさん、窓からの眺めが凄く気持ちいいです」

エイジア「私も窓側に行きたかった・・・」

妙「そう言えば、エイジアさんと一緒にいたあの小動物はどうしたんですか?」

エイジア「動物は大丈夫か分からなかったから、坂神さんに預けてもらいました」

銀時「ラーぺ、レイヴンはどうした?」

本城「飛行機の時は私の精神に入ってます。」

エイジア「なんかすることないから、少し仮眠するね。ついたら起こして」

本城「はい。わかりました」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.849 )
日時: 2015/08/14 11:48
名前: IR

ついに沖縄か...県民である俺も案内を手伝っちゃるで!
美ら海水族館や首里城など見所はたくさんだ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。