二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.830 )
日時: 2015/08/09 12:02
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

・・・その炎は・・・皆を飲み尽くして・・・皆を焼いた・・・

皆・・・黒こげになっていた・・・

絶鬼「・・・ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!やったぞ!!遂にコイツ等を皆死なせてやった!!・・・これで皆は三途の川を渡ることが確定した・・・!!皆死んだのだ!!・・・地獄を味わうがいい!!フハハハハハハハ!!」

絶鬼は・・・優越感に浸っていた・・・




















?「愉快に笑っているね!!」

突如絶鬼に声をかけてきた人がいた・・・それは・・・

ドラえもんだった

絶鬼「・・・生き残っていたか、お前も燃やさなければな」

ドラえもん「・・・残念なことを言うね・・・」































ドラえもん「皆全く燃えていないよ?」

絶鬼「!?」

ふと残骸を見ると・・・

ボボボボボボボボボォン!!

一瞬で全て消えた!!

絶鬼「ば、馬鹿な!?」

ドラえもん「皆!!出てきて!!ビックライト!!」

ピカーッ!!

ドラえもんは四次元ポケットを放り投げてビックライトで多きくした・・・すると!!

ドドドドドドドドドドドドドドド・・・!!

皆が出てきた!!

銀時「いやぁ、本当危なかったな」

めだか「そうだな、本当に命の危機だった

のび太「やっぱりドラえもんはすごいよ!!」

時は遡り・・・

ドラえもん「皆!!考えがある!!僕の四次元ポケットに入って!!」

全員「!?」

スネ夫「いや無理に決まってんでしょ!!」

両津「こんな小さいポケットにどうやって入れってんだよ!!無理に決まっているだろ!!」

ドラえもん「いや!!僕が今からビックライトで巨大化するから!!そして入って!!ナルトさんは陰分身と変化の術を使って皆の分身体を作り出して!!」

ナルト「ああ!!多重影分身の術!!」

ボボボボボボボボボォン!!

ドラえもん「ビックライト!!」

ピカーッ!!

ドラえもん「皆!!急いで入って!!」

ドドドドドドドドドドドド・・・!!

皆が次々と入っていく!!

最後の人が入ったのを確認して・・・

ドラえもん「スモールライト!!」

ピカーッ!!

四次元ポケットを小さくして装着!!

ドラえもん「どこでもドア!!」

ガチャ!!

どこでもドアにはいって・・・全員炎から逃れることに成功した・・・!!



絶鬼「お、おのれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!はかったなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(怒怒怒怒)」

ドラえもん「何度やっても結果は同じになるからもうやらないほうがいいよ!!」

絶鬼「ゆるさん・・・!!貴様から排除してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!(怒怒怒怒)」

ダダダダッ!!

絶鬼はドラえもんに向かって突撃!!

カカシ「・・・皆、聞いてくれ、鵺野が言うには・・・妖力がある奴にしか攻撃はできないようだな・・・それいがいは全て弾かれる」

鵺野「ああ、俺はそれ以外弱点はないと考えた」

カカシ「・・・実はな・・・」










































カカシ「俺はもう一つ弱点を見つけた、意外なところにあった」

全員「!?」

カカシ(・・・ま、悟空VS本城ララの試合を見て思い出したんだけどな)

果たしてカカシが見つけた弱点とは・・・(by坂神、分かりますか?)

次回!!果たして6代目火影の作戦とは!?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.831 )
日時: 2015/08/09 13:27
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「すっかり忘れていました・・・」

ララ「まあ、いろいろチートですしね」

エイジア「取り合えず、あれは無しにすると」

ララ「それにしてもすごい妖力ですね・・・」

エイジア「なんとかみんな無事ぽいね」

ララ「それにしても妖力しか通じないとは・・・」

エイジア「レイヴンとオーガだったら倒せると思うけどね」

ララ「弱点があるのでしょうか」

エイジア「う〜ん・・・今、わからない以上、守りをするしかないね」

ララ「はい。」

エイジア「それにしても、あいつもこんな事をするとはね・・・・スパイから帰ってきたオーガにボコボコにされそうな気がする」

ララ「オーガも鬼ですからね。」

エイジア「あいつも鬼を統べる王でもあるわけだし、今回の件で今後の地獄もどうなるのかね」

ララ「?何をしてるんですか?」

エイジア「一部の神様にはちゃんとした仕事があるわけだよ。ララはまだその事を知らないけどね。創造神と終焉神は世界の壊して、また世界を創ること、鬼神であるオーガは、鬼の教訓か罪をおかした魂とか妖怪の監視をしている訳だけどね。」

ララ「そうなんですか・・・」

エイジア「まあ、それはおいといて、一回、特大魔法当ててみようか。そしたら、冬眠できるのにね」

ララ「(やっぱり怖い)」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.832 )
日時: 2015/08/09 14:20
名前: 晴哉

どうも!晴哉です! 更新お疲れ様です!

意外なメンバーが活躍するかも? 的な話を以前してたように思えますが、本当に素晴らしい闘いになってますね!コレは正直私もビックリしました!

スミス「かといって、無理矢理入れようとしてる風にも思わせてなくて、非常に素晴らしいですね。」

紫「へぇ、あの絶鬼という鬼、妖怪しかダメージをねぇ… 私が行ったら倒せるのかしらね?」

晴哉「さぁな。ただ俺としては、カカシさんが言っている『もう1つの弱点』ってのが気になるな。ヒントを元に、もう一度見直してみようかな…?」


あ、あと後に私もお願い事があるって言ってましたよね? その時になったら、精一杯頑張らせていただきます! その頃には、自分に付けるスキルも決まってるかな…? それでは今回はこの辺で!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.833 )
日時: 2015/08/09 18:38
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

どうも、キン肉マンにハマッてカキコに入れなかったメイドウィンです。


ほんと長引いてすいません、改めて新キャラ描きます

まずはマー君から

名前 マサラ・マサト(真更聖人)
性別 男
性格 乱暴で口が荒い 実は優しい(本人は否定している)
容姿 黒髪天パ、黒のジャケットの中に黒のネクタイを着けたシャツ、そして黒い長ズボンを着ている。
一人称 僕
二人称 お前
出ている作品 ドリー・マー
詳細 【羊】と呼ばれる謎の生物による睡眠から自力で覚めた【覚醒者】の一人 覚醒者とは言うがスタープラチナのように、目立つ能力は無い。時系列は東京編の前、【プースカフェ】という羊の親玉に「真の強さ」事を証明するため、東京に向かっていたが、何故か過去(ドリー・マーの舞台は2016年)に飛ばされた。
短気で、ムカついてる時は イライラ、と表記がでる(ジョジョの ドドドド みたいなもの)
みんなからはマーくんと呼ばれる。
ある者曰く、覚醒者は願望を現実に出来るらしいが………?

サンプルボイス
「マサト、僕の名前はマサラ・マサトだ。」
「僕の願望はただ一つ、羊の親玉……プースカフェをぶち殺すことだ。」
「【あいつ】に教えられたよ……【強い】ってのは自分にウソをつかないことだ、【生きる】というのは、自分の信念を貫くってことだ………僕は強く生きる!」

細かくてごめんなさい、マーくんは設定が色々ややこしい設定でして……
マサト「悪かったな」

他のキャラはまた後で書きます

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.834 )
日時: 2015/08/10 21:25
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

いえいえ!!分かってくださったらいいのです!!

晴哉さん

素晴らしい戦いだと誉めてくださってありがとうございます!!果たして勝てるのは!?

リーン・メイドウィン・緑風さん

ありがとうございます!!まだまだ大丈夫なので貴方のペースでいいですよ!!

では本編です!!どうぞ!!

カカシ(・・・奴の弱点は・・・足だ)

全員「おおっ!!」

カカシ「本城ララと悟空の戦いの時で見たんだけどさ、本城ララも絶対防御してただろ?どんな攻撃をしてきても燃やし尽くして無効化する鎧」

本城「はい」

カカシ「でもな、どうしてもそういう触れたものを消し去る盾は唯一守りを付けることができない場所がある・・・ここまで言えば分かるよな?」

一護「・・・そうか!!足か!!足だけは防御を張れないんだ!!」

カカシ「だろ?だが今回は少々場合が違う、恐らく穴を掘って攻撃したらその時に手や足には触れる必要がある、その時に弾かれるだろうから辞めた方がいい・・・」

男鹿「つまり、地面から遠距離攻撃を決める必要がある、ということだな」

カカシ「ああ、だがもう一つある、それはトラップだ、特にいいのは落とし穴・・・!!穴に落ちた後その穴の落ちた先に攻撃トラップを仕掛ければ多大なダメージを与えられる、更にうまくいけばアイツを捕らえられるかもしれない・・・!!」

めだか「その作戦に賛成だ!!」

銀時「ああ!!うまくいくかもな・・!!」

ナルト「従うってばよ!!」

ルフィ「おもしれぇな!!やるか!!」

カカシ「よし、じゃあ作戦はこうだ、まず落とし穴を掘る、複数あった方がいいな、誰がやる?」

天香「・・・雪歩!!出来るよね!!」

雪歩「ふええええっ!?私ですか!?無理ですぅ!!自信ないですぅ・・・!!」

美希「大丈夫なの!!美希は雪歩は出来るときは出来る子って信じてるの!!」

雪歩「ごめんなさいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!断りますぅ!!穴に入って隠れていますぅぅぅぅ!!」

ズザザザザザザザザザザザザザザ!!←もの凄いスピードで穴を掘って入る

あずさ「・・・うん、私は十分貴方は頑張れると思うわ」

伊織「大丈夫だよ!!絶対出来るって!!ていうか出来ているって!!」

雪歩「うう・・・分かりましたぁ・・・失敗するかもしれませんががんばりますぅ・・(涙目)」

カカシ「・・・よし、じゃあお前に任せる(凄すぎるだろこの子・・・)後トラップを仕掛けるのは誰がやる?」

鵺野「俺がやる!!俺は奴の動きを封じられる宝典を仕掛ける!!」

サクラ「起爆札を私は仕掛けるわ!!」

ヤマト「僕の木遁忍術で動きを封じます!!」

エイジア「私も氷術で動きを封じられる!!」

グレイ「俺も氷魔法は出来るから手伝う!!」

焦凍「俺も出来るな」

雪女、氷麗「私も手伝います!!」

ルキア「私も手伝うぞ!!」

ケイタ「俺も妖怪で凍らせるの援助できるよ!!出てきて!!ふぶき姫!!」

妖怪ウオッチ機動!!

ふぶき姫「ケイタ君、何か用?」

ケイタ「うん!!あの鬼を凍りづけるのを手伝ってほしいんだ!!」

ふぶき姫「・・・分かりましたよ、出来る限りがんばるわ!!」

ジョナサン「僕達は波紋で攻撃できる・・・!!仙道波紋疾走で地面から攻撃できる!!」

ツェペリ「そうだ、今こそ波紋の力を見せるときだなジョジョ!!」

メイドウィン「俺も波紋は使える!!俺もそれで攻撃させてもらうぜ!!」

カカシ「たくさん仲間がいて助かった!!残る戦闘メンバーは奴を落とし穴へ誘導する!!」

銀時「ああ!!やらせてもらうぜ!!」

ルフィ「かかってこい鬼!!」

一護「俺は幽霊みたいなものだから奴に攻撃できる・・・!!出来るなら俺たちだけでアイツはしとめたい!!」

夜一「そうじゃな、出来るならわしら死神でしとめよう」

ぬらりひょん「わしらの出番じゃ!!」

リクオ「そうだな・・・!!」←夜状態

黒田妨「暴れてやる!!」

青田妨「ああ!!」

ウィスパー「私達も妖怪を出して援護するでウィッス!!」

ケイタ「ああ!!出てきて・・・!!レジェント妖怪!!ブシニャン!!」

妖怪ウオッチ零式機動!!

ブシニャン「拙者が来たでござる!!何でも一刀両断してくれよう!!」

ケイタ「頼んだよ!!」

カカシ「俺も誘導として出るから・・・!!来るぞ!!」

絶鬼が憤怒の表情でドラえもんに迫る!!

のび太「大丈夫ドラえもん!?」

ドラえもん「僕は二十二世紀から来た未来ロボット!!敵からの攻撃なら対処ぐらい簡単だ!!ひらりマント!!」

ひらりマントを取り出した!!

絶鬼「死ねぇ!!」

絶鬼の鬼の手の攻撃を!!

さっ!!

ひらりマントで避ける!!

さっ!!

また避ける!!

さっ!!

またまた避ける!!

絶鬼「ちょこまかちょこまかと逃げるな・・・!!くそタヌキがぁ・・・!!さっさと死ねぇ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥン!!

妖力波を発射!!

だが・・・その間に!!

綱吉「・・・死ぬ気の零地点突破!!改!!」

綱吉が割り込んで妖力波を吸収!!

そしてその後ろに!!

石田、黒田妨「そこまでだ・・・消えろ!!」

シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ!!

大量の霊圧の矢と暗器を発射!!

絶鬼はかろうじて全て回避!!が、その先に!!

リクオ「明鏡止水、斬!!」

燃える火の剣で切り裂こうとする!!

絶鬼「くっ!!」

ガキン!!

絶鬼は手を刀に変えて対処!!

だが!!

一護「連続月牙天衝!!」

ブゥゥゥゥゥゥゥン!!ブゥゥゥゥゥゥゥン!!ブゥゥゥゥゥゥン!!

霊圧の斬撃!!

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

口から妖力波出して全て破壊!!

・・・そして近ずいてくる男は!!

銀時「うおおおおおおおおおおっ!!」

坂田銀時!!

絶鬼(アイツは幽霊ではないな・・・ならほっといてもよかろう・・・!!)

絶鬼は無視して・・・一護に妖力波を出した!!

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

一護は回避!!

そして・・・後ろから銀時が接近してくると・・・なぜか妖力を察知していた・・・

絶鬼(おかしい・・・何故妖力が・・・あの男から出ている・・・?)

銀時「くらいやがれェェェェェェェェ!!」

やがて銀時は・・・絶鬼のすぐ近くまで来た・・・その時・・・!!

シュン!!

銀時が消えた・・・そして現れたのは!!

ジバニャン、ブシニャン「ニャー!!」

妖怪猫二人!!

絶鬼「しまった!!」

銀時「作戦成功!!」

銀時はめだかに捕まっていた・・・

めだかが黒神ファントムで銀時を捕まえてその瞬間に銀時の背中に捕まっていた猫二体が跳ねて銀時だけが移動!!妖怪二体を警戒されずに近くへつれていくことに成功した!!ちなみに銀時は鵺野を通じて妖怪二体が見えている

絶鬼「クソ猫がぁ!!」

ガシィ!!

絶鬼はジバニャンを捕まえた!!が!!

ブシニャン「かつおブシ切り!!」

ザクゥ!!

ブシニャンはジバニャンを捕まえた手をぶった斬る!!右手が斬られた!!ジバニャンは解放された後・・・!!

ジバニャン「ひゃくれつ肉球!!ニャタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!!ニャタァ!!」

ドカカカカカカカカカカカカカカ・・・!!

怒濤の肉球攻撃!!

絶鬼「がはっ!!」

更に!!

シュン!!

夜一「くらうがいい!!」

ドカッ!!バキッ!!ドカバキメキッ!!ドドドドドドド!!ドガァ!!

ひゃくれつ肉球をくらってよろけた絶鬼に死神である夜一はシールドに進入して目に見えない速さの怒濤の連打!!かなりの超速の動きで攻撃を与えていく!!

ズザァァァァァァァ・・・!!

地面を引きずった・・・!!

夜一「どうじゃ?わしの拳は?確かに妖力はお前の方がはるかに上だろうが、運動神経においてはわしの方が遙かに上じゃ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。