二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.820 )
日時: 2015/08/06 09:08
名前: 美奏良


お久しぶりです
美奏良です!

レジーナ…笑

美奏良「ドンマイケル!」
夜羽「 うるせぇよ」


μ'sはやっぱいいですね!
真姫ちゃんと凛ちゃん好きです
また覗きにきます!

失礼しました!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.821 )
日時: 2015/08/07 09:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

まず最初に謝ります・・・幽霊と妖怪を間違えて書いてしまいすみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

エイジアさん

正解です!!特にお通ちゃんはただでさえ弱っていましたからね・・・果たして二人は助かるのか!?

美秦良さん

レジーナはマジドンマイです!!でしゃばってしまったからですけどまさかこうなるとは思ってもいなかったでしょう!!

では本編です!!どうぞ!!

そしてその頃・・・

地上にて・・・!!

みくる「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!涼宮さんキョンさん長門さぁぁぁぁん!!(号泣)」

新八「銀さん神楽ちゃん姉上桂さん!!しっかりしてください!!・・・死なないでくださいよぉ・・・!!(涙目)」

奏倉「しっかりして皆・・・!!目を覚まして!!(涙目)」

燃堂「おい相棒!!海藤!!照橋さん!!目ぇ覚ましてくれよ!!」

クリリン「目ぇ覚ませ悟空!!18号!!後他の人たち!!死ぬんじゃねぇよ!!」

ジャイアン「心の友達よ!!目ぇ覚ましてくれよ!!このまま死んだらかっこわるいじゃねぇか!!」

十六夜「しっかりしろ皆・・・!!絶対死ぬな!!」

事件を起こした6人+十六夜+他の医者の方々が皆を看病していた・・・が、東京中の医者が集まっても他の1400万人の看病をするのは大変だ、故に医者は一人しか銀時達を看病してくれていないのだ・・・

医者「こりゃあ他の人より重傷だね、ステージ近くで聴いていたからだな・・・」

十六夜「すみません!!もう二人観客の人達より重傷な人がいるんですけど!!」

医者「誰ですか・・・って他の観客達ほっといていいのですか?」

十六夜「はい!!寺門お通という人とレジーナという人です!!」

医者「分かりました・・・!!ってたしかにかなり重傷ですね!!助かれば奇跡・・・!!」

7人「嘘!?」

新八「そ、そんな!!お通ちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!・・・全く!!」


















































新八「誰が皆をこんな状態にしたんですか!!許せません!!」

ジャイアン「そうだな!!許せねぇ!!俺がフルボッコしてやる」

燃堂「俺も相棒を傷つけた奴は許せねぇぞ!!」

クリリン「そうだな!!ここまで東京23区に重大な被害を与えたんだ!!すごい犯罪者だな!!」

十六夜「・・・お前等バカ?バカなの?この惨状もたらしたの・・・お前等だぞ?」

新八「え!?何言っているんですか!?僕達はただ歌っただけですよ!?」

ジャイアン「そうだ!!俺達はいっさい悪い事してないぞ!?」

クリリン「仲間を犯罪者と疑うなんて・・・!!お前は最悪の裏切りもn」

ドカァァァァァァァァァ!!←十六夜が「正体不明」を使ってクリリンの顎にアッパーを決めて天井につっこませた

十六夜「・・・お前等後で・・・覚悟しとけよ・・・?(怒怒怒怒怒)」

四人「は、はい・・・(滝汗)」

奏倉(・・・ごめんね楽ちゃん・・・千棘ちゃん・・・皆・・・私のせいで・・・)

みくる「ご、ごめんなさい皆さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!わ、私のせいで皆さんがぁぁぁぁ・・・!!私のせいですぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・!!(再び泣く)」

どうやら奏倉とみくるは自分達のせいだと知っているようだが他四人は自分のせいだとは全く思っていないようだ・・・

十六夜(・・・こりゃあ奏倉さんとみくるさんは今でも反省しているから軽いお仕置きでいいけど残る四人は・・・かなりキツいお仕置きしなくちゃな・・・!!)

そしてその頃・・・

エイジア「はぁ・・・!!はぁ・・・!!急がなくちゃ・・・!!」

ダダダダダダッ!!

エイジアは閻魔大王の所へ走っていた・・・!!そのとき!!

シュン!!

悟空「大丈夫かエイジア!?」

ベジータ「間に合ったか!!」

エイジア「悟空!?」

悟空達がエイジアの元へ!!

エイジア「何でいるの!?」

悟空「実はな・・・」

時は遡り・・・

ダダダダダダダダダダダッ!!

銀時「くそっ!!妖怪の奴ら俺達とほぼ同じ速さで動いていやがる!!」

メイドウィン「何度時を止めて動いてもまにあわねぇ!!」

沖田「このままじゃ渡ってしまいますねぇ・・・」

今バトル系漫画の全員やバトル系作者達が必死に走っている!!レジーナ、お通を捕まえている妖怪はヒナタやサスケや松山は白眼&万華鏡写輪眼&スタンド、サーペンダーグリーンをフル活用して目を離さないようにしている!!

本城「所で斉木さんはどこに行ったんですか!?」

本来は瞬間移動出来る斉木、悟空、ベジータが二人の近くに移動すればいいのだが斉木はどこかにいってしまったのだ・・・

土方「分かんねぇ・・・!!くそっ!!どうすれば!!」

近藤「やっぱり妖怪の動きを根から止める必要があるな!!」

本城「それを今エイジアさんにやって貰っているところです!!」

星矢「それは間に合うのかっ!?」

本城「・・・何とか間に合えばいいんですけど・・・」

一輝「断定してもらえなければ困るな、俺達が間に合う保証もないのだからな!!」

瞬「兄さん!!何とか出来ないのですか!?」

一輝「ダメだ、俺も幻魔拳で妖怪がどこに三途の川があるかを混乱させようとしたが通用しなかった・・・!!」

サスケ「要は幻術も駄目か・・・!!」

鵺野(・・・・・・)

トリコ「鵺野、どうしたんだ?」

鵺野「・・・いや、何でもないぜトリコ(近ずくほど感じる・・・!!この感覚は・・・莫大な力だ・・・!!)」

ころせんせーやアラレはあまりにも速すぎて三途の川を通り過ぎてしまうかもしれない故に戦わない人々の護衛をしている

カカシ「・・・俺に考えがある」

全員「!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.822 )
日時: 2015/08/07 09:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

カカシ「あの妖怪を止めるためには・・・力ずくで止めるか根から止めるしかない、そうなんだろ?」

本城「はい・・・!!」

カカシ「なら根から止める簡単な方法がある、今説得に向かっているエイジアをすぐ閻魔大王とやらに会わせればいい」

本城「それが出来たら苦労しませんよ!!」

カカシ「まぁ待ってな、本当未来って便利なんだな」

ピピピピピピピピピピピピピピ!!

ピッ!!

カカシは悟空に電話をつなげた!!

カカシ「もしもし」

悟空「おっす!!オラ悟空!!何だカカシ?」

カカシ「・・・悟空、ベジータ瞬間移動でエイジアの所へ向かってくれ」

悟空「何でだ!?俺達の仲間を守っている途中だぞ!?」

ドラゴンボール組は唯一万が一エイジアに誘き寄せなかった妖怪がいたら守るために護衛を務めていたのだ

カカシ「そして更に閻魔大王の所へ連れていってくれ、そうしたら妖怪が止まるのが速くなる!!」

悟空「でもエイジアがどこにいるのか分かんねぇぞ!!」

カカシ「大丈夫だ・・・サスケ、お前には輪廻眼の能力、天手力があるんだよな」

サスケ「ああ・・・それがどうした」

カカシ「サスケはナルトを掴んで悟空達の元へそれを使って飛んでくれないか?」

サスケ「・・・分かった、この距離だと二人を捕まえている妖怪と二人の道具は見えないが待機している仲間の道具なら僅かに見える、ナルトを連れていく!!」

ナルト「ああ!!連れてってくれサスケ!!」

ガシッ!!

シュン!!

サスケは・・・一番見えやすかった穂乃果のマイクと自分の位置を入れ替えた!!

悟空「サスケ!!ナルト!!」

ナルト「よっ!!」

穂乃果「ど、どこいったの私のマイク!?消えちゃったよぉ!!」

サスケ「落ち着け、後で戻ってくる、で、どうすればいいんだカカシ?」

カカシ「ナルト、仙人モードでエイジアの位置を感知できるか?」

ナルト「・・・そういうことだったのかよカカシ先生!!仙人モード!!」

ナルトは・・・エイジアのいる位置を感知!!

ナルト「見つけたってばよ!!東北東にエイジアはいるってばよ!!」

悟空「そうか・・・!!分かった!!2人とも!!コイツ等の護衛頼むぞ!!」

2人「おう!!」

シュン!!



悟空「というわけだ!!」

エイジア「さすが6代目火影さん・・・!!」

悟空「・・・で、閻魔大王の居場所どこだっけ?オラ忘れちゃったんだよなぁ、最近会ってねぇから」

ベジータ「それくらい覚えとけカカロット!!」

エイジア「居場所は分かるよ!!西南西に飛んで!!」

悟空「そうか!!分かったぞ!!」

ガシッ!!

悟空はエイジアのことを掴んで!!

シュン!!

三人は瞬間移動!!閻魔大王の所へたどり着いた!!

エイジア「閻魔大王様ー!!」

閻魔大王「む・・・?おう、悟空よ、ベジータよ、そしてエイジアよ!!久しぶりじゃな!!今回は何の件で来たんじゃ」

ベジータ「俺が話す!!」

話し中・・・

閻魔大王「何だと・・・本来死なないはずの人達が冥界に来てしまっただと・・・?」

エイジア「はい、だから私達の仲間を元の世界に戻れるようにしてほしいのと、私達に妖怪が襲ってこないようにして欲しいんです」

閻魔大王「・・・よし、分かった、どうやら皆本来の死に方じゃないようだな、誰が戻れるようにして欲しいのか、そして妖怪に襲われなくするようにして貰いたい?」

エイジア「はい、それは・・・」

話し中・・・

閻魔大王「・・・多すぎではないか?」

エイジア「・・・しかたないのです、お願いします」

閻魔大王「分かった、アナウンスをかけよう」

ピピピーッ!!

超巨大なマイクで三途の川付近にある巨大なスピーカーに・・・音声を流す!!

閻魔大王「あー、あー、妖怪の者よ、聞こえるかー!!わしだ!!閻魔大王だ!!」

妖怪は反応して動きを止めた!!

銀時「おっ!!どうやらエイジアは接触できたようだな!!」

本城「良かった・・・!!」

ナルト「良かったってばよ!!」

閻魔大王「今からわしが話す人達は本来死ぬはずないのに冥界に来てしまったものだ!!
よくきけぇい!!、坂田銀時、神楽、妙、近藤勲・・・・・」

・・・以下略

閻魔大王「・・・というメンバーだ!!ものすごく説明長くて疲れた!!」

銀時「いや長いわ!!メンバー説明長すぎるわ!!」

坂神「しょうがないじゃないですか!!この多人数なんですから!!」

閻魔大王「分かったな!!故に皆襲ってはいけないぞ!!」

ピッ!!

閻魔大王「よし、これで大丈夫だ!!安心するが良い!!」

エイジア「ふぅ・・・疲れたぁ・・・」

悟空「何とかなったな!!」

ベジータ「たくっ、本当めんどくさいことになったな・・・」

ピロロロロロロロロ!!

エイジア「もしもし!!どう?二人とも何とかなったでしょ!!」

本城「そ、それが・・・!!確かに周りにいた妖怪は何とかなったんですけど・・・!!」
























本城「お通さんやレジーナさんを連れている妖怪は全くブレずに三途の川へ連れていこうとしています!!」

エイジア「ええっ!?どうして!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.823 )
日時: 2015/08/07 10:40
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

悟空「どうした!?」

・・・話し中・・・

ベジータ「何だと!?」

悟空「どういうこった!?」

エイジア「とりあえず悟空とベジータは私を掴んでその妖怪の前に移動して!!」

本城「待ってください!!その前に・・・鵺野さんが自分もその妖怪達の目前に連れていって欲しいと言っています!!」

鵺野「・・・ああ、俺にはあの妖怪の正体が見えてきた・・・その決定打をつけたい!!」

ベジータ「・・・分かった!!一旦皆と合流して鵺野を連れて妖怪の近くに移動するぞ!!まずは皆の位置を知るためナルト達の所に戻るぞ!!」

ガシッ!!シュン!!

悟空「戻ってきたぞ!!ナルト!!」

ナルト「話は聞いたってばよ!!仙人モード!!・・・いた!!皆は西北東にいるってばよ!!」

悟空「ありがとな!!」

シュン!!

悟空「皆!!戻ってきたぞ!!」

本城「本当どういうことなんですかエイジアさん!?お通さんとレジーナさんの名前言うの忘れていませんか!?」

エイジア「忘れてないよ!!ちゃんとはなしたわ!!」

銀時「そんじゃ頼んだぜ鵺野、正体を突き止めてくれよ!!」

鵺野「ああ!!」

キュィィィィィン!!

ガシッ!!シュン!!

悟空は鵺野を連れて移動!!

悟空「よし・・・何とか着いたな!!」

二人は妖怪の近くに移動した!!・・・だが、もう三途の川付近だった・・・

鵺野「・・・止まれ!!」

鵺野は大きい声で警告!!

鵺野「・・・止まらなければ強制的に止めるぞ!!それでもいいのか!!」

それでも妖怪は止まらない・・・!!

鵺野「なら・・・くらえ!!」

ビュン!!

霊力を封じる宝典を投げる!!

ビリリリリリリリリリリ!!

・・・一体の妖怪はかかって動きを封じられた・・・!!

・・・だがもう一体の妖怪は・・・回避した・・・!!

鵺野「・・・だろうな、回避するに決まっている、何故ならお前は・・・この宝典のことを知っているからだ」

妖怪?「・・・・」

鵺野「お前からでているな・・・かつて戦ったことがある妖気は」

妖怪?「・・・」

鵺野「もういい、正体を現せ、巨大な妖怪を催眠術で操ることが出来るのはお前くらいしかできないだろう」

妖怪?「・・・」

鵺野「・・・そして、お前の・・・兄が・・・お前の正体を証明している、覇鬼はいっていた・・・この妖気は・・・間違いなく・・・」

妖怪?「・・・全く、兄さんはそこまで落ちぶれたんだね、人間ごときに自ら力を授けるようになるなんて、失望したよ、もう兄さんは俺が知っている兄さんじゃない」

妖怪は・・・真の姿を表した!!



















































鵺野「弟だとな」

絶鬼「・・・正解、流石一度地上で私を破っただけありますね・・・」

正体は・・・あの冷徹残虐非道の絶鬼!!

鵺野「・・・その女をどうするつもりだ?」

絶鬼「・・・嬉しいね、やっぱりかかってくると思いましたよ、鵺野先生ならかかると思っていましたよ、この自分の仲間という餌を」

ポイッ!!

絶鬼は掴んでいたレジーナを鵺野に投げつけた・・・

ガシッ!!(鵺野はレジーナをキャッチした!!)

絶鬼「・・・ここなら貴方を地獄に落としやすい・・・ですがその前に・・・地獄を味わって貰いましょうか」



























絶鬼「貴方の仲間の精神達を一匹残らず放心状態にして三途の川をわたらせてあげましょう・・・そうすれば知る・・・私が味わった無限地獄と同じ苦しみを」

鵺野「・・・そのようなこと・・・俺が許すと思うのか?(手袋を取って鬼の手を出す)」

絶鬼「・・・許す許さないの問題じゃないですよ、だって私のこの力なら・・・どんな奴だろうと地獄に送られる・・・!!」

絶鬼は・・・本来の鬼の姿になり始めた・・・!!

絶鬼「では・・・始めましょう、皆の地獄送りの・・・」

















































絶鬼「始まりだ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

鵺野「しまった!!」

その瞬間・・・!!超破壊威力の妖力波が・・・待機組と二人の救助組の二つの集団に放たれた!!

鵺野(自分に放たれると考えて自分を守ろうとしたが・・・間違えた!!)

シュン!!

悟空は即座に救助組へ瞬間移動!!

悟空「かめはめ波!!」

ドゴォォォォォォォォン!!

一つの妖力波はかめはめ波で応戦!!・・・だが!!

悟空「ま、まずい!!追い込まれる!!」

徐々に追い込まれていく!!そのとき!!

本城「火炎波!!」

銀時、悟飯「かめはめ波!!」

ベジータ「ギャリック砲!!」

ドゴォォォォォォォォ!!

四人が援護!!そして・・・!!

シュゥゥゥゥゥゥ・・・

打ち消した・・・

一方待機組に向かった妖力波は!!

サスケ「須佐能乎!!」

ゴォォォォ!!

ガキィィィィィィィィィン!!

妖力波を防いで・・・その間に!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドカァァァァァァン!!

九喇嘛モードになって尾獣玉で妖力波を打ち消した!!

ナルト「お、俺の尾獣玉と同じ威力って・・・!!どんだけ強いんだってばよ・・・!!」

絶鬼「・・・どうやら今ので倒れた人はいなかったようですね・・・ですが、ここからが本番です・・・!!」

ゴオオオオオオオ・・・・

鵺野(体全体に破壊できる妖力を纏っているだと・・・!!あのときより桁違いに強くなってる・・・!!下手したら覇鬼まで越えている・・・!!)

悟空「あぶねぇ!!」

銀時「おい!!何だあの恐ろしい鬼は!?ほとんど化け物じゃねぇか!!」

悟空「会話を聞いていたら・・・アイツの名前は絶鬼らしいな・・・!!」

ピロロロロロロロロロ!!

ルフィ「電話だ!!」

美樹「もしもし!!細川美樹です・・・!!あの鬼は危険です!!名前は絶鬼です!!」

アスタ「それはさっき聞いた!!どんな奴なんだ!?」

郷子「あの鬼はぬ〜べ〜の鬼の手にいる覇鬼の弟・・・!!冷徹残虐で人を殺すことになにも抵抗を感じないまれにない悪鬼です!!かつて覇鬼をぬ〜べ〜から解放するために学校に転校してきてぬ〜べ〜と激しい戦いの末破れて無限地獄に落とされた鬼・・・!!」

トリコ「最悪の鬼だな、だが何故無限地獄から出たんだ?」

広「分からない・・・!!ですがコレだけはいえます・・・!!あの鬼は強すぎます・・・!!絶対に油断しないでください!!」

ナルト「ここの連中は俺とサスケが死んでも守るってばよ!!安心してくれカカシ先生!!」

ピッ!!

カカシ「・・・優れた教え子達を持って助かったよ全く」

絶鬼「さて・・・地獄送りの本番です・・・!!」

鵺野「覚悟しな絶鬼・・・!!今度こそ永遠の封印をしてやる!!」

次回・・・!!突如始まったシリアスバトル!!絶鬼VSジャンプオールメンバー!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.824 )
日時: 2015/08/07 12:07
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「これは・・・!すごい妖気です!下手したら、ほかの妖怪たちも越えてしまいますよ!?」

エイジア「絶鬼・・・・まさかあいつが・・・・」

ララ「エイジアさん知ってるのですか!?」

エイジア「ええ、絶鬼はオーガと互角に戦ったほどの鬼よ。まあ、鬼神には敵わなかったけどね。」

ララ「なんで戦ったんですか?」

エイジア「あいつは戦い好きだからね。私はその付き添い」

ララ「だったら不味くないですか?私も神力を使ってやっと鬼神のオーガに互角に戦えましたから」

エイジア「そうね・・・・ここは私にやらせてくれる?」

ララ「エイジアさん?」

エイジア「あいつはレジーナさんとお通さんを地獄に落とそうとした・・・そして二人だけじゃなくみんなも落とそうとした。だから、オーガの代わりに地獄を見せないとね」

ララ「(あ・・・これマジ切れしたときのエイジアさんだ)」

エイジア「使うことはなかったと思ったけど・・・久しぶりに使おうかな。『能力を創る程度の能力』を」

ララ「え・・・?そ、それって封印されているんじゃ・・・・」

エイジア「状況に応じたら、使ってもいいって言われてるからね。」

ララ「でも、一体どうゆう能力なんですか」

エイジア「そのままの能力。自分が創造したことを能力にする能力だよ」

ララ「ある意味チートですね」

エイジア「他のゲームやアニメの能力くも創造したら使えるよ。夢想封印とかマスタースパークとか」

ララ「・・・・・・(呆然」

エイジア「まあ、威力は本物には劣るけどね。また、別の属性を合わせて威力を高めるとか出来るけど」

ララ「そ、そうなんですか・・・・」

エイジア「でも、被害が出ると思うから、ララはみんなを守ってね」

ララ「・・・分かりました。でも、無茶はしないでくださいよ!?」

エイジア「分かってる!」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。