二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.486 )
日時: 2014/12/29 00:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よしっ!!コメント返信いきますよ!!
ジャガーさん
あ、成程・・・すみません、あまりキャラ理解していなかったので色々実際には違う所あったかもしれません、すみませんでした。
エイジアさん
先にネタバレしますけどレイヴンの姿はもう皆にバレます・・・ただし・・・中途半端な場所を見られます。それを特殊能力を持つある三人にです!!
では本編です!!続きをどうぞ!!

マフジー「頃合いか・・・紹介するぜ!!」

一条寺「俺は一条寺だ。よろしく」

獄寺「何で鎧を着ているんだ?」

一条寺「俺は鎧が大好きなのさ!!」

全員「ああ、オタクか」

一条寺「オタクじゃなーい!!ヨタクだー!!」

ショコラ「私もいないわよ」

零龍「じゃあ次は俺の仲間を呼ぶぜ・・・」

ドナルド「僕の名前は、ドナルド・マクドナルドよろしくね♪」

一条「この男、舞子と同じ臭いが・・・」

チョッパー「サンジと同じ臭いが・・・」

男鹿「古市と同じ臭いが・・・」

零「潔と同じ臭いがするのだ・・・」

サンジ、舞子、古市、潔「よろしくな!!よし!!今度この五人でナンパ組の結成しないか!?」

ドナルド「ヘッハッハッハッ!!いいねぇ♪因みにいつも主食はマクドナルドのハンバーガーでね♪」

女勢(今度からあの五人には近寄らないようにしよう・・・)

白夜「やめなさいよドナルド・・・私は聖凛 白夜、よろしく」

エイジア「・・・正直今呼んでいいのかな・・・二人共来て・・・(頼むから戻っていてェェェェェ!!)(汗)」

十六夜「俺は、逆廻十六夜だ!」

男鹿、幽助「よし!!俺達三人で色々な場所に喧嘩しにいこうぜ!!」

十六夜「いや確かに俺不良ぽいっけど一応この世界では違う!!」

レイヴン「俺はレイヴンだ」

銀時「・・・・え?」

めだか「い、いやちょっと待て、本城ララはどうした?服装は似ているけど」

レイヴン「アイツなら気絶している・・・お、そろそろ目覚ましたな」

エイジア「いやここで姿変わるの!?少し抑えt」

すると・・・

ビュウウウウ!!

銀時「急に強い風が吹いてきたァァァァァァァァァァァ!!」

斉木(何だ?急に黒い霧が出てきたぞ・・・視界がよく見えないな、透視能力)

サスケ(何が起きていやがる・・・状況を見よう、万華鏡写輪眼!!)

ヒナタ(何が起きているの・・・白眼!!)

三人「!?」

本城「はあ、やっと目覚ました・・・」

銀時「・・・ララって二つ姿あるのか?」

ララ「ありませんよ?」

銀時「いや違くて!!本城ララの方だよ!!」

エイジア「はい、ララが気絶したり身の危機を感じるともう一つの姿レイヴンになるの」

ララ「ならないよ!?」

エイジア、十六夜「だから違う!!ややこしいな本当!!」

ララ「私悪くないよ・・・(涙目)」

エイジア「い、いやごめん!!ていうかどうしたらいいんだろう本当!!」

めだか「変わっているな・・・」

ナルト「あれ?ヒナタ、サスケ、どうしたんだってばよ?」

三人(中途半端な姿見た・・・見なければよかった・・・)

坂神「ではこれで以上です!!作者さん、これからよろしくお願いします!!」

以上で紹介は終わりです!!実は・・・重要なアンケートを取ります!!実は今まで私が小説カキコを見てよく出てきたアニメ系(例、名探偵コナン、ポケモン、とある魔術の禁書目録、ドラえもんなど・・・)ラベル系はあまり知りませんが、これらを一部ゲストキャラとして出そうかな・・・と考えているんです!!ですが・・・キャラが増えすぎると混乱するかもしれないので・・・なので!!投票でまた決めようと思います!!締め切りは1月2日までです!!このことは後の小説の内容を大きく左右するので是非投票よろしくお願いします!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.487 )
日時: 2014/12/29 01:13
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

コメント見て来ましたぜ!
あと、追加設定いいっすかね?
ゼブルブラスト使えるってことにしてくれたら嬉しいっす!

あと、会いたいジャンプキャラは
ボーボボ組
ワンピース組
べるぜばぶ組
でお願いします(いまさらかい!)

最後のアンケートはとある魔術で!


コメントお待ちしております!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.488 )
日時: 2014/12/29 01:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

IRさん
受け付けました!!後そもそもゲストキャラを入れてもいいかも答えて欲しいです!!

ここで!!番外、スパイの暗躍編を書きます!!

オーガ「・・・ここが鬼兵隊の船か・・・」

オーガはちょうど今鬼兵隊の船を見つけたところだった・・・

オーガ「大変だったな・・・ここまで来るの・・・」

オーガ「エイジアの聞いたところでは他の人も侵入しているらしいからな・・・、よし、入るか」

オーガはこっそり隠れながら侵入していたが・・・見張りがやけに多い。

オーガ(何でこんなに人がいるんだ?鬼兵隊って予想以上に多かったのかよ・・・)

?「アンタ何しているんだ?」

オーガ「うおっ!?アンタら誰だよ!?」

飛燕「驚かしてすまん、俺は飛燕、アンタの仲間エイジアと同じ作者竜の従兄弟だ」

如月「俺は如月、神楽、神威の兄だ」

オーガ「神楽のもう一人の兄?驚いたな・・・」

飛燕「でもこんなに人数がいるなんてな・・・正直奴らとドンパチしてもいいんだがもう少し情報を知ってからいいと思ってな・・・だけど敵の人数多過ぎてそれも大変だがな」

オーガ「そうだよな・・・鬼兵隊ってこんなに人数多かったのか?」

飛燕「いや・・・恐らく攘夷志士じゃないのがほとんどだな」

オーガ「!?どういうことだ!?」

飛燕「シッ、静かにしろ、・・・俺はかつての攘夷志士だった、それだけ攘夷志士を知っている、アイツらの訓練見てみたが、アイツらは刀の使い方がなっていない・・・アイツらは明らかに他の奴らからの援軍だ」

オーガ「・・・闇武からの援軍か・・・」

如月「だから取り敢えず他の奴らとの合流を目指したいと考えている、そうすれば協力して作戦を立てることが出来るからな」

オーガ「そうか・・・取り敢えずこのことはエイジアに伝えておこうか、後他の作者から誰が援軍として送っているのか、後その名前を聞いておこうか・・・」

以上です!!明日のスパイ編書きます!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.489 )
日時: 2014/12/29 01:32
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

ゲストキャラを入れてもいいと思うっす!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.490 )
日時: 2014/12/29 17:02
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「まさかここで変身変わるとは・・・・本当にヤバイ」

ララ「そう見たいですね・・・・神の姿を見られたらマズイです。」

エイジア「取り合えずあの三人に口止めしていた方がいいよね。」

ララ「それだと逆に怪しまれませんか?」

エイジア「そっか・・・・・後、もうひとつの疑問」

ララ「なんですか?」

エイジア「やっぱり同じ名前ってややこしいな・・・・」

ララ「そうですね・・・」

エイジア「じゃあララ、『夜叉』にする?」

ララ「夜叉、ですか?」

エイジア「うん、ララの覚醒の姿と力でララがいる世界では、『夜叉』て呼ばれてるんだ」

ララ「私、そんな風に呼ばれてるんだ・・・・あ、だとしたらオーガも?」

エイジア「うん、鬼のお面で力で鬼王て呼ばれてるんだ」

ララ「全然知りませんでした。」

後、アンケートはゲストキャラは入れてもいいですよ?私はポケモンが良いです。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.491 )
日時: 2014/12/29 16:59
名前: エイジア

あ、因みに人限界で悪魔やら狼やらが暴れた時にララの力がばれないように、黒いフードと仮面をつけている。(オーガも同じ)
その時に炎の力で仮面をつけている事と、レイヴンの姿が黒い髪で仮面だからである。もうひとつは、ララが昔多くの人を殺したことから夜叉である。
すいません。本当にすいません。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.492 )
日時: 2014/12/29 12:04
名前: シャル ◆rNMF51ZUQ6

シャルです。

ここはやっはりとあるでしょう!
とある魔術の禁書目録組でお願いします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.493 )
日時: 2014/12/29 14:10
名前: エイジア

オーガとララとの話です。
どうぞ。

オーガ「まさか、闇武の援軍がこんなに多いとは・・・・・予想外だな。」

プルルルルル  プルルルルル

オーガ「ん?なんだ。」
ピッ

ララ『オーガ?』

オーガ「ララか。何のようだ?」

ララ『いや、ちょっとまずいことになって・・・・』

オーガ「どうしたんだ?」

ララ『・・・・・・銀さん達に姿がばれそう・・・』

オーガ「は?おい待て、それ本当か?」

ララ『うん、どうしよう・・・・』

オーガ「それは厄介だな・・・とりあえずなんとか耐えろ。もうどうしようもなければ・・・・話すしかない。」

ララ『わかった。それと、オーガは竜の玉を持ってる?』

オーガ「?あぁ、持ってるが」

ララ『実は、メイドウィンさんと妹紅さんて言う人達は、かぐやさんの月にある不死身の薬を飲んだ人達みたいなんです。』

オーガ「かぐやの?つまりそいつらはかぐやの知り合いなのか?」

ララ『そこまでは分からないけど、かぐやの宝のことを話した方がいいのかな?』

オーガ「いや、話さなくてもいいだろう。それにかぐやの宝を持っているのは俺とお前だけだからな。」

ララ『私は、火鼠の衣でオーガは竜の五色に光る玉、でしたね。』

オーガ「ああ、光る色によって俺の波動の効果が変わる。」

ララ『赤が炎の効果で青が水の効果、黄色が雷の効果、黒は闇、白は光の効果だったね。』

オーガ「後、エイジアに闇武の事と他の作者の援軍の事を言ってくれ。」

ララ『分かった。どうか気おつけてね』

オーガ「ああ、分かってる。」

ララ『後、レイヴンから後で殴るっていってたよ。』

オーガ「何でだ!?」

ララ『そこはわからないけど、後で殴るっていってたよ。』

オーガ「・・・・・はぁ、分かった、それは勝負するってことでいいんだな。」

ララ『なんで勝負することになったの!?後、会場では駄目!』

オーガ「分かった。こっちは続けてやるが気おつけろよ。」

ララ『分かった。じゃあね』
ピッ

オーガ「さて、やるか」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.494 )
日時: 2014/12/29 21:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よしっ!!コメント返信します!!

エイジアさん
受け付けました!!後キャラも把握しました!!
シャルさん
受け付けました!!
IRさん
受け付けました!!
どうやらゲストキャラ入れて欲しい人が多いそうですね・・・
あ、もし投票で一番多かったのは確実になります。
なので他のゲストキャラも来るのでおたのしみで!!
後種類はなんでもいいんですよ!!前の四つは例なので!!では本編です!!スパイ暗躍編いきますよ!!

?「ここが鬼兵隊の船ね・・・」

そこに現れたのは・・・

ラミス「早く侵入しなくちゃ、父さんに怒られるわ」

その女はシャドー・ラミス・黒影、メイドウィンの娘である。

ラミス「さて・・・敵の警備が多い、ここはどうしようか・・・」

ラミス「父さんから情報を聞こうかしら」

会場内にて・・・

ピリリリリリリリリリ!!(携帯の音)

メイドウィン「お、ラミスからだ、(ピッ)、もしもし、ラミス、今どこだ?」

ラミス「今鬼兵隊の船の中よ、どうすればいいと思う?」

メイドウィン「ああ、そのままバレずに鬼兵隊の船の中に入っていてくれ、お前にはその船がいずれ向かうだろう闇武(ちなみに送り仮名はえんぶですby坂神)の本拠地に侵入するのが目的だ」

ラミス「分かったわ」

ピッ、

メイドウィン「さて・・・頑張れよラミス」

鬼兵隊の船の中にて・・・

ラミス「さて、じゃあ同じく侵入している人を探しながら隠れようか・・・」

その頃・・・

オーガ「成程、把握したぜ、ありがとなエイジア」

ピッ!!

飛燕「誰と話していたんだ?」

オーガ「エイジアと話していたんだよ、どうやら侵入している人はもうひとりいるらしい、その名前はジャガーが遣わしたその仲間メイドウィンの娘シャドー・ラミス・黒影だそうだ」

如月「そうか・・・その女には特殊能力あるのか?」

オーガ「まあ詳しく聞けなかったけどよ・・・そういえば特殊能力といえば・・・今になって思ったんだけどよ・・・」

飛燕「何だ?」

オーガ「・・・俺達全く侵入に使える能力持ってねぇな」

飛燕、如月「・・・そうだったな」

三人「俺達考えてみれば腕っぷししかねぇな・・・」

飛燕「・・・まあしょうがねぇな、いまさら言ってもどうしようもないしな・・・」

三人(・・・せめてその女が侵入に役に立つ能力を持っている事を願う・・・)

ガッ!!ウィィィィィィィィン!!

如月「そろそろ動き始めたな・・・」

こうして四人が乗った船は動き出した・・・

以上でスパイ暗躍編は終わりです!!では会場に戻ります!!



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.495 )
日時: 2014/12/30 18:25
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「十六夜。」

十六夜「ん?何だ?」

ララ「私がクイズ出すから答えて」

十六夜「急だな。んで、全問正解したら?」

ララ「・・・・キス・・・してもいいよ」

十六夜「やる。」

ララ「(即答だね)じゃあ、第一問。ソロモンが封印した悪魔の事を何て言うか」

十六夜「ソロモン72柱」

ララ「正解!次第二問。そのソロモンの悪魔をしのぐ73番目のオリジナルの悪魔は何?」

十六夜「えーと、ミシャンドラ?」

ララ「正解!第三問、そのミシャンドラの対抗するオリジナルの悪魔名前は?」

十六夜「ラーペ」

ララ「正解!じゃあ、最後の問題。私の本当の神の名前は何?」

十六夜「(な!これどうゆう意味だ?)」

ララ「ヒントは、さっきの問題とソロモンだよ」

十六夜「(ソロモン・・・悪魔・・・まさか!)魔神ラーペか?」

ララ「・・・正解だよ。十六夜なら分かってくれると思ってた。」

十六夜「なぁ、まさかこれの為にさっきの問題お?」

ララ「うん、私がまだ神力が使えない事は知ってるよね」

十六夜「ああ、だが、それがどうしたんだ?」

ララ「祟り神の名前はレイヴンの方の名前なんだ。私は魔神ラーペの名前。」

十六夜「つまりそれを知らなかった?」

ララ「うん、昔は、私は悪魔だったらしい。でも、邪神の血を入れられて、魔神になったの。レイヴンはその力を押さえるため。」

ララ「でも、私はそれが辛くて悲しくて仕方がなかった・・・・どうしたらいいんだろ・・・」

十六夜「・・・・ララ」

ララ「ん?な・・・!??」

十六夜「・・・・これでスッキリしたか?」

ララ「い、いきなりキスしないでよ!!」

十六夜「クイズに全部答えたんだ。別にいいだろ」

ララ「う・・・・」

十六夜「取り合えず戻るぞ。」

ララ「うん・・・・・(ありがとう、十六夜)」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。