二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.451 )
日時: 2014/12/17 19:56
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

十六夜「なぁ、エイジア」

エイジア「ん?何?」

十六夜「ララはなんで祟神て呼ばれたんだ?」

エイジア「うーんとね、ひとつ目はね、ララの両親を殺されたきっかけで力が目覚めたことと邪神の血が半分入っているからだよ」

十六夜「なんで邪神の血が半分入ってるんだ?」

エイジア「ララは私達に会う前、ある研究所にいたんだ。ちなみにマリとあったのもそこだよ。」

十六夜「へぇー」

エイジア「そこにはある実験をしていたの。」

十六夜「その実験て?」

エイジア「・・・邪神の血を使って人間兵器を作る実験だよ・・・・・」

十六夜「なっ!」

エイジア「正直何で研究所の人達が何で邪神の血を持ってるのはわからないけど、その血に適合しなかった子供は次々に死んでいったわ・・・・・」

十六夜「・・・・・・」

エイジア「んで、やっと見つかった適合者がララだった。
ララは実験の後、子供たちの死体を見てその研究所を抜けたの・・・・・最後に生き残ったマリを連れて・・・・・」

十六夜「・・・・・殺しは、しなかったのか。」

エイジア「それは、前に村人たちを殺したからね、もう、罪はかさせないすもりだったんだろう」

十六夜「ん?おい、じゃあララは邪神じゃないのか?」

エイジア「うんう、邪神はまだ封印されてまだ生きてるから、憎悪と悲しみが強いから祟神ていう名前になったんだ。」

十六夜「そうか・・・・・」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.452 )
日時: 2015/04/22 22:41
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝ですよ!
エイジアさん
成程・・・過去は把握しました、ララに果たして転機は来るのか・・・
あ、後すみません・・・マリって誰ですか?
では本編です!!
次に来たのは・・・

剣心「強そうな猛者が来たでござるな・・・」

ルフィ「ししし!!戦ってみてぇな!!」

銀時「特にあの剣持っている奴、何か男ってより漢じゃね?」

?「面白そうな奴がいるじゃねぇか・・・」

?「そうだな!!俺の小宇宙も高まりそうだ!!」

悟空「で、オメェら誰だ?」

?「よし、説明しよう!!」








































































剣「俺は男塾一号生筆頭剣桃太郎!!」

星矢「俺は青銅聖闘士ペガサス星矢だ!!」

銀時「・・・男塾と聖闘士って何?」

星矢「聖闘士とはこの世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるといわれる希望の存在で俺達を束ねる女神アテナ様を守るために戦う闘士たちの総称。アテナ様に仕えることから「アテナの聖闘士」ともいう。その存在は俗人には伝説とされ、その拳は空を裂き、その蹴りは大地を割る。と言い伝えられる超人的な能力を有しているんだ」

出久「拳は空を裂き、蹴りは大地を割る!?凄すぎですね!!」

剣「そして男塾とは社会で落ちぶれたものなど全国から行き場の無くなった不良少年達を集め、過激なスパルタ教育を施す塾のことだ!!」

シカマル「かなり過酷だったんだろうな、そこって・・・」

ブルック「この人くまに似ていますね」

剣「どういうことだそれは!?」(ギロリ!!)

ウソップ「い、いやその熊じゃなくて!!俺達の恩人のことですよ〜(汗)」

銀時「さ、先走る奴だ!!」

悟空「そうだな・・・ってオメェ何でヤムチャ知ってんだ?」

星矢「何を言ってんだ!?」

ルフィ「サボォ!!お前も来ていたのか!!」

星矢「お前も何言ってるんだ!?」

星矢→中の人→ヤムチャ→中の人→サボ

?「ほう・・・中々強い奴らがいそうだな・・・剣!!わしらの力を見せよ!!」

?「まあ落ち着いてください、星矢、落ち着きなさい」

星矢「すみません!!つい・・・、では、俺の仲間達を紹介するぞ!!まず・・・アテナ様!!」

アテナ「皆さんこんにちは、私が地上の平和と、生きとし生けるすべての生命を守る使命を持つ女神、アテナよ」

球磨川『成程・・・その美しさは女神にふさわしい!!』

土方「・・・総語、近藤さん、何か前に女神って会っていなかったっけ?」

紫龍「俺は龍星座の紫龍だ、よろしくな皆」

星矢「この男や他の三人と俺は聖闘士の中でも下の青銅聖闘士なんだ、でも強さは・・・誰にも負けていないつもりだ!!」

剣心「その声・・・斎藤か?」

紫龍「?」

斎藤→中の人→紫龍

氷河「・・・俺は白鳥星座の氷河だ」

ヒナタ「貴方って・・・何かシノ君に似ているね・・・雰囲気が・・」

ウソップ「お前の声って・・・いや、何でもない、忘れてくれ」

氷河「?」

氷河→中の人→クラハドール

瞬「僕はアンドロメダ瞬です!!皆さんどうも!!」

纏「ふ〜ん、中々二枚目じゃん」

ベジータ「・・・嘘だろ・・・!?」

トランクス「どうしたの父ちゃん?」

ベジータ「あの優男とやらが・・・このベジータ様に似ているだと!?」

瞬→中の人→ベジータ

一輝「弟を馬鹿にするな!!、俺は鳳凰星座の一輝だ、よろしくな」

ナミ「この人もくまに似ているわね・・・」

一輝→中の人→剣→中の人→バゾロミューくま

江田島「ワシが男塾塾長、江田島平八である!」

亀仙人「な、なんて凄い覇気じゃあ!!」

悟空「スゲェな!!あのおっさん!!でも・・・何でサタンのおっさんに似ているんだァ?」

サタン「そりゃあそうだな!!なんていたって格闘技の世界チャンピオンだからな、わしに似るのは当然だ!!」

江田島「不覚・・・何故わしはあの男に似てしまったのだ!!」

ケンシロウ「すごい漢だ・・・だが・・・何故あのダイヤに似ているんだ・・・」

ルフィ「ドリーのおっさん小さくなったな〜、ししし!!」

ナミ「いやアンタバカか!!」

江田島→中の人→サタン→中の人→ダイヤ→中の人→ドリー

続きは明日です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.453 )
日時: 2014/12/18 13:36
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

マリとは、ララと同じ高校で研究所で会った人です。研究所がある事故がおこり今は、ララと一緒に住んでいます。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.454 )
日時: 2014/12/18 23:48
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神ですっ!!コメント感謝ですよ!!(もうこのコメント返しの仕方何回目だろうなー)

エイジアさん

マリの設定把握しました!!
では本編です!!

江田島「わしも強い者を選んで連れてきた!!見せてやろう・・・富樫 源次!!、皆に名を名乗れ!!」

源次「男塾一号生富樫 源次だァ!!」

龍次「同じく!!一号生虎丸 龍次!!」

新八「こ、この男すごい巨漢ですね・・・!」

月詠「!!・・・主は!!」

リボーン「やべぇな、ここで九代目に会うなんてな」

サニー「珍先生!?」

龍次「!?」

龍次→中の人→地雷亜→中の人→九代目ボンゴレ→中の人→珍鎮々

秀麻呂「お、俺も来たぜ!!俺は極小路 秀麻呂、よろしくなァ!!」

銀時「チビが意外と多いいな、別の世界って」

出久、火ノ丸、日向「怒るぞ?」

剣「以上だ!!」

星矢「よろしくな!!」

すると・・・

?「トリコさん!!出来ましたよ!!ラーメンがまた!!」

?「私も手伝ったわよ!!」

?「あー、かったりー、俺も手伝いました・・・」

トリコ「おお!!ありがとな!!」

えりな「もう!!もう出てきたんの!?」

アリス「別に貴方が決めることじゃないでしょ?私はえりなの従姉妹、薙切アリスよ、よろしくね♪」

リョウ「・・・・」

アリス「ちょっと!!こういう時にボーッとしないで!!」

リョウ「分かりましたよ・・・俺は黒木場 リョウ、アリス様の側近だ・・・」

球磨川『流石従姉妹同士、プロポーションは互角だね』

めだか「貴様はどうやら肉塊になりたいようだな?」

新八「あの〜、すみません、先程肉塊が出来上がったばかりなのでこれ以上肉塊を量産するのはやめてくれませんか?」

坂本辰馬だったもの「」(詳しくは>>441を参照)

妙「うふ♪」

小松「皆さんこんにちは!!トリコさんとコンビの小松です!!」

ナルト「おお!!ラーメンまた出来たんだったばよ!?俺も食うってばよ!!」

小松「お、落ち着いてください!!」

トリコ「二人共、小松を手伝ってくれてありがとな!!」

アリス「いえいえ、でも彼中々の料理人ね・・・驚いたわ」

トリコ「そりゃあ当然だぜ!!なんて言ったって!!俺のコンビだからよ!!」

ズズーッ

銀時「・・・うめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

めだか「驚いたぞ!!」

慧「めばえ!!」

創真「めばえが出たぞォォォ!!!」

我愛羅「この男・・テマリに似ている・・・」

一護「コイツ・・・冬獅郎に・・・」

めだか「雲仙か!?」

小松→中の人→テマリ→中の人→冥利→中の人→冬獅郎

ピンポンパンポーン

両津「何だこのアナウンスは?」

アナウンサー「まもなく全員が揃う予定です、残り・・・後二組です」

銀時「後二組か・・・誰が来るんだろうな・・・」

残り二組です!!いよいよ全員揃いますよ!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.455 )
日時: 2014/12/19 16:02
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「あと二組か・・・・誰がくるんだろう」

ララ「・・・坂本さん、大丈夫でしょうか・・・・・」

十六夜「生きていたらの話だぞ。あいつ」

エイジア「十六夜、それ何となくひどいよ。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.456 )
日時: 2014/12/20 12:52
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!
エイジアさん
後二組み!!楽しみにしていてください!!
では本編です!!
だが・・・
60分後・・・

銀時「・・・何でこういう時に来ないんだよ・・・」

長く待っていることになったのだ・・・・

両津「だーもー!!待ちきれんぞ!!」

剣心「どうしたのでござろうね、残りの二組・・・」

ルフィ、トリコ、悟空、ナルト「そうか?全然暇じゃねぇぞ(ねぇってばよ)?」

人気主人公四人組はバイキングの物を食べまくっていた・・・

ボーボボ「ハッハッハッ!!こういう時こそ!!はじけて元気を出そうぜオメェら!!」

アレン「やめてくれませんかね?」

ネウロ「黙れ変人が!!」

男鹿「オラオラ!!もっと気ィ張りやがれ!!」

幽助「俺達がお前をびしっとさせてやらァ!!」

綱吉「へ、ヘルプミーィ・・・」

バタッ

男鹿「起きやがれェ!!」

綱吉は男鹿、幽助にビシバシ鍛えられていた・・・

そして・・・

桂「YO,YO!!俺は桂だYO!!hey! 1,2,3,4、
やるなら今しかねーZURA、やるなら今しかねーZURA、攘夷がJOY、JOYが攘夷、ふざけたyouに俺が天誅!!」

キラービー「俺様は最高♪待ち時間は長さをアイツら二組とやらは再考!!」

二人はラップをかましていた・・・

銀時、ナルト「止めてくれ(くれってばよ)!!」

キラービー「おう♪こういう時こそ♪ラップをやる時♪ラップを今やるのが至高♪これを考え出した俺は最高♪」

銀時「ふざけんなよ、誰がやるかy」

ナルト「YO♪俺はナルトだってばYO♪ラーメンに不可欠なのは、ナルト♪」

銀時「ノリはやァァァァァァァァァァァ!!」

ルフィ「俺は麦わらのルフィ♪、俺の周りには仲間がワラワラ♪」

ナミ「ルフィィ!?」

トリコ「俺は美食屋トリコ♪料理をするのは、料理屋♪」

リン「何やってるんだし!?」

悟空「俺はサイヤ人悟空♪勉強する事だけは、凄くイヤ♪」

ベジータ「どうした!?どうしたんだカカロットォォォォォォォォォ!!」

両津「わしは警察両津♪取り締まるのは、わいせつ♪」

ボーボボ 「さまよえる毛根の貴公子、ボボボーボ・ボボーボ♪、はじけたギャグを、行使♪」

新八「オィィィィィィィィィィィィ!!何かラッパーが急増してるんだけどぉォォォォォォォォォ!?」

鵺野「俺は鵺野鳴介♪・・・畜生!!思いつかねぇ!!」

キラービー「ラップミスったお前には♪スミぶっかけられて手前付けろYO♪」

ドバシャァァァァァ!!

鵺野「ぎゃあああああああああ!!」

鵺野は見事に墨塗れになったとさ!!

雪女「大丈夫ですか!?」

ジュン市「俺はピューと吹くジャガー♪いつかファンも笛を吹く♪」

?「私は正義の味方♪全ての戦いに大事なのは、運♪」

キラービー「じゃあ最後に・・・」

9人「ウイィィィィィィィィィィィィィィィ!!」

新八、ビュティ、中島、銀時、めだか、男鹿「何なんだお前らァァァァァァァ!!」

剣心「・・・ちょっと待つでござるよ?今誰か知らない人の声が紛れていたでござるよ!?」

?「やれやれ、やっと着いたよ、まあ私は正義の味方として宇宙中を戦っているからしょうがないな!!」

銀時「オイ!!そこのチビ誰だよ!!」

?「ち、チビとは失礼な!!、私は・・・」




































ラッキーマン「ラッキー、クッキー、もんじゃ焼き!!実力はないが、ついてついてつきまくる宇宙一ラッキーな正義の味方、ラッキーマン!ただいま参上!」

両津「ラッキーマン!?変わった名前しているな!!」

ラッキーマン達が来ました!!続きは明日です!!

追伸、スミマセン、ジャガージュン市の表記を間違えてジャガーと書いてしまい、ジャガーさんとの勘違いを起こしてしまいました、マジですみませんでした!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.457 )
日時: 2014/12/20 08:42
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「いつの間にかラップが出てるし!」

ララ「後、さっきジャガーさん、居ませんでしたか?」

十六夜「ああ、いたな。」

エイジア「何で!作者と会えるの後だよね。どうやって入ったの!?」

ララ「えーと、戻した方がいいですよね?」

エイジア「うん、でも、松山やマヤ達が気がつくと思うから、いいんじゃない?」

十六夜「そうだな」

ララ「一応、私、行ってきますね。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.458 )
日時: 2014/12/20 16:54
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ジャガー『大丈夫、間違いは誰にでもありますよ。』
マヤ『ところでどうやって帰ったの?』
ジャガー『作者パワーです。』



松山『メイドウィン、クリスマスなにもらうんだ?』
メイドウィン『ジャンプアルティメットスターズ。』
松山『バランス崩壊ゲーじゃねーかよ。』
メイドウィン『武装錬金と聞いて。』
ジャガー『僕はぬ〜べ〜先生使いたいです。』
松山『いやいや・・もうちょっと良いの頼めよ・・』

メイドウィン『あーあ、サンデーもクロス系のゲーム作らねーかな。』
ジャガー『バトル系が少ないですからね、サンデー。』
メイドウィン『いやいや分からんぞ、ジャンプでは両さんすら戦うからな。』

更新頑張ってください。

それと・・

クロエちゃんの原作【クロエのレクイエム】小説版は絶賛販売中です!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.459 )
日時: 2015/04/22 22:47
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
その前に・・・えーっと、ジャガーさん、貴方は会場に来ていません。単純にジュン市が言ったセリフを書くときにジャガーと書いてしまっただけです。
そのへんはお忘れなく!!
エイジアさん
エイジアさん、本当に勘違いさせてしまってすみませんでした。
ジャガーさん
ありがとうございます!!ジャンプアルティメットスターズ・・・羨ましいです!!クロエのレクイエム・・・今度読んでみたいです!!
あと皆さん・・・ラップ面白かったですか?後今日はわくわくしています!!今日はジャンプフェスタ行く予定なので!!楽しみなのです!!
では本編です!!

鵺野「ついてついてつきまくる宇宙一ラッキーなのか!!よし!!今度俺と一緒に競馬へGO!!」

両津「いやわしが連れていく!!」

銀時「俺と一緒にパチンコしにいこうぜ!!なぁ!!」

ラッキーマン「あんたら私を金儲けに使うつもりか!?」

ルフィ「お前・・・俺とお前ってよ、性格が全く違うのに・・・何で俺に似ているんだよォォォォォォォォォ!!」

クリリン、ランボ「本当にな!!」

ラッキーマン→中の人→ランボ→中の人→ルフィ→中の人→クリリン

?「ラッキーマンさん!!来ましたねっ!!」

?「ラッキーマン!!貴様は何故私より目立ってきた!!謝れ!!」

ラッキーマン「何故私が謝なければならない!?・・・取り敢えず私の仲間を紹介しよう!!」

努力マン「努力マン!!」

勝利マン「勝利マン!!」

友情マン「友情マン!!」

三人「我らは三兄弟なのだ!!」

銀時「友情努力勝利ってモロ少年ジャンプじゃね?」

両津「異議なし!!」

努力マン「俺は努力して努力しまくるヒーローだ!!」

ゴン「名前のままだね!!」

桑原「お前・・・何で俺に似ている?」

努力マン「知るか!!」

努力マン→中の人→桑原→中の人→バギー→中の人→ラディッツ

勝利マン「俺は勝つ事だけにこだわるヒーローだ!!」

アラレ「本当にそのままだねー!!」

ナルト、土方、玉藻、一心、ルフィ「本当に父ちゃん(異三郎)(私)(俺)(エネル)に似ている人多いいな!!」

勝利マン→中の人→一心→中の人→玉藻→中の人→エネル→中の人→佐々木異三郎→中の人→波風ミナト

友情マン「俺は友情を友情を大切にしているヒーローd」

銀時「もういいわこのパターンは!!」

空閑「お前、つまらない嘘つくね」

友情マン「な、何を言っている?」

ルフィ「戦桃丸かよ・・・」

友情マン→中の人→戦桃丸

スーパースターマン「私はスーパースターマンなのだ!!目立ち目立ちまくっているヒーローだ!!」

土方「こういう奴程弱いんだよなぁ、いつも」

近藤「そうだな」

黒子「そうですね」

スーパースターマン「うるさいぞ!!」

ラッキーワン「僕はラッキーマンのペットラッキーワンだワン!!」

ココ「もう名前がそのまんますぎるね・・・」

奇麗田「私は奇麗田見代です!!」

神楽「軽そうな女アルな!!」

奇麗田「あ、私30kgです」

銀時「ありえないんだけど・・・」

ラッキーマン「以上だ!!」

サンジ「ヒーローって言うけど全員変じゃね?」

ルフィ「そうだよな〜・・・正直ショックだ」

オールマイト「だが、私達とは違うヒーローの形でまたいいんじゃいか?」

出久「そうですね!!」

勝己「俺は気に食わねぇけどな!!」

そして・・・残るは最後のひと組みを待つのみになった・・・

だが・・・

180分後・・・

銀時「・・・来ねぇェェェェェェェェェェェェぇぇぇ!!」

全く来ないのだ・・・

めだか「そろそろイライラしてきたぞ・・・」

男鹿「ふざけたやつが来たらぶっ飛ばす・・・」

皆はもう怒っていた・・・

作者待機室にて・・・

エイジア「長すぎよ・・・」

本城「何でですか・・・」

松山「イライライライライライライライライライラァァァ!!」

メイドウィン「そこまでイライラ言うな!!しょうがないだろ!!」

シャル「何でこんなに待つんだろうね・・・早く千棘やララに会いたいよ」

本城「ララはここにいますよ?」

シャル「いやそっちじゃなくて!!」

作者勢も同じく・・・

ベジータ「来たらギャリック砲でぶっ飛ばしてやらァ!!」

悟空「落ち着けベジータ!!それ冗談じゃすまねぇから!!」

ナルト「ヒナタ、入口見てみてくれってばよ!!」

ヒナタ「分かったよ!!・・・白眼!!」

ギン!!

銀時「白眼ってなんだ?」

ナルト「白眼とは第二胸骨の真後ろ以外のほぼ全方向を見渡す視野、数百メートル先を見通す視力の他、物体の透視や、幻術や瞳術による洗脳を見破る力に長けている眼だってばよ!!」

ヒナタ「見えました!!やっと来たようです!!」

シカマル「やっとかよ・・・たくっ!!めんどくせーこと起こしやがって!!」

すると・・・

?「い、急ぐのだ!!急ぐのだ!!」

と・・・足が以上に大きくなっていて、頭体が二頭身化している異常な男が突っ込んできた!!

全員「・・・ハアアアアアアアアアアアァ!?」

アレン「ぶ、不気味だッ!!」

全員「唖然としていた・・・」

ボーボボ「中々はじけた奴が来たようだな!!」

そしてそのまま・・・

ドガシャーン!!

壁にぶつかった・・・

?「い、いててて・・・流石に筋肉大移動はやんなくてよかったのかもしれないのだ・・・」

?「そうですよ!!するタイミングが悪いですよ!!」

銀時「おい・・・何だこの変態男は?」

?「あ、皆さん、遅れてしまって、かつ驚かせてすみませんでした!!」

?「うむ、確かに色々すまなかった、では自己紹介といこう!!私は・・・」

最後の一組は・・・・





























































零「私は3年奇面組一堂零だ!!通称まゆなしの零!!」

唯「私は零さんのクラスメート河川唯です!!」

3年奇面組です!!では続きはジャンプフェスタに行った後になると思います!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.461 )
日時: 2014/12/21 10:39
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

すいません。勘違いしました。

エイジア「ララのボケ・・・・・始めて見た気がする・・・・」

十六夜「俺も始めてみた・・・・」

エイジア「てか、ふつうあそこは十六夜がボケた方が面白いと思う・・・・・」

十六夜「とゆうか、遅かったな最後の組」

エイジア「(話そらした)まあ、仕方ないよ。何らかの理由が会ったんだから。」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。