二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.774 )
日時: 2015/07/14 23:36
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

すみません、見に行こうとしたときにもう人々が着き始めていたことにしてよろしいでしょうか?

では本編です!!どうぞ!!

両崎「遅いな・・・坂神達」

集合地点、ソラマチ前にて・・・

両崎達率いる3班と・・・

ラッキーマンがいた8班がいち早く着き、

それから少々遅れて5、6、7、10が着き・・

残る4班が来るのを待っていた・・・

両崎「・・・来たか」

まず来たのは・・・

・・・4班の人々だった。

桐子「遅れてごめん両崎さん!!」

両津「着いたぞぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ゲシッ!!(軽く蹴り)

両津「いてぇ!!」

麗子「何が着いたぞぉよ!!そもそも両ちゃんが危ない運転してバスが壊れたから遅れたんじゃない!!」

両津「ハイヒールで蹴るな!!」

千棘「し、死ぬかと思ったわ・・・」

ビュティ「ちょっと待って、皆が死ぬと考えるほど激しい運転をしたの両さん!?」

リボーン「おいゴリラポリス、俺達を道連れに死ぬつもりだったのか?」

両津「誰がゴリラポリスだ!!」

綱吉「死んだと思ったよ・・・」

獄寺「もう運転するなよ両津・・・」

キルコ「私はすかっとしましたよ!!」

楽「あんたよくそういうこと言えるな!!」

両崎「残りは1、2、9か・・・」

次にやってきたのは・・・

坂神「ごめんなさい両崎さん!!」

1班の人達だ・・・

あれからバスは球磨川の「大嘘憑き」でバスを直して一生懸命皆バスを運んだのだ。

そして陸上に揚げて運転してここまで来たのだ

運転者「ごめんなさい・・・私のせいで・・・」

銀時「ごめんなさいで済むかコノヤロー!!」

運転者「うう・・・すみません・・・ううっ・・・(涙)」

銀時「・・・うん、ごめん、俺言い過ぎたから、泣くなよ、俺達をここまで連れてってくれてありがとな」

運転者「・・・どういたしまして!!(笑顔)」

めだか「一瞬焦ったぞ・・・」

ルフィ「でも着いてよかったじゃねぇか!!」

ジョナサン「いや君の力加減が遅れた原因でもあるんですからね?」

カイム「・・・僕はジョナサンさんが原因だと思う」

クロエ「ジョジョだからね」

ララ1「銀さん!!心配してましたよ!!」

ララ2「私もですよっ!!」

銀時「ありがとよ、さて、読者に問題だ、今どちらのララがどちらを話したでしょうか?当たっても何もあげねぇけどな」

全員「あげないんかい!!」

(わざと本城ララもララ表記してみました!!さて、分かりますか?)

坂神「後は・・・2、9のみですね」

そして次にやってきたのは・・・

松山「・・・なんか近ずいてきているな」

ジャガー「何がですか」

松山「スタンド、サーペンダーグリーン・・・やばい・・・マジで一番突っ込んできたらいけない奴が突っ込んできやがった」

マヤ「え?」

レジーナ「何なのお兄ちゃん?」













































松山「アラレだ」

アラレ「キーン!!」

全員「皆ぶつかるな!!ぶつかったら天の彼方に飛ばされるぞ!!」

・・・だが

ドカァァァァァッ!!

マダオ「あああああああああ・・・・」

マダオ、アラレと激突・・・

銀時「あらら、長谷川さん天に飛ばされたな」

アラレ「皆遅れてごめんねー!!」

キルア「いや遅れたのお前のせいだろ」

遅れて・・・2班の人々皆走ってきていた・・・

猿悟巻「遅れてすまなかったぜ両崎さん達!!」

あれからぶっこわれたバスの欠片を一カ所に集めて悟空が瞬間移動してバスの工場へ届けた後賠償金を払って皆走ってソラマチに向かったのだ・・・

トリコ「まあこれぐらいの距離走るのも楽勝だったけどな」

ナルト「俺も楽勝だったってばよ!!」

悟空「オラも楽勝だったぞ!!」

中島「ゼェ・・・!!ゼェ・・・!!死ぬぅ・・・!!」(死にかけている)

黒子「・・・中島君大丈夫ですか?」

シカマル「俺も疲れたぜ・・・」

坂神「後は・・・9班のみですね」

・・・だが・・・

ブゥゥゥゥゥゥゥゥン・・・

坂神「あ!!9号車もきましたね!!」

9号車もたどり着いた!!

そして・・・9号車から人達が降りてきた!!

サトシ「皆遅れてごめんな!!」

ケイタ「遅れてごめん!!」

リクオ「大変でしたね!!」

銀時「・・・一つ聞いていいか?」
















































銀時「当麻どこだ?」

9号車の人々「・・・当麻には降りてもらったの」

その他の全員「・・・え?」

話を聞くには・・・バスの修理中当麻がトイレに行くためにバスから降りた瞬間すべての修理作業がなかなか終わんなかったのがあっという間に直ったのだ。だが当麻がバスに乗った瞬間再びバスは壊れた。その事からどうやら当麻がバスに乗るとバスが壊れることになるようだ。そのため・・・当麻のみ走って来ることになったのだ

そして・・・

当麻「ハァ・・・ハァ・・・」

インデックス「当麻だ!!」

当麻が戻ってきた!!

・・・が

松山「・・・おい、空からなんか飛んでくるぞ」

全員「?」

松山「スタンド、サーペンダーグリーン・・・マジでか、嘘だろ!?」

全員「・・・え?」

上から降ってきたのは・・・









































マダオ「ああああああああああああ・・・」

先ほどアラレによって天にぶっ飛ばされたマダオだった。

マダオはアラレにぶっ飛ばされて地球を一周して・・・戻ってきたのだ・・・そして・・

ドカァ!!

当麻「ぐふぉ!!」

苦労してここまで走ってきた当麻の腹に見事にぶつかって・・・

・・・ドガーッ!!

コンクリートの壁に突っ込んだ・・・

銀時「・・・本当二人の不幸は恐ろしいな」

一方通行「大丈夫かよ当麻!?」

当麻「ゼェ・・・!!ゼェ・・・!!何で俺だけこうなるんだぁ・・・不幸だぁ・・・(めっちゃ疲れた顔)」

全員「お、お疲れさま・・・」



坂神「さて!!では参りましょう!!スカイツリーへ!!」

全員「オーッ!!」

次回!!改めてスカイツリーに入ります!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.775 )
日時: 2015/07/15 21:14
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「案外、大丈夫でしたね」

エイジア「当麻・・・に関しては残念としか言えないね」

十六夜「だがこのまま不幸が続いたら9号車が迷惑だな」

ララ「なにかいい方法が無いかな?」

レイヴン『・・・・あるかもな』

エイジア「マジで?」

レイヴン『俺たちのところにも疫病神がいるんだ。あれぐらいあってもおかしくない』

ララ「ああ、疫病神さんですか。いろいろありましたね」

レイヴン『んで、あまりに起こる不幸が天使や神やらいろいろ迷惑かけたんで、不幸の力を回りに出ないようにした。』

十六夜「じゃあ、それを当麻にやればいいのか?」

レイヴン『だが、それは不幸が回りにの人に影響を与えないだけであり、自分に起こる不幸は免れないが』

エイジア「とりあえず、それできる?」

レイヴン『ああ、だがそのためにも外に出る必要がある。少し体力か減るがいいか?』

エイジア「てか、観光の時くらい外に出たら?ララの体じゃあんまり見えないでしょ?」

レイヴン『だが、外に出れば体力かがかなり減るし、幽霊みたいになってもそれなりの霊力がいるからな』

ララ「う〜ん・・・そうだ!以前友達からもらったこの式紙でどう?」

レイヴン『霊力がはんぱないな・・・これなら出来るかもな』

十六夜「んじゃあ決定だな」

エイジア「ところで話変わるけど、さっき喋っていた、ララ。どっちがラーペなの?」

ララ「う〜ん、そうですね・・・ほぼ同時だったので・・・」

エイジア「私は1番と思う」

十六夜「俺は二番だな」

レイヴン『(さて、ララのお陰で外に出られたし、厄封じの札をもらったら俺も観光するか)』

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.776 )
日時: 2015/07/16 00:12
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

ずっと思っていたんですけど・・・エイジアさんって凄く勘がいいですね!!正解です!!最初に話したのが本城ララでした!!

では本編です!!どうぞ!!

唯「うわーっ!!高い!!これでもまだ360メートルなんだねー!!」

今353人は展望デッキに来ている

零「ここまで高いところから景色を見るの初めてなのだ」

仁「僕はここまで高いパフェを食いたい」

千絵「さすがに仁君がここまで食えると思えないけど」

銀時「俺も食いたい」

新八「いや無理ですよ」

斉木「僕も食いたい」

空助「絶対無理だろう」

京子「私も食べたい」

ランボ「絶対無理だろ!!」

ころせんせー「私も食べたいですねぇ」

渚「ころせんせーなら出来る気がする」

茅野「わたしはこの高さの巨大プリンを食べたい」

渚「さすがに茅野は無理だと思う」

坂神「どうでしょう?いい景色ですよね!!」

剣「ここまでいい景色は初めて見たな・・」

トキ「・・・ここなら星がよく綺麗に見えるだろうな」

両崎「トキ、高いからって星が綺麗に見えるわけではないぞ・・・後にすごく星が綺麗に見える場所を紹介する、楽しみにしていな」

ひろし「ここのカフェのコーヒーうまいな!!」

綱手「プハァー!!高いところから飲む酒はうまいっ!!(酔っている)」

唯「いや増代せんせ・・・じゃなくて綱手さんもうできあがっているんですか!!」

豪「プハーッ!!やっぱり高いところで飲む酒はうm」

潔「お前は飲むなと言ってるだろ!!」

銀時「この上はあるのかよ?」

坂神「はい!!展望回廊があります!!」

両津「どれくらい高さは上がるんだ?」

坂神「100メートルです!!」

皆は展望回廊にあがった!!

ヒナタ「さらに景色がよく見える・・・」

サスケ「ここまで高い場所は見たことないからな・・・」

ナルト「おっ!!望遠鏡見つけたってばよ!!」

坂神「使いますか?」

ナルト「すげぇ色々見えるってばよ!!」

妖「東京タワーも見えるんだな」

クラピカ「いい場所だな」

剣心「上から見えるものはどれもこれも未来的なものばかり・・・時代は変わっていくのでござるな」

左之助「だよなー!!凄く高い建物があんなにあるぜ」

江田島「この上はないのか?」

坂神「はい、これ以上は皆上がることは出来ません、電波を発するところなので」

江田島「・・・気にくわん!!」

坂神「えっ!?」

江田島「わしは一番上へ行く!!いかせてもらおう!!」

全員「!?」

沖田「あ、じゃあ江田島さんよぉ、このカメラで写真撮ってくださいませんかねぇ、634メートルの高さからどんな景色が見えるか知りたいんで」

江田島「いいだろう!!

江田島は・・・水筒の水を飲んで!!

ブシャッ!!

パリィィィィィン!!

水を高圧力で圧縮して吹き出してガラスを大きい正方形の形に切り取って!!

江田島はそこに飛び込んだ後・・・

ガラスの穴を踏んで・・・

ビュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

一気に塔の一番上へ!!

全員「いやスーパーマンかよアイツゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

悟空「・・・オラも気になるな!!瞬間移動でいくぞ!!」

悟飯「父ちゃん!!俺も見たい!!俺おぶってくれよ!!」

トランクス「父ちゃん!!俺もみたいから瞬間移動して連れてってくれよぉ!!」

ベジータ「ふざけるな!!俺は興味ない!!」

ブルマ「いいじゃないあなた、こういう経験もいいかもしれないわよ」

ベジータ「むむむ・・・分かった、いいだろう、乗れ!!」

トランクス「わぁい!!」

シュン!!

二人は瞬間移動した!!

江田島「おお・・・壮大な景色だな!!」

江田島は上にたどり着いていた!!

カシャ!!

シュン!!

悟空「すげぇ高い景色だなぁ!!」

四人も来た!!

・・・そして・・・

四人は再び瞬間移動して戻ったが・・・

江田島は・・・

江田島「さて、戻るとしよう!!」

江田島は掴んでいた塔から手を離して・・・

真っ逆様に落ちていく!!・・・が!!

江田島「むぅん!!」

ブゥン!!

ブワァァァ!!

江田島は戻る場所の横に来たときに拳で空気を殴って落下速度を消した!!

そして!!

ブゥン!!

ブワァ!!

再び弱めに拳で横に空気を殴って・・・自分が穴を開けたところにスポッと入って・・・

江田島「戻ってきたぞ!!」

戻ってきた・・・

銀時「・・・あんた本当に人間?」


坂神「あ、そして皆さん!!この修学旅行用のカメラを皆に渡すので!!これでそれぞれのグループでソラカラポイントで写真を撮ってください!!

こうして・・・皆それぞれ写真も撮った・・・

そしてその後・・・下に降りてソラマチで・・・土産を買い・・・再びバスに乗った・・・

妙「ふふっ、色々なもの買えたわ!!」

新八「何を買ったんですか?」

妙「ホテルで話してあげる!!」

坂神「さて・・・皆さん揃いましたね!!では・・・次にいきましょう!!」
























































坂神「THE アイドル フェスティバルへ!!」

次なる目的地はアイドルフェスティバル!!

あ、エイジアさん、もう当麻への処置はレイヴンがしましたから安心してください!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.777 )
日時: 2015/07/16 17:06
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

おめでとう!!
さっき偶然Google検索で小説カキコの予想検索見てて区切りを着けたら。


小説カキコ 永遠の絆
って出てきてました!!

マジおめでとう!!

オインゴ「なぁボインゴ。」
ボインゴ「なに兄ちゃん。」

オインゴ「なんかメイドウィン勢新しいのに変えたいんだってよ、名前も買えたし。」
ボインゴ「もしかしてトト神で結果を見るようにメイドウィンに言われたの?」
オインゴ「ああ、どうなってるんだ?」
ボインゴ「分からないよ、まだ二世代メイドウィン勢考えている所しか予言出来てないし。」

オインゴ「まあダメならダメで良いってメイドウィンも言ってるしな。」
ボインゴ「ふーん、あ、〆にあれやっちゃう?」
オインゴ「ああ!」


オインゴ「信じてるぜ!」
ボインゴ「信じてるよ!」

「「オインゴボインゴブラザーズ!!」」

更新頑張ってください!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.778 )
日時: 2015/07/16 21:14
名前: エイジア

どうも!エイジアです。

エイジア「いやー。楽しかったスカイツリー」

ララ「そうですね。次はアイドルフェスティバルですね」

レイヴン「その間に何も起きなければ良いが」

十六夜「そうだな」

エイジア「次も楽しくなりそうだね!」

レイヴン「ついでにエイジアも歌えばいいんじゃないか?」

エイジア「大勢の人がいるから無理。」

十六夜「そう言えば、エイジアが能力を使わずに生で歌うのはあまり見ないな」

エイジア「あんまり人前でやるのは恥ずかしくて無理」

ララ「でも!この前の舞台ではとてもきれいでしたよ!!」

レイヴン「ああ、マリももう一度見たいと言っていたな」

エイジア「あれは、無我夢中だったから!てか、マリの踊りだってとても綺麗だったじゃん!」

十六夜「それで?どんな感じだったんだ?」

ララ「そりゃあもう!とても綺麗でしたよ!!踊りはともかく、歌はとても綺麗でしたし、氷魔法や水魔法をうまく使っていました!!マリも少し勉強になったって」

エイジア「でも!踊りはめちゃくちゃ下手だから!それにこれ以上言わないで!!」

十六夜「あ、逃げた」

レイヴン「逃げたな」

ララ「別に恥ずかしがる必要ないと思いますけど・・・」

十六夜「それにしても、マリは踊り子をやっているのか?」

レイヴン「まあな。あいつの踊りは元気を与えてくれる」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。