二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.433 )
日時: 2016/01/05 18:24
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
ララ、その通りです!!でも・・・実は特別な機械がありましてね・・・・楽しみにしてください!!

そして・・・皆さんにお知らせがありまして・・・実は・・・まず最初に明日は小説執筆できないかもしれません・・・そして・・・・・・・すみませんが次の日曜日をもって更新をまた一時停止します!!理由は・・・再び試験が迫ってきましてね・・・その次は12月11日なので、楽しみにしてください!!

では本編です!!どうぞ!!

銀時「・・・剣心」

剣心「なんでござるか?」

銀時「この暑っ苦しさなんとかできない?」

もうざっと100人は超えている会場はムンムンと暑苦しくなってきたのだ・・・

トリコ「何でこんなに狭いんだよ・・・」

フランキー「それはお前やココやサニーの巨体に場所取られてるに決まってんだろうがよ!!もっと縮まりやがれ!!」

サニー「いやお前に言われたくないし!!」

雪女、氷麗「暑いなら私達が冷やしましょうか?」

鵺野、リクオ「いや皆を凍死させる気?」

小野寺「暑いね本当に・・・」

千棘「本当どうしてこんなに来ているのかしら・・・」

ナルト「暑いってばよ・・・ヒナタ、お前厚着着ているけど大丈夫なのか?」

ヒナタ「だ、大丈夫だよナルト君・・・」

そう言っているヒナタは顔が赤くなっている

ナルト「って顔真っ赤だってばよ!!誰か!!冷やしてってばよ!!」

取り敢えず冷えピタ貼っておいた。

妙「でもどうすれば・・・」

銀時「ん?オイ、このボタン何だ?」

銀時は会場の壁に貼ってあったボタンを見つけた。

銀時「押してみるか、ポチっとな」

ポチッ、・・・・ガガガガガガガガガガ・・・・

全員「へ?」

すると、会場の半分が急に膨らみ始めた・・・そして・・・

ガシャン!!

会場の半分が・・・東京ドーム5個分まで大きくなった。

銀時「・・・いやスゲェなオイ!!」

という訳で会場も広くなった後、次の人が来た・・・

次に来たのは・・・

?「いい場所に来たのう・・・強い奴が多くいそうじゃ!!」

?「ぼ、僕がここに来て良かったのかな・・・」

二人共チビであった。

アクセル「たくましそうな体しているな・・・お前らは誰だ?」

?「わしか?わしは・・・」




























火ノ丸「大太刀高校相撲部潮 火ノ丸じゃ!!」

出久「雄英高校一年緑谷出久です!!」

幽助「・・・コイツら本当に高校生か?俺より小さいぞ?」

火ノ丸「うるさい!!体格はしょうがないんじゃ!!」

ころせんせー「相撲部ってことは・・・相撲取りを目指しているんですか?」

火ノ丸「それどころじゃない・・・わしが目指しているのは横綱じゃ!!」

渚「結構小さいけどなれるのかな・・・」

ころせんせー「渚君、小さいからって夢は叶わないと決めない方がいいですよ、夢は体ではなく志で決まるのです」

出久「そのとおりです!!僕は、ヒーローを目指しています!!」

火ノ丸「よく分かってるのう!!では、次はわしと同じ相撲部の部員を紹介してやろう!!」

信也「お、俺は小関 信也です・・・よろしく・・・」

火ノ丸「信也!!緊張しなくてよかろう!!」

シカマル「何かチョウジみたいな体しているなお前」

佑真「俺はダチ校最強と呼ばれていた五條 佑真だ!!」

男鹿「ほう、おもしれぇ、俺もアバレオーガと言う異名の持ち主だ、一度喧嘩してみないか?」

千比路「後で喧嘩はしろ!!あ、俺は國崎 千比路!!よろしくな!!」

蛍「ぼ、僕は三ツ橋 蛍です・・・」

銀時「・・・お前マジで相撲部?」

蛍「は、はい、そうですけど・・・」

銀時「・・・もの凄く心配なんだけど・・・」

出久「で、では次は僕の仲間と先生を紹介します・・・」

オールマイト「私はオールマイトだ!!よろしくな皆!!」

出久「先生はすごくて、敵との戦いで活躍した平和の象徴として有名なんです!!」

勝己「俺は爆豪勝己だ!!よろしくなオメェら!!

お茶子「私は麗日お茶子です!!」

天哉「私は飯田天哉です、よろしくお願いします!!」

消太「俺は相澤消太、出久達の教師だ」

銀時「また賑やかになるな、よろしくなチビ共」

火ノ丸、出久、日向「やめて(やめろ)その言い方!!」

果たして次に来るのは・・・誰だろうか・・・

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.435 )
日時: 2014/11/30 21:00
名前: 坂神銀拳心#



次に来たのは・・・

鵺野「また霊力を感じるぞ・・・それも禍々しい霊力だ・・・」

銀時「禍々しいって何?もしかして悪魔とかかよ?」

?「フフフ・・・、当たりですよ・・・」

すると急に銀時の後ろに・・・

新八「・・・銀さん!!銀さん!!後ろ!!(小声&汗)」

銀時「何だよ?」

神楽「・・・銀ちゃん、銀ちゃん!!後ろ見て!!後ろ見て!!(小声&汗)」

銀時「何だよ後ろに何が・・・」

って後ろを見た瞬間・・・

銀時「・・・ぎゃあああああああああ!!!!!」



銀時「チーン」

アラレ「ほよよ?銀さんどうしたの?」

剣心「・・・新八と神楽が言うには主を見て銀時殿が気絶したって聞いたでござるのだが?」

?「フフフフ、我が輩の真の姿を見せてしまったからだろうな・・・」

鵺野「そうだな、お前人じゃないだろ?正体を表せ!!」

?「では教えてやろう・・・」






























ネウロ「我が輩は魔人探偵脳噛ネウロだ」

鵺野「そうか・・・魔人か、珍しいな」

銀時は何とか起き上がった。

銀時「・・・あのさぁ、お願いだからあの姿はやめてくれない?」

ナルト「どんな姿だったてばよ?」

銀時「恐ろしい鳥みたいな頭部だったぜ・・・」

サクラ「逆に見てみたいわそれ・・・」

ネウロ「見てみたいのか?では見せてやろう・・・」


ナミ、ウソップ、チョッパー、サクラ、ナルト、リコ、妙など「チーン」

九兵衛「妙ちゃん大丈夫?」

ネウロ(ほう、流石に我が輩自ら出向いただけある・・・中々美味しい謎を持った人が多いいな・・・我が輩を楽しめさせてくれよ・・・)

銀時(コイツ・・・高杉に似ていやがる・・・)

ロビン(この声は・・・青雉!?)

ジョナサン(この声はディオ!?)

ネウロ→中の人→青雉→中の人→ディオ→高杉

?「ネウロ!!早いy」

ネウロ「黙れ下僕が!!」

渚「下僕!?言い過ぎじゃないですか!?」

桂木 弥子「全くよ!!いつもネウロはこうよ!!あ、私は桂木 弥子、桂木弥子魔界探偵事務所の社長よ、と言っても・・・いつも謎を解いているのはネウロだけどね」

我愛羅「いわゆる操り人形ってことか・・・」

忍「ま、そういうことだな、俺は吾代 忍、桂木弥子魔界探偵事務所の従業員だ」

笛吹「ボッスン!?」

藤崎「俺!?」

忍「は!?」

吾代 忍→中の人→藤崎

ネウロ「以上が我が輩が連れてきた下僕だ」

鵺野「・・・ま、よろしくな」

そしてその頃・・・

両津「な、何でわしが追いかけられないといかんのだァ!!」

ダダダダッ・・・

両津はまだ纏と大原から逃げている、両さんはしぶとく逃げていて部長達はまだ捕まえれてないのだ。

両津「別にマフィアを捕まえていいだろ普通!!」

ダダダダッ・・・

部長「うるさい!!犯罪を行なっていない以上彼らは客だ、それにそもそも捕まえる理由は金稼ぎだろ!!」

両津「でもいいでしょうがァァァァ!!」

両津は何とか隠れることに成功した・・・

両津「よし、ここならバレな」

部長「見つけたぞ!!」

両津「って見つけるのはや!!」

両津はまた逃げたが・・・体力が限界に迫っていた・・・

両津(だがそれは部長も同じ!!よし!!撒くことが出来きr)

纏「残念だったね、勘吉」

両津「なに!?」

纏が両津の前にいた!!実は纏は近道を使って先回りしておいたのだ・・・

纏「もう諦めな!!」

両津「くそ!!」

両津は絶体絶命だった・・・その時!!







































桂「ああああああああああああ・・・」

纏「え?」

上から桂が降ってきた!!先程カカシとナルトの連続千年殺しによって空に飛ばされた後落ちてきたのだ!!因みにもう普通の姿に戻っている。

それが・・・

両津「え?ワシの所に・・・」

ガツン!!

両津と桂の頭がぶつかった!!

纏「勘吉!!後変なロン毛の奴!!大丈夫か!?」

部長「何たる偶然・・・取り敢えず両津は捕まえたし、早く戻ろう」

纏「そうだな」

果たして二人は無事なのだろうか・・・

実は後にネタ化しますよ、ヒントは二人がぶつかった場所は・・・頭です。

そして皆さん!!また次に執筆するのは12月11日です!!その日まで、楽しみに待っていてください!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.436 )
日時: 2014/11/30 22:31
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「そう言えば、予想大会忘れてたね」

ララ「そうですね」

十六夜「それより、あいつら大丈夫か?」

エイジア「さあ?ま、両さんが悪いからね」

ララ「でも、・・・・なんか嫌な予感がします。」

十六夜・エイジア「「え?」」

ララ「本で読んだことがあるんですが、お互いの頭同士がぶつかったら、なんか人格が入れ替わるそうです。」

エイジア「それって、スケットダンスのボッスンとヒメコが入れ替わる事件か・・・・」

十六夜「でも、それが本当になるか分からないだろ?」

ララ「そ、そうですよね。私の気のせいですよね」

エイジア「とりあえず心配だから、銀さんたちの所に行こうよ。」

十六夜・ララ「「はい(おう)」」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.437 )
日時: 2014/12/12 09:25
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

・・・皆さんお久しぶりです!!坂神です!!試験終えて戻ってきました!!一日ずれてしまいましたがまた今日から執筆し始めるのでよろしくお願いします!!
エイジアさん
すみませんが作者はジャンプキャラと会うのは後でいいですか?その代わりララ行かせるんで!!
では・・・久しぶりの本編です!!どうぞ!!
次にやって来たのは・・・
?「やったぁ!!一番乗りだよ!!」

そして・・・

?「後誰か止めてくださいィィィィィィィィィ!!」

銀時「いやものすごい速さで突っ込んできてんだけどぉぉぉぉ!?」

ものすごい速さで突っ込んでくる美少女女の子が来た!!

?「ちょ!!すみませんが本当に誰か止めてぇぇぇぇぇぇぇ!!」

新八「あ、はい!!」

新八が止めに入ったのだが・・・これがまさか・・・新八が以後変態だと思われる原因になるとは考えていなかった・・・

むにっ、

新八「え!?」

?「ふえ!?」

新八が女の子を止めるために手が触れた場所は・・・見事に・・・女の胸にフィットしていた・・・
新八「・・・えええええええ!?」

そして女の子は足が止まったのだが、結局走っていた勢いで女の子は新八に止めてもらいながらも新八も抑えきれず二人は壁に激突・・・

ドガシャーン!!

新八「痛たたたた・・・あ、すみません、大丈夫ですか?」

?「だ、大丈夫だけど・・・どいてくれないかな?(赤面)」

今度は新八の顔に胸が当たっていた・・・

新八「あ、ああ!!すみません!!」

新八は慌てて離れたが・・・

銀時「・・・・(軽蔑の目)」

めだか「・・・・(軽蔑の目)」

ほとんど皆「・・・・(軽蔑の目)」

皆から軽蔑の目で見られていた・・・

新八「み、皆さん!!こ、これは偶然ですよ!!わざとじゃないんですよ!!そう!!アクシデントですよ!!皆さん信じてください!!」

銀時「もういい新八、言い訳はやめとけ、我慢できなかったんだろ?でも場所わきまえろ」

神楽「最低アルな、しばらく私に近ずくんじゃねぇぞコラァ!!」

新八「だから違いますって!!本当ですよ!!」

妙「新ちゃん何やったのかしら?片方の手には十円玉、もう片方の手には百円玉握った手で同時に殴るわよ」

新八「姉上泣きますよォ!!ねぇ皆さん僕は変態じゃないんでs」

人吉「まさか真面目だと思っていた君が変態だったとはね・・・」

鬼塚「同じツッコミキャラとしてホンマ恥ずかしいわ〜」

幽助「お前本当に変態だったんだな・・・」

新八「orz」



本城「新八さんドンマイですね・・・」

時は遡り・・・

エイジア「あの〜すみません、銀さん達に会ってきていいでしょうか?」

使用人「すみませんが作者の方はジャンプキャラに会うのは後にしてくれませんか?その代わり一人だけならいいですけど」

エイジア「そうですか・・・・ならララ!!行っておいで!!」

本城「あ、はい!!」

という訳だった・・・

銀時「あれ?ララ、どうしてお前がここに?」

本城「・・・ちょっとね・・・」

めだか「貴様先程とキャラが変わっていないか?」

?「ふう!!びっくりしたぁ!!」

亀仙人「すまんがそこの女子、パフパフさせt」

ブルマ「やめてね?」

悟空「で、オメェ誰だ?」

?「私?私はね・・・」




























































ララ「私はデビルーク星から来た、ララ・サタリン・デビルークだよ!!」

めだか「星から来た!?ていうことは・・・貴様宇宙人か!?」

ララ「当たり!!私はデビルーク星の第1王女なんだよ!!」

本城「わたしとしたの名前が同じ!?」

アランドロン「何か私の娘に似ていますね・・・」

ララ→中の人→アンジェリカ

?「もう!!ララ速いよ!!」

?「お姉様!!少し抑えてくれませんか!?」

?「それにあの靴使わなくてよかったんじゃないですか!?」

ララ「へへへ、ごめんね皆・・・じゃあ私の仲間を紹介するね!!」

リト「お、俺は結城リトです!!よろしく!!」

坂本「・・・ぬしは男なのに何故陸奥に似ているんじゃろうかのう・・・」

リト→中の人→陸奥

春菜「私は西連寺 春菜です!!」

美柑「私はリトの妹結城 美柑よ!!」

小野寺「・・・一条君、あの子私に似てる・・・」

一条「マジか!?」

美柑→中の人→小野寺

ヤミ「私はヤミです・・・殺し屋です・・・」

土方「おいコイツさらりととんでもないこと言ったぞ」

キルア「殺し屋かぁ、俺もだぜ」

唯「私は古手川 唯よ!!」

めだか「よろしくな!!」

唯「・・・貴方なんてハレンチな服きてるの!!」

めだか「ハレンチ?何処がだ?練り上げた肉体をさらけ出すのに何の躊躇がある?」

男鹿「お前も十分変態じゃねぇかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

続きはまた次です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.438 )
日時: 2014/12/12 16:23
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

おお、久し振りです!!

松山『よぉ、久し振りじゃねぇか、キリヲテリブレ最終回を迎えたから、マヤとライゴに新設定を出すぞ。』

マヤ
女子高生と発覚(どうみても子うわ何をするやめ)
意外と常識人。

・・ライゴに惚れているらしい。
近くにいながらナンパしてくれないのが気にくわないらしい。
(ライゴ曰く『女は好きだがロリコンじゃない』らしい。




ライゴ
明らかにギャグキャラ。
女の子にナンパしてマヤにぶっ飛ばされるのは変わらず。
マヤに『ラノベの主人公か』と言われる程の鈍感。




松山『後、アイツがリレー小説作るそうだから、見に来てくれよ!』


更新頑張ってください!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.439 )
日時: 2014/12/12 17:59
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「ララが行ったかぁ・・・・」

十六夜「大丈夫か?あいつ」

エイジア「ええ、色々心配だよ・・・・亀仙人と変態の人が居るからね・・・・」

十六夜「まあ、ララに何か合ったら此処のドアを破壊してそいつを半殺しに」

エイジア「駄目!!それは、絶対駄目!!それにあんたもじゅうぶん変態だよ!」

十六夜「はぁ!俺の何処が変態なんだよ!!」

エイジア「全部!!いつも黒ウサギの事を言ってるくせに!!」

十六夜「あれは、趣味だ!黒ウサギの美脚と胸が好きなだけだ!」

エイジア「充分変態だよ!!」

十六夜「後、聞きたいことがあるが、ララは、高校で人気者て聞いたが、それは、本当か?」

エイジア「誰から聞いたの?それ」

十六夜「マリから」

エイジア「はぁ、まあホントだよ、何でも、ララの美脚と胸がいいんだって。」

十六夜「そうか・・・・・だったら余計危ないぞ・・・・」

エイジア「・・・・・ララーーーー!!!」

と、すごくララを心配しました。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.440 )
日時: 2014/12/12 19:31
名前: エイジア

一方その頃ララは・・・・・・

ララ「なんかさっき、エイジアさんの声と新八さんの声が聞こえたような・・・・」

ララ「ここですね、う、ノイズと人酔いが・・・・」

ララ「まだ、桂さんと両さんは、来てないみたいですね。その間何かしておきましょう・・・・(私が祟神であることを内緒にしておかないと、またあの頃と同じようにエイジアさんたちに迷惑になってしまう。)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

十六夜「なあ、エイジア。」

エイジア「ん?何?」

十六夜「ずっと気になってたんだか、ララはなんで祟神の力を使っちゃダメなんだ?」

エイジア「うーん、ま、十六夜ならOKてララから言われてるからいってもいいか。」

エイジア「ララはね、昔、とある村に住んでたんだ。ララは生まれつき力が会ったから、村の人達から化け物扱いされて、怪我をすることもあったんだよ。」

十六夜「そんなことが・・・・」

エイジア「でも、それだけじゃなかったんだよ・・・・」

十六夜「は?」

エイジア「・・・・・村は、ララを処刑しようとしたわ・・・・もちろんららの両親は反対したけど・・・・・村の人達は最低の手段をした・・・・・」

十六夜「・・・・・何をしたんだ?」

エイジア「・・・・・・ララの両親を・・・・殺した。」

十六夜「っ!・・・」

エイジア「しかも、ララの目の前で、ララにとっては、最悪の光景だった・・・」

エイジア「そのあと、ララの記憶は無かったんだけど・・・・気がついたら村は燃え、ララの回りには、村人たちの死体が会ったそうよ。」

十六夜「・・・・・・・」

エイジア「その時、ララはこう思ったわ・・・・『自分は必要ない存在』だと・・・・」

エイジア「そのあとは、私たちにあったわ、最初はひどく怯えてたけど、段々と慣れてきた・・・・オーガも一緒だったからよく知ってる。」

十六夜「オーガも居たのか」

エイジア「それから、ララの祟神の能力の使用禁止が出たの。ララの炎は炎神と冥府神の混じりの炎で黒い霧は破壊神の破壊を持っていて、邪神の後継者と言われてて他の神からも嫌われていたわ」

十六夜「それがララの人嫌いと力を使ってはいけない理由か・・・・」

エイジア「そうゆうこと」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.441 )
日時: 2014/12/13 00:27
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!
ジャガーさん
リレー小説ですか・・・でも実は今月までに私の小説のジャンプキャラ全員集合まで早急にやらなければいけないんですよね・・・なのでもし時間があったら書こうと思います!!後新設定把握しました!!
エイジアさん
ララの設定分かりました・・・それは・・・この小説で変わると思いますよ!!後一回目の高校で人気があるララってどっちですか?もしかして本城ララって以外と色っぽいんですか?教えてください!!
では続きです!!

ナナ「次は私、私!!姉上の妹、ナナ・アスタ・デビルークよ!!」

球磨川『惜しいね』『もう少し胸が大きいといいのに』

ナナ「ペッタンで悪かったな!!」

坂本「だいじょうぶじゃあ!!気にすることはない!!まだお妙ちゃんよりはマシd(これ以降はR15であるためお見せできません)

モモ「私はお姉様のもう一人の妹モモ・ベリア・デビルークです!!よろしくお願いします!!」

ララ「私達三姉妹なの!!」

めだか「・・・こんなことあるんだな・・・」

葵「・・・そうね・・・」

めだか、葵「似ている人に三人も会うなんてな・・・」

モモ「ど、どういう事です!?」

モモ→中の人→めだか→中の人→葵

ケンイチ「俺は猿山 ケンイチだ!!よろしくな!!」

藤崎「二人目!?」

忍「マジか!!」

ケンイチ「ファ!?」

ケンイチ→中の人→吾代 忍→中の人→藤崎

ララ「以上だよ!!よろしくね!!」

土方「何か女率高くね?」

リト「はは・・・まあそうなんですよね・・・」

銀時「・・・」

神楽「どうしたあるか銀ちゃん?」

銀時「いや・・・何でもねぇよ」

銀時は・・・先程来た本城ララを見ながら考え事をしていた・・・

銀時(あの女の目・・・あの頃の俺の目に似ていやがる・・・俺が松陽先生に会う前の目の・・・)

以上です!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.442 )
日時: 2014/12/13 08:30
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

いいえ、ララは胸と美脚が良くて天才でモデルさんみたいに綺麗で決して色っぽくありません。

キャラで言えば・・・・・ナルトのヒナタさんみたいですね。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.443 )
日時: 2014/12/14 13:13
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
あ、成程、分かりました!!
では本編です!!
銀時(俺が・・・鬼の子と呼ばれていたあの頃の俺と・・・アイツの目は似ている・・・)

銀時は、本城ララから何かを感じ取ったようだ・・・

サンジ「そういやぁ、どうしてあのララちゃぁ〜んはあんな速さで突っ込んできたんだ?」

リト「ああ、ララがな、会場に一番乗りしたくてララの発明品らくらくランナーくん使っちゃたんだ、アレは自分の意思じゃ止まれねぇからな・・・」

そして来たのは・・・

部長「やっとついたぞ・・・」

新八「大原さん!!纏さん!!」

銀時「部長さん、ここにいる変態逮捕してくださーい」

新八「もういい加減泣きますよ僕?」

纏「やっと捕まえたよ・・・大変だった」

麗子「よかったわね・・・後この長い髪の毛の人は?」

土方「桂の奴また気絶していやがる・・・」

カカシ「さっきやりすぎたからな」

桂「・・・ん、んん・・・」

神楽「おお、ヅラ起きたアルナ!!」

中川「先輩も起きましたね!!」

両津「・・・ん?銀時、何で俺に似ている人がいる?」

桂「それはこっちのセリフだ!!何でワシに似ている人・・・ていうか・・・」

桂、両津「俺(わし)自身?」

銀時「・・・まさかこれって・・・(汗)」

中川「よくギャグマンガである・・・」

こち亀、銀魂勢「入れ替わりかよ!?」

桂、両津「・・・マジカァァァァァァァァァァァァァ!!」

両津(中は桂)「何でだぁ!!しばらく気絶していたのに!!あの承太郎に殴られて○○○をつぶされてからずっと気絶していたのに何でまたこんなことになるんだぁ!!」

本城「やっぱり入れ替わっていましたね・・・」

ララ「まさしくトラブルだね!!」

モモ「ははは・・・面白いでs・・・いや大変ですね」

桂(中は両津)「今面白いって言おうとしたな!?面白いって言おうとしたよな!?お前実はSだったのか!!」

ジョナサン「承太郎という男が君の○○○をつぶしたのか!?許せない・・・許せないぞ!!僕がそいつを倒してやr(強制終了)」

君は自分の子孫を自分で倒すつもりかね?(ラピュタのムスカ風)

桂(中は両津)「くそっ!!お前のせいでわし捕まったぞ!!」

両津(中は桂)「うるさいぞこのロン毛が!!ちゃらちゃら伸ばして!!それでも貴様は武士か!!八八八!!貴様がゴミのようだ!!バーカ、バーカ!!」

桂(中は両津)「黙れ!!お前はろくな事をしていない警察だろうが!!金儲けしか考えない奴がよ!!バーカ、バーカ!!」

部長、銀時「・・・お前ら二人とも馬鹿だろ」


両津(中は桂)「銀時ィィィィィィィィ!!何とか戻してくれぇ!!」

銀時「・・・でも戻さない方がよくね?」

土方「そうだな、あのカオス馬鹿より中が両津の方がいいきがするな」

両津(中は桂)「い、いやいや銀時!!泣くぞ!?」

桂(中は両津)「ぶちょ〜ぉぉぉぉ!!何とかしてください!!」

部長「このままでいいな」

纏「そうだな、金の欲望まみれより、このロン毛が中のほうがいいな」

こち亀勢「うんうん」

桂(中は両津)「ひどいぞ!!」

神楽「じゃあいい考えあるアル!!姉御!!手伝ってほしいアル!!」

妙「分かったわ!!」

すると二人は桂と両津の足をつかんで・・・

神楽、妙「そーれ!!」

ブンブンブン!!

ガァンガァンガァン!!

二人を回して二人の頭をまたぶつけ始めた!!

神楽「ぶつかって入れ替わったんなら、またぶつければ戻るネ!!」

両津(中は桂)「いたいいたい!いやそれ単純に痛いだけだろォォォ!!やめろォォォ!!」

・・・その後ララの発明品まるまるチェンジくんで戻った・・・

桂「やっと戻った・・・」

両津「本当あせったぜ・・・」

我愛羅「・・・何でこの男と俺が似ているんだ・・・」

ナルト「え?」

桂「ハッハッハッ!!珍しいな!!互いに他人とは思えませんなぁ!!」

桂→中の人→我愛羅

銀時「発明家だな」

ララ「褒めてくれてありがとうございます!!」

そして・・・次にくるのは・・・誰だ!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。