二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.719 )
日時: 2015/06/01 22:37
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「銀さん凄いね・・・」

十六夜「あれを受けてもなおたっているんだからな」

ララ「そうですね。それに銀さんの教え子ってまさか・・・」

レイヴン「心当たりがあるな」

エイジア「うん、私たちが一番知ってるひと」

十六夜「同じような過去を持っている人が」

ララ「・・・・・」

エイジア「まあ、取り合えず応援しよう」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.720 )
日時: 2015/06/02 13:27
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

はい!!弟子は・・・もう分かりましたよね?

では本編です!!どうぞ!!

サスケ「ありえない・・・あいつの精神力が・・・!!あの技を受けてなお立ち上がるとは・・・!!」

サクラ「なんてすごい体力なの・・・!!」

ヒナタ「凄いです・・・!!」

新八「凄いです銀さん・・・!!」

神楽「銀ちゃん・・・何であそこまで勝とうとするアルか・・・!!もう体力も限界のはずなのに・・・!!」

カカシ「あの人は言ってたよ、負けられない理由があるんだとよ・・・かなり重要な理由が」

そして!!

銀時「おおおおおおおおおおお!!」

ダダダダダッ!!

銀時!!最後の突撃!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥン!!

サッ!!

銀時はよけながら!!

シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュッ!!

大量のクナイをなげる!!

ナルト「当たるかよ!!」

ザクザクザクザクザクザクッ!!

九喇嘛の衣で全てのクナイを防ぐ!!

・・・だが!!

ナルト(何かついてる・・・起爆札!?)

ドカァァァァァァン!!

起爆札が爆発!!

ナルト(油断してたってばよ・・・来た!!)

目の前に風魔手裏剣がせまる!!

キュィィィィィィィン!!

ナルト「螺旋手裏剣!!」

ザクザクザクザクザクザクザクゥ!!

螺旋手裏剣でぶっ壊す!!

そして・・・螺旋手裏剣で風魔手裏剣を壊し終わった後!!

ナルト「しまった!!」

銀時が目前に!!

ナルト「あぶねぇ!!」

サッ!!

後ろに瞬身の術で回避!!

ナルト「九喇嘛!!銀さんを尾で捕まえてくれ!!」

九喇嘛「そうだな!!」

シュルシュルシュルシュルシュルシュルシュルッ!!

九本の尾が銀時を捕まえにかかる!!

だが!!

サッ!!

ジャンプした後!!

スタッ!!

銀時は恐ろしいバランス感覚でその尾に乗る!!

ナルト「なっ!?」

銀時「うおおおおおおおおおおっ!!」

銀時はその尾の上で走り出す!!

ナルト「不味い!!尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

尾獣玉を放つ!!

スタッ!!

銀時は別の尾に乗り移る!!

ナルト「単体がだめなら連射だ!!連続尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

次々と尾獣玉を放つ!!

銀時「俺の運動神経を甘く見るな!!」

スタッ!!スタッ!!スタッ!!スタッ!!スタッ!!

次々と尾を乗り移りながら回避していく!!

千棘「普通の人は出来るわけないことをあの人はしてる・・!!」

ナルト「なら広範囲でどうだっ!!」

キュィィィィィィィン!!

ナルト「螺旋手裏剣!!」

銀時はジャンプしてかわす!!

・・・だが!!

ボォン!!

銀時「!?」

ナルト「かかったな!!」

ナルトが投げたのは螺旋手裏剣に変化した影分身だった!!

ナルト「これで・・・どうだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!風遁!!尾獣螺旋手裏剣!!」

キュィィィィィィィィン!!

尾獣玉を核にした螺旋手裏剣を銀時に投げつける!!

ナルト(空を飛べるとしても今の銀さんのチャクラじゃ空を飛んで回避することは出来ねぇだろ!!)

銀時(・・・まいったな、チャクラが足りねぇな・・・なら!!)

・・・その時!!驚愕の方法を使った!!

シュ!!

ナルト「え!?」

銀時はナルトに・・・太い忍糸付きクナイを投げた!!そして忍糸は・・・ナルトの腕に見事に巻き付いた!!

銀時(テメェも巻き添えだ!!)

グイッ!!

ナルトを引き寄せる!!

ナルト(不味いってばよ!!俺もダメージ受けるってば!!・・・瞬身の術!!)

シュン!!

ナルトは巻き添えを慌てて回避・・・!!だが!!

銀時「ありがとよっ!!」

銀時も引っ張られて尾獣螺旋手裏剣の回避に成功していた!!

銀時「これでも・・・くらい
やがれェェェェェェェェ!!」

銀時は木刀と刀の二刀流で・・・ナルトに襲いかかる!!

ナルト「くそっ!!」

ブゥン!!

ガキィン!!

まず銀時の木刀での攻撃をナルトは菊一文字でガード!!

ブゥン!!

ナルト(もう一つか・・・!!これでどうだ!!)

片手に自然チャクラをためて・・・!!

ナルト(蛙たたき!!)

パリィン!!

もう一つの刀を叩き割った!!

これで大丈夫とナルトが考えた瞬間・・!!銀時は・・・もう一つの刀を取り出した・・・それは・・・!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.721 )
日時: 2015/06/02 00:09
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

時は遡り準決勝前・・・!!

剣心「・・・銀時殿」

銀時「何だよ剣心?」

銀時が準決勝戦の準備をしている途中・・・剣心が訪ねてきていた・・・

剣心「準決勝は頑張れそうでござるか?」

銀時「まあな、修行もしたんだし、精一杯やってやるよ」

剣心「・・・やはり銀時殿は強いでござるよ・・・今でも主のかつての強さは変わっていないでござる、前に戦ったときに思ったでござるよ」

銀時「何言ってやがる、ほとんど相打ちだったじゃねぇか、お前も十分強いよ」

剣心「いや、拙者はそれほど体力がないでござる、主は拙者の天翔龍閃をくらっても起きることが出来た・・・主の体力と精神力、それはナルトやルフィにも勝っている、拙者はそう思っているでござるよ」

銀時「ありがとな」

剣心「・・・そして・・・主はナルトにも勝てると・・・信じているでござるよ」

銀時「そ、そうかよ?」

剣心「だから・・・」

ブンッ

ガシッ

剣心は・・・ある刀を銀時に投げて渡した

剣心「その刀を託すでござるよ」

銀時「い、いいのかよ?」

剣心「ああ、いざというときに使ってほしいでござる、だから・・・絶対勝つでござるよ!!」

銀時「・・・分かった、使わせてもらうぜ・・・これがあるなら、絶対負けねぇ!!」

剣心「では失礼するでござる」

剣心は去っていった・・・

剣心(銀時殿・・・見せてやれでござるよ、ナルトが・・・忍界最強の忍なら主は・・・拙者が認めた・・・)























































剣心(最強の侍でござるよ!!)

銀時が取り出したもう一つの刀は・・・!!剣心の愛刀!!逆刃刀・真打!!

銀時「龍槌閃!!」

ドガッ!!

ナルト「グハァ!!」

神速の剣でナルトが止める暇もなく空中から地面に叩きつけられた!!

ナルト「くっ・・・!!」

立ち上がった瞬間!!

ブゥン!!

ドカッ!!

木刀の一撃!!

ナルト「がふっ・・・!!」

更に!!

ブゥン!!

ドカッ!!

更に逆刃刀!!

ナルト「ぐはぁ・・・!!」

そして!!

ブゥン!!

ドガッ!!

木刀!!

ブゥン!!

ドガッ!!

逆刃刀!!

ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!

銀時「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

銀時は木刀と逆刃刀を目に見えない早さで交互に振ってナルトに攻撃を当て続ける!!怒濤の連続攻撃!!

銀時(息させる暇も与えるな、動かせるな、最後まで、アイツの体力の限界を見抜け、これで決める、決めれなかったら負けだ!!全て・・・!!貫き通せ!!俺の・・・侍道を!!)

九喇嘛(不味い・・・!!回復しても攻撃に追いついていけない・・・!!)

サスケ「なっ・・・ナルトが追い込まれてるだと!?」

サクラ「凄い・・・!!あれが侍・・!!」

カカシ「なんだあの攻撃は・・・写輪眼でも見抜くことが出来ない・・・!!」

新八「・・・やっぱ凄いですね、銀さんって、ナルトさん相手に・・・ここまで戦おうとするなんて」

神楽「銀ちゃんは・・・どうしてあそこまで強いアルか・・・」

妙「・・・私は思うの、銀さんって・・・いつも見ていると背中が大きいって、色々背負って生きてきていると思うの、そういう人は・・・強いの、私たちの思いを常に知っているから、背負っているから・・・だから倒れないの、自分が倒れたら・・・私たちを背負うことが出来なくなるから・・・だから・・・負けたくないのよ、例え相手が最強の忍でも、海賊でも、超戦士でも・・・だから・・・」

ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!ブゥン!!

銀時は木刀と逆刃刀を振りながら叫ぶ!!

銀時「今も昔も俺の背負うべきもんは変わってねぇ!!俺はお前がどんだけ強かろうと!!どんだけ最強だろうと!!俺は突き進んでいくぜ!!背負っている思いのために・・・!!それが・・・!!俺が・・・!!俺が決めた・・・!!」

ドカッ!!

銀時は逆刃刀をナルトの頭上に叩き込んだ後逆刃刀を後ろに投げて!!

ガッ!!

前にナルトを蹴って・・・!!

そして・・・!!






































妙「強いの、あの銀色の侍は」

銀時「侍だァァァァァァァァァァァァ!!」

ドカァ!!

ナルトの腹に・・・!!木刀を突っ込んで壁に走り出し!!

銀時「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

壁に・・・すべての力を振り絞り押しつける!!

銀時「これで・・・!!シメェだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

そのまま・・・!!壁が壊れて・・・!!

ドカァァァァァッ!!

ナルトはぶっ飛ばされた!!

全員「・・・!!」

皆が目を見張ってみていた・・・!!あの男が・・・!!白夜叉だと・・・!!皆に深く印象づけた・・・!!

そして・・・5分後・・・!!

ナルト「・・・ハァ・・・!!ハァ・・・!!」

ナルトが・・・戻ってきた・・・!!

ナルト「・・・流石だってばよ、銀さん・・・!!アンタは紛れもない・・・!!英雄の・・・白夜叉だ・・・!!」

そして・・・!!















































ナルト「諦めねぇって言いてぇが・・・どうも体が言うことを聞かねぇってばよ・・・!!負けたってばよ・・・!!」

ドサァ・・・

倒れた・・・!!

銀時「いや・・・お前も強かったよ、流石、忍界の英雄だぜ・・・ナルト」

坂神「・・・今度こそ決まりましたね!!うずまきナルト戦闘不能!!・・・坂田銀時の勝利です!!」

最強の忍と最強の侍・・・勝利を収めたのは・・・!!侍!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.722 )
日時: 2015/06/02 22:32
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「銀さん凄いね・・・・」

ララ「これが白夜又・・・・」

十六夜「あいつ・・・・どれだけの力を持ってるんだ?」

レイヴン「さあな。だが一つ言えることは、あいつの魂の力は俺達以上だ」

エイジア「そうだね・・・・。さて、ララ、十六夜。銀さんの所に行ったら?多分喜ぶよ」

ララ「そうですね。あんな戦いがありましたし、行きましょうか」

十六夜「ああ、ついでにドッキリで辛し入りのチョコレートケーキを食べさせてやる」

レイヴン「逆に体に悪いからやめろ」

ララ「エイジアさんは行かないんですか?」

エイジア「うん。用が終わったら行くから」

ララ「わかりました」

レイヴン「・・・・・・・んで?ララ達を出して何のようだ?」

エイジア「ララの祟り神の事だよ。」

レイヴン「・・・・・その話なら銀時に」

エイジア「違う。あなたについてだよ
。レイヴン」

レイヴン「・・・・・俺について?」

ララ「ララが祟り神の力をコントロールすれば、ララは魔神になる代わりにレイヴンの魂は消えるんだよね」

レイヴン「ああ、元々祟り神はララと憎悪と悲しみで出来た力だ。俺がその苦しみを背負えば祟り神の力は全部俺に流れる。」

エイジア「あの時かずっと考えてたんだ。もし、ララが神力をコントロール出来ても貴方が消えたらララは悲しんでしまう」

レイヴン「しょうがないだろ。この世界に魂をとどめる方法は無いからな」

エイジア「それが一つだけあったんだ」

レイヴン「本当か!?」

エイジア「うん、死者の体にこの時の水をかけて本来の状態に戻す。後はこの体に魂が入ればいいの」

レイヴン「・・・・本当に大丈夫か?そのやり方」

エイジア「実際に出来たみたいだよ。でも、死者の体は人間の体だから神力無くなってしまうけど良い?」

レイヴン「・・・・まだしなくてもいい。まずはララの方が先だ」

エイジア「その言い方だと良いみたいだね」

レイヴン「ああ、あいつが幸せならな」

エイジア「でも・・・」

レイヴン「力については大丈夫だ。ここにいる会場の人達の能力は全部コピーした」

エイジア「うすうす予感はしたけど、やっぱりチートだね。奪う力」

レイヴン「そうでもないぞ。能力はコピーしても魔力や神力は取れないからな」

エイジア「やっぱりそうだよね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.723 )
日時: 2015/06/03 06:09
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

坂田銀時の魂は・・・私はだれよりも強いと考えています!!

では本編です!!どうぞ!!(今回銀妙要素入ります)

パチパチパチパチ・・・

すると・・・観客席から・・・拍手が!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ・・・!!

観客が拍手をしていたのだった・・・見事な戦いで感動していたからだった

出久「すごかったですよ!!」

ルフィ「すげぇぞお前ら!!」

両津「やるじゃねぇかお前等!!」

竜「ハジケた戦いだったぜ!!」

エイジア「お疲れさまー!!」

ジャガー「二人とも見事でしたよー!!」

銀時「ありがとな!!」

するとステージに近寄ってきたのは・・・銀魂勢!!

新八「流石です銀さん!!」

神楽「私は銀ちゃんがやる男だと信じてたアル!!」

妙「お疲れさまですよ銀さん!!」

猿飛「さっちゃんは銀さんが勝つの信じてたんゾ♪だからハグをしy」

銀時「黙れメス猿」

月詠(やはりかっこいいな・・・銀時は)

坂本「やったのう金時!!」

銀時「お前はお前で名前間違えるなこのヤロー!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!では・・・!!今から四時間の休憩をとります!!」

二人は医療室に連れてかれた・・・

銀時が寝ている部屋・・・

今中には新八、神楽、妙、桂がいる

銀時「いてて・・・!!」

妙「薬が効いているんですね・・・」

銀時「ああ、おまけに体の節々がもの凄く痛いよ」

新八「あの尾獣連弾表蓮華を食らっても激しすぎる運動をして動き続けたんですからそりゃそうなりますよ」

神楽「よく動き続けることができたアルね」

桂「ズラじゃない、桂だ」

全員「誰が今お前のことヅラって呼んだ?バカだろ?お前バカだろ?」

コンコンコン

新八「あ、誰か来たみたいです」

すると・・・訪れてきたのは・・・

剣心「どうも」

薫「おじゃましまーす!!」

弥彦「邪魔するぜ!!」

左之助「よぉ!!」

剣心勢と!!

めだか「邪魔するぞ!!」

人吉「失礼します!!」

球磨川『こんにちは!!』

めだか勢と!!

十六夜「邪魔するぜ!!」

本城「おめでとうございますっ!!」

十六夜、本城の二人だった!!

めだか「銀時!!見事な勝利だったぞ!!」

剣心「信じてよかったござるよ銀時殿!!」

薫「スゴいわ銀さん!!流石剣心に勝っただけあるわ!!」

本城「強いですね銀さんって!!」

十六夜「だから!!このお疲れチョコをあげるぜ!!」

銀時「ありがとよ・・・それよりもう少し寝たいから少し寝かせてくれないか?」

本城「も、もう少し話したいんですけど・・・」

銀時「すまねぇラーペ・・・俺かなり疲れてるんだよ・・・また後でな」

全員「わかった!!」

全員は部屋を出ていった・・・

本城(確かにそうでした・・・あそこまで戦って疲れていないわけないですよね・・・)

いや・・・

銀時「・・・って妙、お前は何で出ていかないんだ?」

何故か妙は残っていた・・・

妙「・・・すみません、少し話したいことがあったんです、私イチゴ牛乳持ってきたんで飲みながら話しましょうよ」

トクトクトクトクッ・・・

イチゴ牛乳を二つのコップに注いでいる音が治療室の空間を満たしていた・・・

妙「どうぞ」

銀時「ああ」

ゴクゴクと銀時が飲んだ後・・・

銀時「・・・で、話ってなんだ?」

妙「あの・・・銀さん、少しお願いがあるんです」

銀時「?」






























































妙「もう・・・無理をなさらないで欲しいんです、本当は・・・ナルトさんの尾獣連・・・何でしたっけ、名前は忘れましたけど・・・あの一撃の時にはもう体は限界だったのでしょう?」

銀時「尾獣連弾表蓮華な、・・・よく分かったな」

妙「はい、綱手さんから聞きました、普通は動けない・・・それどころか下手したら死んでいたと」

元より体のけいらくをすべて斬る螺旋手裏剣
を受けていて更に尾獣玉二つの攻撃と螺旋手裏剣二つを同時にくらったのである、普通あり得ないのである

妙「銀さんは・・・私たちを普段はぞんざいに扱っていますが・・・時には誰よりも大切に思ってくれてるんですよね?・・・ですが・・・それ故に、そう思ってくれる故に銀さんが死にかけるのを・・・見たくないんです!!」

妙は悲しそうな表情をしていた・・・

妙「だから・・・!!」

ポンッ

銀時は妙の頭に手を乗せた後言った・・・

銀時「・・・大丈夫だぜ、妙」

妙「銀さん・・・!!」

銀時「お前も・・・背負うことはわかっているだろ?常に弟を背負い続けたんだからよ」

妙「・・・はい」

銀時「俺はな、昔は何も背負ったことはなかったんだよ、自分の赴くままに動いてた、あの人に背負われながら」

妙「あの人って?」

銀時「いつか知るよ・・・そして俺は背負ってくれた人を護れなかった・・・背負い返すことができなかった・・・だからな・・・背負いたいんだよ、皆の思いを」

妙「・・・」

銀時「それにな、お前も大変だったろ?弟を背負うときによ・・・辛そうに見えた、お前が弟を守るときに自分を犠牲にするときにな」

妙「・・・(涙目)」

銀時「だからよ・・・お前の思いも背負っていきたいんだよ・・・アイツは・・・俺の義弟だからな、お前にとっても弟だろ、そして・・・一兄にとってもな」

妙「・・・全く・・・バカですね銀さんは・・・貴方のことを心配しているのに・・・私の言ったことを無視するんですから・・・」

銀時「無視してねぇよ、お前の気持ちは・・・ちゃんと受け取っているから、だからな・・・」

妙の頭をなでながら言った・・・

銀時「ありがとう」

笑顔で・・・

妙「・・・もうっ、恥ずかしいいですよぉ、銀さん!!(赤面)」

と、言った後・・・慌ててでていった・・・

銀時「・・・で、なんだこのチョコ・・・」

パクッ

その瞬間・・・

ぎぃんぎゃああああああああああああああああああああああ!!

妙「どうしたんですかっ!?・・・って銀さんんんんんんんんんんんんん!!」

銀魂勢、剣心勢、めだか勢「部屋から悲鳴が!?」

・・・お察しください

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。