二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.283 )
日時: 2015/04/19 23:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

エイジアさん
実は・・・天人だけは列車を壊す事だけに言われていますが・・・
夜兎族は何故作者を狙うかを知っているんです・・・フフフ・・・
何を知っているのかは全てのお楽しみです!

では本編です!!どうぞ!!

神威「なかなか強そうな奴もいるね、楽しめそう」

阿伏兎「たくっ、何で俺まで付き合わなくちゃいけないんだ」

松山「こ、ここで会う事になるとはな・・・」

アックスホーク「き、貴様・・・覚悟は出来ているのか・・・」

神威「ふ〜ん、あれがあのラオウの弟ケンシロウが使う北斗神拳か・・・面白そうだな」

アックスホーク「き、貴様ケンシロウ様をなぜ知っている!?」

神威「ふふ・・・ラオウに聞いたのさ、自分の生涯の敵は二人いるってね・・・その男は・・・弟のトキ、ケンシロウ、だってね」

アックスホーク「そこまで知っているとは・・・何でなのか明かせてもらう」

神威「ふっ、構えたね、でも倒せないと思うけど」

神威とアックスホークが戦ったが・・・

アックスホーク「グアアアアア!!」

圧倒的な力差を見せつけられてしまった・・・

メイドウィン(じ、実際初めて見たが・・・こ、これは怪物どころじゃない・・・鬼神かよ・・・!!)

神威「ラオウは師父を殺した男・・・俺と同じ臭いがするのさ、親殺しをすでに行なっていたからね」

アックスホーク「き、貴様・・・そこまで戦いを望むとは・・・その果てには何を望む!?」

神威「望む物なんてないさ、ただ・・・俺は強い奴と戦いに来だけさ」

神威の笑顔はもはや怖すぎた。レジーナやマヤは泣き出していた。

神威「さて、もうそろそろ・・・死んでもらうよ」

アックスホーク「く、くそっ、ここまでか・・・無念だ・・・」

神威は最後の一撃を繰り出そうとした・・・









































子音「火炎花火の大魔術!!」

ドカーン!!

神威「あ〜あ、防がれちゃった」

子音「大丈夫ですか!?アックスホークさん!!」

アックスホーク「す、すまぬ・・・」

マリオ「子音!?お前銀時達の所に援護に行くんじゃなかったのか!?」

子音「ええ・・・そうしようとしたら・・・」

子音は一旦IRの様子を見に行ったのだその時に・・・

シュン!!

マリンスノー「子音!!待ってくださいっす!!」

子音「マリンスノーさん!?どうしてここに!?」

マリンスノー「実は同じく怪我しているハインリヒを一旦列車に避難させたんッス!!その時に見たんッスけど・・・神威と阿伏兎がここに来てるっす!!」

子音「ええ!?あの二人が!?」

マリンスノー「アイツらはメイドウィンさんの所にいるッス!!」

子音「(銀さん達の救援どころじゃない・・・)分かりました!!黒箱の魔術!!」

というわけだ・・・

子音「彼じゃ命がいくつあっても足りない・・・」

メイドウィン「そうか・・・なら・・・」

メイドウィン「俺と妹紅、蓬莱人達が相手だ!!行くぞ妹紅!!」

妹紅「分かった・・・覚悟しな・・・」

神威「蓬莱人だって、じゃあ阿伏兎、お前は女の方頼むよ」

阿伏兎「俺もかよ・・・しょうがねぇな・・・」

メイドウィン「いくぞ・・・勝負だ!!」

この戦いの行方は!?すみませんが更新また停止します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.285 )
日時: 2014/10/17 19:19
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

操縦席が壊れたね・・・・・

時の歌で戻すことが出来るかな?
後、あっちにいくには、空間の歌で移動します!

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.286 )
日時: 2015/04/21 06:28
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

試験勉強大変すぎて涙目です。コメント感謝です!
エイジアさん
じゃあそれで後に直ることにします!!
昨日は書けないですみませんでした!!

では本編です!!どうぞ!!

第五戦線の状況・・・

零龍「くらえムルプス!!」

夜兎族5「当たるかよ!!」サッ

零龍の攻撃が中々当たらず苦戦していた。何故なら・・・

夜兎族5「俺が手に入れた見聞色ならよけることぐらいたやすい!!」

零龍「どうやって手に入れたんだ!?」

ドナルド「気になるね・・・どういう事だい?」

夜兎族5「それは知る必要はない・・・」

零龍「・・・なら、使うしかないな・・・覚醒!!そして・・・多重陽炎!!」

かなり多い数に分身して敵の攪乱を狙う!!

夜兎族5「フン!!分身など傘のひと振りで全て叩き潰してくれる!!」

零龍「くらえ!!超特大多重メラゾーマ!!」

覚醒により威力が増したメラゾーマをいくつもぶつける!!

夜兎族5「な、何だとォォォォォォォォォォ!!」

夜兎族は火に包まれた・・・

夜兎族は何とか脱出したが・・・脱出先に・・・

ドナルド「逃がさないよ♪ドナルドマジック♪」

夜兎族5「えっ、そんn」

ポン!!

見事なハンバーグの肉塊になった・・・

零龍、ドナルドにより夜兎族5撃破

ドナルド「ランランルー!!君は喧嘩の売り先を間違えたんだ♪」

零龍「落ち着け、早く操縦席に戻るぞ」

ドナルド「そうだね♪」

駅外にて・・・

アスカ「くっ、やっぱり苦しいわね・・・」

ハル「アスカさん・・・私実は・・・」

アスカ「知ってるわよ、貴方が生霊であることは」

ハル「え?じゃあどうして死なないって・・・」

アスカ「ふふっ、レイの真似したくなっただけよ」

夜兎族V「うるせぇな、二人共この武装色で成仏させてやるよ」

アスカ「成仏したくないでしょ、だから、私が護ってあげるから」

?「援護しようか?」

アスカ「ん?アンタ誰よ?」

逆廻十六夜「俺は、逆廻十六夜だ!ララに言われて援護に来た!」

アスカ「ありがとう!!ではいくわよ!!」

という訳でここで一旦きります。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.288 )
日時: 2014/10/18 08:24
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「!エイジアさん、十六夜が来たみたいですよ?」

エイジア「やっと来たね。 やっぱり、箱庭からこっちに来るのって大変なのね」

ララ「でも、来てくれるって信じていました・・・・」

エイジア「ララ、顔赤くなっているよ」

ララ「え!?すいません」

エイジア「良いよ。十六夜だってララのこと思ったらきっと顔赤くなるよ」

ララ「そう、ですか?」

エイジア「とりあえず、今は戦おう!」

ララ「はい!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.289 )
日時: 2014/10/18 08:42
名前: エイジア

こんにちは、二回目の更新のエイジアです。
少し、十六夜の能力を修正します。

十六夜の能力
恩師(ギフト)「正体不明(コード・アンノウ)」
海を割り、大地を砕く強大の力以外一切不明

恩師(ギフト)を無効可することが出来る。

そもそも恩師(ギフト)とは、
さわざまな特異の力を修羅神仏から、悪魔から、精霊から、星から、もらった力のである。

すいません。長くなりました。
コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.290 )
日時: 2014/10/19 02:39
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも・・・今日も疲れました・・・コメント感謝です!!
エイジアさん
能力分かりました!!ありがとうございます!!
では失礼します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.291 )
日時: 2014/10/19 10:04
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

少し気になったことがあるんですが、逆廻十六夜の逆廻は、苗字(感じ違うかも)なので別に付け加えなくてもいいですよ。

もしかして、他のアニメにも、十六夜の名前があるから、それを区別しているんですか?

すいません。気になったことを聞いたので、気にしないでください。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.292 )
日時: 2014/10/19 10:41
名前: マリンスノー

どうも、マリンスノーです!
神威来たあああ!しかも強っ!

マリン「神威にはG4通用しますかね?」

ハインリヒ「通用するわけがない・・・」

マリン「じゃあ、神威だけに写輪眼持っている人!」
シーン・・・

マリン「あっ、俺だけッスか。」

アスカ「えええええ!あんた写輪眼持っていたの!」

マリン「いいえ、ただG6のCOPYCATという技でうちは一族からコピーしてきましたッス。」

ハインリヒ「お前はどんだけ能力あるんだ・・・」

ではまた!
更新頑張ってください。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.293 )
日時: 2015/04/21 06:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!試験終えて戻ってきました!!嬉しいです!!
また小説書きはじめるのでよろしくお願いします!!
コメント返信遅れてすみませんでした!!
エイジアさん
あ、別に気にしてませんよ〜
では十六夜でいかせてもらいます!
マリンスノーさん
写輪眼って万華鏡写輪眼ですか?または誰の写輪眼をコピーしたんですか!?
教えて下さい!!

では本編です!!どうぞ!!

駅外にて・・・
エイジア「アイスタイガー!!」

本城「ファイアタイガー!!」

エイジア、本城「合わせて・・・虎舞氷火!!(by坂神、合体技作ってみました!!どうですかエイジアさん?)」

二つの虎が混ざり夜兎族達に襲いかかる!!

夜兎族P「糞っ・・・だが負けるかァ!!」

夜兎族達は傘を広げて守った。

夜兎族Q「くらえ!!」

ブン!!

本城「当たらないわよ!!お前の攻撃の筋ならよめているわ!!」

サッ!!

その後夜兎族の攻撃は何度も続いたが思考をよむ力を駆使してよけつづけている!!

夜兎族Q「中々強いな・・じゃあ・・・本気でいかせてもらうぞ・・・」

夜兎族の血が・・・・目覚めた・・・

本城「ま、まずい!!あの状態は!!」

夜兎族Q「死ね!!」

ブン!!

本城「きゃあ!!」

ドキャバキ!!(攻撃が当たった!)

エイジア「ララ!!」

夜兎族P「余所見している暇ないぞ!!」

エイジア「危なっ!!アイスウォール!!」

ガキン!!(守った)

エイジア「ま、まさかララに攻撃が当たるなんて・・・」

本城(は、速すぎて攻撃がよめてもよけれないなんて・・・)

エイジア「大丈夫!?じゃあこれでいくわよ!!時の歌!!」

時を止めた後・・・

エイジアさん「これで対応出来ると思うわ、速さの歌!!」

本城の動きが速くなった後・・そして時は動き出した・・・

本城「エイジアさんありがとうございます!!これなら・・・」

夜兎族Q「消えろ!!」

ブン!!

本城「もううけないわ!!」

ササッ!!

ブン!!ブン!!ブン!!

ササッ!!ササッ!!ササッ!!

夜兎族Q「な、何でこの状態の俺の攻撃が当たんない!?」

本城「これで終わりよ・・・ファイアガトリング!!」

指先から火の球を何度も撃ちまくる!!

更に速さの歌の効果で速さは倍増している!!

夜兎族Q「グッ・・・く、クソ野郎・・・」

バタッ・・・

その一つが夜兎族の心臓を撃ち抜いた・・・

本城によって夜兎族Q撃破

本城「やりましたよ!エイジアさん!!」

エイジア「良かった!!こちらも何とか終わったわ!!」

エイジアも氷で夜兎族の足と手の拘束に成功していた。

本城「じゃあこのまま放置して置きますか?」

エイジア「そうね、後で全てを聞くから」

本城「後すみませんが・・・私の左手治してくれませんか?さっきの攻撃で折れてしまいました・・・」

エイジア「そうね、癒しの歌!!」

2分後・・・

本城「治りました!!」

エイジア「よかった・・・」

本城「ん・・・エイジアさん!!他に声が聞こえます!!ハインリヒさんの声です!!」

エイジア「どう聞こえるの!?」

本城「苦しんでますよ!このままじゃ危ない!!」

エイジア「分かったわ!!取り敢えずハインリヒの所に行くわよ!!」

その頃・・・

マリンスノー「次はアンタッスか・・・」

夜兎族R「一人倒したからって調子のるなよ・・・」

先程ハインリヒにトドメをさそうとした夜兎族だ。

マリンスノー「いきなりいくっすよ・・・HELLFIRE!!」

夜兎族R「当たるかよ!!」

サッ!!

マリンスノー「何で!?」

夜兎族R「さっきの攻撃見てたんだよ!!その目線の先に攻撃が当たることはな・・・もう分かってんだよ!!」

マリンスノー「・・・じゃあ目線関係ない攻撃しようか?」

夜兎族R「へ?」

マリンスノー「・・・COPYCAT、万華鏡写輪眼、天照」

夜兎族R「う、うわああああああああああああああ!!」

黒き炎で燃え尽くして消えた・・・

マリンスノーによって夜兎族R撃破

マリンスノー「もうこの目使いすぎたッスね・・・」

マリンスノーは左目の目隠しを再びつけた。

マリンスノー「今度はアスカの救援に行かないと!!」

すみません!!エイジアさん!!逆廻十六夜のもう少し詳しい人との戦い方教えて欲しいです!!(すみませんが、異世界から問題児が来るようですよ?、という物語さっぱり知らないんで・・・)それがくるまでは銀さん側の戦いを書いていきますので・・・後第五戦線の状況も!!という訳でよろしくお願いします!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.295 )
日時: 2014/10/24 19:33
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

合体技ですか、すごくかっこいいです!

あと、今回は、十六夜の戦い方を紹介します。

十六夜の戦い方は、どちらかと言うと、何もかも破壊すると言う感じですかね。

後、体術で戦います。武器とか技とかありません。(力で言えば・・・・・夜兎より強いです)

後、強い人と戦うことが悪い癖ですね。(物語にも、元魔王や、蛇神に喧嘩を売りましたからね)まぁ、それは状況に応じて十六夜が判断します。

後、ちょっとあれの人です。変態です!
ララと十六夜が出会ったのは、とある出来事です。

物語は、またいつか書きます。理由は、物語はすごく長いです。(今日じゃないかも)

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。