二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.714 )
日時: 2015/05/28 22:59
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「まさかこんな秘密が会ったとは!」

ララ「予想外でしたね」

十六夜「これで本当の戦いが始まるな」

レイヴン「ああ、だが、この戦いが終わったら・・・・」

エイジア「多分、フルボッコにされるよ・・・あの二人」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.715 )
日時: 2015/05/29 23:58
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

迅宗さん

はい二人が盛大にやらかしました、実は私も色々アウトだと思います

エイジアさん

実はこんな感じでした!!驚きましたか?

では本編です!!どうぞ!!

銀時「かかってきやがれェ!!」

ナルト「ああ!!望むところだ!!」

ナルトは銀時に急接近!!

ナルト「くらえっ!!蛙組み手!!」

ブゥン!!

仙人のみが使える遠距離打撃攻撃が銀時に!!

だが!!

銀時「当たるかよっ!!」

さっ!!

一瞬でナルトの後ろに回り込んだ!!

銀時「・・・風遁!!空拳掌!!」

自らの拳に風のチャクラを集めて・・・拳が当たった相手を膨大な風でぶっ飛ばす!!

ナルト「あぶねぇ!!」

あわててナルトも蛙組み手を銀時に繰り出す!!

二つの拳の衝撃がぶつかり・・・

ビュュュュュュュン!!

銀時、ナルト「ぐあっ!!」

双方がぶっ飛ばされた!!

ドガッ!!

壁に激突!!

銀時「やっぱ仙術ってすごいな・・・不味い!!」

ビュゥン!!

銀時に・・・風遁螺旋手裏剣が迫る!!

銀時「当たるかよ!!」

ジャンプして回避・・・!!だが!!

銀時「!?」

避けた先にもう一つの螺旋手裏剣!!

ナルト(影手裏剣の術だってばよ!!)

銀時(しまっ・・・!!)

ドカッ・・・

ザクゥザクゥザクゥザクゥザクゥザクゥ!!

螺旋手裏剣が銀時に直撃!!

銀魂勢「銀さん!!」

ナルト(決まったってばよ!!)

螺旋手裏剣がやんだ後・・・

銀時「ハァ・・・!!ハァ・・・!!」

結構ダメージをくらった銀時がいた・・!!

銀時「・・・まだまだァ!!」

銀時は再び立ち上がり・・・風魔手裏剣に風遁チャクラを付けて投げて!!

銀時「手裏剣影分身の術!!」

ボボボボボボボボボボボボォン!!

大量の手裏剣が・・・ナルトに襲いかかる!!

キュゥゥゥゥゥゥイン!!

ナルト「螺旋手裏剣!!」

螺旋手裏剣で防ぐ・・・!!だが!!

ザクザクザクザクザクザクゥ!!

ナルト「なっ・・・!!」

螺旋手裏剣の核を斬り裂いてそのままナルトに向かう!!

ナルト「くそっ!!・・・なら!!影分身の術!!」

ボボボボボボボォン!!

大量の影分身を作り出し!!

キュゥゥゥゥゥゥイン!!

ナルト「仙法!!大玉螺旋帯連丸!!」

仙法で強化された大きい螺旋丸で盾を作り守る!!・・・だが!!

ザクザクザクザクザクッ・・・!!

その大きな螺旋丸も斬り裂きながら影分身を斬っていく!!そのまま!!

ザクッ!!

ナルト「ぐっ!!」

本体のナルトに風魔手裏剣が炸裂!!

ナルト「痛ェ・・・!!だが・・・!!まだまだぁ!!」

カリッ!!

指を噛んで!!

銀時(口寄せをするのつもりか・・・!!なら・・・こちらも・・・使わせてもらうぜ!!口寄せをなぁ!!)

カリッ!!

新八「あれは・・・!!銀さんも口寄せ出来たんですか!?」

カカシ「ああ、俺も教えてあげたんだよ、口寄せの方法もな・・・ただしそれは一定の強い絆がなくちゃ出来ないよ・・・だから、神楽、悪いが・・・お前のペットを・・・」

タンッ!!

ナルト、銀時「口寄せの術!!」

ボボォン!!

定春「あううううううっ!!」

ガマ吉「またワシの番か・・・今度の敵はワン口か?」

カカシ「口寄せ出来るようにした」

神楽「おいテンパテメェ何勝手に私のペットと契約結んでんだこらぁ!!」

銀時「定春!!乗せてくれ!!」

ナルト「ガマ吉!!乗せてくれ!!」

二人はそれぞれペットに乗った!!

銀時「久方ぶりに暴れるぜ定春!!」

ダダッ!!

定春はガマ吉に向かって突撃!!

ナルト「ガマ吉ィ!!」

ガマ吉「わかっとる!!水飴鉄砲!!」

ドドドッ!!

銀時「よけろ定春!!」

サッ!!

俊敏な動きでガマ吉の技を避けていく!!

ナルト「なかなか強い犬だってば・・・!!こうなったら接近戦だ!!」

ガマ吉「おう!!」

ガマ吉はドスを構えた!!

ガマ吉は定春に接近して!!

ブゥン!!

懇親のドスを振りおろした!!

・・・だが!!

ガキィン!!

銀時「ふぎぎぎぎぎぎ・・・!!」

ガマ吉「わしのドスを受け止めただと!?」

銀時が木刀で守る!!

ドスの攻撃を守りながら定春は接近して・・・!!

そして!!

定春「わん!!」

ドガァッ!!

ガマ吉に頭突きをぶちかます!!

ガマ吉「ぐうっ!!」

更に!!

銀時「もう一度くらえ!!」

ブゥン!!

定春から降りてガマ吉がよろけた隙を狙って木刀を降る!!

ナルト「・・・させねぇよ!!」

ボボォン!!

ナルトは影分身を銀時の目の前に出して!!

ナルト「仙法!!螺旋連丸!!」

だが!!

銀時「・・・この拳で・・・!!全てぶっ飛ばしてやらぁ!!」

片手に風のチャクラを集中して!!

銀時「風遁!!風拳掌!!」

ドカッ・・・ビュゥゥゥゥゥ!!

見聞色でナルトの仙法螺旋連丸を回避しながら拳を叩き込む!!

・・・そして!!

ナルト「どわぁ!!」

ドガッ!!

ガマ吉ごとナルトを吹き飛ばして壁にたたきつける!!

ガマ吉「なんて強い風遁チャクラじゃ・・・!!」

ナルト「ガマ吉!!ありがとう!!戻ってくれってばよ!!」

銀時「定春!!お疲れさんだ!!」

ボボォン!!

ガマ吉と定春は戻っていった・・・

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.716 )
日時: 2015/05/30 00:02
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ナルト「俺の仙人モードの最高威力の技を見せてやる!!九喇嘛ァ!!自然エネルギーはたまったか!?」

九喇嘛「ああ!!たっぷり練り込んどいた!!これで莫大な仙術を使っても大丈夫だ!!」

ナルト「準備OKだな!!多重影分身の術!!」

ボボボボボボボボボボボォン!!

1000体ほどの影分身を作り出して・・・!!

キュゥゥゥゥゥゥゥイン!!

ジャンプして・・・!!超大きい螺旋丸を作り出して!!

ナルト「仙法!!超大玉螺旋多連丸!!」

両津「わしが倒された術だ!!かなりの威力だぞあの術は!!」

大量の強力な大きい螺旋丸が・・・!!銀時に襲いかかる!!

銀時「ならその螺旋丸を斬ってやるよ!!」

シュッ!!

風魔手裏剣を投げて風のチャクラを付着して!!

銀時「手裏剣影分身の術!!」

ボボボォン!!

1000個の風魔手裏剣で巨大螺旋丸を斬ろうとする・・・!!だが!!

パリィン!!

銀時「!?」

風魔手裏剣が螺旋丸に当たった瞬間壊れた!!

ナルト「これが仙人チャクラの強さだってばよ!!そのままくらえっ!!」

銀時(・・・しかたねぇ、相手が九喇嘛モードになったらお披露目しようかと思ってたが・・・見せてやるよっ!!)

銀時はもう一つ刀を取り出して・・・!!
















































銀時「初代火影が使えた奥義を!!」

キュイン!!

銀時が持っている木刀と刀が・・・!!青くて長いチャクラに包まれた!!

カカシ「待て!?あの術は・・・!!初代火影様がマダラとマダラに操られた九喇嘛と戦うときに使った金剛力の最高潮の術・・・剛剣!!俺は教えてないぞ!?」

綱手「ああ、あれを教えたのは私だ、祖父が生きていたときに私に教えてくれた術だ・・・だが私は基本素手で戦うのが主流だから使うつもりはなかった、だからあの男に教えた!!」

サスケ「まさか初代の技を使うとは・・・!!」

サクラ「忍びの神の技を使えるなんて・・・!!あの人は一体・・・!!」

九喇嘛「あれは・・・!!ナルトぉ!!あの技は危険だ!!」

ナルト「え!?」

銀時「遅い!!」

ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!ザクゥ!!

長く強い剛剣を振りさばき大量の影分身を巨大な螺旋丸ごと次々と切り裂いていく!!そして!!

銀時「うらぁ!!」

ザクゥゥゥゥゥン!!

ナルト「ぐわぁ!!」

本体ごと全ての影分身をぶった斬った!!

ナルト「くっ・・・!!すげぇ・・・!!」

九喇嘛(アイツ・・・!!どうやらかなり修行したようだな・・・!!このままじゃ・・・!!)

ナルト(ああ・・・ついに本気を出す必要があるな・・・!!いくぞ・・・!!)

ナルト「九喇嘛ァ!!」

ナルトは九喇嘛のチャクラを纏始め・・・!!

九喇嘛モードに変化!!

銀時「ついになってきたか・・・!!」

ナルト「この状態の俺に敵はいねぇってばよ!!じゃあまず・・・くらえっ!!」

キュイイイイイイイン!!

両手を突き出して・・・尾獣チャクラをためて!!

銀時「どうやら・・・尾獣玉を放つつもりだな・・・!!なら・・・俺も・・・」

銀時は・・・ある構えをした!!

銀時「これで対抗してやるよ!!」

クリリン「・・・あれ?悟空、あの構えって・・・」































銀時「か〜」

新八「い、いやちょっと待ってください、なにまたバカをしようと」

銀時「め〜」

悟飯「え、ちょっと待って、あの人何を」

銀時「は〜」

ブルマ「う、嘘でしょ?ま、まさか・・・」

銀時「め〜」

月詠「分かった、ハッタリはやめなんし銀時」




































銀時「ハァァァァァァァァァァ!!」

ゴオオオオオオオオオオオッ!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドカァァン!!

あの光線と尾獣玉がぶつかり!!

・・・ゴオオオオオオオオオオオッ!!

大爆発!!

そしてその大爆発が晴れた後・・・観客席から一言

銀魂勢、ドラゴンボール勢「・・・何でアンタがその技使えるんだァァァァァァァァァァァ!!」

土方「いつ覚えたんだぁぁぁぁぁぁぁ!?」

新八「アンタいつ出来るようになったんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」

悟空「亀仙人、アンタ銀さんに教えてたんかぁ?」

亀仙人「いや全くないぞ」

銀時「本当精神と時の部屋は役に立ったな・・・」

どうやらあの部屋で修行した結果身につけたらしい・・・

ナルト「遠距離は通じねぇか・・・なら近距離といくか!!」

銀時「近距離なら・・・本当の本気状態を見せてやる!!」

銀時は・・・気をためはじめた!!

ベジータ「・・・まて、なぜ気が増えてきているんだ?」

そして!!


























ドゴォォン!!

スーパーサイヤ人に変化!!そして観客席から一言!!

銀魂勢、ドラゴンボール勢「ちょっと待たんかいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

新八「何でだ!!何でサイヤ人じゃねぇあんたがスーパーサイヤ人になってんだぁ!!」

ベジータ「スーパーサイヤ人って・・・!!スーパーサイヤ人って・・・!!1000年に一人の確率で生まれるはずだ・・・!!だが最近スーパーサイヤ人が増えすぎてしまっている・・・!!そして挙げ句の果てにはサイヤ人じゃない人までなるとは!!ふはははは!!どこもかしかもスーパーサイヤ人になってしまえばいいのだ!!ふははははははははははは!!」

トランクス「父ちゃん錯乱しないでェェェェェ!!」

エイジア(何で!?・・・そういえば・・・銀さんに輸血するときに使った血は・・・悟空さんの血だったよね・・・だから!?)

その通りだったのである

銀時「僅か10分しかなれねぇけどな・・・!!」

銀時は今銀色の髪と金色の髪が混ざって更に逆立っている状態だ!!

悟空(10分でもなれたら十分だぞ・・・ここからが・・・超勝負が始まるな!!わくわくしてきたぞ!!)

ナルト「おもしろくなってきたってばよ!!絶対勝ってやるってばよ!!」

銀時「いいぜ・・・!!ここからは死闘だ!!」

次回!!スーパーサイヤ人銀さんVS九喇嘛モードナルト!!互いに全力を出した戦いが始まる!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.717 )
日時: 2015/05/30 22:38
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「まさかのスーパーサイア人に変身した!?」

十六夜「あの輸血がここで影響するとはな・・・」

ララ「これ、どう説明すればいいんでしょうか」

レイヴン「取り合えず、修行をしている時に大怪我をしてしまい、仕方なく悟空の血を使わせてもらった、と言えばなんとかなるんじゃないか」

エイジア「まあ、考えないといけないね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.718 )
日時: 2015/05/31 23:58
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

はい!!あのときの輸血はこの為の伏線だったんです!!驚きましたか?

では本編です!!どうぞ!!

ナルト「いくってばよ!!」

シュン!!

銀時(瞬身の術か・・・!!来る!!)

ナルト「あらよっと!!」

ガキィン!!

ナルトが刀を振って銀時を襲った!!

銀時は木刀で防ぐ!!

だが!!

シュン!!

銀時「また消えたな!!」

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

それを・・・何度も繰り返しているうちに!!

ガキィン!!

ナルトの攻撃を止めた後!!

・・・更に後ろからまたナルト!!

銀時(しまった!!影分身か!!)

ザクゥン!!

ナルト「飛雷身斬り!!」

後ろから銀時を一刀両断!!

銀時「ぐっ・・・!!まだまだァ!!」

シュン!!

ナルト「アンタも瞬間移動できるのか・・・!!」

スーパーサイヤ人になることで瞬間移動が可能になった!!

ナルトの後ろに瞬間移動して!!

銀時「そこだぁ!!」

ブゥン!!

木刀を振る!!

ナルト「あぶねぇ!!」

ガキィン!!

慌てて刀で防ぐ!!

バッ!!

距離をとった後!!

シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュ!!

大量のクナイを投げた後!!

銀時「手裏剣影分身の術!!」

もう10000万個も大量のクナイがナルトに襲いかかる!!

ナルト「当たるかよ!!九喇嘛ァ!!」

九喇嘛「ああ!!」

九喇嘛の衣がナルトを包み込み!!

大量のクナイを防ぐ!!

銀時「ならこれはどうだ!!風遁!!空散歩!!」

風遁チャクラを足からコントロールしながら放出して空を飛ぶ!!

新八「空を飛んだ!?銀さんあんなことまで出来るようになったの!?」

そして・・・!!両手を空に向けて!!

銀時「大地よ・・・空よ・・・人々よ・・・!」

悟空「・・・え、ちょっと待て、あの人・・・元気玉使用としてるのかっ!?嘘だろ!?」





























銀時「そいつ等はどーでもいいから空気を分けてくれェェェェェ!!」

ドガシャン!!

新八「まぎわらしすぎるだろぉぉぉぉぉぉぉ!!」

悟空「オラ一瞬焦ったぞ!!そこまで出来るんじゃないかと考えたぞ!!」

銀時は周りの空気をすべて凝縮して圧縮!!元気玉ほど大きい巨大空気玉を作り上げた!!

銀時「くらえっ!!」

ナルトに向かって投げる!!

ナルト「尾獣玉ァ!!」

ドシュゥゥゥゥン!!

・・・ドゴォォォォ!!

大爆発!!

シュン!!

ガキィン!!

銀時はその煙に紛れて一気に瞬間移動でナルトに接近!!木刀と刀を同時に振りナルトに攻撃!!ナルトはそれを刀で防ぐ!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

シュン!!

ガキィン!!

二人は何度も瞬間移動して何度もぶつかる!!無論観客のほとんどは見えていない!!

月詠「あそこまで特殊能力を使いこなせるとは・・・!!」

銀時「武装色硬化!!風遁!!気風拳掌!!」

ナルト「武装色硬化!!超ミニ尾獣玉ァ!!」

銀時はサイヤ人などが使える気を手に込めて威力を増大!!互いに見聞色を使ったため・・・!!双方の攻撃が当たらなかった!!が!!

銀時、ナルト「もう一度!!」

再び発動して・・・!!

ドゴッ・・・!!

今度は見聞色を互いに当てるために使ったため攻撃は双方当たり・・・

ドガシャァァァァァァァァン!!

二人とも地面に突っ込む!!

銀時「ガフッ!!」

ナルト「ゴハッ!!」

二人は・・・ゆっくり立ち上がった後・・・!!

瞬間移動!!

・・・そして!!

銀時「超かめはめ波ァ!!」

ナルト「超ミニ尾獣連玉ァ!!」

・・・ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!

銀時は全エネルギーを込めたかめはめ波を、ナルトは二つの尾獣玉を両手に込めて・・・激突!!

大爆発は・・・会場を包み込むほどの威力だった!!

全員「ええええええええええっ!?」

我愛羅「不味い!!」

ザアァァァァァァァァ!!

慌てて砂で観客席を包み込む!!

そして・・・

我愛羅「大丈夫のようだな・・・」

我愛羅は砂を解除した・・・!!

そして・・・その爆発が晴れた・・・






























銀時「ハァ・・・!!ハァ・・・!!」

元の姿になっていた銀時と・・・

ナルト「ハァ・・・!!ハァ・・・!!」

まだ九喇嘛モードの状態のナルトがいた・・・

銀時(くそっ・・・10分経っちまったな・・・)

ナルト(・・・勝負を決めるのは今だってばよ!!多重影分身の術!!)

ボボボボボボボボボォン!!

大量の九喇嘛モードの影分身を作りだし!!

ナルト「うおおおおおおおおっ!!」

襲いかかる!!

銀時(九喇嘛モードの状態の影分身かよ!?・・・不味いな!!剛剣!!)

キュイン!!

九喇嘛モードのナルトを次々と斬っていくが・・・!!

銀時(あまりにもスピードが強すぎる!!)

だんだん追いつめられて!!

ドカッ!!

銀時「ぐっ!!」

上に蹴飛ばされて!!

めだか(あの技を・・・・!!)

ナルト「これで終わりだってばよ!!尾獣連弾表蓮華!!」

ドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッドカッ・・・!!

無数の攻撃を瞬間移動しながらたたき込み!!

ドカッ!!

の大きな手で下へブン殴り!!

その落ちる先に影分身!!

ドカッ!!

上へブン殴られて!!

尾獣化した後は尾獣玉を!!ナルトは螺旋手裏剣を繰り出して!!

・・・ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!

大大大大爆発!!

爆発の後・・・

ドサァ・・・

銀時が落ちてきた・・・

そして・・・そのまま・・・動かなかった・・・

坂神「・・・坂田銀時戦闘不能!!うずまきナルトの勝利です!!」

ナルト「すまねぇってばよ・・・」

両津「まあこれは読めていたけどな」

新八「さすがに無理でしたか・・・」

薫「しょうがないわよ・・・銀さんは一般人だし・・・ナルトはもう時代火影なんだから・・・」

ナルトは・・・すたすたとスタジアムの出口に向かっていった・・・































ドカッ・・・!!

ナルト「!?」

すると・・・ナルトの頬が・・・誰かにいつの間にか・・・!!殴られていた!!

ナルト「ぐほぉ!!」

・・・ドゴォ!!

スタジアムの壁に突っ込んでいた・・・!!

そして・・・ナルトを殴ったのは!!







































銀時「・・・まだだ!!」

先ほど負けたはずの坂田銀時!!

ナルト「銀さん・・・!!アンタあれをくらってもまだ・・・!!」

銀時「・・・負けるつもりはねぇよ・・・俺は誓ったんだ、あいつに、親友に、決して負けねぇと!!侍として・・・!!男として・・・!!それにな・・・!!俺には一人教え子が出来た・・・!!俺に一番似ている教え子が、ソイツにみっともねぇ姿を見せれるかよ・・・!!だから・・・倒れるにはいかねぇ・・・!!」










































銀時「見せてやるよ・・・!!もう能力は使わねぇ・・・!!これが・・・!!本当の・・・侍だぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ダダッ!!

ナルトに向かって最後の突撃!!

ナルト「すげぇ・・・!!すげぇよ銀さん!!九喇嘛ァ!!出てこい!!尾獣化するってばよ!!」

ナルトは完全に九喇嘛チャクラを纏い!!

九喇嘛化した!!

坂神「すみません!!坂田銀時VSうずまきナルト!!再開します!!」

次回・・・!!白夜叉!!覚醒!!次回!!銀時VSナルト!!完結!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存