二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.272 )
日時: 2014/10/09 22:17
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

妹紅『これが私のステータスだ。』

名前 藤原妹紅(ふじわらの もこう)

作品 東方project

設定 メイドウィンの相棒、札で呼び出される、炎を操ったり、【老いる事も死ぬ事も無い程度の能力】を持つ、つまりメイドウィン同様、不老不死。
そもそも不老不死とは、薬によって変貌する元人間種族【蓬莱人】にある能力であり、メイドウィン、妹紅を含み蓬莱人は知るなかでたったの四人しか居ない。
因みにメイドウィンと付き合ってはいない、そもそもメイドウィンは、違う人と結婚済みである。

性格 真面目、土方のように味覚が変でもなく、近藤のように変態でもなく、めだかのように痴女でもない、完全なツッコミ役、が、異世界育ちなだけに、機械の事をあまり知らず、少しずれた所も、

容姿
蓬莱人特有の白髪、赤いモンペズボン白い服、リボンも付けている。

サンプルボイス
『私は、藤原妹紅、蓬莱人だ!』
『お前は、死ぬ事が怖いか?お前は、老いる事が怖いか?』
『なぁ、メイドウィン・・老いる事も死ぬ事も無いって、案外辛い物だな・・』
メイドウィン『・・ああ、そうだな、妹紅。』


主に炎を操る。
その姿は、死なない事もあり【不死鳥】と呼ばれる。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.273 )
日時: 2014/10/09 22:38
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ジョナサンが夜兎族に勝った時、


妹紅も夜兎族になんとか勝利していた。


妹紅『・・くっ。』
メイドウィン『妹紅、大丈夫か?』
妹紅『ああ、何回か死んだが、なんとかな。』

ライゴ『メイドウィン!』
メイドウィン『お前ら・・』

松山『おい、メイドウィン、話は後だ、操縦室へ行くぞ!』
メイドウィン『・・おお。』






マヤ『ねぇ、教えてメイドウィン、妹紅って何者?』
メイドウィン『妹紅は、俺と同じ蓬莱人だよ。』

マヤ『だーかーら!そもそも蓬莱人って何さ!』
メイドウィン『・・・』




メイドウィン『お前ら、かぐや姫は・・知ってるな?』

松山『ああ、知ってるが・・それが?』

メイドウィン『かぐや姫には、求婚してきた貴族が居るだろ?』
松山『ああ、藤原家も・・まさか!!!!!おい!』





メイドウィン『ああ、奴はその貴族の一人娘なんだよ。』

妹紅『私は、父さんに恥を欠かせた、あいつが許せなかった。』


メイドウィン『最後に姫は、薬を渡すだろ?』
ライゴ『それがどうしたんだよ?』
メイドウィン『それが一番重要だ。』



メイドウィン『その薬は、蓬莱の薬、人を蓬莱人に変える、月にしかない薬。』
妹紅『私は、奴が月へ帰った後、あの将軍を殺し、薬をてに入れ、飲んだ。』



妹紅『私は、それから500の年月を待ち・・ようやく、あいつが・・輝夜が現れたんだ。』
ライゴ『輝夜?』

メイドウィン『蓬莱山輝夜、お前らの知るかぐや姫さ。』


メイドウィン『そして、話は飛び、俺は、竹林で奴と出会った。』


メイドウィン『なんやかんやあって、アイツは俺の相棒になったのさ。』
松山『おい、そのなんやかんやも重要だろーが。』

メイドウィン『お前らにはまだ速い、時期が来たら話すよ。』

マヤ『・・で、さぁ、妹紅。』
妹紅『ん?』



マヤ『妹紅とメイドウィンって、付き合ってるの?』



妹紅『・・ハァ?何を言ってるんだ。』
メイドウィン『馬鹿な事言ってないで、他の奴等を待つぞ。』
マヤ『はーい。』

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.274 )
日時: 2014/10/10 16:52
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

十六夜「なんか楽しそうな、ことをしてんな、おい!」

実際は大変だよ。

十六夜「だったら、俺もいくぞ。ララもいるからな。」

その前に作者さんに教えたら?

十六夜「それもそうだな。これが俺のプロフィールだ!」

名前逆廻十六夜(さかまきいざよい)

性別男性

性格常識どころか常識以上の力を持っている。不良グループから恐怖の象徴とされている問題児。
一見、乱暴そうだか、明瞭(漢字違うかも)の頭脳を持っている。
ララの彼氏

容姿学ランにヘッドホンをしている。金髪。

登場作品『異世界から問題児が来るようですよ?』←知らなかったらいいです。

能力
恩師(ギフト)『正体不明(コード・アンノウ)』
海を割り、大地を砕く以外一切不明。
簡単に言えば能力を無効果する。

サンプルボイス
「俺は、逆廻十六夜だ!」
「ララに手お出したらどうなるかわかつているな?」
「しゃらくせえ!」

十六夜「今いくぞ!ララ!!」


ララ「今、十六夜の声がした。」

エイジア「よかったね、ララ。十六夜は、ララの彼氏だもんね。」

ララ「そ!それを言わないでください!!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.275 )
日時: 2014/10/10 17:44
名前: エイジア

すいません。少し修正します。

登場作品『問題児たちが異世界に来るようですよ?』

能力
恩師(ギフト)『正体不明(コード・アンノウ)』
海を割り、大地を砕く強大の力以外一切不明
簡単に言えば、能力を無効果する。

後、年齢は17歳です。

ララは、十六夜を信用してるため、普通にしゃべる。
ララと十六夜は、両思いである。←字が違うかな?

本当にすいませんでした。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.276 )
日時: 2014/10/10 19:17
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークだ。

使う南斗聖拳の流派は【南斗孤鷲拳(北斗の拳でシンが使う)】だけにします。

あと、テスト頑張ってください。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.277 )
日時: 2014/10/11 17:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません!今日はコメント返信だけです!コメント感謝です!
ジャガーさん
妹紅の設定ありがとうございます!
エイジアさん
乱入オリキャラですね!
分かりました!
アックスホークさん
シンの拳法ですね!分かりました!では一度だけシンと戦った事がある事にしてよろしいでしょうか?
後皆さんすみませんが乱入オリキャラとゲストキャラは後それぞれ一回だけにしてくれませんか?
後ジャガーさんはすみませんが乱入オリキャラとゲストキャラはやめといてくれませんか?(理由、貴方のゲストキャラとオリキャラ多すぎですから!)
すみませんこれ以上やると混乱してしまうので…
では失礼します!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.278 )
日時: 2014/10/11 19:19
名前: エイジア

坂神銀拳心さん
あの、十六夜は、登場作品があるので、オリジナルキャラじゃないです。乱入キャラであることは代わりないですが。

詳しくは、インターネットで調べてください。(調べるのは、プロフィールに出ています。)

すいません。分かりやすくすればよかったです。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.279 )
日時: 2014/10/11 19:26
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

・・うーんじゃあ・・

ライゴ『えっちょ、なんでホームランバット握ってギャース!』

キラーン


メイドウィン『よし、これで乱入キャラは一人になったな。』


メイドウィン『よし、んじゃ、レジーナとハル、そしてマリオは違う駅で降りてもらうとするか。』
マリオ『俺達の行く場所は銀時らとは違うからな。』

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.280 )
日時: 2015/04/19 23:31
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よし!久しぶりに小説書きます!!でもその前に・・・
ジャガーさん!!大丈夫ですよ!!今まで乗っているキャラは降ろさなくていいです!!ていうか次の駅ないんで!!乱入オリキャラやゲストキャラのライゴもそのままでいいんで!!安心したまえ!!マリオ、レジーナ、ハル、ライゴ達!!でも、これ以上増やさないでくださいねという事ですから!!
エイジアさん
す、すみませんでした!!

では本編です!!どうぞ!!

操縦室にて・・・

メイドウィン「・・・ん?オイ、操縦席に誰かいるぞ?」

よく見ると・・・

天人「くっくっく、これでこの列車は動けまい・・・」

一人の天人が操縦席を壊し、動かなくしたのだ。

天人「恐らくアイツら全員夜兎族にやられていよう、ハッハッハ・・・」

マヤ「バカじゃないの?」

天人「へっ?」

スカボカメキッベチョ・・・

天人「へ、ヘルプミィィィィィ!!」

天人は今紐で柱に縛かれている。

松山「おいコイツ何か知ってそうだぜ、吐かせてみねぇか?」

アックスホーク「なら俺がやる」

マリオ「いやアンタいつの間にかに!?」

同じく夜兎族を倒していたアックスホークが戻ってきていたのだ。(by坂神、すみません、略しました)

アックスホーク「はっ!!」

ドスッ

天人「へッ、お、俺はく、口が硬いん実は、ってアレ!?」

アックスホーク「経絡秘孔新一をついた。貴様は自分の意思に関係なく俺の質問に答える・・・では最初に聞くぞ、何故貴様らは俺達を狙う?」

天人「し、知らねぇ!!本当に知らねぇんだよ!!」

アックスホーク「そうか・・・では何故この列車を動かなくした?」

天人「そ、それは神威様に頼まれたんだよ!!俺機械について詳しいからだ!!」

アックスホーク「ならば何故貴様は俺達を知っている?」

天人「し、知らねぇよ!!俺はただこの列車を壊すように言われただけだ!!ねぇ、これが知ってること全てだ!!本当だ!!だから逃げさ」

その時・・・

パァン!!

一つの銃声がなった・・・それは見事に天人の額を打ち抜いていた・・

?「お疲れさん、お礼に一発の銃で終わらせてあげたよ」

?「まあ感謝してるよ、でも君は弱すぎて役に立たないだろうから」

?「これで死んだほうが良かったでしょ?」

マヤ「だ、誰・・・」

とレジーナとマヤが振り向くと・・・

レジーナ「キャアアアアアアァァァァ!!」

松山「どうしたレジ・・」

と振り向いたら・・・あの男がいた、そう、あの怪物が・・・

































































































































































神威「良かった、ここにもちょうど退屈にならなそうだよ」

メイドウィン「かっ、神威!!」

その頃・・・

第五戦線の状況・・・

零龍「くらえ、ムルプス!!」

夜兎族「くっ!!当たるかよ!!」

夜兎族は見事によけて対処している。

零龍「なかなか強いな・・・じゃあそろそろ・・・使うか・・・覚醒!!」

次回!!神威乱入!!そして零龍覚醒!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.282 )
日時: 2014/10/13 22:24
名前: エイジア

こんにちは、エイジアです。

ララ「!?大変です!エイジアさん!黄金列車の方に、神威が来たみたいです!」

エイジア「マジで!?あの化け物が!?」

ララ「後、天人で言う人から聞こえたんですけど、神威から言われて理由はあまり知らないそうですよ?」

エイジア「そっかあ、じゃあ夜兎が知らない可能性があるね。せっかく生け捕りにしたのに」

ララ「そうですね、ていゆうか、十六夜遅くないですか?」

エイジア「まあ、仕方ないよ。ここ最終駅だもん。まあ、十六夜の足ならなんとかこれそうだけどね。ララも彼氏なら信じなくちゃ!」

ララ「はい。」

エイジア「とりあえずこっちが終わったら、黄金列車にいくね。」

ララ「生け捕りにした夜兎は、どうするんですか?」

エイジア「私の力で、質問を聞くようにするから、聞くだけ聞いたらあとは始末して。」

ララ「だったら私もいきます!」

エイジア「駄目。ララは、アスカとマリンスノーさんのサポートをお願い。あとは、十六夜が来たら、一緒に銀さんたちの方にいって。多分、大丈夫だと思うけど。」

ララ「・・・・・・分かりました。気おつけて!」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。