二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.709 )
日時: 2015/05/25 14:02
名前: 浜千鳥(元Troyhorse)

間に合うかな…?募集見ましたので応募してもいいですか?


1 浜千鳥

2 男性

3 一見クールで真面目だが慌てん坊。放ってはおけない心を持つ。

4 眼鏡をかけており、どちら貨といえば冴えない方。

5 サンプルボイス(5つまで)

「誰と活躍したいか迷うっすね〜」

「行きますよこのミッション!」

「ハンターッスね。逃げないと…。」

「自首したい…けどここで終わるのもねぇ…。」

「捕まった…まだ逃げたらないッスよ…。」


6逃走中 〜ファイナル・ラン2015〜

逃走中 〜team running in YOKOHAMA〜


あと私のキャラも出しますね。


1 御庭つみき

2 女性

3 クールでミニマムなツンネコ少女。

4 小柄で長い青い髪を持ち、たまに猫耳になる。

5 サンプルボイス(5つまで)

「私、やるわよ。」

「あによ…。」(何よと言っている)

「ふか〜〜〜っ!!」

「き、来たわ!」

「ハァ…ハァ…終わっちゃったわ。」

6あっちこっち



これでお願いします!足らなければまた後ほどで。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.710 )
日時: 2015/05/25 23:08
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「何・・・あれ・・・」

ララ「銀さん・・・・」

十六夜「おい、あの二人が避けぎみだぞ」

レイヴン「そりゃあ、そうだろ。あんなものが大量にあったら、避けるだろ。しかもあの二人は未成年だぞ」

ララ「それにしてもあんなものを出して何をするつもりなのでしょうか」

エイジア「謎だね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.711 )
日時: 2015/05/27 23:50
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

浜千鳥さん

こちらでは初めまして!!ありがとうございます・・・これで代入メンバーは決定です!!メンバーに加えときますね!!後すみませんがオリキャラはカットさせてもらうかもしれません。

エイジアさん

果たして明らかに変態に見える二人の策略とは!?

では本編です!!どうぞ!!

ナルト「じゃあ・・・くらいやがれ!!」

ナルトは・・・








































ブゥン!!

SMの本を銀時にブン投げた!!

ドガシャン!!

リー「いや何やってんですかァァァァァァァァァァァァ!!」

綱手「アホかアイツはァァァァァァァァァァァ!!」

沖田「まあ見ててくだせいよ、驚くから」

サクラ「いや今私達は驚いてんだけどォォォォォォォォォォォォ!?」

銀時「当たるかよ!!」

サッ!!

よけた後!!

ガシッ!!

本を懐に入れた!!

ドガシャン!!

新八「何懐に入れてんだァァァァァァァァァァァ!!」

月詠「近くに小さい子もいるのだぞ!!いいのか!?変態だと思われていいのか!?」

銀時「なら・・・こちらもぉ!!」

銀時は・・・!!








































ブゥン!!

イチャイチャパラダイスをナルトにブン投げた!!

ドガシャン!!

新八「いやアンタもかよォォォォォォォォォォォォォ!!」

神楽「おいテメェ戦闘舐めてんのか!!コラァ!!」

ナルトはよけた!!

その後少し沈黙した後・・・

銀時「・・・なぜ拾わない?」

新八「なぜ拾わないじゃねぇだろォォォォォォォォォ!!拾わないのがふつうだろうがァァァァァァァ!!」

ナルト「・・・悪いが・・・俺はその本が大嫌いだってばよ!!」

それを聞いた後銀時はカカシをちらっと見た後・・・

銀時「おいテメェどういうことだ、ナルトがめっちゃ興味あったんじゃねぇのか、いつもこれで・・・をしてたんじゃねぇのか」

新八「いやカカシさんの案かよ!!しかもアンタこれで・・・の後何を言おうとしたァァァァァァァァァ!?」

カカシ「・・・なん・・・だと!?(白目&汗&愕然)」

サクラ「いやカカシ先生もなんだとじゃないでしょ!!気持ち悪いって前にも言っていたじゃない!!」

銀時「くそっ・・・!!こうなったら!!」

ナルト「・・・しかたねぇ!!」







































銀時、ナルト「量で勝負だ!!」

ブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥン・・・・!!

無数のSM系の超エロ本とイチャイチャシリーズの本が・・・投げる!!投げる!!投げまくる!!大量のエロ本が・・・ステージの上を往回している!!

ドガシャァァァァン!!

全員「お前等戦いを何だと思ってんだァァァァァァァァァァ!!」

ステージの上はまさにエロ本が無数の花弁のごとく舞う!!

鬼塚「いや地の文もかっこよく説明せぇへんでいいで!!ていうかどこがかっこいいんやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ナルトはそれをことごとく避ける!!銀時はそれをことごとく掴んで懐に入れる!!

土方「何アイツはあの本をことごとく懐にしまいこんでんだぁ!!変態にもほどがあるだろォ!!」

ナルト「へっ!!こんな興味がねぇもんにきがひかれるわけねぇだろ!!」

その時!!

ドカ!!

ナルト「うおっ!?」

イチャイチャタクティクスの本が開いたのがナルトにぶつかった!!

銀時「・・・なら読んでみやがれ、さっきのだけが小説版だったが・・・これは・・・」


































銀時「完全漫画化だ!!」

ナルトの顔面についた本は・・・イチャイチャタクティクスの小説が漫画化されていた!
!それも色々ヤバい絵で

カカシ「俺が火影になる前の一年間・・・戦争が終わって暇だったからな・・・俺は暇つぶしにあることを思いついた・・・それは・・・自来也様のイチャイチャシリーズの小説を綺麗な絵で描いて自来也様の小説を・・・忍界一の有名な小説にすることにした!!そう!!それこそが!!イチャイチャシリーズコミックスバージョn」

ドゲシッ!!

サスケ、サクラ「よけいなことすんなァァァァァァァァァァァ!!」

カカシ「ぐほぉ!!」

顔面に強烈な蹴りである

サクラ「そんなことをしても変わんn」

ナルト「オオオーッ!!」

サクラ「ってはまったのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」

ナルト「なら・・・こちらもいかせてもらうってばよ!!」

ブゥン!!

銀時「うおっ!?」

今度は銀時の顔面にSM本が!!

ナルト「その本もさっきのとは違うってばよ!!」

銀時は顔についた本を見た・・・よく見るとほんの下にボタンが付いていた・・・

ナルト「そう、その本は・・・」











































ナルト「音声付きのSM本だってばよ!!」

カチッ

そのボタンを押すと・・・とんでもない音が流れてきた、どんな音かはご想像にお任せします

沖田「俺はな・・・いつも見るSMの本が何か足りねぇとずっと思ってたんだよ・・・何かリアル感がねぇなぁと思ってな、だから俺はあることを思いついた・・・吉原の・・・の店で・・・をしている所を録音して・・・本に録音機器を付けて録音したのさ、そう、それこそが!!音声付き最新型○○○な○○」

近藤、土方「警察がなにしてんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ドゲシッ!!

沖田「がふぅ!!」

さっきとまるっきり同じである

近藤「そんなことをしていると警察の名が泣くぞ!!」

妙「・・・テメェが言うんじゃねぇ!!このストーカーゴリラァァァァァァァァァァァァァァ!!」

ドカァァァ!!(昇竜拳ばりのアッパー)

近藤「ああああああああああああああああああああああ!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.712 )
日時: 2015/05/29 18:06
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥン!!・・・

その後も二人は・・・互いに誇りをかけた本投げ合戦が続いた!!ていうかこれ戦いだよね?何でこうなった?

男鹿「なぁ、アイツ等何したいんだ?」

全員「うん、全く分かんない」


ナルト「・・・こうなったら!!影分身の術!!」

ボボォン!!

七体の影分身が現れた!!

ナルト「これで・・・決めてやるってばよ!!」

その影分身は・・・銀時に近ずいて!!






































ナルト「虹お色気の術!!」

ボボォン!!

ナルト勢「え!?」

七体がそれぞれ・・・この会場に集まっているキャラに変化している!!・・・それも・・・

沖田「俺が見せたSM嬢姿の服を着せた・・・お色気の術のパワーアップバージョンでい!!」

サスケ「何勝手にあのうすらトンカチに見せてんだぁ!!」

その七人は・・・

ナミ、ヒルダ、エルサ、めだか、みくる、ブルマ、鶫、以下七名のSM嬢姿である

ナミ「・・・ナルト、あんた一度痛い目に遭う必要あいたいようね・・・(完璧天気棒sを構える)」

ヒルダ「貴様は魔人の強さを知りたいようだな・・・(片手に魔力を貯める)」

エルサ「後でどうなるのかわかってやってるんだろうな・・・(剣を構える)」

ベジータ「俺の妻の醜態を見せるとはくたばりたいようだな・・・!!(スーパーサイヤ人化)」

ブルマ「ベジータ、ボコボコにしてあげて」

めだか「貴様はフルボッコにされることが決まった、戦いの後覚悟しておけ・・・!!(ものすごい威圧)」

鶫「・・・貴様は死にたいようだな?(大量の銃を構える)」

みくる「恥ずかしい・・・恥ずかしいですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!(号泣)」

キョン「大丈夫か朝比奈さん!?」

サクラ「鶫、ナミさん、ヒルダさん、ベジータさん、めだか、エルサ、私もナルトのお仕置き参加していいかしら?(指ゴキゴキ)」

本城「私も手伝います・・・(片手に終焉の炎)」

銀時「うおおおおお!!こんなのに負けてたまるかぁ!!」

だが・・・七人のお色気分身が近寄ってきて・・・しばらくせまっていたら・・・

ブシャアアアアアアア!!

銀時「ぶふぉ!!」

大量の鼻血が出た!!まるで噴水のごとく!!

中島「どんな噴水だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

新八、ライゴ、サンジ、ころせんせー、十六夜、青峰、集「な、何て羨ましいんだ!!」

鬼塚「いや何で羨ましい言うとるんや!!後新八ィ!!アンタツッコミ放棄したらあかんやろうがァ!!」

銀時「く、くそ!!・・・なら・・・見せてやるよ!!新たな新術を!!」

銀時は・・・イチャイチャタクティクスバイオレンスマンガバージョンを懐から取り出した!!

銀時「見せてやるよ・・・!!俺のもう一つの新術を!!」

銀時は・・・それを投げた後!!印を結び・・・こういった!!






























銀時「エロ本影分身の術!!」

ボボボボボボボボボボボボボボボォン!!

ドガシャン!!

新八「イチャイチャタクティクスの数増えすぎだろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

投げた本が無数に増えていく!!

銀時「この無数の本の誘惑に耐えられるか!?くらいやがれ!!」

ブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥンブゥン・・・・!!

大量のイチャイチャタクティクスバイオレンスが・・・一斉にナルトに襲いかかる!!

ナルト「ぬおおおおおおおおっ!!」

ナルトは見事に飲み込まれた!!

そして・・・何とか出てきた!!

ナルト「へっ!!こんなもん気にするわけねぇってばよ!!」

鼻血出しながら

鬼塚「うん、バレバレやから」

ナルト「さぁて・・・そろそろだな・・・」

沖田(そろそろ頃合いだな)

銀時「んじゃ、そろそろ・・・やりますかぁ・・・」

カカシ(・・・確かに今が抜群のタイミングだな・・・)

ステージにあるのは・・・大量にもほどがある雑誌・・・

新八(雰囲気が変わった!?)

皆が考え始めていた・・・二人はさっきまでふざけていた雰囲気が嘘みたいに真剣になっていた・・・

銀時「さぁて・・・」

ナルト「ここからが本当の・・・」

カチッ

二人は火打ち石で・・・マッチに火を付けて・・・投げた・・・





































ナルト、銀時「バトルの始まりだ!!」

ドカァァァァァァァァン!!

全員「!?」

火が本についた瞬間ステージが大爆発!!

サスケ(そうか・・・そういうことだったのかよ・・・)

綱吉「なにが起きたんです!?」

両津「すげぇ爆発だ!!

ヒナタ「何故起きたのか私が説明します!!・・・今まで二人が投げていた本全てに・・・起爆札が挟んでいました!!」

竜「ああ!!あの火がつくと爆発する札のことだろ?」

ヒナタ「はい!!しかも本には・・・油が染み込んでいました」

爆豪「通りでこんなに火が燃え盛っているわけだぜ・・・」

カカシ「ここからは俺が説明するよ、ま、ようは単純にただバカをやっているフリをしながら罠を仕掛けていたわけだよ、とっておきの大爆発トラップをな」

沖田「こういうのに旦那は引っかかり安いだろうと思っていたんですけどねぇ、まさかアンタまで考えていたとはな重いやせんでしたよ」

全員「なるほど・・・」

出久(ちゃんと計算されていた攻撃だったんですね・・・!!)

鬼塚(流石に馬鹿だけやるわけなかったかぁ・・・)

本城(あの人ちゃんと考えていたんですか・・・驚きましたよ・・・!!)

未だに豪火が燃え盛っているステージ!!

そして!!

銀時は・・・懐から・・・風魔手裏剣を取り出した!!

銀時「これでどうだ!!」

ビュゥン!!

投げた後!!

銀時(これが本当の新術だよ!!)

ババババババババババ!!

印を結び!!

銀時「手裏剣影分身の術!!」

ボボボボボボボボボボボォン!!

サクラ「あの術・・・!!高等忍術の一つのはずよ!!」

カカシ「アイツは手裏剣を投げるのがうまかったからな・・・一番得意な忍術になったよアイツにとっても」

大量の風魔手裏剣が・・・ナルトに向かってくる!!しかも火で断絶されて向こうで何がされているのかが分からないため不意打ちできる!!

・・・だが!!

ナルト(見聞色・・・大量の手裏剣で攻撃してきたか!!なら!!仙人モード!!)

ナルトは仙人モードに変化!!

キュゥィィィィィィィン!!

チャクラを手にためて!!

ナルト「風遁!!螺旋手裏剣!!」

ビュゥゥゥン!!

螺旋手裏剣はステージに燃え盛っている火を巻き込みながら燃える火を纏ったチャクラの刃をつけた螺旋手裏剣が・・・銀時の投げた大量の手裏剣と激突!!全ての風魔手裏剣は螺旋手裏剣の核とぶつかり!!

・・・ドカァァァァァァァァン!!

大きなドーム状の火が拡張しながらステージを・・・包み込む!!

そして・・・それが晴れた先には!!

ナルト「さぁて・・・仙人モードのお披露目だってばよ!!」

銀時(・・・じゃ、しかたないな・・・一つ開けるか!!)

カカシ「ヒナタ、白眼で銀時を見てみな」

ヒナタ「白眼!!・・・これは!?リーさんの・・・!!」

カカシ「あの男は二週間の特訓の末・・・八門のうち開門だけを開けることに成功した・・・!!」

リー「本当ですか!?ならあの人の戦闘力は結構上がっているでしょう!!」

銀時「さて・・・いくぜぇ!!」

次回!!仙人モードナルトVS!!開門を開けた銀時!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.713 )
日時: 2015/05/28 22:47
名前: 迅宗

迅宗です。

おいいぃぃぃぃ!イチャパラと○○本で勝負を台無しにするなぁぁぁぁ!!(新八風ツッコミ)

何か酷い…。

あ、でも極限状態に入りましたなぁ、あの2人。

さてこの勝負の行方は…?

それと銀さんとナルト、後で殴られるぞ。(汗

次の更新期待してます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存