二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.264 )
日時: 2014/10/06 07:30
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

くそ、俺の刀が...まぁ、木刀が無事な分ましかな
少しの間みんなに任せておくかね、多分大丈夫だと思うしな...しっかし、この腕どーすれば

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.265 )
日時: 2014/10/06 16:58
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

一方、第八戦線は。

ライゴ,『ぶっ飛ばせ!ポラルドン!!』
ポラルドン『・・』ブシュー

ライゴの超弩獣、ポラルドンが圧倒していた。

マヤ『まあ、デカイから動けないんだけどね・・』
ライゴ『列車内は流石にキツかったか・・?』

夜兎族『クッソ!なんだコイツ!?』

ライゴ『踏み潰してやるぜ!!』
マヤ『いっけー!ポラルドン!!』


ゴゴゴ・・



夜兎族『この程度で・・やられねぇよ・・』

ライゴ『流石宇宙最強の一族、中々やんじゃねぇか。』

ライゴ『だがな!今テメーらは隙だらけだ!』


ライゴ『マヤ!例のアレをやるぞ!』
マヤ『なんかデジャブ感じるけど・・OK!』


マヤ『ベリースターちゃーん!!!』


マヤが叫ぶと近くに巨大なヒトデが現れた!
(実はこいつの小型タイプがこの作品に出てるので探してみよう。)
(ヒントは列車に乗る前)


夜兎族『な、何をする気だァーッ!!!』



ライゴ『さて・・』

ライゴは通信機を取り出すと・・

ライゴ『こちらライゴだ、松山さん、応答してくれ。』

松山『おう、こちら松山、どうした?』


通信機には、松山の声が。

実はライゴとマヤは、作品こそ違う物、同じ悪役であり生物兵器の先輩の松山とは昔から馴染みがあったのだ。


ライゴ『今からベリースターのブラストベリー光線で夜兎族を列車ごと焼き払う。』
松山『よし分かった、連結機を破壊すれば良いんだな?』
ライゴ『流石だな、どれくらいかかるんだ?』




松山『いやどれくらいってゆーか、もうテメーらの後ろだ。』
マヤ『うわっ、いつのまに!?』


松山『マヤ、ブラストベリー光線は・・』
マヤ『うん、すぐにでも発射出来るよ。』

松山『うし、ちょっと待ちな。』




松山『おー、テメーが夜兎族か、丁度俺が一人片付けた所だぜ。』
夜兎族『ハァ!?お前みたいな人間が何を言って・・』

松山『おー、じゃ見るかぁー?その夜兎族の死体をよぉー!!』

グシャ

松山『あ、頭崩れちまった、やっぱ食い過ぎたか、ボロボロだなこれ。』
夜兎族『ウッ、ウギャァァァァッ!!!!!』

夜兎族は初めて、恐怖という感情を味わった。


松山『ところでテメー、おとなしくブラストベリー光線で焼かれるか、俺に喰われるか・・って、失神してやがる。』


松山『あれダミーの奴で、本物は全て食っちまったからなぁ・・』




そして・・




マヤ『全車両の皆様にお知らせしまーす、間もなく第八車両は消滅しまーす、強い揺れにご注意下さーい、後第七車両の方ー、危険ですので離れて下さーい。』

マツヤマ『ライゴ、すぐに脱出するぞ。』
ライゴ『よし、マヤー!!トドメをさせー!』
マヤ『いっけー!ベリースターちゃん!ブラストベリー光線だー!!』


グオオオン!


マツヤマ『あっぶねー、危機一髪だったな。』
ライゴ『どうするんだ?』
マツヤマ『そうだな・・運転室に行くぞ、なんか怪しいからな。』


ライゴ(あばよ、ポラルドン、すまねぇな、お前が支えなきゃ、ビームを弾かれたかもしれなかったからな、)

ライゴ(でも、すぐに新しいお前・・ボラルドンを作ってやるからな。)


マヤのブラストベリー光線が、夜兎族を車両ごと消滅させた!

そして、近くにあった第七車両にも、少し衝撃波が飛んだ!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.266 )
日時: 2014/10/06 18:46
名前: エイジア

夜兎族が武装色を使った!?

エイジア「やっぱりなんかあるね。あの世界にいかせない理由。作者さんを知っている理由。そして武装食を使える理由を聞かないとね。」

ララ「いちよう、夜兎族の一人を生け捕りしましたが、聞き終わったらどうするんですか?」

エイジア「本人の本当のことをきく。」

ララ「!?どうしてですか?倒さないんですか?」

エイジア「確かにあの人たちは、人を殺した。だけど、本当は、人を殺すことを望んでいなかったら。その事を私は、知りたい。」

ララ「・・・・・・・エイジアさんは、優しいですね。」

エイジア「てゆうか、ララの人の思考を読む力で読めない?」

ララ「それが、無理なんです。あの人達が言う言葉は、ノイズで聞き取れません。」

エイジア「それじゃあ仕方ないね。今は、戦うよ!」


コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.267 )
日時: 2016/01/05 17:48
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません、ココのスレッドは私の修正ミスのせいで空白になってます、ココのスレッドには後に前のスレッドと後のスレッドの空白を埋める予定なので少々お待ちください!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.268 )
日時: 2014/10/06 21:52
名前: エイジア

そうですか。
思ったことをいってみたので気にしないで下さい。
後、生け捕りしてた夜兎族は、ララが始末してください。

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.269 )
日時: 2016/01/05 17:46
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません、今日は遅れました。コメント感謝です!!

竜さん
追加魔法ですね!!分かりました!!後詩音は倒したら行かせます!!
ジャガーさん
第一戦線第八戦線ありがとうございました。では妹紅残して残りは全員操縦席に向かったことにします!!後妹紅と夜兎族の戦いも書いてください!!
IRさん
大丈夫ですよ!!後に治ります!!
エイジアさん
どうしよう・・・別に操られている訳じゃないんですけど・・・

では本編です!!どうぞ!!


第七戦線の状況続き・・・
子音「武装色・・・それをどうして貴方たちが!?」

マリオ「おい武装色ってなんだ?」

子音「体の周囲に見えない鎧のような力を作り出す。より固い「鎧は防御だけではなく、攻撃にも転用できる。この力を武器に纏わせ、威力を上げることも可能。武装色により硬化させたものは、黒く変色する、それは普通攻撃できない炎や霊や雷にも攻撃して破壊出来る・・・でもそれは力を習得するのは容易ではなく、基本的には長期の鍛錬により力を引き出す必要があるのに・・・しかも銀魂の世界なら存在すら知らないはずなのに何故!?」

夜兎族7「知る必要はねぇ・・・何故ならお前が死ぬからだ!!」

ドゴォォォォン!!

子音「きゃ!!」

マリオ「ええっ!?何だこの爆破音と衝撃波は!?」

子音「って後ろの列車が消えてる!?」

夜兎族7「よそ見すんじゃねぇ!!」

ババババババァン!!

マリオ「うおっ!!」

子音「危ない!!あの夜兎族!!マシンガンに武装色を付けてる!!」

マリオ「そんなことできんのか!?」

子音「そうなんです・・・こうなったら・・・本気でいきます!!悪魔の液体!!」

夜兎族7「す、姿が消えただと!?」

子音「そして・・・布の魔術!!」

夜兎族7「なっ1?」

ヒュン!!(消えた)

マリオ「どこに飛ばしたんだ?」

子音「さっきのマグマの海の上にです♪」

夜兎族7「あち!!あちちちち!!グオァ!!」

ジュジュッ・・・

子音によって夜兎族7撃破

子音「片付けました!!」

マリオ「最初からそれでよかったんじゃね?」

子音「はじけた戦いになりませんから」

マリオ「それだけかよ!?」

子音「それに、この布の魔術は一日に一回しか使えないので・・・(by坂神より、すみません!!こちらで勝手に制限付けました!!)」

マリオ「そうか・・・ところでこれからどうする?」

子音「私はこれから竜さんと同じく銀さん達の援護に向かいます!!」

マリオ「分かった!!俺はメイドウィン達が向かっている操縦席に向かう!!」

子音「では一旦さらばです!!黒箱の魔術!!」

シュン!!

マリオ「アイツ魔術師か?・・・取り敢えず俺も行くか!!」

第六戦線の状況・・・

ジョナサン「ズームパンチっ!!」

夜兎族8「オオッ!!」

夜兎族の武装色パンチとジョナサンのズームパンチが激突!!

ジョナサン「つ、強い!!これが夜兎族の力!!」

夜兎族8「貴様みたいな軟弱ものが!!俺を倒せると思ってんのか!?」

ジョナサン「き、貴様ーッ!!その言い方は許さん!!」

ジョナサン「緋色の波紋疾走!!」

ジョナサンは自らの手袋を燃やした!!

夜兎族8「ばかめ!!お前の攻撃なんてそんな意味はな」

ジョナサン「くらえーっ!!燃焼波紋疾走連打!!」

夜兎族8「な、なんだとーっ!?」

ガキン!!(防いだ)

ジョナサン「だが防いでも火は燃えさかっていく!!オオオオォォ!!」

連打をしているうちに火が燃え盛り大きな火となり・・・夜兎族が耐え切れずに防ぐ手を離した!!

ジョナサン「この大きな火を波紋とともにぶつけるっ!!」

夜兎族8「グ、グアアアアア!!」

そのまま波紋でひび割れながら燃えちっていった・・・

ジョナサンにより夜兎族8撃破

ジョナサン「やったぞ!!」

という訳で、すみませんがこれから約三週間は多分長い小説は書けません。
理由は前にもそろそろやはり試験も近ずいてきてるんで・・・
後私もジャガーさんと同じく参照2000突破しました!!嬉しいです!!
これからもよろしくお願いします!!

追記

あ、すみません、また予定変わりました。
親と交渉した結果休みの日(祝日と日曜日)と16日と17日に小説を書く許可を貰いました!!
しばらく書くペースが遅くなります!!
でも試験勉強しながらも執筆していくので頑張っていきたいです!!
そして皆さん次の12日を楽しみにしてください!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.272 )
日時: 2014/10/09 22:17
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

妹紅『これが私のステータスだ。』

名前 藤原妹紅(ふじわらの もこう)

作品 東方project

設定 メイドウィンの相棒、札で呼び出される、炎を操ったり、【老いる事も死ぬ事も無い程度の能力】を持つ、つまりメイドウィン同様、不老不死。
そもそも不老不死とは、薬によって変貌する元人間種族【蓬莱人】にある能力であり、メイドウィン、妹紅を含み蓬莱人は知るなかでたったの四人しか居ない。
因みにメイドウィンと付き合ってはいない、そもそもメイドウィンは、違う人と結婚済みである。

性格 真面目、土方のように味覚が変でもなく、近藤のように変態でもなく、めだかのように痴女でもない、完全なツッコミ役、が、異世界育ちなだけに、機械の事をあまり知らず、少しずれた所も、

容姿
蓬莱人特有の白髪、赤いモンペズボン白い服、リボンも付けている。

サンプルボイス
『私は、藤原妹紅、蓬莱人だ!』
『お前は、死ぬ事が怖いか?お前は、老いる事が怖いか?』
『なぁ、メイドウィン・・老いる事も死ぬ事も無いって、案外辛い物だな・・』
メイドウィン『・・ああ、そうだな、妹紅。』


主に炎を操る。
その姿は、死なない事もあり【不死鳥】と呼ばれる。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.273 )
日時: 2014/10/09 22:38
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ジョナサンが夜兎族に勝った時、


妹紅も夜兎族になんとか勝利していた。


妹紅『・・くっ。』
メイドウィン『妹紅、大丈夫か?』
妹紅『ああ、何回か死んだが、なんとかな。』

ライゴ『メイドウィン!』
メイドウィン『お前ら・・』

松山『おい、メイドウィン、話は後だ、操縦室へ行くぞ!』
メイドウィン『・・おお。』






マヤ『ねぇ、教えてメイドウィン、妹紅って何者?』
メイドウィン『妹紅は、俺と同じ蓬莱人だよ。』

マヤ『だーかーら!そもそも蓬莱人って何さ!』
メイドウィン『・・・』




メイドウィン『お前ら、かぐや姫は・・知ってるな?』

松山『ああ、知ってるが・・それが?』

メイドウィン『かぐや姫には、求婚してきた貴族が居るだろ?』
松山『ああ、藤原家も・・まさか!!!!!おい!』





メイドウィン『ああ、奴はその貴族の一人娘なんだよ。』

妹紅『私は、父さんに恥を欠かせた、あいつが許せなかった。』


メイドウィン『最後に姫は、薬を渡すだろ?』
ライゴ『それがどうしたんだよ?』
メイドウィン『それが一番重要だ。』



メイドウィン『その薬は、蓬莱の薬、人を蓬莱人に変える、月にしかない薬。』
妹紅『私は、奴が月へ帰った後、あの将軍を殺し、薬をてに入れ、飲んだ。』



妹紅『私は、それから500の年月を待ち・・ようやく、あいつが・・輝夜が現れたんだ。』
ライゴ『輝夜?』

メイドウィン『蓬莱山輝夜、お前らの知るかぐや姫さ。』


メイドウィン『そして、話は飛び、俺は、竹林で奴と出会った。』


メイドウィン『なんやかんやあって、アイツは俺の相棒になったのさ。』
松山『おい、そのなんやかんやも重要だろーが。』

メイドウィン『お前らにはまだ速い、時期が来たら話すよ。』

マヤ『・・で、さぁ、妹紅。』
妹紅『ん?』



マヤ『妹紅とメイドウィンって、付き合ってるの?』



妹紅『・・ハァ?何を言ってるんだ。』
メイドウィン『馬鹿な事言ってないで、他の奴等を待つぞ。』
マヤ『はーい。』

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.274 )
日時: 2014/10/10 16:52
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

十六夜「なんか楽しそうな、ことをしてんな、おい!」

実際は大変だよ。

十六夜「だったら、俺もいくぞ。ララもいるからな。」

その前に作者さんに教えたら?

十六夜「それもそうだな。これが俺のプロフィールだ!」

名前逆廻十六夜(さかまきいざよい)

性別男性

性格常識どころか常識以上の力を持っている。不良グループから恐怖の象徴とされている問題児。
一見、乱暴そうだか、明瞭(漢字違うかも)の頭脳を持っている。
ララの彼氏

容姿学ランにヘッドホンをしている。金髪。

登場作品『異世界から問題児が来るようですよ?』←知らなかったらいいです。

能力
恩師(ギフト)『正体不明(コード・アンノウ)』
海を割り、大地を砕く以外一切不明。
簡単に言えば能力を無効果する。

サンプルボイス
「俺は、逆廻十六夜だ!」
「ララに手お出したらどうなるかわかつているな?」
「しゃらくせえ!」

十六夜「今いくぞ!ララ!!」


ララ「今、十六夜の声がした。」

エイジア「よかったね、ララ。十六夜は、ララの彼氏だもんね。」

ララ「そ!それを言わないでください!!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.275 )
日時: 2014/10/10 17:44
名前: エイジア

すいません。少し修正します。

登場作品『問題児たちが異世界に来るようですよ?』

能力
恩師(ギフト)『正体不明(コード・アンノウ)』
海を割り、大地を砕く強大の力以外一切不明
簡単に言えば、能力を無効果する。

後、年齢は17歳です。

ララは、十六夜を信用してるため、普通にしゃべる。
ララと十六夜は、両思いである。←字が違うかな?

本当にすいませんでした。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。