二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1016 )
日時: 2016/02/12 17:59
名前: エイジア

お久しぶりです!エイジアです!

エイジア「どうして更新忘れていたんだろう・・・・・」

十六夜「まあ、間あけすぎだな」

ララ「ところで次は桃狩りですね」

エイジア「あーそれなんだけどさ。私桃いらないから」

十六夜「何でだ?」

エイジア「私好き嫌いが激しくて、果実もリンゴと梨とみかん、オレンジ意外食べたことないんだよね。後、甘い物もチョコとアイス以外無理。魚介類と貝とかウニも嫌い」

レイヴン「自覚はあるんだな・・・・てか、多すぎだろう!!!」

十六夜「じゃあキャラメルとイチゴ牛乳は?」

エイジア「甘すぎて無理」

ララ「即答ですか・・・・でも、少しは克服しましょうよ」

エイジア「うん、そうだね・・・」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1017 )
日時: 2016/02/12 20:55
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも、晴哉です!!

毎回感想を送って下さると言うのにこちらからはなかなか来れず本当に申し訳ありません……;;


晴哉「……そろそろ那覇空港だな。大丈夫か?迅?」
迅「ええ。マスターこそ無事で?」
晴哉「リアルに野球やら駅伝やらで飛行機に乗ったことはあるからな。コレくらいは慣れてるさ」


※新設定宜しいでしょうか? 迅は全員にさんづけ口調と書きましたが、晴哉だけは『マスター』と呼ぶようにしてほしいのですが; 本当にスミマセン……


迅「……俺って、本編ではまだろくに登場してない筈なのに、どうしてソコまで考えを練り出せるんですか?」

晴哉「お前の元ネタが俺自身だったからだよ」

迅「………………え?」
晴哉「お前の存在はな? 俺がカキコで小説を書き始めるよりずっと前からいたんだ。ただ、その時は只の机上の空論でしかなくて、まさか実際に小説に出すとまでは思ってなかったけどなw」

迅「……俺が、晴哉さんの、分身? けど、晴哉さんは実際に今、ココに分身を送り込んでるのでは?」
晴哉「その分身から更に生まれたのがお前なんだよ、迅。ついでに言うと、お前と一緒に来た他のオリキャラ5人も、元ネタは全て俺の親しい友人だぜ?(一分改変はしてるけど)」
迅「……なるほど。どおりで最初、マスターに似てる、と皆に言われた訳ですか」

晴哉「全く同じにすると逆に今度はつまらなくなるから、ちょっとばかり性格は弄ってるし安心しろ☆ 例えば…… 好き嫌いとかな」
迅「……? 例えば?」
晴哉「迅、お前の苦手な食べ物ってなんだ?」
迅「えっ!? まぁ…… 沢庵や酢の物系、ですかね? 酸味が苦手です;」
晴哉「俺が一番苦手なのはな? 実は桃なんだよな……; あとイチゴも; あっ、生クリームも無理;;」
迅「甘いものが苦手なんですか?」
晴哉「まぁそうかな? けどリンゴやミカンは普通に食えるし、何故か和菓子も『油まんじゅう』だけは食える」
迅「ファッ!!??」



……桃狩りは参加しますが実際に食べる事は晴哉はないと思います; 迅に食べさせてあげてください; 


ココまで書いてはしまったのですが、登場期待して…… 宜しいのでしょうか? 先ずは今後とも宜しくお願い致します!

ソレでは今回はこの辺で!!




P.S.料理対決のオシオキに、新たに坂神さん(withイザナミ)、サスケが参加したい、という事で宜しいでしょうか? 現在一応、その予定で書き連ねています。ただ、最初から最後までカオスに満ち溢れることになりそうですwww

迅「晴哉さん、後で俺にもその光景プリーズ!」(目を輝かせる)

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1018 )
日時: 2016/02/12 23:14
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

更新遅くてすみません、成る程、エイジアさんって甘ったるいの苦手なのですね、分かりました!!

晴哉さん

晴哉さんも桃苦手なのですか・・・ちょっとショックです、お仕置きはそれでOKです

では本編です!!どうぞ!!

両崎「待たせたな!!」

両崎が新メンバーを連れて皆の前に集合!!

坂神「では、新メンバーの皆さん、自己紹介お願いします!!」

果たして・・・今回現れた新参戦キャラは!?

??「では我が輩から・・・」















































光彦「我が輩の名は源光彦!!よろしく頼む!!」

磯兵衛「源来ていたので候!?」

光彦「まぁな、それよりずるいではないか磯部氏、我が輩に知らせずに旅に出かけるとは!!」

中島「驚いたよ・・・ま、これから楽しんでいこう!!」

剣心「源・・・もしかして主の先祖って源氏でござるか?」

光彦「如何にも!!」

剣心「なに源氏?清和源氏?堂上源氏?宇田源氏?」

光彦「むろん清和源氏だ(by坂神、実際は違うかもしれません)」

剣心「成る程・・・」

命「皆こんにちはって感じ?あたしは相ト命、ま、よろしく!!」

めだか「ガングロギャルの極みだな」

斉木「・・・一ついいか?何でお前がここにいるんだ?」

命「言わなくても分かるでしょ?」

斉木(こいつの場合は心を読まなくても分かる、恐らく予知能力を使って僕がいる場所を前もって察知したに違いない・・・だがこいつのストーカーっぷりはヒドいな本当)

鳥束「これで超能力者3人がそろったッスね!!」

イナホ「ケイタ君久しぶり!!わたしは美空イナホ!!よろしくね!!(両腕をウルトラマンのスペシウム光線みたいに交差)」

ケイタ「まさかここで会えるなんて!!」

当麻「彼女?」

ケイタ「そうじゃなくて!!俺と同じ妖怪ウオッチの所持者ですよ!!」

サトシ「本当だ!!アイリスがケイタと似ている物持ってる!!」

美空イナホ「可愛いでしょ?後ちょっと待って、私の名前はイナホ、アイリスじゃないよ!!」

サトシ「ご、ごめん!!似ているから勘違いしちゃった!!」

イナホ「?」

イナホ→中の人→アイリス

USAぴょん「ミーはUSAぴょんだニー!!よろしくー!!」

ジバニャン「本当久しぶりだニャン!!」

ミモザ「あ、アスタさん久しぶりです、私はミモザ・ヴァーミリオンと申します、以後よろしくお願いします・・・」

クラウス「ユノがお世話になったな、私はクラウス・リュネットだ!!以後よろしくな!!」

ユノ「アンタ等が来るとは思ってなかったな」

ノエル「本当ね」

アスタ「久しぶりだな!!これから楽しんでいこうぜ!!」

ミモザ「は、はい・・・(赤面)」

楽(すげぇウブな子だな・・・)

そして・・・新たなアニメ新参戦枠は・・・

レン「皆こんにちは!!俺はレン!!今回はよろしくな!!」

オラゴン「おら様はモンスター界のプリンス!!オラゴンであーる!!」

あの大人気ゲームアプリから登場、モンスターストライク!!

サトシ「すげぇ小さいドラゴンだ!!」

ピカチュウ「ぴっ、ピカチュウ!!」

レン「黄色いネズミだな・・・って・・・何かモンスターが実体化してる!?」

ドラえもん「僕はモンスターじゃないよ?ロボットだよ?」

(実は過去にドラえもんとのび太はモンストのゲームにモンスターとして出たことがある)

葵「皆、こんにちは、私は水澤葵、今日からよろしく!!」

ナルト「何か気が強そうだってばよ!!」

サクラ「私と同じタイプかしら?」

??「その通りだってばよ!!」

サスケ「ちょっと待て、今ナルト喋ってないだろ、女の声だ!!」

銀時「しかも結構可愛い声!!」

ナルト「誰が真似したんだってばよ!?」

皆実「おぱりお♪私は若葉皆実、皆と仲良く出来たらいいな!!よろしくね!!」

猿悟巻「おぱりお!!可愛いぜ!!」

ナルト「お前何で俺の語尾を真似したんだ?」

皆実「そりゃあよく知っているからに決まってるってばよ」

銀時「何で知ってるんだ?」

皆実「私の家の近くに本屋があるからに決まってんだろコノヤロー」

ルフィ「もしかして漫画好きかお前?」

皆実「その通りだよ!!ししし!!」

本城「本当色々知ってるんですね」

皆実「うん!!」

ころせんせー「それに結構いい体してますね。皆実さんって、何歳ですか?」

今皆実は普段着ている厚着を脱いでいる、だって沖縄は暑いんだもの

レン「俺達全員中学生だぞ」

ころせんせー「成る程、要はロリ巨乳ですか。しかも私の生徒達と同級生とは、縁を感じますね」

明「・・・俺は影月明、よろしく」

神楽「インテリ感ハンパねぇ!!新八と大違いアル!!」

新八「神楽ちゃん、泣いていいかな?」

ルキア「どちらかというと石田に似ているな」

一護「そうだな」

サトシ「そう言えばこの竜って何の役割してるんだ?ペット?」

レン「いや、モンスターストライクというゲームから出てきたモンスターなんだ、今は大事な指名があるらしいから俺の家に住んでる」

サトシ「モンスターストライク?」

レン「大人気のスマホゲームでな、結構おもしろいぜ、やってみる?」

坂神「あ、皆さんに言うの忘れてました!!実は暇な人の為にモンスターストライクをある程度進めといたスマホを10個用意しといたんです!!進めたのは猿悟巻です」

猿悟巻「感謝するんだぜ!!」

全員「マジで!?」

坂神「はい!!やりたい人いますか?」

手を挙げたのは

沖田、坂本、サトシ、セレナ、めだか、ルフィ、サスケ、ナルト、銀時

坂神「とりあえず九人で良いですね、ではどうぞ!!」

サクラ「サスケ君やるの?」

サスケ「ちょっと興味がある、ま、基本影分身にさせるけどな」

ナルト「俺もだってばよ!!」

銀時「あ、悪いけどナルト、俺に影分身のやり方教えてくれない?俺も影分身にさせたいから」

残り一人、作者のかたでやってみたい人は言ってください!!

・・・このモンストをやっている人たちは・・・後に・・・













































重要な役割を持つのだがそれはまた後の話

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1019 )
日時: 2016/02/12 23:17
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そして・・・作者達登場!!

晴哉「どうも!晴哉です!皆さん、これからよろしくお願いします!!」

坂神「料理対決の時は迷惑かけてすみませんでした、その分楽しんでいってください!!(笑顔)」

晴哉「は、はい!!(ちょっと顔赤い)」

剣心(・・・なんか晴哉の顔が少し顔が赤く見えたのは気のせいでござるか?)

終ヶ炎「皆さん、初めまして。終ヶ炎迅ですよろしく」

悟空「よろしくなぁ!!後一つ質問良いか?」

終ヶ炎「何です?」

悟空「オメェ恋人いるか?」

終ヶ炎「ええ!?な、何で聞くんですか!?」

悟空「オメェ結構男前な顔してっからモテてるんじゃねぇかと思ってな?どうだ?」

晴哉「いr」

終ヶ炎「言わないでくださいっ!!(赤面)」

雄也「私は雄也です、以後よろしく!!」

ユウナ「空間を創造する別理者。名を伊那谷ユウナーーー軽蔑差別でもして、伊那さんと呼ぶといいさ」

銀時「・・・痛いなお前」

ユウナ「え?」

銀時「・・・お前その年齢で中二病こじらしてんの?まるで新はt」

ゴンッ!!←拳骨

銀時「」←気絶なう

新八「誰が中二病だコノヤロー!!」

ユウナ「・・・私は本当に空間を創造しているのさ、後そういえばめだかに聞きたいことがあるんだけど」

めだか「何だ?」

ユウナ「安心院元気にしてる?」

めだか「知り合いなのか?」

ユウナ「まぁね、ちょっとした腐れ縁かな」

めだか「あの女が変わるとでも?全くブレたことがない、本当恐ろしい女だよ」

銀時「安心院って?」

めだか「いずれ話すさ」

セイロン「我が名はセイロン。シルターンが誇る龍神イスルギ様が高祖の龍人族…その次期族長なのだよ。とはいえ、そう畏まらずともよい。苦しゅうないぞ、近う寄れ」

坂本「アイロン?こんな人型のアイロンみたことがないぜよ」

セイロン「セイロンではない、アイロンだ」

坂本「どんな服が縫えるんじゃこれは?」

セイロン「そろそろキレるぞ?我はs」

坂本「わしが喋った声と同じ声でそのまましゃべるアイロンなんてまっことおもしろいぜよ!!買った!!何円z」

ゴツゥン!!

坂本「イテェ!!」

陸奥「全く、この馬鹿と似ているとは主も難儀ぜよ、わしは陸奥、海援隊副隊長じゃ」

銀魂勢「・・・ええええええええええ!?」

銀時「ちょっと待てェ!!何でお前がここにいるんだよ!?」

陸奥「わしも坂本の代わりにやってた長い商売が終わってな、たまには休もうと思って参加させてもらうことにしたんじゃ」

坂本「ちっ、めんどくさい奴が来たぜよ(おお陸奥!!来てくれたか!!また楽しくなりそうぜよ!!)」

ゴツゥン!!

坂本「」←気絶

陸奥「心の声と話している言葉が逆じゃたわけが」

リト「・・・あれ?この声って・・俺!?」

ララ「そういえば似てるね!!」

セイロン→中の人→坂本→中の人→浦原

陸奥→中の人→リト

セイロン(・・・会話に参加出来る機会がなかった・・・)

ユウナ(ドンマイ)

ポムニット「わたくし、プロンクス家に仕えるしがないメイドのポムニットと申します」

新八「萌ええええええええええ!!」

黒子「新八君、今のリアクション朝比奈さんが来た時とだだ被りなんですけど」

新八「だってこの人朝比奈さんにそっくりなんです!!」

ポムニット「そ、そうですかぁ?」

みくる「あ・・・本当ですね・・・よろしくお願いします」

ポムニット→中の人→みくる

葉月「葉月です、よろしくお願いします」

坂神「よろしくお願いしますね!!」

土方「意外と礼儀良さそうだな」

銀時「見た目に反してな」

葉月「ウッヒョォォォォォォ!!加藤清正と伊達政宗の夢の競演来たー!!(超笑顔)」

銀時、土方「前言撤回!!全然礼儀正しくなかった!!ていうか俺清正(政宗)じゃねぇし!?」

銀時→中の人→加藤清正(戦国無双)

土方→中の人→伊達政宗(戦国BASARA)

カイリ「俺はカイリ、以後よろしく!!」

アヴィ「アヴィだ、よろしくな」

マサラ・マサト「マサト、僕の名前はマサラ・マサトだ」

サトシ「マサラタウンのマサト?」

マサト「違う、マサラ・マサトだ」

サトシ「マサラタウンのマサト?」

マサト「違う、マサラ・マサトだ」

サトシ「マサラタウンのマサト?」

マサト「違う、マサラ・マサトだ」

サトシ「マサラタウンのマサト?」

マサラ・マサト「違う、マサラ・マサトだ」

サトシ「マサラタウンn」

どかっ!!

マヤ「もう良いわ!!」

サトシ「」←気絶なう

リオン「我が名はリオン、260万歳の誇り高き悪魔だ、恐れ敬え。」

男鹿「ああ?悪魔だから何だ?この赤ん坊は魔界を制する魔王の息子だ、恐れ敬え、土下座して地面舐めた後ワンと吠えろ!!」

リオン「だれがするかぁ!!」

男鹿「んだとぉ!?」

メイドウィン、ヒルダ「喧嘩やめろバカ!!」

二人「誰が馬鹿だぁ!!」

??「君は俺のことを知ってるかい?」

めだか「全く知らんが?」

ボン「いやいやいや、オレ知らないとかおかしいでしょ?オレはファッキンハンサムなアーティスト放崎ボン!あ、くそカッコいいって意味ね!」

めだか「そうか、では一つ言っておこう、私はナルシストはイケメンだろうと嫌いだとな!!」

ボン「OTL」

松山(めだか、お前も悪気はないだろうけどナルシストだぞ?)

秦こころ「私の名前は秦こころ」

銀時「・・・本城、アイツの顔見てみ?」

本城「?」

銀時「アイツが闇を払われる前のお前の顔だ、どう思う?」

本城「・・・ちょっと怖いですね」

銀時「だろ?」

こころ「うるさい」←怒の仮面

銀時「それで怒っていること表してんの!?」

こころ「私は常にこの状態よ、そのことを文句言うな」

銀時「まあ確かにそうだな(正直変わって欲しいけどな)」

マフジー「ユーフを連れてきた!!」

坂神?「わ、私はユーフですぅ!!以後よろしくお願いします!!」

坂神「いや何私の声真似してるんですかっ!!」

綱吉「ていうか男のアンタが女の人の声真似するとキモいです!!」

ユーフ「てへぺろ☆ま、それはともかく、俺はユーフ、以後よろしくだぜぇ!!」

こうして・・・皆が挨拶を終えた後・・・

坂神「皆さんが挨拶終わりましたね・・・では!!福岡行きの飛行機に乗りましょう!!」

皆は・・・福岡行きの飛行機に乗った!!

飛行機内部にて・・・

銀時「席は変わんないんだな」

坂神「はい、これ以降変わるつもりないので!!」

めだか「それより見てくれ、初心者限定☆六ガチャというものがあるぞ?」

銀時「あ、俺のもある」

坂神「はい!!すでに皆さんのモンストに組み込んであります!!必ず強いモンスターが70レベルで絶対でるという良いものです!!因みに私はシリウスを引きました」

ナルト「面白そうだな!!いっちょ引いてみるってばよ!!」

サトシ(ナルトの隣の席)「何が出るか楽しみだな!!」

セレナ(サトシの隣の席)「うん!!」

皆実(ナルトの前の席)「あ、因みにそれで強いか強くないかは攻略サイトでみれるよ」

ルフィ(皆実の前)「どんな奴が来るかな〜」

レン(ルフィの横)「ただしそれ一回しか回せないからな」

サスケ(レンの横)「要はチャンスは一回だけか」

サクラ(サスケの前)「面白いじゃない、一種の博打ね!!」

ヒナタ(ナルトの後ろの席)「良いの当たるといいね」

日向(ヒナタの隣の席)「弱いの当たったら切ないだろうな」

十六夜(日向の隣の席)「でもそれは仕方ないだろ」

坂本「これは自らの運を試すには良い機会ぜよ!!」

沖田(坂本の後ろの席)「その通りですねぇ」

IR(沖田の横)「俺もやってみようかな、それ」

銀時「じゃ、してみますかっ!!」

皆・・・ガチャを引いた!!






































銀時「おっ!!何か強そうなの来た!!しかも剣士みたいでかっけえ!!」

めだか「この体、この強さ、このアビリティ・・・私にふさわしいものだ!!」

沖田「・・・まさか将軍様が出るとは思ってなかった」

坂本「はっはっはっ!!偶然とは恐ろしいもんぜよ!!」

サトシ「かっけぇおっさんじゃねぇか!!セレナは!?」

セレナ「あ、結構可愛いの来たよ」

皆実「どれどれ・・・あ、偶然かな?その二体同士夫婦だよ!!」

セレナ「え!?(顔真っ赤)」

サトシ「こういう偶然って起きるんだな!!」

セレナ(・・・かなり嬉しいよ・・・)

皆実(何でセレナの顔真っ赤に・・・あ、そういうことだね!!)

ルフィ「何だコイツ!?ロビンにソックリじゃねぇか!!」

サスケ「・・・俺にふさわしい物が出たな」

ナルト「サスケ!!見てくれ!!お前と同じ名前のモンスター手に入れたってばよ!!」

皆が引き当てた奴・・・当ててみてください!!予想した人の中で一番多く当たった人にはキャラ参加をもう一人許可します!!

・・・というわけでいったん区切ります、コメント欲しいのです・・・(泣)

あ、後スレッドは松本編が終わったら別の新スレッドを立てようと思ってますので安心してください!!

次回は飛行機の中の様子、そして松本めぐりです!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1020 )
日時: 2016/02/13 00:06
名前: 伊那谷ユウナ

アwイwwロwンwwwwまさかセイロンがアイロンwww龍なのにwww

セイロン「…………心外かつ業腹だ」

ユーイン「諦めなさい」

伊那谷「ちゅ、厨二じゃないもんっ、ただイタいだけだもんっ!つーか空間とか別理者はマジだから!別理者に死はないけど伊那さんがお前らの定義での死を一回でもすれば全次元のありとあらゆる空間が崩壊するんだからな!?分かる?分からなかったらクリエイティヴ・ワールドの別理者についてを読みなさい!!」

ポムニット「うわぁ…なんかもう、例によってグダグダです…」

時和「全くだな…」


ちなみにウチのspiralのヒロインというか主役級オリキャラであるユーインのイメージCVが陸奥やリトと同じなんすよ…そこも個人的にツボに入りましてね…wぶっちゃけ言うと坂本と陸奥は今後ウチで出す予定はあるっちゃあるのであちらもお楽しみに。
ポム子は普段、自分の正体が半魔だという事を隠しているので初見では分からないと思います。それに今回は伊那谷がセイロンとポムニットにリミッターかけてるので尚更ポムニットの正体が分からないし、伊那谷が許可を出さないとポムニットさんは半魔として覚醒出来ません。という設定でも追加してもいいですかね?まあ半魔覚醒しなくても帽子で隠した角は最初からありますがね。あれ、よく考えたらセイロンとポムニットは角があるコンビじゃね?
あとポム子はぶっちゃけさらりととんでもねえ事言う悪魔(生まれとかじゃなくて性格的な意味でも)なんでどうぞ色々とやっちゃって下さいまし。つーか家政婦は見た的な感じで恋愛ゴシップには敏感ですからね彼女…多分サトシセレナあたりとか危険じゃね?と思いながらニヤニヤしておきます、ええ。可愛いショタとロリ以外は止める事はないからね私は(えっ)

あとモンストの知識皆無なんで…今回は予想不参加で。すみません

最後に。サモンナイトspiralに銀花を参加させてくれてありがとうございます!出番はまだまだ先になりますが…その分、活躍させる事が出来たらなと思ってます。ではでは!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1021 )
日時: 2016/02/13 07:34
名前: 晴哉 ◆ZbGp1lVNU6

どうも!晴哉です!! 今後そちらの世界でしばらく暴れまわらせて頂きます(ネタ的な意味で)! 宜しくお願い致しますね!!



新キャラ枠は作者勢以外だと、磯兵衛・斉木・妖怪ウォッチ・モンストからなどの様ですね! コレは随分と面白いことになってきました!!

ってユーフが来ちゃったwwwww 坂神さん、マフジーさん主催の人狼に参加したことあるから、恐らくユーフの壊れっぷりは知ってるんだろうな……(遠目)





モンストは知ってますよ!! 俺が初めてスマホを持ったときからずっとやり続けてきてますから!!(だからこそ晴哉はオシオキにイザナミが組み込まれても全く問題なかった) そういう点でも、私はモンストやりたいです! 参加表明しますよ!!

私は初心者限定ガチャでウォッカ神化が来ましたね。しかし現在好んで使っているのは、
・ミカエル(最初に引いたキャラ)
・機光院チヨ/MDT マッドイノベーター(序盤で引いた)
・坂本龍馬(序盤d)
・アリス(わりと最近)
・ストライク(獣神化に苦労)
などですかね!! 初めてそろそろ一年、こんなに手持ちが荒ぶるとはwww

と思ったら坂神さんシリウス引いてたんですか!? いいなぁ…(・ω・`)  シリウスが居ればムラサメが手に入りやすいんですよ! 是非今度挑戦してみてください!(もう持ってるかもですが)






……で、9人が引いたキャラ予想でしたね!

銀さん:剣士で格好いい…? 候補としては『スサノオ』か『アトス』かな?

めだか:絶対強いの引いたなコレ、うん、間違いなく。アビリティ、見た目… 多分『ストライク』か『アーサー』っぽいんですよね。

沖田:徳川慶喜?イヤ、彼女は降臨キャラだからソレは無いはずだけど… ……あっ、ガチャ限の徳川1人だけいたな。『徳川家康』で!!

坂本: ご 本 人 登 場      絶対『坂本龍馬』だろコレwwwww

サトセレ:坂本が龍馬引いたから、龍馬×おりょうではない?(ソレにおりょうってソコまで可愛くn) なら誰が……?    ……あっ、もしかして『ゼウス』&『ヘラ』!?

ルフィ:ロビンにそっくり? モンストにそんな奴いたか!? ……取り敢えず候補として『ルシファー』

サスケ:めだかちゃん並、イヤソレ以上に分からん!! 何だコレ!? ……取り敢えず『服部半蔵』か『オセロー』か『源義経』に絞っておきます。

ナルト:『猿飛佐助』ですねワカリマス。



もしキャラを選べる様でしたら、めだかちゃんがストライクじゃない限りは『ストライク』、めだかちゃんがストライクなら『アリス』でお願いしたい…… ですね!



ソレでは今回はこの辺で!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1022 )
日時: 2016/02/13 11:20
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

エイジア「ア、コレオワタ」

レイヴン「どうしたんだ?片言だぞ」

エイジア「正直これ自信ない。モンストの知識ないし。あ、でも好きなキャラはあるよ」

レイヴン「なんだ」

エイジア「ロミオとアーサー」

レイヴン「ああ、それなら納得」

エイジア「ところで呼びたい人はいるけどマジで自信無いから諦めるよ」

レイヴン「ちなみに誰を呼ぶつもりだったんだ?」

エイジア「最初はオドロキ君を呼ぼうとしたけど、戦闘的に危ないから、感情が聴こえるココネちゃんを呼ぼうとしたんだよ。」

レイヴン「なんとなくわかるやつは無いのか?」

エイジア「うーん。銀さんはアーサーとかスサノオだと思う。めだかさんはわからない。サトシとセレナは多分ゼウスとヘラだと思う。沖田は、将軍様って言ってるから、徳川家康かな?坂本は多分坂本龍馬だと思う。他はわからない」

レイヴン「・・・・確かに諦めるしかないな」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1023 )
日時: 2016/02/21 20:50
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

伊那ユウナさん

セイロンは不憫でしたね!!(キリッ!!)
設定は受け付けました!!

晴哉さん

これから晴哉さんたちも活躍していきますよっ!!お楽しみに!!後クイズの答えは受け付けました!!

エイジアさん

モンストの知識がないと難しいかもしれませんね・・・クイズの答えは受け付けました!!

そして、クイズの結果発表です!!

晴哉さん

銀時、スサノオ
めだか、アーサー、ストライク
坂本、坂本辰馬
沖田、徳川家康
サスケ、服部半蔵、オセロー
ナルト、猿飛佐助
サトシ、ゼウス
セレナ、ヘラ
ルフィ、ルシファー

エイジアさん

銀時、アーサー
沖田、徳川家康
坂本、坂本辰馬
サトシ、ゼウス
セレナ、セレナ

では・・・正解発表です!!












































銀時、アーサー(神化)
めだか、コルセア(神化)
坂本、坂本辰馬(神化)
沖田、徳川家康(進化)
サスケ、スサノオ(獣神化)
ナルト、猿飛佐助(進化)
サトシ、ゼウス(光神化)
セレナ、ヘラ(神化)
ルフィ、テキーラ(進化)

でした!!

銀時「何か見た目的に強いだろうなって思ったんだよ、そうしたら実際に攻略サイト見たらチートすぎて俺運良すぎじゃね?ってガチで思ったわ」

めだか「このキャラの可愛さとナイスバディの所が私に実に似ているだろう?しかもスピードの速さ、アビリティの加速、さらに貫通化するSSも私の黒神ファントムに似合うだろう!!強さも申し分ないしな」

沖田「まさか将軍様が来るとは思ってなかったよ、でも意外とコイツ使えますねぇ、なんせスピードが速いからな」

坂本「一体どうしたら名前がほとんど一致する奇跡が起きるんだろうか、わしも理解できんぜよ、運命とは数奇なもんじゃなぁ」

サスケ「・・・俺といったら須佐能尾だろ・・・強さも申し分ない」

ナルト「サスケと同じ名前のキャラだったから嬉しかったけど攻略サイト見たら思ったより強くなかったってばよ・・・」

サトシ「カッコいいだろ!!しかも意外と強いしな!!セレナも良かったな、強いの得れて!!」

セレナ「うん(それより私はサトシと夫婦同士のキャラを当てたことの方が嬉しいな)」

ルフィ「スタイルと目と服装と髪の長さがスゲェ似てるだろ!!」

ロビン「確かにそうかもしれないけど・・・髪の毛の色全然違うわよ、わかりにくかったんじゃないかしら?」

銀時「因みにエイジア、お前も沖田とサトセレは兎も角俺のモンスターも当たってたぞ!!」

というわけで一番当たってた晴哉さん!!一人キャラいいですよ!!

では本編です!!どうぞ!!

飛行機内部にて・・・

銀時「不味いな、後体力少ししかねぇ!!でも金ハートにとどかねぇ!!」

めだか「こうなったら銀時!!私にぶつかって加速して金ハートとれ!!それなら何とかとれるはずだ!!」

銀時「分かった!!・・・よし!!」

めだか「何とか取れた・・・不味い!!ビーム攻撃がくるぞ!!」

銀時「耐えろ・・・よし!!ギリギリ耐えた!!決めろめだかちゃん!!」

めだか「ああ!!ストライクショットだ!!」

二人「・・・よしっ!!」

本城「何やっているんですか?」

銀時「今ルイ13世倒したところだ」

本城「いやよくこんな短時間で降臨倒せるまでになりましたね」

銀時「手に入れた奴が元々良かったし、オーブも20個内蔵されてたしケンチーとやらも大分内蔵されてたからな、あっという間に極になったんだよ二体とも、おまけにボックスに何体か強い奴ら入ってた・・・あ、ルイ十三世ドロップしたな」

めだか「猿悟巻は本当ゲーマーなんだな、ここまでゲームをやりこめるとは」

現在飛行機は・・・福岡空港で一旦皆降りた後長野空港に向かって出発して向かっているところだった。実は福岡で降りたとき・・・はたけカカシとミラジェーンと別れた、カカシは急遽火影の休暇が切れたためである(更に仕事も多くたまったため)ミラジェーン
はギルトに限定の依頼が来たからだ

ルフィ「ぎゃああああああああ!!ダメージウォールに連続でぶつかったぁ!!」

ナルト「だからお前は慎重にやれっていったんだってばよ!!ボスの体力僅かだったのにゲームオーバーになっちゃったじゃねぇかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

サスケ「コンテニューしろよ?お前のオーブでな」

ルフィ「分かってる!!」

ジョナサン「成る程、日本の和食には茶碗蒸し、寿司、そば、うどんなどがある・・・じゃあ日本の服は?」

めだか(スキルでコピーした影分身)「良いだろう、日本は約1000年前の朝廷では華やかな服を着ていた、例えば・・・」

出久「皆さんの能力から学べるものないかな、例えばナルトさんの螺旋丸はチャクラを使うものだけど僕達でも何かを代用に出せないか、他にも剣心さんの土流閃も剣以外の物でも出来る、更に・・・」←全部ノートに書きながらブツブツ言っている

磯兵衛(出久の隣の席)「」←爆睡なう

中島(磯兵衛の後ろ)「・・・轟君、こういうことってあるんだね・・・」

轟(出久の後ろ)「ああ・・・」

二人「例え似ているからって性格が180度正反対であることが」

出久→中の人→磯兵衛

ピカチュウ「ピカ、ピーカ!!(よろしくね!!)」

オラゴン「何言っているのか分からないのであーる」

ユナ「ユンユンユンユーン!!」

ジバニャン「一体何を言いたいニャン?」

USAピョン「ミーにも分からないだニー」

エイジア「動物たち可愛いね」

本城「こういうの見てると和みますよね」

ケイタ(エイジアの前)「ジバニャンとUSAピョンは妖怪だけどね」

イナホ(唯の前)「元動物のね!!」

コナン(ケイタとイナホの間)「本当可愛い!!(世の中には変わった生物が多いな・・・)」

銀時「めだかちゃん、一旦休もうぜ、目が疲れた」

めだか「そうだな」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1024 )
日時: 2016/02/21 20:52
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU



銀時「ふぅ・・・お、なんだこの竜は?」

ユナ「ユン?」

エイジア「私のペットです」

銀時「抱いてみて良いか?」

エイジア「はい!!」

銀時「結構可愛いじゃねぇか」

ナデナデ

ユナ「ユユユユーン!!(笑顔)」

銀時「何か俺に懐いたみたいだな」

めだか「私にも触らせr」

ユナ「ユーン!!」

ピキピキピキーン!!(氷の吐息)

めだか「」←氷漬け

銀時「ええええええええ!?」



エイジア「ごめんめだか」

めだか「は、はははっ、別に良いのだ、触れないから何だというのだ・・・(涙目)」

本城「何とか私の炎で溶かせて良かったんですね」

めだか「何とかしてくれないか?私のスキルがあってもこの竜に触れるようにして欲しいのだが」

エイジア「考えてみるよ」

銀時「頭の上に乗っけても重くないな」

ユナ「ユーンユーンユーンユーン♪」

本城「ユナ銀さんに懐くのかなり早いですね」

銀時「だよな、本当何でだろうな、でも何思っているのか知りたいよな」

ララ「じゃあ翻訳機使う?私自家製翻訳機持ってるから付けようか?」

銀時「頼むぜ」

ララ「うん!!・・・付けたよ!!」

ユナ「あれ?僕喋れてるの?」

銀時「翻訳機が付いたからな」

ユナ「わーい!!何で?」

銀時「お前が俺に対して何を思っているか知りたくてな」

ユナ「ふーん、じゃあ・・・言ってみるよ銀時さん!!僕ね・・・銀時さんのこと・・・」




























ユナ「バカでアホでドジ間抜け脳味噌空っぽでテンパダサい年中金欠で死んだ目をして本当にクソ野郎で死んでもらいたい存z」

ガシッ(頭を掴む)

木刀構えて

銀時「皆さーん、今から窓叩き割ってこのクソ生意気な竜つき落とすので注意してくださーい」

エイジア勢「いや待ってくださいいいいいいいいいいいいい!!」

本城「落ち着いて!!落ち着いてください!!」

銀時「ふざけんじゃねぇ、期待していた時間返しやがれ、今までの俺の気持ちが何を思ってたのか知らなかったのかコノヤロー、地に落ちていく中で思い知りやがれ(青筋浮かんでる)」

ユナ「冗談だよー!!本当は感謝してますよ!!本城姉ちゃんやエイジアさんの事思っててくれて感謝してますよ!!(涙目)」

銀時「俺は冗談を言うときも命がけなんだよ、良いんだな?それが最後の冗談で良いんだな?(更に青筋浮かんでる)」

ユナ「大好きだよー!!本当に大好きで慕ってるよー!!本当にさっきの全部冗談で毛頭思っていませんから許してくださいー!!(涙目)」



銀時「次言ったら覚悟しろよ?」

ユナ「はーい・・・」

本城(確かに銀さんのイラッとした気持ちはもの凄く分かるんですけど・・・やりすぎじゃないですか?)

エイジア(恐らくユナ・・・トラウマになって銀さんに近寄れないんじゃ・・・)

15分後

銀時「ユナ、お前松山で何食う?俺栗きんとん食おうと思ってるんだけど(松山の料理ポスター見ながら)」

ユナ「僕も食べるー!!」

銀時「決まり!!後で一緒に食おうぜ!!」

ユナ「うん!!」

二人「あれ?」

あっという間に関係は戻った模様



坂神「まもなく着地しますよ!!下車準備をお願いします!!」

ララ「良かったぁ!!間に合って!!」

本城「何作ったの?」

ララ「サトシやセレナがもっとモンストを楽しめるようにする機械だよ!!」

本城「どういうのなの?」

ララ「内緒だよ!!あ、後さ・・・翻訳機どうする?」

本城「え?」

ララ「もしよかったらこのままあげても良いけど・・・どう?」

本城「・・・一応もらっとこうかな」

ララ「良いよっ!!(笑顔)」

そして・・・

飛行機が長野空港に降り立った!!

男鹿「やっと着いたな・・・」

綱吉「結構長かったね・・・」

斉木「どういうものがあるんだろうな」

茅野「でも・・・寒いね・・・」

渚「そうだね・・・」

寺坂「無理もねぇだろ、昨日まで暖かい沖縄にいたんだからよ」

小五郎「しかも冬だしな・・・」

蘭「・・・ちょっと待って、昨日いたのは夏の沖縄だよね?何で季節が変わってr(強制終了)」

作者にも都合はあるのです

その時

桐子「銀拳心ちゃぁん!!送ってきたよぉ!!」

坂神「ありがとう桐子ちゃん!!」

桐子と合流

坂神「ではまず空港でランチしましょう!!」

新八「銀さん、その頭の上に乗ってる竜何ですか?」

銀時「俺のペットだ」

ユナ「ユン!!」

新八「いや、アンタそんなペット飼っていましたっけ?」

妙「ていうかエイジアさんのペットですよねそれ?」

銀時の頭の上がユナの居心地がいいようだ、因みにもう翻訳機は外している

神楽「定春の方が可愛いアル」

新八「あ、そういえば定春は?」

神楽「定春は今ドラえもんのスモールライトで小さくなった後四次元ポケットの中で睡眠中アル」

新八「本当ドラえもんって凄いですね」

銀時「懐いてるから預かってんだよ」

妙「でも可愛いですね・・・抱いて良いですか?」

銀時「良いぜ」

坂神「皆さんはそれぞれの席に座ってください!!」

8個イスがある一つの丸いテーブルに番号順に座る!!

坂神「では・・・皆さん!!お願いします!!」

たくさんのシェフが料理を持ってきた!!それは・・・

ルフィ「肉だぁ!!」

ナツ「おいしそうだな!!」

アスタ「いい匂いするな!!」

坂神「松山名物山賊焼きです!!極端に言えば唐揚げのデッカいものです。鶏のもも肉をにんにくを効かせたタレに漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げるという作り方なんです、安心してください、美味しいですよ!!」

両津「作者最近安○にハマってんのか?このネタ何度もしている気がする」

他にも山盛りのご飯、長野特有の野沢菜の漬け物、たくさんの野菜が入ったお味噌汁がある!!

坂神「長野山賊焼きランチです!!野沢菜の漬け物は農家をしている家から買ったものです、とても美味しいですよ!!」

メイドウィン「松山って自然豊富だからな」

松山「俺自然豊富じゃねぇよ?」

マサト「馬鹿かお前は」

レジーナ「そういえば名字と地名かぶってるね松山お兄ちゃんは」

ルフィ「早く食わせろぉ!!」

坂神「では手を合わせて」

全員「いただきます!!」

皆食べ始めた!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.1025 )
日時: 2016/02/21 20:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


ガツガツガツガツガツッ!!

ルフィ「超うめぇ〜!!すげぇいい味付けだ!!」

悟空「肉汁ハンパねぇぞ!!松山の人達ってこんなうめぇもんいつも食ってんのか!?」

黒子「羨ましいですね」

十六夜「本当美味しいな!!」

トリコ「俺好みの味だな!!」

ルフィ「おかわり!!」

坂神「すみません、山賊焼きはセルフサービスないのです・・・」

ルフィ「ええええ!?」

坂神「おかわりは自分でお金を払ってください!!」

ルフィ「くそ〜、仕方ねぇなぁ、自分で金払って食うぞ!!」

悟空「オラも!!」

ベジータ「俺も食うぞ!!」

ナルト「俺も・・・って!!」

ナルトが見つけたのは!!

ナルト「山賊焼きラーメンだってばよ!!何これ!?」

坂神「名前通り山賊焼きをラーメンの上に乗せたものです!!お金払えば買って良いですよ!!」

ナルト「買うに決まってる!!何杯でも食いまくってやるってばよ!!」

シカマル「オイオイ、あまり食いすぎると体調崩s」

ナルト「山賊焼きラーメン20杯くr」

ナルト勢「いや待てェェェェェェェェ!!」



ナルト「何で二杯で我慢しなくちゃいけないんだってばよ!?」

サクラ「一気に食べ過ぎ!!カップラーメンでも買いなさい!!」

ナルト「分かったってばよ・・・」

ズルズル

ナルト「旨いってばよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!山賊焼きのタレがラーメンにバッチリ合ってて最高だってばよ!!」

ヒナタ「私も買ってみようかな・・・」

サトシ「本当美味しいですね!!」←ラーメン食事なう

日向「ああ!!」

影山「でも結構カロリー多くないか?山賊焼き二個とラーメン一杯だぞ?」

縁下「まぁ僕たちスポーツ選手にはちょうど良いんじゃない」

木吉「だからって食べ過ぎで大丈夫ってわけじゃないけどな」

緑間「栄養管理はスポーツ選手にとってとても大事なのだよ」

その後・・・皆それぞれ食事を楽しんだ・・

空港入り口

坂神「ではまず行きましょう!!松山城へ!!」

皆はバスに乗り・・・松山城へ向かう!!

ちなみに新たなバスの人数配分を説明すると・・・

バスは8台、一台に40人乗れる

1号車にて・・・

ジョナサン「成る程!!日本の住居はそういうものなのか!!他にももっと教えてください!!」

めだか(影分身)「分かった!!他にも日本には色々な文化があってな・・・」

エリナ「本当勉強熱心ね・・・」

スピードワゴン「滅多にない経験だから色々知っておきたいんだろうな」

ウソップ「でも自然多いな〜、至る所に森ばっかりある」

球磨川『全部なかったことにしたらどうなるかな?』

月詠「洒落にならんからやめなんし」

ルフィ「坂神ぃ!!そもそも松本城って誰が建てたんだ!?」

坂神「自分で調べてください!!」

ルフィ「何で!?」

坂神「建てた人なら城の内部を回っているうちに分かりますよ!!私は城の魅力を知って欲しいので、回って調べてみてください!!」

近藤「お妙さん!!一緒にm」

妙「本当に黙ってください、ね?(黒笑)」

近藤「OTL」

9号車にて・・・

ユナ「」←睡眠中なう

本城「気持ちよさそうに寝てますね」

エイジア「・・・でも・・・何で銀さんに懐いたのかしらね・・・」

十六夜「単純だと思うけどな」

エイジア「何?」

十六夜「銀さんがラーペに似ているからじゃね?」

本城「え!?」

エイジア「・・・そうかもね・・・そういえばユナってラーペの頭の上にも時々乗るわね」

本城「もしかして・・・ユナって白い髪が好きなのではないでしょうか?」

エイジア「そうかも」

晴哉「可愛いですね」

エイジア「あ、晴哉さん」

晴哉「こんな竜見たことないですよ、俺の世界では」

ユウナ「人それぞれに変わった世界がある・・・それは当然だよ、坂神さんには坂神さんの世界、エイジアさんにはエイジアさんの世界、私には私の世界がある、始めてみるものがあるのは当然さ」

十六夜「中二病がいる世界も?」

ユウナ「それ以上言ったら本当に異空間の世界にとばすよ?(黒笑)」

葉月「凄い楽しみだな〜信州巡り、長野っていったら真田幸村だからね」

浜千鳥「どこで知ったンスか?」

葉月「BASARAから」

7号車にて・・・

オラゴン、ピカチュウ、ジバニャン、USAピョン「」←爆睡なう

ケイタ「ぐっすり寝ているな・・・」

レン「ハシャいで疲れたんだろうな」

当麻「そうだな・・・」

ハッピー「オラも眠いよぉ・・・」

ルーシィ「アンタも寝たら?夜寝なかったんだから」

グレイ「何で寝なかったんだ?」

ルーシィ「沖縄を知りたくて色んな所飛び回ったんだって」

サトシ「でもポケモンをモンストで使えたらこのゲームも楽勝でクリアできるのにな・・・セレナ、ぶつかってこい!!」

セレナ「確かにそうなったらサトシ無敵じゃないかな?ピカチュウすごく強いしね!!・・・あ、ごめん!!外しちゃった!!」

サトシ「このゲーム単純かと思ったら意外と難しいんだな、体力、壁にぶつかり跳ね返る計算角度、SSのタイミングを考えなくちゃいけないからな」

シトロン「深いですね」

セレナ「でもモンスター可愛いよね、ほら、
このリリスってキャラ、すごく可愛いでしょ!!」

美琴「でもやりすぎはいけないわよ」

サトシ「ああ、そろそろ体力つきそうだから止めるよ」

静「綺麗だわ・・・」

ドラえもん「自然豊かだね!!」

2号車にて・・・

ナルト「たくさん畑があるってばよ!!」

トリコ「色々な野菜が採れるんだろうな・・・食べてみてぇ!!」

黒子「でも今の日本でここまで自然が残っているのって珍しいですね」

日向「そうか?宮城県は今でも自然凄いぞ!!」

黒子「都会は前に見たように近代都市になってきてるので自然が少なくなってきてるんですよ」

シカマル「そういやぁ俺達の木ノ葉の里も発展し始めてるな、最新技術が使われ始めてる」

悟飯「成る程・・・これが松本城か・・・」

悟天「兄ちゃん何見てんの?」

悟飯「ああ、松本城がどんな城かを携帯で見てたんだよ、立派な城だな」

ブルマ「面白いじゃない、実際に見るとどんなのか楽しみだわ」

3号車にて・・・

ころせんせー「一護君、幽助君、特別授業の説明をしますよ、こっちへ来てください」

二人が先生達の元へ集まった!!

ころせんせー「今回調べることは・・・松本城についてです」

一護「城について調べてくるんですか!?」

鵺野「そうだ、城の城主、建築年、建築者、特徴、回った感想などをこの紙にまとめてこい」

ころせんせー「まあ簡単ですよ、城をちゃんと回れば分かりますから」

一護「頑張ろうぜ幽助」

幽助「おう!!絶対夜は遊んでやる!!」

そして・・・

坂神「皆さん!!いよいよ着きましたよ・・・松本城に!!」

遂に松本城にバスが着いた!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存