二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.689 )
日時: 2015/04/16 21:17
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「凄いね・・・・ギャグだけだと思った。」

ララ「そうですね・・・それにあのパワースーツのこともありますしね」

十六夜「ああ、これなら銀さんでもナルトや悟空に勝てるんじゃないか?」

エイジア「いや、分からないよ。悟空はスーパーサイア人のこともあるからね」

ララ「でも、銀さんには頑張ってほしいです!」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.690 )
日時: 2015/04/16 23:57
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝ですぅ!!

エイジアさん

実は本当はギャグだけにする予定でしたがパワースーツの提供により零がとんでもない技を生み出すことができるだろうな〜と思ってバトル展開にしました!!

では本編です!!どうぞ!!

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!では・・・60分程の休憩を取ります!!」

唯「・・・零さん・・・大丈夫ですか・・・(涙目)」

サクラは・・・唯が零を案じて涙目になっているのを見て・・・

サクラ(・・・惚れ込んでいるのね、唯ちゃん・・・)

増代「零さんとんでもない技を考えたわね・・・」

塊「アイツのひらめきは侮れない・・・」

妖「流石俺達番組に勝っただけあるな・・・」

翔「技はかっこよくなかったけどな」

ベジータ「やはりギャグ漫画はハチャメチャだな・・・」

ブルマ「でもそれだけあって派手な技使ってきたわね!!ギャグ漫画だからこそできた技ね!!」

トランクス「その分面白い戦いだったな!!」

悟天「そうだなっ!!」

そして45分後・・・

零「・・・無念だ・・・」

零は回復していた・・・

悟空「オラも結構ダメージくらったなぁ・・・」

悟空も・・・

塊「・・・零」

零「む?」

塊「さっきはごめんな、言いすぎた、健闘お疲れさんよっ!!」

零「塊君・・・」

妖「お前中々やったな、これこそが奇面組とも言える戦いだったぞ」

邪子「負けていたけどな」

千絵(全く邪子さんたら!!素直じゃないんだからァ!!)

豪「よっ!!流石俺らがリーダー!!悟空相手に一泡くわせたな!!」

奇面組「そうだな!!」

唯「・・・零さん、お疲れ様、ゆっくり休んでよ!!(微笑み!!)」

零(・・・皆・・・)

零「ありがと!!(キモイ微笑み返し)」

唯「プッ」

奇面組勢「プハハハハハハハハハァァァァ!!」

大爆笑!!

銀時(・・・まるで俺たちみたいな関係だなアイツら・・・)

新八(そうですね・・・)

坂神「では・・・ルフィさん!!ケンシロウさん!!次の試合の準備をお願いします!!」

ルフィ「ケンシロウ!!負けねぇぞ!!」

ナミ「私がナツに勝ったんだから!!ルフィも勝ちなさいよ!!」

ゾロ「負けたら船長交代だからな!!」

サンジ「船長として負けんなよ!!」

チョッパー「負けんじゃねぇぞコノヤロー!!」

ブルック「勝利を願う歌を奏でますからね!!」

ケンシロウ「こちらも全力で勝たせてもらう!!」

バット「負けんなよケン!!」

マミヤ「面白い戦いになるわね・・・!!」

リン「ケン!!頑張って!!」

トキ「北斗神拳の強さを見せよ!!」

坂神「そして・・・今回のステージは!!」



























































坂神「シャボンディ諸島です!!」

ルフィ「俺達が・・・2年後に集合した場所だな!!」

麦わら一味「そうだな!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

ケンシロウ「俺にはそう簡単には勝てんぞ!!」

ルフィ「分かっている!!だからこそ勝ってやる!!」

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより!!第二十八回戦!!モンキーDルフィ!!VSケンシロウ!!開始!!」

次回!!勝つのは拳法家か!?海賊か!?怒涛のラッシュ対決が実現!!激戦必至!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.691 )
日時: 2015/04/17 21:27
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「次はルフィとケンシロウさんの戦いか・・・・」

ララ「どちらも強いですしね・・・・覇気も持ってますし」

十六夜「これもいい戦いになるな」

エイジア「うん。私はルフィが勝つと思うな」

ララ「どうしてですか?」

エイジア「ただの直感」

十六夜「直感かよ」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.692 )
日時: 2015/04/17 21:49
名前: 迅宗

おひさです、迅宗です。

おお、銀さんとナルトが勝ちましたか。

銀さんはしぶとい。ゴキブリ異常の生命力ですな。

そしてケンシロウVSルフィ・・・。

果たして勝つのはどっち!?

あ、そうそう。私の方は『カオスな迅宗〜笑ってはいけない兵士24時〜』書き始めました。

完結目指して執筆します!

更新頑張って下さい!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.693 )
日時: 2015/04/19 00:14
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

果たしてエイジアの勘は当たるのか!?

迅宗さん

銀さんとナルトと悟空が勝ち残っていますよ!!ゴキブリ並の生命力・・・たしかにそうかもしれませんね

では本編です!!どうぞ!!

ルフィの拳と・・・ケンシロウの拳が・・・激突する!!

ガキィン!!

キィィィィィン!!

ゾロ「流石北斗神拳の継承者ってところか
、ルフィと力が互角とはな・・・」

トキ「あの海賊・・・やはり侮れないか・・・!!」

グルン!!

ルフィは空中で一回転して回り蹴り!!

ガキィン!!

ケンシロウは防ぐ!!

グルン!!

ルフィはその防がれた足を軸にして再び一回転してもう片方の足を上に上げて!!

ルフィ「ゴムゴムの〜斧!!」

長い足で踵落とし!!

ケンシロウは両手をクロスしてガード!!

そのまま両手でルフィの足を振り払い・・・隙が出来た!!

ケンシロウ「岩山両斬波!!」

ドカァ!!

ルフィ「グハァ!!」

ドゴォォォォン!!

武装色硬化された手刀でチョップをお見舞いしてルフィを空中からたたき落とす!!

ケンシロウ「どうしたルフィ!!これまでか!?」

ルフィ「・・・まだまだァ!!ゴムゴムの〜」

ルフィ「バズーカ!!」

ケンシロウ「オワタァ!!」

ドカドカドカァ!!

ケンシロウはズボンからヌンチャクを取り出して・・・そのヌンチャクを武装色硬化して攻撃を受け止めた!!

ゾロ「中々の運動神経じゃねぇか・・・!!」

ルフィ「このスピードに追いつけるかよ!!ギア2!!ゴムゴムの〜」

ルフィ「JET銃乱打!!」

怒涛の拳がケンシロウを襲う!!だが!!

ケンシロウ「俺は拳法家!!拳がそう簡単にあたると思うな!!」

サッサッサッサッサッサッサッサッサッ!!

ことごとくよけていく!!

ドカァ!!

ケンシロウは・・・ルフィの拳を左足の肘と左腕で挟み!!

ルフィ「なっ・・・」

ケンシロウ「北斗百裂脚!!」

ドドドドドドドドドドドドドドォン!!

ルフィ「グフオオッ!!」

サンジ「ルフィ!!」

百もの蹴りを浴びた!!

ルフィ「い、いってェ〜」

ケンシロウ「貴様には・・・後10秒後には倒れ伏している!!」

・・・だが!!

ルフィ「・・・どうかな、確かめてみようぜ?」

ケンシロウ(・・・どういうことだ?)

そして・・・10秒経った!!




































































シュン!!

ケンシロウ「なっ!?」

ルフィ「油断したな!!」

何とルフィはケンシロウの前に瞬間移動していた!!

ルフィ「ゴムゴムの〜ツインJET銃!!」

ドカァ!!

ケンシロウ「グフゥ!!」

北斗の拳勢「え!?」

不意をつかれたケンシロウに炸裂!!

ケンシロウ「ど、どういうことだ・・・!?」

ルフィ「俺気ずいちゃったんだよなぁ、お前の北斗神拳とやらの攻撃がな!!」

ケンシロウ「どういうことだ!?」

実は・・・ルフィがトリコとの戦いに勝ったあとに行われたケンシロウとジョナサンの戦いの様子を・・・ルフィはチョッパーに診断で見てもらっていたのだ・・・

ルフィ「彼奴の攻撃はどんな攻撃なんだ?」

チョッパー「ああ、ケンシロウの攻撃をよく見ると・・・攻撃が全て・・・医療で使われるツボを攻撃しているみたいだ!!」

ナミ「ツボを攻撃して意味があるのかしら?」

サンジ「でもよ、そもそもツボって何だよ?」

チョッパー「ツボ、別名は経穴と言って人間の体にバラバラに散らばっている人間のトリガーポイントかな、指圧、灸、針なのでそこを刺激すると体調の調整が出来るんだ!!そのツボは・・・基本体の全体に張り巡らされている血管上にあるんだぞ!!」

サンジ「どうやら彼奴はそのツボを攻撃して相手にダメージを与えているようだな」

ルフィ「ふ〜ん・・・」





ルフィ「それで思いついたんだよ・・・秘孔を攻撃するってことは要は血管を攻撃するってことだろ?なら・・・その血管の動きが速いと・・・秘孔の攻撃の影響を打ち消せる!!」

トキ(あの男・・・戦闘の勘は凄いな・・・北斗神拳は秘孔を突いて血液の動きを狂わせて内部から破壊する拳法、だがその血流が速いと狂わせることが出来ない・・・!!)

バット(不味いぞケン!!北斗神拳が通用しないんじゃ・・・それに前みたいなハートみたいにはいかないし!!)

ケン「・・・秘孔が突けないのならば!!転龍呼吸法!!」

ケンシロウは・・・手を武装色硬化し!!更に100%の力を発揮して!!

ケンシロウ「その体を砕く!!」

リン(ここからは体技勝負!!)

ルフィ「・・・そうこなくっちゃな!!」

ルフィも・・・両手を武装色硬化して!!

ルフィ「いくぞぉ!!」

ダダッ!!

二人は駆けだした!!

ルフィ「オオオオオオオオオオッ!!」

ケンシロウ「ハァァァァァァァァ!!」

ドガァ!!

二つの黒き手が激突する!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。