二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.228 )
日時: 2014/10/02 22:04
名前: エイジア

また間違えた・・・・・・・・・
何度もすいません!

ララは覚醒すると目が赤くなります。


本当にすいませんでした!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.229 )
日時: 2014/10/02 22:29
名前: エイジア

エイジア「・・・・・・・・・・・・・」

ララ「どうしたんですか?エイジアさん。」

エイジア「ララ、・・・・・・・私って本当にダメ作者だね・・・・・」

ララ「気ゅ、急にどうしたんですか?!」

エイジア「だってあれから文を間違いまくってるんだよ・・・・・・もう三回くらい」

ララ「多いですね」

エイジア「はぁ・・・・・・私なんか、私なんか・・・・・・」

ララ「ダメです。完全にネガチブ方向にいってますね・・・・・・とりやえずしゅうせいしたらいいじゃないですか?」

エイジア「うん・・・・・・」

ララの武器
炎の魔剣
(何でも燃やすことができる。何でも切れる。魔王の力が宿っている剣)

エイジアの武器
氷の神銃
(弾は氷で出来ており当たると凍る。相手に当たるまで追い続ける。神の力が宿った銃)

エイジア「私なんか・・・私なんかあーーーー!(泣く」

ララ「作者さん、どうかあまり攻めないでくださいね。」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.231 )
日時: 2016/01/05 17:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

よっしゃー!コメントきました!感謝感激です!
竜さん
すみません…貴方達はトーナメントには参加しません…(別々の列車なので)
後実は私スマブラ持ってないんです…
もし手に入れたらフレンドコード交換しましょうよ!
後黄金列車にはスマブラのゲームと3DSは特別に配備されているんでネタで使ってもいいですよ!
IRさん
わかりました!これからは気を付けてくださいね!
マリンスノーさん
あ、あの娘が来るのか!?球磨川と桂驚くでしょうね…(うちの小説を少し見直すとなぜこう書いたのか分かります)

これからも宜しくお願いします!

銀時「大丈夫か?」

女の子「あ、貴方は・・・誰ですか?」

銀時「万事屋銀ちゃん事坂田銀時だ」

女の子「万事屋なら・・・一つ依頼していいですか?」

女の子「母さんを・・・母を助けてください!!」

銀時「・・・・・・・・・サッ(ハンカチを取り出した)」

ハンカチで女の子の涙を拭いた後・・・

銀時「分かったじゃあその報酬に・・・助けたら・・・」

銀時「お前の笑顔見せてくれよな」

女の子「は、はいっ!!」

めだか「意外と優しいのだな・・・」

夜兎族A「ハハハ・・・残念ながらもうお前の母は動けない・・・何故なら・・・」

夜兎族A「足の筋・・・切ってやったからな!!」

全員「!?」

月詠「貴様・・・!!許さんぞ!!」

夜兎族E「テメェらが降りないからだよ!!」

女の子「そ、そんなぁぁぁぁ!!ひどいよぉぉぉぉ!!」

夜兎族F「でもやっぱコイツら殺すのには邪魔しかならないな」

夜兎族G「そうだな、やっぱ殺す?」

女の子「ひ、ひどいよっ!!私達全然関係なかったのに!!」

夜兎族H「しょうがないな!!まあ結局テメェらが出ても殺しただろうけどな!!」

神楽「テメェら・・・さっきから好き勝手言いやがって・・・許せないアル!!」

新八「もうさすがに許せませんよ・・・」

めだか「貴様ら・・・覚悟できてるのか!!」

夜兎族A「上等だ・・・じゃあ取り敢えずさよならだ」

夜兎族は銃弾を女の子の母に向けた・・・

夜兎族A「死ね」

女の子「母さぁぁぁぁぁぁぁぁん!!(猛泣)」

バァン!!




























銀時「言っただろ・・・依頼は守るってよ・・・」

銀時は瞬間移動して女の子の母をかばって腰に銃弾を受けたのだ・・

夜兎族A「チッ!!コイツ!!」

ドドドドドドドドド・・・

カキンカキンバシュン!!(銃弾を跳ね返している)

夜兎族達は銃弾を次々と打ったが銀時の木刀ですべて返した

夜兎族A「チッ!ストック切れた!!」

めだか「ハァ!!」

ドゲシッ!!

夜兎族A「なっ!?」

めだかの飛び蹴りが炸裂した・・・

土方「じゃあテメェら・・・御用改だ、いくぞ!!」

全員「おおっ!!」

夜兎族A「上等だ・・・かかってきやがれ!!」

夜兎族15人「ウオオオオオオオオオオ!!」

その頃・・・

駅内にて・・・

夜兎族P「早く向かうぞ!!あの列車を襲撃だ!!」

だが・・・入ることは出来なかった・・・何故なら・・・
ドアが氷で固まっていたからだ・・・

夜兎族P「な、何でだ!!」

エイジア「・・・もうこれ以上行かせない・・・・!!」

夜兎族Q「何だテメェらは・・・俺達は夜兎族だ!!喧嘩売るなんて普通じゃねえな・・・殺してやる!!」

本城「普通じゃないのはお前達の方よ・・・お前達は死ぬ!!」

アスカ「・・・お前らバカじゃないの?私達が通すと思ってんの?(鉄パイプ構える)」

ハインリヒ「悪いが・・・お前らの行進も行き止まりだ・・・(武器を構える)」

夜兎族五人「後悔しやがれェェェェェェェェ!!!」

その頃・・・

黄金の列車の中にて

夜兎族U「作者も一人残らず行かせないように言われた・・・だからお前達には消えてもらう」

メイドウィン「上等だ・・・不死身の蓬莱人の本気見せてやるよ・・・・(包丁を構える)」

ジョナサン「ジャガーさんとクロエとカイムは下がってください!!コイツらは僕達で倒す!!」

マリンスノー「超能略者を舐めない方がいいっすよ・・・」

竜「はじけた勝利見せてやるよ・・・」

シャル「久しぶりにやるか・・・」

IR「お前ら覚悟できてるな・・・」

夜兎族10人「ぶっ倒してやる!!」

次回!!本格的に始まる!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.232 )
日時: 2014/10/03 07:26
名前: マリンスノー

マリンスノーです。

戦うぞオオオオ!ウオオオオオオオオ!(ボカッ)

アスカ「うるさい!」

ハインリヒ「俺の能力はこれだ!」

右手:マシンガン
左手:ナイフ
ひざ:ミサイル
指:ダーツ

ハインリヒ「マリンの能力なら『マリンスタジアム』に書いてあるやつを!」

マリン「あと一個解禁するッス!ハインリヒ!合同技で決めるッス!」


技名:ARC ANGEL
まず、マリンがフードをとる。機械化されている左目が見える
マリンが念力で空を飛ぶ。(左目がパワーを加える)
ハインリヒがミサイルを飛ばし、それといっしょに敵に突撃する。
左目でロックオンしているため、100%当たる。
爆発を避けるため、テレポートで戻る。

マリン「左目の能力はこいつらにはこれだけで十分ッス。」

ピエール「ミーはどうすr(強制終了☆)」

長くてすいません!
更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.233 )
日時: 2014/10/03 07:32
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

あらら、ひさしぶりにコメントすると思ったら夜兔族との戦闘か、腕がなるぜ!
あと俺の能力だが、特に特殊なものはねぇ
刀2本ありゃ十分だ!

まぁ強いて言うなら一時的に全体的に強くなるだけだな


更新がんばれよ!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.234 )
日時: 2014/10/03 18:48
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

メイドウィンワールドの奴等、技一覧

メイドウィン

身刃切り
メイドウィンのバトロワを見ている方なら分かる、高速殺法

殺人ドール
【時を止める者】が使うという、ナイフを使った殺法。

炎術【蓬莱の料理人】
雷符【ホウオウエクストリーム】
忍符【サムライスプラッシュ】
弾幕と呼ばれる物をかなり発射する。
また、これらの技を使う時に使う札は、スペルカードと呼ばれる。


松山那雄宏

テメェを楽して倒す方法が思い浮かんだァ!!※技名です。
かのDIOも使う、大量に出すアレである。
また、メイドウィンワールドでは松山とレジーナはDIOの弟、妹でもある。
そして、松山が大量に出すのはライフル銃。


蛇の緑(サーペンター・グリーン)
松山のスタンド、スピードが甘くラッシュは出来ないとの事。
だが、精密差に長けており、300メートル以内の音は絶対逃がさない。

ティロ・フィナーレ
金髪の魔法少女も得意とする技
巨大な銃で敵に撃ち抜く。

マヤ

超弩獣化
腕を超弩獣化させる、勿論両方の腕を。
その腕は子供とは思えない程の破壊力を持つ。

ブラストベリー光線
マヤの作り上げた超弩獣【ベリースター】の放つ光線。


マリオ

マリオファイナル
この作品で真っ先に出た技。
最近強くなった。

スーパージャンプパンチ
マリオの十八番。


レジーナ

悪夢(ファントム)
レジーナのスタンド。
それぞれ

ダイヤ
スペード
ハート
クラブ

のトランプを持ち、
下記の技へ繋がる

タロット・エンペラー
スタンドの持つトランプを投げる。
ダイヤは氷
スペードは風
ハートは火
クラブは土
の能力がある。


ラッシュ
ファントムはサーペンターと違いラッシュができる。
妹より劣る兄のスタンドである。
松山『言うんじゃねぇ!!』
声はDIOの妹でもあるので、『無駄無駄』


カイム『私達はどうしますか?』
クロエ『寝る。』
ジャガー『まあ、下がっててって言われたし・・』


ジャガー『ていうか寝てばっかだね君・・』

更新頑張ってください!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.235 )
日時: 2014/10/03 18:52
名前: アックスホーク◇Odusabf4$#

どうもアックスホークだ。

北斗神拳は夜兎族に効けばいいが、効かなかったら南斗聖拳でも使います。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.236 )
日時: 2014/10/03 19:33
名前: エイジア

さて。戦いますか。

エイジア「相手は五人だけど結構強いよ。私が人の支配する力で動きを止めるから、その間にララは相手に攻撃して。」

ララ「わかった」

エイジア「もし、あいつらの仲間が来たら、ララの人の思考を読む力があるから来たら教えて」

ララ「あいつらは、関係のない人を傷つけた・・・・・絶対許さない!」

エイジア「後、神の歌で使える効果はこれです。」

・癒しの歌(怪我を直す歌。どんな傷でもなおる)

・守りの歌(相手からの攻撃を守る歌。どんな攻撃も効かない)

・早さの歌(素早さが上がる歌。)

・攻撃の歌(力が上がる歌)

・時の歌(時間を止める、または、時間を戻す。時間を止めている間動けるのは、エイジアだけ。)

・空間の歌(空間移動できる歌。空間移動できるのは、エイジアと相手だけ。)
こんな感じ

あと弱点はこちら

エイジアの人を支配する力の弱点
・人間じゃない者(動物や植物)
・相手にエイジアの声が聞こえない時

ララの人の思考を読む力の弱点
・エイジアと同じ、人間じゃない者
・相手が何も考えていない時

ララ「でも、他の人の思考も読んじゃうかも・・・・・・」

エイジア「あー。いつでも聞こえるからね。でも今は、目の前のことに集中しよう!」

ララ「は、はい!」

エイジア「最悪の場合、覚醒するから。」

ララ「私は、炎の魔剣。エイジアさんは、氷の神銃、二丁ですね。」

エイジア「ええ、でもそれは、最悪の場合ね。夜兎族には、今の私たちでもほぼ互角だから。」

ララ「私たちは、あまり覚醒はしませんしね。」

エイジア「じゃあ、いくわよ!」

コメント待ってます

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.237 )
日時: 2014/10/03 20:17
名前: シャル ◆rNMF51ZUQ6

シャルです。

追加します!
【シャル】
・イマジンモード
説明:幻影を見せる程のスピードで相手を攻撃する。ミントかシャルロットが重傷を負うとキレて発動する。5分しか持たない。
【ミント】
・サンシャインモード
説明:3分しか持たない。光の壁が常に張られてるので遠距離攻撃を跳ね返せる。全体のスペックが上がる。シャルかシャルロットが重傷を負うと発動する。
【シャルロット】
・リヴァイヴモード
説明:4分しか持たない。ISが変形し、武装の銃などが一気に増える。機動性がかなり上がるが、防御力を捨てているため、ダメージを負った時のダメージが大きい。

追加よろです!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.238 )
日時: 2014/10/03 20:36
名前: エイジア

ルフレ「ねえ、エイジア。」
エイジア「ん?何?」
ルフレ「エイジアの覚醒したときに使う氷の神銃(二丁)。あれって弾、無くならないの?」
エイジア「うん。いくら打っても、弾は、無くならないんだ(勿論二つとも)」
ルフレ「へえー。」


これってある意味、追加なのかもしれません。

コメント待ってます

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存