二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.669 )
日時: 2015/03/22 00:58
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

続きです!!どうぞ!!

藤崎「SOS団!?俺たちスケット団みたいなものか!?」

ハルヒ「そもそもスケット団の事を話しなさいよ!!」

笛吹「俺が説明しよう」

話し中・・・

ハルヒ「なるほどね!!確かに似たようなもんよ!!」

沖田「オイテメェ何いらつく声してんだコラ」

月詠「そういえば・・・・主の声は・・・信女か?」

ハルヒ「?」

ハルヒ→中の人→今井信女

キョン「俺はキョン、まああだ名みたいなもんだからそう呼んでくれ」

銀時、笛吹、烏間、神崎「なんでだろ〜なんでだろ〜何でこんなに俺に似ている人多いいんだろ〜」

キョン→中の人→銀時→中の人→笛吹→中の人→烏間→中の人→神崎→中の人→ジョセフジョースター

みくる「わ、私が朝比奈みくるですぅ!!」

新八「萌えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

亀仙人「すまんがそこのもの、ぱふぱふさせてもらっていいかの?」

ハルヒ「いいわよ!!私達を仲間に入れてくれたら!!」

みくる「ふええええええええっ!?」

球磨川『もちろん』『入れてあげるよ』

猿悟巻「姉ちゃん!!仲間に入れてあg」

ガァン!!ガァン!!ガァン!!(球磨川、猿悟巻、亀仙人にげんこつ!!)

坂神「だ・ま・れ!!」

三人「」←気絶なう

坂神「・・・すみません取り乱してしまいました、続きどうぞ」

古泉「僕は古泉一樹、よろしくお願いします」

ロビン「なかなかかっこいいじゃない、理知的な美男って感じね」

古泉「ありがとうございます」

真太郎「・・・同じメガネ男で同じ声とは、僕は君に妙な縁を感じるのだよ」

古泉「・・・そうですね」

古泉→中の人→緑間真太郎

長門「私は長門有希・・・よろしく・・・」

本城(普段の私に似ているわね・・・)

エイジア「よろしく!!」

ハルヒ「まっ、これで以上よ!!というわけで!!仲間に入れてくれない?」

坂神「急に言われましても・・・どうすれば・・・・」

猿悟巻「でもいいんじゃないか?おもしろくなりそうだしな」

両崎「お前はただみくるに興味あるだけだろ・・・」

坂神「う〜ん・・・・・・・・・じゃあ私の一番好きな人を当ててみてください!!」

ハルヒ「いいわよ!!」

ハルヒは・・・考えてみた・・・考えてみた結果!!当てたのは!!





















































































ハルヒ「あの白髪のおじさんじゃない?」

坂神「え、ええええええええ!?何で分かったんですか!?」

ハルヒ「私も面白そうだと思ったから!!適当!!」

銀時「おいちょっとまちやがれ、適当で俺!?」

ハルヒ「だってアンタキョンに似ているし!!さっきから見ていたけど思考回路や行動がはちゃめちゃで普通じゃないじゃない!!」

銀時「だれがはちゃめちゃだコノヤロー!!」

キョン「後俺と似ているって声だけだからな!!」

ハルヒ「いいじゃない!!私は普通の人に興味ないの!!アンタみたいな破天荒は私の好みよ!!」

神楽「やめとくのをおすすめするアル、普通じゃないというけどそもそも人であるかも疑わしいアル」

銀時「宇宙人のお前に言われたかねぇよ!!」

ハルヒ「えっ!!・・・奇遇ね!!長門もよ!!」

全員「ええええええええええええええええ!?」

ハルヒ「ていうより私の仲間ほとんど普通じゃないわよ、みくるは未来人だし!!」

ドラえもん「ええええええええええええええ!?」

のび太「ドラえもんも未来からきているしね・・・」

ハルヒ「まっ、とにかく、条件は満たしたよね?入れてちょうだい!!」

坂神「は、は、はい!!わ、分かりましたよ!!・・・何か結構大変な人達が来ちゃいましたね・・・」

キョン「・・・すまねぇ、本当にすまねぇ」

こうして・・・SOS団も仲間に加わった・・・

坂神「で、では!!とりあえず今日はお疲れさまでした!!」

こうして準準々決勝戦の日が終わった・・・

というわけで!!これから数日は番外編の方を執筆するので!!こちらの小説は更新停止します!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.670 )
日時: 2015/03/22 01:09
名前: 竜 スマホより

とりあえず、

竜とカカシの勝負お願いします。


コピー同士の対決で

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.671 )
日時: 2015/03/22 09:46
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「悟空さんと戦えるのですね!やった!!」

エイジア「良かったね。」

十六夜「あいつもものすごく強いからな。気おつけろよ」

ララ「うん。後、レイヴンの助けは要らないから、私一人で戦います。」

レイヴン「分かった。だが、お前の精神には戻っておくぞ。力が暴走する可能性があるからな」

エイジア「そうだね。力が暴走した時は私とオーガでも、手こずったからね」

ララ「あの、出来ればレイヴンも戻らないで欲しいです・・・・」

レイヴン・エイジア「「な!?/え!?」」

ララ「そろそろ自分で神力をコントロールしないといけないし、これ以上レイヴンに頼らず、自分で解決しないといけないから」

エイジア「まあ、確かにララの力の半分はレイヴンが抑え込んでいるから本来の力は出せるけど・・・・・」

ララ「お願いします!!」

レイヴン「・・・・・分かった」

エイジア「レイヴン!?」

レイヴン「だが、もし力が暴走したら俺とエイジアで止めるからな」

エイジア「私もやるんだね・・・」

十六夜「俺も出来るかぎりやるぞ、面白そうだし」

ララ「・・・ありがとう・・・ございます・・・」

十六夜「(よかったな・・・)」

レイヴン「(念のために銀時にも言っておくか・・・)」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.672 )
日時: 2015/03/22 11:24
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

できれば!俺と土方の戦いを!!
無理なら無理でいいですが...
真剣に剣の腕を競い合いたいものだからなぁ!

というわけで更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.673 )
日時: 2015/03/22 22:52
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

竜さん

受け付けました!!

エイジアさん

前に言っていたので、おたのしみに!!

IRさん

受け付けました!!

おそらく竜さんかIRさんの案どちらかをやると思います!!

では失礼します!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。