二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.654 )
日時: 2015/03/14 22:17
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「やっぱりナルトが勝ったか」

ララ「それで次がぬ〜べ〜さんと悟空さんが戦うのですか」

十六夜「これは悟空が勝つな」

レイヴン「そうだな」

エイジア「そう言えばここのステージって特に仕掛けないよね。スマブラ見たいに攻撃力が上がるとかそうゆうの」

ララ「そうですね。でも、それやったら色々ややこしくなるからじゃ無いでしょうか?」

エイジア「そうかもね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.655 )
日時: 2015/03/14 23:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

実は・・・準々決勝戦ではステージが変わるんです!!

では本編です!!どうぞ!!

両津「蓄生ォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!」

部長「うるさいぞ両津!!」

両津は絶叫していた・・・

部長「しょうがないだろう!!負けたのだからおとなしくしてろ!!」

そして!!

悟空「中々やんなぁ!!」

鵺野「妖力を50%だしてもまだ勝てるのか分からないとは・・・」

悟空に対抗するべく鵺野はいきなり覇鬼を解放、50%でやっと互角である・・・

鵺野「だが諦めないぞ!!宝典解放!!宝典よ!!我らを守れ!!」

鵺野は宝典を解放!!宝典で自らの身を守る!!

悟空「面白そうな宝典だな〜、なら壊してやんぞ!!かめはめ波!!」

ドカァァァァァン!!

煙が晴れた先には・・・

鵺野「何とか保てたか・・・」

宝典は壊されていない!!

悟空「中々頑丈なんだな・・・なら!!やってやんぞ!!連続エネルギー弾!!」

ドドドドドドドドドドドドドドドド!!

鵺野「クソ・・・壊されてきていやがる・・・!!」

そして!!

バリン!!

鵺野「不味い!!」

遂に壊れた!!

悟空「今なら!!」

シュン!!

鵺野の前に瞬間移動!!

そして!!

悟空「瞬間移動かめはめ波!!」

ドカァァァァァン!!

鵺野「ぬあぁぁ!!」

ぬ〜べ〜勢「ぬ〜べ〜!!」

直接かめはめ波を喰らった!!

鵺野「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・何て威力だ・・・」

覇鬼(鵺野・・・こうなったら・・・アレを出すぞ!!)

鵺野「・・・こうなったら・・・最後の切り札出すぞ!!」

果たして・・・その切り札とは!?































































覇鬼「ゴオオオオオオオオオオオオオ!!」

郷子「え!?ぬ〜べ〜から覇鬼が出たよ!?」

鵺野は覇鬼を100%以上解放して・・・覇鬼本人に変化!!意識は残っている!!鵺野の・・・本気モードだ!!因みに鵺野の意志は残っている!!

すみません!!時間の都合上短いですが一旦きります!!もしかしたら明日の朝に執筆するかもしれません!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.656 )
日時: 2015/03/18 13:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!前回は中途半端で終わらせてしまいすみませんでした!!また更新をしていきます!!

では本編です!!どうぞ!!

覇鬼(中は鵺野)「かかってこい悟空!!この新たな力で倒してみせる!!」

悟空「おもしれぇな!!そうこなくっちゃ!!行くぞ!!」

悟空は覇鬼に急接近!!

悟空「八手拳!!」

無数の拳が襲いかかる!!

だが!!

バシッ!!

悟空「うわっ!?」

片手で弾き!!

覇鬼(中は鵺野)「極限妖力波ァァァァァァ!!」

ゴォォォォォォォォォ!!

悟空「あぶねぇ!!かめはめ波!!」

二つの光線がぶつかる!!

しかし!!・・・妖力波の方が押している!!

亀仙人「嘘じゃろ!?あのかめはめ波が押されているじゃと!?」

そして!!

悟空「うおァ!!」

悟空に妖力波が炸裂!!

覇鬼(中は鵺野)「これで決める!!ハァァァァァァァァァ!!」

更に妖力を発揮してぶつける!!

ドォォォォォォォォン!!

ドカァ!!

壁に激突!!

悟空「ハァ・・・ハァ・・・スゲェなお前・・・!!」

覇鬼(中は鵺野)「あれを受けてもまだ倒れないとは・・・!!」

悟空「・・・こうなったら・・・こちらもやるしかねぇか・・・!!本気中の本気!!」

べジータ「カカロットの奴・・・あの姿になるつもりか!!」

悟空は・・・気を貯め始めた!!

悟空「ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

そして・・・現れた姿は!!

ゴオオッ!!

悟空「めったにこの姿はみせねぇよ・・・!!スーパーサイヤ人4!!」

悟天「父ちゃんあそこまでなるなんて!!」

ナルト「あの状態は何だってばよ?」

べジータ「俺たちサイヤ人は前に星矢戦の時に見せたようにスーパーサイヤ人になって能力を格段に上げることが出来る、そしてあの状態はそれの最上級だ!!あそこまで本気をカカロットに出させるとは凄い男だ・・・だが!!あの状態になった以上ぬえのは負ける!!」

広「決めつけるなよ!!」

悟空「悪いがこれで決めさせてもらうぞ・・・!!武装色硬化!!超龍拳!!」

覇鬼は手で受け止めようとしたが!!

バリッ!!バシュ!!ドシャァァァァァァァァン!!

覇鬼(中は鵺野)「何だと!?」

手ごと貫いて頬に強烈な一撃がヒット!!覇鬼を地面に叩きつけた!!

覇鬼(中は鵺野)「この野郎!!」

覇鬼は貫抜かれていないもう片方の手で鬼の手を炸裂させようとする!!

バシィ!!

悟空「なかなかの力だけど今の俺には通用しないぞ!!」

その手を難なく弾く!!そして!!

悟空「・・・行くぞ!!ビックバンかめはめ波ァァァァァァァァァァ!!」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

渾身のかめはめ波が・・・覇鬼に襲いかかる!!

覇鬼(中は鵺野)「不味い!!」

覇鬼は・・・妖力波を出し対抗!!

再び二つの光線が激突!!

だが・・・今度はビックバンかめはめ波が押している!!

覇鬼(中は鵺野)「くそォ!!」

覇鬼は妖力をありったけ集め始めたが・・・!!

覇鬼(中は鵺野)「そんな!!」

状況は覆ることが出来なく、むしろ押されてきていた・・・!!

そして!!

































































悟空「くらえェェェェェェェェェェェェェェ!!」

ドォォォォォォォォォォォォォォン!!

ビックバンかめはめ波が・・・炸裂した・・・!!

悟空「ハァァァァァァァァァァァ!!」

更に気を放出する!!

やがて・・・そこにあったのは・・・

ドサァ・・・

元に戻って倒れ伏していたぬえのの姿だった・・・

坂神「鵺野鳴介戦闘不能!!孫悟空の勝利!!」

悟空「なかなか強い先生だったぞ!!今度は鍛えなおしてまた戦おうな!!」

ブルマ「凄い先生ね・・・!!悟空君にここまで言わせるなんて!!」

生徒達「ぬ〜べ〜!!」

生徒達がぬえのを心配して集まってきた!!

郷子「大丈夫!?大丈夫なのぬ〜べ〜!?」

鵺野「・・・すまない、負けてしまった・・・!!」

美樹「ううん、頑張ったよ、ぬ〜べ〜!!あの悟空さんに対して・・・あそこまで戦えたら・・・凄いよぬ〜べ〜!!」

鵺野「・・・ありがとよ!!」

渚「ころせんせー、何でスネているの?」

ころせんせー「うらやましいですー、あのような生徒と先生の関係がよさそうでー(棒読み)」

業「ははは!!しょうがないよころせんせー!!」

カエデ「ころせんせー嫉妬しやすいんだよねー!!」

坂神「医療班は二人の治療をお願いします!!では・・・一堂零さん!!ラッキーマンさん!!次の試合の準備をお願いします!!」

零「奇面組は高い運も高い戦闘能力も全て混沌と言う名のカオスにおとしめることになることを見せてやる!!」

増代「零君、おみごと!!よく自分の存在が分かっているわね!!」

唯「ファイトォォォォォォォ!!零さん!!」

豪「・・・えー、我らがリーダー一堂零の奮闘を願いエールを送り」

ガァン!!(バットで残る奇面組全員を叩いた)

千絵「やめんか!!」

ラッキーマン「ならば私はカオスも混沌も全てラッキーに変えて見せよう!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第二十二回戦一堂零!!対!!ラッキーマン!!開始!!」

次回!!爆笑バトル開幕!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.657 )
日時: 2015/03/18 22:29
名前: エイジア

どうも!エイジアです!

エイジア「次の試合は面白くなりそうだね」

ララ「そうですね・・・・あと、十六夜とレイヴンがどこにいるか知りませんか?」

エイジア「十六夜は多分どっかでやってると思うけど、レイヴンは知らないよ」

ララ「そうですか・・・・」

エイジア「まあ、大丈夫と思うけど」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.658 )
日時: 2015/03/18 23:56
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

予想以上に面白くなりました!!見てみてください!!(笑)

では本編です!!どうぞ!!

悟空「ふう〜、回復したぞ!!」

二人は医療班に治癒されていた・・・

鵺野「・・・悟空!!俺の分まで頑張ってくれよ!!」

悟空「ああ!!オメェの分までやってやんぞ!!」

チチ「でも・・・次の対戦相手どっちにしても・・・強いとは思えないべさ・・・」

悟飯「母ちゃん!!言わないであげなよ!!」

塊「・・・でも俺もそれは思う」

妖「ああ・・・」

邪子「あたしも思うよ」

そして!!

ラッキーマン「・・・・」

零「・・・・」

互いに一歩も動かず・・・

スーパースターマン「なにやっているのだ!!戦え!!目立て!!」

唯「どうしたの零さん!!」

零(唯ちゃん!!こちらだって動きたいが動けないのだ!!何故なら・・・)

ラッキーマン(うるさいなぁ!!たとえ私でも動けないのだ!!何故なら・・・)

二人(相手が意味不明すぎるんだよ!!)

斉木(正直言わせてもらおう、どちらとも意味不明だ)

どうやら二人は互いがどうやって攻撃するのか全く分からず動けないらしいようだ・・・

唯「零さん!!頑張って!!動いてよぉ!!」

零「はあ〜い!!ぼく頑張っちゃう!!というわけで行くぞ!!」

ダッ!!

零はラッキーマンに近寄り始めた!!

だが・・・

キキーッ!!ピタッ!!

零「で、とりあえず近寄ったけどここからどうすればいいかな?」

ドガシャン!!(皆すっころんだ)

銀時「アホかよぉぉぉぉぉぉぉ!!せめて何かしろよ!!攻撃とか!!」

零「いや筋肉大移動って結構副作用があるから序盤で使いたくないんだよね〜」

ラッキーマン「・・・今だ!!喰らうがいい!!」

今度は・・・ラッキーマンの攻撃だ!!

ラッキーマン「ラッキ〜パンチ!!」

のろのろ・・・

ものすごく遅いパンチ!!

ドガシャン!!(また皆すっころんだ)

めだか「何故そんなに遅いパンチを打つのだ!!ある意味、本当にある意味才能あるな!!」

零「遅すぎるのだ・・・」

零はあっけなくかわした。

だが・・・

零がよけた先に・・・

零「あれ?なんなのだこれは?」

あったのは・・・

先ほど二十回戦で両津が置いたまま忘れていた手榴弾、よって

































































ドカァァァァァァァァァァン!!

手榴弾は・・・爆発した・・・

ルフィ「ってまたラッキーかよォォォォォォォォ!!」

ラッキーマン「やったぁ!!またまた快勝なのだ!!」

煙が晴れた先には・・・

零「ふ、ふはははははははははは!!ギャグマンガをなめないほうがいいのだ!!」

まだ立っていた・・・

千絵「ギャグマンガだから立っていられるのよ、普通は死ぬわよ」

奇面組一同「うん、うん」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。