二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.649 )
日時: 2015/03/11 11:36
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

銀時「回復できたぜ!!(ララの薬があって助かったぜ・・・)」

剣「く・・・無念だ・・・!!」

二人は回復していた・・・

剣「江田島塾頭!!負けてすみませんでしたァ!!」

江田島「罰として・・・!!このスタジアムの周りを二日間走り続けてこい!!」

剣「オッス!!」

ダダッ!!

全員(結構厳しくないか?)

そして!!

男鹿「ウォォォォォォォォォォ!!」

ブン!!ブン!!ブゥン!!

サッサッサッ!!

剣心「動きが遅いでござるよ!!」

男鹿は自慢の拳で殴ろうとするが剣心はそれを全てよけている!!

男鹿「糞!!動きが速ェ!!」

剣心「今だ!!」

剣心は一瞬で後ろに回避!!

男鹿「なっ!?」

剣心「龍巣閃!!」

ドカァ!!

男鹿「グウゥ!!」

結構ダメージを受けた!!

男鹿「・・・こうなったらもうやるか!!魔王の大晩餐会!!」

ゴクゴクゴク・・・キュイン!!

剣心「やっと本気を出したでござるね・・・・かかってこい!!」

男鹿「おう!!暗黒 魔王の烙印!!大量発射!!」

剣心「更に大きくなった魔王の烙印・・・!!当たったら不味いでござるな・・・!!見聞色!!」

サッサッサッ!!

見聞色を駆使してよける!!よける!!よける!!

男鹿「やっぱりこいつ強い・・・!!」

一つも烙印が当たらなかった!!

男鹿「まずまず本気を出す必要があるな・・・!!お父さんスイッチ!!」

男鹿は更に力を発揮!!

男鹿「行くぜェ!!・・・対消滅エネルギー!!」

キュイイイイイイイイイイイイイイイン!!

ドドドドドドドドドドドドドドォン!!

大きいレーザーを発射!!

剣心「よけさせてもらうでござる!!」

サッ!!

だが!!

男鹿「さっきの俺とは全然違うぞ!!」

剣心「な!?」

瞬間移動!!

男鹿「心月流、無刀 撫子!!」

剣心「龍巣閃・咬!!」

互いの集中攻撃が激突する!!

ドカァァァァァン!!

剣心「中々の威力・・・!!」

男鹿「いけェ!!ベル坊!!」

ベル坊「ダァ!!」

ブン!!

ベル坊を剣心にぶん投げる!!

剣心「よけさせてもらう!!」

剣心は・・・よけたつもりだった!!

ベル坊「ダァァァァ!!」

ビリビリビリ!!

剣心「!?」

ベル坊から電気が出てそれが当たった!!

剣心「クッ・・・体が・・・!!」

痺れて一瞬動かなくなった!!

男鹿「今だ!!究極めり込みパンチ!!」

剣心「グッ!!」

更に!!

男鹿「魔王の咆哮!!」

ゴォォォォォォォォォォォォォ!!

剣心「グハァ!!」

左之助「剣心!!」

剣心「・・・アバレオーガの名は伊達じゃないでござるな・・・!!ならば!!こちらも奥義を尽くさせてもらう!!」

剣心「飛龍閃!!」

ビュン!!

男鹿はそれを片手で受け止めた!!

剣心「ハァ!!」

男鹿「なっ!?」

剣心はその鞘を上に振り男鹿を上に飛ばした!!

男鹿「このままじゃ落ちるな!!魔王の烙印!!」

男鹿は足元に烙印を出し落ちるのを回避!!

だが!!

剣心「よめていたでござるよ!!」

男鹿「!?」

男鹿が移動する所をよみジャンプして移動した!!

剣心「龍槌閃!!」

ドカァ!!

男鹿「グフゥ!!」

空から地面にめり込まさされた!!

男鹿「ハァ・・・ハァ・・・!!」

ヒルダ「かなりのダメージ受けてるな・・・!!」

男鹿「・・・いくぞ!!これでしめる!!」

男鹿「・・・オオオオオオオオオオオオオ!!」

男鹿は怒涛のラッシュを繰り出す!!

ドドドドドドドドドドドドドドドド!!

剣心は・・・それを逆刃刀で次々と受け止める!!

ガァンガァンガァンガァンガァンガァンガァン!!

そして・・・!!男鹿のラッシュが終わったとき!!



























































剣心「飛天御剣流奥義 天翔龍閃!!」

ジャキィィィィィィン!!

男鹿「グハァァァァァァァァ!!」

剣心屈指の奥義が炸裂!!

そして!!

・・・ドシャア

坂神「男鹿辰巳戦闘不能、勝者、緋村剣心!!」

剣心「すまないが勝たせてもらったでござるよ!!」

弥彦「これで剣心も準々決勝戦進出だ!!」

銀時「次の相手は・・・剣心か!!・・・面白くなりそうじゃねぇか!!」

坂神「医療班は二人の治療をお願いします!!では・・・則巻アラレちゃん!!黒神めだかさん!!戦闘の準備をお願いします!!」

アラレ「めだかちゃん!!本気でいっくよー!!」

人吉「千兵衛博士、ちゃんと改造してきましたよね?」

千兵衛「無論だ」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十九回戦則巻アラレ!!対!!黒神めだか!!開始!!」

次回!!ハチャメチャな女によるガチンコバトルが始まる!!

追記

べらぼうにスレッドの数が減っていますけど気にしないでください!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.650 )
日時: 2015/03/11 19:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

坂神さん!!お久しぶりです!!

エイジア「それにしても、さすが銀さんと剣心さんだね。」

十六夜「そうだな」

レイヴン「それで、次の試合がアラレとめだかか・・・・」

エイジア「何もないといいね」

十六夜「あのときはヤバかったな・・・・本当に」

ララ「そうですか?オーガと神の力で戦った方が私的にヤバイ気がしますが・・・・」

レイヴン「どちらにしろ、惑星一つが滅亡するな」

エイジア「怖いこといったね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.651 )
日時: 2015/03/13 00:10
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

良かった・・・コメント来なくて涙を流していたところです。コメント感謝です!!

エイジアさん

お久しぶりです!!

あの時は皆死を悟っていましたよ・・・

では本編です!!どうぞ!!

男鹿「畜生ゥ!!負けたァ!!」

剣心「イヤイヤ、主も中々の強さでござったよ」

男鹿、剣心はとも回復されていた・・・

男鹿「次は俺がお前に勝って土下座させてやるからな!!」

剣心「ああ!!心得たでござるよ!!」

そして!!

アラレ「めだかちゃん動き早いねー!!」

めだか(この馬鹿力の攻撃に当たるわけにはいかないからな!!」

めだかはアラレの攻撃をよけている!!

めだか(さて・・・どうせめようか・・・アラレはロボだから普通に殴っても効果はないな・・・ならば!!)

めだか「武装色硬化!!」

めだかは手に武装色を纏い・・・反撃にパンチ!!

アラレ「ほいっ!!」

ドカァ!!

二つの拳がぶつかる!!

その瞬間アラレは一瞬で後ろに回り込む!!

シュン!!

めだか「見聞色!!」

サッ!!

めだかはさらに後ろに回りこんだ!!

アラレ「まだまだ!!」

さらにさらに後ろに!!

めだか「こちらもだまだまだ!!」

さらにさらにさらに後ろに!!

アラレ「こっちだって負けないよー!!」

さらにさらにさらにさらに後ろに!!

めだか「負けるわけにはいかない!!」

さらにさらにさらにさらにさr

銀時「いやもういいわァァァァァァァァ!!後ろ取りあってるだけじゃ終わらねぇよ!!」

めだか「・・・ならば!!」

めだかは・・・暗器を取り出してアラレに投げる!!

アラレ「ほい!!」

回避!!

アラレ「キーン!!」

アラレは突進してきた!!

めだか「真っ向勝負だ・・・黒神ファントム!!」

ドコォォォォン!!

二つの体当たりが激突!!

アラレ「ほよ!!」

めだか「グハァ!!」

共にぶっ飛んできて壁にぶつかった!!

めだか「・・・流石だな・・・って不味い!!」

アラレ「んちゃあぁぁぁぁ!!」

ドゴォォォォン!!

壁にめり込んでいるときにんちゃ砲を出された!!

めだか「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

めだかに結構なダメージがきている・・・

めだか「・・・こうなったら!!」

めだかは・・・再び暗器を構えた!!

ヒュン!!

アラレ「ほいッ!!」

よけた・・・だが!!

ヒュン!!

ドスッ!!

アラレ「ふにゃ!?」

めだか「・・・ありがとな藤崎、スリングショット使わせてもらったぞ!!」

めだかはスリングショットをスキル「完成」でコピーして発動!!

アラレ「あれれ?体がうまく・・・」

めだか「これで体の動きは遅くなったぞ・・・!!今だ!!」

めだかが突進!!

アラレ「ジャーンプ!!」

ジャンプして回避!!

めだか「逃がすか!!」

ドカァ!!

めだかもジャンプして動きが鈍くなったアラレより高く飛びかかと落としを決めた!!

アラレ「ほえ〜」

めだか「・・・よし、一気に決める!!言葉の重み!!」

アラレ「あれ!?」

めだかはアラレの体の動きを封じる!!

めだか(・・・かなり体が痛むだろうが仕方ないな・・・!!やるぞ!!)

そして!!






















































めだか「武装色硬化連続黒神ファントム!!」

ドカァドカァドカァドカァドカァドカァ!!

めだかは何ども黒神ファントムを頭を武装色硬化して連続で攻撃!!

流石のアラレもこれには・・・

・・・ドシャア

耐え切れず・・・

坂神「則巻アラレ戦闘不能!!黒神めだかの勝利です!!」

千兵衛「凄いな・・・アラレの動力ジェネレーターを壊すとは・・・」

あかね「そう言っている場合か!!早く修理しないと!!」

千兵衛「そ、そ、そ、そうだった!!」

人吉「やったなめだかちゃん!!これで準々決勝戦進出だ!!」

球磨川『さて』『ここから勝てるのかなぁ?』

めだか「ああ・・・このまま優勝までいくぞ!!」

坂神「医療班は二人の治療をお願いします!!では・・・うずまきナルトさん!!両津勘吉さん!!戦闘の準備をお願いします!!」

両津(大量に銃撃型ラジコンを製造してきた・・・更にエイジアから借りたパワースーツとわしのパワースーツを配合した真パワースーツを作り上げたぞ!!かたせてもらうぞ!!)

ナルト(こうなったら連続して攻撃するしかないってばよ!!攻撃して攻撃して叩き伏せるってばよ!!)

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第二十回戦うずまきナルト!!対!!両津勘吉!!開始!!」

次回!!莫大なスタミナの所持者が激突!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.652 )
日時: 2015/03/13 19:14
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「次は両さんとナルトさんですね」

エイジア「どうしよう・・・・まだあれ副作用があるけど」

十六夜「多分大丈夫だろ」

レイヴン「これのどちらかがめだかと戦うな」

エイジア「私的にナルトが勝つと思うけどね」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.653 )
日時: 2015/03/14 00:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

両さんとナルト、果たして勝者は!?

では本編です!!どうぞ!!

千兵衛「やれやれ、修理できたぞ・・・手伝ってくれて感謝するぞ!!」

ララ「いえいえ!!アラレちゃんってこういう構造しているんだね!!」

アラレ「ほよよ?私負けたの?」

めだか「クゥ!!副作用が・・・!!」

人吉「速く治さなくちゃ!!皆も協力してください!!」

サクラ、織姫、クラピカ、エイジア「はい!!」

アラレ「めだかちゃん大丈夫?」

めだか「・・・心配してくれてありがとな」

アラレ「うん!!また今度プロレスやろうね!!」

めだか「ああ!!」

銀時「これでも食って元気出せよ」

差し出したのは・・・よりによって宇治銀時丼

めだか「うん、遠慮しておこう」

そして!!

両津「ちょこまか逃げるな!!」

ドキュンドキュンドキュンドキュン!!

サッサッサッサッサッ!!

ナルト(銃撃が邪魔だってばよ!!)

ナルトは両津の銃撃を何とかかわして・・・接近のスキを狙っている!!

ナルト「こうなったらいきなりならせてもらうってばよ!!仙人モード!!真風遁螺旋手裏剣!!」

キュゥゥイン!!

両津「あぶね!!」

サッ!!

上にとんだ!!

ナルト「甘いってばよ!!」

両津「んなっ!?」

とんだ先に・・・大量の影分身!!

両津「撃ち消してやる!!」

ドキュンドキュンドキュンドキュンドキュン!!

ナルトの影分身は次々と消えていく!!

だが!!

両津「しまったぁ!!弾きれたァ!!」

ナルト「決めるってばよ!!」

ナルト本人が両津の前に!!

キュゥイイイイイイイン!!

ナルト「螺旋g」

ドキュン!!

両津「かかったな!!」

実はきれたふりをした!!螺旋丸を撃って破壊!!

両津「今度はわしのタイマンでしとめてやる!!」

ナルトが両津のところに飛びこんできたところをフルボッコするつもりだ!!

ナルト「・・・なら!!俺の体術を見せてやるってばよ!!」

ナルトは・・・拳をふった!!

ブン!!

両津「甘いぞ!!」

ガシッ!!

受け止めた・・・だが!!

・・・ドバァ!!

両津「グハァア!!」

何故かぶっ飛んだ!!

両津「クソォ!!何で受け止めたのに!?」

ナルト「これが・・・俺の体術!!蛙組み手!!」

ケンシロウ「蛙組み手!?いったいなんだ!?」

ヒナタ「ナルト君から話を聞いていた私が説明します!!・・・どうやら・・・仙人のみが使える特別な自然チャクラを使いそのチャクラを使い攻撃範囲を広げて相手を殴っているようです」

両津「・・・だが・・・まだまだ!!ロケット花火ランチャー!!」

ドカァァン!!

ナルト「・・・影分身の術!!そして仙法・螺旋連丸!!」

ボボォン!!

キュゥゥゥイン!!

ドカァァァァァン!!

ナルトは影分身に螺旋連丸をさせてロケットランチャーとぶつかり同時に爆発!!

両津「やるな・・・なら本気で行くぞ!!でてこい我が愛器ラジコンペリコプター軍団よ!!」

ブルルルルルルルルルルルルルル・・・

大量のラジコンヘリコプターが出てきた!!

麗子「いつあんなに作ったの!?」

中川「先輩昨日徹夜して作ってましたよ・・・」

部長「全く・・・この執着が仕事にむかってくれたらいいものを・・・」

ナルト「こちらも・・・いかせてもらうってばよ!!・・・口寄せの術!!出てこいガマ吉!!」

ボボォン!!

ガマ吉「何じゃいナルト!!食事中だと言うのに呼びやがって!!」

ナルト「すまねぇ!!それより・・・!!あのゴリラのおっさんごと俺をお前の上に乗せてくれ!!」

ガマ吉「分かった!!」

ガマ吉は・・・渾身のドスを振るう!!

両津「当たるかよ!!」

ジャンプで回避!!

ガマ吉「今じゃ!!」

ガマ吉は一瞬で両津の下に潜り込んだ!!

ナルト「サンキュー!!」

ナルトはガマ吉の上に乗った!!

ナルト「ガマ吉!!上に上がってくるラジコンヘリコプターを次々と切っていってくれ!!」

ガマ吉「分かっわい!!」

ナルト「さぁて、正々堂々勝負だってばよ!!」

両津「これくらいじゃへこたれんぞ!!ガトリング砲用意!!」

ガシャン!!

ナルト「なら!!それを斬らせてもらうってばよ!!真風遁螺旋手裏剣!!」

キュゥゥイン!!

両津「当たるかよ!!」

ナルト「さっきのパターン二回目だってばよ!!」

跳ねた先に影分身!!

両津「今度はその手にはかからんぞ!!手榴弾!!」

ドカァァァン!!

ナルト(影分身達)「なっ!?」

爆発によりナルトの影分身がひるんだ!!

両津「今のスキに本人を撃つ!!」

ドドドドドドドドドドド!!

ドシュ!!

ナルト「グハァ!!」

カカシ「ナルト!!」

一撃決まった!!

ナルト「痛テェ・・・!!」

両津「このまま決めるぞ!!」

再び銃口をナルトに向けた!!

・・・だが!!








































ボォン!!

両津「!?」

ガマ吉が急に消えた!!全てのラジコンヘリコプターを壊したのだ!!

ナルト「ありがとなガマ吉!!」

両津「何の!!」

ドドドドドドドドドドド!!

空中でナルトを狙い撃つ!!

ナルト「グハァ!!

すべての銃撃がナルトにヒット!!

・・・だが!!

ガシッ!!

両津「何だ!?」

ナルト「引っかかったってばよ!!」

両津が空中で撃ったナルトは影分身!!そして・・・他のナルトの影分身は両津の両手と両足を抑えた!!

両津「くそぉ!!離せ!!」

ナルト「・・・悪いが両さん・・・これで・・・決めさせてもらうってばよ!!多重影分身の術!!」

ボボボボボボボォン!!

ざっと千体の影分身が現れた!!

ナルト「アンタのスタミナはものすごく多いいと聞いているってばよ・・・でも・・・これに耐えることができるってばよ?」

キュゥゥゥゥゥゥイン!!

超大玉螺旋丸を・・・大量に作り始めた!!

両津「ま、まさかそれを・・・!!」

ナルト「遠慮なしでやらせてもらうってばよ!!」

両津「・・・わしここらへんで有名なラーメン屋知っているぞ、今度紹介するからやm」

ビュン!!

1000体は・・・一斉にジャンプした!!


















































ナルト「仙法!!超大玉螺旋多連丸!!」

ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァンドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァンドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァンドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!

ナルト「まだまだァ!!」

ナルトは再び影分身!!そしてそれもまた超大玉螺旋丸を作りぶつけ続ける!!
ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!ドカァン!!

そして・・・流石の両さんも・・・耐えきれず・・・

ドシャア・・・

坂神「両津勘吉戦闘不能!!うずまきナルトの勝利!!」

ナルト「よっしゃあ!!これで俺も準々決勝進出だってばよ!!」

サクラ「よかったじゃない!!」

サスケ「お前・・・いつまで隠すつもりなんだ?あの姿にずっとならないで・・・」

ナルト「ああ、そろそろ・・・使うかもしれないってばよ・・・次の戦闘相手が・・・アイツだからな・・・」

めだか「次の相手・・・おもしろい!!かなり強そうだ・・・!!たぎる!!」

ナルト「ああ!!上等だってばよ!!全力で戦わせてもらうってばよ!!」

纏「流石の勘吉でも無理だったか・・・」

麗子「でも頑張った方だと思うわ」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!では・・・鵺野鳴介
さん!!孫悟空さん!!次の試合の準備をお願いします!!」

郷子「精一杯頑張ってぬ〜べ〜!!」

鵺野「全力で戦い・・・出来るなら勝ってみせる!!」

べジータ「カカロット!!油断するなよ!!」

悟空「ああ!!本気でやってやんぞ!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第二十一回戦鵺野鳴介!!対!!孫悟空!!開始!!」

次回!!超戦士にぬ〜べ〜が立ち向かう!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存