二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.639 )
日時: 2015/02/19 18:51
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「あれ?対戦相手変わってないね」

ララ「そう言えばそうですね。」

エイジア「それよりララは、死んだらどうなるの?」

ララ「うーん、そうですね。肉体が死ぬだけで、魂だけは生きるので神様の姿になって生きることになります。今は無理ですが」

エイジア「そうなんだ」

ララ「でも、友達とかに会えないのが辛いです。後、覚醒が出来なくなります」

エイジア「やっぱり、同じか・・・・・」

ララ「同じ?」

エイジア「私は、天使なんだ。でも、翼が燃えてもう飛べないけど」

ララ「そうだったんですか!?」

エイジア「んで、そんな私を救ってくれたのがボンゴレ九代目だったんだ。それから、守護者になってたんだ」

ララ「すごいですね」

エイジア「でも、翼を戻したいという思いはあるけど」

ララ「それならこれがいいと思います!」

エイジア「ん?それは?」

ララ「時の水といい、この水をかけると元に戻るんです。例えるならカブトムシから幼虫になる感じです。」

エイジア「ほう、」

ララ「では、やってみましょう。エイジアさん、服脱いでください」

エイジア「う、うん・・・」

ララ「えーと、ほんの少しっと」

エイジア「おお!翼が元に戻った!!」

ララ「よかったですね」

エイジア「うん、でも、これで覚醒は出来なくなったね」

ララ「え!?それでも良かったんですか!?」

エイジア「うん、元々覚醒は天使の時の力を引き出す時の姿だし、氷の神銃はユナが武器になったものなんだ」

ララ「そ、そうだったんですか・・・・」

エイジア「でも、これで久しぶりに空が飛べるよ!!ありがとう!」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.640 )
日時: 2015/02/20 00:15
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん
訂正しました、すみませんでした。

では本編です!!どうぞ!!

零「む・・・やっと酔いが醒めた・・・」

千棘「私もよ・・・」

斉木「直してもらってよかった・・・あのままだったら地球を滅ぼしていたぞ・・・」

ラッキーマン「勝てて良かったァ!!」

千棘「そもそもアンタがあんな攻撃したからあんなに回ったのよ!!」

零「だ、だからなんだと言うのだ!?そ、そんな事言うと・・・零ちゃんぶつじょ!!」

バシィン!!

零「ひでぶ!!」

千棘「黙りなさい!!」

その頃・・・

球磨川『・・・良いもの見せてもらったよ(鼻血出している)!!』

本城「・・・球磨川さんエイジアさんの着替え見てました?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

球磨川『落ちつけよ』『白髪美人さん』『そのお礼をしてあげようかなぁ』『って思ったのになぁ』

本城「何するつもり?」

球磨川『考えてみなよ』『僕ら後に旅行行くんだぜ?』『そんな時に体に羽が生えていたら皆どう思うかな?』

エイジア「・・・まぁ確かに一理あるね」

球磨川『だからさ』『僕が大嘘憑きで羽が生えて「なかった事」にしてあげるよ』『その後僕が虚数大嘘憑きでそのなかった事をなかった事にしてあげるから』

エイジア「うーん・・・そうね、その代わり・・・また戻してくれるよね?」

球磨川『いいぜ?』

エイジア「分かったわ!!」

球磨川『大嘘憑き』

エイジアは一旦羽が生えて「なかった」事にされたが・・・これが後に予想外の事態になることをまだ知らない・・・

そして!!

トリコ「中々の身のこなしじゃねぇか!!」

ゴン「ありがとう!!」

ドゴッ!!サッ!!ガッ!!

トリコの攻撃をよけながらゴンは攻撃する戦法を取っている!!

トリコ「じゃあ・・・そろそろ本気を出すか!!フォークアーマー!!」

ガキン!!

ゴン「え!?」

トリコはゴンの蹴りをガードして・・・

トリコ「50連・・・釘パンチ!!」

ドカァドカドカドカドカドカドカドカドカドカァ!!

ゴン「グヌゥ!!」

結構なダメージを与えた・・・

ゴン「・・・ここからが本番だよ!!最初はグー!!じゃんけんパー!!」

トリコ「フライングレッグナイフ!!」

ドガァ!!

ナイフで念弾をぶった斬る!!

トリコ「フライングフォーク!!」

ゴン「当たらない!!」

サッ!!サッ!!サッ!!

トリコ「じゃあ・・・行くぜぇ!!」

トリコは急接近!!そして!!

トリコ「アルティメットルーティン!!ツイン80連ネイルガン!!」

ドゴォンドゴォンドゴォンドゴォン!!

ゴン「グワワァ!!」

キルア「ゴン!!(トリコさん強すぎる・・・)

ゴン「でも・・・でも・・・でも!!負けたくない!!」

ゴンは・・・急接近して!!

トリコ「じゃあそろそろ決めさせてもらうぜ!!キャノンフォーク!!」

だが!!

ゴン「甘いよトリコさん!!」

ドカァ!!

ゴンは石板をひっくり返して・・・トリコがそれを壊したスキに!!

ゴン「最初はグー・・・・・・じゃんけん!!グー!!」

ドカァァァァァン!!

トリコ「グホァ!!」

渾身のジャジャン拳でトリコは結構ぶっ飛ばされた!!

ゴン「まだまだ!!最初はグー!!」

ゴンは念力を貯めながら移動して・・・更にトリコが・・・受け身を取った瞬間!!

ゴン「じゃんけんチー!!」

ザクゥ!!

トリコ「グハァ!!」

ゴン「トドメだよ!!最初はグー!!じゃんけんパー!!」

チーでぶっ飛ばされたトリコをパーで追撃!!ジャジャン拳三連続コンボ炸裂!!

トリコ「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・やるねェ、こうなったら・・・ウオオオオオオオオオオオオオオ!!」

トリコは自らのグルメ細胞を活性化させて・・・

トリコ「悪いが・・・これで終わりだ!!」

ゴン「しまった!!」

トリコの気迫でゴンをひるませて・・・




























































トリコ「ジェット釘パンチ!!」

ドカァァァァァァァァァァァァァン!!

一瞬で頑丈な壁にゴンをぶつけて大きな穴を開けた!!

・・・ドシャア・・・

坂神「ゴン=フリークス戦闘不能!!トリコの勝利です!!」

トリコ「ありがとな!!楽しかったぜ!!」

小松「やりましたねトリコさん!!」

レオリオ「大丈夫か!?」

キルア「早く治療しないと!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ルフィ「今度こそ俺が出るぞ!!」

ジャン!!








































第十四回戦、モンキーDルフィVS緑谷出久

ルフィ「・・・よっしゃあああああああああああああああ!!」

ゾロ「ルフィの番遅かったな」

出久(゜д゜)

オールマイト「大丈夫さ!!君ならやれる!!」

出久「・・・分かりました!!やってみます!!(号泣)」

飯田「泣きながら言わないほうがいいと思うよ!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十四回戦!!モンキーDルフィ対!!緑谷出久!!開始!!」

次回!!出久!!強敵を敗れるか!?

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.641 )
日時: 2015/02/22 22:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません!!大分更新しませんでした!!

では本編です!!どうぞ!!

クラピカ「凄いダメージ受けたんだな!!癒す親指の鎖!!」

ココ「トリコ・・・少し手がげんする必要あったんじゃないかな・・・?」

トリコ「・・・すまねぇ、本気出しすぎた」

キルア「いいよ、大丈夫さ、ゴンはこれくらいだったら2時間寝れば自然に治るって」

そして!!

ルフィ「ゴムゴムの〜鞭!!」

出久「うわわぁ!!」

ルフィの攻撃に出久は一方的に逃げている・・・

出久「ブツブツブツブツ・・・(どうしよう・・・どうやってワン・フォー・オールを当てよう・・・あれは一度で当てないと・・・攻撃した部分が壊れちゃうから・・・どうしよう・・・)」

オールマイト「頑張れ緑谷君!!」

出久「・・・なら!!」

出久は・・・動きを止めた!!

ルフィ(何で動きを止めたんだ?・・・まあいいや!!)

ルフィ「ゴムゴムの〜銃弾!!」

だが!!

出久「ハアッ!!」

ピョン!!

それをよけて!!

出久「捕まえt」

ヒュン!!

バシン!!

出久「え」

ルフィ「残念だけど俺の手はそう簡単に捕まんねぇよ!!」

出久はルフィの手を掴んで引っ張って引き寄せて攻撃しようと考えたのだがそう簡単にはいかない・・・

ルフィ「そろそろ行くぞォ!!ギア2!!」

シュン!!

出久「来る!!」

ルフィ「ゴムゴムの〜JETスタンプ!!」

だが!!

出久「借りるよゴン君!!」

ドカァ!!

キルア「アイツ!?」

ゴンの使っていた石板返しをエイジアから借りたパワースーツを利用して発動し出久が再び使う!!

更に!!

出久「今だ!!」

ビュン!!

ルフィ「マジか!?」

出久はまたパワースーツを使い上へ飛ぶ!!

そして!!

出久「おおおおお!!」

上からルフィに接近!!

ルフィ「不味い!!・・・なら!!」

ルフィは出久の落下地点に向けて・・・攻撃をするようだ!!

ルフィ「ゴムゴムの〜巨人銃!!」

出久「来っ!!」

出久はこれを待っていた!!その巨大な手に捕まり!!

ルフィが手を引き寄せた時に・・・ワン・フォー・オールを決めるようだ!!

出久「これでどうだッ!!」

ルフィ「振り落とすぞ!!ゴムゴムの〜連接鎚矛!!」

ブルンブルンブルンブルン!!

出久「うわああああああああああああああ!!」

ルフィ「・・・こうなったら!!」

ルフィは会場の壁に近ずき!!壁に出久ごと手をぶつけるようだ!!

ドカァドカァドカァ!!

出久「痛ァ!!・・・しょうがないか!!」

出久は手から離れた!!

ルフィ「今だ!!武装色硬化!!ゴムゴムの〜」

ガシッ!!

出久「え!?」

ルフィ「鐘!!」

ドゴォ!!

ルフィ「まだまだァ!!」

更に!!

ルフィ「ゴムゴムの〜JETバズーカ!!」

ドガァァァン!!

出久「グワァァァア!!」

麗日「デク君!!」

かなりのダメージを喰らった!!

出久「ハアッ、ハアッ、ハアッ・・・」

爆豪(無駄だな、デクがアイツに勝てる訳ねぇよ)

オールマイト(緑谷君・・・でも・・・諦めたら・・・)








































































オールマイト「そこで終わりだ!!」

出久「まだ・・・まだ!!」

出久は立ち上がる!!

ルフィ「スゲェ・・・」

ゾロ「予想以上に骨があるじゃねぇか・・・」

出久「こうなったら・・・!!これしかない!!」

出久は・・・諸刃の攻撃を決意した!!それは!!
































































ルフィ「なっ!?」

ルフィの近くに・・・いつの間にかに出久が!!

出久(もう・・・動けない・・・!!)

出久は足にワン・フォー・オールを使い急接近!!

出久(この一撃で・・・決めるしかない・・・!!)

出久「ワン・フォー・オール!!」

SMASH!!

ドカァァァァァァァァァァァァァ!!

ルフィ「ぐあァァァァァ!!」

麦わら一味勢「ルフィ!!」

出久「グゥウ!!」

ルフィは・・・倒れた!!

ドシャア・・・

ウソップ(嘘だろ!?ルフィの奴いきなりここで負けるのかよ!?)

ナミ(あの男の子凄い・・・!!ルフィに膝をつかせるなんて!!)

果たして・・・ルフィは!?
































































ルフィ「・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・」

ルフィは・・・再び立っていた・・・・

出久「・・・そんな・・・!!」

オールマイト(あれで立てたとは・・・これ以上は緑谷君は無理だ・・・片手や片足が・・・もう動かないだろうからな・・・)

だが・・・

出久「ま、い、痛い・・・ま、まだ・・・・だ・・・!」

出久は・・・まだ立っていた・・・

ルフィ「・・・無理するな!!」

出久「・・・あ、諦めない・・・!」

ルフィ「・・・お前は・・・もう十分ヒーローだ!!」

出久「・・・え?」

ルフィ「スゲェよお前・・・俺もたってるのギリギリなんだぞ・・・!!」

サンジ「マジか!!」

ルフィ「だから・・・もし完全に体を壊したら・・・・ヒーローになれねぇ!!だから・・・!!」

出久「・・・嫌です!!」

ルフィ「・・・俺はこれ以上お前を殴りたくねぇ!!・・・多分お前後俺が一撃決めたら倒れるぞ!!」

出久「・・・でも!!諦めたくないんでず!!(涙目)」

ルフィ「分かる!!その気持ちは!!俺もお前みたいな怪我を負ってもあきらめねぇよ!!・・・でも・・・動けねぇだろ!!」

出久「じゃあ・・・貴方は動けなくなっても諦めますか?」

ルフィ「・・・諦めねェ!!」

出久「だ、・・・だから!!」






























































出久「僕もあきらめない!!」

まさかの・・・ワン・フォー・オールを壊れていないもう一つの足に発動!!

・・・だが・・・

ワン・フォー・オールをルフィに決めようとした瞬間・・・

・・・・ドシャア・・・

ルフィの前で・・・出久は・・・倒れた・・・

ルフィ(すまねぇ・・・俺らしくない事言ってたな・・・)

ルフィ(なんでだろうな・・・!お前が・・・傷ついて欲しくなかったんだと・・・俺は思ったんだ・・・幼い頃の俺に似ていたから・・・!)

坂神「緑谷出久戦闘不能!!モンキーDルフィの勝ち!!」

オールマイト「・・・よくやった緑谷君!!」

飯田「・・・やっぱり君は凄いよ・・・緑谷君・・・」

ドシャア

チョッパー「嘘だろ!?ルフィも倒れた!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!








































第十五回戦、ケンシロウVSボボボーボ・ボーボボ

ケンシロウ「俺の番か・・・」

バット「勝てよケン!!」

ボーボボ「お前に鼻毛真拳をみせてやるぜ!!」

ケンシロウ「そのようなふざけた拳など俺には通用しないぞ!!

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十五回戦!!ケンシロウ対!!ボボボーボ・ボーボボ!!開始!!」

次回!!北斗神拳対鼻毛真拳!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.642 )
日時: 2015/02/24 23:55
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では続きです!!どうぞ!!
後すみませんが・・・
今日幾つか投稿したら二週間更新停止します!!
理由はやはり試験が迫ってきているので・・・
という訳で!!お願いします!!
では本編です!!どうぞ!!

サクラ「かなりの重症ね・・・結構チャクラを使いそう・・・」

綱手「そうだな」

ナルト(・・・見事だったばよ、出久)

リー(・・・君ならヒーローになれると思います)

ヒナタ(・・・私や・・・ナルト君、リーさんに・・・似ているから・・・応援してるよ、デク君!!)

サスケ「オールマイト」

オールマイト「何だい?」

サスケ「アンタとんでもない逸材を引き出したな・・・アイツはヒーローになれるだろうよ」

オールマイト「・・・君もそう思うか!!」

サスケ「なんでか教えてやろうか?・・・アイツに似ていてヒーローになった男に・・・俺は救われたんだ」

オールマイト「・・・ナルト君か・・・そうか彼も・・・」

サスケ「ああ」

オールマイト(・・・君を認める人が多いなここは・・・ここで君はもっと強くなれるだろう!!頑張れ!!)

そして!!

ケンシロウ「あたたたたたたたたたたたたたたたた!!」

ボーボボ「おりゃららららららららららら!!」

ドドドドドドドドドドドドドドドド!!

ケンシロウは北斗百烈拳、ボーボボは鼻毛激烈拳を繰り出す!! 

ちなみにケンシロウの北斗神拳は秘孔をつかれてもダメージをうけるだけになっている・・・

ケンシロウ「むん!!」

ガシッ!!

ボーボボ「何!?」

ケンシロウは鼻毛を掴み!!

ケンシロウ「ハアッ!!」

ブン!!

ボーボボを上に飛ばす!!

そして!!

ドカッ!!バキッ!!

ケンシロウ「交首破顔拳!!」

ボーボボ「グホォ!!」

交首破顔拳が炸裂!!

ボーボボ「・・・だからとて負けんぞ!!亀村水没!!」

ビュビュビュビュン!!

ケンシロウ「甘い!!」

ケンシロウはヌンチャクをとりだした!!

ブンブンブンブンブン!!

鼻毛を弾く!!

ボーボボ「これが無理なら!!これでどうだ!!サウザンド鼻毛波!!」

ケンシロウ「そんなのが当たるか!!」

サッ!!

ボーボボ「これでどうだ!!鼻毛バズーカ!!」

ルフィ「俺またパクられたんだけd(強制終了)」

ボカァン!!

ケンシロウ「フン!!」

ケンシロウはそれを両手で弾く!!

ケンシロウ「北斗!!残壊拳!!」

ビシィ!!

ボーボボ「グフゥ!?」

ケンシロウ「貴様を3秒後に襲うのはかなりの激痛!!」

ボーボボ「グハァァァ!!」

かなりのダメージを受けた!!

ボーボボ「・・・やるじゃねぇか!!なら・・・これで・・・決めてやる!!」

果たしてボーボボが・・・使う技は!?









































































ボーボボ「柔拳法・八卦六十四掌」

ヒナタ「・・・え?」

ボーボボ「二掌!!」

ビシ!!ビシ!!

ボーボボ「四掌!!」

ビシビシビシビシ!!

ボーボボ「八掌!!」

ビシビシビシビシビシビシビシビシ!!

ボーボボ「十六掌!!三十二掌!!」

そして!!

ボーボボ「六十四掌!!」

ビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシ!!

ケンシロウ「グホォ!!」

ヒナタ「ナルト君・・・泣いていいかな?(涙目)」

ナルト「・・・分かる、分かるってばよその気持ち」

ボーボボ「これで貴様は気をもう発することはできん!!」

ケンシロウ「・・・ならば!!転龍呼吸法!!」

ヒュウウウウウウウウ!!

ケンシロウは全力を出し点穴の呪縛を壊した!!

ボーボボ「これで終わりだ!!全宇宙鼻毛裁判!!冥王星の裁き!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ケンシロウ「北斗七死星点!!」

ドゴッドゴッドゴッドゴッドゴッドゴッドゴォ!!

巨大隕石をぶっ壊す!!

ボーボボ「・・・この奥義をよけれるものはいない!!鼻毛横丁!!」

ケンシロウ「グフゥ!!」

無数の鼻毛がケンシロウに炸裂!!

ケンシロウ「・・・みせてやろう!!天破の構え!!」

そして!!

ケンシロウ「北斗神拳奥義!!天破活殺!!」

ボーボボ「ゲホォ!!」

ボーボボは・・・もう体力が限界だった・・・

ボーボボ「・・・これでケリをつけるぞ・・・鼻毛三大極意!!熱炎漢浪漫!!」

ビュティ「嘘!?あれを使うの!?」

全員「あれって?」

ビュティ「魂の熱さを敵に与えるという極意で、攻撃を受けると物理的なダメージだけでなく、体を焼き尽くす様に敵の精神に直接ダメージを与える。これを使った時のボーボボ達は、どんな敵も恐れない熱血漢となるの、そしてそれで使える漢拳は己の拳と引き換えに敵を倒すという技!!」

サスケ「すなわち諸刃の拳ってわけか・・・」

ボーボボ「本気でぶつかり合ってこそ!!男は分かり合えるものだ!!」

ケンシロウ「!!(この男・・・ただのアホじゃなかったようだな・・・)」

ボーボボ「いくぞケンシロウ!!」

ケンシロウ「・・・来い!!」

果たして!!














































ボーボボ「デリャア!!」

ブン!!

ケンシロウ「ハッ!!」

ガッ!!ボキボキボキ!!

ボーボボ「グハァ!!」

ケンシロウ「グヌゥ!!」

ボーボボの渾身の拳がケンシロウに・・・当たった!!

それをケンシロウはそれを片手で止めた!!

ボーボボは・・・攻撃した両手が壊れ・・・ケンシロウは受け止めた片手が壊れた・・・

だが!!

ケンシロウ「さらばだ!!」

もう一つの手が・・・残っていた・・・

ケンシロウ「あたたたたたたたたたたたたたたたたた!!わたァ!!」

ドドドドドドドドドドドドドドドドカァ!!

ボーボボは・・・北斗百烈拳を喰らい・・・

ボーボボ「ゴホゥ・・・・まだ・・・」

ケンシロウ「悪いが貴様がたっていられるのは後十秒!!」

そして・・・

ボーボボ「グハァァァァァァァァァァァァァァ!!」

・・・ドシャア

坂神「ボボボーボ・ボーボボ戦闘不能!!ケンシロウの勝利です!!」

ケンシロウ「糞・・・片手が・・・」

綱手「早く二人共治すぞ!!」

サクラ「はい!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では最後の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!

































































































第十六回戦、ジョナサンジョースターVSアクセル

ジョナサン「最後に僕の番か!!」

エリナ「頑張って!!ジョナサン君!!」

ミラ「大丈夫アクセル?」

アクセル「ああ・・・何とか撃破してやろう!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十六回戦!!ジョナサンジョースター対!!アクセル!!開始!!」

次回!!吸血鬼にジョジョは勝てるか!?今回は三連続で投稿します!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.643 )
日時: 2015/02/24 23:57
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

続きです!!どうぞ!!

ビュティ「ボーボボ大丈夫!?」

首領パッチ「大丈夫だ!!もしコイツが死んだら俺が主人公だ!!」

全員「いやそういう問題じゃねぇだろ!!」

ケンシロウ「この男・・・ただのアホかと思ったがそうでもなかった・・・」

トキ「この先の戦いも油断しない方がいいな」

ケンシロウ「ああ・・・」

そして!!

ガキン!!シュッ!!サッ!!ガキン!!

アクセル「糞っ・・・なかなかの瞬発力だ・・・」

ジョナサン「そう僕を噛もうとしない方がいいですよッ!!僕は吸血鬼との戦いは慣れているんだッ!!」

アクセルは何度も生える爪を飛ばしたり、短刀を駆使してジョナサンを噛むスキを見つけようと攻撃するもジョナサンはそれに槍などを駆使して見事に防いでいる!!

アクセル「こうなったら・・・幻獣モードだ・・・!!」

ゴォォォォォォォン!!

ジョナサン「強くなったように見える・・・ならば!!」

ジョナサンは・・・波紋呼吸法をし始めた!!

ジョナサン「波紋の威力で君を倒すッ!!」

ちなみにこのステージでは吸血鬼が波紋をくらっても死なないで大きいダメージを与えるだけに改良されている・・・

ジョナサン「行くぞ!!ズームパンチ!!」

ドカァ!!

アクセル「当たらないぞ!!」

サッ!!

アクセル「くらえ!!」

シュシュシュシュシュシュシュシュン!!

大量の爪をジョナサンに投げる!!

ジョナサン「生命磁気への波紋疾走!!」

サァアアアアアアア!!

アクセル「何・・・!?」

ジョナサンは会場の周りの葉を全て集めて爪の攻撃から守る!!

アクセル「ならば!!」

アクセルは短刀でジョナサンを襲う!!

それを・・・

ガキン!!

槍で防ぐ!!

そして!!

ジョナサン「銀色の波紋疾走!!」

ジュウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!

アクセル「グワァァァァァァァァァ!!」

ミラ「アクセル!!」

アクセル「ぐゥう・・・」

剣を持っていた左手にかなりのダメージを受けた・・・

アクセル「・・・そろそろ、やるか!!」

アクセルが取り出したのは・・・

白吸血鬼の血!!

カワサキ「おいあれって・・・もしかしてあの女から血を吸血したときに採っておいたのか!?」

アクセル「ああ・・・どうやら今・・・使うときのようだ!!」

ゴックン・・・サアアアアアアッ・・・

黒子「髪の毛が白くなってきますね・・・」

アクセルは・・・さらなる力を得た!!

アクセル「この血は・・・愛する者の血だ・・・!!」

ジョナサン「・・・君にも愛する人が・・・僕もいるよ、誰よりも愛している人が」

エリナ「ジョナサン君・・・」

ジョンサン「・・・じゃあ、決着をつけよう!!」

アクセル「ああ!!」

シュン!!

ジョナサン「んなっ!?」

アクセルは・・・皆に見えない速さでジョナサンに接近!!そして!!

ガブッ!!

ジョナサン「ぐわぁぁぁ!!」

ツェペリ「大丈夫か!?」

アクセル「これで動きは封じた・・・」

アクセルは・・・大量の爪を構えた!!

アクセル「終わりだ!!」

・・・だが!!









































アクセル「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ナヴィ「アクセル!!どうしたの!?」

何故かアクセルは苦しみだした!!

ジョナサン「悪いけど・・・君で確かめさせてもらった・・・ディオ達吸血鬼に噛まれたときの対処法を!!」

ジョナサンは噛まれたときに・・・青緑色の波紋疾走を発動!!自らの血からアクセルの口に波紋を流し込んだ!!

ジョナサン「これで決めさせてもらいますっ!!」

そして!!










































ジョナサン「山吹き色の波紋疾走!!」

バババババババババババババババ!!

容赦なき波紋を手に込めた怒濤のラッシュ!!

ジョナサン「オオオオオオオオオオオオ!!」

ドグシャア!!

壁に殴り飛ばされ・・・

ドシャア・・・

倒れた・・・

坂神「アクセル戦闘不能!!ジョナサンジョースターの勝利!!」

ジョナサン「やったぞ!!」

スピードワゴン「見事だぜジョナサンさん!!」

ツェペリ「まさかここまで波紋を使いこなせるようになるとはな・・・強くなったな・・・」

ミラ「凄い・・・まさかアクセルを倒せるなんて・・・」

ジョナサン(君は・・・ディオと違い、正義の吸血鬼だった、ディオも・・・そうであったらよかったのに・・・)

坂神「・・・そして!!これにより予選を終了します!!」

両崎「予選勝者は・・・この16名だ!!」

坂田銀時、剣桃太郎、男鹿辰巳、緋村剣心、則巻アラレ、黒神めだか、うずまきナルト、両津勘吉、ぬ〜べ〜、孫悟空、一堂零、ラッキーマン、モンキーDルフィ、トリコ、ケンシロウ、ジョナサンジョースター

猿悟巻「という感じだぜ!!」

坂神「では・・・準準々決勝の組み合わせを発表します!!」

いよいよ準準々決勝の組み合わせ発表!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。