二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.634 )
日時: 2015/02/17 07:06
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「次は、零さんたちですか・・・・」

十六夜「特に凄い、と思える技無いよな。」

エイジア「まあ、戦闘キャラじゃない人はパワースーツを渡さないとね」

レイヴン「そうだな」


後、今後いろいろ忙しくなるのでコメント出来ません。
時間を見つけたかしますが。

本当にすいません。

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.635 )
日時: 2015/02/17 21:30
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

おいっす、久し振りです。

メイドウィン『そーいや大会なのに実況者いないな、寂しいぞ。』
ピット『え?ナレーションが実況の代わりじゃないですか?』
メイドウィン『んなわけあるか』
ブラピ『だが仮にだがお前が実況と解説持ってきたらどうなると思う?』
メイドウィン『え?う〜む・・』
ポワワ〜ン・・

メイドウィンにとっての実況イメージ

その1
スピードワゴン『さぁ、因縁の戦いが始まってしまった!!ァァーーッ!!不意打ちが決まっちまった!!これはいてぇ!立てることは出来んのか!?ァァーーッ!!立ちやがった!!足の骨が折れながらも立ちやがった!!』
銀時(坂)『るっせぇよボケ!!』


その2
ハデス『始まっちゃった因縁でもない戦い、チャンネルはそのまま♪』
銀時(坂)『なにこのオッサン!?見た目は完全にラスボスなのに口調がクッソウゼーンだけど!!』
ハデス『ん〜銀時きゅんは後で裏に来るとこ♪忘れないでね?』
銀時(坂)『誰が銀時きゅんだ!!』

その3

フーゴ『は
ジョジョ組『お前は許可しないィィィーーーッ!!』
フーゴ『orz』
銀時(坂)『なんだよこの茶番』



回想終了

メイドウィン『・・ああ、なんか実況なくて良かったかも。』
ブラピ『だろ?』
ナチュレ『だろじゃないであろう。』

更新頑張ってください。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.636 )
日時: 2015/02/18 22:13
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「時間を見つけたからやっとコメントできる!!」

十六夜「所で、お前何で3DSを持ってるんだ!?」

エイジア「暇だったから、持ってきてやってた」

ララ「ちなみに、今使ってるキャラはなんですか?」

エイジア「ピット!」

十六夜「ルフレじゃないのか・・・・」

エイジア「実はこれが好きなキャラのランキングに影響したんだよ。今はこうなってる」

一位王泥喜法介/ピット
二位逆廻十六夜/ルフレ
三位坂田銀時

ララ「銀さんはあい変わらずですね」

エイジア「んで、これを一人一人にすると、こんな感じ」

一位王泥喜法介
二位ピット
三位逆廻十六夜

十六夜「いちよう、俺は入ってるんだな。」

ララ「ついでに言いますが、銀さんはこれだと何位ですか?」

エイジア「五位!」

レイヴン「でも、どうして変えたんだ?」

エイジア「一、以外とキャラが使いやすいから!二、かっこいいから!以上!」

十六夜「以外と少ないな、オイ!!」

エイジア「ごめん。でも頼もしいからね、ちょっと空飛べないけど。」

ララ「それ本人が聞くと傷つきますよ」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.637 )
日時: 2015/02/18 23:16
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!一日遅れてしまいすみませんでした!!ごめんなさい!!コメント感謝です!!

エイジアさん

そうですか・・・そちらも忙しいんですね!!気がむいたらお願いします!!

2回目のコメントへ

ありがとうございます!!

ジャガーさん
久しぶりのコメント来てくださって嬉しいです!!

では本編です!!どうぞ!!

悟空「ふぅ〜、回復したぞ!!」

星矢「奇跡を起こせなかったか・・・すみませんアテナ様!!」

アテナ「負けたのを悔やんでも仕方ありません、次は勝てばいいのです!!」

星矢「はい!!」

鵺野「次の相手・・・強すぎだな、俺勝てるかな?」

ルフィ「それにしても激しい戦いだったな〜」

トリコ「ああ、早くおれも戦いテェな・・・」

そして・・・

千棘「待ちなさいよコラァ!!」

零「ふっ、そんな遅いパンチなど当たらないぞ」

千棘は無論暴力戦法、それに対して零は奇面組ファンなら知っているだろうがボクシングのよけかたでよけている!!

千棘「オラァ!!」

ブンッ!!

零「ブロッキング」

ドゴッ

千棘「ハアァ!!」

ブン!!

零「ウェービング」

サッ!!

千棘「ウリャア!!」

ブン!!

零「ダッキング」

サッ

千棘「いい加減にしなさい!!」

ブンッ!!

零「ステッピング」

サッ

零「キングコング」

チャオオオオ!!

千棘「えええええええ!?」

全員「いや何でだァァァァァ!!」

豪「ああ、あれってあのうすっぺらい先生が投げたチョークを回避するときに使ったんだぞ」

石砂「ああ、あの8分の5ポテトチップス先生のことか」

めだか「おいそのうすっぺらい先生という先生がどんな先生なのかがものすごく気になるんだが」

翔「先生をバカにしないでくれ!!」

千棘「たくっ!!これだからギャグマンガはいやなのよ!!」

千棘「バットでぶっ飛ばしてやるんだから!!」

今度はどこから取り出したバットで攻撃するようだ!!

唯「・・・貴女もギャグ要素使っているんですがそれは(強制終了)」

唯「わ、私は・・・強制終了なんかに負けな(強制終了)」

唯「負けません!!勝まd」

ゴォォォン!!

アレー?ドコカラカテツダイラガオチテキタナー?ドウシテダロー?

唯「」←気絶なう

千絵「唯ィィィィィィ!?」

千棘「行くわよ!!」

ブン!!

零「妙技!!突じょ足ながおじさん!!」

みゅいん!!

千棘「へ?」

スカッ!!

そして・・・

零「ながながの〜鞭!!」

バシン!!

千棘「フべシッ!!」

ルフィ「おいアイツ俺の技パクッっt(強制終了)

千棘「・・・もう頭に来たわよ!!」

千棘が・・・接近して・・・怒りの拳を振りかざした!!だが!!























































千棘「喰らいなs」

零「奇面フラッシュ!!」

ピカァ!!

千棘「あ、あはははははははっはは!!」

当然大爆笑!!

零「スキあり!!筋肉大移動!!」

ショボ、ボテッ

零「ギガントパンチ!!」

ドゴォォ!!

千棘「ガハッ!!」

ルフィ「アイツまた俺をパクっt(強制終了)」

千棘「痛ったぁ〜」

だが・・・

零「ぐむむ・・・」

ひょろ、ボテッ

零「やはり出たか副作用・・・い、いたたたたた!!」

千棘(筋肉を動かす場所が変わっているわね・・あれが副作用なら!!)

千棘「スキだらけはそっちの方よ!!」

ダダッ!!

千棘はこのスキをねらう!!

零「ま、不味い!!こうなったら!!」

零はちょうど足に筋肉が移動したため足蹴りをねらう!!

だが!!

ヒョロ

零「え?」

千棘「おりゃあ!!」

べシィィィィン!!

零「フグホォ!!」

零に強烈なビンタが炸裂!!(ちなみに千棘は過去に楽を教室内でビンタをして天井に楽をつっこんだことがある)

ドゴォ!!

唯「零さん大丈夫!?」

零「む、むむ〜こうなったら・・・新たな新秘技を見せてやろう!!」

零は・・・どこからかあの・・・奇面組ファンならご存じだろうが実用新築ロケット花火を2つ取り出した!!

その二つを抱えた後・・・・

ジジジ・・・

シュパッ!!

零「うおおおおおおおおおお!!」

ドドドドドドドドドド・・・・

全員「え?」

零は千棘に向かって猛突進!!

零「秘技!!急接近奇面フラッシュ!!」

ピカッ!!

千棘「あ、あははははっははは!!もうその技やめてェ!!あ、あははははははは!!」

零「あれ?」

零は・・・急接近した変顔に驚いて・・・気絶させるつもり・・・だったのだが・・・・




























ドカァ!!

零「し、しまった!!」

千棘「きゃあ!!」

零はそのまま千棘の腹に激突!!

全員「え?」

そのまま・・・

ドゴォ!!

二人はそのまま壁にぶつかった!!

千棘「い、痛い!!痛いぃぃぃぃぃぃ!!とまってェ!!」

零「い、いや無理なのだ!!」

ギュルルルルルルルルル!!

全員「えええええええええええええええええええ!?」

皆はただただ唖然としていた、零は今千棘の腹に勢い止まらず猛烈にぶつかっている!!しかも千棘は壁に挟まれている状態だ・・・

しかも・・・最悪なことに・・・

花火を持っている方向が縦から横に変わってしまった!!

よって・・・

ギュルンギュルンギュルンギュルンギュルン!!

零「あわわわわわわわわわ目が回る!!回るのだァァァァァァァ!!」

千棘「こっちもよぉぉぉぉぉぉぉ!!」

二人はぐるぐるぐるぐるぐるぐると周り続けた・・・

数10分後・・・

千棘があまりにも回りすぎ、かつ腹に猛烈な衝撃があったため・・・
























ドシャア・・・

坂神「桐崎千棘戦闘不能、勝者、一堂零!!」

零「や、やったのd」

バタッ

豪「零が回りすぎて気絶したぞ!!」

唯「勝てて良かったですね、零さん!!」

千絵「いや今それ言っている場合じゃないわよ!!」

増代「本当に勝てるなんてね・・・」

楽「大丈夫か千棘!?」

小咲「大丈夫千棘ちゃん!?」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの二人「頼むから来てくれ!!」

ジャン!!








































第十二回戦、斉木楠男VSラッキーマン

ラッキーマン「ラッキー!!遂に私の出番がきたぞ!!」

ルフィ「畜生!!まだかよ!!」

斉木「面倒だ、棄権させてもら、坂神「もしかしたら豪華賞品はコーヒーゼリーのプールかも」やらせてもらおう」

新八「切り替えはや!!」

斉木「黙れダメガネ」

新八「フルボッコしたろうか?」

斉木「ただし・・・僕の連れてきた人全員を誰か眠らせてくれ」

ケンシロウ「分かった、俺がお前が連れてきた人を眠らせる気孔を押しておく」

斉木「頼んだぞ」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十二回戦!!斉木楠雄対!!ラッキーマン!!開始!!」

次回!!勝つのは運か!?超能力か!?

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.638 )
日時: 2015/02/19 23:08
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

今回は二連続で投稿します!!どうぞ!!

千棘「」←気絶なう

零「」←気絶なう

サクラ「一応二人の軽い怪我は治したけど目が回っているのは時間置いとけば治るわよ」

竜「はじけた戦い見せてもらったぜ!!」

豪「で、次の零の相手は今戦っている奴らで勝った奴の方なんだよな?」

唯「どっちが勝つんだろう・・・」

そして!!

の前に・・・衝撃の事実が見つかりました。

斉木楠雄→中の人→逆廻十六夜

マジです!!エイジアさん!!ネタに是非どうぞ!!

改めてそして!!

ラッキーマン「かかってきなさい!!」

斉木「ふっ、なら見せてやろう、超能力者の力をな」

斉木「念力!!」

ヒュン!!

ラッキーマン「おわぁ!!」

かろうじて回避!!

斉木「逃げられると思うなよ?」

ヒュンヒュンヒュン!!

ラッキーマン「速ァ!!」

回避回避回避!!

ラッキーマン「こうなったら・・・」

ラッキーマンは先程千棘が使っていたバットを・・・

ラッキーマン「それ!!」

ブゥン!!

斉木にぶん投げた!!

斉木「そんなのが当たるわけないだろう」

サッ

斉木「そろそろ本気でやらせてもr」

ガァン!!

斉木「ゑ?」

見事に頭にクリーンヒット!!

銀時(投げたバットが偶然ブーメランの要領で戻ってきた・・・って実際にありえるのかよ!?)

斉木「くっ、油断していた・・・サイコビット!!」

キュイン!!

斉木の周りに岩が発生した!!

斉木「そして・・・パイロキネシス」

その岩を燃焼した!!

斉木「受けるがいい」

その燃え滾る岩を斉木に飛ばした!!

ラッキーマン「伸びろ茶柱!!」

ザクゥ!!

ラッキーマンはそれを茶柱サーベルでぶった斬る!!

斉木「思った以上に厄介だな、サイコホールド!!」

ラッキーマン「うひゃあ!!」

ビリリリリリ!!

ラッキーマンに電流が炸裂!!

ラッキーマン「くそぉ!!こうなったら・・・ラッキービ〜ム!!」

ピシュン!!

斉木(弱そうな光線・・・と思っていたら当たることになるのはだいたい予測できる、ならば・・・)

斉木「アポート!!」

ヒュン!!

ラッキーマン「え?」

斉木はラッキーマンとの位置を変えた!!だが!!

ドゴォン!!

斉木「ゑ?」

ラッキーマン「ラッキー!!」

ラッキーな事に斉木の方向にビームが急転換して直撃!!

しかも!!

斉木「う、嘘だろ?」

まさかのまさかそれがよりによって制御装置に当たったため・・・

































































バタッ

斉木は制御装置が急に外れると気絶する・・・

坂神「斉木楠雄戦闘不能!!ラッキーマンの勝利!!」

全員「えええええええええええええええええ!?」

ラッキーマン「やったぁ!!ラッキー!!」

球磨川『やれやれ』『あの装置は僕が壊れて「なかったこと」にしておくよ』

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの二人「マジで頼むから来てくれ!!」

ジャン!!








































第十三回戦、トリコVSゴンフリークス

トリコ「よっしゃあ!!いよいよ俺の番だ!!」

小松「頑張ってください!!トリコさん!!」

リン「ファイトだし!!」

ルフィ「三人ともいいなぁ・・・(涙目)」

ナミ「何で泣くのよ!!」

ゴン「負けないぞ!!」

キルア「頑張れよゴン」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十三回戦!!トリコ対!!ゴン=フリークス!!開始!!」

次回!!美食屋対ハンター!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。