二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.83 )
日時: 2015/03/11 11:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

コメント感謝です!
ジャガーさん
表現はメロンよりぶどうの方が取れる感じがしたんで
IRさん
わかりました!
竜さん
すみません確定じゃないんです・・・でも三人来なければ確定です!

では本編です!!どうぞ!!

その頃・・・
めだか「まさかここまで強いと思ってなかったぞ・・・」

銀時「言ったはずだ、後悔させるってよ!」

予想以上に激しい試合が続いていた。めだかの蹴りや殴りに銀時は見事に対応していているのだ。
だが銀時の木刀も避けられていて互いに一つも怪我していないのだ。

めだか(・・・このままじゃ終わらない・・・終わらせるためには相手の剣筋を見切る必要があるな・・・改神モード!)

するとめだかの髪の毛が黒く染まり始めた。

銀時(何かしやがったな・・・)

めだか(一度木刀でのダメージをくらうがしょうがない!)

銀時「うおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

バシン!(腹に木刀がぶち当たった)

めだか「グフッ!」

そしてめだかは崩れた、あまりにも威力が強すぎたのだ。

めだか(つ、強い!これが幕末の侍か!)

銀時「どうするんだ?続けるのか?」

めだか「・・・やるに決まっている!」

めだかは立ち上がった、もう髪は戻っている。

めだか(だが大丈夫だ!次はいける!)

銀時(畜生、次あぶねぇかもな)

銀時「じゃあ決めるぜぇぇぇぇ!」ブン!(木刀を振った)

ヒュン!(めだかが避けた)

めだか「ハアッ!」

直後にめだかのパンチが腹にクリーンヒットした。

銀時「グハッ!」

こちらもやはり倒れた。ダメージが強すぎたのだ。

銀時(こいつ!鳳仙ほどじゃねぇけど、神楽以上の力持っていやがる!)

めだか(やはり強いな、あれでも急所を狙ったのだが急所を避けられている)

銀時(・・・やるじゃねぇか、ならこれしかねぇ!)

銀時は足元の砂をめだかの目に向けて足でかけた。

それにめだかは目をつぶったためスキができた。

銀時「いくら見切れてもスキがあったら意味ねぇよな!」

めだか「しまった!」

銀時「おりやぁぁぁぁぁぁ!!」ブン!

めだか「ゲホッ!」

見事に顎にヒットして空中に飛ばされた。

めだか(・・・顎が壊れそうだ、だが!)

めだかは空中で宙返りしてそのままかかと落としをしてきたのだ。

銀時「なっ!?」

銀時は木刀で止めた。

銀時「ふぎぎぎぎぎぎぎ!」(ふんばっている)

だが何とか防げた。

銀時(流石才色兼備、文武両道の女だけあるか)

めだか「・・・もうそろそろ私の技を見せよう!」

めだかは構えた。あの技を出すために、

銀時(・・なにするつもりだあいつは!)

めだか「黒神ファントム!」

銀時「!?」

めだか渾身の体当たりがさく裂した。これはかろうじて木刀で受け止めれたが

銀時(ぼ、木刀が折れそうだったじゃねぇか・・・それに動きが見えなかった・・・)

めだか「まあこれは自分もダメージを受けるのだがな」

めだか(この男!この技を受け止めるとは!)

銀時(衝撃波によるダメージか・・・あの技を使えるのは後2回くらいだろうな)

めだか(この2回で勝負を決める!)

めだかはまた構えた。

銀時(くるか!でもどうすればいい!?・・・これの作戦しかねぇ!)

銀時は木刀を構えた。

めだか(木刀をよけなければ当たらない!)

とめだかは避けたが・・・これが過ちだった。

銀時「甘いな!」

銀時は木刀を避けて体当たりしてくるのを予期していたのだ。

そのため木刀を突出し避けて自分に攻撃が当たるコースにもう片方の手でパンチをくらわせたのだ。

いわゆる黒神ファントムへのカウンターパンチなのだ。

めだか「グワァ!」

めだかはかなりのダメージを受けた。

だが銀時も衝撃によりよろけた。

めだか(この男!戦闘のプロか!?)

めだか「・・・きさま、今までよく戦ってきたにちがいない、その戦闘の感がよすぎなのが証拠だ」

銀時「ふふっ、そうか?俺が戦ってきたのは・・・」

銀時「・・・ただ仲間を護る時だけだぜ」

めだか「・・・流石だな、私も貴様と戦えて光栄だ!」

その頃・・・
黄金の列車編
この戦いを見てたのは銀魂一同とめだかボックス一同だけではなく、
黄金の列車の人達も見ていたのだ。
見始めたきっかけは・・・
シャル達とジャガー達が楽しく話していた時に
それから某作品で空気帽子である弟のように空気帽子になっていたマリオが大きな声をだしたのだ。
マリオ「あーっ!」

メイドウィン「どうしたマリオ!目立ちたいからって大きい声だすな!」

マリオ「ちげーよ!見てよ!あの列車の上で人が戦ってるんだよ!」

シャル「まさか嘘でしょ・・・嘘!マジで戦ってる!」

シャル一同&ジャガー一同「ええっ!?」

松山「誰が戦ってるんだ!?見せろ!・・・ってあれは夜叉の旦那じゃねぇか!」

ジャガー「銀さん!?で、戦っている人は!?」

松山「もう一人は・・・メロンの女だ!」

ジャガー「いやメロンの女って何!?」

カイム「信じられない・・・なんであんなところで戦っているんでしょう・・・」

クロエ「あの人だから」

マヤ「面白いね!見ていようよ!」

ハル、シャルロット「いや危ないよ!?」

?「あんなところで戦ってるなんて、実にはじけているじゃないか!?」

?「本当ですねー」

ジャガー、シャル「・・・貴方達だれ?」

竜「どうも竜だ。ハジケてるか〜い!」

子音「子音です。一緒にハジケませんか?」

ジャガー「・・・何かこういうのりついていけないんですよね・・・僕って」

マヤ「はい!はじけてま〜す!」

松山「・・・おいすっかり順応してるぞ」

子音「危ないですけどすごいですね、銀さん達、まあ首領パッチさんにははじけっぷりは負けるでしょうけどね」

メイドウィン「・・・すごい戦いだ・・・こんな試合見たこと無いぞ・・」

ジャガー「どっちが勝つんでしょうね・・・」

次回!銀時vsめだか決着!!

という訳で初めての戦闘シーン書いてみました!!感想お願いします!
後竜さん!こんな感じでどうでしょうか?微妙なら修正します!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.85 )
日時: 2014/08/25 00:15
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

うぬぬぬ、俺はいつ出るのだろうか...俺もあいつらの戦闘とかに混じって止めたいぜぃww

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.86 )
日時: 2014/08/25 00:22
名前: 竜 ◆dYPxyxILUE

ま、大丈夫です。

ボーボボとくめたらなおうれしい!

あと殺せんせーとも。

追加ですが戦いの時は冷静になりそんなにハジケないというのをよろしいでしょうか?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.87 )
日時: 2014/08/25 06:15
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

メロンの女www
メイドウィン『そーいや最近見ないな、昔はよくそんな戦いやったものだが。』
ジャガー『僕は未だに戦闘能力無いんですけどね。』
松山『マヤのノリが原作っぽいな。』
メイドウィン『マヤって唯一少年サンデーからの参戦だからね。』

更新頑張って下さい!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.89 )
日時: 2015/03/11 11:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

すみません!先程のスレッドで
今度はチャット忘れました!
ちなみにそれはもう削除しています!!
コメント感謝です!!
IRさん
もうそろそろ出すのでよろしくお願いします!

竜さん
追加設定ですね!分かりました!

ジャガーさん
めだかのあだ名は私が決めさせてもらいました!

後すみませんがそろそろ学校が近いので更新のペース遅れます!
でも出来る限り頑張リますんで、よろしくお願いします!
では失礼します!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.90 )
日時: 2014/08/25 23:27
名前: マリンスノー

初めまして!マリンスノーです!
僕も二週間前に投稿を始めたばかりの新人作者です。では、僕も黄金列車に参加したいです!


名前:マリンスノー
性別:男
性格:ヒール役とはほとんど仲が悪い。疑い深いが、義理堅い。おしゃべり、だけど、女子は苦手。念力、テレポート、透視の三つの超能力を持つ。
容姿:165センチぐらい、帽子で常に目が隠れている。
サンプルボイス:「どうも、マリンスノーッス」
        「すげー!銀さん生で見れた!感激ッスよ!感激!」
        「ヒール役はボッコボコにしますッスよ!」
        「すいませんすいません、参りました!」
主に書いている作品:逃走中を近日執筆し始める予定です。

オリキャラ

名前:ピエール山岸
性別:男
性格:日本人とフランス人のハーフ。ほとんどフランス育ちのため、日本語が下手。とにかくチャラい。画家のかっこをしているが、絵は下手だ。
容姿:いつも手にはペイントブラシ、茶髪。
サンプルボイス:「どうもピエールデース!」
        「ミーにお任せクダサーイ!」
        「マリン、ここは気軽にいこーじゃない!」

では、まずはこれぐらいで。あと、Naruto のキャラと黒バスのキャラが見たいです!キャラは追加できれば追加したいです。よろしくおねがいします!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.91 )
日時: 2014/08/26 01:56
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2

こちらではお初になります!マーキー・F・ジョーイです!(名前が長いので好きなように略して貰って構いません)

まず最初に申し訳ございません!昼辺りに来るといいながら今の今まで寝落ちしておりましたOTL

では気を取り直して応募させてください!

1 名前
マーキー・F・ジョーイ

2 性別


3 性格
普段は温厚だが眼鏡を外すと凶暴になる。ただしいずれもドS。だからと言って殺生はほとんどやらない。
また同性愛が苦手であり、自分の身に危険を感じると光のような速さで逃げる。

4 容姿
白地のシャツに眼鏡をかけている。
背は170pくらい

5 サンプルボイス(5つまで)
「俺はマーキー・F・ジョーイだ。宜しく」
「ん…なんか嫌な予感…逃げろ!」
「悪いが俺は何も殺さないんだよ…」

(眼鏡を外した状態)
「ブルアアアア!裏の俺、大解放じゃーい!!!」
「いいねえ、いいねえ…もっと俺様を楽しませろ!」

6主に書いている作品(なければけっこうです!)
俺得キャラで人狼


今回はオリキャラを1名連れてきます

1 名前
一条寺

2 性別


3 性格
自称俺の参謀。俺が暴走した時に制止する役割を持つ。冷静なつもりだがヲタク。
何故か知らないが声が銀さんに似ているとの噂。
変な所にこだわりを持つ変わり者。

4 容姿
背は165pくらいで常に曇った眼鏡をかけている(何があっても外さない)。また、鎧を着ている鎧愛好家。

5 サンプルボイス(5つまで)
「俺は一条寺だ。よろしく」
「オタクじゃなーい!ヲタクだー!!!」
「貴様…鎧を愚弄した代償は大きいぞ?」
「その位置では射程距離には届かねえぜ!」
「見たかこの防御力を!これぞ鎧の力だ!」

こんな感じでよろしく願います!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.93 )
日時: 2015/03/11 11:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

マーキー・F・ジョーイさん、マリンスノーさん受け付けました!
こんなに来てくれて感謝感激です!ところですみません・・・
実は最初は抽選で行こうと思ったんですけど・・・
かえさせていただきます!先着順にします!
その代わり人数を10人に増やします!
現在状況
IRさん
シャルさん
ジャガーさん
竜さん
アックスホークさん
マーキー・F・ジョーイさん
マリンスノーさん
という訳で竜さん達も確定です!
まだまだ受付中なのでよろしくお願いします!

では本編です!!どうぞ!!

その頃・・・

新八「あわわわ・・・やばいですよ、激化してますよ」

球磨川『でもすごいね』『あの男、めだかちゃんと互角以上にに戦ってるよ』

人吉「本当だ・・・あの人なにものだ!?」

土方「あの男のかつての名前は・・・白夜叉」

妙、九兵衛「ええっ!?」

九兵衛「し、白夜叉ってあの!?」

沖田「その勇猛かつ苛烈な戦いぶりから、『銀髪の鬼・白夜叉』という名がつけられた、まさしく化け物でさぁ」

妙「そんな・・・私知らなかった・・」

阿久根「そう言ってる場合じゃねぇ!!強い分やべえじゃねぇか!」

新八「そ、そうですね!でもどうすれば・・・」

球磨川『だからと言ってるじゃないか』『めだかちゃん着替え作戦がいいって』

新八「・・・もう時間がないんでそうします!じゃあどうするんですか!?」

球磨川『単純だよ』『この服着て頑張れってめだかちゃんに言うのさ』
『めだかちゃんなら着るに違いない』『そしてその着替えを見て銀さんを鼻血出させて気絶させる』『それでおわりさ』
阿久根「いや作戦が卑猥すぎるわ!なんだ笑えない終わらせ方!」

球磨川『服もいろいろ種類あるよ』『ナースやバニーやエプロン・・・』

新八「オイイイイイイイイイイイ!?もうやめろオオオオォォォォォォ!!あんたみたいな変態の服のチョイス気持ち悪すぎるわ!!やっぱお通ちゃんが着ている普段着に猫ミミだ!」

阿久根「いやテメェのも同じくらいきもち悪いじゃねぇか!」

土方「そうだよ!やっぱりここはマヨネーズに包ませるって言うのはどうだ?」

阿久根「いや気持ち悪い!ていうかそれ服じゃねぇ!」

沖田「ここはやっぱりSM嬢が着るような服がいいですねぇ」

阿久根「やめてくれぇ!!なんでそういうネタにふれるんだ!?」

近藤「俺からはお妙さんの普段g」

妙「死ねやゴリラアアアアアアァァァァァ!!」

近藤「ぎゃあああああああああ!!!」

阿久根「お前ら争い止めさせているために話していているのに何で争ってんだ!!」

エリザベス「俺いくつも俺の服持ってるから貸してやろうか?」

阿久根「いらねぇよ!使っても意味ねぇよ!もうこちら側の服にしよう」

球磨川『じゃあ僕のエプロ』

阿久根「お前は論外だ!!じゃあまず人吉!」

人吉「お、俺がもってきたのは・・・」

露出した悪魔の衣装

阿久根「何でだアアアアァァァァァ!!」

人吉「こ、こんな感じの服が好みかな〜と思って」

阿久根「それも気持ち悪いわ!ていうかある意味奇抜だわ!喜界島!」

喜界島「は、はい!私は・・」

大量の水着

阿久根「多過ぎるわ!」

喜界島「まだまだありますよ!」

阿久根「いらねーよ!こんなに!ていうかもういいわ!!」

阿久根のシャウトで落ち着いた。

阿久根「もうちゃんとしたアイデア出せよ!このままじゃ終わらねぇ!」

銀魂&めだかボックス一同「じゃあちゃんとしたアイデアお前にあるのか?」

阿久根「・・・・(汗)」

阿久根「・・・・ないかな?」

銀魂&めだかボックス一同「ふざけんじゃねぇ!」

阿久根「ぎゃあああああああああ!!!」

ボコスカボコスカ・・・

阿久根「チーン」

新八「・・・もうそのまま止めましょう、それしか方法はない!」

人吉「そうだな!じゃあ新八君と俺で止めてくる!」

果たして二人は争いを止められるのか!?
すみません!銀時vsめだか次こそ決着です!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.94 )
日時: 2014/08/26 11:31
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

カオスwww球麿川の作戦がwwwそして土方仕事しろ(ツッコミ的な意味で)
メイドウィン『そーいや、昔球麿川出したな、うちの逃走中に。』
松山『ああ、逃走中がまだマトモだったあの頃か。』
メイドウィン『てか球麿川って変態だったのか。』

ジョセフ『テメー(坂神)は次のコメントで、【球麿川はそんな奴なんです】という!』

更新頑張って下さい!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.95 )
日時: 2014/08/26 13:11
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

イライライライライライライラって、俺は何をかいてんじゃごらー!!!
失礼、出番の遅さと自分の小説のネタが一緒になってイラついてしまったIRです

とりあえず、土方、てめぇはツッコミという仕事が残ってるだろwwツッコミポイントたくさんあったぞw
はやく、めだかちゃんと銀さんの決着がみたいぜ

これからも頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。