二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.629 )
日時: 2015/02/15 00:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
両さん曰く企業秘密だそうです

では本編です!!どうぞ!!

空閑「まさか銃撃を受けても進めるなんて思ってもいなかったよ」

両津「これがわしの実力だ!!舐めたお前が悪い!!」

二人はもちろん治癒されていた。

愛「両様ァァァァ!!良かったですね!!」

大原「全くアイツは・・・だがわしは次はそう簡単にいくとは思わないぞ?」

両津「ああ・・・次の相手が・・・ナルトだからな・・・」

ナルト「油断できない相手だってばよ・・・」

サクラ「あの人体力がつきても倒してこようとするかもしれないからね・・・」

両津(といいながらもナルトの戦闘の仕方は特訓やさっきの戦いでみているからな、研究すればまだどちらかが分からないだろう!!)

そして・・・

鵺野「ハァァァァァァァ!!」

アレン「負けない!!」

ガキンガキンガキン!!

鬼の手とイノセンスが激突中!!だが共にまだ通常状態!!

アレン「すみませんが戦闘経験から考えると僕のほうが有利です!!」

鵺野「戦闘がなんだって言うんだ!!俺も・・・生徒を護るために戦っているぞ!!」

アレン「じゃあ・・・いきますよ!!十字架ノ槍!!」

ジャキン!!

鵺野「ならばこちらも行くぞ!!妖力10%解放!!」

鵺野は剣の形に鬼の手を変化させた!!

ガキンガキンガキンガキンガキンガキン!!

鵺野「中々のイノセンスとやらを使いこなしだな・・・」

アレン「そちらこそ鬼の手を使えこなせるなんて・・・」

共に互角の戦いでこのままじゃ決着は付きそうにない!!

鵺野(このままじゃ決着は着かないな・・・こうなったら!!)

アレン(一気に勝負を決めたほうがいい・・・!!この力でケリを着ける!!)

鵺野「覇鬼!!80%だせるか!!」

覇鬼「・・・しょうがないな!!手伝ってやろう!!」

鵺野「80%解放!!超巨大鬼の手!!」

アレン「神ノ道化!!破滅ノ爪!!」

ガキンガキンガキンガキン!!

両津「このままじゃ決着が着かないな・・・」

アレン「道化ノ帯!!」

バシンバシンバシン!!

鵺野「あぶねぇ!!」

何とか回避している!!

アレン「今だ・・・退魔ノ剣!!」

エネルギー波と共に・・・鵺野にかなりの攻撃を与える!!

鵺野「グハァ!!」

生徒達「ぬ〜べ〜!!」

アレン「一気に決めさせてもらいます!!破壊咆哮!!」

ドカァァァァァァァァァァン!!

煙が・・・立ち上っていた・・・

神田「ここまで攻撃受けちゃあ恐らく立っていねぇだろうな・・・」

広「・・・ぬ〜べ〜はこれくらいじゃ倒れない!!」

リナリー「でもあのアレンの技でかなりの威力を誇る二つの技をくらっては流石に」

生徒たち「決めつけないで!!」

神田「何で・・・そこまで・・・言えるんだ?」

美樹「だって・・・・!!」

煙が晴れたとき!!






































































美樹「私が知っているなかでは一番強い先生だから!!」

鵺野「・・・ああ!!」

鵺野は立っていた!!

神田「何!?」

リナリー「凄い・・・」

鵺野「・・・ありがとう美樹・・・生徒に期待されちゃあ・・・負けられない!!覇鬼・・・100%行くぞ!!」

覇鬼「・・・今度ラーメンおごれよ!!」

鵺野「ああ!!」

鵺野は・・・更に・・・手に妖力を集め上げた!!

鵺野「くらってもらう・・・宇宙天地 與我力量 降伏群魔 迎来曙光 !!妖力波解放ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

アレン「なっ・・・回避を!!」

だが!!

鵺野「そこには法典が仕掛けられている!!」

アレン「しまった!!」

法典によりアレンの動きが封じられた!!

そして!!




















































鵺野「ハァァァァァァァ!!」

ドカァァァァァァァァァァァァァ!!

・・・ドサァ

坂神「アレンウォーカー戦闘不能!!鵺野鳴介の勝利!!」

生徒たち「やったぁ!!」

鵺野「・・・生徒たちの応援のおかげだ!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの三人「そろそろ怒るぞぉ!!」

ジャン!!



















































































第十回戦孫悟空VS星矢

悟空「遂にオラの番が来たぞォ!!」

ベジータ「負けるなよカカロット!!」

星矢「奇跡を起こしてやるぜ!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十回戦!!孫悟空対!!星矢!!開始!!」

次回!!最強戦士激突!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.630 )
日時: 2015/02/15 20:55
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「次は、悟空と星矢か・・・・・」

十六夜「どっちが勝つか・・・・・」

エイジア「私は悟空かな」

ララ「私は星矢さんですね」

十六夜「俺も星矢だな」

レイヴン「俺は悟空だな」

ララ「レイヴンいつ出てきたの・・・?」

レイヴン「さっきだ」

エイジア「はは・・・・後、ツナに雪のボンゴレリングを返さなくちゃ」

十六夜「いいのか?それはお前の大切な物じゃ無いとか?」

エイジア「うん、大切な物だよ。でも、もうマフィアじゃない私が持ってても仕方ないよ。」

ララ「でも・・・・」

エイジア「まぁ、結果的に決めるのは十代目のボンゴレだよ」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.631 )
日時: 2015/02/15 21:57
名前: 迅宗

迅宗です。

おお、ぬ〜べ〜が勝ち残った!!

にしても、ボロボロですよね?

ぬ〜べ〜の次の相手は誰でしょうか?

あ、そうそう。私の方の逃走中ではぬ〜べ〜はまだ生き残っています。

更新頑張って下さい!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.632 )
日時: 2015/02/15 23:51
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

把握しました!!勝つのはどちらか!?

迅宗さん

ぬ〜べ〜は勝利しましたよ!!果たして勝者は悟空か!?星矢か!?

では・・・今回は特別番外編です!!どうぞ!!

今回は・・・記念すべき番外編・・・その内容は!!

パァンパァンパァンパァン!!(クラッカーの音)

坂神「・・・皆さん!!ついに「永遠の絆The dream open クロスオーバー」が参照10000突破です!!」

全員「イエーイ!!」

銀時「遂にここまできたな!!」

めだか「ここまで長かったな!!」

坂神「なので!!・・・皆さんで振り返ってみましょう!!主人公総出演でどうぞ!!」

1プロローグから列車乗車まで

銀時「俺たちの世界からこの小説は始まったんだよな〜」

悟空「へ〜、うらやましいぞ!!オラから始まってほしかったな〜」

坂神「本当は皆さんがそれぞれどうやってここに来たのかも書きたかったんですけどね・・・また後に!!」

男鹿「そういえばよ、銀時が列車乗るまで毎日投稿する時の文章少なかったよな」

坂神「ええ!!なので最近短く書かれたスレッドを一つにまとめはじめています!!」

2列車からめだかと銀時の激闘まで

坂神「この時から私は作者募集を始めたんです、作者さんが10名来てくださってありがたかったです!!」

めだか「私が銀魂以外で初めてクロスオーバーしたのだ!!あのときは激しい戦いだったな・・・」

ジョナサン「僕もこの時にでさせてもらいましたッ!!」

銀時「あの時は本当助かったぜ」

坂神「銀さんとめだかさんの激闘シーンは初めての戦闘シーンだったので書くのは難しかったです!!」

めだかと銀時の激闘から色々ゲーム

アレン「ゲームって何やったんですか?」

銀時「俺たちはスマブラトーナメントをやったな!!」

両津「何だと!?・・・わしも出たかったな・・・」

めだか「決勝戦も激しい戦いだったな・・・それについては3月末頃番外編に投稿するらしいから待っていてくれ!!」

坂神「そして作者さんにはじゃんけん大会をしていましたね!!前にも言いましたけど優勝したIRさんは後にいいことあるかもしれません!!お楽しみに!!」

色々ゲームから・・・夜兎族激闘編!!

坂神「そして後につながる夜兎族との激闘でした!!」

ケンシロウ「この時にルフィや俺や・・・」

剣心「拙者や磯兵衛などが銀時殿を助ける時に出たのでござるよ」

磯兵衛「銀時殿を助けるときの拙者の活躍ぶりといったら凄かったで候・・・」

空閑「お前つまんない嘘つくね」

鵺野「悪いがお前がとてもいい活躍をするとは想像できないな」

坂神「作者さんには本当助かりましたよ!!あの時技など教えてくださってありがとうございました!!」

夜兎族激闘編から新年祝いまで

千棘「それが終わって列車が着いた後に皆集合し始めたのよね!!」

ネウロ「我が輩も驚いたぞ・・・最終的にはここまで人が多く来たんだからな」

ころせんせー「ええ、でもよかったですよ、ヌルフフフフフ」

ジュン市「そぉい!!」

べシャア!!

ナルト「あち、あちちちち!!何でラーメンをおれにぶっかけてくるんだってばよ!!全部食うけど!!」

創真「いや地面に落ちたラーメンを食うな!!後ジュン市さん!!俺が作ったラーメンを無駄にするな!!」

幽助「お前等何やってんだ!!」

ゴン「あの人達何やってんの?」

キルコ「本当しょうがないですね・・・」

アクセル「あいつ等は無視して進めてくれ」

坂神「わ、分かりました!!後・・・最近・・・その来た人々をまとめ始めたんですけど・・・恐るべきことが分かりました・・・」

全員「何だ?」





















































坂神「ざっと300人越えている事が分かりました」

全員「・・・えええええええええええええ!?」

出久「マジですかそれ!?」

坂神「マジです、詳しくは後に参加者をまとめるのでそれをチェックしてください!!」

リクオ「まとめるの遅くないですか?」

坂神「予想以上に時間かかってるんです・・・」

銀時「新年祝いは作者大変だったらしいぜ、PSPフル起動でやりすぎて父親にたんこぶ一個作られたらしいな」

星矢「大変だったんだな・・・」

新年祝いから地獄の修行

ララ「本当はちゃめちゃだったよね♪」

日向「正直しんどかった・・・」

剣「このような修行は俺たち男塾では当然のことだったぞ!!」

一護「驚いたのはパックンフラワーの時にトリコが即退場したことだな」

トリコ「油断してたぜ・・・後・・・何で零の奴情け無用組み手まで残れたんだ?」

斉木「それ実は僕も気になっていた」

零「主人公だからなのだ!!」

全員「参加していた人ほとんど主人公なんだけど!?」

修行編から・・・現在の天下一最強主人公武闘会まで

黒子「で、今に至る・・・って事ですね」

火ノ丸「でもまだまだこの小説は続くのう!!」

綱吉「この戦いの後旅行に出て・・・人狼と逃走中と戦闘中と密告中と・・・やっていくんですね!!」

藤崎「そしてその後に狩猟をしておしまいだな!!」

坂神「無事に終わればそうなりますね!!」

ルフィ「でもよー、・・・本当に終わらせる自信あるのかよ?」

坂神「・・・きっと大丈夫です!!(涙)」

ラッキーマン「いや泣いてるよね?本当に大丈夫?」

坂神「なんとかなるさ!!」

ボーボボ「それって天馬じゃねーかYO!!」

アラレ「今ラップやる時じゃないと思うよ♪」

坂神「でも!!ネバーギブアップの精神でいきますよ!!・・・・という訳で!!」

銀時「ああ!!じゃあここで一発みんなで締めるぞ!!」

全員「これからもこの小説をよろしくお願いします!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.633 )
日時: 2015/02/17 17:28
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では本編です!!どうぞ!!(コメント来て欲しかったです・・・
(´;ω;`)

では本編です!!どうぞ!!

鵺野「よぉし!!体力回復!!」

アレン「見事でした・・・鵺野先生!!」

二人は回復していた・・・

郷子「流石ぬ〜べ〜!!かっこいい!!」

玉藻「まぁ、俺のライバルとして当然だがな」

アレン「でも・・・貴方と戦えてよかった!!次の戦いも頑張ってください!!」

鵺野「ああ!!」

そして・・・

星矢「テヤァァァァァァァァァァァ!!」

悟空「オラオラオラァ!!」

ドカァンバカァンドゴォン!!

激しすぎる戦いが展開されていた!!

星矢「強い・・・!!これが超戦士か!!」

悟空「オメェ中々強ェな!!こうなったら・・・界王拳!!」

星矢「それを返してやる!!」

星矢は・・・近ずいてきた悟空を・・・止めて!!掴み!!

星矢「ペガサスローリングクラッシュ!!」

ドゴォォォォォォォォォォン!!!

悟空「オワァ!!」

リー「あの技・・・僕の表蓮華に似ていますね!!」

悟空「かなりの威力だ・・・こうなったら本気だしちゃうぞ!!ハァァァァァァァァァァァァァ!!」

悟空「ハアァ!!」

悟空がスーパーサイヤ人に変化した!!

星矢「いよいよか・・・俺も・・・行くぞ!!」

星矢は急接近して!!

星矢「ペガサス流星拳!!」

だが!!

悟空は全てを足と手で受け止めた!!

星矢「何だとっ!?」

悟空「行くぞ!!メテオスマッシュ!!」

ドカドカドカドカドカドカドカドカドカァ!!

星矢「グアァ!!」

地面に叩きつけた後!!

悟空「かめはめ波!!」

ドゴォォン!!

かめはめ波で追撃!!

星矢「ガハァ!!」

悟空「まだまだぁ!!」

星矢「これで倒れる訳には行かない!!ペガサス彗星拳!!」

悟空「なら!!これで行くぞ!!・・・龍拳!!」

二つの拳が激突!!

ドゴォォォォォォォォォォン!!

星矢「グァ!!」

悟空「オワァ!!」

悟飯「凄い・・・父さんの龍拳と互角な拳を使えるなんて・・・」

瞬「こっちも驚いてるよ!!星矢の彗星拳と互角の拳を使えるなんて!!」

星矢「じゃあ・・・これで決める!!」

悟空「おらも・・・いかせてもらうぞ!!」

二人は・・・本気の力を出して・・・次で決めるつもりだ!!
































































星矢「超ペガサス彗星拳!!」

悟空「20倍界王拳かめはめ波ァァァァァ!!!」

星矢は天馬星座の13の星の軌跡を描く構えから彗星拳を繰り出し!!悟空は界王拳を全力で使用して威力を高めてかめはめ波をぶつける!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ドがァァァァァァァァ!!

大爆発を巻き起こす!!

果たして勝者は!?

























































悟空「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

星矢「ハァ・・・ハァ・・ハァ・・・」

二人はまだ立っていたが・・・

星矢「・・・見事だぜ、悟空」

ドサァ・・・

坂神「星矢戦闘不能!!勝者!!孫悟空!!」

悟空「・・・よっしゃあ!!」

ベジータ「ここで負けたら洒落ならんからな!!」

坂神「治療班は二人の治療をお願いします!!・・・・では次の組み合わせいきましょう!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

例のごとくの二人「頼むから来てくれ!!」

ジャン!!



















































































第十一回戦一堂零VS桐崎千棘

ニセコイ勢、奇面組勢「・・・えええええええええええ!?」

千棘「嘘でしょぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」

零「見事に勝って見せよう!!」

千棘「しかもよりによって零さんか・・・」

千絵「嘘ォォ!!零さん出るの!?」

塊「面白い戦いになるな!!」

唯「戦い予想!!この戦いは史上稀ない低レベル戦になるでしょう!!」

奇面組勢「異議なし!!」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第十一回戦!!一堂零対!!桐崎千棘!!開始!!」

次回!!誰かこの戦いに注目してくれるのか!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。