二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.54 )
日時: 2014/08/22 17:33
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

メイドウィン『しゃー!行くぞお前ら!オリキャラ忘れんなよ!』


メイドウィン『後、マヤと松山はオリキャラではありません。マヤはサンデーのキリヲテリブレという漫画の登場人物です。』
松山『俺は寄生ジョーカーってゲームの悪役だ。』

テンプレートはまた後

黄金の列車内雑談

ジョナサン『じゃあ、僕らはここで乗り換えだね。』
承太郎『またな、お前ら。』


ハル『ねぇ、この黄金の列車、どこからとってきたの?』
コブラ『ああ、俺のある依頼でな・・』


コブラ『ある機械作りの名人と会って・・』

コブラ『その後ちょっと大変な事があってな・・』

コブラ『その名人さんに頼んで、大量の金でこの列車に作り上げたのさ。』
コブラ『おっと、俺もそろそろ降りないとな。』

コブラ『良いことを二つ教えてやる、これの燃料、ダイヤモンドなんだぜ?』
コブラ『後、その機械作りの名前・・そいつもマリオって言ったな。』
マリオ『!?』

コブラ『んじゃ、またな。』
※どれも本当です。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.55 )
日時: 2014/08/22 17:56
名前: シャル ◆rNMF51ZUQ6

それじゃあ・・・

名前:シャルロット・デュノア

性別:女

性格:とても優しいがキレると怖い。ちなみに妹や夫に手を出すとキレる。しかしシャルが何かするとすぐ止まる。

容姿:どこかの学院の制服。ポニーテール。

サンプルボイス
「僕はシャルロット・デュノア。シャルと名前が被るからどうとでも呼んでね?」
「シャルぅ〜・・・助けてぇ・・・」
「ありがとう・・・//」
「容赦しないよ・・・どうしても手を出すんだったら!」
「ミントちゃん、どうしたの?」

出ている作品:IS〈インフィニット・ストラトス〉

これで良いですか?

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.56 )
日時: 2014/08/22 18:15
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

よし!・・俺とジャガー、どっちが行けば良い?
ジャガー『それは勿論僕ですよ、仮でも作者ですからね。』
メイドウィン『じゃあ、俺達はまた後でな!』

名前:ジャガー
性別 男
性格 【優しすぎる男】と呼ばれる程お人好し。銀魂でいうと新八ポジ
容姿 名前の通り、虎の絵柄のコートを羽織る。
サンプルボイス
『僕はジャガーと言います。』
『僕、スタンドが使えるんですよ?・・ふふっ、冗談です。』
『松山さんっ!またですかッ!』

オリキャラ?
名前 メイドウィン
性別 男
性格 メイドウィン世界の主故に、意外と冷静、まとめ役でもある。
容姿 板前の様な服を着て、背中に巨大包丁(狩り用)がある。
サンプルボイス
『よぉ、俺はメイドウィン、昔は不死身の蓬莱剣士を名乗っていた。』
『あんときのメシは旨かっただろ?よし、また何か作ってやるよ。』
『俺、スタンド使えるぜ?・・俺は本当、だが教えん。』

マヤ、松山はまた後。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.57 )
日時: 2015/03/11 11:02
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

竜さん、ジャガーさん受け付けました!!本当にありがたいです!
竜さん
ころせんせーもでます!!
ジャガーさん
こんな感じでわかれたんですか?
黄金列車
ジャガー
メイドウィン
マヤ
松山
マリオ
クロエ
カイム
レジーナ
ハル
乗り換えた人
ジョナソン
ディオ
承太郎
コブラ
ですか?
ではすみません!ジョナサンはメイドウィンさんの所にいる事にしてください!そうすると物語が成立するんで・・

(ジョナサンは黄金列車に乗った後、第一部の仲間と合流する予定になっている)

では本編です!!どうぞ!!

ガタンガタンガタンガタン・・・
銀時「・・・暇だな・・」

新八「・・・そうですね・・・」

神楽「なんですぐつかねぇんだよ、この電車!すぐ着くと思っていたアル!」

月詠「まあしょうがないじゃろう、ドリームタウンに入っても目的地の駅にすぐ着くとはかぎらんからな」

今電車は海の上を走行中である。ちなみに今まで2時間走行している」

近藤「腹が減ったな・・・」

妙「・・・じゃあ銀さん、そろそろ出します?」

銀時「・・・そうだな、ついに潮時か!」

二人は買い物で買ってきたものをだすようだ・・・
新八「何買ってきたんですか?」

銀時「まあ見とけ、まずはな・・・」

銀時は袋から取り出したのは・・

銀時「バニラアイスだ!」

あのハー○ンダッツのアイスだった。

新八「わあアイスですか!いいですね!」

銀時「このアイスはお前にやるよ、お前には地味なバニラが似合っている」

新八「んだとコラあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!バニラなめてんじゃねぇぞ!バニラは皆からn(強制終了)」

妙「はい次は〜」

妙が袋から取り出したのは・・・

妙「チョコアイスよ!」

またハーゲ○ダッツである。

新八「またアイスですか・・・」

九兵衛「妙ちゃん、僕が食べる・・・」

ジュゲム(以下略)「ウキッ」

ヒューン、ベチャ

新八「いや何チョコアイスにう○こ投げつけてんだあぁぁぁぁぁぁ!?」

銀時「しょうがねぇな・・・別のに変え」

パクッ

銀時「いやなんで食べてんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

妙「九ちゃん!無茶しなくてもいいのよ」

九兵衛「・・・大丈夫だ、妙ちゃんに勧められたのを食べないわけがない、チョコが倍増したと考えればオボロロロロロロロロロ・・・」

銀時「やっぱ吐いたじゃねぇか!誰かエチケット袋持ってこい!」

沖田「任せてくだせい!(またマヨネーズを構える)」

土方「オメェは何またやろうとしてるんだコラ!」

銀時「いいねぇ!沖田!ナイス作戦だ!」

土方「黙れ白髪テンパ!ぶっ殺すぞ!」

銀時「いいじゃねぇか、お前自分でも自覚してるんだろ?自分がエチケット袋の存在であることぐらい」

沖田「言ってみろ土方、認めろ土方」

土方「黙れやドsコンビ!」

10分後・・・

月詠「やっと掃除終わったな・・・」

銀時「じゃあ改めてわたしていくぞ・・・次は・・・」

ゴソゴソゴソ・・・

銀時「バナナアイスだ!これはゴリラだけが食べれるアイスだ」

妙「じゃあ近藤さんしかいませんね、実際にゴリラだから」

近藤「お妙さん!僕はゴリラじゃありませ(強制終了)」

近藤「なんで強制終了!?」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.58 )
日時: 2014/08/22 18:42
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そのあとも渡されていった・・・だがそれは全部アイスだった・・・
次もアイス、また次もアイス、またまた次もアイス、またまたまた次もアイス、アイスアイスアイスアイスアイスアイス・・・・・



アイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスライスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイスアイス

新八「ってもういいわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!アイスおなか一杯だわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

銀時「うるせーよ、米も入ってたじゃねぇか」

新八「いや一回しか出てねぇよ!しかもそれは神楽ちゃんが全部食べたし!」
神楽「ごちそうさまアルヨ」

銀時「別にアイスだけでいいじゃねぇか、なあ妙」パクッ

妙「本当ですよ全く」パクッ

新八「いやどんだけアイス食べてんですか!50個超えてますよ!」

銀時「じゃあいらないんだなあのお通ちゃんの特別ライブのチケットがついている1日8個限定のspecialマンゴーブルーハワイ味のアイス」

新八「な、なんであんたがそのアイスを!?」
実は新八が喉から手が出るほどほしかった物なのだ。

銀時「実はお前がお通ちゃんのライブに行ってる間にな、将軍様の依頼で仕事してたのよ、そしたらこれもらえたんだよ」

新八「すみませーんんんんんんんんん!!お願いだからくださいィィィィィ!!!」

銀時「しょうがねぇな、やるよ、これからは気をつけろよ(へっ、ちょろいな、流石駄メガネ)」

新八「いまもの凄くなめられている気がするんですけど・・」

パクッ

銀時「やっぱこのアイスうまいな・・・最高だ!」

妙「ああ・・とろけそう」

新八「よかった・・・やっとこのチケット手に入れることできた・・」

神楽「やっぱ将軍家はすごいアルな・・こんな美味しいアイスを手に入れられて・・」

九兵衛「お妙ちゃん・・僕もとろけそう・・・」

月詠「ほう・・・こんなアイス食べたことないぞ・・・」

土方「・・・おいちょっと待て」

残るアイスは後一個しか残っていなかった。

銀時「しょうがねぇだろ近藤の分は予想外だったんだからな」

近藤「お妙さん!僕もとろけそうです!」

妙「フフッ、死になゴリラ」

近藤「ズーン」

沖田「じゃあじゃんけんできめましょうよ」

土方「・・・そうだな」

じゃんけん・・・

沖田「グーと見せかけてロケットパンチ」

土方「ゲホッ!」(ふっとんだ)

沖田「今の隙に・・・」パクッ

土方「おいてめェなにしやが」

沖田「タバスコ光線!」ビシャ!(目に)

土方「いてえ!目があぁぁぁぁ!目があぁぁぁぁぁ!」

近藤「いやなんでム○カの真似してるんだ!?」

5分後・・

土方「やっと拭き取れた・・・アイスは!?」

パクッ、ゴックン

沖田「残念だな土方、アイスはもう俺の胃袋のなかだ」

土方「・・・総悟、・・・腹斬りやがれえェェェェェェ!!」(剣を抜いた)

沖田「上等だ、斬ってみろ土方ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」(バズーカを放つ)

新八「ちょっと何喧嘩はじめてるんだあんたらぁぁぁぁぁ!!やめてください!迷惑ですよ!」

沖田「ひっこんでろメガネ!」

新八「うるせえよ!誰か止めてえェェェェェェェェ!!」

この時・・・誰もきずいていなかった・・・あの女の子がちかずいてきているのを・・・

?「貴様ら、やめろ、ここは公の場所だ!」

沖田「・・・うるせえよガキが!黙ってろい!」

?「ガキ!?貴様は私をなめているようだな・・・私をなめていると怪我するぞ!」

沖田「上等だ!ぶっとばしてやる!」

とバズーカを女の子に向けた瞬間・・・・驚く事が起きた。

?「ハアアァァァァァ!」

・・・・・バズーカの銃口がただの蹴りで壊されたのだ。

沖田「テメェふざけんな・・・」

と沖田が剣を振ったが・・・避けられて・・・

?「フンっ!」

とび蹴りをぶちかまされたのだ・・・

沖田「・・・いてえ・・・なんだあの女は・・・化け物か!?」

近藤「あの沖田の剣を避けて後ろに回りとび蹴りをかますとは・・」

銀時「・・・お前の名前はなんだ?」

?「私の名前か?・・私の名前は・・・」

































めだか「生徒会執行部会長職、黒神めだかだ!(凛!)」

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.60 )
日時: 2014/08/22 19:15
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

めだかさん・・相変わらずですね。
よし、次お馴染みあいつらだ。

名前:松山那雄宏
性別:男
性格 神楽の言った通りのヒール、マヤ等に対してのお人好しな一面も。銀魂でいうと土方&沖田ポジ
容姿 金髪、原作再現の服ではなく、狩人を思わせる服装をしている。
サンプルボイス
『よぉ、俺ぁ、松山那雄宏だ。』
『俺のスタンド、サーペンター・グリーン。こいつはかなり耳が良いんだ。』
『ああ、そこのチャイナやロンゲ、さっきアイテム持ってたろ?あれ売ったの俺だ。』
『ったく・・マヤ、奴に関わるな、俺みたいになるぞ?』(土方を指差して)
『止めろテメーら!死にてーのか!?』(マヤが怒り爆発寸前の時の台詞)
その他 マヤの恐ろしさを誰よりも知ってる男。マヤの会話に度々絡むが、これはマヤを退屈させてイライラさせないため、とのこと。

出ている作品 寄生ジョーカー


名前:マヤ
性別 女
性格:ケーキのイチゴ取られて怒ったり、頬を染めてムッと拗ねたり、メイドウィン世界で珍しいガチで可愛い 怪獣が暴れていてものんきに観戦する一面も(まあマヤが作った怪獣だし、でもガチ系でヤバイ)
容姿 かなり低い身長で、頭にリボン、毛皮のコートみたいな物を着てる、両腕が怪物のように変形出来、変形前も腕のパワーが半端ない。
サンプルボイス
『私の名前はマヤ。』
『あーっ!また私のイチゴとったねっ!?』松山『ホラ、俺のイチゴやっから。』
『・・今、何て言ったのっ・・』ゴゴ 松山(あ、これは終わったな、俺達。)
『うーん?その血の定めって奴じゃない?』松山『どこのジョジョだよ。』
その他本気になればあのメイドウィンより強い、パロディネタが多く、その度松山に『何処の○○(元ネタ)だよ』とツッコミをいれられる。
出ている作品 キリヲテリブレ

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.61 )
日時: 2014/08/22 20:12
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

えっと、かいたほうがいいってことなんでかきますね


1 名前 IR(これがやりにくいなら入山隆平ということで)

2 性別 ♂

3 性格 優しく突っ込むときは突っ込む

4 容姿 白のコートを羽織っていて、下は黒のジーンズ
髪型は黒のショートヘアー(寝癖がある)で瞳の色は黒
ちなみに自己防衛のために刀を日本持っている(1本は木刀)
5 サンプルボイス
「よぉ、ジャンプヒーロー諸君!俺はIR(入山隆平ーだ!以後よろしくな!」

「おいまてごらぁ!!!それはちがうだろぉ!!!」

「なぁ、お前らはなにしに来たんだよ!!!」

6主に書いている作品(なければけっこうです!)
現在はポケモンレンジャーの奴を書いてるな、ネタ切れだが

あと、ジャンプキャラはランダムでいいっすよ

受け付けました! ( No.62 )
日時: 2014/08/22 20:27
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

IRさん受け付けました!
実は私もこの小説の世界での武器は二刀流です!
参加ありがとうございます!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.63 )
日時: 2014/08/22 20:50
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

名前 カイム
性別 男?
性格 社長の為紳士的で丁寧だが、中身はかなりのゲス、実は悪魔。
容姿 赤いマントを羽織っており、悪魔特有のエルフ耳もある。
サンプルボイス
『私の名はカイム、あるゲーム会社の社長をしております・・』
『そうですか、私バカですので貴女のケーキ貰います』ケーキヒョイ 松山『おいやめろ!』
『是非、私のゲームをやって欲しいですね・!』

出ている作品 Dビゲー
その他 ゲスとドSな沖田さんが合いそう。

名前 クロエ
性別 女
性格 引きこもりがち少女、カイムの妹、実は生霊 台詞を言うときは必ずカイムの後
容姿 ピンクの高そうな服、死んだ(魚ではない)紫の目
サンプルボイス
カイム『さて、言えるね?名前は?』『クロエ。』
カイム『ハァ・・彼は何故あの味覚なんでしょう・・』『あの人だから。』
カイム『さて、貴女が一番好きなのは?』『お布団。(断言)』

出ている作品 クロエのレクイエム
その他 最近、小説発売が決定しそうだ。

名前 レジーナ
性別 女
性格 ワガママで自己中心的、でも兄の松山の事言うことは必ず聞くお兄ちゃんっ子
容姿 赤いリボン ゴスロリ風の服、目は普段は青だが戦闘時は赤。
サンプルボイス
『あたしはねぇ、レジーナって言うの。』
『ちょっと!私に話させてよ!』
松山『とりあえず黙ろう、な?』レジーナ『うん♪』

出ている作品 ドキドキ!プリキュア
その他 ブラコン

名前 ハル
性別 女
性格 天然で心優しい。仕草も考えることも全て愛くるしい。
容姿 髪の毛も浴衣も殆どピンク色
サンプルボイス
『私はハルだよ!』
『神楽だって可愛いよ!』神楽『ウルセー、そんな見た目の女に言われたくないネ。』
『あ!マヨネーズ!』土方『なんだと!?』クルッ『エヘヘ、引っ掛かったね!』土方『なっ!?』ガーン 銀時(ザマァ)沖田(ザマァ)

出ている作品 シロノノロイ
その他 可愛い、それだけでも彼女を表せる。

キャラ把握しました! ( No.64 )
日時: 2014/08/22 21:37
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

わかりました!
でも全部難しいですね・・
でもがんばります!
後マリオはどうしたんですか?
では失礼します!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。