二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.609 )
日時: 2015/02/04 18:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「どうしてあんなに自信があるのかな・・・・」

十六夜「独り言を言っているみたいだが・・・・」

レイヴン「宮本武蔵が力を貸すようだ」

十六夜「レイヴン!?いつ変わったんだ!?」

ララ「私はここにいるよ?」

レイヴン「俺は今、魂のみの存在だ。俺の体力が無くなったら戻るけどな」

ララ「なるほど・・・・それにしても宮本武蔵って確か歴史上の人物ですよね?どうして・・・」

エイジア「多分、武蔵の亡霊だと思うよ。あ、私もこれで霊見られるから」

十六夜「これは・・・・石か?」

エイジア「うん、これに霊力を入れて見えるの。」

レイヴン「ついでに俺は、俺自身が持つスキル、『奪い』で他の人から霊力を貰って見えてる」

ララ「すごいですね・・・・」

エイジア「ところで・・・・さっき、刀を盗んできたって言いそうになったよね!?」

レイヴン「ああ、でもアイツは死者の身だ。試合が終わるまで待つしかない」

エイジア「分かった。試合が終わったら罪を償ってもらうよ・・・・(怒」

十六夜・ララ「「((なんか、怒ってる!!??))」」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.610 )
日時: 2015/02/04 23:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
ジャガーさん
テスト勉強などお疲れ様です!!
ジョジョの新曲は今度聞いてみようと思います。
エイジアさん
武蔵の力を得た磯兵衛の強さは!?
では本編です!!どうぞ!!

磯兵衛「ではいくで候・・・」

銀時「一撃で沈めてやらァ!!」

銀時は木刀を振った・・・






























ガキン!!

銀時「え!?」

磯兵衛「甘いで候・・・(いや〜全く見きれなかったけど宮本武蔵ってすごいで候〜)」

銀魂勢「受けた!?」

銀時「何でだ!?・・・でもまだまだ!!」

ガキンガキンガキン!!

銀時「何だ!?さっきの磯兵衛と全然違う!?」

磯兵衛「ふっ、本気出したらこんなもので候・・・(本気っていうか全然力出してないけど守れているで候、流石宮本武蔵殿)」

中島「嘘でしょ磯兵衛!?」

新八「何が起きたんですか!?」

磯兵衛「言ったじゃない、前にボロボロだったのは本気でやっていないだけって」

めだか「ありえない・・・何が起きた!?」

鵺野「・・・アイツには伝説の剣豪宮本武蔵が取り付いている!!だからあんなに力が出ている!!」

郷子「何よそれ!!インチキじゃない!!」

ルフィ「アイツせこいな!!」

鵺野「落ち着け!!確かにせこいかもしれんがこれはちゃんとした闘いだ!!邪魔はいけないだろう!!」

松山「しょうがないな・・・そんなこと言ったら承太郎にも言えることだからな・・・」

磯兵衛「ここからは攻めるで候!!」

ガキガキガキガキン!!

銀時「あぶね!!」

銀時は防いでいるがただただ驚いていた。

銀時「不味いな・・・このままじゃいけねぇか!!」

磯兵衛「見るがいい・・・これがこの剣の奥義!!」

磯兵衛は剣をひと振りすると・・・

シャァァァン!!

磯兵衛「飛ぶ斬撃!!」

銀時「ハァアアアアアア!?」

サッ!!

かろうじてよけた!!

銀時「アイツ・・・一体何しやがったんだ!?」

中島「よく見るとあの剣はマサムネだ!!あの剣は振っただけで飛ぶ斬撃が出るんだよ!!」

一護「嘘だろ!?」

磯兵衛「ここであの本を使うで候・・・」

磯兵衛はあの中島が買った忍術が乗っている本を取り出した!!

磯兵衛「でもあれはよく考えると気持ちが高ぶらないと出来ないで候・・・」

武蔵(私がその気持ちを増幅してやろう!!)

磯兵衛「ありがとう。ならば・・・勝ちたい・・・分身の術!!」

武蔵(その勝ちたい気持ちを増幅させてやろう!!)

ボボボン!!

磯兵衛が大量に増えた!!

銀時「いや何でだよォォォォォォォォォォ!!」

ナルト「マジだってばよ!?」

サスケ「どういうことだ!?万華鏡写輪眼で見たがあれには実体があるぞ!?影分身と同じようなものだぞ!!」

カカシ「あの禁術を駆使出来るとは・・・あの男何者だ!?」

磯兵衛「皆!!いくで候!!せーの!!」

シャンシャンシャンシャンシャンシャァン!!

分身全員が剣を振り飛ぶ斬撃が大量に・・・

銀時「マジか・・・これ使う必要がないと思っていたけど仕方ねぇ!!武装色硬化!!」

木刀を武装色硬化して・・・

銀時「次々とその斬撃を壊してやる!!」

パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!

木刀でその大量の斬撃を次々とぶっ壊す!!

銀時「ハァハァハァ・・・アイツ全然弱くねぇ・・・」

ルフィ「何で銀さんが武装色を!?」

悟空「オラが説明すんぞ!!」

時と精神の部屋で修行したことを話した・・・

ルフィ「羨ましいな・・・・」

だが・・・

























バタバタバタバタバタッ

分身達「」

ボボォン!!

銀時、ナルト「分身弱いなオイ!!」

分身はすぐ消えていった・・・

武蔵(だって私が取り付いてないとマサムネの副作用に耐え切れないからな)

磯兵衛「クッ、でも大丈夫で候、また分身の術!!」

ボボォン!!

木ノ葉丸「また出たぞコレ!!」

磯兵衛「せーの!!」

シャンシャンシャンシャンシャンシャァン!!

パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!

バタバタバタバタバタッ

ボボォン!!

磯兵衛「これを繰り返して銀時殿の体力が絶えることを待てばいいで候・・・」

銀時「そう受けているばかりじゃねぇぞ!!」

ダダダッ!!

銀時は一気に磯兵衛に接近!!

磯兵衛(フッ・・・こんな時の為に・・・必殺の奥義があるで候!!)

磯兵衛「磯部流奥義!!」

全員「奥義!?」

銀時「オラァ!!」

サッ!!

磯兵衛「水無月富士参り !!(マジで音速でよけた・・・)」

銀時「当たるかよ!!見聞色!!」

サササッ!!

銀時「当たりかけた・・・」

磯兵衛「いい感じで候!!(武蔵殿ありがとう!!)」

銀時「・・・でもよ、磯兵衛」
















































銀時「お前・・・それに便りきっていていいのかよ?」

磯兵衛「え?」

銀時「悪いが、俺は結構霊感強いんだよ、見えてるよ、お前の後ろに亡霊がいること、だよな天下一の大剣豪、宮本武蔵」

武蔵(此奴・・・わしが見えているのか!?)

銀時「お前さ・・・自分の力で、俺に勝ちたいと思わねぇのかよ?」

磯兵衛「・・・」

銀時「そんな借り物の力でさ、勝って嬉しいのかよ?」

磯兵衛「だって負けるで候・・・」

銀時「お前さ、そうやって諦めているから負けるんじゃねぇのかよ?」

銀時「お前なりたいんだろ?最強の武士に」

銀時「だったらよ、真の力で闘おうぜ!!磯兵衛!!」

磯兵衛「・・・分かったで候」

武蔵「磯兵衛!?」

磯兵衛「大丈夫で候、拙者何か今やれる気がする・・・」

武蔵「いやそういう問題じゃなくて負けr」

磯兵衛「いいから、早く出て行けで候」

武蔵「言い方酷!!・・・私は負けても知らんからな!!(この男やはりバカだな・・・)」

磯兵衛「では・・・改めて真剣勝負!!」

銀時「・・・おうよ!!かかってきやがれェェェェェェェェェェェェェ!!」

磯兵衛から・・・武蔵の亡霊が抜けた!!


















































バタッ

磯兵衛、名刀マサムネの副作用により自滅

銀時「いや何自滅してんだァァァァァァァァァァァ!!」

坂神「この勝負!!坂田銀時の勝利です!!」

銀時「いや納得いかないんだけどォォォォォォォォォォォォ!!」

武蔵(だから私は負けても知らんからなと言ったんじゃ!!)

新八「銀さんやりましたね!!」

銀時は観客席に戻ってきた。

すると・・・

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

銀時「・・・何か恐ろしい殺気がするんだけど・・・」

磯兵衛の母「よくも磯兵衛を負かせたわね?」

銀時「いや俺別に俺悪い事してn」

磯兵衛の母「滅殺!!」

10分後

モザイク「」

銀魂勢「銀さぁんんんんんんんんんんん!!!!!」

坂神「では次の闘いです!!組み合わせを発表します!!」

ナルト「次は俺だってばよ!!」

ルフィ「いや俺だ!!」

トリコ「俺だ!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!















































第二回戦

剣桃太郎VS奴良 リクオ

剣「よし!!」

江田島「剣よ!!存分にやるがいい!!」

剣「オス!!」

ぬらりひょん「わしら妖怪の力を見せよ!!リクオ!!」

リクオ(夜の状態)「ああ・・・」

氷麗「頑張ってください!!リクオ様!!」

坂神「では二人共ステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!!2!!1!!」

カァン!!(ゴングが鳴る)

坂神「これより!!第二回戦!!剣桃太郎対!!奴良 リクオ!!開始!!」

次回!!男塾塾頭VS妖怪!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.611 )
日時: 2015/02/05 20:40
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

すいません。今さらですが、技の変更をしてもいいですか?

理由は、夜兎族の戦い偏で竜さんの技の私の技がなんか、被ってて・・・・・

とりあえず、変更して駄目だったら駄目でいいです。

氷魔法
特大魔法ダイアモンド・ブレス

氷の神銃に魔力を溜め込んで、一気に放出させる。その冷気は絶対零度。ただし、威力が強いため一日一回。

こんな感じです。
すいません。本当にすいません。

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.612 )
日時: 2015/02/07 00:10
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
OKですよ!!
では本編です!!どうぞ!!

サクラ「銀さん大丈夫!?」

綱手「サクラ!!この男を何とか治すぞ!!」

織姫「私も手伝います!!」

エイジア「武蔵の御仕置きから帰ってきたよ!!銀さんも直さなくちゃね、治癒の歌!!」

観客席はモザイクの修復中です☆

そして二人の戦闘は・・・

剣「オラァ!!」

リクオ「ハァ!!」

ガキンガキンガキン!!

激しい刀の打ち合いが行われていた!!

剣(流石ぬらりひょんの末裔だけあるな、だが俺は負けるわけにはいかない!!)

リクオ(これが男塾筆頭の力・・・)

そして・・・

リクオ「行くか!!鏡花水月!!」

剣「!?」

剣はそれに向かい剣を振った!!

だが・・・

剣「何!?」

斬ったものは消えて・・・

リクオ「後ろだ!!」

ザクッ!!

剣「ぬあぁ!!」

秀麻呂「桃ォ!!」

剣「くっ・・・!!」

ゾロ「何だあの技は?」

青田坊「あの技はリクオ様の鬼憑。相手の認識をずらして相手の畏を断つ技で、相手の隙を利用して攻撃するカウンターアタックだ。見えていても触ると波紋が立って消えてしまう「水面に映った月」の様に、ぬらりくらりとして本質を掴ませない、ぬらりひょんの末裔の本質を表しているとも言える技・・・!!」

鵺野「凄いな・・・」

剣「ふっ・・・男塾はこれくらいじゃ倒れん!!」

剣「本気を見せてやろう!!」

剣は・・・目を閉じた!!

リクオ(何をするつもりだ?)

リクオは目をつぶったスキをついて攻撃したが・・・

それが甘かった!!

剣「無限一刀流!!心眼剣!!」

ザクゥ!!

リクオ「グハッ!!」

氷麗「リクオ様!!」

リクオ「す、凄い威力だ・・・」

一護「で、あの男の技は?」

冨樫「あれは無限一刀流という剣の流派、心で相手の動きを完璧に見切るという心眼剣を主とする、刀を鞘に収めての攻防に優れる流派だ、あれは単なる居合切りだ」

リクオ「そうか・・・なら行くか!!明鏡止水・火斬!!」

剣「ならばこれで守る!!氣功闘法!!堅砦体功!!」

ガキィン!!

リクオ「な!?」

ガシッ

手を掴んで・・・

剣「これで片手を止めた・・・」

もう片方の手で!!

剣「氣功闘法!!硬布拳砕功!!」

ドカァン!!

リクオ「グウゥ!!」

ドサァ!!

一護「どういうことだ・・・あれはただのハチマキだぞ・・・」

虎丸「あれは氣功闘法!!氣を用いた闘法で体力の消耗が大きく、氣が尽きる時大量の発汗を伴う。 出した技は硬布拳砕功といい、ハチマキに一瞬氣を注入し鋭い剣と化すことができる!!」

悟空「すげぇなアイツ・・・」

江田島「それだけではない・・・剣はそれに修行で得た武装色も利用している・・・威力は高まっているだろう!!」

リクオ「・・・行くぞ!!氷麗!!黒田坊!!」

二人「はい!」

剣「何をするつもりだ!?」

リクオ「鬼纏・・・雪の下紅梅!!」

ピキピキピキーン!!

リクオ「ハァ!!」

ブン!!

パリーン!!

ザクッ!!

剣「ゴハッ!!」

シカマル「剣と化したハチマキを砕きやがった・・・」

剣「まだまだ!!秘承鶴錘剣奥義!!輪旋風!!」

ゴオオオオオオオオオオ!!

リクオ「凄い突風だ・・・不味い!!」

剣「くらうがいい!!」

ザクゥゥゥゥゥゥゥン!!

リクオ「ガハァ!!」

ブルック「凄い勢いで剣さんを斬れていますねぇ!!何ですかあれは!?ヨホホホホホホホホホ!!」

江田島「あれは刀を地に刺してその上に乗ったまま高速で移動する流派!!この技には強靭な腱力はもちろんのこと、絶妙な均衡感覚と卓越した体術が必要だ!! 剣が使ったのは秘承鶴錘剣奥義の一つ、輪風旋!!」

リクオ「あきらめないぞ!!黒田坊を纏う!!」

暗器を大量に放つ!!

剣「これで・・・その全てをぶち壊し終わらせる!!・・王虎寺超秘奥義!!暹氣虎魂!!ハァァァァァァァ!!!」

ゴォォォォォン!!

江田島「遂に出したか!!」

全員「あれは!?」

江田島「氣を刀身に集中し虎の形をした衝撃波として繰り出す。その破壊力に比例して消耗度も大きいため、短時間に連続して撃つことは不可能とされる最強の奥義!!」

全ての暗器を壊しリクオを襲う!!

リクオ「当たったら不味い!!回避だ!!」

ササッ!!

だが!!

剣「不可能を可能にするのが男塾だ!!」

リクオ「な!?」

剣はリクオがよけた場所に急接近して・・・

剣「四肢鐺瓏剣!!」

ドカドカどかどかドカァ!!

リクオ「痛・・・」

剣「これで・・・身体の動きは封じた・・・・最後だ!!」



































剣「王虎寺超秘奥義!!暹氣虎魂!!ハァァァァァァァ!!!」

ゴォォォォォン!!

リクオ「・・・負けだな」

ドカァァァァァン!!

バタッ

坂神「奴良 リクオ戦闘不能!!剣桃太郎の勝利です!!」

剣「よし!!」

江田島「よくやった剣よ!!」

坂神「皆さん!!リクオさんの治療をお願いします!!」

剣「・・・グッ!!二回も出した分・・身体の負担が大きいな・・・」

江田島「ゆっくり休むがいい!!」

沖田「てことは後に万事屋の旦那と剣桃太郎が戦うのか・・・」

氷麗「頑張りましたよリクオ様・・・」

黒田坊「ああ・・・」

坂神「では・・・次の闘いを発表します!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

悟空「今度こそオラだ!!」

ジャン!!



























第三回戦、沢田綱吉VS男鹿辰巳

男鹿「よっしゃあ!!」

ベル坊「ダァ!!」

葵「・・・頑張れよ!!」

綱吉(超死ぬ気モード)「俺か・・・」

リボーン「ツナ、本気で行くぞ」

坂神「ではステージに上がってください!!」

二人はステージに上がった!!

坂神「3!2!1!」

カァン!!

坂神「これより第三回戦!!沢田綱吉対!!男鹿辰巳!!開始!!」

次回!!子連れ同士の死闘が始まる!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.613 )
日時: 2015/02/06 18:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「治療完了!」

十六夜「大丈夫か?あいつ」

ララ「エイジアさんの癒しの歌はどんな傷でも治るので大丈夫と思います」

レイヴン「そう言えば、どこいっていたんだ?」

エイジア「なーに、ちょっと武蔵にお仕置きしてきただけだよ」

ララ「どんなお仕置きですか?」

エイジア「えーと、表現が難しいな・・・・・ギザギザした石の上に正座して太股の上に石を置いて十時間そのままにするお仕置き。」

ララ・十六夜・レイヴン「(それ完全にお仕置きの域を越えているぞ!!(越えていますよ!!)」

エイジア「まあ、すぐには効かなかったけどね。」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。