二次創作小説(映像)※倉庫ログ

パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜
日時: 2015/02/24 22:20
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: dUayo3W.)

どうも!マーキー・F・ジョーイと申す者です!

???「今回は何をとち狂ったのか、パワポケみたいな話を書くらしい。どうせ完結せずに消えるんだろうけどね」

…。いきなり登場キャラに毒づかれてしまいましたね…。

早速ではありますがこの話を読むにあたっての注意点などなどです↓

!注意点!
・他の作品以上に不定期な更新(下手すれば打ち切りもある)
・クロスオーバー
・オリキャラが多い
・ネタバレキャラやネタバレ展開が現れることもある
・世界観は度外視されている。だから設定崩壊キャラ崩壊がよくある
・文章力皆無、ロンリネス作者、低クオリティのBLT
・「おい野球しろよ」とかいうツッコミは無しで
・たまに読者様にお任せする選択肢等が出るかも?
・まさかのバッドエンドもあり得る?
・キャラの扱いがどうであれ誹謗中傷、荒らしは厳禁!
・チートなキャラがいるかもしれないがそこは気にしないでくれ
・需要がない?でもそんなの関係ねえ!←

※この注意点は増減します。

???「注意点多すぎじゃねえか?…まあこの作者のことだし、今後もミスばっかり出てくるだろうよ」
※お黙りっ!

こんな感じですが楽しんでいただければと思っております…


:あらすじ:

ブオオオオン……

俺は間藤 翔(まふじ かける)、元高校球児、現マジシャンだ。

小さいころから野球が好きだった俺はずっと野球をやり続けてきたが甲子園の夢は果たせず、今は爺ちゃんと住んでアルバイトやマジシャンとしての活動で暮らしている…
テレビでも、そこそこ有名になっていて、ファンもたくさんいた…
中には俺の家を特定してサインをせがんでくる奴もいたっけな…

でも…
俺はただ、『野球がしたかった』。

ただそれだけの理由で、俺は爺ちゃんと一緒に元いる家を出た…
そして野球に打ち込むべく、爺ちゃんが昔住んでいた一軒家へ引っ越すことにしていたのだ…


ブロロロロロ…

祖父「もうすぐ着くぞい」

翔「だね…それで爺ちゃん」

祖父「何じゃ?」

翔「浜辺タウンって野球チーム、あるのかな?俺、冬にある野球大会に出たいんだけど…」

祖父「あるとは聞いとるぞ…儂が住んでいた頃からあったチームであればじゃがな…まあ問題はそのチームが翔を入れてくれるかじゃのう…」

翔「…俺、絶対に入って、父さんが果たせなかった夢を…果たすから」

祖父「うむ…あの大会に挑むのじゃろ?…手強い夢じゃが、翔ならできる。儂は信じとるぞ…」

翔「…ありがとう」

いったいどんな出会いが待ってるだろうか…
不安と期待を胸に抱いて、俺はその地へ足を踏み入れるのだった…

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.186 )
日時: 2015/10/24 01:54
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: w.94dRUB)

斉さん>>
お久しぶりです!そして投票ありがとうございます!

大丈夫です!締切宣言していないのできっちりと回答を選ばせていただきました!

では、今後の展開を是非お楽しみに!


For読者の皆様
回答が来たので作者は晴れやかな気分で回答をC「なら俺はどうなるんだ?」で決定いたします!

更新まで今しばらくお待ちください!

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.187 )
日時: 2015/10/25 04:04
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: w.94dRUB)

秋8ターン・続き

 A:「そんなことはない」
 B:「ああ、その通りだな」
→C:「なら俺はどうなるんだ?」

翔「そのピエロと団長の下で働いてた俺や他の奴らはどうなるんだ?」

尾田「間藤君!?」

下上「…と言いますと?」

翔「秘書の下上さんがピエロなら俺たちは何になるんだって言ってるんだよ。猛獣か?それともただの客寄せパンダなのか?」

下上「…驚きましたね。私としたことがそこまで考えを巡らしていなかったとは…これは一本取られました」

翔「そういうことさ。もし俺が秘書だったとしてもそうなると思う。だからって自分を卑下するなって言いたかったんだよ。たとえ間違った道だったとしても自分のいる道に自信を持つことが成功の秘訣なんじゃないかな?」

下上「流石はトリクシーKですね…自らの成功の道を自分でわかっていらっしゃる…」

尾田「てっきり間藤君が挑発しているのかと思ったでやんすよ…」

翔「俺は普通に言っただけさ。トリクシーKだった自分も、悪くなかったからね…」

仲間評価が3上がった!
やる気が2上がった!
『安定感』が身についた!





秋9ターン

翔「何をしようかな?」

【練習】

翔「スタミナを強化しよう!」



スタミナが2上がった!(100→102)




〜ある日の夜〜

尾田「いよいよ来週でやんすね…」

翔「ああ…あの社長がどんな手を使ってくるかはわからない…だけど俺は負けない…負けられない!」

尾田「下上さんもだいぶ慣れてきたでやんすね…」

一条寺「入団したい理由が『社長に愛想を尽かした結果会社を辞めることになったから』っていうのには驚いたけどな…」

翔「まあ、本音じゃないかと思うよ?事務所内の雰囲気はカメラが入らない限り最悪だからね…」

一条寺「芸能界も辛いのな…」
※この世界でのことですので現実がどうとか言うのは無しでお願いいたします

ダダダ…

翔「な、何だ!?」

尾田「フレッドとジョーイでやんす!」

フレ「おい間藤!お前トリクシーKだってマジなのか!?」

ジョ「俺たちビックリだよ!しかも来週の試合も間藤を連れ戻す為だのなんだの言ってるらしいじゃん!」

翔「えっ?えっ?」

尾田「ば、ばれてるでやんす!どういうことでやんすか!?」

フレ「下上から聞いたんだよ!水くせえじゃねえか!何で俺たちには何も言ってくれなかったんだよ!」

ジョ「全くだよ!間藤も尾田も一条寺も知ってたなら教えてよー!俺たちも協力するってのにさ!」

翔「ああ…ごめん…」

一条寺「おい2人とも…下上は他に誰にそれを話した…?」

フレ「ああ。監督以外のチームメイトは皆知ってるぞ?」

一条寺「下上の野郎…まあいい。監督にばれてないならまだいい…」

ジョ「なんで?監督にも話した方が良いんじゃないの?」

一条寺「ダメだ。下上がどういう意図でお前らに話したかは知らんが、監督にばれたら多分えらいことになる…今は成金プロダクションとの戦いに集中した方が良い。監督に話すのは早くともその後だ…」

フレ「…なるほどな。だいたいわかったぜ」

ジョ「じゃ、いつも通りにしておけばいいんだね?了解!」

フレ「じゃあまたな!今日はこれにて退散!フレッドアーンド…」

ジョ「ジョーイでしたー!」

タタタ…

尾田「行っちゃったでやんす…」

一条寺「…下上には後で理由を聞いておく。お前らも気をつけとけよ」

翔「ああ。ごめんな」

一条寺「いいってことよ。これもマブダチの為なんだからな」

翔「…ありがとう」

チーム評価が1上がった!
やる気が1上がった!





秋10ターン

翔「何をしようかな?」

※ついに成金プロダクションとの試合当日となりましたが、ここで選択タイムを取らせていただきます。

※選択肢の締切予定日は10月25日14時頃を予定しています(基本的に早い者勝ちですがね;)。締切宣言がなされるまでに回答が無かった場合はランダムで進行いたします。
※A〜Dの中から1つ選び、B、Cの場合はオプションも忘れずに選択してください!また、アイテムを使うか使わないかの回答もお願いいたします!

※現在の所持アイテム
特効薬   :悪い状態を治す(胃炎、不眠症など)
ラーメンの素:???
ラブスコープ:彼女候補の好感度を見ることができる(消耗しません)

A:練習
B:うろつき
C:仲間コマンド
D:回復

Bの場合
1:グラウンド
2:商店街
3:ゲームショップ
4:公園
5:河川敷
6:自宅
7:占いの館
8:ビーチ
9:隣町

Cの場合
1:尾田
2:海原
3:左右田
4:佐渡
5:一条寺
6:60B

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.188 )
日時: 2015/10/25 07:31
名前: Orfevre ◆ONTLfA/kg2 (ID: m6roaYco)


C4でしょう。

そろそろパワーアップしそうですしw

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.189 )
日時: 2015/10/25 10:46
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: /BuoBgkT)

Orfevreさん>>
お久しぶりです!そしてコメントありがとうございます!

回答受け付けました!

よって秋10ターンは【仲間コマンド】→【佐渡誠】で進行いたします!
更新までしばらくお待ちください!

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.190 )
日時: 2016/07/24 06:22
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: nzN0mpIy)

秋10ターン

翔「何をしようかな?」

【仲間コマンド】

→佐渡誠





佐渡「なあ間藤。ちょっといいか?」

翔「ん?何?」

佐渡「単刀直入に聞かせてもらうぞ…お前、野球って何だと思う?」

翔「えっ?いきなりどうしたんだよ?」

佐渡「聞いておきたかったんだ。野球やってた身として」

翔「そうだなあ…」

↓選択肢↓
A:「夢だな」
B:「わからないな」
C:「そりゃバットでボールを…」

※久々の更新でいきなりの選択タイムです。A〜Cのいずれか1つを選んでください。締切予定は『1件以上の回答が来たら』とします。だっていつ更新できるかわからないもん←

【重要!】この選択肢で佐渡がパワーアップするかどうかが決まります。パワーアップした選手は強いですから、是非とも取っていただきたいですね!

では、皆様の選択待ってます!

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.191 )
日時: 2016/07/30 20:59
名前: 斉 ◆rvL5x2xHP. (ID: 49hs5bxt)

おひさしぶりです…


B…ですかね……

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.192 )
日時: 2016/07/30 22:32
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: Rxx2J2WJ)

斉さん>>
お久しぶりです!
そしてコメント・投票ありがとうございます!

なかなか更新できなくてごめんなさい;;;リアルが大変なもので…;

Bで承りました!
では、今後の展開を是非お楽しみに!

※ここで締め切ります!Bの『わからない』で話を進めます!

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.193 )
日時: 2016/07/31 03:19
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: Rxx2J2WJ)

続きです。



 A:夢だな
→B:わからないな
 C:そりゃバットでボールを…

翔「わからないな」

佐渡「…えっ?」

翔「一時期は夢だとか憧れだとかいうのもあったんだけどさ、いざ野球って何だって聞かれたら、一概にコレだっていうのが見当たらないんだよな」

佐渡「…」

翔「だから、俺には野球が何なのかはわからないよ」

佐渡「…そうか。お前、やっぱり面白い奴だわ」

翔「えっ?」

佐渡「俺もピッチャーやってた時は憧れの甲子園に来た!って思っていたよ。野球一筋だった俺は肩をやっちまった時、絶望でしかなかった。だから、野球やってたがまさに夢だったみたいに思えてきてたんだ…」

翔「佐渡…」

佐渡「野球は夢なんかじゃない。夢だけど、夢じゃない。改めて気づかされたよ。ありがとな!」

翔「いや、いいんだよ。それで解決したのなら」

佐渡「俺もまだ若い!だから気合入れていくぞ!」


(佐渡がパワーアップした!)
仲間評価が3上がった!
やる気が1上がった!
コントロールが1上がった!(152→153)


※ステータス
・○佐渡誠(強化済・さわたりまこと)
サード、外野手・背番号30
※野手能力
弾道  :3
ミート :B(13)
パワー :A(152)
走力  :A(14)
肩力  :D(9)
守備力 :A(14)
耐エラー:B(12)
特殊能力:粘り打ち、走塁○、盗塁◎、送球○、ゲッツー崩し、流し打ち、いぶし銀、奪力





翔「…いよいよ試合だな」

尾田「緊張するでやんすね…」

下上「さて…狸とその一行のおでましのようですね…」

大富「フン…下上、貴様も落ちるところまで落ちたな…こんなにチンケな球団に拾われる程度の人間とは、無様だな」

下上「ええ、何とでも仰ってください。私は貴方に負けるつもりはありませんので」

大富「フン。私の力で簡単にねじ伏せてやる」

翔「それはどうかな?俺たちが、その根性を叩きなおしてやる!」

大富「言っておけ。私の言うことは絶対だ。長田町長、例の選手たちは集まったのだろうな?」

長田「ええ。集めさせてもらいましたよ。そして、【隣町の審判団も、私が選ばせていただきました】」

弐科「ちょ、町長!?」

フレ「おいおいマジかよ…」

下上「なっ…!?話が違うじゃないですか…!」

大富「ん?何のことだね?確かに【私は】審判も隣町に一任すると言ったぞ?だがもし、町長が隣町に交渉したらどうなるかね?」

フレ「クソッ!とことん汚い奴だな…」

長田「人聞きの悪いことを言うな…そもそも私は隣町の出身だ。それに、私のコネを使えば隣町の人間など簡単に服従させられるのだよ…」

翔「ひどい奴だな…誰がこんなのを町長にしたんだ…」

下上「…彼もまた、あの狸の【親族】だったということですか」

尾田「し、親族!?どういうことでやんすか!?」

下上「先程、私は彼の本質を見ました。どうやら彼らは親族。こちらの町長が従兄、狸社長が従弟といったところでしょう」

フレ「ってことはあの時の町長決定選挙は…!」

下上「…かもしれませんね。【彼】の財力で決まったものでしょう」

翔「くそっ…俺は、絶対にあんな奴のところには戻らないぞ…!」

大富「はっはっは!醜い野球ごっこもここまでだ!帰ってきたら馬車馬のように稼いでもらうぞ!」





プレイボール!

先攻
【成金プロダクション選抜チーム】
1:左:梨湖
2:遊:和鎌
3:捕:金満
4:三:志翼
5:右:今貝
6:一:谷欠
7:中:伊治北
8:投:江後
9:二:阿漕

後攻
【浜辺BC】
1:遊:ジョーイ
2:二:フレッド
3:左:下上
4:一:一条寺
5:三:佐渡
6:右:状師
7:捕:尾田
8:中:左右田
9:投:間藤




(7回…)


フレ「クソッ!とことん変な判定出しやがる…!」

一条寺「完全にストライクだってところもボールだと言いやがる…」

左右田「ポールギリギリのホームランもファウル扱いだぜ…」

弐科「完全に買収されとるな…このチームも終わったか…」

翔「…いや、まだだ!不可解な判定は多いけど、幸い点は取られてない!だからこっちはこっちのやり方で頑張ろう!」

一条寺「…だな。間藤の言う通りだぜ」

尾田「そうでやんすね…よし!絶対に負けないでやんす!」


※ここで一旦切りますが、この試合で負けるとゲームオーバーになってしまいます。

※そんな中で選択タイムです。それは、【戦術】です。もちろん試合に対する文章力が無いのでハイライト方式にはなりますが、先程も言った通り、負けたらゲームオーバーで、このお話も完結です。

※それを自分一人で決めてしまうのはちょっと愚かしいと思ったので、予め3択にして、1つをハズレルート(つまり負け試合)にして選択してもらうという方針を取らせていただきます。

※締切はちょっと長めに見てますが、回答が来たら早めに締め切ろうとも考えています。では、皆様の選択、お待ちしております!


:戦術の選択肢:
A:ガンガン攻めるぞ!一発狙いだ!
B:ここは投手戦だ。固い守りで勝ちを狙うぞ!
C:機動力重視!足で相手を翻弄してやる!

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.194 )
日時: 2016/09/28 17:56
名前: Orfevre ◆xf1U3qaRb2 (ID: v6.r5O3g)


Aでどうでしよう?

ポール際でないホームランなら言い訳のしようがないでしょうから

Re: パワポケ! 〜球界のマジシャン降臨!?〜 ( No.195 )
日時: 2016/10/01 23:43
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2 (ID: Rxx2J2WJ)

Orfevreさん>>
お久しぶりです!そして回答ありがとうございます!

回答はAの一発狙いで承りました!

果たして間藤たちは勝てるのか!
今後の展開を是非お楽しみに!


では、回答が来ましたので戦術は一発狙いで行きます!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20