二次創作小説(映像)※倉庫ログ

ポケットモンスター〜あなたの知らない物語
日時: 2016/11/01 00:28
名前: ユウカ

どうもユウカです。
実はこの小説【ポケットモンスター〜ポケモンと少年の旅〜】のリメイクです。またかよと思った方もいらっしゃるでしょう。俺もです。
まあ実はですね、前回の読んでいたらあまりにも次のお話が思いつかない感じだったのですよ。まあよいです。
頂いたオリキャラをまだ一回も使わせてもらっていないという現実…とほほ
まあまたキャラなどの設定や世界観も若干違うかもしれません。
まああくままで趣味でやっているわけなんで気楽にやっていきますよ。

あとこの小説はbwで新たに出てきたポケモン(伝説以外)しか出てきません。なおまさかのオリジナルポケモンもでます。

ステージ募集について→>>5

オリキャラプロフィール→>>14

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.58 )
日時: 2015/12/31 21:14
名前: ユウカ

マッドさん

上げありがとうございます_| ̄|○
しばらく更新なくてすいません。ちょっとしたね、うん。
今年約数時間になってしまいました。では、よいお年を

_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○←ずっとこれ家と月かと思ってた

「む、無理です!!こんなの無理です!」
「大丈夫だって〜だってだってシロだよ?」

いや意味がわからん。理由になっていない。
さっきの演技をみたからなのかわからないが、自分には無理だと思ったようだ。
しばらくお互いただこねてる?してたようだ
するとナツが

「だったらさー?タツヤくんと戦って決めたらどうかな?」
「おう!それいいね!多分ジムにいると、おもおもうから、それで決めよう」
「え、えぇ?まあ、はい、その前にトイレに行ってもいいでしょうか」

そういってトイレに逃げ込む、そしてため息をつく。

「なんか疲れるなぁ…」
「まあ理由はともかく、ジム戦は気を閉めなくてはならないよ!」
「ですよねぇ、ってジョンさん?!!!」

突如現れたジョン、つかなぜここにいる

「ムービーシティのジムリーダータツヤは○○ポケモンだ!」

あ、技出すのはあれだったので今回からは隠します。
そしてしばらくして。

「じゃあ頑張りたまえ!未来のチャンピオン」
「ありがとうございます」

ジョンにお礼してショウはナツたちの元にもどる

「未来のチャンピオンだけではなく、俳優かぁ、さすがだな!あっははは」

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.59 )
日時: 2016/01/01 13:25
名前: マッド ◆gZ3JFQh5g6

明けましておめでとうございます。マッドです。

正直失踪するのではないかと思ってしまいました。スマヌ(・ω・`)

今年もよろしくお願いします。


P.S.
ステージ投稿しましたので確認よろしくお願いします。

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.60 )
日時: 2016/01/07 10:00
名前: マッド ◆gZ3JFQh5g6

上げー

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.61 )
日時: 2016/01/09 12:54
名前: ユウカ

あけましておめでとうございます。おそいけど…

マッドさん

すいません、最近別のものにハマっていまして(六つ子のアニメ)。
失踪はまあ、今の所はまだしないと思うので安心してください(´・_・`)
ステージありがとうございます。帰ったら返信しておきます。

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.62 )
日時: 2016/01/26 00:05
名前: ユウカ
参照: 今回から若干アニメよりにしたいと思います。

「さぁさぁついたついたついた!!」

その場所は、ムービーシティの真ん中にあるジム、ジムリーダーがいるジムについたショウ達。
カカオタウンとアラアラタウンにあるジムよりもでかい。
しかも女の子達やら入り口で誰かを待っているようだ。

「相変わらず人気者ねぇ、タツヤくんは」

すると中から誰か出てきた、そう、かれこれが、人気俳優であり、ムービーシティのジムリーダーでもあるタツヤだ
水色のメッシュが入っており、顔はそれなりにイケメンで、どこかしらが素晴らしいオーラが出ている、ショウとは大違いだ(おいbyショウ)

「きゃぁ!!ステキ!」
「こっちみてー!」
「だいてー!」

まるでアイドルのように人気だ。

「ん?ベリーさん?ナツさんにライカさん?どうかしましたか?あとその少年は?」
「やあやあ!相変わらず人気者だね!いやいや、それよりも、タツヤくん、シロと戦ってくれないか!」
「はい?」

とりあえず状況をはなす。

「なるほど、わかりました。エーと?ショウくん。僕はジムリーダーとして戦う。手加減は一切しない予定だ」
「僕も一切手加減しませんからね!」

今、終わりなき戦いが始まる!
と思ったら

「なにあの子!タツヤ様に勝てると思ってんの?」
「まじないわー、たいして個性なさそうな顔してるのに」

グサ、ショウのハートに言葉の矢が刺さった!効果抜群だ!

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.63 )
日時: 2016/03/21 00:17
名前: ユウカ

とりあえず中にはいる、中は丸いプールがあり、ガラス超えから光が漏れている。
プールには丸いオセロのようなガラス?が何枚か浮いている。
そう、タツヤは

「ようこそ、いちよう紹介させてもらうよ!僕はジムリーダータツヤ、みずポケモンを主に戦っている」

そういってタツヤは板に乗る。ショウも板に乗ったがバランスを崩しそうになる。下手すれば落ちる。

「あははは気をつけてね、バトルに夢中になってドッボンと落ちる挑戦者もいるから」
「は、はい…うわわわ、よっと…き、きつい…」
「じゃあ、始めようか」

【ショウvsタツヤ】

「ルールは簡単、お互い2匹のポケモンを倒せたらそこて試合は終了いいね?」
「はい!!」

そういってタツヤが出した最初のポケモンはママンボウだ。
ショウはバスラオをだす。

「バスラオ?たしかショウ君ポカブいたはずだからその子は出せないけど…?」
「何かしら理由はあるようね」

ママンボウとバスラオはにらみ合っている。

「じゃあこちらから行かせてもらう!ママンボウ!みずのはどう!」
「!バスラオ!アクアジェットだ」

ママンボウはバスラオに振動を与えようとするが、バスラオの動きに特定ができず、なかなか振動を与えられない、いまいち振動ってわかってません。すいません
するとバスラオは隙を見つけ、たいあたりをする、水中なため、あまりママンボウは吹っとばなかったが、なかなかダメージは与えられたようだ。

「行動はよめているようだね、あえてバスラオをつかう。まるで計画はたてていたみたい」

タツヤの言うとうり、この行動はあらかじめ聞かされていたのだ。

『いいか?!まず今回はみず!相手にとっては制限があるプールで勝負をすることになる。範囲が狭くなり、狙いやすくなると思うが、相手はジムリーダーだ、だからまずはバスラオを闘わせろ』
『なんででしょうか?みずタイプならくさタイプのチュリネが有利じゃあ?』
『チュリネは最終手段だ、確かにチュリネは地上で戦う、相手はおそらく水中しか戦えないポケモンを使うだろう、しかしみずタイプのジムはジム自体有利な仕様にしているのだ。つまり弱点のでんきやくさに耐用しているはずだ、となれば同じみずタイプのバスラオが1番いい』

ジョンのアドレスがちょっとわからないのはわたくしの無力です。ようするにまずはバスラオで戦えってことです。

「バスラオ!うまく距離を置いてとっしん!!」
「?、油断するな」

一旦ママンボウから離れ、プールを一周する、そして勢いよくとっしんをした、が

「いまだ、まもる」

とっしんをされる長前にまもるに入った。壁見たいのができ、バスラオはそこに勢いよくとっしんしたため、一瞬隙がうまれた
さらにそこに

「みずのはどう!」

一瞬の隙にはどうができ、そのはどうでバスラオはダメージを受けてしまう。

「く、バスラオ!なしくずしだ!」
「タイミングを計ってみずのはどう」

なんとか隙を見つけようとするが、相手はがっちり構えている。とりあえずママンボウの周りをグルグルと回る。すると渦巻きが発生した。みずのはどうをだすが、渦巻きのせいで消えてしまう。そして目が回り始めた。意識がはっきりしてないうちにバスラオは自分の頭をぶつけた。さらに

「かみくだく!」

一切の隙を与えぬように、バスラオは自分の鋭い歯をママンボウに噛みつき、そしてふかくさす、きゅうしょにあったっのか、ダメージがあり、倒れてしまった。

「!、お疲れママンボウ、ゆっくりおやすみ、さすがだね、こういった勝負は初めてだから驚いたさ、けど次のやつにはどうかな?」

そう言って次にだしたポケモンは、青いラインわした青バスラオだった。

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.64 )
日時: 2016/09/21 01:07
名前: ユウカ

ショウのバスラオと、タツヤの青バスラオはさらににらみあっている。

「赤いバスラオと青いバスラオは仲が悪いらしいわね、はたしてどうなるのかしら」

がルルみたいな鳴き声をしている。

「青バスラオ、アクアテール」
「避けろ!」

しかし青バスラオはショウのバスラオより早く、そして限られた狭さにより、避けられなく、青バスラオの尻尾がバスラオに当たる。
そしてバスラオは水に中とはいえ、たたきつけられた。
ママンボウの戦いで体力を削られてしまったのか、かなり辛そうだ。

「バスラオ!無理すんな!ポケモン変更して…」


ショウはバスラオの体力を考えて、変更しようとするが、バスラオの性格なのか、青バスラオの中の悪さなのかはわからないが、まだ戦おうとする。

「わかった…バスラオ!アクアジェット!!」

ものすごい勢いでバスラオは青バスラオにつっこもうとした。
けれど青バスラオはあっさり避けてしまい、バスラオは壁にぶつかり、混乱してしまった

「いまだ、かみくだく!」

タツヤの指示で、混乱してしまったバスラオに噛み付く青バスラオ。
残念ながらバスラオは瀕死、戦えない状態になってしまった。

「おつかれバスラオ…体力なかったとはいえ、攻撃ができなかった…いや、大丈夫。いけ!チュリネ!」

次に出したのはチュリネだった。

「くさタイプか…いい判断だね」
「あ!チュリネだ!ショウ君チュリネゲットしたんだ!かわいいー!ねぇねぇかわいい!」
「わかりましたから…しかし水タイプにくさタイプに有利…けれど問題はどう、攻撃するのか」

ショウはジョンのアドバイスを再び思い出す。

『バスラオがやられたら次はもちろんチュリネだね、ちょっとチュリネの技見せてね?』

そういってジョンはタブレットをだし、チュリネを移す。

『なるほどなるほどね、よし!まずポケモンには4つの技が覚えらるのは知っているね?』
『はい』
『まずチュリネはしびれこなをおぼえている、けれどこれは水の中にいるポケモンにはあまり通用しないんだ』
『え?なぜですが?』

ジョンはどこから出したのか謎のホワイトボードに説明を書いた。

『水にいるポケモンの場合、体についた粉は水によって洗いながられるんだ。ほら、泥についた服を水で洗うだろ?これと同じさ。もちろん効く場合もあるが、まだこのチュリネは力は弱い』
『チュリネ!』
『ゴメンよ!あははは!とにかく水中でも技が効く技を使わないとね、何気に水中のポケモンがいちばん厄介だからね』

「(しびれこなはきかない…だとすると」

ショウは青バスラオを見る、青バスラオは「なんだ?」と見ている。
そして

「よし!チュリネ!マジカルリーフ」

チュリネは鋭い葉っぱを出し、青バスラオに向ける。葉っぱは青バスラオを追跡する。
しかし慣れているのか、なかなか当たらない

「マジカルリーフならいくらでも受けたことあるからね!青バスラオ!アクアテール!その葉っぱを叩き落とせ」

すると青バスラオはジャンプし、一回空中にでる、そして追ってきた葉っぱを自分の尻尾で打ち返し、チュリネの方に返ってきた。

「チュ!チュリネ!」

チュリネは驚きながら必死に返ってきた葉っぱを避ける。すると一枚の葉っぱがチュリネに当たってしまった。
ダメージは無いが、それでバランスを崩してしまい、水の中に落ちてしまった。

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.65 )
日時: 2016/09/21 16:55
名前: ユウカ

「チュリネ!!」
「そしてさらにアクアテール!」

水中に落ちてしまったチュリネは必死にバタバタするが、青バスラオの勢いにビビってしまい、アクアテールを受けてしまった。
ましてチュリネはガラスに叩きつかれた。
叩きつかれた勢いでダメージがでかい。

「チュリネ!!!!!大丈夫か?!」
「チュ、チュリネ…チュリネ!」

それでもなお、チュリネは立ち上がった。

「凄い、あのチュリネ」

ライカは驚く。

「さすがだね、けれどこれはどうかな?青バスラオ!かみくだくだ!」
「チュリネ!となりのガラスに移って避けろ!」

青バスラオが水中から出てくる、水中しか動けないポケモンはいちいちジャンプしていかないとできない。
なのでそのたんびに良ければ良い。
が、さすがジムリーダー。そんなことで諦めない。

「一旦ぶつかれ!」
「!よけ!」

チュリネは次のガラスに移ろうとした瞬間、青バスラオはぶつかってきたのだ。そしてその瞬間、噛み付いてきたのだ。
チュリネは草タイプなのか草に似た柔らかさでかなり噛み付いている。

「ヤバイ…このままじゃ…!」

チュリネはもう、立つのがやっとなほどだ。

「チュリネ…良くやったよ…けどもういい!」

諦めが早いショウ、けれど勝敗よりポケモンの状態を心配している。

「ショウ君…チュリネー!しっかり!」

ナツはショウを応援した。

「悪いけれど…決着つけさせてもらうよ、青バスラオ…とっしん」

青バスラオは勢いをつけ、チュリネに攻撃しようとする。もう終わりだ。すると

「チュリネ!」

チュリネは攻撃を避けたのだ。その場にいた全員驚いた。
さっきまで立つのがやっとなほどの状態だったのに、今では元気なのだ。
原因はわかった

「オボンの実?!」

そう、チュリネが持っていたオボンの実だったのだ。

「オボンの実は体力を30ぐらい回復する実…だからあんなに…」
「そうか…!あの時ゾロアにもらったオボンの実が役に立ったのか…よし!いくぞ!チュリネ!」

チュリネとショウは張り切っていた。タツヤはその二人をみて、なにか安心した。

「回復しても同じさ!青バスラオ!かみくだく」
「またかみくだくか…そうだ…!」

チュリネにかみくだく、その前に

「今だ!マジカルリーフ」

青バスラオがジャンプしたそのタイミングに指示を出したのだ!
避ける余裕は無く、青バスラオは食らった。
そして

「そこにしびれこなだ!」

なんと、しびれこなを出すよう命じだのだ。
しびれこなを浴びた青バスラオはガラスの上に落ちる。

「やばい…!青バスラオ!」

しびれているため、水中に戻ることができない。まるでコイキングのようにはね続けている青バスラオ。
そこに

「いけ!ソーラービーム!」
「な!時間がかかる技を…しかし…」

ソーラービームは太陽の力によって吐き出され技、そのため、太陽の力を溜め込むに時間がかかるため、使いようによっては使いにくい。
しかし相手は今動けない状態。今がチャンスだ
そして

「溜まった?なら!今だ!」

ショウの合図でチュリネはソーラービームを撃ち放した。
なんとかしびれから解かれた青バスラオは水中に逃げようとするが、一歩のところで攻撃を食らってしまう。
相性バツグンで、瀕死になってしまった。

よって、勝者チュリネ!

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.66 )
日時: 2016/10/12 21:55
名前: ユウカ

どうもユウカです。更新ペースが遅くて申し訳ございません…
リアルが忙しいとかというよりは、ただ小説のネタが急に途切れてヤル気が出なくなるんですよ…
まあ趣味でやっているわけですし、これからも気長にたまに読んでくだされば幸いです。

それとあと1カ月でサンムーン約してSMが発売されますね。皆様はどちらを買われるのでしょうか?もしくは両方買うのでしょうか?
自分はサンにしようかなと考えてます。
さらにバージョンアップしているのでいろいろ楽しめそうですが…ジム戦が無いのって本当ですか?だとしたらSMアニメよりユルさねぇ。ジム戦があるからこそポケモンなのに…

アニメの方も11月で新しい地方のお話になってますね、いろいろと。
自分的にはいいんじゃない?って感じですwwたまにはああいう内容や作画もいいんじゃないかと思いますよ。最初はそれゃ驚きましたが…いろんな意味で…
ただ新しい事して大丈夫か?って思いますがね。

それではこれからもよろしくお願いします。

(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)




「やった!やったやった!よくやっだよ!」

ショウはチュリネを持ち上げ、はしゃいでいた。すると足を滑らしたのか。

「あ、あわわわわわ!!」

ドボンとショウ一人で落ちた。

「お疲れ青バスラオ…大丈夫かい?勝ったのはうれしいだろうけれど油断しちゃダメだよ」
「は、はぃ…」

タツヤはショウにジムリーダー勝った証であるバッチを渡す。

「【ムービーバッチ】。このジムのバッチだよ」
「ありがとうございます!!」

ショウは三つ目のバッチを手に入れた。気づくと拍手が聞こえてきた。

「すごいよショウ君!!タツヤ君に勝つなんてさー?チュリネもすごいよ!このこもしかしたらわたしのドレディア以上に強くなるかも!」

ナツはチュリネの頭を撫でる。

「おめでとう、タツヤくんもおつかれさま」
「ありがとうございます!」

ショウはベリーさんを見る。ベリーさんはブルブル震えていた。

「ベリーさん?」

タツヤは尋ねていると

「キタキタキタキタ!!シロ!君のおかげでドレディアガールの新作が思いついたよー!!」

そういってベリーさんはショウの手を握る。

「シロとポケモンたちの熱い思い!熱いバドル!これが導入されればさらに熱いおでんのような展開になるなるよ!!!」
「あ、はぁ…」
「またドレディアガールVSが伝説になるね」

あはははははと笑が包む

「あ、僕が俳優として生きていくの諦めてくれますよね?」
「え?」
「え?」

あ…(察し

Re: ポケットモンスター〜あなたの知らない物語 ( No.67 )
日時: 2016/11/18 00:53
名前: ユウカ

ジム戦から1時間後、ショウはポケモンセンターに居た。
何と無くボケーと椅子に座り、テレビを見ていた。
するとそこに黒髪天然パーマの男が話し掛けきた、まあジョンだった。

「あ、ジョンさん!」
「やあ未来のチャンピオン!さっきのジム戦はよかったよ!」
「ありがとうございます!」

そういえばジム戦前以外に会ったのはこれが初めてだ。

「ただし未来のチャンピオンになるにはまだまだ足りないねぇ…」
「足りないですか…それは?」
「まあまあ!!それはバトルをしながら教えよう!口だけでは体には染み込まないからね!どうだい?私とバトルをしてみないかい?無理には言わないさ、いつどのようにやるのかは君次第だからね!ま、ちゃんとポケモンの事も考えなきゃダメだけどね!あっはっは!」
「わかりました!受けて立ちます!」

そういって2人はバトルをするため、ポケモンセンターのバイト場をかりる。
そして

「お互い一匹ポケモンを戦わしてどちらかのポケモンが倒れたら試合終了だ!いいね?!」
「はい!いけポカブ!」

ショウはポカブを出す。ポカブはやる気満々のようだ。

「いいねいいね。じゃあ私は…いけハハコモリ!」

ジョンはハハコモリを出した。

「そっちからどうぞ!」
「たしかハハコモリはくさとむしタイプだった気がする…相性はこっちが有利だ!いけニトロチャージ!」

ポカブは体に炎をまとい、走りながらハハコモリに向かう。

「ハハコモリ、たねばくだんさ!」

ハハコモリは硬いタネを作り、それを上に叩きつけた。しかしポカブの手前に落ちてしまい、当てることはできなかった。
しかしたねばくだんにで勢いがついていたポカブは止まってしまった。
そして気づくとハハコモリがポカブの背後を取っていた。

「!ポカブ!もう一回ニトロチャ」
「シザークロス」

ジョンの合図で、ハハコモリは一切の隙を見せることもなくツメをはさみのように交差させながらポカブを切り裂いた。

「!」
「たねばくだんは油断させるために使ったのさ、果たしてポカブは戦闘不能になったのかな?」

しかしハハコモリのシザークロスを受けたとしても、小さな体のポカブはよろめきながらだけど立ち上がった。
けれど一回しか攻撃を食らってはいないとはいえ、ハハコモリのシザークロスは攻撃が高く、強いダメージを受けてしまったためが、ボロボロだ。

「ポカブ!無理はする」
「おっとまて未来のチャンピオン!」

ジョンはダメだよと首を振る

「さっきのジム戦もそうだけど、君は途中で諦める癖があるみたいだね?ダメだよそれじゃあ」
「でも…無理に戦わせるのが…」
「まあわかるさ、君がどれだけポケモンを思っているのか。けどね、バトルは優しくない、楽しいだけがバトルじゃないんだよ。それに」

ジョンはボロボロのポカブを見る

「君を信じている、ボロボロになりながらも必死に立ち上がっているポケモンに対して失礼だろ?」

ショウはハ!とする、今まで戦っていた時も、ボロボロになりながらも必死に戦う意思を見せてくれたポカブ達を思い出す。

「そうですね…僕は甘かったです。ポカブ達は僕を信じてくれてるんですよね?気づかせてくれて、ありがとうございますジョンさん!!」
「あっははは、よかったよ、それじゃあバトルのつづきをしようか?!」
「はい!」

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。